2015年2月/新井信介 「京の風」バックナンバー

2015年2月

もう、二月も終わり。江戸前は、食べれない。

  オリンピック。本当に東京でやるの?

飲み水どうするの?

どんな食品を食べさせるの?

 

歌舞伎役者が、相次いで癌で死亡。

 放射性物質の生物濃縮がどんどん進んでいる。  

 私には、とても、無頓着・無関心になれない。 もともとカナリア体質。

 もう、日本の奥の院のジイサンたちも、未来をきちんと考えない。

 飯山大魔神のいうように、 陛下と皇太子が、今、真剣に、この国を案じている。

 

 健康なイノチさえあれば、 作り直せる。

 自分個人という、個体生命に、いつまで、寿命があるか、わからない。 

 まあ、しぶとく、生き残るのみ。 星を見つめ、鳥のさえずりを聞き、四季の移ろいを実感しながら。

  

それにしても、 なんで、本気になって、 放射能対策を、国家の第一課題にしないの?

 ダダ漏れの中で、これまでどおりの生活させることを、最優先させるとは、おろかそのもの。 

天皇家は、戦争は避けても、被曝を問題にしない。  断絶してもいい と お考えなのか? 

安倍政権(稲田政調会長)は「東京裁判」を否定して、敗戦で国富が奪われ続ける状態になった日本国で、かろうじて維持された(戦後発展の基盤になった)国体まで壊すつもりなの?

安倍政権は、東京裁判を、日本国として全部、ひっくり返すつもりなのか? サンフランシスコ講和条約も破棄する? ポツダム宣言も、なかったことにする?

 安倍政権の政調会長、「軍事裁判」の持つ意味と位置づけを、判っていないのじゃないかな。

 天木さんや孫崎さん以下、多くの人間が、あきれている。(こっちは、阿修羅のコメントをどうぞ)。

まず、<産経新聞から>
自民・稲田政調会長「安倍首相は歴史修正主義ではない」「東京裁判は法的に問題」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150226-00000543-san-pol
産経新聞 2月26日(木)18時21分配信

 自民党の稲田朋美政調会長は26日のBS朝日の番組収録で、先の大戦後に東条英機元首相らが裁かれた東京裁判(極東国際軍事裁判)について「指導者の個人的な責任は事後法だ。(裁判は)法律的に問題がある」との認識を示した。戦後に公布された東京裁判所条例に基づく裁きは、事後法にあたるとの考えだ。

 稲田氏は「東京裁判判決の主文は受け入れている」と述べる一方、「判決文に書かれている事実をすべて争えないとすれば(われわれは)反省できない。南京事件などは事実の検証が必要だ」とも指摘し、戦後70年を機会に改めて歴史を検証するよう求めた。

 歴史認識をめぐる安倍晋三首相の言動が中国や韓国から「歴史修正主義」と批判されていることには「歴史修正主義というのは、あったことをなかったと自己正当化することだ。本当にあったことをあったこととして認め、生かしていくのは決して歴史修正主義ではない」と述べた。

これに対し、まず、孫崎さんのツイッター・・・

 

(こんな発言したら)サンフランシスコ条約も破棄だ(極東裁判を認めて日本は講和)!ということ認識しているのだろうか。26日産経「稲田朋美自民政調会長は、先の大戦後に東条元首相らが裁かれた東京裁判(極東国際軍事裁判)に「指導者の個人的な責任は事後法だ。(裁判は)法律的に問題がある」との認識を示した。」

 

そして、天木さん 2月27日のブログ 

 《安倍政権崩壊につながるかもしれない稲田政調会長の東京裁判発言》
http://www.asyura2.com/15/senkyo180/msg/657.html2015

稲田朋美という政治家は、 政調会長になって舞い上がったのか、株の儲けで気が大きくなったのか、どうやら調子に乗り過ぎたようだ。   http://www.amakiblog.com/archives/2015/02/27/#003160
 きのう2月26日の記者会見で東京裁判するかのごとき発言をしたらしい。きょうの各紙は一段の小さな記事でしか報じていないが、これは一面トップで取り上げられてもおかしくない重大な発言だ。 失言ではない。 記者会見で行われた公式な発言だ。

 しかも安倍政権の政策の最高責任者という立場にある政調会長の発言だ。 で安倍談話問題で安倍首相の歴史認識に世界の目が集中している時だ。

 中国や韓国との関係が悪化するだけではない。

 東京裁判の否定は戦後レジームの否定につながる。

 米国の占領に対するこれ以上ない挑戦だ。

 しかも、昭和天皇の戦争責任を否定して国体を護持した当時の日本の指導者層とマッカーサーが合作である戦後70年体制の否定である。

 この稲田発言がメディアに大きく取り上げられ、世界のメディアが騒ぎ出すと、連休の安倍首相訪米さえ危うくなる。

 訪米が延期されることにでもなれば、安倍政権は終わる。 野党が安倍政権を本気で倒すつもりなら、この稲田発言を追及しない手はない(了)

・・・・この阿修羅のコメントの中に、以下がありました。・・・・・・・・・・・・・・
05. 晴れ間 
2015年2月27日11:41:20 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k 
>>03

この稲田って人、よほどのアホね。 東京裁判は、戦争の決着をつける軍事裁判。勝った方が負けた方を裁く。勝った方が賠償金額等を定める。

平時の刑事裁判と、軍事裁判を混同するのは基本的に誤り。

ドイツだって、戦争責任は一方的に取らされた。「ドイツだけが悪い」と、責任を押し付けられた。
ベルサイユ条約は「ディクタート」だった。これに反旗を翻したのがヒトラーのナチ。その反旗は次の戦争にしかならなかった。

稲田の見解では、実際問題として、解決は軍事的にしかなされ得ない。
そこまで覚悟はできているのか。

敗戦国の日本国民は、軍事裁判の判決に文句はつけられない。
文句があれば、軍事的に勝つしかなかったのだ。
そういう結果を避けたいのであれば、傷が深くならないうちに、戦争から撤退するしかなかったのだ。

日本国民は、戦勝国に対してではなく、多数の国民を死地に追いやった、自国の戦争責任者たちの責任を自ら問うしかないのだ。
日本の戦争責任者たちは、日本国民に対して責任を負ったか? 国の指導者としての責任を果たしたか?

ドイツ国民もイタリア国民も、ヒトラーやムソリーニをはじめ、ファシズム戦時体制の責任は、自ら追及した。
戦勝国の裁判にゆだねて、それでよし、とはしなかった。 それが、ドイツ・イタリアと、日本との違い。
今日の日本の民主主義のあり方も、そこに由来している。日本人は、戦後も、みずから民主主義を築きはしなかったのだ。だからこそ、今日の惨憺たる有様がある。

・・・・転載終わり・・・・ 

私(新井)のコメント: 「天地」の次元と、「箱庭」の次元では、『落差』が、ここまで激しいとは

【お知らせ】『皆神塾(東京)』(1月開催)DVDのキャンペーン販売は明日28日までです!!

 『皆神塾(東京)』(1月開催)DVDのキャンペーン販売は明日28日までです!!

 今年の日本と世界の動きを読み解く2015年最初の皆神塾DVDです。 

イスラム国への安倍首相・日本政府の対応は大変残念な結果となってしまいましたが、そのうらで何が起きていたのか?るのか?

年頭所感で示された陛下と王族会議の重大決意と、それに対して安倍首相が行っている事は?

年初から大きく動く世界情勢を解説する大変タイムリーな内容になっています。よくまとまっていて、わかりやすい内容で<特にお勧めのDVD>です。 

全編で「2時間23分収録」(143分)のDVDです。 

販売価格は、2月末までにご注文いただいた方については、通常価格6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。)

内容などの詳細は次のリンクからご覧ください。→ 瓊音ショップ・皆神塾DVD150125 

講演内容:『年頭所感で示された陛下と王族会議の重大決意を読みとく。

                       ~「梅」とサンカは、田布施マフィアと徒党を組む「蚊柱」を許さない~』 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

このブログは面白いよ。私も登場します。

 http://blogs.yahoo.co.jp/jun777self/13680984.html

     

 

   Could ISIS Push Japan to Depart From Pacifism?           

     ISISは、平和主義から逸脱する日本を後押しできたか?

 

   ところで、この人、どんな人だか知っている? アベッチの先生。    

                 

今年は、世界規模のディスクロージャーが日本国内にも及びます。映画「シリウス」をきちんと見てみよう。

 2年前の4月29日、中野市で、日本で最初に映画「シリウス」の上映会をしました。

まだ、文字や字幕が不安定でしたが。

あれから2年。 世界中で、戦争屋があぶりだされ、そして、粛清・鎮圧されています。

日本の軍国志向の人間は、この1月末はイスラム国で大騒ぎしましたが、今、アメリカ国内で、彼らの親分たちが完全に足もとが崩れています。

人類全体に対し、大きな意志が働いているのです。  

 より高い、集団知を、築き上げよと。

さて、久しぶりに、グレゴリー・サリバンさんから連絡。 この2月末から、

東京 下北沢の映画館で、 「シリウス」(最新版)上映会 をすると

 この機会に、まだ、ご覧になってない方は、是非、見てください。

今の日本は、まだまだ洗脳状態ですが、 これからいろんな事件が起きて、その後に『遭遇』が増えるでしょう。

 以下、ご案内します。

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

http://www.jceti.org/映画

「シリウス」2週間の上映が決定!

東京・下北沢で最後の上映です。

「シリウス」上映会の全国展開は、今年の春まで!

