新井信介 「京の風」/K2Oは、「きれい(Kirei)」「気持ち良い(Kimochiii)」 「美味しい(Oishii)」をモットーに活動する会社です。

HOME > 新井信介 「京の風」

【ご案内】 新井信介講演会『平成の30年間を総括する!!』(2018年8月12日開催)のDVDが出来上がりました!!

8月12日に東京で開催した新井信介講演会『平成の30年間を総括する!!』が出来上がりましたので、ご案内させていただきます。
新シリーズの第1回目ですが、ご期待に違わない内容となりました。

テーマ: 『平成時代の30年間を総括する!!~平成時代は、人類文明の「蛹」時代だった』です。

平成は昭和天皇の崩御とともに始まりましたが、「毒麦」も同時に成長しました。その「毒麦」は、昭和天皇ヒロヒトの秘密を糧に大きく成長しました。
さて、その「毒麦」によって、平成の30年間に何が起こったのでしょうか?
その「毒麦」の糧となった「ヒロヒトの秘密」とは何だったのでしょうか?
その「毒麦」を私たちは刈り取ることができるのでしょうか?
そして、私たちは平成の30年間を経てどこへ向かうのでしょうか?
シリーズ第1回目の今回は、シリーズの概略・大枠について説明させていただきました。
超おすすめDVDです!! このDVDはぜひご覧になってください!!

テーマは、『平成時代の30年間を総括する!!~平成時代は、人類文明の「蛹」時代だった』

販売価格は、通常価格6000円のところを、2018年9月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

全編で、2時間39分(159分)の長編DVDです。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp  弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ ぬなとショップ
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

<テーマ>: 『平成時代の30年間を総括する!!~平成時代は、人類文明の「蛹」時代だった』

180812_平成30年.jpg

<レジメ>:

1) ヒロヒトは生まれながらにして、世界経済の要だった。
崩御で、「戦後日本=FRB支配」、「明治の近代=国体」、「持統の皇祖神アマテラス=列島特殊論」の「毒」が一斉に引き出した。
2) 「毒」の刈り取りは、2013年から。  この年、UFOの存在と、新世代王族の意志。
   国家の権威・常識を超えて。  真実暴露に。
3) リクルート事件からバブル。  崩御。  天安門事件を経てオウム事件。  油を注いだ人間。
4) 皇国史観は金融ワンワールド(英国とイエズス会)が創った「政治的ファンタジー」。          
「咋人」と「生口」。   皇民強制受けた半島人の復讐。  人類選別の戦争誘発イルミナティー。
5) ヒロヒトの中国民衆への思い。  資本主義化とFRB。  孫文・大東社と周恩来。
6) 天安門と安倍晋太郎。  湾岸戦争。  オウム事件と、平成天皇の訪中。
7) 森・小泉登場で、完全に、アメリカ(グローバリズム)の支配下。  Y2Kの脅し。
8) 「ゆかり発言」から、国体そのものが、半島系に乗っ取られる。
9) 「拉致」が、戦争屋が求める「再武装化」、「緊張増大」で、皇国ファンタジーを復活。
  温暖化と原子力ルネッサンス
10) 「311」後に、天からの意志「アクエリアス」。  2012年冬至。
11) 安倍政権(「経済成長」の数字つくり)で、一斉に芽生えた「毒麦」とその正体。
  「嘘」つくりと「マネー」バラマキ。
12) IT時代、SNSとAI.   国家を超えるものと、国家権力に取り付くもの。
  大いなる気づき。  天武の真実を明かせと、「天の意志」。

販売価格は、通常価格6000円のところを、2018 年9月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

全編で、2時間39 分(159分)の長編DVDです。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp  弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ ぬなとショップ
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

連絡先: 株式会社K2O 室伏昭昌
事務所: 03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX: 03-3548-1026
E-mail: akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F 

音楽劇「カフェ走馬燈」は大盛況のうちに終わりました。ありがとうございました。

今年、2018年は、童謡誕生100周年です。

大正の終わり、昭和に切り替わる前。伸びやかな日本がありました。
7歳違いの、高野辰之と中山晋平。
1918年を舞台にして、100年後の私たちに向けて、歌を作りづつけた先人二人の心、生き様、時代背景など、
本当に楽しめました。

昼は、中野市以外から。関東や近県から。そして、夜の部は、市内の観客が多かった。
音楽劇は、もっと、広がってほしい。
できれば、アジア全体、世界全体で、やってみたい。

村田光平「東京五輪は内外で深刻な問題に直面しつつあります」

皆様

東京五輪は内外で深刻な問題に直面しつつあります。

国際的には8月16日、国連人権理事会が「特別報告者」に任命した独立する3人の専門家が共同で「延べ数万人の作業員が被ばくなどの危険にさらされたという情報がある」として、日本政府は作業員の安全を守るための対応を急ぐべきだとする声明を発表しました。
この声明は国連人権理事会の公式サイトに「OHCHR _ Japan_ Fukushima clean-up
workers, including homeless, at grave risk of exploitation, say UN experts」として掲載されています。
https://www.ohchr.org/EN/NewsEvents/Pages/DisplayNews.aspx?NewsID=23458&LangID=E

ご報告したIPPNWの動きに続くこの度の国連人権理事会の声明は、各方面から国際オリンピック委員会(IOC)に寄せられている東京五輪の安全性の再確認の問題に影響を与えると有力な欧州の関係者は見ております。(”Hopefully the UN experts address also the Olympic games issue”.)

国内的には内政の現状への危機意識の高まりが看取され、東京五輪どころではないとの認識が広がりつつあります。
大島理森衆議院議長は7月31日、国会内で記者会見し、相次ぐ政権不祥事が問題となった通常国会を振り返り、安倍政権に反省と改善を促す異例の所感を公表しました。他方、自由民主党が8月15日に発表した「終戦記念日にあったって」と題する党声明から、昨年の声明に記されていた「今後も民主主義、基本的人権、法の支配といった基本的価値を堅持」という重要な部分が削除されていることが判明し、世論の猛反発を招いているのです。

こうした動きが見られる中で、倫理・道徳の崩壊が取り沙汰される日本の名誉回復を求める心ある国民の声は確実に高まりつつあります。
本日お会いしたことのない方(自主避難中)から頂いたメッセージを紹介させていただきます。

「私は、福島原発事故の影響で、自主避難しているものです。
 久米宏さんやピーコさんも、2020東京五輪は、福島原発事故に対する「目くらまし」だと、断言されています。
福島原発は、大変な状況にあり、作業員の方々は、どう毎日の作業をなさっているのか?全てが隠ぺいされて
いて、オリンピックどころではありません!闇から闇に葬られている方々の人権侵害も深刻です!明日は我が身!!!
電通の事をよく知っている本間龍さんは、「原子力安全神話をすり込むために、電力会社は、この40年間で2兆
4千億円もの広告費を使いました。」と、それによってマスメディアの批判力が、奪われたままです。と!!!(後略)」

8月22日に発行される「月刊日本」9月号に掲載される私のインタビュー記事をお届けいたします。
「原発問題は何も解決していない」「放射能まみれの東京五輪を返上せよ」が小見出しとなっております。
2号機問題、排気筒問題などを含む福島危機を抱えた日本がどうして五輪開催が出来るのでしょうか。

皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

 村田光平
(元駐スイス大使)

戦後日本(アメリカの特別行政自治区)の統治形態・理念にダメ出しされる日はすぐそこ。

時事通信が伝えている。 国連人権理事会が、特別報告

福島第1原発の作業員に「深刻なリスク」=日本は即刻対応を―国連報告者  8/17(金) 16:03配信

 【ベルリン時事】国連人権理事会に各国の人権状況などを報告する特別報告者は16日、東京電力福島第1原発事故の除染作業員について、十分な被ばく対策なしでの作業を強いられるなど「深刻なリスクがある」として、「日本政府は即刻対応しなければならない」と警告する声明を発表した。

