HOME > 新井信介 「京の風」 > 時事問題 > 2011年6月26日のフクイチ動画が、暴力的で凄惨。一方、オオマサガスは希望の星か?保管技術に難癖をつけ、潰したのが経産省だった。

2011年6月26日のフクイチ動画が、暴力的で凄惨。一方、オオマサガスは希望の星か?保管技術に難癖をつけ、潰したのが経産省だった。

  まず、以下の動画をご覧ください。 見つけ出したのは、cmk2wl さんでした。

 後半には、わざと色を付けているようですが、「吹き出しの勢い」は真実でしょう。
http://www.dailymotion.com/video/xjkdnb_fukushima-reacteur-en-surchauffe-26-
juin-2011_news

 

 一方、オオマサガスについて、以下の書き込みがありました。

https://www.facebook.com/notes/masami-yamaguchi/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E3%81%8C%E6%B6%88%E3%81%9B%E3%82%8B%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%81%AF%E9%96%8B%E7%99%BA%E6%B8%88%E3%81%BF%E3%81%A7%E3%81%99/516300148486171/

 

もう10年以上前に、このガスは、完成していましたが、一般での実用化・普及を潰したのは、経済産業省でした。当時、担当大臣だった二階さんでも、官僚答弁に全く歯がたたない。ことの重大さが理解できないのか?使命感がないのか?結局、官僚たちが、原発の学界・業界と組んで既得権を守ることを優先したのです。 そこに、今も、日本の司法(検察)全体がいるのでしょうか 自分の無能・無責任・姑息さ を、国家権力で、日本国民に強引に隠し続けることができると考えていたようですが、その悪影響が、現実に世界中に及んでいるのに、それでも、頬っカムリが通せると考える幼稚な認識力のままだったのです。 日々の約束された高給のみを追っているのが、日本のエリートたちだったのです。その姿は、人類全体で見れば、それはどういうことになるか? 本当に、すごい「処分」が来る。 

 

 で、こんなコメントが有ります。 

 肝に銘じましょう。日本再生=人類文明再創造の基本です。

 

  
8時間前

悪い命令であることを承知しながら、しかもそれを甘んじて受ける人々は、悪い命令の甘受を勧めることになる。

不正の存在を前に沈黙する人々は、まさしく不正の共犯者にほかならない。     ジョン・ラスキン「近代国家における自由」

  

PS: 寒いところが苦手の人におすすめの、常春の避「ホ」地。

  以下検索してみて、 本当に、いいところだから。

  小さなホテルを建てて、自然食の日本食レストラン、天然素材の食器・衣服、介護施設、現地人向けの日本語学校、職業学校なんかで、皆で運営するのはどうだろう。

   ①ラオス ルアンパバーン   ②メキシコ クエルナバカ  

  ほかにも有るよね。 みんなで探そう。

カテゴリ:

< 昨日と今日、違うことを「権威」がいったとき、その権威を徹底的に疑うのが、自律自立した大人の責務。すぐに盲従するのは、カネ優先の卑しいバカか、12歳の子供以下の無思考ロボット。これが日本の教育の真実。  |  一覧へ戻る  |  【お知らせ】『皆神塾(名古屋・大阪)』(2月開催)のDVDをキャンペーン価格で好評発売中です!! >

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像