新井信介 「京の風」/K2Oは、「きれい(Kirei)」「気持ち良い(Kimochiii)」 「美味しい(Oishii)」をモットーに活動する会社です。

HOME > 新井信介 「京の風」

村田光平先生から:「20ミリシーベルト地域への住民帰還はテロ行為」アメリカから対日批判が出ている。

村田先生からのメールを、転載いたします。

これまでも、日本の核燃料政策に反対していた、米国記者から、
3月11日の反核集会にに対し、添付のような支持メッセージが届いている と。

いつ、海外大手メディアや、トランプ政権がこの問題を取り上げるかですね。
特に、子供に対しては、この政策は、国家的テロそのものです。

-------------------------------------------------------------------------------------------
皆様

ご存知のRobert Hunziker米記者から寄せられた3月11日反核集会支持メッセージを
転送するBCC英文発信文をお届け致します。
対日批判の激しさに驚きます。
特に福島事故処理に関しては20ミリシーヴェルト地域への住民帰還を促すことは
「日本国民、特に子供に対する恥ずべきテロ行為(unconscionable act of terrorism)」
として強く非難しております。
同記者はかねてより東京五輪に反対しており、本メッセージが国際社会に与える影響が
注目されます。

村田光平 (元駐スイス大使) (2月21日発出BCC発信文)

(補注)Robert Hunziker米記者から寄せられた3月11日反核集会支持メッセージは次のリンクからご覧ください。→
180222_村田・資料_Executive Committee of March 11.pdf

Dear Friends,

Mr. Robert Hunziker,prominent American journalist has sent me
the attached letter of support for the Big Rally 2018 for Fukushima Without Nuclear Plants.
He strongly disagrees with the Trump pe-emptive use of nuclear weapons.
He opposes “the Abe administration proposal to eliminate the 9th clause of the
constitution.”
He considers it a violation of International Codes of Human Rights &Ethics to force evacuees
to return to high high radioactive areas.He poits out that “raising exposure to 20 milli-Sievert
per year is equivalent to an unconscionable act of terrorism against the people of Japan,
especially to chilideren.”He considers it a violation of basic human rights not to report cases of thyroid cancer
of children.
He finally expresses his “adamant”opposition against the Tokyo Olympic Games 2020.

With warmest regards,
Mitsuhei Murata

姫川薬石に足で乗って、無添加の漬物をつまみに、天然水の白湯を飲む。

こんにちは。
とても簡単にできる、天地自然と自分が一体になる、健康法 があります。

私は、2011年4月から、何回も糸魚川に通い、多くの姫川薬石を拾ってきました。

 この薬石には、ごぞんじの通り、微量の天然放射線が出ています。
 自然界の個々の生命は、天然の微量放射能を、細胞の新陳代謝のエネルギーに取り入れているようです。
 
 このとき、どの刺激を、どの経絡で与えるか、とても、重要になります。
 
もちろん、打ち身や凝りの部分に直接、当てたり、風呂の水の中に入れて、全身でその響きを感じ、共振させるのもいいのですが、
 
 とても簡単で、最高に効果のいい方法を見つけました。

それは、薬石を、足で、直接、踏むことです。(薬石の下にマットを敷き、靴下のままで)

これまで、民間にあった伝統的な「竹踏み」の要領で、全体重をかけて薬石を踏んでみます。
足の裏には、全身のいろいろなところと直結する、ツボ(経絡)がありますので、
これが、部分的に心地よいだけでなく、全身に刺激が加わるのです。

特に、少し大きな石の場合は、その上に乗って、片足立ちしたりすると、バランスを取ろうとして、
さらに脳に刺激が行き、筋肉や内臓機能のみならず、とてもいい、脳トレにもなります。

 そして、このとき、
できれば、いい天然水(石清水)の白湯(内臓を温める)を飲みながら、
つまみに、美味しい、無添加の手作りの漬物を食べます。
これで、水分と同時に、塩分とミネラルを取ります。
 