関東では初めてとなる、映画館での上映です。周囲にまだ「シリウス」をご覧になっていない方がいらっしゃれば、ぜひお誘い合わせのうえご来場ください。貴重な作品を大画面で楽しむ、最後のチャンスになるかもしれません


 場所:トリウッド/東京都世田谷区/下北沢駅より徒歩約5分

 期間:2月28日(土)~3月13日(月) ※火曜定休、3/8(日)休映

      毎日16:00から

金額 : 当日券 

  一般1,800円  学生1,400円  シニア1,100円 高校生以下1,000円

 
  連絡先  :  JCETI イベント部    event@jceti.org   
    080-3224-5561   または、  092-924-5315

「鉄腕アトム」と「原子力発電所」建設は、ちがう。手塚治虫の嘆きと、軍国安倍の中枢。

 元東電のオノデキタ さん。

 

手塚治虫は、原子力反対だったのに、勝手に言い換える原子力村の連中。

本当に反吐が出る

 

  

すげえな、この会。恐ろしいわ。

 

この発起人は、JR東海の葛西敬之会長。NHK会長に籾井氏を推した人物。

PMC を考える防衛研究所メンバーで、

「そろそろ戦争がないと、景気が持たない」が持論だった。

現在は、宇宙政策委員会の委員長も務めている。

http://www8.cao.go.jp/space/comittee/about.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%94%BF%E7%AD%96%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A

 

浜岡原発をすぐに再稼動させろ、といってきた人物が、国家の中枢に。そして安倍の最大の支援者。さらに、リニアの推進者。

さて、地球外生命体と交流をしている世界の知性は、この人たちを、どう見ているのでしょう

参考:リビアのカダフィー最期の演説「この黒人がアフリカ人そしてイスラム教徒としての誇りを持ち、アメリカの大統領の権限を持っていることを理解し、アメリカを邪悪な国から良い国に変えることを望んでいます。」

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51952458.html から、

抜粋します。

(概要)   2008年6月11日にアルジャジーラTV(カタール)が報道した

  リビアの元リーダー、ガダフィ大佐の演説:

「アメリカ合衆国には民主主義が存在していないことが証明されました。アメリカはヒットラー、ナポレオン、ムッソリーニ、ジンギスハーン、アレクサンダー大王などの暴君と同じような独裁者によって支配されています。気が狂ったレーガン政権時代には、例えば、リビアを包囲攻撃するための大統領令を発令しました。これは民主主義ですか、それとも独裁ですか。

現在、アメリカでは大統領選が行われています。そしてイスラム教徒でケニア人の血を引く黒人が大統領候補者となっています。彼の名はオバマ、インドネシアのイスラム教の学校に通いました。アラブ諸国、アフリカ諸国、イスラム諸国の人々はみなオバマを賞賛していました。彼らはみな彼が大統領になれるように祈っていました。彼らはオバマを勝利させるために合法的な支援を行ったのです。

しかし我々はオバマに不意をつかれてしまいました。アメリカ国籍のケニア人の同胞(オバマ)は、アラブ諸国、アフリカ諸国、他のイスラム諸国のオバマ支持者らを震撼させる声明を発表したのです。エジプトで言われている通り、これが単なる選挙の一掃セールであることを望みます。つまり選挙のために彼は嘘をついているということです。


皆さんもご存じのとおり、これは選挙のための茶番劇です。候補者は有権者からの票が欲しいために有権者に嘘をつきます。選挙後に、彼に票を投じた有権者は、彼の選挙公約を守るように伝えます。

しかし彼は有権者に、「いや、あれは単なる選挙用のプロパガンダだった。」と答えます。これが民主主義の茶番劇です。有権者は彼の選挙公約は守られると思っていたのですが、彼はあれは単なるプロパガンダだったで終わらせます。その時になって、有権者は、オバマは票がほしかったためにあのような嘘(選挙プロパガンダ)をついたことを察知するでしょう。

オバマはエルサレムをイスラエルの永遠の首都にすると宣言しました

これは我々の同胞のオバマは国際政治を全く知らないということを示しています。彼は中東紛争についてあまり理解していないようです。
我々は、オバマが大統領になれば、核爆弾や他のWMDを製造しているであろう、イスラエルのディモナ核施設を監視すると宣言するだろうと思っていたのです。彼がそのような決断をすると思っていました。
オバマはイランの核開発について言及した際、ディモナ核施設も頭にあったと思います。またケネディ大統領の運命をたどることになるとも考えていたことでしょう。

ケネディ大統領は核爆弾が製造されているであろう、ディモナ核施設を監視することを決定しました。イスラエルはそれを拒否しましたが、ケネディ大統領はディモナ核施設を監視すると強く主張しました。ベングリオン氏が辞任することでこの問題は解決しました。

彼はケネディ大統領の決断に同意したくないため辞任しました。そして彼はケネディ大統領の暗殺を決行させたのです。ケネディ大統領はディモナ核施設の監視を主張したために暗殺されました。
そのことがオバマの頭にあったのでしょう。本当はオバマもディモナ核施設を監視したかったが、暗殺されることを恐れてそれができなかったのです。

オバマは、私の著書に記した通り、大統領選に勝利したなら2つの国をイスラタイン(パレスチナ+イスラエル)にする解決策を実施すると言うべきでした。これこそが根の深い問題に対する最後の歴史的解決策なのです。中東に2つの小さな対立国は必要ありません

イスラエルが占領しているのはたった15kmの長さしかない国なのです。そこに500万人のパレスチナ人が暮らしています。
我々はオバマに、1948年と1967年にパレスチナから追放された何百万人ものパレスチナ難民をパレスチナの地に帰す、と約束してほしかったのです。これこそが多くの人々が支持する解決策なのです。これがアメリカの人々、そしてアメリカの黒人が望む解決策なのです。

さらに我々は、クルド人の独立国家を建国する努力をするとオバマに言ってほしかったのです。
クルド人は、中東の地にクルド人の国家を建国すべきです。クルド人は分裂させられ苦悩を強いられ迫害を受けてきました。オバマはクルド人を犠牲にして彼の協力者に同調するのではなく、クルド人を支援すべきです

我々が最も恐れるのは、黒人が劣等感にさいなまれることです。これは危険なことです。。。もしオバマが黒人という理由で劣等感を持っているなら、彼は大統領としてアメリカを統治してはならないのです。なぜなら、劣等感を持っているなら、彼は白人以上に白人になろうとして、過激な政策を実行し危機的状況を招くことになるからです。そして黒人の地位を下げることになります。
我々は彼に言いたい。アメリカでは白人も黒人も平等だということを。彼らはみな移民なのです。アメリカは白人のものでも黒人のものでもありません。アメリカは先住民のインディアンのものなのです。アメリカの黒人も白人も移民ですから、オバマは堂々としていればいいのです。

そして、「私はアメリカのパートナーであり、アメリカはあなた方のものでもあるし私のものでもある。アメリカが私のものでなければ、アメリカはあなた方のものでもない。」と宣言すべきでした。アメリカは先住民のインディアンの地であり、白人も黒人もみな移民なのです。

我々は、この黒人がアフリカ人そしてイスラム教徒としての誇りを持ち、アメリカの大統領の権限を持っていることを理解し、アメリカを邪悪な国から良い国に変えることを望んでいます。そしてアメリカが他国、特にアラブ諸国と良い関係を構築することを望みます。」

福島第一は全く衰えていない。1月28日以後、ずっと吐き出している。

こらんください。

https://www.youtube.com/user/sengoku1904

https://twitter.com/kappel0208

東京マラソンのときも、出ていました。

2月24日にも。

放射能は、蓄積量が問題です。

mixi掲載、ありがとう。そう、戦後日本はイスラエルとともにFRBが発行する世界基軸通貨(米ドル)を支えることが最優先の存在だったのです。

MIXIが、、私のブログを取り上げてくれました。

とくに、今回のISIS(イスラム国)事件に関連し、実は、

戦後のFRBの通貨発行機能を、 支えていた存在が、日本とイスラエルだ、という部分です。

http://open.mixi.jp/user/7942062/diary/1939045037

実は、人類の国際政治でのダイナミズムは、近代以後は 「領土」よりも、「通貨」から生まれるのです。

特に、国家を一つの生き物として捉え、マネーを血とみなしたメカニズムで運営することを構想し、そこに大量の金塊がもたらされると中央銀行が生まれました。これは、新大陸の金銀に続いて、18世紀に日本列島から客家とサンカによって金塊がもたらされたときに、中央銀行の創設がフリーメーソンの目標になり、アメリカ独立、フランス革命のあとにナポレオン時代にパリで生まれたが、ナポレオンがワーテルローで敗れると、この主役は英国に移り、イングランド銀行が誕生しました。

 しかし、同時に、ヨーロッパに流れ込んだ金塊とその名義人の権利を保全すべく、1815年のウィーン会議では、スイスは永世中立国になりました。ここから、世界の「金融ワンワールド」が始まっていたのです。

 ここが、戦後世界での世界の基軸通貨「米ドル」をつくる方針を決めると、そこに戦争屋が取り憑いて、巨大戦争にしてしまったのです。ヒトラーを見つけてナチスも育て、さらに、日本の陸軍に満州領有を教唆した。

 一方、戦後の金本位制の通貨を見込んで、 日本が開戦する前にFRBに1万5千トンの金塊を運び込み、 ブレトンウッズ会議で1トロイオンス35ドルと決めたが、同時に、いずれ金塊が不足することを見越して、中東にイスラエル国を建国して、パレスチナとの火種を作っておいたのです。このグループがジオニストです。

