HOME > 新井信介 「京の風」

イギリスがEU離脱。新自由主義が破綻?ところがどっこい、シティーの金融ビジネスは却って繁盛する。

 時代が、フル回転。

国民投票で、イギリスがEUから離脱決定。

メディアでは、貿易上のマイナス面が大きく取り上げられ、株の暴落、円高が進行中。

これは、イギリス国内の雇用を守り、移民の制限になるといわれますが、

では、 シティー のおお金持ちたちは、どうなのか?

 

 これを見るとき、二つの事実が肝心です。

一つは、 世界中にある、タックス・ヘブンの地域(パナマなど)は、イギリスが管理していたこと。

もう一つは、 EU内では、金融取引税が検討されていたこと。

金融取引に、税をかけろという議論は、 富裕者対策の一環で、世界中で検討されていました。

 

今回のEU離脱を、実は、イギリスの金融界は密かに歓迎していた、というのは、国際金融に詳しい専門家の弁。

 パナマなどのタックスヘブンが、どんどん締め上げられ、公開されるときに、イギリス本国を、逆に、税を低くすると、どんどん、マネーが集まります。当然、EUからの指図は受けたくない。

 イギリス人は、本当に狡猾ですね。 女王陛下の周りは、まさに、ブルーブラッド。

貿易関係は、今後、イギリス政府は、個別にEUとの協定になります。

イギリス全体で、第二のユーロマネーのマーケットが誕生することになります。 

 

 PS: 別件です。

今夜11時のTBS「NEWS」23 に、山本太郎氏が、出演すると、友人から連絡あり。

拡散してほしいと。 すべての、政治家の中で、一番、まともであると、感じる人は多いでしょう。

 

2011年3月8日の石原慎太郎インタビュー内容をカート・キャンベルが確認後に、「311」が起きた。

 戦後の日本国政府は、「平和国家」の表看板の裏で、核兵器開発を進めていました。

  2011年3月8日のインデペンデント紙に、石原都知事へのインタビュー記事があります。

 http://www.independent.co.uk/news/world/asia/japan-must-develop-nuclear-weapons-warns-tokyo-governor-2235186.html

  石原都知事: 「日本は核兵器を開発すべきだ」       

 Japan must develop nuclear weapons, warns Tokyo governor By David McNeill in Tokyo Tuesday, 8 March 2011    出典 The INDEPENDENT

  
日本は1年以内に核兵器を開発し、世界に力強い メッセージを送れる」と語った。
In an interview with The Independent, Shintaro Ishihara said Japan could develop nuclear weapons within a year and send a strong message to the world. 
 

このインタビュー時点の当時、石原知事は辞任を表明し、元神奈川県知事の松沢氏に譲る約束をしていました。

この記事が出てすぐに、アメリカから対日政策の最高責任者のカート・キャンベル国務次官補が急遽、東京に向かい、3月9日に到着し、すぐにアメリカ大使館に入りました。10日に、石原は辞任を翻意し、11日の午前中に続投の記者会見をしました。

その日の午後2時46分に地震が発生です。

3月8日の時点で、「これはえらいことになる」と、判るものには判ったのでしょう。

この辺の事情を、当時の民主党政権のトップだった、菅直人や仙谷由人は、全く語りません。、

 日本には、国家として、核ミサイルを持たせてはならない。

 これが、ヒロシマ・ナガサキから始まった、金融ワンワールドの意思でした。

 戦時中、日本でも核兵器を開発している中、あえて、被爆国・敗戦国にしたのは、昭和天皇でした。

しかし、終戦後も、敗戦を受け入れられず、隠れてとんでもないことをしていたのが日本の軍部。

 東電のフクイチがその舞台であることを、小泉も安倍も知っていたでしょう。

 イスラエルのマグナBSPも承知。

そのうえで、これを破壊するために、「311」の前までに、フクイチに、壮大な仕掛けを造っておいたのでしょう。

そして、民主党の菅直人政権のとき、この石原の言説が世界発信されたことをきっかけに、ゴーサインが出たと、考えるのは、想像にすぎますか? 

さらに、このときの地震のあとの、

  フクイチ爆発と放射能拡散まで、事前に予想されていたのではないでしょうか?

  そして、フクイチ爆発後に、日本では、放射能の「封じ込め」を、判断できなかった理由は何だったのか?