 9月に、人権理に報告書を提出する。

 声明は「作業員には、移民や難民、ホームレスが含まれているとの情報がある」とした上で「被ばくリスクについての虚偽説明や、経済的困難から危険な作業を強いられる」などの恐れがあり、「深く懸念している」と述べている。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一方、日米合同委員会は、安倍続投 三選 を了承したとして、
 山梨の別荘で、安倍チンは、歴代自民の大物と、直属子分を集めたという話も。

日本の司法は、アメリカの指揮下にある。かつて、田中角栄を追い落としたように。
そこに沖縄基地問題で挑戦し、外務省から完全な徹底妨害にあった鳩山由紀夫。沖縄県民の心を代表し、命がけで日本国政府と対抗しながらも、アメリカに掛け合いに行った翁長知事。そして、8月8日に、ガンで死亡。
その翁長氏を、アメリカは、「日本でもっとも勇敢な男」と、わざわざ書いた。
今、そのアメリカでは、トランプはこれまで敵対していた(ことになっていた)国家のトップとあって膝詰め談判で、「戦争を起こそうとしている勢力を回避」で、一致してるが、日本に対しては、戦後、一貫していたATM機能を、それが使える限り、できるだけ永く、続させるつもりなのだろう。
 それには、ポンペオ国務長官も加わっている「新生・日米合同委員会」でも、列島民はどこまでも「忖度だいすき」の僕だから、安倍チンがいい、という判断か?

参考になるかどうかわかりませんが、
地上波テレビとそのスポンサー、そして、国家権力と一体化した利権アカデミズムについてです。
ここが、最深層の部分から、権力基盤の溶融が始まっています。背景は、IT、SNSで真実を伝えあう人が増えているからです。この人たちは、これまで枠組みや、個々人の持つ属性に捕らわれず、いい現実を創れるかどうか、にのみ価値の基準を置きます。
一方、列島内では、平成時代になって、とくに陛下の「ゆかり発言」以来、半島系(南北・左右が融合)が完全に牛耳った「テレビ・芸能の分野」ですが、2013年以来、アベノミクスともに最高潮になりました。
 しかし、すべてをつかさどる天には、「陰陽の掟」、螺旋形での発展の道理があります。
安倍さまの日本列島には、その裏で、これまでとは異なった次元から、よりバージョンアップした一体感.共感を生み出そうとする勢力が隠然と影響力を持ち出してます。ここに、新生中華・華僑系と、戦争屋ではない「理想追及ユダヤ」がいます。
 世界規模で、スマホを使ったネット・SNSでいろんな意見がどんどん投稿され、情報共有される時代になり、より大きな商業ベースの作為に「喜んでカモされる人間」も増えますが、賢い人間たちは、そうした作為や思惑をすべて見抜いて、これまでの夫々の国家権力(既得権)や商業ベースのあざとさをこえて、真実真相を探り合う時代になっています。
 この動きは、戦後の国家ベースの「枠組み」で、利権をむさぼっていたものからすると、いつ、自分のその立場が「一斉崩壊」するかわからない。だから、今はなりふり構わず、死に物狂いで、その足元の崩壊を食い止めるべく、抵抗中。これまでの関係者には、「おい、誰のおかげで、今の地位・立場にあるんだ」と。そして、無知の人間には
より高圧的に権威をひけらかし、自分に対する支持者・同調者を増やそうとします。
 まあ、すべての人間が、「自由意志」の中で、自ら引き寄せた「未来」のなかで、いきます。真実に基づかないものは、いつも、虚の世界、砂上の楼閣。ここから先は、個々人の運命論の世界。・・・終わりにします。

【ご案内】今度の『皆神塾』は「9月2日(日)」に「東京」で開催です!!

今度の『皆神塾』は「9月2日(日)」に「東京」で開催です!!
講演会のテーマや内容(概略)、レジメなどについては決まり次第改めてご案内させて頂きますが、
以下、「開催要領」をご案内させていただきます。

6月9日の「皆神塾(京都)」、6月17日の「神と「神」の歴史」で、そして7月8日「東京」、7月29日「大阪」の「皆神塾」で、「日本の支配構造(システム)」の現状ならびに過去からの経緯などを徹底的に暴きました。
また、8月12日の新シリーズ「平成の30年を総括する!!」では、私たち日本人の特性について「生口」というキー・ワードを使って説明させていただきました。
今回の「皆神塾(東京)」においても、現在の国内・国際情勢の解説から「日本とは・日本人とは何か」について迫ります!!
ぜひ、ご来場ください!!

また、6月9日の「皆神塾(京都)」と、6月17日の「神と「神」の歴史」、そして7月8日ならびに7月29日の「皆神塾」の内容についても、ぜひ、DVDをご購入いただき、内容をご確認ください!!
いずれも超おすすめの内容です!!
詳細については次のリンクからご覧ください!!→ ぬなとショップ

<開催要領>:    

開催日:9月2日(日): <東京で開催>  
場所: 東京都千代田区飯田橋3-4-4 第5田中ビル 5階  TEL:090-5804-5078 (室伏)
時間: 14時~17時  (終了後、懇親会開催予定)
地図→ 180902_地図_飯田橋.pdf
    最寄り駅:  JR中央線(快速) 飯田橋駅 東口 徒歩3分
            JR中央・総武線 飯田橋駅 東口 徒歩3分
           東京メトロ東西線 飯田橋駅 A5番出口 徒歩1分
           都営大江戸線 飯田橋駅 A2番出口 徒歩1分
参加費: 3500円
(注1)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。
(注2)会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。
なお、講演会終了後の「懇親会」は、「事前予約制」で人数限定にて開催させて頂きます。懇親会では、新井先生とゆっくりお話できるようにさせて頂きます。
懇親会の会費は、中華のコース料理(飲み放題付き)で「4000円」となります。参加を希望される方は、講演会への参加と一緒にお申し込みください。
次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。
→ 180902_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf
その他何かご不明なことなどございましたら、ご遠慮なく上記の室伏(携帯:090-5804-5078)あるいは株式会社K2O(TEL:03-35489-1025 FAXは03-3548-1026)までご連絡ください。
その他、ブログ「京の風」の右上の「お問い合わせ」からメールをいただいても結構です。

よろしくお願いいたします。

連絡先: 株式会社K2O 室伏昭昌
事務所: 03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX: 03-3548-1026
E-mail: akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F 

グレッグ・グリーン氏の「カルフォルニア州巨大山火事とフクシマ放射能」は大反響を呼んでいる。by村田光平

村田先生からのメールを転載します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆様

ニュヨーク在住の松村昭雄姿から寄せられた重要メッセージを転送いたします。
同メッセージは内外に広範囲に発出されており、国内では主要総理経験者、地震専門家等に送られております。
カリフォルニア州の山火事からの放射能の検出を下記抜粋の通り実証するグレッグ・リーン氏の
文書「カルフォルニア州巨大山火事とフクシマ放射能」は松村氏によれば多大(tremendous)の反響
を呼んでいるとのことです。

(抜粋)
「今季の山火事もまた、同様に恐ろしい規模のもとなっている。家々は破壊され、命を落とす人々も出ている。私はとにかく、これまで蓄積した記録や写真、計測結果のデータがこの山火事によって失うことを恐れた。つい数日前、炎と煙の勢いが過去最大規模のものとなった。その時、放射能の計測値もまた高いものとなった――その数値は決して低いものではなかった。7月31日朝、放射線量は毎分1,333カウントとなり、過去最高の数値を記録したのだ。その際、私は数回にわたり計測を行ったのだが、その平均は毎分1,000カウント以上となった。今回の山火事は過去最大規模のものとなっている。おそらく、煙のはヨセミテ国立公園から湧き上がっていると思われる。その場所は、私の家から100マイル以上離れているはずだ。この煙の中で放射性物質がどんどん高濃度なものとなり、いよいよ高い放射線の計測結果を生み出しているのだろう。・・・最近、カリフォルニアワインにフクシマからの放射能セシウム137が少量含まれていたという報告があり、そのことは広く知られるところとなった。フクシマ由来のセシウム137が、この土地の植物に取り込まれているのではないか――この疑いは、もはや大きなものとなっている。もしそうだった場合、そのセシウム137は、今次の山火事によって再び拡散して行くことになる。今私たちは、この件について真剣な研究がなされるよう、強く求めなければならない。」
フクシマ事故の収束に向けて全力投球し、地球環境加害国の汚名を返上することが最優先課題であることが改めて痛感されます。