いずれ、米ドルの刷り過ぎてゴールドが不足し、金本位制が放棄となり、変動相場制になるが、この中で、FRB(米ドル)を守る為に原油売買のドル建て原則を打ち出した。 イスラエルには、原油価格を吊り上げるために、中東にあえて軍事紛争をおこすための「悪魔の役割」が与えられたのです。

 そのときは、 ユダヤ(キリスト) vs イスラム だったのです。

 これは、政治的に作られたのです。

 それが、現在では、  isisイスラム国=テロ組織  vs  有志国連合   の 構図です。

フセイン亡き後のISISをモンスターにしたのは、アメリカFRBに取り憑いた戦争屋と、イスラエルですが、

日本は、今、このモンスターをこれ以上、巨大化させるのではなく、沈静化させて、「退治」する使命があるのではないでしょうか。 彼らの武力(信仰)を消し、平和な生命環境を、いかにして創り出していくかということです。

これは、今の安倍政権とは、真逆の方向です。

今の「世界」が見つめている「現実の世界」と、 安倍政権が頭の中に持っている「願望の世界」(戦後の統治体制からくる利権構造の維持)には、あまりに大きな落差があります。

もうすぐ、「311」から5年目に入ります。北陸新幹線は、首都圏から関西へのバイパスです。

9月3日は、抗日勝利記念日。 その前の8月15日は、終戦記念日ですが、

5月には、大阪で、大阪都構想に関する住民投票があります。

春節が過ぎました。  落差がもたらす、大きな事件・事態が出るのは、不可避です。 

東電を擁護して利益を出させ、放射能被曝を無視し続ける今の国家システムが、いつ崩壊するか分からない。

「311」と同等か、それ以上の事態もありうる。 私は、この覚悟でいます。

「不快で見苦しく、恥ずかしいばかり。電通さん、NHKさん、安倍晋三ショーはお終いにしなさい」

https://twitter.com/andreasdiego には、珠玉の言葉がいっぱい。

まずは、こころやさしいメッセージ。
 

安倍晋三を頻繁に登場させても、多くの人にとっては、不快で見苦しく、恥ずかしいばかりと、反感を増幅させるだけだ。電通さんよ、NHKさんよ、安倍晋三ショーはもうお終いにしなさい。」

 

  そして、事実の暴露

 

  

こっそりと議事要旨から削除され、箝口令も敷かれた。

「安全資産とされてきた日本国債がリスクになる」と述べた日銀・黒田の経済財政諮問会議での発言だ。

安倍晋三政権の内情はバタバタだ。

 

 
 島津洋一「アメリカ、イスラエル両国は、日本がパレスチナへ行なった援助に対する報復で、イスラエル諜報機関が311地震発生にあわせてテロ攻撃して原発を破壊し 福島原発に隠された高純度のウラニウム、プルトニウムを大気中に放出させて消滅させた。」

 

 

権力と東電が、福島311でやってきたことといえば、

手のつけられない事態の隠蔽と矮小化に喘ぎながら、無意味なみせかけの作業を繰り返して、

あたかも順調に収束へ向かっているかのように思わせるだけ

収束のための実効的な作業は何ひとつ行われずに放置されているのは驚くばかりだ。

 

 

権力は覚悟しているだろうか。 10数年後は人影絶えて静寂が支配するいつもどおりの東北・関東を。汚染していれば放棄しかないことは自明だが、だからといって、なにをどうすべきか知らず、平静を装いながら、ともかく、行けるところまで行ってみよう、が彼らにとって精一杯だろう。

 
 
 
 権力は数年先も見渡せずに、破綻済みの原子力の虚構にしがみついて、明日に繋げたいと図る。
 想像力の欠如と思考の停止が問題だ。
核の傘の下であることを検証もせず、「取り敢えず今までどおり」に安住しようとする。
 
 想像力が働かないから決断もできない。
 

 

アベノミクスの悲惨に口を閉ざし、黒田発言を削除して箝口令を敷き、国会でイライラをつのらせて奇声を発し、と

安倍晋三のストレスが高まっているようだ。もうひと押しして、病院へ駆け込ませよう。

 

>東京マラソンとオリンピックに関しては

 東京の放射能汚染を恐れ、 東京マラソンに参加選手で、   情報に敏感な国々からの選手はまばらだった。 関西に会場を移す東京五輪の動きもその反映と思うべし。 会場準備のコスト圧縮は言い訳に過ぎん。

 そろそろ、諦めて五輪開催を返上してはどうか?

【お知らせ】『皆神塾(東京)』(1月開催)DVDのキャンペーン販売は今月末28日までです!!

『皆神塾(東京)』(1月開催)DVDのキャンペーン販売は今月末28日までです!!

 今年の日本と世界の動きを読み解く2015年最初の皆神塾DVDです。 

イスラム国への安倍首相・日本政府の対応は大変残念な結果となってしまいましたが、そのうらで何が起きていたのか?るのか?

年頭所感で示された陛下と王族会議の重大決意と、それに対して安倍首相が行っている事は?

年初から大きく動く世界情勢を解説する大変タイムリーな内容になっています。よくまとまっていて、わかりやすい内容で<特にお勧めのDVD>です。 

全編で「2時間23分収録」(143分)のDVDです。 

販売価格は、2月末までにご注文いただいた方については、通常価格6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。)

内容などの詳細は次のリンクからご覧ください。→ 瓊音ショップ・皆神塾DVD150125 

講演内容:『年頭所感で示された陛下と王族会議の重大決意を読みとく。

                       ~「梅」とサンカは、田布施マフィアと徒党を組む「蚊柱」を許さない~』 

レジメ: 

1)       年頭所感と昨年末の総選挙。「次世代」を消した。NSCと特定秘密保護法

満州事変から見直しを真剣に国民に求める。戦後教育で欠落した視点 

2)       文明史的転換・・・トヨタが燃料電池車の特許を無料公開

         「希少資源の権威的分配」の終わり

             昨年9月にロックフェラーが資源から撤退。原油安 

3)       昭和天皇の命日にパリでテロ。11日、ヨーロッパ・アフリカで大規模反デモ

         ネタニヤフとアッバスも加わる  

4)       14日、歌会始 ・・・今上陛下の決意  

         この二年間、自民党と官僚・財界は天皇をどう扱ったか?

             (主権回復式典 大飯原発 足尾鉱山 山本太郎 オバマ来日) 

5)       アベノミクスの失敗隠しで、「地方創生」資金のばら撒き

15日、スイスフランが、突然の大暴騰。そして、円買いの始まり

「カネだけを追うことは、いい現実を創らない。真の人類の仕事ではない」 

6)       世界を俯瞰する外交…中韓露と親和せず 

武器のセールスマンになった中東外交の置き土産

         一方、オバマの一般教書演説で、新自由主義からの脱出 

7)       安倍をみつめていたイスラム国と天皇・王族会議

         サウジのアブドラ国王の死去 

8)       英誌エコノミストの表紙に安倍はいなかった。二年前は「スーパーマン」

         ヤタカラスの奥にいるもの。月の親神、世界の英知。 犬、ロゴスの意味 

政治の年になる:

スメラミコトやイエス・インマヌエル、シャカ・ムニを、マネーで穢してきた

神社界や宗教界にも清算が始まる(神社本庁は?)。もちろん、アカデミーにも

原発マフィア、医療マフィアは実像が晒され、消えていく 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

 

150125_皆神塾・東京_DVD写真.jpg

【新井信介:2015年2月メッセージ】(2015年2月22日収録)

【お知らせ】明日(2月22日)は『皆神塾・大阪』開催です!!

 明日、2月22日は『皆神塾・大阪』を開催します。

レジメが出来上がりましたので、以下、添付させていただきます。

皆様のご来場をお待ちしております。 

講演内容: 『王族会議が進める新通貨体制とイスラム国の真相。

~FRBに取り憑いた悪魔を消していく~』 

1)  年頭所感「満州事変からの歴史を見直せ」と 歌会始の「御製」

「夕やみの せまる田に入り 稔りたる 稲の根本に 鎌をあてがふ」 

2)  オバマとネタニヤフの来日。 FRBの機能を支えてきた日本とイスラエル。

湯川遥菜と後藤健二は、日本の中枢がISに送りこんだ? 

3)  仕組まれた20日の「映像」ネット公開。マケインとの面談の持つ意味。

いち早くホンモノと断じ、異論を許さない日本政府。 

4)  「お花畑」が消える日本。あえてテロの標的に。

戦争の舞台は情報戦。

基軸「通貨」と人造国家イスラエル、悪魔の関係(ジオニスト)の人類史的「処理」。 

5)  オバマは、安倍と習近平を国賓で招くと言い出したが、「尖閣」は?

   中国マネーと中国覇権は、日本をどう変える?   

6)  対テロで世界は強引に1つに。

政府作為のインチキがバレても、情報機関設置。

格差社会、環境破壊、若者の就業,農村交配は、どう解決する? 

