switzerland comfort label feature exact replica watches. specific type is known as a rolex https://de.upscalerolex.to/ includes. preparation tabulation is in fact rolex https://www.manoloblahnikreplica.ru undertaking requisites. luxury and fashion come with https://es.wellreplicas.to/ gently. flawlessness during the watchmaking operation is a foundation of https://www.watchesreplica.ru/. cheap https://www.youngsexdoll.com here. hundreds of newly cartierreplica.ru. 最新情報 K2Oは、「きれい(Kirei)」「気持ち良い(Kimochiii)」 「美味しい(Oishii)」をモットーに活動する会社です。

最新情報/K2Oは、「きれい(Kirei)」「気持ち良い(Kimochiii)」 「美味しい(Oishii)」をモットーに活動する会社です。

HOME > 最新情報

【2022年:新年のご挨拶】

《2022年は変化の年:誰が主導する?!》 2021年を振り返って一言で表現すれば、「リアルとファンタジー」、あるいは「格差と分断」です。実は、ここしばらくの間、これらのことを意識してきているのですが、「格差と分断」などはますます状況が悪化してきていて、さらに深刻な状況 となるのではないでしょうか? 「人は見たいものしか見ない」と言ったのはユリウス・カエサル(シーザー)だそうですが、現在の状況は、おのおのが 自分の見たいものだけを見て、それが「リアル」なのか、「ファンタジー」なのかということを知ろうと心がけているようには思えません。また、どちらかというと、「リアル」かどうかはもはや問題ではなく、自分の見たいものだけを見るように   なってきているのではないでしょうか? ちょうど、映画「マトリックス レザレクションズ」が上映されています。シンギュラリティー後の世界で、今回も、リアルと ファンタジーの世界がかなりややこしくなってしまっています。赤の錠剤を自らの意思で選ぶことで覚醒し、マトリックス 世界(ファンタジー)を破壊することになるのですが、どのようにしたら私たちはマトリックス世界にいることに気づくの  でしょうか? さて、「格差と分断」いうことで言えば、来年の中間選挙、そして2024年の大統領選に向けて「新たな政治的潮流」が  米国で生まれる可能性があります。先のヴァージニアやニュージャージーの州知事選で注目された「批判的人種理論:CRT」というものです。これは社会の格差が「構造的問題」に起因するという考え方で、米国社会を作ってきたと考える 白人層にしてみると、自らの責任を問われるものです。そのため「反・批判的人種理論」として、第2のティーパーティー運動に発展するのではないか、と言われています。このCRTは、人種的な格差をなくしていくのに役立てようとするものですが、真逆の人種的な「格差と分断」をさらに深刻化させるために利用されようとしているのです。もし、トランプがこれに注目するようなことになれば、さらに「格差と分断」は深まるでしょう。 マトリックス世界(ファンタジー)から抜け出すには個々人の覚醒が必要なのですが、いったい何がきっかけとなるので しょうか?私たちにとっての赤い錠剤とは一体何なのでしょうか? 株式会社 K2O 室伏 昭昌 東京都台東区上野3-18-4 エムズ上野スクエア7B TEL:03-6284-4312 FAX:03-6284-4313 携帯:090-5804-5078 E-Mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