 村田光平
(元駐スイス大使)

From: Akio Matsumura
Sent: Wednesday, August 15, 2018 11:15 AM

村田 光平 大使殿 
暑い中ですが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
い向けて
日本政府は昨年、「東京電力福島第一原子力発電所で損傷した三つの原子炉の中に残された核燃料などを取り去るために、最低でもあと40年は必要である」と発表しました。この発表を受けて、私は、40年を経た後の世界へと自分の視野を移し、焦点を絞ることにしました。海洋生物への危険性はどうなるのか。北アメリカ大陸に住む人々の潜在的なリスクはどうなるのか。40年もの間、風に吹かれ、あるいは海流に乗って、フクシマから放射性物質が流出し続ける、その結果はどうなるのか。それを私は考えるようになったのです。

日本には、噴火について科学的に調べている学者がいます。また日本には地震学者が何人もいます。こうした人々に「富士山の噴火が起こる可能性」や「東京で巨大地震が発生する可能性」について、聞いてみてください。そうしたらきっと「それは、この40年以内に、ほとんど間違いなく、それは起こることでしょう」という答えが返ってきます。そうなのです。実際のところ、人間と環境と経済に対する甚大な打撃を引き起こす天災が、ほぼ間違いなく起こるのだ、と分かったとしても、人々はそれを無視してしまうのです。それは遥か未来のことに思えて、考慮に入れることがとても難しくなるからです。実際、そこで向き合うのは「たった40年」先の問題ですが、それでも、それを考えることは難しい。それなのに、放射能被害を巡って、私たちは更に「数千年」先のことまでも考えなければなりません。どうしたら私たちは、遥か長期に及ぶこれらの事柄を、私たち人間の一生涯という短い時間軸に結び付けて考えることができるのでしょうか。

ここに私は、謹んで一編の文書をご紹介いたします。グレッグ・リーン氏がお書きになった「カルフォルニア州巨大山火事とフクシマ放射能」という文書です。リーン氏はカリフォルニア州でタホ湖(カリフォルニア州とネバダ州を隔てる湖)の環境問題と土地利用に関する法律事務を職業としている方です。

私は今後、世界中の知見・領域横断的な専門知を集め、40年間蓄積されるフクシマ由来の放射性物質が一体何をもたらすのか、皆さんにお知らせしたいと思っています。その作業を通して、私はまた、将来世代に圧しかかる負荷を減らすために、いったい私たちに何ができるのか、知りたいと願っているのです。

皆様のご理解とご協力を賜れば幸甚の至りに存じます。
松村昭雄

2018年8月7日

「今、どこの山も泣いてますからね」ボランティア開始時の尾畠春夫。それに引き換え、ソーラーパネルは。

時の人、「師匠」尾畠春夫。
ボランティアを始めた時の映像がありました。
山歩きで、道を開いた人を知り、それに倣って、大分の由布岳の登山道の整備。

それに引き換え、

山を壊してまで、カネを稼ごうとする大バカどもがすすめる、ソーラーパネル。

http://hatsudenkakaku.info/entry69.html

 

山河と人間社会は、どうあるべきか? 

「太陽光を生かすなら、植物を成長させて、そこからエネルギーを取れ」 これが宇宙の鉄則。

白色腐朽菌を使って、木質バイオマスでエタノールを取ることを国家事業にすれば、山も里山も生かされる。文化も景観も植生も回復し、地域社会も維持される。

安倍晋三は、小泉純一郎のあと、初めて総理大臣になる時、農民に配られる減反奨励金を使って、田んぼをエネルギーと畜産飼料の基地に変える政策を温めていた松岡利勝に共鳴し、松岡を農水大臣に指名したうえで、国会の所信表明でこれを実行すると演説した。しかし、原発マフィアに「農水がエネルギーに口を出すな」と言われ、すぐに沈黙し、2007年5月、春のダービーのとき、松岡は暗殺された。

その後、日本では財界と経産省の国策として、原子力ルネッサンス。その計画実施案を策定したのが、加計学園を愛媛県に説得した、柳瀬唯夫だった。

今、日本の大地が怒っている。さらに、地球も怒っている。

人間に、完全に、復讐に来ている。人間は、神の似姿であるのに、このざまは何だと。

人間自身の生命力と能力、そして、人間社会のエネルギーであるマネーを、何に使うか?

答えは見えている。

【お知らせ】7月29日「大阪開催」の『皆神塾(大阪)』DVDをキャンペーン価格で好評販売中!!

7月29日に大阪で開催した「皆神塾(大阪)」のDVDをキャンペーン価格で好評販売中!!
ご期待に違わない内容となりました。

テーマは、『明治維新から150年:マタイ福音伝「毒麦の喩え」~何を消し、何を残すか?!』です。

今年は明治維新から150年、そして平成時代30年の最後の年でもあります。
平成時代は、昭和天皇の崩御から始まり、その象徴的な事件としてオウム事件がありました。その平成時代の「毒麦」とは難だったのでしょうか?
平成30年の間に日本がどう変えられてしまったのか?そして未来に向けて、「何を消して」、「何を遺すのか?」を考えます。
超おすすめDVDです!! このDVDはぜひご覧になってください!!

テーマは、『明治維新から150年:マタイ福音伝「毒麦の喩え」~何を消し、何を残すか?!』

販売価格は、通常価格6000円のところを、2018年9月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

全編で、2時間48分(168分)の長編DVDです。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp  弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ ぬなとショップ
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

<テーマ>: 『明治維新から150年:マタイ福音伝「毒麦の喩え」~何を消し、何を残すか?!』
180729_皆神塾・大阪.jpg

<レジメ>:

1) トランプ登場によって、戦争屋の正体があぶり出された。 その上での自民党総裁選  奇跡は起きるか?
4月27日、板門店南北会談  6月12日シンガポール米朝会談  7月16日ヘルシンキ米ロ会談
   米中ロ朝は、何に助け合い、何にもめているのか?  安倍政権は、どう映る?  北朝鮮が列島民に同情する。
   ヒントは、サピエンス全史と、 ジャック・アタリ2030年。

2) 民主党政権の反動、安倍政権は皇国日本の恥部、宿痾を全てさらけ出している。
ジャパンハンドラーが変わった。  経済ゴマカシ 原発輸出 平和憲法の裏側での「軍拡」 行政の目的
5月18日 スプートニクが、「日本の地下核実験」を伝える。 イギリスBBCが、「731」。
6月23日 朝7時NHKニュースは「地球深部探索船・ちきゅう」運用の「日本海洋掘削」の経営破たんを伝えた。

3) 近代日本の三段階  ①明治維新(イギリスの手先)  ②戦後日本(特別行政自治区)  ③平成日本(半島民の乗っ取り)
一貫していたのは、金融ワンワールド(中央銀行)  イエズス会  明  客家  満州亡霊  アメリカ 島津斉彬と慶喜 
   出発は、1815年ウィーン会議。 背景に、列島の産金(為替)事情と忠臣蔵   
   拉致 皇室騒動は、権力争い
   自然から離れるばかり。 太陽暦 巨大な虚構(ファンタジ-) マネーの為に、自然・イノチを壊す。  