7)  人口10億人へと「自然死」。日本人の生死と尊厳をかけた覚醒が始まる。

世界人類の希望の中心に日本人が立つために、最後の大峠。 

  カゴメの籠が消えて、世界は菊(仁品)を求めだす。

 

「皆神塾・大阪」の開催要領 

   場所: 「難波神社」

        中央区博労町4丁目13     TEL06-6251-8000

   時間: 14時から17時くらいまでで

      参加費:3500円(瓊音倶楽部会員の方は2500円)

      地図: 地図については次のリンクからご覧ください。 → 121114_地図_難波神社.pdf

連絡先 

ご質問などございましたら、ご遠慮なく事務局の室伏までご連絡ください。

連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

このツイッターは面白い。Andreas Diego 国土の4割を福島311で汚染させた。残る6割でこの国が出直す道を選ばず、何もなかったことにして、嘘で塗り固めるだけでは飽き足らず、残りの6割までも失わせることを国策にして腐心する。では何のために?

https://twitter.com/andreasdiego

 

 国土の4割を福島311で汚染させた。残る6割でこの国が出直す道を選ばず、何もなかったことにして、嘘で塗り固めるだけでは飽き足らず、残りの6割までも失わせることを国策にして腐心する。では、なんのために?そう、被曝死激増で、誰もが「もうダメだ」と観念する十数年を騙しとおすために。

 

Dörte Siedentopf「福島311はチェルノブイリを超えている。避難地区はこの核惨事の深刻さに見合っていない。日本を襲う被曝災害は想像を絶する。政治と原子力産業はそれを黙認しえいる。」 

 

「報道機関にも公開されなかった福島原発地下で、2名が遺体で見つかり、秘密研究の存在を臭わせた。爆発後に撮影された4号炉の映像について、東電の松本純一が『公開してはいけないことになっている映… Read more at

 

この国には記録を残さないという特技があるらしく、官僚や政治家たるものはこの特技を極めなければつとまらぬらしい。自らの責任を回避しようと混沌とした処理で逃げ回り、前向きな問題解決を図る積もりがなく、言を左右にしてカネに執着する

 

産地偽装の米のブレンドはかねてから問題とされていた。福島311以降、住むことができず、生産者が田んぼに通勤して耕作するようなところでも放射能汚染米がブレンドされて市場に堂々と出荷される。なかったことにする政治の縮図を見る思いだ。

 

核ミサイル先制攻撃で相手国を壊滅するとしても、宇宙や海からの核の反撃が必至だ。何を勘違いか、安倍晋三は周回遅れの核ミサイル製造を始めたようだ。核衛星、レザー兵器、Prone核兵器、超小型核爆弾によって原発を破壊されて廃墟と化す。

安倍晋三のねらいは、彼の祖父たちのペテン師ぶりを辿ればわかる全てはアメリカに屈服しながら、国民を騙し、悪事に走り、すべては己れの利益とするためだ。時代環境の激変にも無頓着で、ただただ祖父たちをなぞれば事足りると、薄っぺらだから。

 

 

Albert Einstein 

「この世の中で底知れないものを挙げろと言われれば、それは、宇宙のひろがりと人間のおろかさだ。この2つしかない。」

 

 Gueorgui Kastcguev元ブルガリア原子力安全庁長官「きつい言葉だが、現在の日本は核戦争後の廃墟だといってよい。広島型原爆170発分と言われるセシウムが福島原発から環境に放出された。水、空気、土壌、食べ物、、日本列島全体が放射能に汚染されてしまった。」

 

 いったん放射能汚染した土壌や水源は回復することがない。中央でも地方でも行政担当がこの事実を軽んじている。いまは国難だから多少の犠牲もやむを得まい、とでも考えていれば大間違いだ。被曝による奇形や知能低下、癌が増えて日本人がゆっくりと滅亡にむかう。


インフルエンザかな?」 から始まり、高熱がでて寒くて震え、やがて突然、四六時中寝ていたい、沢山食べたい、と思うようになる。これが被曝の初期症状という。心当たりがあれば対策を。

 

福島311以降、権力が独占する情報を民衆のために活用するどころか、危険を増幅して悪用し、国民を死に至らしめる存在となった。権力が安全と言い、或いは沈黙するときは、極めて危険な兆候と捉えて、我々は自らの判断に従って身を守らねばならない

 

さあ、ピラミッドを作らない、個々が自律し融和した世界を創ろう。縄文精神の復活だ。

1月11日のパリのデモに参加しなかったオバマ。

ISIS国対策会議を、主導。

でも、一体どうするの? どこから手をつけるの?  

格差も憎悪も怨恨も生まない世界を造れるの?

一方で、個人では使い切れないほどのマネーを掴むものがいて(1%)、 反対側には、文明のスタンダードに到達していない地域(これは30%)があって、それに到達していても、ロボット人間と、カネクレ人間ばかり。

さあ、どうする。 

なにより、これまでの成功者像やマネーを、追えば追うほど、騙しと不正が増え、地球の生命環境が壊れていってしまう。 

 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx 

米大統領、過激派対策会議で「イスラム国」撲滅に意欲

TBS系(JNN) 2月20日(金)12時3分配信

 アメリカのワシントンで開かれた過激派対策の国際会議で、オバマ大統領は、過激派組織「イスラム国」はイスラム教の教えに背いているとして、周辺のイスラム諸国と協力して壊滅を目指す方針を強調しました。

 「『イスラム国』のような集団がイスラムを代表しているという考え方は、テロリストの作り話を受け入れるのに等しく、断固拒絶しなければならない。西側とイスラムの戦いだ、という彼らの主張は、みにくいうそだ。それぞれの信仰とは関係なく、皆でこの欺瞞を拒絶しなければならない」(アメリカ オバマ大統領)

 アメリカ政府の呼びかけで、60の国や機関が参加した過激派対策会議の最終日、オバマ大統領は、過激派組織「イスラム国」はイスラムの教えに反する暴虐なテロ集団であり、決してイスラムを代表する組織ではないと強調。「イスラム国」の壊滅に向け、周辺のイスラム諸国と協力していく方針を強く示しました。また、特に若者が過激思想に流されている現状に懸念を示し、格差の是正や教育問題など、包括的なアプローチの必要性も訴えました。

 一方、日本を代表してこの会議に出席した中山外務副大臣は、中東アフリカ諸国が過激派メンバーの移動を国境で食い止める水際対策などの支援として、国際機関を通じて1550万ドル=日本円にして18億3千万円を新たに拠出すると表明しました。(20日10:44)

>「包括的なアプローチ」

国家やマネー、さらに、これまでの権威・神概念を前提にしていたら、的確な具体策が出てこないでしょう。

嗚呼、完全に狂ったこの国。東電支援の洗脳シンポ。1000BPでも大丈夫と言い出した。

 これは、惨い。

 ここまできた、マネー優先の 「お上」洗脳国家、日本。 

 とんでもないことが起きるぞ。  

 理性や知性を、利益のために、ここまで愚弄する悪魔のささやき。

 女性自身が福島の洗脳現場を伝えています。  http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150219-00010006-jisin-soci

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

専門家が爆弾発言連発…東電支援の「福島“洗脳シンポジウム”」     女性自身 2月19日(木)6時0分配信  

「福島の我々には、放射性物質の摂取制限なんてものは取り下げて、好きなものを食べさせて」(放射能健康相談員・半谷輝己氏)などといった、冗談のような発言が「専門家」たちから飛び出す、驚愕のシンポジウムが2月3日、福島県伊達市の山奥で開かれた。


【全文公開】”洗脳シンポジウム”ルポ
 記者は地元の母親から、「トンデモないシンポジウムがあるんですよ」と聞き、取材したのだが、内容は予想を超えるものだった。

今回は「出荷制限値100ベクレル(以下Bq)/キログラム(以下kg)は厳守しつつ地元民の目安としての摂取制限値の検討へ(大人1,000Bq/kg、子供100Bq/kg)」がテーマ。


 なんだかわかりづらいが、事前にシンポジウムのホームページを見ると、「放射能汚染された食品を食べても大丈夫だ」とアピールしたいのだろうと察しがついた。
 福島第一原子力発電所の事故後、政府は一般食品中に含まれる放射性物質の規制値を1kgあたり100Bqまでと定め、それを超えるものについては出荷制限をかけている。加えて、野生のイノシシやきのこなど、極端に規制値を上回る食品が検出された地域には、自分でとって食べることも控えるようにと県知事あてに、摂取制限の通達も出している。
 

 ところがこの会では、高濃度汚染食品でも、地元の人間なら食べていいことにしたいよう。「山や川の幸を食べたい」という地元民の気持ちをくんでいるように見えるが、リスクを福島県民に押しつけているだけではないか。次々に「専門家」が登場しては、いかに汚染食品が「安全」かを訴える。
「1kgあたり2,400Bqのイノハナ(山のきのこ)が10g入ったご飯を1合食べた場合、損失余命は7秒。一方で、自動車を10km運転する場合に、事故死する確率から計算した損失余命は21秒。イノハナご飯を食べるより、自動車を運転するほうが3倍程度リスクが高いんです。こういう事実を考えることが、合理的な行動に結びつきます」

 こう述べたのは、ビデオ出演した福井県立大学経済学部教授の岡敏弘氏。“損失余命”とは聞き慣れない言葉だが、人間の寿命が特定のリスクに遭遇することで、短くなる平均寿命のことだ。ちなみに、野生きのこの摂取制限が出ている南相馬市の測定結果を見ると、原町区で採れたイノハナから1万4,140Bq/kgという超高濃度の放射性セシウムが検出されている(平成26年9月時点)。