 ・30歳未満の人間を即刻全員避難の手配。

・村落ごとに、移住先で新規生活に移るように、政治決断をすることは、できたはずです。

 移動を望まなかったのは、「スピーディー」の公開を拒んだ福島県でした。

 これで、そのあとの国策での方向が、すべて決まってしまいました。

 あれから、もう、すでに、5年3か月以上が、過ぎているのです。

 石原慎太郎 は、 なんやかや、司法とメディアから守られ続けています。なぜでしょう? 同氏は、

  尖閣でも、東京都が購入すると言い出し、野田政権を慌てさせた。

  「311」直後に、これは天罰だ と、大声で吠えていた。

  そして、今、田中角栄の礼賛本を出版しています(本人が書いたかどうかは、知りませんが)。

 

【ご案内】 『皆神塾(札幌)』(6月4日開催)のDVDが出来上がりました!!

 大変お待たせしましたが、  64日に札幌で開催した「皆神塾(札幌)」のDVDが出来上がりましたので、ご案内させていただきます。 

全編で2時間40分(160分)の長編DVDです。 

「伊勢志摩サミット」と「オバマ広島演説」によって明らかになった「世界の大変化」についての状況分析と、その大変化に「新世代王族」がどのように関わっているか?「新世代王族」とは誰なのか?の解説です。

いま日本で、そして世界で何が起ころうとしているかの解説です。現在の国際状況はこれを見れば全てわかります。

世界、そして日本がどのように変化していくのか?DVDをお求めいただき、ぜひお早めにご確認ください!! 

販売価格は、7月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。

尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025 FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

また、次のリンク先の「瓊音(ぬなと)ショップ」でもご購入いただけます。→ 「瓊音(ぬなと)ショップ」

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》  

<テーマ>:『大変化のために、日本が強引に過去と決別する日 新世代王族は、縄文のリアリティーを踏まえ、人類社会の再建策を練る。』 

<内容> 4月に入って動き出した世界。伊勢志摩サミットは、国際政治で勢いを失った米ドル主体G7の慰め会。  

このとき、伊勢からは、ユダヤ宝物うんぬんはまったく関係なかった。日本国家と、シュメール・古代ユダヤの関係がわからないものに、これからの人類の未来を構築できない。

ただ、ヒロシマで話したオバマの次の言葉だけが、響いてくる。 

◎オバマのヒロシマ宣言。締めの言葉。 

  「広島と長崎の将来は、核戦争の夜明けとしてでなく、道徳的な目覚めの契機の場として知られるようになるだろう。そうした未来をわれわれは選び取る」

  That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare,  

  but as the start of our own moral awakening.

94日のG20までの日本国内の動き、さらに、つぎの3つの事態を考察します。 

 日本が変わるのには、近隣との紛争解決に加え、

 ①これまでの特権層・役人のインチキ、優遇をはっきりさせる。

 ②フクシマの現状と、これまでの被曝被害の深刻度を公開する。

 ③天変地異で、物理的な破壊が続き、もう、これまでの制度が、維持できない状態に・・。 

イノチ以外のすべてを捨ててでも、これまでの国家に依らず、自分が未来を創る主体になる、と決意できるかどうか。 

<レジメ> 

1)世界で唯一のエンペラーが、日本の近代化整理=戦争屋退治の意志

アクエリアスと新世代王族  フランシスコ発言  プーチン「イルミナティー打倒宣言」 

2)FRBの米ドル世界は、戦争屋の天国。この中でお花畑だった日本(なかでも官僚)

  裕仁(通貨)の天使(育成)と悪魔(略奪) 

3)伊勢志摩サミットは、日本政府の茶番・恥さらし。なぜ伊勢だった? ユダヤの本流?

植樹の意味は? フランシスコ発言と世界宗教の融合。日ユ同祖論と伊勢・特殊資金。 

  世界人類史の中の天皇。アマテラスはいつ誕生?(応神=八幡、三輪山、大神、三輪、犬養) 

4)オバマのヒロシマ宣言  

  71年目の終結。パールハーバーでは? 南京は?

「広島と長崎の将来は、核戦争の夜明けとしてでなく、道徳的な目覚めの契機の場として知られるようになるだろう。      そうした未来をわれわれは選び取る」  That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are     known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.