4) 2013年から始まった文明の反転。 アクエリアス。 トップ・イルミナティーの分裂。
因果応報は自然界から。 ガイアの意志。 キリスト教「刈り取り」時代。 列島向け新ファンタジーの アインシュタイン予言
   縄文回帰  神社本庁と富岡八幡  神道神祇本庁とバチカン 

5) 平成30年とは? 米ソ冷戦が終わっても、特別行政自治区の日本。 そのための、虚構を求めた。
   ヒロヒトの死から始まるオウム事件。 ジャパンハンドラーが実体支配を強化に、満州亡霊を呼び起こした。
   オウム事の処分が象徴するもの。  6日7名、26日6名  赤坂自民亭と柳瀬の退官。

6)  戦後も残った列島の「国体・現人神」体制を整理する。
個人が実体の「神」と繋がって、現実を創るとき。
  列島内の人間の洗脳システム。 縄文とシュメルが接触したときの、「咋人」「生口」関係。         
水に流すことの怖さ。
「何でもいいなり安倍晋三」の毒と棘を抜け。  晒される自民党、創価学会、統一教会、学歴エリート。
  闇は虚構(ファンタジー)の中に興る。 虚構は、文字での記録の中にある。 真実は、実体のみ。 
  未来はあるか?

7)  温暖化CO2増だけではない。  歳差運動。 ガイアの意志。
経済性最優先の日本、それを真似ただけの中国は「オレサマ主義」。 マネーは、イノチに流れるか? 
自然資本とは? 
「原子力ルネサンス」の終わりと、東京オリンピック。 ますます酷くなる「咋人」の本性。

8) 「縄文カンナガラ」と、SNSとAI                                              
彼らの最後の抵抗は、自然改変装置で「国家」依存を、強めさせること。
国家・マネー・宗教(組織)に頼らず、 現実を作り出す。
過剰な行政指導(妨害)に対抗し、連携して現実を作り出す。
水(放射能・汚染)とエネルギーを、自活に。
仮想通貨 富の流れの逆流はあるか? 
  押えられる「オレサマ主義」 広がる「真実のいいね」
世界の反面教師になっている安倍政権は、続かないが、自分で動き出すしかない。

販売価格は、通常価格6000円のところを、2018 年9月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

全編で、2時間48 分(168分)の長編DVDです。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp  弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ ぬなとショップ
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

【お知らせ】7月14日に開催した『未来創庵』DVDをキャンペーン価格(通常より大幅割引)で好評販売中!!

2018年7月14日に長野・中野で開催した『新井信介講演会「未来創庵」』のDVDをキャンペーン価格(通常より大幅割引)で好評販売中!!

7月14日は信越自然郷・飯山の里山で「お米作り体験イベント」を開催し、田んぼの「草むしり・草刈」をし、その後は地元の方々とBBQをして、その夜に開催した講演会です。

<テーマ>は、「日本の本質とは何か?」で、「「生口」をキーワードとして考える」です。

DVDの収録時間は、全編で「1時間43分」(103分)(Q&A含む)です。

販売価格は、「2000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「1000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp  
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「ぬなとショップ」
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》
180714_未来創庵.jpg

【お知らせ】《「ふるさと」の「ふるさと」から音楽劇を発信!!》・・・これを機会に「信越自然郷へおいでください!!

ご案内のように「8月19日(日)」が近づいてきました!!
この日は、「童謡生誕100周年記念」の音楽劇を「ふるさと」の「ふるさと」から発信させていただきます!!

『カフェ走馬灯 何処へ』という「音楽劇」です。
これは、童謡・唱歌の天才2人の故郷・中野市を舞台としたもので、
その天才2人というのは「中山晋平」と「高野辰之」です。

また、「音楽劇」を楽しむのはもちろんですが、その舞台となった中野、そして「ふるさと」の「ふるさと」といわれる『信越自然郷』の自然を楽しんでください。

「音楽劇」は「8月19日(日)」開催ですが、その「前日」においでいただければ、新井先生が『信越自然郷』をご案内します!!
また、宿泊は、新井先生のご自宅を開放しますので、どうぞご遠慮なくご利用ください。
「音楽劇」のチケットもご用意させていただきます。

ご興味のある方は、「室伏」までご連絡ください。どうぞよろしくお願いいたします。

TEL:03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 Mobile:090-5804-5078
E-Mail: akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
180819_音楽劇_パンフレット_800.jpg

沖縄と東アジアを真剣に考えていた鳩山由紀夫。官僚たちは戦争屋の手先になって潰し、そのあと「311」。

日本のメディアは、民主党政権が誕生で、総理になった鳩山由紀夫の「東アジアを平和の海に」という大方針を、官僚たちがどう扱ったか、正確に伝えなかった。

 習近平が、中国共産党のトップ、総書記=国家主席に選ばれた最後のキメ手が、胡錦涛と同じく、日本の天皇と会っていることでした。しかも、そこで、国務院総理に選ばれた李克強は、かつて、小沢一郎の家に泊まっているほどの親しさでした。

ただ、鳩山も小沢も、この政権の本当の敵が、霞が関の官僚組織(特別会計)そのもので、しかも、これとメディアと財界が既得権死守の点で一体で、そこに日米の戦争屋が取り憑いていることに、あまりに不用心なままだった。その本丸が、原発と基地問題。

さらに、鳩山政権誕生で、自民党のワルどもと同じように、日本の国家予算を好き勝手に使えると半島系国会議員がはしゃぎすぎたのです。

鳩山氏が総理時代に、外務省から、どのような嫌がらせ(妨害)を受けたのか、講演会で話しています。ご覧ください。

戦後の日本はアメリカの特別行政自治区であり、実は、そのアメリカの僕となったもの(財界・官界・メディア)たちが、自分で、勝手にどんどん利権を創っていたのです。名家の生まれで、エリート教育を受けた鳩山氏。アメリカの黒人大統領のオバマ氏の中にある「良心」はわかっても、列島の既得権益層の中にある「狡猾さ」と「卑劣さ」には、まったく目が届かなかったのでしょう。

鳩山氏には、プーチンのような、権力をつかみ取り、それを確立するための、現実の凄み=非情さ、そしてその手段(実行部隊)がありませんでした。一言でいえば、甘ちゃんのままなので、これは、ジャパンハンドラーの手の中で、動いていただけだったのです。

メディアに煽られるまま、小沢一郎を追い出して、中国とのパイプが細く薄れた後の2010年6月に、菅直人が総理になると、その9月、尖閣での漁船の衝突事件が起きた。そして、2011年、「311」。
 さらに2012年4月、石原慎太郎が渡米し「東京都が尖閣を買う」と言い出してから、野田政権が狼狽し、9月8日に、胡錦涛に「尖閣の(施政権はあったとしても領有権はないから)国有化はやめろ」と言われたことに、かえって反発し、9月11日に国有化してしまった。
 これには、ニクソン訪中からの歴史的経緯を知るものは、みな大反対だった(商社の調査部には、内調から問い合わせがあったが、みな国有化だけはやめろ、と)。しかし、外務省はこのときまでに、1972年の田中訪中における、田中角栄と周恩来の「未来の知恵に任せ、棚上げにする」という合意内容を描いた公文書を(どこかからの指示なのか)、改竄していた。

それを踏まえ、2012年10月23日、ジャパン・ハンドラーのアーミテージとジョセフ・ナイが、中国の北京に乗り込んで、日中で対立する尖閣問題の解決を、自分たちに任せてほしい、と李克強に申し込んだ。
そしたら、李克強からは「お呼びでない。そもそも、あなたたちのアメリカでの地位が低すぎる」と、見事に、その隠された意図(戦争誘発)を見抜かれて、追い返された。
 そして、彼らが日本に戻った後の11月、野田は安倍との党首討論になって、いきなり、解散総選挙。
後の流れは、皆さんご存知の通り。

ボランティア界で「師匠」と呼ばれるスーパー爺の尾畠さん、いよいよ全国区デビュー。「光」の始まり?