「放射能が怖くてきのこや山菜を食べなくなったという方がおられますが、野菜やきのこを食べない、これらは全部健康リスクにつながります」(福島県相馬市の相馬中央病院・越智小枝氏)
 放射能安全派の弁はさらに続く。同じくビデオ出演の東京慈恵会医科大学教授で小児科医である浦島充佳氏は「チェルノブイリ原発事故によって増えたのは子供の甲状腺がん。しかも、亡くなった方はほとんどいません。白血病は増えませんでした」と、キッパリ。
さらに、「食品に含まれている放射性セシウムが、子供のがんを引き起こすかというと、それはどうかと思う」とセシウムのリスクを否定。
「大人なら1,000Bq/kg、子供でも100Bq/kgくらいなら与えても大丈夫。食べたいものも食べられずストレスを抱えているほうが、子供たちの情緒的な発達に影響します。家族で同じものを食べて、夕食には笑いが起こるような時間を過ごしてほしい」
笑みを浮かべながらこう語ったのだ。そこまでして、汚染されたきのこやイノシシを子供に食べさせたいのか。正直、背筋がゾッとした。
食べる楽しみや、郷土の食文化を失ってしまった地元民の悲しみや憤りは察してあまりある。しかし、その気持ちにつけこんで、わざわざ専門家を呼んできてまで、子供に汚染食品を食べるように仕向ける意図は何なのか。

このシンポジウムのホームページには、「参加する専門家の渡航費・交通費は、東京電力が福島復興およびリスクコミュニケーションの一環として負担しています」と書かれている。

かつて国や自治体、東電が一体となって原発安全論をふりまいていたように、今度は放射能安全神話を刷り込もうとしているのか……。(転載おわり)

 

 ・・・子供の心や体をいうなら、なぜ、移住させないんだ。

「田母神は大嘘をついている」byチャンネル桜水島総氏

カネをめぐって、右翼の二人が、仲間割れ。

https://www.youtube.com/watch?v=U1NSor1iT3A

この動画にある水島氏の主張。 

・(冒頭で)田母神(の会見)は大嘘つき 
・田母神の政治団体の事務局長と会計責任者が、都知事選のときに応援弁士(水島含む)に金を払おうとした 
・事務局長が、都知事選のときにチャンネル桜に撮影経費として三百万を払おうとした 
・事務局長と会計責任者は、赤坂の高給コリアンクラブに通い詰めていた 
・事務局長は、朝鮮の歌を楽しそうに歌っていた 
・貧しい人からも集めた寄付金をこんなことに使ったことが許せない 
・田母神本人がコリアンクラブに通ったかは定かではない 
・なぜこのような事実を記者会見で明らかにしないのか、田母神は情報を隠している 
・(水島は)武士の情けで内実の話は控えていたが、嘘つき田母神は保守ではないので、全て明らかにすべきだと感じた 
・都知事選で田母神を応援したことを反省している 
・これからお上(警察検察)が徹底的に調べて、何が正しいか明らかにな
るだろう 

 

(私の感想)

右翼も左翼も政治団体の人は、基本的には、「お花畑」の「装飾」の次元から抜け出せません。

現代史の真相・深層を知らずに、国家権力を求めて、表層で騒ぐ人たちでした。

近代からの世界人類史や国際政治は、中央銀行とマネーとの関係で動いているのです。

そこに天皇と王族が関わっています。 その中に、シオニズムも、イスラエルもあったのです。

2014年は、人類史的に、通貨制度が大激変の渦中にあるなんて、まったく視野になかったでしょう。

日曜日22日、大阪で、みんなで研究しましょう。 

 田母神事務所で使途不明金が出ていると、この時期に、週刊文春で書かれるのは、

もちろん、どこかからの意図があるのでしょう。

妻や愛人への 慰謝料とか手切れ金とか、あるいは、湯川ハルナへのハナムケ代とかは、ないのか?

APA が持ち上げたのは田母神氏のほかに、竹田氏がいました。

田母神さんは、福島のアンコウが美味しいんだと言っていたから、今こそ、どんどん食べてもらいましょう。

 

自衛隊の朝雲新聞「人質救出作戦は無理。現実はハリウッド映画のようにはいかん」。

安倍発言に自衛隊の現場が戸惑っている。

自衛隊の専門紙『朝雲』が、以下を乗せた。http://matome.naver.jp/odai/2142407602954376901

http://www.asagumo-news.com/homepage/htdocs/column/sungen/sungen150212.html

『朝雲』は自衛隊の活動、安全保障問題全般を伝える安保・防衛問題の専門紙です。

 朝雲寸言

  過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件は残念な結果となった。悔しい気持ちはわかるが、自衛隊が人質を救出できるようにすべきとの国会質問は現実味に欠けている。

 人質救出は極めて困難な作戦だ。米軍は昨年、イスラム国に拘束されている二人のジャーナリストを救出するため、精鋭の特殊部隊「デルタフォース」を送り込んだが、居場所を突き止められずに失敗した。

 作戦に際し、米軍はイスラム国の通信を傍受し、ハッキングもしていたに違いない。さらに地元の協力者を確保し、方言を含めて中東の言語を自在に操れる工作員も潜入させていたはずだ。もちろん人質を救出するためであれば、米軍の武力行使に制限はない。それでも失敗した。

 国会質問を聞いていると、陸上自衛隊の能力を強化し、現行法を改正すれば、人質救出作戦は可能であるかのような内容だ。国民に誤解を与える無責任な質問と言っていい。

 これまで国会で審議してきた「邦人救出」は、海外で発生した災害や紛争の際に、現地政府の合意を得たうえで、在外邦人を自衛隊が駆け付けて避難させるという内容だ。今回のような人質事件での救出とは全く異なる。

 政府は、二つの救出の違いを説明し、海外における邦人保護には自ずと限界があることを伝えなければならない。私たちは、日本旅券の表紙の裏に記され、外務大臣の印が押された言葉の意味を、いま一度考えてみる必要がある。

(2015年2月12日付『朝雲』より)

一方、自衛隊の元幹部でAPAホテルの懸賞文以来、国防右翼の領袖になった田母神さんのところは、昨年の2月の都知事選挙と12月の衆議院選挙の間に、1億円以上が紛失。

ちゃんねる桜の水島代表が憔悴しきっている。 https://www.youtube.com/watch?v=ubybje-Tr2k

湯川ハルナをシリアに送り出したのは田母神さんでしたね。そして、盟友だったのが石原慎太郎。

石原慎太郎は尖閣の東京都購入で全国から14億円を集めて、この資金が不明に。その東京都による買い上げ案を提案したのは副知事だった猪瀬直樹で、こっちは知事に当選後、東京都で自前の火力発電をもつことを推進している内に、徳州会からの献金問題が追求され、耳から汗をたらして弁明ののち辞任。

田母神氏は、昨年8月に、政党を立ち上げていたが、このときにカネは使ったのでは。水島氏は、反対していたようだ。https://www.youtube.com/watch?v=FHxBpwwl6L8

国家大義を大声で語るものには純粋なものもいるが、国家権力を目指して政治活動になっていくと、カネにとりつく、ハイエナやウジのようなものゴロツキが一斉に取り付いてくる。それが、巨大化した姿が、実は原発マフィアや医療マフィアでもある。彼らは司法権まで取り込んで、メディアを押さえ、しかも、大学時代の仲間や取引業者を通じ利権を相互に固めあう。そして、国家予算が決まると、財務・税務当局とまでスクラムを組んで、自分たちの「不都合な事実」を暴く人間を徹底的に潰しにくる。

 自浄能力がない組織の最後は、どうなるか? 答えは見えている。

今では日銀の資産のうち84%が国債

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5577.html

から、抜粋。

2015年の「志の教育」って、何なのだろう。放射能ダダモレで、嘘を付きまくる政府と御用学者。真実言わぬマスメディア。何でも補助金ほしがる事業者。

 こんにちは、

私の九州の友人から、今週末の21日、福岡で、これからの青少年の「志」を、考えるフォーラムがあるので、

知人に紹介してほしい、と連絡がありました。 

主催者は、バッカーズ九州寺子屋です・

http://www.backers-kyusyuterakoya.com/syushi

私は、掲題に示したとおり、これまで、本欄では、今の政府や経済界の認識に、とても違和感を持っている人間です。特に、個人と、国家と、宇宙自然のかかわりの点で、今までの日本の教育では、言いなりになるロボット人間か、でなければ、既存の国家の枠組みで利権を追求する人間しか育ててこなかったことを、嘆ききました。

私は、21世紀の「立身出世」とは、国家や既存の権力・権威とは関係なく、

誰からも愛される自分自身の世界を創る、ことだと考えています。

自分の喜びを形にして、出会うすべての人に届ける。 これが、人間の基本だと。

 そして、自立・自律する。 もちろん、宇宙天然の摂理に、かなっていなければなりません。

これからは、急速に、人口減。さらに、環境悪化が見込まれるのです。 文化的背景の異なる多くの人との共存は、不可避で、人類のの宿命です。  

このフォーラムで、何が話されるのか、出席者たちの時代観や現状認識に大いに興味があります。

きっと、私が参加して、本音で話したら、 主催者は、大混乱になるでしょうね。

 ご参考まで

《いま求められる志の教育》  21日(土)、13:00 スタート  レソラNTT夢天神ホール 

http://resolatenjin.jp/hall/event/more.php?id=376

【お知らせ】『皆神塾(東京)』(「1月25日開催)DVDをキャンペーン価格で販売中です!!

 【お知らせ】『皆神塾(東京)』(1月25日開催)DVDをキャンペーン価格で販売中です!!

今年の日本と世界の動きを読み解く2015年最初の皆神塾DVDです。 

イスラム国への安倍首相・日本政府の対応は大変残念な結果となってしまいましたが、そのうらで何が起きていたのか?るのか?

年頭所感で示された陛下と王族会議の重大決意と、それに対して安倍首相が行っている事は?

