HOME > 新井信介 「京の風」 > K2O > 開封~洛陽(龍門)~少林寺~鄭州から帰ってきました。

開封~洛陽(龍門)~少林寺~鄭州から帰ってきました。

 31日、帰国しました。 今回は、面白かった。

いつもそうだが、 中国は現地に行ってみないと、実態は、何も、判らない。 特に、中国の経済事情。

みんな財布の中身が、だいぶ厚くなっているようです。 

今回行った河南省が、これからの中国大陸の心臓になります。 単に農業ではなく、政治的にも。

私は、これまで、じっくり、洛陽 を 観たことがなかったのですが、ここは、歴史的に本当に、重要ポイント。

まず、周の都だった。

 そして、後漢。 魏(難升米が卑弥呼の伝言を届けた)

 さらに、晋(豊が青大句珠を届けた)

 このあとが、問題。 五胡十六国で、大荒れ。

 しかし、鮮卑系の北魏の孝文帝が、493年に洛陽に遷都。

   少林寺は、この直後に、開山された。

 500年前後の洛陽は、仏教が急速に普及した。(『洛陽伽藍記』)

 そして、

 隋の統一の後、 煬帝は、ここに西苑を築き、ここから大運河を造り出した。

 唐の都は西安ですが、洛陽は 経済の中心の副都として、大発展した。

 則天武后が690年に即位すると都を西安から 洛陽に移し、神都とした。(この年に持統が即位し、「式年遷宮」)

 そこに、 日本から、702年に粟田真人がいって、国名を「倭から日本に変える」ことが認められた。

 ・・・・・・・・・・・・・・・

 今、河南省の省都は、鄭州ですが、ここは、夏の都でした。

 そして、いままた、中国大陸での、交通の要衝になっています。 

  北京ー広州 と、  上海ー西域  の交わるところなのです。

 習近平の汚職撲滅で、役人が賄賂を要求することがなくなり、また、受け取らなくなったと。これで仕事がしやすいと私の友人は言っていました。 

 帰ったばかりなので、多くを書けませんが、

 オバマは、習近平に、中国の官僚たちが、アメリカのどの銀行に、どのくらいの資金を隠し持っているかを、 一昨年の段階で、きちんと事実を教えています。 習近平の権力基盤を固めたのは、オバマなのです。

 そして、習は 「海外に逃したカネを、国内に戻せ。そうすれば、罪は問わない。 」  さらに、「こう使えば、損はしない」 とまで、教えるほど周到なのです。

あと、そうそう、北京の水不足の解決をする「南水北調工程(中央ルート)」は、河南省を通りますね。 河南南部(武漢の北)は、汚染されていない地域が多いのも、特徴です。 

河南省南部の南陽や信陽をきちんと見ておかないといけないな、と感じています。  

160201_南水北調整_20150720205257118_small.jpg

カテゴリ:

< 《「開封」に着きました!!》  |  一覧へ戻る  |  【2016年2月特別メッセージ:「中国出張報告」】 >

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像