5)4月に入って動き出した世界。 無脳の極みと道義

「天皇を創った一族」長老の死。核セキュリティーサミット、パナマ文書、ムヒカ大統領、田母神逮捕、熊本地震 岸田北京訪問、裏金のJOC竹田恒和、トランプ、沖縄の軍属事件  

6)祝(ハフリ)の復活 東宮だけのものか?  皇国史観とバチカン

 キリストは「次に私は、そこかしこに現れる」

天皇とは? ≪三種の神器 :八尺瓊勾玉  八咫鏡  草薙の剣≫ 

7)日本再構築:カゴメの籠は壊れて、新たな籠に? その核は何か? 

  94G20までに、日本が変わるのには、近隣との紛争解決に加え、

           これまでの特権層、役人のインチキ、優遇をはっきりさせる。

           フクシマの現状と、これまでの被曝被害の深刻度を公開する。

           天変地異で、物理的な破壊が続き、もう、これまでの制度が、維持できない状態に・・・ 

今の国家の枠=統治体を、どう変えるか? 新世代王族(浩宮)が、使われる。

イノチ以外のすべてを捨ててでも、自分が未来を創る主体になる、と決意できるかどうか。           

日本(仁品)なしには、ありえない。 磐座神道 と 伏見稲荷。 人類史的な「ユズルハ」 

160604_皆神塾・札幌.jpg 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025 FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   

また、次のリンク先の「瓊音(ぬなと)」ショップ」からもご購入いただけます。→ 「ぬなとショップ」

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

 

 

「ホ」被害を指摘しない政党の選挙に、何の意味がある?この体制で未来がある?みんな死ぬよ。

 

悪魔のいちばん邪悪な力は、

人に悪魔がいない と思わせることである。  

    ——『開口一番』  

 

もう日本が終わってることも 自覚しておかないとね。 自分自身で、生き残る 国なんて概念は捨てろ 経済がどうのとか言ってる人は 現状全く理解してないね。 太平洋どころか、世界の海汚染させた 賠償だけでも、もう終わってる。 世界の奴隷ですよ。 流浪の民になったわけです。

  1. 福島県って、人口何人なの?甲状腺がんは100万人に一人と言われてきたので、患者10人で、福島県には1000万人の人口がいることになる。患者100人なら、福島県の人口は1億人と言うことになる。 もう一度訊きますが、福島県の人口は何人ですか?

  2. ": 東京(首都圏)は、終わったな。ニッポンも終了。 年を追うごとに、  の増加だろう。 "

  3. RT 昨日も急病人とお客様対応で電車遅延したが、今日も使っている2つの線どちらもで急病人救護のため遅延。はっきり言って毎日で、スムーズだったことは長いことない。 8:23 - 2016年6月23日

国民の2000万人が派遣社員で平均年収168万円

➡民間378万円 ➡公務員878万円 ➡NHK1780万円

➡国会議員は最低で5000万円  議員は国民の税金で食べている。有り得ない日本の腐ったシステム。

官僚は特別会計で天下り先確保

 

 

格差だけならまだしも、

責任逃れで「ホ」の被害を無視して、

自分の給与を守るため「ホ」を意図的に拡散し、

国民を国家権力で殺し続けているのに、

まだ、この体制に付き合うの?

 

経済的「勝ち組」に入ろうと、「ホ」が充満する中、自分自身の被害を無視し、さらに、自分が加害者になっていくことも全く意識しないまま、努力を続けるの?

 

自分と家族を守って、自分の未来を創れ。

舞台は、地球。

 

想像と創造  自律と自立。 イノチの砦を築け。



戦う相手を間違えるな。 

「ホ」隠し政府に対する期待と依存こそ、

悪魔の企み。

【ご連絡】今週末の26日(日)は「東京」で「講演会」開催です!!

