新井信介京の風

HOME > 新井信介 「京の風」 > 時事問題 > 米中ロトップは真に仲良し。北朝鮮のマンギョンボン号就航。米カールビンソン号は来なかった。

米中ロトップは真に仲良し。北朝鮮のマンギョンボン号就航。米カールビンソン号は来なかった。

 こんにちは。

トランプ登場で戦争屋の逃げ場所となった日本。メディアをひっくるめて、国会では今、「共謀罪」法案審議。

北のミサイルも、大騒ぎしたけど、それだけでした。

なんと、アメリカの攻撃チームの空母カールビンソンは、半島沖に来なかった。

代わりに、トランプが期待したとおり、中国が腹を決めて北朝鮮対策に動き出し、ロシアともきちんと話して、北朝鮮の北部、羅津(ラジン)の河口域の開発計画に、ロシアも積極的に加わることになった。

以前は、日本の新潟との間に定期航路をもっていたマンギョンボン号が、この朝鮮とロシアの間で就航再開です。

プーチン・習近平・トランプは、しっかり仲良くやっていますね。北のミサイルで大騒ぎしていた日韓、なかでも、安倍政権の周りは、完全に外されています。

以下、今朝のNHKニュースです。現段階ではまだ安倍様のNHKですから、北の攻撃姿勢を前提に伝えていますね。(この姿勢も、5月のGW明けの韓国大統領選挙の後は変わるでしょう。それまでに、半島の新たな枠組みが話されますね。日本では既得権の「不正」暴露やヘンテコ情報ばかりになるのでは。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マンギョンボン号 北朝鮮~ロシア極東に定期航路開設へ   

北朝鮮の貨客船、マンギョンボン(万景峰)号が運航する定期航路が、北朝鮮とロシア極東との間に開設されることがわかりました。北朝鮮が核・ミサイル開発を加速させ、国際的な孤立を深める中にあっても、ロシアは北朝鮮との関係を重視する姿勢を見せています。

 

 

カテゴリ:

< 先が見えだした権力体は倒産前の会社と同じ。メディアで過剰な自己宣伝を繰り返す。  |  一覧へ戻る  |  北のミサイルで大騒ぎしているのは、日本の政府だけじゃん。カンボジアが冷静だと韓国が評価。 >

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像