新井信介京の風

HOME > 新井信介 「京の風」 > 時事問題 > 本気で言います。ノンベクレルと統合医療、待ったなし。生活空間と身体に入れるものを選べ。

本気で言います。ノンベクレルと統合医療、待ったなし。生活空間と身体に入れるものを選べ。

◎ 油断していた人、考えない人、無知だったひと。 もう、「その時」になってしまいました。

  日本人は、味噌・醤油・漬物・ごはん の生活があったので、

 ロシアやウクライナよりも、内部被ばく症状の発症が、遅れていました。

 しかし、それも、半年程度のことです。 「お上」追従で、無防備だった人から、逝ってしまうのです。

 また、日本の場合、大問題なのは、見えないところで、遺伝子組み換え食品が使われている上に、

 加工食品(冷凍と電子レンジ)が多く、ここに、多品種の添加物(保存・味覚調整)が使わていることです。

 農産物そのものにも、農薬のほか、多くの薬が使われています。

 もちろん、いずれも、基本的には、日本国政府が設定した基準で、認められたものですが、

 これらはすべて、商品価値を長持ちさせるか、ただ単に、薬を売りたいためのものです。

 

 そうした日々の薬漬けだらけの日常(水・食料・空気)に、この5年間、さらに大量の放射性物質がばらまかれ、いろんな形で、身体に入り込んできました。 

 この放射能は、地球生命として、数億年間、各細胞が、上手に、慣れ親しんだものではないものです。

 個体生命自体の変調・生命力の低下をもたらします。

 そして、ある日、突然、「その時」が、来てしまいます。  

 先日紹介したブログですが、 発症した事例が、さらに加速しています。

 https://twitter.com/atsuatsuomusubi?lang=ja

 

 ◎ 本来、食事とは、生きた細胞をいただくものです。 

 そして、全身をアンテナにして、 宇宙から降ってくるエネルギーを、共振作用で、受信する。

 このときに、重要なのが、周波数調整としての、ミネラルなのです。 

   それを、運ぶのが、身土不二での、季節の野菜(山菜や、果樹・キノコ)です。

 これに徹しないと、いけません。 (ただし、自然のキノコは、放射能をすいこむので注意。)

 すでに、身体に、多くの不純物・魔物・毒物が蓄積されている。このこの事実を自覚し、

  これを、まず、いかに出すか、 その悪影響を減じていくか、 免疫力を高めるか。

 そのための、暮らしぶり、と、考え方を、 きちんと、正さないといけません。

  物理的内面と、その機能としての、身体の健全化、

 そして、精神的内面として、心の在り方。 人間関係(地位・富裕・時間・ノルマ)の考え方。

 なによりも、どこに身を置いて、何を食べて、どう、日々を過ごしているか、ここがポイントです。

 

◎ネット社会が、進展しています。

  今、アメリカの大学では、 ネットの授業だけで、 大学卒業の資格を与えるところもあります。

 私の希望は、この、北信濃の信越自然郷を、拠点に、統合医療や芸術・飲食にかかわる大学の設置です。

 そこにいて快適に暮らしているだけで、知識も知恵も増え、身体も治り、未来の生活が組み建てられる知見を得る場所です。  

カテゴリ:

< 【お知らせ】『地球史からみた天皇誕生!!』の第2回目(8月28日開催)DVDが出来上がりました!!   |  一覧へ戻る  |  《明日の『皆神塾(東京)』のレジメが出来ました!!》 >

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像