新井信介京の風

HOME > 新井信介 「京の風」

【新井信介:2017年1月メッセージ】(2017年1月16日収録)

1月15日の『皆神塾(東京)』でも詳細に解説されています。DVD購入ご希望の方は予約受付中です。 連絡先は、株式会社K2O(室伏)事務所:03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078  FAX: 03-3548-1026   E-mail: akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp  本ブログの右上の「お問い合わせ」からメールをいただいても結構です。

【ご案内】今週末は京都の「太秦」(1月21日)と「宇治」(1月22日)で講演会を開催します!!

今週末は京都の「太秦」(1月21日)と「宇治」(1月22日)で講演会を開催します!!

テーマはそれぞれの土地に因んだ「歴史物語」となります。

以下、開催要領をご案内させていただきます。ぜひ、ご来場ください!!

<開催要領>
 

121日(: 新井信介講演会 <京都・太秦で開催>

   テーマ: 太秦・秦氏~迷宮の扉を開く

   場所: 右京ふれあい文化会館」 

        京都市右京区太秦安井西裏町11番地の6

   時間: 14時から17時くらいまで

   参加費: 3000円 

 

1月22日(日): 新井信介講演会 <京都・宇治で開催> 

   テーマ: 「ちはやぶる価値」とは何か?

   場所: 「恵心院」 (宇治市宇治山田67)

   時間: 14時から17時くらいまで

    (13時30分に京阪宇治駅に集合して新井先生のガイドで会場「恵心院」に向かいます)

   参加費: 2500円 

    

   なお、今回の会場は前回の「ゆめりあ宇治」ではなく「恵心院」となります。

 

参加申し込みあるいはお問い合わせ先         

株式会社K2  室伏昭昌

         事務所:         03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078  FAX 03-3548-1026  

         E-mail akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

<参加申込用FAX用紙>

上記講演会への参加申し込みは次の「参加申込用FAX用紙」もご利用いただけます。

     1月21日開催「太秦港宴会」および1月22日開催「宇治講演会」→ 170121_0122_皆神塾・太秦・宇治_参加申込書_FAX用紙.pdf

 その他何かご不明なことなどございましたら、ご遠慮なく上記の室伏(携帯:090-5804-5078)あるいは株式会社K2O(TEL:03-35489-1025 FAXは03-3548-1026)までご連絡ください。その他、本ブログの右上の「お問い合わせ」からメールをいただいても結構です。

 よろしくお願いいたします。

トランプ就任で、日本にも大変化来る。もうマネーじゃない。まずフクシマ現実が世界から出される。

 今日は、これから、皆神塾です。今、新幹線の中。

さきほど、村田先生から、きわめて重大な情報が来ました。

トランプ就任に合わせるように、日本では、フクシマの現実、これまでの隠蔽の事実が、

世界中で、公表されます。

シンゴジラの事態ですね。

これが、何を引き起こすか、判る人は、今から、備えてください。

  

  天は、いつまでも悪を、のさばらせない。


 マネー最優先で、国民をだました、悪魔ども。

 おまえは、もう、死んでいる。

  

 

 

 

【明日(1月15日)は『皆神塾(東京)』開催です!!】~寒波の影響もあるかもしれませんので時間には余裕を持ってご来場ください

明日(1月15日)は『皆神塾(東京)』開催です! 寒波の影響もあるかもしれませんので時間には余裕を持ってご来場ください。

トランプ氏の大統領就任式が間近に迫りましたが、米国が、日本そして世界がどのようになるのか?それを予測するためのヒントをご提供します!! ぜひ、ご来場ください!!

テーマ: 『トランプ政権は世界王族が作り出した?!~「天武の夢」(「朱鳥」)が動き出す!!』

<開催要領>:     

   日時:           2017年1 月15 (日)  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)

                 (注)開場は1330分です。

 

場所:         東京都豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F  TEL090-5804-5078 (室伏)

(注)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。 → 151115_地図_池袋会場.pdf

 

最寄り駅:

JR山手線 池袋駅 東口 徒歩5

有楽町線 池袋駅 35番出口 徒歩3

丸ノ内線 池袋駅 35番出口 徒歩3

JR湘南新宿ライン 池袋駅 東口 徒歩5 

 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 

 会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。 

 

尚、講演会終了後の「懇親会」は、お席が埋まってしまいました。

 

次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。→ 170115_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf

その他何かご不明なことなどございましたら、ご遠慮なく上記の室伏(携帯:090-5804-5078)あるいは株式会社K2O(TEL:03-35489-1025 FAXは03-3548-1026)までご連絡ください。その他、本ブログの右上の「お問い合わせ」からメールをいただいても結構です。

よろしくお願いいたします。

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F    

今年の御製も意味深。邯鄲と那須。陛下は、東アジアとの真の和解をお望み。

 「 邯鄲の鳴く音(ね) 聞かむと 那須の野に

  集(つどい)し夜を 懐かしく思ふ 」

 

