新井信介京の風

HOME > 新井信介 「京の風」 > 日本のアイデンティティー > 陛下の覚悟。「生前退位」表明。摂政も置かず、殯(もがり)も否定で、政治概念の「神聖さ」消失。

陛下の覚悟。「生前退位」表明。摂政も置かず、殯(もがり)も否定で、政治概念の「神聖さ」消失。

  熊本から戻って、東京のK2O事務所で、陛下の会見内容を確認しました。

 まさか、これほどのご決意とは。

 これが、私の感想です。

 法改正の難しさなどを踏まえ、 自らは、退位するが、摂政を残すのではないか、と予想していたのですが、 今回の生前退位のご意向では、

摂政も置かず、しかも、殯(もがりに伴う、一連の儀式まで、完全に否定されました。

 昭和天皇の「大葬の礼」と 今上陛下の即位の儀では、「神である天皇」としての神格の継承式の面があったのですが、

 今回陛下は、完全に、日本国憲法が規定する、日本国の天皇、すなわち、国家と、国民統合の象徴である自分を、改めて表明し、それを、日本国民に求めました。

これは、自らの神格の完全否定です。国民の安寧を祈る、祭主である、との宣言です。

 それ以外のいかなる考えも認めず、為政者は、自分を利用するな、という厳命です。

 これは、現代の天皇には、明治憲法での「神聖にして不可侵」という神威はなく、それを語ること、その神威を前提にして、国事行為をすることを、すべて、戒めるものです。

 これは実は、明治憲法での、皇国史観ファンタジーを否定するにとどまらず、 日本書記から続いている、天皇像や天皇観を完全に脱却するものです。

 具体的に言えば、戦前の軍国主義ノスタルジーに没頭する人間の否定です。神武天皇の赤子(せきし)からなる民がいるのが日本国だ、という政治概念を語る人間に対し、そんなお伽話をもうやめない、と叱責しているのです。

 これに伴って、当然のこと、日本の神社界の体系も変わります。

 日本会議や神社本庁の面々には、戦後、国家(統治体)と国民統合の象徴となった天皇に、明治期に伊藤博文らによって政治的に創作された、日本民族の中核として神聖さを、この21世紀に再度持たせ、自らはその輔弼をしたり、場合によって、自らがその代理になったとして、天皇の神意を広めるという名目で、対外的な軍事拡大を正当化する、もくろみの者がいました、

 そうした人間に対し、完全に、その根拠を消しているのです。

そして、自らが、国民の声に耳を傾けるとして、民意を無視して戦争に向かいたがる為政者に、大叱責をしたのです。

しかも、この放送を、CNNが全世界に流した

これは実は、1300年前に藤原不比等によって作られた、天皇の政治的な神聖さの終焉をなすものです。

摂政も、モガリも、天皇の神聖さを担保するものとして、その地位や儀式が存在したのですが、もう、不要だと。

これは、いわば、

不比等が作り出した、イザナギ・イザナミによってオノコロ島(沼島)で国が誕生したという、国産み神話に、もはや、何ら、現実世界での政治的力を与えてはならないとする宣言です。今上陛下は、みずから、天皇ファンタジ―を終わりにしたのです。

 実は、日本列島に、「天皇を創った」という一族があって、その長老が、この2月7日に亡くなったばかりでした(この人物の死は、4月6日に関係者に流れ出した)。 

今回、天皇にまつわる、政治的「神威」が無くなったことは、昨年9月の国連総会で、バチカンの法王フランシスコが、「十字架には神の力はない。神は、私たちが撒いた種を生長させ、花を咲かせ、実をならせる力である」と、言ったことに呼応します。

政治が神を語ることで、国民を戦争に駆りだしてきたのが、これまでの人類社会ですが、これが、日本では、ようやく、今日、完全に否定されたのです。

 2016年8月8日は、永遠に、記録される記念日になりました。

まさに、今日の放送は、「稲の根本に鎌をあてがう」のそのトドメの一撃になりました。陛下御本人が、日本会議や神社本庁、そして、日本版の軍産複合体の知的幼さと、政治的危うさに、本当に心を痛めていらしたことが、判ります。

 私たちは、日本文化の核としての、天皇について、もっと、きちんとした定義つくりが必要になりました。

今上陛下の言葉にある「国民の声に耳をあてがう」。 ここに、私は、第二代目の綏靖(カム・ヌナカワ・ミミ)の名前との共通点を見て、同じ姿勢を感じます。 ヌナカワとは、縄文の女神であり、自然そのものです。

記紀にある、神話編から続けられる人間天皇の誕生と、実際の日本列島での王権の誕生とその推移のドラマを、きちんと対比させないといけません。

 特に、カムヤマトイワレビコとは何者か? さらに、神武とは、何者なのか?

 なぜ、ハツクニシラスが、初代の神武と、第10代の崇神にあるのか?

そして、縄文時代からの霊性は、今の天皇に、どのように、引き継がれているのか?

これらは、私たちが、12年間、真剣に、解明に努めてきたことです。

「内の先祖が天皇を創った」という、イカヅチこと金井氏の祖先は、第10代崇神のときに、日本史に登場しています。これは、3世紀で、黄巾の乱の後の、卑弥呼の時代のことでした。

私は、大陸・半島・列島の人間が、それぞれ納得できる古代史を完成させたいと思います。

 

◎ そして、連絡です。

今回の「生前退位のご意向」発表を踏まえ、今後、日本がどうなっていくのか、未来を語り合いたいと思います。

急なお知らせですが、興味のあるかたは、中野市の「未来創庵」に、11日(木)、午後1時に、ご参集ください

参加費は、1000円です。 1時から、5時を考えています。

 希望者は、メールで、 nunato2511arai@gmail.com    まで。 

 会場は、中野市西2-3-13です。 電話は、090-9370-5740 です。

カテゴリ:

< 《明日・明後日の『皆神塾(九州)』のレジメが出来ました!!》  |  一覧へ戻る  |  【お知らせ】8月28日(日)に『地球史からみた天皇誕生!!』の第2回目を開催します >

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像