年初から大きく動く世界情勢を解説する大変タイムリーな内容になっています。よくまとまっていて、わかりやすい内容で<特にお勧めのDVD>です。 

全編で「2時間23分収録」(143分)のDVDです。 

販売価格は、2月末までにご注文いただいた方については、通常価格6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。)

内容などの詳細は次のリンクからご覧ください。→ 瓊音ショップ・皆神塾DVD150125 

講演内容:『年頭所感で示された陛下と王族会議の重大決意を読みとく。

                       ~「梅」とサンカは、田布施マフィアと徒党を組む「蚊柱」を許さない~』 

レジメ: 

1)       年頭所感と昨年末の総選挙。「次世代」を消した。NSCと特定秘密保護法

満州事変から見直しを真剣に国民に求める。戦後教育で欠落した視点 

2)       文明史的転換・・・トヨタが燃料電池車の特許を無料公開

         「希少資源の権威的分配」の終わり

             昨年9月にロックフェラーが資源から撤退。原油安 

3)       昭和天皇の命日にパリでテロ。11日、ヨーロッパ・アフリカで大規模反デモ

         ネタニヤフとアッバスも加わる  

4)       14日、歌会始 ・・・今上陛下の決意  

         この二年間、自民党と官僚・財界は天皇をどう扱ったか?

             (主権回復式典 大飯原発 足尾鉱山 山本太郎 オバマ来日) 

5)       アベノミクスの失敗隠しで、「地方創生」資金のばら撒き

15日、スイスフランが、突然の大暴騰。そして、円買いの始まり

「カネだけを追うことは、いい現実を創らない。真の人類の仕事ではない」 

6)       世界を俯瞰する外交…中韓露と親和せず 

武器のセールスマンになった中東外交の置き土産

         一方、オバマの一般教書演説で、新自由主義からの脱出 

7)       安倍をみつめていたイスラム国と天皇・王族会議

         サウジのアブドラ国王の死去 

8)       英誌エコノミストの表紙に安倍はいなかった。二年前は「スーパーマン」

         ヤタカラスの奥にいるもの。月の親神、世界の英知。 犬、ロゴスの意味 

政治の年になる:

スメラミコトやイエス・インマヌエル、シャカ・ムニを、マネーで穢してきた

神社界や宗教界にも清算が始まる(神社本庁は?)。もちろん、アカデミーにも

原発マフィア、医療マフィアは実像が晒され、消えていく 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

 

150125_皆神塾・東京_DVD写真.jpg

「シリアは反新世界秩序の最前線なのです! 最後まで私たちとともに戦いましょう! 」byシリアンガール

http://ameblo.jp/135215/entry-11605228929.html  から

理由1:シリアの中央銀行は国有である。

理由2:シリアはIMF(国際通貨基金)に借金がない

理由3:シリアには遺伝子組換え食品(GMO)がない

理由4:シリアの人々は地球規模の陰謀に気付いている 

理由5:シリアには天然ガスとパイプラインを作る計画がある

理由6:シリアはシオニズムと“イスラエル”に反対している

理由7:シリアは中東最後の世俗国家

理由8:国民としての濃いアイデンティティ

  埋め込み画像への固定リンク

http://pocopocohead.blogspot.jp/p/blog-page_376.html  から

 

    

 

  

 NambokuLinesubway @NambokuLinesubw

 安倍晋三首相、イスラム国で亡くなったアメリカ人女性に弔意。

  自国民の遺族には何もしないのに。おかしい。

  あと、どれだけ年金を減らされたら怒るの?

  あと、どれだけ税金を上げられたら怒るの?

  あと、どれだけ放射能を撒かれたら怒るの?

  あと、どれだけの人が自殺したら悲しむの?

  いつまで貴方たちは黙っているつもりなの?

  これ全部、他人事じゃないよ。自分に返ってくることだよ。

FRBとイスラエル。金塊のないFRBとたくさんのシリア。ISISとテロは米ドル延命策。

 戦後、FRBが発行する米ドルを世界の基軸通貨にすると決めたブレデドンウッズ会議は、ヒロシマ、ナガサキに原爆が落とされる1年以上前に、開かれました。

日本陸軍が1931年に満州事変をおこし、満州国を建国したが認められず、国際連盟を脱退。昭和天皇がきらった日独伊の三国同盟を進めていく中、 FRBには、1941年までにスイスその他から1.5万トンの金塊が運び込まれ、このあと、昭和天皇の開戦の詔勅となりました。戦線が拡大し、シンガポール陥落後も、さらに進軍。

その果てに、ヒロシマ・ナガサキに原爆が落とされ、そして、「終戦」 ですが、その前に、戦後の米ドル体制が、話し合われていたのです。 

 ブレトンウッズ会議は、本当に重要です。全人類の行方にかかわりました。FRBが発行する米ドルは1トロイオンス35ドルで金本位制で始まったのですが、通貨発行量が増えすぎで、金本位制は維持が困難になり、それでも米ドルの信認性を維持するために、世界中の人間がどうしても、米ドルをほしがる状態を、意図的に作りだされました。

 それが、1971年のニクソン・ショックから始まる、変動相場制と、原油売買のドル建て原則です。この年の10月、中華人民共和国の北京政府が中国の代表政権になり、中国大陸が徐々に国際社会に組み込まれますが、人民元とは別に、貿易決済に兌換券を取り続けました。当時の中国は、明確に反イスラエルの姿勢を示していました。

ここで、原油価格が上がれば、世界中は、ますます、米ドルがほしくなる、という状況になりました。このなかで、イスラエルは、中東産油国と紛争を起こし、原油価格をつり上げることで、米ドルの信認性の保持に貢献し続けました。だからアメリカ政府は、イスラエルがパレスチナで何をしようと、経済的にも政治的にも支援しつづけた。

 1985年、急速に円高をもとめるプラザ合意のあと、 中国が大口の米ドルの重要先になり、 中国は兌換券を1994年に廃止し、以後、国際経済に完全に入り込み、1999年のY2Kの脅しの後、さらに2001年に「911」がおきた、 日本からの「円キャリートレード」でアメリカに生まれた大量のドルが中国に流れ込んで、都市建設と工業化が進み、中国は輸出を拡大し、世界最大の「外貨保有国」にのぼりつめた。

 ロシアでは、エリティン時代の仕掛けで国有企業が民営化し、その後のプーチンが、原油と天然ガスで上手に米ドルをかせぎながら、21世紀は、ルーブルで、国内に資本蓄積がすすみました。

 EUが独自通貨のユーロを設け、米ドルと対抗してきました。

 この中で、イギリス・ポンドは、独自性をたもちますが、日本円は、あくまでも、米ドルと米国経済、正確に言えば、FRBの機能を支える存在でした。

 戦後の世界経済と国際政治、そのなかで、世界の基軸通貨の保持の視点で見ると、

 「FRBを支える」という意味では、 日本政府と日銀は、イスラエルと同じだったのです。

さて、イスラム国(ISIS)は、イラクのフセイン政権時代のスンニー派の人間が、フセイン殺害後に、北部の山岳地帯にあつまったのが出発です。そのとき、多くの米国製の武器が残されていました。

 この人間たちを、モンスターにすることを、もっとも必要としたのは、誰かということです。

2012年以後、FRBは、すでに、金塊がほとんどないことが、世界中に知らされてしまいました。

また、アメリカ国内では、もう、イスラエルに支援するな、との声の高まり、イスラエルは、アメリカに代わる新たな支援者と、これまでのように中東と紛争を続けないですむ、あたらな役割が必要になりました。

この、FRBのゴールド不足と、イスラエルの新規役割、そして、戦争拡大で儲けてきた戦争屋。

この三つの要請を解決する複雑なパズルに、世界の管理者が、ISIS と わが国 を使ったのです。

この視点がないと、今の国際情勢、そして、日本のおかれた立場と国内の政治情勢がわかりません。

 今、新しい通貨体制への移行期です。

シリアの中央銀行には金塊がたくさん眠っています。しかも、IMFに加盟していないのです。だから狙われます。

今、ロシアのプーチンは、シリアを、ISISの皮をかぶった戦争屋とFRBの悪魔主義者から 守ろうとしています。

安倍政権が、いま、どこにいるか、おわかりですね。 イスラエルと日本が、今、

同じような立ち位置にいるのです。

そして、2月10日のイスタンブールのG20以後、イスラム国(ISIS)には、新たな資金が流れない。

そこで、

  おい、シリア攻めの活動費がないじゃないか。こんなんでは、世界から集めた工作員たちに、給料どころか、満足なメシもだせなくなる。 おい、なんとかしろ。

 デンマークでのテロは、この催促ではないか、と考えられます。

当然、いつ、日本にむけて、催促が来るかわかりませんが、私たちは、「腹を固める」時期にきています。

それが、どんな形になるか、ここでは軽々しいことはいえません。 安倍とその裏側の人間、とくに、財務当局は、そうした「催促」が表立った事件になる前に、どんどん、これまでも国民から搾り取ってきましたが。

 日本の政治家も、この構造まできちんと知って、それを時に、戦略的に匂わしながら、政治的に動かないと。

私がまったく野党に期待できないのは、海外の政治家では当たり前の視点が、いまもって、この国の政治言論ではまったくなく、すぐに「コップの中の争い」になってしまうことです。

これまでの既得権の維持か解体か、の議論の前に、まず、この、戦後のFRBをとりまく環境の変化、ここをふまえない、すべての言説は、戦後の「お花畑」の内側で、花に水をやるか、花を抜くか、というだけの次元の議論になってしまう。

年初、天皇陛下が日本国民に求めた「満州事変からの歴史の見直し」 には、戦後の国際経済の通貨システムがあり、それが変更になっている、という指摘も含まれている と思われます。

当然、戦後の日本の発展パターンが続くことは、もはや、ありえません。 原発もあるし、財政破綻もあるし。

大阪では、これを研究しましょう。  あと、 腹や肝 の固め方も。

ODAで日本の軍装品をテロ対策で世界中に買わせる?そんなカネあったら、都会人が喜ぶ美しい「健康になれる田舎」の再生・蘇生・新生に使ってよ。

 とんでもない、海外援助。

 でも、名目がテロ対策。

 日本人は、地球のどこにもいるから、それを、テロからまもるため、というのか。

 おい、おい、おい。  自分の国の現実を見つめてほしい。

 日本国内は、放射能と電磁波、そしてストレスだらけ。 関東圏では、病人と死者が続出なのに。

 こっちのほうに、ODA (この場合、政府による健康Helth 支援だから、OHA ) はないの?