 今週末の26日(日)は「東京」で「講演会」開催です!! お早めにお申し込みください。なお、講演会終了後に「懇親会」も開催することとなりました。参加をご希望される方は、合わせてお申し込みください。

この講演会は、「古代史」と「文化論」に特化したもので、通常の「皆神塾」とは内容が異なります。
 
「テーマ」は; 「地球史のなかの天皇誕生!!」です。
 
日時:           2016年6月26 ()  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)

    (注)開場は1330分です。

場所:         東京都港区三田2-14-8 2F会議室   TEL090-5804-5078 (室伏)

        最寄り駅:

        JR山手線・京浜東北線 田町駅 西口徒歩5分/ 都営浅草線 三田駅 A3出口徒歩4分

         都営三田線 三田駅 A8出口徒歩4

       (注1)会場までの道順については、次のリンクをご参照ください。→160626_地図_田町.pdf

       (2)会場の前には道路に面して駐車場の大きなマーク「P」があります。そのすぐ後ろの階段を2階へ上がってください。

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 (補足) 講演会終了後に「懇親会」も開催することとなりました。講演会会場近くの中華料理店で「飲み放題・食べ放題」で、参加費「3500円」です。

会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。

 次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。→ 160626_東京講演会_参加申込書_FAX用紙_Revised.pdf

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F  

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》       

 

21日は夏至。昨日20日、伊勢の伊雑宮に行きました。YAMATOの節目。

 今晩は。

今回、名古屋~大阪~伊勢~宇治を回って、 今朝、信州中野に戻りました。

かなり、ヘビーなものになりました。

最初が、中里博泰氏の墓参り でした。

19日のメッセージは、大阪で収録しました。

20日、初めて、伊勢の伊雑宮に行きました。

 そして、ある道場に案内されました。

 そこでは、  剣 と 神武(カム・ヤマト・イワレ・ビコ) の意味を、

 真剣に、考えさせられ、多くの気づきがありました。

それも、シュメール・エジプト ヘブライ からくる

  ユダ族の決意につながる真理でした。

 剣とは何か? ぶれない心とは何か?  つながるとは、何と繋がるのか?

 

 こうした、ことが、自分なりに、きちんと理解できたときに、

 勉強会仲間の別の女性が参加し、 以下のようなことが書かれているブログを紹介してくれました。

 

  籠神社 は、 アルファ  α    始まり

  

  伊雑宮 は、 オメガ  ω     終わり

 

 私の歴史観では、 縄文の日本列島に、どのようにして、ヘブライが入って、日本国を創りだしたのか、

 この歴史が、 アレクサンダーの死後の、BC320からで、その最初が、 宮津の籠神社。

 それが、今年の夏至を前にした、満月の日に終わりになった。

 そして、切り替えが今日の夏至。

   ようやく、東電は、メルトダウンを隠していたことを、認めました。

 間違いなく、これから、 日本社会は、根底から、変わります。  

 明日から、参議院選挙がスタートですが、始まったのは、全く別の次元からの変化です。

    YAMATO そのものが、 変わっていきます。

 縄文から、どのようにして、日本国ができたのか? 

 この纏めを、26日に、東京の三田で行います。 

 日本を変えるのは、私たちです。 

 これまでの制度に対する依存を、ことごとく払拭することから、始まります。

 まず、イノチの砦を築け。そして、 自律・自立した者同士で、連携せよ。

【新井信介:2016年6月メッセージ】(2016年6月19日収録)

中国版GPS「北斗」を拡充させたのは、アメリカのFRBであり、金融ワンワールドだ。日本は平和国家以外にない。葛西ジイサン、自分の愚かさに震えてる?

 2012年年末、安倍が、二度目に総理大臣になったころ、中国は独自でGPSを持ち出した。

そして、アメリカは、すでにあるGPSが壊されないように、2013年に、習近平とオバマをカルフォルニアで合わせ、米中間で、絶対に戦争をしないように取り決めた。

オバマは、アメリカ国内に、どれだけ、中国からの資金が流れてきているか、その情報も2014年には習に教えていた。

すべては、FRBと、米ドル建て資産の保全、金融システムの維持のためだった。

そして、2014年年末には、中国は、宇宙空間で、自分で打ち上げた人工衛星を、自分で破壊する技術を確立した。これは、アメリカのGPSを、いつでも破壊することのできる技術でもあったが、それを、脅しに使わなかった。

国際法的には領有権を持たない尖閣を、日本国のものと強引に国有化したのは、2012年9月9日。これは、ヘリテージ財団に刺激された石原慎太郎が、東京都が買えばいいという、当時、副知事だった猪瀬のアイデアに乗って、日本国民から募金を募った。、