 体の経絡、神経系、リンパ系、そして、血管が、ピキピキと活性化し、新鮮にします。

 脳にいろんな情報を与え、考えさせ、身体にはバランスを取らせたり、軽い負荷を与えることで、
 古い細胞が壊れると同時に、新しい細胞が、どんどん発現します。

 無理なランニングや強い負荷などで、激しい呼吸・速い心拍数を呼び起こすのではなく、
静かに体が温まり、関節の周りに健康な血液と「指令」が行きますので、身体がすこぶる快調になります。

特にここで、漬物や黒酢を、白湯とともに摂るので、腸の中の微生物も元気になり、
まさに、「快腸」になります。

 とにかく、添加物・白糖・農薬・GM をなるべく取らないように。
「ホ」と「電磁波」だらけの現代では、自分自身の自然治癒能力(免疫力)のみが頼りです。

 仙人のように、宇宙の大本からの、すべてを生かす「周波数」を受信〈同調〉できるようになる 
のが理想ですが、こっちはなかなか難しい。
なぜなら、それには、自分自身が、今、抱えている世界観 と 「幸福像」を作り出している、「思想の枠組み」について、
冷静な実態認識と、大本との繋がりを阻害する雑念を払拭する、厳しい整理が必要になるからです。

その作業は、そのまま、
〈国家・マネー・神の概念〉の正体を解き明かすことと、自分自身の関係を探る、修行の道でもあります。
(この辺、探っていたのが、前漢武帝の登場前の劉安で、彼がまとめたのが「淮南子」。)
 
 そいうわけで、まずは、上記を試してみてください。

PS: いい漬物の代わりに、黒ニンニクも、抜群の効果があります。
  黒酢のお薦めは、中野市のマルヰ醤油さん。発酵名人のものなので、間違いないです。

◎ 『姫川薬石』の詳細については、次のリンクからご覧ください。「問い合わせ先」などの情報もご覧になれます。→ 姫川薬石

【お知らせ】まだまだ寒い日が続きますが、「姫川薬石」で体を温めませんか?!

まだまだ寒い日が続きますが、「姫川薬石」で体を温めませんか?!今年も「姫川薬石」が入荷し,販売中です!!

「311」以降、本ブログ「京の風」でも紹介してきた「姫川薬石」が今年も入荷して、販売中です。

この姫川薬石は、糸魚川市の親不知海岸などで採取されます。ここは、日本アルプスの最北端で、岩盤が日本海にそのまま入り込む大絶壁を作り出しているところです。

また、ここはヒスイで有名なところですが、ヒスイの鉱床のとなりからは、姫川薬石も採れるのです。

この姫川薬石からは、微弱な天然ラジウムが出ています。このラジウムは、いたんだ細胞を修復する効果があると、古くから言い伝えられています。

地元の方々は、お風呂に入れたりなど古くから健康目的で使用されてきました。

(注)姫川薬石は放射線を除去するものではありません。放射線は出来るだけ浴びないようにしてください。

糸魚川から海岸に漂着した姫川薬石には、日本海の荒波で十分に洗われたものもあり、この場合、ラジウムの出方は、さらに、マイルドになります。その石は表面が完全にスベスベで、肌に当てると肌がツヤツヤになります。

温泉にも天然ラジウムやラドンがでるところがあり、秋田県の玉川温泉、鳥取県の三朝温泉などには、たくさんの人が病気療養に訪れます。原発事故のあった福島にある三春温泉もラジウム温泉で有名です。

「311」以来、日本全国に見えないレベルで原発の放射線が飛び、細胞が痛んでいます。これは、細胞を、針やナイフのように傷つけているのです。すこしでも、細胞を修復するために、天然ラジウムを上手に浴びることをお勧めします。