 

 すでに、これまでの人類の所業で 汚れまくっている、地球環境で、

 対テロ だけでなく、 ここの人間の健康まで、きちんと、守れるように、

 ごく普通に暮らすだけで、病気も治り、犯罪もなく、どんどん、崇高で、楽しい創造活動ができる、

 こういう環境をつくりだそう、という発想はないのかな。 やっぱり、心の根っこが狂っているのか。

 

 放射能などの汚れのほとんどないところで、 健康に生きれる、ダーチャ村を、作る。

 しかも、周辺は、アウトドア・スポーツに、温泉三昧、さらに、おなじ意識の芸術家がたくさんいる。

 過疎の集落を、まるごと、 美しい風景を残したまま、 中身を、スッカリ作り変える。

 その村のなかでは、ほとんど、マネーがかからない。 一定の役務があるだけ。

 農村の高齢者は、地方の都市部で快適に暮らしていただき、時々、都会人に農業や伝統文化を教えくくる。

 

 FRBの周囲の悪魔が、消え去ったら、こっちに、どんどん、資金を回してね。

 いい手本を日本からつくらないと、 中国もインドも、生物学的な環境では、ボロボロのままだよ。

 

 今必要なのは、武器商人たちの天国ではなくて、

 すべての地球人から愛される、平和で、多くのイノチが溢れる、

 本物の サンクチュアリ sanctuary でしょ。  

 

  これを、日本列島の田舎に、たくさんつくろうよ。 

  まずは、自分の生存のために。そして、未来の子孫たちのために。

 

 

【お知らせ】来週末(2月22日)の『皆神塾(大阪)』開催のご案内

 来週末(2月22日)は、「大阪」で『皆神塾』を開催させて頂きます。テーマや内容などについては以下ご参照ください。

2月22日(日) :「皆神塾」<大阪で開催> 

   場所: 「難波神社」

        中央区博労町4丁目13     TEL06-6251-8000

   時間: 14時から17時くらいまでで

      参加費:3500円(瓊音倶楽部会員の方は2500円)

      地図: 地図については次のリンクからご覧ください。 → 121114_地図_難波神社.pdf

テーマ:  『王族会議が進める新通貨体制とイスラム国の真相。~FRBに取り憑いた悪魔を消していく~。』

年頭所感で、日本人に満州事変からの歴史を見直せといった陛下は、歌会始の「御製」では、近代化の悪弊を根本から刈る、と決意と示された。 

 安倍の中東訪問では、エジプトでの発言がきっかけで、 最後の20日、いきなり、イスラム国から、拘束されている湯川、後藤の写真がネットに出された。 

 明らかなフェイク映像を、いち早くホンモノと断じ、世界から失笑を買い、さらに、両名の殺害写真が出ても、ホンモノといって、異論を許さない日本政府。 

 そして、有志国連合に加わって、絶対に償わせるといって、日本人全員をあえてテロの標的にしながら、テロとの全面戦争をいいだした。 

  一体どうなっている、 イスラム国、アメリカ、イスラエル、日本、そして、王族会議。 

 すべては、戦後の基軸通貨米ドルの発行組織FRBと人造国家イスラエルの悪魔の関係(ジオニスト)の、人類史的「処理」から来ている。 

 オバマは安倍と習近平を5月に国賓で招くと言い出したが、それまでアジアはどうなる。 

 国際政治は今、対テロで、世界が、強引に一つになっていくのか?

 政府の作為はインチキがバレバレ。隠していたはず被爆被害は社会を変える。 

 何が起きて、何が待っている? 日本人の生死と尊厳をかけた覚醒が始まる。

   世界人類の希望の中心に日本人が立つために、最後の大峠がこれから来る。 

連絡先 

ご質問などございましたら、ご遠慮なく事務局の室伏までご連絡ください。

連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

 

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。 

お知らせ】来週末(2月22日)は「大阪」で「皆神塾」開催です!!

 来週末は、「大阪」で皆神塾を開催します。テーマや内容などについては改めてご案内させて頂きます。

2月22日(日) :「皆神塾」<大阪で開催> 

   場所: 「難波神社」

        中央区博労町4丁目13     TEL06-6251-8000

   時間: 14時から17時くらいまでで

      参加費:3500円(瓊音倶楽部会員の方は2500円)

      地図: 地図については次のリンクからご覧ください。 → 121114_地図_難波神社.pdf

連絡先 

ご質問などございましたら、ご遠慮なく事務局の室伏までご連絡ください。

連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。 

10日イスタンブールのG20までに、日本をISISに関わらせておきたかった。ということか。

 こんにちは。今朝の7時のNHKニュースは、イスタンブールG20の話題が第一報でした。

そして、ここでのテーマが以下にありますように、イスラム国の資金源の問題です。

この二年間、武器は、アメリカ製だったのですが、資金はどこのものか?

 原油輸出代金・・・油田おさえてもパイプなしで、どう積み出す。 身代金・・・何万人を食べさせられないでしょ。

一方、毎年30億ドル以上、イスラエルに資金援助してきたアメリカは、オバマ2期目になって、もう、ごめんだと。

さて、今年の2月10日に、イスラム国の資金を監視・制約するG20の開催が決まっていたので、それまでに、新しい金づるをみつけ、実際に、2月6日までに、多額の資金を確保しておかねばならなかったのでしょう。

 イスラム国=イスラエルの資金巻上げ装置 だとすると、今回、アンマンの五星ホテルに篭って何もしていないのに、日本政府に日本のコメ送れといっていた中山外務副大臣は、日本・イスラエル友好議員連盟の会長でした。

そして、1月19日、安倍首相はネタニヤフとの晩餐会の前に、戦争屋のマケインと会っていました。安倍のイスラエル訪問を現地紙は、「strictly buisiness(まったくのビジネス)」といったのですが、これは、イスラエルが国家として自立するために必要なプロセスだったと思われます。これまでのFRBに使われる狂犬国家から脱出です。

 しかし、日本政府のODAや日本の特殊資金を、イスラエルに振り向けるにも大義が必要で、このときに、イスラム国とテロが使われた、と。さらに、これまで、アメリカのアルカイダの資金元だったサウジアラビアも、これまでの黒い歴史(例えば、ビンラディンとの関係)を消すために、この場面で登場。 1月23日に、サウジのアウドラ国王がなくなり、わが国の皇太子が葬儀に出席されました。

 さて、1月17日に、カイロで、イスラム国の脅威を削るためといって、安倍が支援を申し出たとき、湯川さんと後藤さんは、捕まっていました。あの二人はどうなっているのでしょう。

 死んだのかどうか慎重に調べ、本当に死亡が確認できたらなら、遺体の返還を正式に求めるべきなのに、それもしない。日本政府はインチキ写真を早々とホンモノと断定してしまった。その結果、あの二人の「死亡」によって、日本政府は、中東地域を含め、世界中にテロ対策名目に、どんどん資金を出せることになりました。

 これで、一番喜んだのは、イスラエルでしょうか。 

お金の問題が解決したから、もう、イスラエルにとって、イスラム国の存在価値はなくなります。

やっと、おとなしくなって、平和な事業に乗り出せるのなら、それに越したことはありません。

この点も含め、2月22日(日)の大阪皆神塾では、日本の今後を、さらに、詳しく解説します。

G20共同声明 テロ資金対策を加速
2月11日 6時30分  NHK

G20共同声明 テロ資金対策を加速
 

トルコのイスタンブールで開かれたG20、主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議は10日、相次ぐテロ事件を受けて各国がテロ資金の封じ込めに連携して取り組むことなどを盛りこんだ共同声明を採択して、閉幕しました。

声明によりますと、まず、世界経済の現状について、依然として成長にばらつきがあり、日本やヨーロッパの景気回復の動きは緩慢で、成長が減速している新興国もあるとしています。
そのうえで、経済停滞のリスクを避けるため、金融政策や財政政策の在り方を継続的に見直し、必要な場合には断固として行動していくとともに、日本やヨーロッパなどが進める大規模な金融緩和策について容認する姿勢を示しました。
一方で、為替レートを政策の目的にしない約束を順守するとし、金融緩和によって通貨安を誘導しないようけん制しています。また、原油価格の下落が世界経済の成長を後押しするものの、産油国の経済に与える影響や物価の下押しによるデフレ圧力の増加に注意を払う必要があるとしています。
そして、「イスラム国」による日本人殺害事件やフランスの一連の事件など、相次ぐテロへの対策の強化を求める意見が各国から出たことを受けて、声明ではテロリストに関する情報の交換や、資産凍結に関する国際基準の順守の徹底を促すなどとしています。
さらに、共同声明の実行に向けて具体的な取り組みなどを示す付属文書で、テロ資金対策に関する指針の策定と、ことし10月までに対策の強化に向けた提言の報告を求めるなど、各国がテロ資金の封じ込めを徹底するよう求めています。