こんばんは。

今日は、正午に、NHKニュースで、千鳥ヶ淵で行われた全国戦没者追悼式での陛下のお言葉を聞いた後は、
山口県の周防大島で行方不明になっていた、2歳の幼児発見のニュースに湧きました。
前日、わが子を探す母の必死の声が、流れたばかりでした。

で、今回、見事に、この少年を見つけ出したのが、大分から現地入りした、尾畠さんでした。
この方は、以下にあるように、「311」以降の列島の災害では、常に現場に駆けつける、ボランティアの鏡のような方で、
「師匠」と呼ばれるほど、仲間から慕われる人物だったようです。
この方が現地に入るや否や、すぐに幼児の場所をつきとめたという、本当に、「神業」のような仕事ぶりでした。
ボンクラの県警とは全く違うわい、と、誰もが思ったのでしょうが、どこかしら違和感を感じている人もいるでしょう。
この方は御年78歳で、先週までテレビを騒がせた、ボクシング協会のY氏と同じ年齢です。
大分の別府でまじめに魚屋をやっていた方が一念発起で山登り。ここからボランティアもスタート。

すでに大変な実績のある方ですが、この方が、今、この時期に、全国区の知名度を持つことになりました。

2020のオリンピック前で、政府がしきりにボランティアを呼び掛けているタイミングでした。まさか、これから、この方が、テレビで、レギュラーになるなんてことはないでしょうね。

でも、誰かさんたちなら、そんな仕掛けと仕込みを周到にやりかねないか。

以下、5ちゃんの書き込みからからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1ばーど ★2018/08/15(水) 17:42:19.
山口県周防大島町で8月12日から行方不明になっていた2歳の男児が15日、無事に保護された。山中で男児を発見したのは、ボランティアで捜索に加わっていた大分県の尾畠春夫さん(78)だった。

報道各社のインタビューに応じた尾畠さんは、「小さな命が助かったと思った。本当にうれしかった。助かってよかった、助かってよかった。ただそれだけ」と語った。そして、2016年末に大分県で行方不明になった女児の捜索ボランティアにも参加しその時の経験が今回の捜索で生かされたことも明らかにした。
.
■ ボランティアで由布岳の登山道の整備

大分県別府市で鮮魚店を営んでいた尾畠さん。40歳で登山を始め、58歳で北アルプス55山を単独縦走した。

尾畠さんはその頃から、ボランティアで由布岳の登山道の整備を始めている。月に7~8回、30~40キロの材料を担いで登り、崩れかかった登山道の整備をしたり、案内板を設置したりしたという。
.
■ 徒歩で日本列島を縦断

66歳で尾畠さんは鮮魚店を引退し、鹿児島県の佐多岬から北海道の宗谷岬まで日本列島を徒歩で横断する旅に出た。

2006年の4月1日に出発、7月1日に全行程3250キロを歩き、尾畠さんは無事ゴールを遂げている。毎日、朝夕に孫の声を電話で聞くことを励みにしていたという。

このチャレンジについて、尾畠さんは朝日新聞の取材に「生まれた日本を縦に歩いてみたかったのと、体力がどのくらい持つのか、動機は単純じゃ」と語っている。

ゴール後、同級生たちに祝福された尾畠さんは「目標を持ってやれば、出来るものだ」と笑顔だった。(朝日新聞2006年07月09日)
.
■ 東日本大震災・南三陸町でボランティアの「師匠」と呼ばれる

2011年の東日本大震災では、3月から宮城県南三陸町でボランティアとして活動していた。町から依頼され、被災地で、人々が大切にしていた物を拾い集める「思い出探し隊」の隊長を務めた。

軽自動車で3日かけて被災地へ。日本列島縦断の旅で、テントを干していた南三陸町で親切にされた人を訪ねたことがきっかけとなったという。

2004年の新潟県中越地震の被災地でもボランティア活動に参加していた尾畠さん、若いボランティアからは「師匠」と呼ばれていたという。その後も大分と車で往復しながら計500日間支援に当たったという。(朝日新聞2011年04月27日)
.
■ 熊本地震でもボランティアに参加

熊本地震では、熊本県益城町でボランティア活動をしていた。既にこの時には「ボランティア歴25年」になっていた。

町が設置したボランティアセンターに「スコップやヘルメットがもっと必要」などと用具などについて助言。職員が「私たちにも初めての経験。言われて気付いたことがたくさんあって助かります」と話していたことが報じられている。(朝日新聞2016年04月25日)
.
■ 夢は100歳での祖母山登頂

尾畠さんは、夢は「100歳での祖母山登頂」だと答えている。ボランティアは「体力の続く限り続けたい」という。(朝日新聞2010年12月24日)

8/15(水) 16:58
ハフポスト日本版
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00010003-huffpost-soci

関連スレ
【山口】「子どもは上に上がると思った」 2歳児発見のスゴ腕捜索ボランティア 発見後、警察が渡せと言ったが「だめです!」と断る★7
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534321164/

「チョー絶善人」尾畠さんの雄姿

14名無しさん@1周年2018/08/15(水) 17:46:13.64ID:t8uaco3z0

■漢 尾畠

九州北部豪雨
https://i.Imgur.com/LWvwLp4.png

熊本地震
https://i.Imgur.com/ciauUci.png

鬼怒川決壊
https://i.Imgur.com/HnEzNkz.png

3.11
https://i.Imgur.com/JhcziMX.png
https://i.Imgur.com/MBRjb0Q.png
https://i.Imgur.com/0jONW7h.png
https://i.Imgur.com/8hdbw50.png
https://i.Imgur.com/FUV71AY.png
https://i.Imgur.com/DbuQII3.png

よしき行方不明
https://i.Imgur.com/gKMqe5h.jpg
https://i.Imgur.com/lTsd6cu.jpg
https://i.Imgur.com/3m41HIS.jpg

「あたりまえのことをしただけ」
http://Imgur.com/E54kSzQ.jpg

まあ、レスリングのパワハラ、日大アメフト、ボクシング奈良判定といった、反吐が出るようなニュースばかりだったから、この終戦の日に登場した大畠さんの活躍というニュースで、すっかり、さわやかな気持ちにはなれるのですが、なにかなあ。

周防大島と言ったら、私の師匠でもあった歴史工学の馬野周二博士の故郷。馬野先生の父は朝鮮総督府の高官で、松岡洋祐は親戚でした。

あと、ボランティア関連で言うと、以下のニュースがあります。吉川晃司さんです。

7月の西日本豪雨以来、いろんな芸能人が、被災地を回っていますが、ネットで見るかがり、もっとも信頼を集めているのは、どうも、広島生まれの吉川晃司さんのようです。また、この人は、三国志オタクで、常に、人間としての生き方、誇りについて、ほんとうによく考えていて、実際に行動している人です。もし、政界に入れば、山本太郎以上という話もあり、注目したい。

さらに、以下のように、最後に、安倍様「一人勝ち」になった日本列島の平成時代ですが、「平成のお掃除」を歌う歌が、トランプの登場とほぼ同時に、日本の若者の間に流行りだしていたのですね。

 あと、因みに、来年の、平成最後の歌会のお題は、『光』です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

新井先生  

2年前にこんな歌が出ていたとは(笑)

きっと「お掃除」の計画は、退位に合わせて、長期にわたって練られていたんでしょうねぇ。

https://www.youtube.com/watch?v=Q_rvOZbldR0

 