痛んだ細胞の修復には、パワー系でなく、情報系が肝心です。なるべく、やわらかく微細で、穏やかな波形の周波数を丁寧に、細胞に当てることで、周囲の細胞同士で、情報交換を活発化させ、本来の治癒能力を引き出します。

使い方は、姫川薬石を、「お風呂に入れる」、「体の痛いところ、気になるところにあてる」、「部屋に置いておく」、「持ち歩く」、などなど様々な使い方が出来ます。

ご興味のある方は、次の連絡先までご連絡ください。

連絡先:
株式会社K2O 担当:室伏昭昌
TEL:03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 Mobile:090-5804-5078
E-Mail: akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
URL:http://www.k2o.co.jp/
東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F
150706_姫川薬石.jpg

【新井信介:2018年2月メッセージ】(2018年2月19日)

【お知らせ】本日開催の講演会のレジメが出来ました!!

本日、2月18日、開催の『神と「神」の歴史(第4回)』のレジメが出来ましたので、ご案内させていただきます。
まだ、お席も若干ございますので、ぜひ、ご来場ください。

<テーマ>:「朱鳥」復活に、今、役小角が動いている。
思考の枠組み(虚構)は消え、AIを生かし実存「神=ミトラ」で世界は繋がっていく。
<レジメ>:
1)日本人とは? いつ誕生したか? 
2)国家の意識は、豊穣の縄文からは、自然発生しない。
列島に貫かれているもの。実態から離れない。根源的紐帯とヌナト。
3)大陸に生まれた皇帝、その神聖さと権能の変化。 それを受け止めた列島。
<殷・周 始皇帝 武帝 光武帝 三国時代 五胡十六国 北魏 隋 唐 周 唐>      
列島で、穀物・文字・金属・統治の正統性・思想の枠組み を再構築。
4)間接対決のタルドウ(ウマヤド)と、直接対決の淵蓋蘇文(大海人)
5)太一 と ヌナカワと、 中華皇帝との戦いの誓い
6)「列島の遮断」の始まりと、皇祖神アマテラス。
柿本人麻呂が 北シナノの小菅神社(680年に役小角が創建)で、次の歌を詠んでいる。
「浅葉野尓 立神古菅根 惻隠 誰故吾不恋」 万葉集巻十二。『万葉集釈注』では、 
「浅葉野に 立ち神さぶる菅(スゲ)の根の ねもころ 誰が故 わが恋いなくに」
7)ユーラシアでの「国産み」を、列島にすべて取り込んだ不比等。
8)漢風諡号:神武・天武・聖武 に込められたもの。
691年、持統は日本列島独自の神格を考え、まず、縄文からの時間軸を意識。
古代出雲時代のアマテル神(籠神社)を作り直した。ヌナカワ(仁品の元)に敬意を表し、
(日本書紀)縄文からの連続性を湛えてきた斯那奴(しなの)に使者を遣わし、神を奉った。
①須波(諏訪)にいるシャクチ神(イサクの地)、タケミナカタ。
②水内(ミズチ)の神・・・千曲川西岸に神を祭らせ、犀角牙笏を 奉納した。
> 注意: 出雲大社の元は、誰が築いたか? 594 島根に信濃から智春上人。杵築神社

<開催要領>:

開催日: 2月18日 (日): <東京で開催>  
場所: 東京都港区三田2-14-8 2F会議室   TEL:090-5804-5078 (室伏)
時間:  14時~17時  (終了後、懇親会開催予定)
地図→ 140307_地図_田町.pdf
参加費: 3500円  (瓊音倶楽部会員の方は2500円)    
     最寄り駅: JR山手線・京浜東北線 田町駅 西口徒歩5分/ 都営浅草線 三田駅 A3出口徒歩4分
         都営三田線 三田駅 A8出口徒歩4分

    (注1)会場までの道順については、次のリンクをご参照ください。→140307_地図_田町.pdf
    (注2)会場の前には道路に面して駐車場の大きなマーク「P」があります。
      そのすぐ後ろの階段を2階へ上がってください。

