新井信介京の風

HOME > 新井信介 「京の風」 > 気まぐれ日記 > 国民の生命を無視し、私益のために制度(法律)を弄ぶ人間が統治する国。それでいいの?

国民の生命を無視し、私益のために制度(法律)を弄ぶ人間が統治する国。それでいいの?

 

1)村田先生からメールが来ました。

皆様

 
世界中が信じない" under control"の再確認の要請を放置し、
福島での野球開催を決めた五輪関係者の無神経を国際社会が
放置するとは思われません。
「横車を押す」とはこういうことを言うのでしょう。
現在日本中を騒がせているスキャンダル同様の結末を
今から予見しております。
皆様はどう思われますか。
 
村田光平
(元駐スイス大使)
 
2) この国の統治体制の本質を露見させている森友学園事案。それに、国家戦略特区と銘打った加計学園事案。
 
 なるほど、安倍晋三は(母の洋子さまが言うとおり)、「運命の子」でした。
 
 近代日本の、醜悪な利権構造を、ギトギトにえぐって、天下の万民(日本だけではない)に、連日、見事に晒してくれています。
それでも、安倍晋三のシンパを自ら自認することは、この利権構造を今後も存続させ、次は自分がおいしい思いをしたい、と言う表明に他なりません。
 
 人類的課題であるフクシマでの事故を、官僚ぐるみの利権構造「私物国家」を延命したままで解決できると考える「知性」があるとすれば、それは、現代では、時代遅れで未熟だと、嘲笑されるだけです。
 
 既存の体制の中に同胞たちを埋没させながら、その体制を、少数者の恣意で使い回すことを容認するのですから。
 
 この人たちは、人間の心が、誰であれ、創造神と繋がっていることを知りませんでした。
 
 実は、これこそが、人間の尊厳です。 イエス・インマヌエルの出現以来、2000年に渡って人類が積み上げてきた、人類の知性の最大の成果です。
 
 世界精神は今、どこにあるかです。  
 
 
3) 2017年春の日本列島を騒がす大事件、それは、豊中と豊洲でおきた。
 
 「豊」とは何か? 
 どうも、これが、3世紀の実在の人物、豊城入彦と関係すると気づきました。
 
 崇神天皇の皇子となっていますが、 実際は違います。
 この子孫が、イカヅチ一族でした。 本人がそう言っていました。
 
 
<参考>
 ◎日本中を騒がせているスキャンダルの構図。
 
 森友学園を認可した大阪府の松井知事と、国有地を払い下げを決定した迫田局長 を証人喚問しないのでは、本質の究明になりませんね。

 170325_森友問題_5854.jpg

 

カテゴリ:

< 【ご案内】 『皆神塾(東京)』(2017年3月12日開催)のDVDが出来上がりました!!・・・これは<必見です!!><超お勧めです!!>  |  一覧へ戻る  |  官僚の「忖度(そんたく)」支配。これを続けるの?司法もその仲間?無責任体制の根源はここ。 >

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像