 18年前、つまり、1999年の夏に、虫の邯鄲の鳴く音を聞きに、

 ご家族で那須に集まった、との歌意の歌ですが、

 この歌を詠まれたのは、昨年の夏で、退位を表明されたときでした。

 ご自身が、どんな経緯で、天皇の御位に就くことになったのか、

 じっくりと、その生涯を振り返っているときに、この那須での集いを、

 思い起こされたのでしょう。

 先帝の昭和天皇とは、どんな人間だったのか? 226事件のあと、一時、那須の御用邸に幽閉されていたことがあった、と、私は、中山法元氏から、聞いています。

 そのあと、1936年12月12日に、西安事件が起こり、蒋介石は周恩来と国共合作。

 一年後の1937年12月13日に、日本軍は、中華民国の首都、南京を占領しました。この直前、蒋介石は南京を脱出し、重慶に逃げ、そこで、アメリカに軍事支援を求めることになりました。

 安倍晋三は、昨年末、ハワイの真珠湾にいき、アメリカとの間で、「和解」「寛容」をうたいあげましたが、アジアの人たちにはどうでしょう。

 アメリカの下僕になりながら、アジアに対しては、戦前の大東亜共栄圏の夢を、いまだに追っているかのような日本。同胞のイノチが痛み、人口が6000万人も減ることを当たり前として、政策を進める日本の官僚組織と安倍政権。

(虫の)邯鄲には、そうした人間の頭の中にあるのは、「邯鄲の夢だ」と言っておられるのでしょうか。  

小泉進次郎「悲観的な人口1億2千万人の国より、 将来を楽観し自信に満ちた人口6千万人の国の方が、 成功事例を生み出せる」

 掲題の発言は、昨年9月、自民党の青年局長、小泉進次郎の発言。

sssp://img.2ch.sc/ico/naoruyo.gif
昨年9月に都内で開催した「ソーシャルイノベーションフォーラム」にも
全国から2千人を超す若者が詰め掛け、人口減少など、
この国の将来について3日間にわたり熱い議論を行った。 

自民党青年局長を務めた小泉進次郎衆院議員も出席、
「悲観的な考えしか持てない人口1億2千万人の国より、
将来を楽観し自信に満ちた人口6千万人の国の方が、
成功事例を生み出せるのではないか」 と語り、会場から拍手が起きた。

http://www.sankei.com/column/news/170106/clm1701060003-n1.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この発言の真意とその背景をよく読み解くこと。為政者として、人口削減を肯定している。

つまり、すでに日本は生物学的にも、静かな戦場 ということ。政府が「淘汰」を進めていくぞと。

当然ながら、正確な人口統計は出ない。人任せの大楽観という痴呆の「賑わい」だけをメディアは流す。

こんな社会で、どのような人間と友情をはぐくむか? 私は、笑っていられない。

相当、鋭敏な警戒心と強い意志で、日々、備え、自分で考え、人間としてまともであろうとするもの。

 

この国の体制はEVILのまま。油断していたら、気づかないうちに、生命がどんどん削られていく。

  私は、一見平和に見える、今の日本社会での生活について、

 逆らわず、従わず、依存せず、罠に嵌まらず、

 の心構えで生きよ、と書きました。

 ここで、今日、書きたいことは、 とにかく、今、罠が、たくさん。

 これは、食品や、電磁波、放射能、交通事故だけでなく、生き方(志向性)の問題。

 国家にとって、「役立たずは、消えろ」。 これが、今の日本国家の本質。システムの出発。

 多くの人間が死んでいるのを、「多死社会」と言って、済ませる感覚。 

 そうした現実に対し、「無思考」「無気力」で当然と受け入れさせ、「無抵抗」にさせるために、

 なんでも使う。多くの「目くらまし」「麻酔」「芳香剤」が、次から次に用意されています。

 くれぐれも油断なきよう。いつも、リスクを考えていよう。自分のイノチの声を聞け。 

 私たちは、今、生存をかけた「静かな戦場」にいる、と心して生きよう。

国務長官ケリー告白「アメリカは、アサド政権打倒のためにシリアでテロ組織ISISを支援した」

 オバマ政権終了に伴い、スカル&ボーンズのメンバー、ケリー長官の昨年9月の告白が公開された。

 http://parstoday.com/ja/news/middle_east-i24268

今後、アメリカの国家権力は方向転換で、国民と世界に償いに。世界の指導者は、誰がなるか?

戦争屋の犬でしかなかった、自民党の安倍政権がこのままではあり得ない。

再度、言います。 マイケル・フリンの登場と陛下のご意向に触れないすべての言説は、ゴミ。

裁きの日は、近づいています。

 

 ps:ケリーが告白した頃、日本鉱物学会は、翡翠を日本の石 にしました。

【お知らせ】今週末(1月15日)の『皆神塾(東京)』のテーマが決まりました!!

