新井信介京の風

HOME > 新井信介 「京の風」 > 時事問題 > パリCOP21。原発批判ポスターで、安倍は人類の恥さらし。世界は知ってるフクシマ見殺し政権。

パリCOP21。原発批判ポスターで、安倍は人類の恥さらし。世界は知ってるフクシマ見殺し政権。

 対ISISテロで世界が一つになっているとき、国家指導者で、オバカが一人、浮き彫りに。

ISISを作り出した戦争屋に、忠誠をし尽くす安倍晋三。この人物は、マネーのために、「アンダーコントロール」といって世界を騙し、自国ではフクシマの子供を見殺しにしながら、関係者には責任を一切取らせず、かえって利益を擁護し、さらに海外に原発輸出を推進。これを、原発での電力の輸出国フランスが、今、強烈に皮肉。

 COP21が始まる直前に、オランドと ISIS退治の総指揮官プーチンが握手。 戦争屋退治に不退転の決意。

戦争屋によろこんで飼い慣らされ、平和憲法を捨てて、戦争経済を進めようとする安倍の頭の中は、放射能だらけ。 放射能ダダモレで世界中が大迷惑なのに、それでもまだ、川内に続いて再稼働をするという不道徳。 日本の医学界、経済界、各種の学界、マスコミ、教育界、宗教界・・・・なにより、カンナガラを言う、日本の神社界。 人の命と自然を大切にする、なんて、大嘘をつきまくっている、大バカども。 

 フランスはドイツと並んで、国策で代替エネルギー開発を進めているが、日本はいまだに国策で原発推進だと。

もう、安倍っちは、完全に、人類全体の恥さらし。 世界の管理者は、日本国家と日本人を根本から批判するために、ここまでお膳立てしているんだね。 このポスターは、年初のエコノミストの表紙とセットになっていますね。

20151130185315po@op@op.jpg

 

PS; これまでの経緯と、今後

 9月17日ネタニヤフがプーチンに降参、9月18日日本で安全保障法案。9月25日のローマ法王の国連演説、9月30日のロシアのシリアISIS空爆開始、10月22日のロンドンが人民元手形の引受け、10月26日の丸腰「ラッセン」の南沙航行、11月7日の中台一体、11月13日のパリでのテロ。11月30日は、IMF総会で、人民元の国際化決定。    

戦争屋への上納金のために、自国民を殺し続ける日本政府(官僚と司法)。その代表が、安倍っち。

これから、容赦のない批判が、世界中から事実を持って示されることになります。 日本の権威が大崩壊するサマを、私たちは目撃することになります。それは、目先のことにひたむきな、日本人が、加速度をもって、バタバタと人が死んでいく事態と一体です。 自分が置かれている「枠組み」が狂っていると感じても、マネーの事以外、何も考えない、『お上従属』のロボット人間たちの末路でしょう。 

 日本民族の本当の、芯からの目覚めは、その生死の端境で、はじめて 始まります。 

カテゴリ:

< 騙されるな。これが真実だ。都心の空室率。どんどん逃げている。間違っているのは根本の政策。  |  一覧へ戻る  |  アメリカから福島の情報公開、ロシアはISIS撲滅にシリアに地上軍。 >

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像