今日は『終戦』記念日。妄想・無謀・国民虐殺戦争が終わった日。安倍VS石破、とことんやってね。

ネットの阿修羅の http://www.asyura2.com/18/senkyo249/msg/232.html

投稿意見のところに以下がありました。

面白いから、転載します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

14. 2018年8月14日 16:26:29 : JPFVWdWQEQ : vOvkDvgSAT0[25] 報告
▲△▽▼

出来る事なら、双方必死で戦ってほしい。
石橋は安倍のアキレス腱である森友・加計学園問題で、隠し玉を破裂させて
安倍に深手を負わせてもらいたい。
深手とは、「そこまでやるのか、お前」という再起不能レベルの事を指す。
一方で頭にきた安倍は、お得意のマフィア筋を使って、石橋氏の背後にいる
ナンバー2辺りを狙ったヒットマンを送り込む可能性もあるかも。
こういう泥仕合になれば、この亀裂は今後の自民党という党の姿に影響を
及ぼす可能性が生まれる。
9月になって、ぼこぼこになった二人の指導者の醜態を確認しながら、その
新しい気持ちで国民は沖縄知事選に注目するであろう。
少なくとも9月が楽しみになった。
そして、国民はこの機会を他所の政党の事として傍観すべきではない。
世の中には「勝手連」という政治手法もあるし、聞くところでは「地方議員
からかいおばさん」「自民の忍びじじい」とか、「赤坂見学女子会」、「憲
法破壊手法研究サークル」「自民党バージョン・ムサシ監視学会」「汚職ス
キャダル抱き付き小僧」など興味津々の組織も生まれつつあるらしい。
そういう多くの組織がこの8月からどんどん横の連携をとって、阿修羅辺り
に報告をしてくれるのが楽しみだ。
みんな頑張れ―。

・・・・・・・・・・・・
「地方議員からかいおばさん」
「自民の忍びじじい」
「赤坂見学女子会」
「憲法破壊手法研究サークル」
「自民党バージョン・ムサシ監視学会」
「汚職スキャンダル抱きつき小僧」


話だけでも、面白い。  
元気で生きてる限り、この国は、まだまだ楽しめる。

お盆休み、世界史と戦後の日本を復習しましょう。まず、この知識を持ちましょう。

とりあえず、入門編。

これをしっかり学びましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=geLRTfLRyr8&t=37s

このビデオ内容をしっかり、咀嚼した後に、

遺伝子の秘密(「咋人」と「生口」)と、貴種の発生

ヘブライの部族統合の意志、中華の正統性、キリスト教(神と「神」)。

日本の王権の始まり(ダビデ・始皇帝・ニギハヤヒ・ヤマトタケル・八幡神・ウマヤド・アマテラス・東大寺・道鏡など)、

幕末の秘密(「中朝事実」、「日田隠し」、「混交秘策」、斉彬と隼人、下関条約、伊藤博文暗殺など)

となります。

 

【新井信介:2018年8月メッセージ】(2018年8月13日収録)

「お盆休みの間に、「イノチ」の次元から「いま」を考え直そう!!」

【お知らせ】本日開催の「新井信介講演会」のレジメができました!!

本日開催の新井信介講演会「平成の30年間を総括する!!」のレジメが出来上がりましたので、以下、「開催要領」とともにご案内させていただきます。
まだ、お席もございますので、ぜひ、ご来場ください。

<テーマ>: 「平成の30年間を総括する!!」~平成時代は、人類文明の「蛹」時代だった~

<レジメ>:

1) ヒロヒトは生まれながらにして、世界経済の要だった。
崩御で、「戦後日本=FRB支配」、「明治の近代=国体」」、「持統の皇祖神アマテラス=列島特殊論」の「毒」が一斉に引き出した。
2) 「毒」の刈り取りは、2013年から。  この年、UFOの存在と、新世代王族の意志。
   国家の権威・常識を超えて。  真実暴露に。
3) リクルート事件からバブル。  崩御。  天安門事件を経てオウム事件。  油を注いだ人間。
4) 皇国史観は金融ワンワールド(英国とイエズス会)が創った「政治的ファンタジー」。          
  「咋人」と「生口」。   皇民強制受けた半島人の復讐。  人類選別の戦争誘発イルミナティー。
5) ヒロヒトの中国民衆への思い。  資本主義化とFRB。  孫文・大東社と周恩来。
6) 天安門と安倍晋太郎。  湾岸戦争。  オウム事件と、平成天皇の訪中。
7) 森・小泉登場で、完全に、アメリカ(グローバリズム)の支配下。  Y2Kの脅し。
8) 「ゆかり発言」から、国体そのものが、半島系に乗っ取られる。
9) 「拉致」が、戦争屋が求める「再武装化」、「緊張増大」で、皇国ファンタジーを復活。
  温暖化と原子力ルネッサンス
10) 「311」後に、天からの意志「アクエリアス」。  2012年冬至。
11) 安倍政権(「経済成長」の数字つくり)で、一斉に芽生えた「毒麦」とその正体。
  「嘘」つくりと「マネー」バラマキ。
12) IT時代、SNSとAI.   国家を超えるものと、国家権力に取り付くもの。
  大いなる気づき。  天武の真実を明かせと、「天の意志」。

<開催要領>:    

開催日:8月12日(日): <東京で開催>  
場所: 東京都千代田区飯田橋3-4-4 第5田中ビル 5階  TEL:090-5804-5078 (室伏)
時間: 14時~17時  (終了後、懇親会開催予定)
地図→ 180513_地図_飯田橋.pdf
    最寄り駅:  JR中央線(快速) 飯田橋駅 東口 徒歩3分
            JR中央・総武線 飯田橋駅 東口 徒歩3分
           東京メトロ東西線 飯田橋駅 A5番出口 徒歩1分
           都営大江戸線 飯田橋駅 A2番出口 徒歩1分
参加費: 3500円
(注1)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。
(注2)会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。
なお、講演会終了後の「懇親会」は、「事前予約制」で人数限定にて開催させて頂きます。懇親会では、新井先生とゆっくりお話できるようにさせて頂きます。
懇親会の会費は、中華のコース料理(飲み放題付き)で「4000円」となります。参加を希望される方は、講演会への参加と一緒にお申し込みください。
次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。
→ 180708_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf
その他何かご不明なことなどございましたら、ご遠慮なく上記の室伏(携帯:090-5804-5078)あるいは株式会社K2O(TEL:03-35489-1025 FAXは03-3548-1026)までご連絡ください。
その他、ブログ「京の風」の右上の「お問い合わせ」からメールをいただいても結構です。
よろしくお願いいたします。

連絡先: 株式会社K2O 室伏昭昌
事務所: 03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX: 03-3548-1026
E-mail: akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲 3階

【ご案内】明日、8月12日は、「東京」で「新シリーズ」の『新井信介講演会』がスタートです!!

明日、8月12日、は「東京」で「新シリーズ」の『新井信介講演会』がスタートです!!

この新シリーズは、『平成30年を総括する!!』として、
この30年間が、「どのように始まり」「何が起こり」、そして「日本がどの変化したのか」などについてまとめていきます。
キーワードとして、いくつかあげるとすれば「昭和天皇」「国体」「オウム」「覇権/グローバリズム」「皇国日本」「安倍晋三」などなど、です。
講演会の内容の概略、レジメなどについては決まり次第改めてご案内させて頂きますが、
以下、「開催要領」をご案内させていただきます。

<開催要領>:    

開催日:8月12日(日): <東京で開催>  
場所: 東京都千代田区飯田橋3-4-4 第5田中ビル 5階  TEL:090-5804-5078 (室伏)
時間: 14時~17時  (終了後、懇親会開催予定)
地図→ 180513_地図_飯田橋.pdf
    最寄り駅:  JR中央線(快速) 飯田橋駅 東口 徒歩3分
            JR中央・総武線 飯田橋駅 東口 徒歩3分
           東京メトロ東西線 飯田橋駅 A5番出口 徒歩1分
           都営大江戸線 飯田橋駅 A2番出口 徒歩1分
参加費: 3500円
(注1)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。
(注2)会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。
なお、講演会終了後の「懇親会」は、「事前予約制」で人数限定にて開催させて頂きます。懇親会では、新井先生とゆっくりお話できるようにさせて頂きます。
懇親会の会費は、中華のコース料理(飲み放題付き)で「4000円」となります。参加を希望される方は、講演会への参加と一緒にお申し込みください。
次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。
→ 180708_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf
その他何かご不明なことなどございましたら、ご遠慮なく上記の室伏(携帯:090-5804-5078)あるいは株式会社K2O(TEL:03-35489-1025 FAXは03-3548-1026)までご連絡ください。
その他、ブログ「京の風」の右上の「お問い合わせ」からメールをいただいても結構です。