これに対し、民主党にいる戦争屋の犬の代表、長島が、石原は何をしでかすかわからないといって、もっともやってはいけない、日本国政府が買うという「国有化」を野田に急がせた。直前、胡錦濤から、「するな」と言われたのを野田はあえてやり、メンツをことごとく潰した。これで、日米の戦争屋は万々歳。野田は、さらに、国会をいきなり解散し、安倍政権の誕生を後押しした。

 そして、安倍は、「アベノミクス=黒田バズーカ」とともに「積極的平和外交」。

しかし、中国はアメリカと組み、日本人が気づかない宇宙で、優位性の確保に努めた。

で、GPS[北斗」を打ち上げ、さらに拡充し、2015年には完全にアジアをカバー。2020年には全地球をカバーするという。これは、アメリカのGPSの補助機能にもなれば、アメリカのGPSを破壊すれば、これだけが、人類のGPSになる。完全に、主導権を握れる。

 天地(真実)を考えず、利権だけを見ていた日本の政治家、なかでも、軍事関係者。

「311」のあと、すぐにメルトダウンしているのを隠し、「直ちに影響はない」と言い続け、2011年12月には、冷温停止で、フクシマの終結宣言を野田は出した。実際は、メルトダウンがさらに進んで、メルトスルーしていた時期である。フクシマの深刻さは、世界中の識者から言われていたのに年末に、解散。安倍内閣になって、

 オリンピック招致に、「アンダーコントロール」といった。 そして、ダダモレなのに、コントロールができている前提で、全ての国策が、各省庁で進められ、放射能の、さらなる拡散、積極的な被曝の奨励になった。

 これが、日本の権威なのだ。 

 まったく、真実を見ない日本の政治。 すべては、自分の利権、カネのために、きちんと未来を考えない。

安倍になって、アメリカの手の中、戦争屋のだまし情報と、皇国主義ファンタジーに酔いしれている中、虫の目で、中国の表面の事象をみて、「勝てる勝てる」と言い続けて、お仲間同士でその気になっていた。同胞を放射能で、どんどん被曝させながら、こっちは、「風評被害」といって言論封殺だった。

 2016年6月。ヒロシマにオバマが行ったあと、NHKがようやく、現在の人類の現実のパワーを話し出した。

安倍の指南役だった葛西さん、穴があったら入りたいんじゃないの。この5年間、特に安倍の3年間に、外務と防衛で、一体、何をした。田母神みたいなマンガを支援したんだよね。外務省と一緒になって。もう、終わったよ。「積極的平和外交」は、国際的には、まったく、ピエロだったんだよ。アベノミクスは、アメリカに金を流すばかりだったし。

 で、国家は、終わっても、また、創ればいい。それは、あの方たちがやる。第3経団連を急ごうよ。

 しかし、メディア総動員で国民をだまし、イノチを殺し続けた罪は、永遠に消えないよ。  

 

ps: 中国には、2千2百年前の、劉邦の天下取りに貢献した、韓信なみの知将がいましたね。

   でも、自分の国の弱点も知っているでしょう。 水と汚物。 飯山大魔神、頑張って。

   あと、本当に、快適な空間を創れるのかどうか? 成金になっても、行儀が悪すぎるしね。 

日本会議を創った中核の「生長の家」が、安倍政権にダメ出し。本当の日本は、そこにはない。

 <「生長の家」公式HPより、抜粋転載>

「与党とその候補者を支持しない」ことを本部の方針として決定し(中略)
その理由は、

安倍政権は民主政治の根幹をなす立憲主義を軽視し、

福島第一原発事故の惨禍を省みずに原発再稼働を強行し、

海外に向かっては緊張を高め、

原発の技術輸出に注力するなど、

私たちの信仰や信念と相容れない政策や政治運営を行ってきたからです。
(ソース)http://www.jp.seicho-no-ie.org/news/sni_news_20160609.html

《明日・明後日は「名古屋」・「大阪」で『皆神塾』開催です!!》

 明日(18日)、明後日(19日)は、「名古屋」と「大阪」で『皆神塾』開催です!!