【2022年:新年のご挨拶】

《2022年は変化の年:誰が主導する?!》 2021年を振り返って一言で表現すれば、「リアルとファンタジー」、あるいは「格差と分断」です。実は、ここしばらくの間、これらのことを意識してきているのですが、「格差と分断」などはますます状況が悪化してきていて、さらに深刻な状況 となるのではないでしょうか? 「人は見たいものしか見ない」と言ったのはユリウス・カエサル(シーザー)だそうですが、現在の状況は、おのおのが 自分の見たいものだけを見て、それが「リアル」なのか、「ファンタジー」なのかということを知ろうと心がけているようには思えません。また、どちらかというと、「リアル」かどうかはもはや問題ではなく、自分の見たいものだけを見るように   なってきているのではないでしょうか? ちょうど、映画「マトリックス レザレクションズ」が上映されています。シンギュラリティー後の世界で、今回も、リアルと ファンタジーの世界がかなりややこしくなってしまっています。赤の錠剤を自らの意思で選ぶことで覚醒し、マトリックス 世界(ファンタジー)を破壊することになるのですが、どのようにしたら私たちはマトリックス世界にいることに気づくの  でしょうか? さて、「格差と分断」いうことで言えば、来年の中間選挙、そして2024年の大統領選に向けて「新たな政治的潮流」が  米国で生まれる可能性があります。先のヴァージニアやニュージャージーの州知事選で注目された「批判的人種理論:CRT」というものです。これは社会の格差が「構造的問題」に起因するという考え方で、米国社会を作ってきたと考える 白人層にしてみると、自らの責任を問われるものです。そのため「反・批判的人種理論」として、第2のティーパーティー運動に発展するのではないか、と言われています。このCRTは、人種的な格差をなくしていくのに役立てようとするものですが、真逆の人種的な「格差と分断」をさらに深刻化させるために利用されようとしているのです。もし、トランプがこれに注目するようなことになれば、さらに「格差と分断」は深まるでしょう。 マトリックス世界(ファンタジー)から抜け出すには個々人の覚醒が必要なのですが、いったい何がきっかけとなるので しょうか?私たちにとっての赤い錠剤とは一体何なのでしょうか? 株式会社 K2O 室伏 昭昌 東京都台東区上野3-18-4 エムズ上野スクエア7B TEL:03-6284-4312 FAX:03-6284-4313 携帯:090-5804-5078 E-Mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

【2022年:新年のご挨拶】

《2022年は変化の年:誰が主導する?!》 2021年を振り返って一言で表現すれば、「リアルとファンタジー」、あるいは「格差と分断」です。実は、ここしばらくの間、これらのことを意識してきているのですが、「格差と分断」などはますます状況が悪化してきていて、さらに深刻な状況 となるのではないでしょうか? 「人は見たいものしか見ない」と言ったのはユリウス・カエサル(シーザー)だそうですが、現在の状況は、おのおのが 自分の見たいものだけを見て、それが「リアル」なのか、「ファンタジー」なのかということを知ろうと心がけているようには思えません。また、どちらかというと、「リアル」かどうかはもはや問題ではなく、自分の見たいものだけを見るように   なってきているのではないでしょうか? ちょうど、映画「マトリックス レザレクションズ」が上映されています。シンギュラリティー後の世界で、今回も、リアルと ファンタジーの世界がかなりややこしくなってしまっています。赤の錠剤を自らの意思で選ぶことで覚醒し、マトリックス 世界(ファンタジー)を破壊することになるのですが、どのようにしたら私たちはマトリックス世界にいることに気づくの  でしょうか? さて、「格差と分断」いうことで言えば、来年の中間選挙、そして2024年の大統領選に向けて「新たな政治的潮流」が  米国で生まれる可能性があります。先のヴァージニアやニュージャージーの州知事選で注目された「批判的人種理論:CRT」というものです。これは社会の格差が「構造的問題」に起因するという考え方で、米国社会を作ってきたと考える 白人層にしてみると、自らの責任を問われるものです。そのため「反・批判的人種理論」として、第2のティーパーティー運動に発展するのではないか、と言われています。このCRTは、人種的な格差をなくしていくのに役立てようとするものですが、真逆の人種的な「格差と分断」をさらに深刻化させるために利用されようとしているのです。もし、トランプがこれに注目するようなことになれば、さらに「格差と分断」は深まるでしょう。 マトリックス世界(ファンタジー)から抜け出すには個々人の覚醒が必要なのですが、いったい何がきっかけとなるので しょうか?私たちにとっての赤い錠剤とは一体何なのでしょうか? 株式会社 K2O 室伏 昭昌 東京都台東区上野3-18-4 エムズ上野スクエア7B TEL:03-6284-4312 FAX:03-6284-4313 携帯:090-5804-5078 E-Mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

【新年のご挨拶】

211231_年賀状_jpeg.jpg

【新年のご挨拶】

211231_年賀状_jpeg.jpg

【2021年:年初のご挨拶】

《新春のお慶びを申し上げます》

2021は変化の年:誰が主導するのか?!