(注)上記の講演会にご参加を希望される方は、会場の都合もございますので、出来れば、事前に以下の連絡先まで、ご連絡ください。
また、「懇親会」は「事前予約制」となります。講演会とともにお申し込みをお願いいたします。次の「FAX申込書」をプリントしていただきFAXでお申し込み頂いても結構です。
『神と「神」の歴史』 → 180218_神と神の歴史_参加申込書_FAX用紙.pdf

連絡先: 株式会社K2O 室伏昭昌
事務所: 03-3548-1025 携帯: 090-5804-5078     FAX: 03-3548-1026
E-mail: akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

国家の枠組みよりも、重要なもの。エリートが知らない、もう一つ別の相互扶助・流通体系。幇(パン)とIT。

だいぶ、書くのが遅れました。

国家が、全くあてにならないとき。
国家が、つねに、民に対し、強暴で、騙しで、カツアゲに来るとき。

今の日本は、安倍チンのお仲間以外は、全くこんな状況ですね。
奨学金をもらって、大学出た息子がいて、社会人になって数年で、残念にも早逝してしまったという両親に、
今、この国の政府は、奨学金の返還支払いを求める、ようです。

オニです。 

それでいて、 日本人と結婚した外国人が、3年で別れても、そのまま、日本人国籍のままです。
土地を取得すれば、無条件に、国籍も取れると言います。
すべては、税金を納めさせ、年金を少しでも多く支払わせるために、人口がほしい、ということなのです。

戦後にできた、今の体制を、列島民が、「ホ」「添加物」「電磁波」「過労」でどんどん死に出しても、
とにかく、マネーを吸い上げて、今の体制(特に、公務員の待遇と特権)をまもるというのです。
役人の給与を上げ、定年を65歳まで引き延ばし、悔しかったら、公務員になれ、というのが、体制側です。

これには、野党議員も、一緒です。
イカヅチさんが、生きていたら、きっと、烈火のごとく、怒っていたでしょう。
しかし、それもこれも、まだ、原発をあきらめない、というところから、来ているのです。

さて、始皇帝以来、動乱続きの大陸ですが、
今の習近平が進めている政策の方向は、今の日本国政府とは、真逆です。

自国の変革をするに際し、 人類世界の改変の、その先端に行ってしまおうという、姿勢です。
そこでは、通貨の問題があり、さらに、都市計画、資産の再分配もあります。

この中で、中国のその人口14億の内、10億人の農民戸籍の人間は、都市に入っても、いつも、二等国民の扱いです。
医療・教育・年金などの公的福祉サービスは、基本的に受けられません。現実に生活基盤がありながら、臨時の存在、というのです。医療などは裏金が必要なのは、当たり前です。教育も割高の特設学校になってしまいます。

そんなわけで、彼らは、伝統的な、幇(パン)を実践することでしのぎながら、現実的な富を作り出します。

都市に来て、建設労働や家事手伝いなどの雑務どで、シコシコ資金をためた後、
レストランや理髪店・花屋を経営するのが、定番です。
このとき、息子や娘たちが成長し、さらに自分の店を持ちたいときに、幇(パン)が出てくるのです。
本人のやる気と真剣さを確認したうえで、 さあ、仲間たちが、資金を出し合うのですが、

ここでは、 配当利回りなんか、期待しません。
まず、事業や店を立ち上げさせ、順調に経営発展させるのが、主目的なのです。

このとき重要なのは、仲間のうちのイノチを守るという観点から、人も事業も生かすことが、最優先なのです。
まして、ピンハネなんて、幇(パン)の仲間内ではありません。

このとき、彼らが重要視するのは、
 「人間の消費という、営みには、二種類ある」 ということを、徹底的に知っていることです。

 それは、 メンツや名誉のための  ミエハリや接待の 消費 A と
 自分も含めて、仲間内を支えあう、 内容重視の実利の 消費 B が あることです。

Aの付加価値を高めるために、店の特色を出し、調度も豪勢にして、高級食材を仕入れます。
もちろん、味は、ぴか一。 サービスも、一流。 最低これがないと、仲間からも相手にされない。 
とにかくお金を出したくなるような、雰囲気を、店構え、調度、器などで作り出します。