ぜひお誘いあわせのうえご来場ください。

テーマ: 信仰(うお座)から、イノチの水(水瓶座)に。

      「病魔充満の龍体列島に、蘇生と覚醒の砦を築く」

内容: 2016年の夏至。 昨年の冬至の 秋元での岩戸開きに続いて、

   今度は、私たち日本列島に生まれた日本語を話す人間に、

   新たな試練が襲います。 真実を見つめ、自分の心を抉る苦しい旅です。

    これまで私たちが、自分自身の文明生活と精神安定の足場にしていた、

   国家・宗教・マネーですが、本来、道具であるのに、それ自体の存続を優先し、

   次々とイノチの本質を壊し、未来を創る意志を妨げる凶器になっています

   出続ける放射能は休むことなく、感性を壊し、理性を腐敗させていきます

   明治維新で、天地と直結していた日本人の感性が壊されて以来、国家主義の

   利権と、虚妄で煽られたマネーに甘える精神が埋め込まれ、それが重篤です。 

   

   イノチの砦を造ろう。そして、本当の日本=仁品を、自分から発信しよう。 

   この決意をもつものよ、ここに集結せよ。 事実を見つめ、叡智を出そう。

 

   G7伊勢の植樹イエスの心と通じるのか? 燔祭を含め、ユダ族の神意と、

   これからの日本を研究します。 新生の「ユズルハ」は、貴方から始まる。 

 

『皆神塾(名古屋・大阪)』開催のご案内

先日ご案内させていただいたように、今週末は、「名古屋」「大阪」で、新井信介先生の講演会『皆神塾』を開催させていただきますので、改めて日程をご連絡させていただきます。

 

尚、「テーマ」や「内容」につきましては、決まり次第、改めてご案内させていただきます。 

 

「名古屋」と「大阪」の両会場で同時期に開催させていただきますが、一部内容が重複する部分もあるかと思いますが、名古屋と大阪では、テーマを少し変えて開催させていただきます。

 

参加をご希望の方は、お席の関係もございますので、出来るだけ事前に末尾の「連絡先」までご連絡ください。また、次の「FAX申込書」をプリントしていただきFAXでお申し込み頂いても結構です。

「名古屋FAX申込書」 → 160618_皆神塾・名古屋_FAX参加申込書.pdf

「大阪FAX申込書」 → 160619_皆神塾・大阪_FAX参加申込書.pdf

 

尚、「名古屋」「大阪」ともに、講演会終了後に「懇親会」を予定しております。「懇親会」は「事前予約制」となりますので、参加希望の方は講演会と合わせてお申し込みください。

懇親会の参加費は、「名古屋」が「3000円」(仕出し弁当付)、「大阪」が「2500円」(軽食+ワンドリンク)です。 

名古屋の懇親会は、移動せずに、講演会と同じ会場で、引き続き開催します。大阪の懇親会会場は、「CAFE英国屋」です。そのため、アルコールメニューはございません。

 

6月18日(土) : <名古屋で開催> 

      場所: 「名古屋・東別院会館」 名古屋市中区橘2-8-45  

   時間: 14時から17時くらいまで  (終了後、懇親会開催予定)

       地図 → 160618_地図_東別院会館.pdf

   参加費:3500円(瓊音倶楽部会員の方は2500円)

         懇親会参加費は、「3000円」(仕出し弁当付)を予定。 

6月19日(日): <大阪で開催> 

   場所: 「難波神社」  中央区博労町4丁目13号   

   時間: 14時から17時くらいまで   (終了後、懇親会開催予定)

 地図 → 160619_地図_難波神社.pdf

参加費:3500円(瓊音倶楽部会員の方は2500円)

懇親会参加費は、「2500円」(軽食(+ワンドリンク)付き)を予定。 

(注)上記の講演会にご参加を希望される方は、会場の都合もございますので、出来れば、事前に以下の連絡先まで、ご連絡ください。 

また、「懇親会」は名古屋・大阪ともに「事前予約制」となります。講演会とともにお申し込みをお願いいたします。

また、次の「FAX申込書」をプリントしていただきFAXでお申し込み頂いても結構です。

「名古屋FAX申込書」 → 160618_皆神塾・名古屋_FAX参加申込書.pdf

「大阪FAX申込書」 → 160619_皆神塾・大阪_FAX参加申込書.pdf

連絡先     株式会社K2          室伏昭昌

                     事務所:    03-3548-1025          携帯: 090-5804-5078     FAX03-3548-1026

                     E-mail    akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp                      

アーカイブ

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像