HOME > 新井信介 「京の風」 > 時事問題 > フクイチ「隠蔽ばかりで改善の意志なし」。「静かなる殺人国家」と認定されたら、何が起きるか?

フクイチ「隠蔽ばかりで改善の意志なし」。「静かなる殺人国家」と認定されたら、何が起きるか?

  世界中に、放射能をばら撒き続けながら、自国の農作物を買え、と自治体に言わせる、現在の日本国政府。

 それでいて、 中央省庁の移転や、大企業の本社機能を西に移そうとする。  

 これ、海外の視点から見ると、どう映るのか?

 今のフクシマについては、隠蔽状態を放置するばかりで、全く、改善がすすまない。 

 それで、国家権力で、メディアコントロール。  

 こうさせているのは、何か? 何のためか?

 日本の統治システムはマネー追求ばかりで、自己改革プログラムがない。

 それに便乗し、強化させながら、日本列島での自分の利権の延命を図るのが、戦争屋たち。

 日本に原発輸出を迫るのも、同じ人間たちの意志で、それを、日本国民や日本の司法も変えられない。

 これが日本国の真の実態だと、人類全体の視点で見極め、そう判断したとしたら、どんな事態になるか?

 

 フクイチ問題は、日本列島だけの問題ではない。 

 

 世界の意志は、人口削減策が優先する、 だから、フクシマは、隠蔽したまま、そのまま放置しろ 

 なんてのは、・・・ これは、知能劣化が進んだ、悪魔の声です。  

 なぜなら、放射能が減らすのは、人間の人口だけではない。 全ての生命体だ。 種の破壊なのだ。

 こんなことは、「万物の霊長」の自覚を失ったものが宣う戯言にすぎない。本物のエリートの声ではない

 

 プーチンがシリアからロシア軍を引いたのは、ケリーと語らって東アジアに集中するためか? 

 本気でフクシマ処理に入る時、放射能での極限の非常事態経と、莫大な人数の巨大土木経験が不可欠。

 これは、今のアメリカには無いし、もちろん、日本にはなく、その処理手順をイメージできる視野すらない。

 チェルノブイリを石棺した経験と、三峡ダムを造り上げた経験 なくしては、工程表すら書けないでしょう。

  なぜ、今、北朝鮮の若大将が、ここに来て吠えるのか? 人類の未来を賭けた、大きな計略がありそうだ。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 ここまで、書いたら、以下のニュースが。 「3月のメッセージ」どおり。

PS;   やっぱりと言うか、今頃、ヌケヌケと。 核燃料の取り出しの技術がないって、政府が発表。

  ・・・「一切都是 最好安排」

 

名無し:03/15 20:36 フクイチ廃炉で溶けた核燃料を取り出す技術が存在しないことが判明、米仏と連携でこれから開発。政府は…廃炉に向け2016年度から米国、フランスと技術開発で連携する  

カテゴリ:

< 5年が過ぎて、地上波で流れた、専門医師の「これは静かなる殺人ですよ」。  |  一覧へ戻る  |  【お知らせ】今週末は「東京」と「広島」で『皆神塾』開催です!! >

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像