よろしくお願いいたします。

連絡先: 株式会社K2O 室伏昭昌
事務所: 03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX: 03-3548-1026
E-mail: akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲 3階

全ての日本国民よ、いつでもいいから、選挙区の自民党事務所に電話を掛けよう。お宅は、どっち支持?真っ当な人間の心があるのか?イノチと未来を考えているのか?と。

 今日、「山の日」でした。
ここ、信州中野では、地元の小さなイベントがありました。
 高社山の南麓を東の志賀高原から、千曲川にむかって流れる夜間瀬川での川遊びです。

 その開会式に、なんと、自民党の国会議員が来ていました。
 長野県北部は長野一区で、ここは民主党系の篠原孝が圧倒的に強いのですが、そこに、比例で受かった小松議員が顔を出しました。
 池田市長にあいさつに来たのですが、その帰りがけに、私は、歩み寄って、こう聞きました。
 「小松さん、安倍派? 石破派?」 
 「もちろん、石破です」 というので、すぐに、握手しました。
 「とにかく、女性たちから、生理的な嫌悪感が、一斉に湧き上がっていますから」
 「そうですよね。 今回、変な選択を自民党がしたら、自民党は、もう消えますよ」
 「分かっています」
 「今度、篠原議員と、現状分析と政策論について、公開討論会をしてください。」
 「はい」。

 みなさん、とにかく、お近くの自民党の議員事務所に、どんどん、電話しましょう。
 「こんな政治(ウソと不公正の忖度政治)を、今後も、続けるのか?」 と。

農薬漬け日本も変わるぞ。アメリカで、モンサントに訴訟。ラウンドアップに発がん性。

日本で、巨大な営業力で、除草剤モンサントを売ってきた。
一体だれが認可したのか?

「農薬漬け日本」が、変わるなら、大歓迎。
因みに、我が家は、一切の除草剤を使っていない。だから、庭に来る、鳥も猫も生き生きしています。

 -------------------------------------

除草剤で末期がんに、米裁判所 モンサントに約320億円の支払い命じる   AFP

2018/08/11 12:58

【8月11日 AFP】米カリフォルニア州在住で末期がんと診断されている男性が、がんになったのは農薬大手モンサント(Monsanto)の除草剤「ラウンドアップ(Roundup)」のせいだと同社を提訴した裁判で10日、陪審はモンサントに約2億9000万ドル(約320億円)を支払うよう命じた。
 陪審は全員一致で、モンサントの行動には「悪意があり」、除草剤「ラウンドアップ」とその業務用製品「レンジャープロ(RangerPro)」が、原告のドウェイン・ジョンソン(Dewayne Johnson)さんの末期がんの「実質的」な原因だったと結論付けた。モンサントは上訴する意向を示した。
 8週間の裁判で、サンフランシスコの裁判所の陪審は懲罰的損害賠償金2億5000万ドル(約280億円)と補償的損害賠償金やその他の費用を合わせた計約2億9000万ドルを支払うようモンサントに命じた。

 グラウンドキーパーとして働いていたジョンソンさんは2014年に白血球が関与するがんの非ホジキンリンパ腫と診断された。同州ベニシア(Benicia)にある学校の校庭の管理にレンジャープロのジェネリック製品を使用していたという。
 世界保健機関(WHO)の外部組織である「国際がん研究機関(IARC)」は2015年にラウンドアップの主成分であるグリホサートを「おそらく発がん性がある可能性がある」物質と指定し、カリフォルニア州が同じ措置を取った。これに基づいてこの裁判は起こされた。
 モンサントは声明で「ジョンソン氏と家族に同情する」と述べた一方、「過去40年、安全かつ効果的に使用され、農業経営者などにとって重要な役割を担うこの製品を引き続き精一杯擁護していく」として上訴する意向を示した。
■同様の訴訟 相次ぐ恐れ
 今回の裁判はモンサント製品のせいでがんを発症したと提訴した最初のケースだった。モンサントが敗訴したことで最近ドイツの製薬会社バイエル(Bayer)に買収されたばかりの同社を相手取って数百件の訴訟が起こされる可能性が高まったと専門家らは指摘している。
 法廷で頭を垂れて座るジョンソンさんの後方に座っていたジョンソンさんの弁護団の一員で故ロバート・ケネディ(Robert Kennedy)元司法長官の息子に当たるロバート・ケネディ・ジュニア(Robert F. Kennedy Jr)氏は、「この評決をきっかけに今後新たな裁判が次々に起こるだろう」と述べた。(c)AFP/Glenn CHAPMAN

9月は自民党の総裁選と沖縄知事選。

石破茂が自民党の総裁選挙に、正式に立候補。

 
政権与党の「分配」の仕方だけが話題になっている。
 
今の国会の議席数なら、自民党の総裁は、そのまま総理大臣になるわけで、
原発・外交・経済政策・官と民・地方分権など、は、どうなのか?
 
あえて、「正直」「公正」だけに絞ったのか?
 
これと沖縄知事選が、連動する。
 
平成の締めくくり。 「毒麦」がどんどん出てくる。

翁長知事。ヒロシマ・ナガサキの間に逝去。その心は死なず。

あまり、書きません。
沖縄を、どうするか? 東アジアの係争地域を、未来の若者の希望の地に。
これですらも、今の日本では、「イノチ掛けの主張」になっている、ということです。

さて、次は、靖国神社。 これをどうするか? 
「長州」モンの突撃命令で、戦場で死んでいったら、神になるって、いうのでしょう。

 いったいどんな、神だったの? 

オバカ外交にうんざりしたら、ヘブライと古代日本の関係を考えながら、上野の森美術館に「日本の自然を描く展」を見に行こう。信州中野を描いた中島禎治さんが入選。

日本外交は、河野太郎がのシンガポールのアセアンフォーラムのとき、とにかく、大人気の北の李容浩(り・ヨンホ)と接触の機会を得ようといろいろ画策したが、北側からは立ち話の機会すら与えてもらえず、大失敗。まあ、惨めなことこの上ない。

これまで、日本の国内向けに、わざと北との交渉ラインのハードルを上げてきた安倍外交の実態がもろに出ています。しかし、これを、TVメディアはどこも伝えない。

そこで、ロヒンギャ問題で、バングラにマネーを出して、顔を立ててもらいました。

一方、今、日本の政局は、石破支持が徐々に盛り上がってきています。山崎拓さんにどれだけの力があるか、わからない。

今日、9日は、ナガサキの日。国連事務総長のポルトガル人グレーテスが、長崎を訪問。ポルトガルはイエズス会の拠点でもあるし、そのイエズス会が今、世界宗教融和に動いているから、国連自体が、日本の明治「皇国史観」を溶かす作用をするかもね。なんだって、アラヒトカミはなんていうのは、人為的に当時のイエズス会や、英国の金融ワンワールドが日本をマネー付けにして支配するために、国家ファンタジーとして、作り出したもの。
 このとき、重要人物を、あげておきます。まず、島津斉彬 とジョン万次郎。斉彬は、米国帰りの万次郎を特に大事にした。とにかく西洋事情を聴きたがり、英語も覚え、1858年に「急死」する前までには相当なレベルの英語を理解していたでしょう。だから、もし、英国に行っても、困らないでしょうね。