自分たちが出資した店ですから、 みすぼらしいものは、作らない。 
そこに、仲間以外の友人・客人、政府関係者を案内し、どんどん使ってもらう。まず、いい評判を作り出すこと。

その一方で、ふんだんに仕入れた食材が、余った時には、これを、出資仲間に料理を出すときに、つかう。
このとき、食べ残しは、翌朝のヤムチャの具材にするし、とにかく、ごみを絶対に出さないように、使い切る。
それでも、残飯が出てきた時には、近くで飼っている、ブタやニワトリの餌にする。

接待では、値段を取り、 仲間には、本当に、安く、美味しいものを提供する。
時には、付近の困窮者に、残りの食材や残飯を使ってできた、饅頭、餃子、シュウマイなどの飲茶を、無料で与え、
この店のファンになってもらう。評判作りの一員になってもらう。

この間、持てるものからは、ミエで消費させながら、しっかり、カネをいただき、
仲間には、なるべく、カネを出させず、人脈と労力を出させ まず、イノチを 支えあいます。

私は、この精神が好きです。仲間同士、そして困窮者に対し、マネーで騙しあうことを、極力、避けるのです。
持っている人間には、どんどん、いい思いをしてもらって、マネーを払わせる。 
本来、カシコイ政府は、そうすべきなのですが・・・。

さて、明日は、皆神塾です。

日本人の意識の枠(階層意識)が、如何にできたのか、そして、その解き方 の話ですが、

私の住む、信越自然郷の食材を扱ったレストランが、都内にできたことも、お話ししましょう。
上述した、二つの消費を、一つのところで、できるのが、理想です。

今年は寒さが強く、野菜が高騰したために、お鍋料理の具材として、キノコの売れ行きが良く、
北信濃のキノコ生産農家はみな、ニンマリです。今は、春先にどんな作付けをするか、考え出す時期です。

超低金利のマネー不安の時代は、マネーでマネーを増やすことより、イノチの繋がりを作るべし。これ、やりましょう。

オリンピックの裏で、北が国家承認されるには?

 カリアゲ君の妹が、大番頭の金永南ジイサンと、北に戻りました。
 ミッション・コンプリートとばかり、カリアゲは、ニコニコ顔で迎えましたね。

 今回、オリンピックの開催直前、北の軍事パレードがありました。

 しかし、今、半島は統一に向けてうごくことに、全世界は納得したのでしょうか?
 
   まだ、核があるじゃないか!  だから、圧力だ、圧力。

 誰かさんたちは、まだ、こういっているかもしれませんが、本当は、どうなのでしょう?

 北が、核をもつことは、日米のみならず、ロシアも中国も、反対でしょう。
 で、実際に、どこに、どんな核があるのか? その真実は、誰が知っていたでしょう?

 核さえなければ、北も承認するし、統一も歓迎。 
 カリアゲ君が立場上、自分から核を廃棄できないというのなら、
 きちんと場所さえ教えてくれれば、こちらで処理しまっせ。

 で、このとき、北も言えないし、中ロでは、まだまだ、不明確なときに、
あの国なら、正確に、その場所を、知っているかもしれません。
 そう、あの国なら。

 その国とは、12月初めに、トラちゃんが、首都は、エルサレムでいいんだ、と言ってくれたので、
 そのスパイ組織が、一斉に、トラちゃんの味方に回った組織。

 北の北部で、浅いところで地震が続いていたら、それは、何かの爆発かも。

 この辺、明日の二次会で、話しましょう。

【ご案内】こんどの日曜日、2月18日、は好評の新シリーズ『神と「神」の歴史』の第4回目開催です!!

