新井信介京の風

HOME > 新井信介 「京の風」 > 時事問題 > 村田光平「都民ファーストの内容は『経済重視から生命重視への転換』という、新たな時代への幕開けだと信じます。」

村田光平「都民ファーストの内容は『経済重視から生命重視への転換』という、新たな時代への幕開けだと信じます。」

 

皆様

 
最近、専門家が科学的見地からとして豊洲安全論を打ち出しておりますが、原発問題同様の手法が感じられます。やはり経済重視から市民の正しい直観を抑える手法です。また東京都は、海外で東京五輪の安全性に対する疑念が強まるのを無視し続けております
そもそも小池都知事に期待された都民ファーストの内容は、多くの国民が願う「経済重視から生命重視への転換」という新たな時代への幕開けだと信じます。五輪返上を端緒とする新たな時代への幕開けは早晩不可避と考えております
このような立場に対する国際的支援は下記e-Bookの通り益々 拡大しております。
 
 
小池知事がこうした状況を踏まえ、都民を含む多くの国民が期待する新たな時代の幕開けに尽力されることが切望されます。
 
皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。
 
村田光平
(元駐スイス大使)

カテゴリ:

< 裏にいるのは同じ人間だからね。同じことやっている。もう最後だね。  |  一覧へ戻る  |  先が見えだした権力体は倒産前の会社と同じ。メディアで過剰な自己宣伝を繰り返す。 >

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像