 今週末(1月15日)開催予定の『皆神塾(東京)』のテーマが次のように決まりました!!

トランプ氏の大統領就任式が間近に迫りましたが、米国が、日本そして世界がどのようになるのか?それを予測するためのヒントをご提供します!! ぜひ、ご来場ください!!

テーマ: 『トランプ政権は世界王族が作り出した?!~「天武の夢」(「朱鳥」)が動き出す!!』

<開催要領>:     

   日時:           2017年1 月15 (日)  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)

                 (注)開場は1330分です。

 

場所:         東京都豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F  TEL090-5804-5078 (室伏)

(注)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。 → 151115_地図_池袋会場.pdf

 

最寄り駅:

JR山手線 池袋駅 東口 徒歩5

有楽町線 池袋駅 35番出口 徒歩3

丸ノ内線 池袋駅 35番出口 徒歩3

JR湘南新宿ライン 池袋駅 東口 徒歩5 

 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 

 会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。 

 

尚、講演会終了後の「懇親会」は、「事前予約制」で人数限定にて開催させて頂きます。懇親会では、新井先生とゆっくりお話できるようにさせて頂きます。

懇親会は、皆神塾会場近くのフランス料理のレストランで、飲み放題付きのコース料理で、会費は「5000円」となります。参加を希望される方は、講演会への参加と一緒にお申し込みください。

懇親会への参加を希望される方は、お席があとわずかとなっていますので、お早めにお申し込みください。

 次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。→ 170115_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf

その他何かご不明なことなどございましたら、ご遠慮なく上記の室伏(携帯:090-5804-5078)あるいは株式会社K2O(TEL:03-35489-1025 FAXは03-3548-1026)までご連絡ください。その他、本ブログの右上の「お問い合わせ」からメールをいただいても結構です。

よろしくお願いいたします。

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F    

一番追い込められているのは誰か?自分を強く見せる演出は何か?

  トランプの就任前、いろいろ事件が起きています。

トランプで何が一番変わるか? ヒラリーの後ろ側と、このトランプの後ろ側。

「あえて、深刻な問題や紛争・戦争を引き起こす」

これが、戦争屋CIAでした。この動きが、ニクソンショック後のFRBに、不可欠でした。

その結果、ISISというモンスターを生みました。

ほかにも、このグループは、FRBを支える日本についても、これを、縛ったり、世論形成するために、日本国の周辺に、さまざまなもめ事を、あえて仕掛けてきました。

この「もめ事作りだし隊」が、いろいろ仕掛けてくれることで、戦後の体制維持ができると喜ぶ人間が日本にいます。

 2017年、東アジアの政治は、複雑です。

北朝鮮は、その典型です。韓国の慰安婦問題も。 また、中国との尖閣問題は、出発は、戦後の日本に領有権がないのに、「固有の領土論」を持ち出させたこと。さらに、日本は沖ノ鳥島をコンクリートで固めて、自国領としたことで、これを真似て、中国は南沙諸島を自国領と言い張り、盛り土したうえでコンクリートで造成し、建造物をつくったこと。

 「911」以後、国際社会が学んだことの一つは、原油価格の不安定化は、紛争の原因になる。

原油やウランから新エネルギーへと順調な転換を促すためにも、中東地域の政治的な紛争解決にも、複雑な要素を減らした方がいい。

 これが、トランプを生み出した勢力の本音です。

韓国との問題で言えば、パククネが追い込まれ、韓国政府が崩壊しているところに、「民衆の意志」として、釜山に慰安婦像が置かれてしまった。これを政府は止めることができなかった。

「それみたことか・・・」と、こう叫ぶ日本人。

「泣く子は、まんじゅうを一つ余計にもらえる」ということわざがある国。

一年前に、互いを認め合った国家主権として、不可逆な合意をしたはずの問題が、その片方の政権が揺らいで、民の動きを抑えられない。民のなかに、いつも、工作員が潜り込む。

今の日本の為政者にとっては、戦争屋の大元の司令塔が壊れ、ジャパンハンドラーが処分されていく中、外交面でこの韓国に断固たる姿勢をとることで、日本国内の政治では、韓国に緩い民進党の存在は完全に消えていく。

 こんなときこそ、半島系の国会議員は、韓国の民衆に、本当の友人として、語りかけるべきなのだが・・・・。 どんな結末になるか、ここでは、まだ書けない。ヒントはローマ法王発言。

CIAは、東アジアの国家の政治状況のみならず、それぞれの民族性を、とことん研究し、メディアを使って、何をどうすればいいか、いろんなスイッチをもっていましたね。もちろん、日本についても。

イカヅチさんは、「世界で考える。その中心は、◎◎になる」と言っていた。

 では、その ◎◎とは、なんなのか?

15日、いろいろ話しましょう。

 

アーカイブ

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像