今度の日曜日、2月18日、は好評の新シリーズ『神と「神」の歴史』の第4回目を開催いたしますので、改めてご案内させていただきます。

今回は、「列島」と「世界」の再構築が、行なわれようとする今、かつて同じことを考えた天武天皇と役小角の物語を掘り起こすことで、現代に繋がることとしては、お金(通貨)の正体を暴きだし、そして私たちはどのように生きていったらよいか、を考えていきます。
これぞ新井ワールドといった内容になると思います!!

<今回の内容>:

テーマ: 『「朱鳥」復活に、今、役小角が動いている。・・・思考の枠組み(虚構)は消え、AIを生かし実存「神=ミトラ」で世界は繋がっていく。神と「神」の歴史』

皇祖神アマテラスを不比等と創り出した持統は、藤原京の完成時、天武に挽歌を送った。
以来、伊勢「内宮」には「太一」を入れず、島国だけに通じる心の枠組み(階層)を作った。
文武(軽皇子)即位のために高市皇子を粛清し、697年の即位では犬養三千代を乳母にした。
翌年、人麻呂を信濃の小菅神社に派遣し、「永久の誓い」を歌わせたが、この意味を明治以後の日本の支配層は知らない。
この神社は680年に天武が唐の高宗と全面戦争を決意するときに、縄文以来の女神ヌナカワに許しを請いに、密使の役小角を行かせたものだった。
「大宝律令」編纂が始まる699年、不比等と持統は役小角を吉野・三輪山から追放したが、完成する701年に役小角は秩父に拠点を開いた。それが天地と繋がる、秩父今宮神社。
秩父で銅鉱石が見つかったことで、平城京の建設が始められ、列島では貨幣経済が始まった。
日本人はマネーとどう付き合うべきなのか?国家の枠ばかり残して、希望とイノチが消えていく。
これでいいのか?列島のイノチとマネーをどうする?日本の心はどこにある?

昨年9月20日、すでに退位が決まった今上陛下は高麗神社に行幸したが、ニギハヤヒが生まれた高社山と、役小角が開いた秩父と東京は、一直線上にある。
列島と世界の再構築は、ここからだ。

ぜひ、皆さん、2月18日(日)は会場にお越しください。そして、大いに語り合いましょう!!

なお、講演会終了後の懇親会では、恒例ではありますが、国内外の時事問題などについてもお話しさせて頂きますので、ぜひご参加ください。お待ちしております。

<開催要領>:

開催日: 2月18日 (日): <東京で開催>  
場所: 東京都港区三田2-14-8 2F会議室   TEL:090-5804-5078 (室伏)
時間:  14時~17時  (終了後、懇親会開催予定)
地図→ 140307_地図_田町.pdf
参加費: 3500円  (瓊音倶楽部会員の方は2500円)    
     最寄り駅: JR山手線・京浜東北線 田町駅 西口徒歩5分/ 都営浅草線 三田駅 A3出口徒歩4分
         都営三田線 三田駅 A8出口徒歩4分

    (注1)会場までの道順については、次のリンクをご参照ください。→140307_地図_田町.pdf
    (注2)会場の前には道路に面して駐車場の大きなマーク「P」があります。
      そのすぐ後ろの階段を2階へ上がってください。

(注)上記の講演会にご参加を希望される方は、会場の都合もございますので、出来れば、事前に以下の連絡先まで、ご連絡ください。
また、「懇親会」は「事前予約制」となります。講演会とともにお申し込みをお願いいたします。次の「FAX申込書」をプリントしていただきFAXでお申し込み頂いても結構です。
『神と「神」の歴史』 → 180218_神と神の歴史_参加申込書_FAX用紙.pdf

連絡先: 株式会社K2O 室伏昭昌
事務所: 03-3548-1025 携帯: 090-5804-5078     FAX: 03-3548-1026
E-mail: akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