 

2020年を振り返って一言で表現すれば、「嘘」ということになるでしょうか?! すぐに思い起こす事件・問題としては、      「パンデミック」はもちろん、「桜を見る会」などの「安倍晋三」、海外では「大統領選」、などがあげられます。昨年の年賀状でも「政治・政治家の嘘」ということを書かせて頂いたのですが国内でも海外でも、「嘘」はさらに顕著になってきていると感じます。

 

現在起こっていることは、トランプ現象でも明らかなように、あくまでも結果で、その原因は広く、そして深く社会に浸透している「格差と分断」でしょう。「大統領選」でも通常であれば、大統領は、就任後は選挙戦中に生じた「対立構造」を解消するために広く国民に働きかけるのですが、トランプは、むしろその「対立構造」「格差と分断」をさらに拡大させることで、支持基盤を強化してきました。トランプが再任されるかどうかはまだ決まっていませんが、されなかったとしても、社会に浸透している現在の「対立構造」と「格差と分断」は続くでしょう。

 

2020年はパンデミックが拡大したにもかかわらず、株式市場は高値を更新して終わりました。FRBは少なくとも2022年春まで 金融緩和を続けると言っていますので、市場はさらに上昇するかもしれません。このままでは更に「格差」は拡大するでしょう。1971年に、ドルが金の縛りから解き放たれてから、実物経済とマネーの規模の「差」は拡大してきて、近年は、さらにスピードアップしてきています。また、現在までに、バブルが形成され、それが崩壊したことも何度もありますが、その度に、さらに大きなバブルを形成することで、乗り切ってきました。これが収縮するような事態が起こることはないのでしょうか?

 

今年は、WEFが主導する「グレート・リセット」が行われるのでしょうか?「パンデミック」が利用され、ワクチンが強制化され、 恐怖を煽ることで、社会は「ディストピア」化していくのでしょうか? 大きな変化が訪れそうだという見方は多くの方が共有して いると思いますが、その 「変化」が、「ディストピア」に向かうものではなく、少しでも良い「変化」にするにはどのようにしたら よいのでしょうか?!

日本国内でも、今年は、「選挙の年」です。このところは、私たち個々人に何が出来るのか?と考えて、無力感に襲われることも多かったのですが、それでもこの「選挙」は私たち個々人が政治に対して意思表示をできる唯一の機会とも言えます。世界 では「グレート・リセット」かもしれませんが、国内ではこの「意思表示」ということを意識していかなければならないかもしれません。

 

 

 

【瓊音ショップ】2019年10月1日消費税率改定に伴うご案内

『瓊音ショップ』をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
2019年10月1日より施行される消費税率改定に伴い、『瓊音ショップ』では以下の対応をさせて頂きます。

≪消費税率改定に伴う対応の概要≫

・2019年10月1日以降出荷となるご注文には、一部の商品を除いて、10%の消費税を適用致します。
(注)「フルーツガーリック」は軽減税率が適用され、従来通りの8%となります。

・ 各種手数料(配送料、代引手数料、支払手数料)について、一部、変更させて頂くものがございます。
(注)出荷が2019年10月1日以降となるご注文は10%消費税でのお買上額計算を致します。2019年10月1日以降に出荷となるご注文は、各種手数料も変更後の金額を設定・表示致します。変更後手数料金額の詳細は下記「各種手数料の変更について」をご参照ください。

<1>各種商品の消費税率ならびに価格について

「価格」は、商品カテゴリー別に、次のようにさせて頂きます。

・「DVD」:DVDの価格は、消費税(10%)込みで「従来通り」の価格に据え置きとさせて頂きます。

・「フルーツガーリック」:軽減税率(8%)が適用され、価格は従来通りとなります。

・「瓊音倶楽部・皆神塾関係の商品」:

「瓊音倶楽部年会費」:
年会費は従来通りの「5万円」とし、外税の消費税は8%から10%とさせていただきます。

「瓊音倶楽部・皆神塾のレポート・資料」(「バックナンバー」を含む):
消費税(10%)込みで「従来通り」の価格に据え置きとさせて頂きます。

・「ヒーリング・アクセサリー」:
価格は、消費税(10%)込みで「従来通り」の価格に据え置きとさせて頂きます。

<2>:各種手数料(送料、代引手数料)の変更について

(1)「送料」:

「送料」は、商品カテゴリー別に、次のようにさせて頂きます。

「DVD」: DVDの「送料」は、「380円」(消費税込み)とさせて頂きます。

「フルーツガーリック」:「フルーツガーリック」の「送料」は、「配送先別」に、
次のようにさせて頂きます。

配送先送料
北海道1540円
北東北(青森県・岩手県・秋田県)1100円
南東北(宮城県・山形県・福島県)880円
関東・信越660円
北陸・中部550円
関西・中国550円
四国・九州660円
沖縄県・離島1320円

(注)10800円(消費税込み)以上のご購入で送料無料とさせて頂きます。

(2)「代引手数料」:

「代引手数料」は、「330円」(消費税込み)とさせて頂きます。

【2019年:年初のご挨拶】

平成最後の年を迎えました。この「平成の30年」を一言で表現するとすれば、「失われた30年」という言葉に集約されるのではないかと思います。

その「失われた」原因は、「平成」ではなく「昭和」の時代に形成された「バブル」が崩壊したことによるのですが、「失われた30年」となってしまったのは、そのバブル崩壊の処理方法を間違ってしまったからではないでしょうか?! いまではその「失われた30年」の原因が、日銀の金融政策(大胆な金融緩和を行わなかったこと)によるものだ、という意見が大勢を占めているのですが、個人的には、バブル崩壊後に速やかに不良債権の処理を行うことなく、むしろ不良債権など存在しないとして、それを隠蔽し、根本的な対策を採らなかったことにあるのではないか、と考えています。

平成の時代は、ベルリンの壁崩壊など世界的に大きな転換点を迎えるのと軌を一にして始まりました。しかし、日本は、バブル崩壊という歴史的な危機を前にして、「時間が解決してくれるだろう」ということで誰も責任をとることなく「問題を隠蔽して先送り」してしまいました。そして、問題は時間の経過では解決することなく、むしろ深刻化して、山一證券や拓殖銀行の倒産などを機に、その実態が表面化し、明らかにされ、公的資金の投入という事態となりました。

バブル崩壊以降に政権が採った政策は、成長が鈍化して、需要が低下する中で、公共投資を増額することで、政府が需要を作り出すことで、成長を促進しようとしてきました。その結果、バブルの最盛期に赤字国債発行からの脱却を実現したにもかかわらず、平成の30年を通して、赤字国債の増発を繰り返すことで、国の借金は積み上がり、1000兆円にもなろうというところまで来ています。

本来であれば、「国民の受益と負担のバランス」を図らなければならなかったのですが、就職先となってしまった政治家は(国の将来や国民のことなど何も考えていませんので)、議論を先送りするばかりで何の対策をとることはありませんでした。

そして、結果的に、その経済低迷の「犯人」とされたのが日本銀行でした。特に2000年代に入ってからは、日本経済の問題は「デフレ」だとして、その「デフレ」は貨幣的現象なので、大規模な金融緩和をすれば問題は解決する、という意見が大勢を占めるようになって行きました。そこで登場してきたのが、安倍政権であり、黒田日銀ということになり、「異次元の量的質的金融緩和」なるものが行われたのです。これは図らずも現在進行形ですから、よくご存知のことと思いますが、当初2年で2%の物価上昇率を達成するとした目標はいまだ実現しておらず、日銀の資産はその結果として500兆円とGDPに匹敵するような規模にまで膨張していて、その出口の議論さえできないような状態となっています。

私たち個人にとっても、平成の30年間には、少子高齢化の進展、世界のグローバル化の波及による(逆説的ですが)個人の国家、社会、会社・職場、家庭との分断と個別化が進行・進展したのではないでしょうか?その結果、私たち個々人は「閉塞感」や「孤立感」を感じ、形式だけであっても「繋がる・繋がっている」こと自体を求めるようになっていないでしょうか?

「平成の30年間」は、問題に対峙することなく、問題を先送りし、そして隠蔽し、誰も責任を取ることのなかった無責任な時代となってしまいました。私たち個々人も様々なモノから切り離されてバラバラな存在になってしまっているかもしれません。

今年、新しい元号が施行され新しい時代を迎えることになるのですが、「平成の30年間」を今一度確認して、その反省の基に、新しい時代を作っていきたいものです。新年早々から世界の金融市場は大揺れですが、市場は何か新たな変化を求めているのかもしれません。

ホームページをリニューアルしました。

これからもよろしくお願いいたします。

【2018年:新年のご挨拶】

 180101_2018年_年賀状.jpg

アーカイブ

このページのトップへ