次に、幕末、テレビドラマではあまり注目されませんが、柳川藩の立花 鑑寛(たちばな あきとも)。この人物は嗣養子ながら藩主になると、藩札を大量に発行して、領内の作物や物品を買い付け、それを長崎で売りさばいで財政を立て直した。慶喜の大政奉還では、その日に自ら柳川城を焼かせ、戊辰戦争で新政府側に与し、会津若松まで転戦。版籍奉還後は、中央集権になった新生日本を支えるべく、すすんで知事になった。この人物の紙幣発行の経験が、明治政府に生かされます。 

その柳川藩の紋が、これ。  
ソース画像を表示これを見て、気づく人は、何かと似ている、お感じですね。

そう、京都の八坂神社の氏子紋の「祇園守り紋」と似ていますね。



八坂神社の起こりは、「斉明時代の斉明天皇2(656)で、高麗より来朝した使節の伊利之(いりし)が、新羅国の牛頭山に座した素戔嗚尊を山城国愛宕郡八坂郷の地に奉斎したことに始まる」と伝えられています。

高句麗から来た「伊利之」とは何者? なぜ、それまで、新羅の「牛頭山」に、スサノオが祭られていて、それを重祚した宝皇女(斉明)が、飛鳥岡本宮、吉野宮、両槻宮(ふたつきのみや)・・「狂心の渠(たぶれこころのみぞ)」を創る656年に、「八坂」の名を着く山城の地に、それを奉斎したのか?

まあ、こうしたことを考えるのは、楽しいです。

始皇帝の征服事業の頃、日本列島で縄文と弥生が融合したのが、信州中野で(栗林遺跡)、5キロ千曲川を下ったところに柳沢遺跡があります。この信州中野を描いたアマチュア画家の中島禎治さんの作品が、上野の森美術館に、今日から展示されています。次回、12日の東京皆神塾が始まる前、私は見に行こうと思います。もちろん時間あれば縄文展もと考えますが、こっちは大混雑でしょう。

【お知らせ】7月14日に開催した『未来創庵』DVDが出来上がりました!! キャンペーン価格(通常より大幅割引)で販売します!!

2018年7月14日に長野・中野で開催した『新井信介講演会「未来創庵」』のDVDが出来上がりました。
今回は、キャンペーン価格(通常よりも大幅割引)
7月14日は信越自然郷・飯山の里山で「お米作り体験イベント」を開催し、田んぼの「草むしり・草刈」をし、その後は地元の方々とBBQをして、その夜に開催した講演会です。

<テーマ>は、「日本の本質とは何か?」で、「「生口」をキーワードとして考える」です。

DVDの収録時間は、全編で「1時間43分」(103分)(Q&A含む)です。

販売価格は、「2000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「1000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp  
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「ぬなとショップ」
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》
180714_未来創庵.jpg

【お知らせ】7月29日「大阪開催」の『皆神塾(大阪)』DVDが出来上がりました!! キャンペーン価格で販売します!!

7月29日に大阪で開催した「皆神塾(大阪)」のDVDが出来上がりましたので、ご案内させていただきます。
ご期待に違わない内容となりました。

テーマは、『明治維新から150年:マタイ福音伝「毒麦の喩え」~何を消し、何を残すか?!』です。

今年は明治維新から150年、そして平成時代30年の最後の年でもあります。
平成時代は、昭和天皇の崩御から始まり、その象徴的な事件としてオウム事件がありました。その平成時代の「毒麦」とは難だったのでしょうか?
平成30年の間に日本がどう変えられてしまったのか?そして未来に向けて、「何を消して」、「何を遺すのか?」を考えます。
超おすすめDVDです!! このDVDはぜひご覧になってください!!

テーマは、『明治維新から150年:マタイ福音伝「毒麦の喩え」~何を消し、何を残すか?!』

販売価格は、通常価格6000円のところを、2018年9月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

全編で、2時間48分(168分)の長編DVDです。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp  弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ ぬなとショップ
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

<テーマ>: 『明治維新から150年:マタイ福音伝「毒麦の喩え」~何を消し、何を残すか?!』
180729_皆神塾・大阪.jpg

<レジメ>:

1) トランプ登場によって、戦争屋の正体があぶり出された。 その上での自民党総裁選  奇跡は起きるか?
4月27日、板門店南北会談  6月12日シンガポール米朝会談  7月16日ヘルシンキ米ロ会談
   米中ロ朝は、何に助け合い、何にもめているのか?  安倍政権は、どう映る?  北朝鮮が列島民に同情する。
   ヒントは、サピエンス全史と、 ジャック・アタリ2030年。

2) 民主党政権の反動、安倍政権は皇国日本の恥部、宿痾を全てさらけ出している。
ジャパンハンドラーが変わった。  経済ゴマカシ 原発輸出 平和憲法の裏側での「軍拡」 行政の目的
5月18日 スプートニクが、「日本の地下核実験」を伝える。 イギリスBBCが、「731」。
6月23日 朝7時NHKニュースは「地球深部探索船・ちきゅう」運用の「日本海洋掘削」の経営破たんを伝えた。

3) 近代日本の三段階  ①明治維新(イギリスの手先)  ②戦後日本(特別行政自治区)  ③平成日本(半島民の乗っ取り)
一貫していたのは、金融ワンワールド(中央銀行)  イエズス会  明  客家  満州亡霊  アメリカ 島津斉彬と慶喜 
   出発は、1815年ウィーン会議。 背景に、列島の産金(為替)事情と忠臣蔵   
   拉致 皇室騒動は、権力争い
   自然から離れるばかり。 太陽暦 巨大な虚構(ファンタジ-) マネーの為に、自然・イノチを壊す。  

4) 2013年から始まった文明の反転。 アクエリアス。 トップ・イルミナティーの分裂。
因果応報は自然界から。 ガイアの意志。 キリスト教「刈り取り」時代。 列島向け新ファンタジーの アインシュタイン予言
   縄文回帰  神社本庁と富岡八幡  神道神祇本庁とバチカン 

5) 平成30年とは? 米ソ冷戦が終わっても、特別行政自治区の日本。 そのための、虚構を求めた。
   ヒロヒトの死から始まるオウム事件。 ジャパンハンドラーが実体支配を強化に、満州亡霊を呼び    起こした。
   オウム事の処分が象徴するもの。  6日7名、26日6名  赤坂自民亭と柳瀬の退官。

6)  戦後も残った列島の「国体・現人神」体制を整理する。
個人が実体の「神」と繋がって、現実を創るとき。
  列島内の人間の洗脳システム。 縄文とシュメルが接触したときの、「咋人」「生口」関係。         
水に流すことの怖さ。
「何でもいいなり安倍晋三」の毒と棘を抜け。  晒される自民党、創価学会、統一教会、学歴エリート。
  闇は虚構(ファンタジー)の中に興る。 虚構は、文字での記録の中にある。 真実は、実体のみ。 
  未来はあるか?

7)  温暖化CO2増だけではない。  歳差運動。 ガイアの意志。
経済性最優先の日本、それを真似ただけの中国は「オレサマ主義」。 マネーは、イノチに流れるか? 
自然資本とは? 
「原子力ルネサンス」の終わりと、東京オリンピック。 ますます酷くなる「咋人」の本性。

8) 「縄文カンナガラ」と、SNSとAI                                              
彼らの最後の抵抗は、自然改変装置で「国家」依存を、強めさせること。
国家・マネー・宗教(組織)に頼らず、 現実を作り出す。
過剰な行政指導(妨害)に対抗し、連携して現実を作り出す。
水(放射能・汚染)とエネルギーを、自活に。
仮想通貨 富の流れの逆流はあるか? 
  押えられる「オレサマ主義」 広がる「真実のいいね」
世界の反面教師になっている安倍政権は、続かないが、自分で動き出すしかない。

販売価格は、通常価格6000円のところを、2018 年9月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

全編で、2時間48 分(168分)の長編DVDです。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp  弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ ぬなとショップ
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》


このページのトップへ