生存のために、もう一つ別の相互扶助・流通体系を持て。国家のシステム破綻が始まっている。

 昨日、文章を書かないまま、眠ってしまいした。

  いろいろなことを考えているうちに、どう書いたらいいか、難しくなって。

相撲の話題を、ノウテンキな国民に見せているうちに、どう、日本を変えていくか、どこかで、話し合いがあったのでしょう。私はというと、中国史全体を振り返って、この人物のことを見直していました。 

・・・・・・ 

とんでもないことが起きる、と言ってきたのですが、

これは、どうも、日曜日の2月4日から始まったようです。

 名護市長選挙を、皆さんは、どう考えますか? 期日前投票が、全体の40%。

 こんなことを、今後も、この列島のある統治体では続けるのでしょうか?

 NYの証券市場は、暴落。これを受け、今日は、東京市場も大暴落。

そして、自衛隊の攻撃ヘリコプターが佐賀で墜落。 このヘリコプターは、最新鋭機。 

この前、白根山の噴火で、噴石の直撃を受けた自衛官も、第一線の「戦士」でした。

北に圧力 と言い続け、 安倍チンは、強い国家が必要と言っていますが、

これまで、自国民を、「ホ」「過労」「薬害」で、進んで弱らせ、死に至らしめてきたのに、

 その自覚のない為政者。

そして、目の前に次々起きている、事実の、その原因を、自分で、きちんと探り、学ぼうとしない、国民。

 お金をくれる「お上」に従うだけの、奴隷根性どころか、それを訳もなく称賛したがる、

   「トンカツ屋をほめるブタくん」たち。

 国家からのマネー(養豚業者がくれる餌)のみを見ているうちに、すぐ横の同胞が消えていく。

国のカネを国家の枠組みの維持のみに使い、国民のイノチをみない、政治家・官僚。司法・メディア。

 「強い国」って、一体、何か? 

 国民を大切にして、相互に生きる力を、涵養する国でしょ。

 中国では、始皇帝以来の歴代皇帝の中で、誰が最も理想の君主かと議論したら、誰もが後漢の光武帝劉秀をあげる。もちろん、現在の習近平もそのスタッフも、十分にその生きざまを意識しています。 

 

 

特に、後半、理想の君主像を求めて、自分に本当に厳しく当たっていたのです。

劉秀こそ、金印を列島に送った人物でした。即位して32年も泰山封禅しなかったが、そのAD56の封禅の翌年、倭奴国王が来た。そして金印を授けると、1か月で崩御してしまった。

 この高潔で英邁な人物の心には、何が去来していたのでしょう。

 この劉秀のことをどれだけの日本人が知っているでしょう。

 枠組みよりも、重要なものがある。

 それを、日本の自称エリートさんは、全く知りません。

 私たちは、生存のために、もう一つ別の相互扶助・流通体系が必要です。

 基本の考え方を、次回、紹介します。

 

【ご案内】 『皆神塾(東京)』(2018年1月14日開催)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!・・・<本年最初の皆神塾です!! お早めにお求めください!!>

 1月14日に東京で開催した本年最初の「皆神塾(東京)」のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です。本年最初の「皆神塾」のDVDです。ご期待に違わない内容となりました。 お早めにお求めください!! 

2018年は、どのような年になるのでしょうか? 本年最初の「皆神塾」で、新井先生の「大予想」です。12月初旬にはトランプ大統領のエルサレムのイスラエル首都認定問題が起こり、本年に入ってからは、北朝鮮問題では、南北会談が行われました。また、それと同日に慰安婦問題についての韓国政府の新方針が打ち出されました。その様な中で、ローマ法王が「これが戦争の結果」という写真を配布したり、国連事務総長が「世界に非常警報」を発しています。安倍首相の年頭の会見では、引き続き北朝鮮情勢の緊張が語られ、ついに憲法改正について首相自らが言及する事態となっています。

2018年は、どのような年になるのでしょうか?ぜひ、このDVDをご覧になって、その詳細をご確認ください!!

以下、レジメを添付させていただきますが、大変、タイムリーな内容となっています。
<超おすすめ>のDVDとなりました。これは、是非、早めにごらんください!!

テーマは、『極大化する偽装と、その破裂の衝撃は?!~その時何が現れる?!』

販売価格は、通常価格6000円のところを、2018年2月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

全編で、2時間24分(144分)の長編DVDです。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp  弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ http://nunato.shop-pro.jp/?pid=127488264

「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

180114_皆神塾・東京.jpg

<テーマ>: 『極大化する偽装と、その破裂の衝撃は?!~その時何が現れる?!』

<レジメ>:

1) 12月1日、陛下の退位、新天皇の即位日が決まった。2018年の課題「あしたの苑」
にわかに浮き出たエルサレム問題。タルムード・ユダヤと、純粋ユダヤ。
 「一帯一路」を認めた日本。十分に稼いだアメリカ軍事産業

2) 御製「語りつつ あしたの苑(その)を歩み行けば はやしのなかに 金襴の咲く」
 ※金襴の花言葉「隠れた才能」… これまでの通貨と国家権力の使い方を変える。

3) SDRを何のためにどう使うか? 「日本円」と「人民元」の違い
体制存続:ATMと株価維持・誤魔化しに使った日本。枠組み維持と新規制限だけだった。体制変革:大陸の実需清算・育成と決済システム構築に使った中国。「易姓革命」論。
富裕層の富の逃げ場か? ビットコイン。仮想通貨はどうなる。みずほと三菱UFJ。
中国の決済システムが日本に浸透。人民元が列島内で流通する時? 
土地の整理と、圧倒的な買い手の中国企業。救済者として、中国・華僑・ユダヤ。

4) 偽装(トラの威)破れは、平昌五輪から。米朝会談。
核をもったまま北の国家承認=金正恩の勝利。アメリカ覇権消失=財務省の変質。
アベノミクスの終わり。苛烈な格差社会の表面化・政治問題化 「結」への信用供与か?
日本の自衛隊は「国軍」になれるか? 半島統一の主導権は、誰が握るか?
日本国の管理権が、水面下でアメリカから中国・華僑に。 ヒロヒトの真実。
人民中国の危険視解消に「儀式」が来る。大企業のM&A 提携が加速する。

5) ようやく引退した後見人の葛西敬之 リニアを放棄か? 安倍晋三の退任の兆し。
日本の検察・司法の行方。原発立地と地震の加速度。籠池夫妻と、国家観と歴史観。
共通の歴史認識(ヘブライ・始皇帝・天皇…「国産み」「国譲り」「ウマヤド」)
独立行政法人の整理 自治体の権限拡大 ネット決済(クラウドで資金)
原発利権の行方。日立の中西宏明氏が経団連会長。イギリス支援。
首都圏は真実(イノチの実態)公開で求め、徐々に衰退。株価が急落するとき。

6) 沖縄はどうなる? 中国「革新的利益」と日本「実効支配」の限界 
日米安保から切り離され、国際的共同管理に 

7) 低所得の輸出立国体制のままで、丁度いい?  AIと土地利用の変化 
習近平がフクシマ産農作物の輸入を解禁。(人口削減策は継続中)
一時的な崩壊がないと、救済できない。 世界を舞台に 日本の企業活動。

販売価格は、通常価格6000円のところを、2018 年2月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

全編で、2時間24分(144分)の長編DVDです。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp  弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ http://nunato.shop-pro.jp/?pid=126437121
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》


株式会社K2O
代表取締役 室伏 昭昌
TEL:03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 Mobile:090-5804-5078
E-Mail: akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
URL:http://www.k2o.co.jp/

アーカイブ

このページのトップへ