テロ対策で成果強調

G20で議長を務めたトルコのババジャン副首相は記者会見で、「テロ資金への対策についてG20として初めて共同声明に盛り込むことができた」と述べ、会議の成果を強調しました。
この中でババジャン副首相は、イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人殺害事件について哀悼の意を表すとともに、先月、フランスで起きた一連のテロ事件を非難しました。そして、ババジャン副首相は「G20は、テロ資金対策に深く関与することで一致した。各国で緊密に連携し、情報交換や、テロリストの資産凍結などに取り組む」と述べ、G20としてテロ資金対策を加速させるよう各国に促す考えを示しました。
また、不透明感が強まっているギリシャの債務問題については、会議の場や2国間の会談の中で、議論したことを明らかにしたうえで、「ギリシャとEU=ヨーロッパ連合の双方が受け入れ可能な解決策をできるだけ速やかに見いだすことを期待する」と述べました。

テロ資金対策の認識を共有

麻生副総理兼財務大臣は会議のあとの記者会見で、共同声明にテロ資金対策が盛り込まれたことについて、「テロや戦争は金がないとできないが、その資金がどこから出ているのかということは疑問があるところだが、きちんと対応していくことが大事という認識が共有された」と述べ、成果を強調しました。
また、日本の景気回復が緩慢だと名指しされたことについて、「去年12月の緊急経済対策やさまざま政策の効果で、過去最高水準の企業収益が賃金の増加につながり、経済の好循環が生じると見込んでいる。政府として、経済再生と財政再建の双方を同時に実現すべく、取り組みを進めていく」と述べました。

 

さあ、頭の体操です。基軸通貨がない世界と国家予算がない日常生活。

 こんにちは。

今、進行している事態は何でしょう。

戦後世界は、ブレトンウッズ体制に基づいて、FRBが発行する基軸通貨となった米ドルで、すべての貿易決済、富の創出、豊かさの表示をしてきました。

この米ドルが地球を覆っていたのですが、それが、過剰信用や詐欺・略奪の道具になっていたので、昨年の春から夏、世界銀行を中心にして、新規に、通貨体制を作ることを検討し、基本方針に合意し、それが今年にはいって、実際に始まっている。これは、中央銀行レベルの話だ。日常の場面では、マネーの移動に関して厳しい管理がつづく。電子情報化して、トレーサビリティー(追跡調査)を高め、キャッシュの移動を制限する。

(こうした現状の中で、国際政治では、戦後のFRBの存続を支えてきた政治国家イスラエルは、新たなスポンサーに、強引に、日本とサウジアラビアを引き込んでいる。)

新規の通貨制度では、通貨の発行の権限を、一つのところに絞って巨大な信用枠で管理する、という基軸通貨にするのではなく、 世界の各地での、実物の富の創出に見合った、交換手段としての「実物」に変えていく。

各国で、それぞれ自分が発行する通貨そのものが、単なる数字上での価値だけでなく、実用でも現実にそれだけの価値があって、その実用の価値がほかの地域でも生かされることを前提にする。

 そのとき、マネー自体がきわめて堅い信用と価値の塊で、あたかも金貨のように、それ自体が一つの財産ともなる。ただ、マネーは置いているだけでは、日常は変わらない。個々の人間が、手にしたマネーを使って、こうあったらいいなと、どんどん新しい日常を創りださないといけない。それが人類の宿命だ。

 昨年、カレン・フーデス女史が指摘していたのは、富の「実物」でもあるマネーを、作り出すとのことでした。

この状態に移るとき、これまで、実際に何も富を生み出さずに、金融決済や国家権力を使った信用枠の中で、数字上の「マネー」を得ていた人間は、それまでの資産が、ゼロになりかねない。

 だから、世界の各国や、自分の子分にあたる統治体に嫌がらせをして、ゼロにならないようにするか、どこかで新規に生み出されれる「富」と一体のマネーを、分捕るしかない。

新しい体制への移行期は、米ドルを発行するFRBの周囲に寄生して、戦争でマネーを引き出してきた人間は、それが、どんどんできなくなり、直接的に、自分が属国に取り込んだ国の政府のところに、いつまでも、その国民からカネを引き出させるように、強く連携する。  破壊とテロでの脅し。

 その国の運営者は、代理人であり、まず、自分の経費の確保をすすめ、大ボスのトラの威で、マネーを引き出してきたから、ここに、その国の国民を、どこまでも、これまでどおりすすむと、信じ込ませる。

そのために、マスコミ総動員で、国家権限を、振り回す。

 各個人 に、自分と 国家(権威・制度・暴力)と、大宇宙・大自然・生命界 の関係を考えさせず、

これまでの制度と体制の延長線の上でのみ、未来を見つめている自分に、気づかせない。

そうすれば、永遠に、自分の役職の仕事がなくならず、自分の待遇が変わらないから。

国民には、

  生きるとは、これまでの枠組みの中で、仕事をさがすこと、仕事にありつくこと。

 金がないと何もできない。まず、カネ、カネ、カネ。 自分で、実物の富を生み出すことなんかを考えさせない。

 何かするには、やはり、これまでどおりの国家が必要だ。

国民が、こう思っている内は、これまでの体制は、続きますが、その場合、誰が一番得をするのでしょう。

特に、ローンを組ませると、未来像が縛られ、しかも、返済に追われ、自分の持つ、ほかの可能性は見えなくなってしまいます。

実は、

 昨日の午前中、10時27分、私の住む中野市の居住エリアの数百戸が停電になり、約50分、電気が来なくなりました。なぜ、おきたのか? 原因は不明です。 

  こんなときには、本当に電力については、

 民生用、公共用、事業用 にわけて、それぞれが、発電と送電のネットワークを持つべきだと考えます。

今回停電になったエリアだけでも、自前の発電機をもっておけば、本当に、不安はなくなる。

エネルギーを集中独占させるのが、これまでの国家主義であり、それは、近代化の過程で必要でした。

国家での集中独占が権力を生み、また、国家間では、戦争のタネだったのです。

そして、日常生活では、巨大な富が一部の家族に集中し、地位や特権が世襲されていきました。

マネーと、国家制度での独占が、地位や特権の拡大を促したのです。

 実物の「富」を生み出す人同士で、「富」を相互交換する。連係する。これは、自立・自律の確立です。 

それに対し、エネルギーの独占は、そうした自立・自律を妨げるものでした。そして、収奪構造を作ったのです。

テロ・自然災害・事故・疾病などがどんどん続けば、国家による統一方針では、まったく対処できなくなり、

地域ごとでは、損得を次元の「経済的な生き残り」ではなく、生存を意識した強固な結びつきを確立せざるを得なくなります。

 今の人口の大都市市集中は、あくまでも、マネーだけを追ってきたことの結果なのです。

 実際の生命界のイノチの体系から離れた、巨大な共同幻想が生んだ欲望と騙しのシステム。

私は、もうすぐ、巨大なクラッシュがくると予感します。

日本ほど、租税と補助金体系に代表される官僚システムや、列車の定刻運行にみるように、ハード面の機能が、これほど緻密に組み立てられている国は、ありません。

しかし、そうした国家システムで生まれた富(マネー)が、宗主国であるアメリカの戦争屋や人造政治国家イスラエル、そして、明治維新以来の既得権の世襲一族に、ただただ搾り取られるだけであったのは、本来なら、 国家の主体者である、主権者の私たちが、目先のカネだけをみて、「お上」を統治する立場になるとは考えてこなかったためなのです。

 一方、戦後のアメリカ、そして、日本の権力の裏側で、ひどいウソが続いてきたのですが、それがばれだしたら、既得権益者側は、何かをするのでしょうか?  自分たちにとっての都合の悪いこと(悪事の事実)を壊すことで消し去り、自分たちの責任を回避し、 それでいて、またまた国家権力を残そうとするでしょう。

権力者は、、自分の立場、特権を温存延命させるために、わざと、悲劇を起こすことがあるのです。

で、最後に、今、ここでいう、権力者とは、日本の場合、だれでしょうか?

イスラム国をつくりだし、その存在の実態を、まるで教えない国家の中枢の人間と、そして、イスラム国があることで、マネーが儲かると言って、喜んでいる人間です。

 権力者側からの、自分の存続のため、意図した破壊の暴力と、

 日本に本質的な新生を促したい、とする希望の力が、同じベクトルをむいたときに、大事件がおきます。

 大事件とは、磐石と思われていた巨大なシステムの破壊です。特に、これまで、絶対大丈夫と信じていたものが崩れていく事件です。すでに、未曾有の原発事故が起きているのですが、この国家のシステムは、その被害の重大さを伝えないことで、自らが存続しているのが現状です。

 しかし、これからおきる事件では、これまでの国家の統治システムを本から変えるかしないところ、つまり、自立自律するしかないとことろまで、私たちの日常生活が、追い込まれるのではないでしょうか?

 国民を疲弊させながらも、原発事故をおこした東電に、大量の国家資金をつぎ込み、しかも、株主に配当を出すような国のあり方を、 地球全体で見て、いつまでも、許しておくのか、ということです。

 原発事故が、何もなかったようにして、いまの日本の国家システムは、回っていますが、

ここに、引導を渡されるときが、もう間近に来ている。

備えるしかありません。

個人としても、家族としても、地域としても。そして、富を生み出す、それぞれの企業体としても。 

GWまで安倍政権がつづくのか?日本が中東に関わり、さらに東アジアが安定化か。

昨日、7日のTBSニュース です。

>安倍総理のゴールデンウイーク期間の訪米について、スーザン・ライス大統領補佐官は「国賓級待遇で迎える」と発表しました。一方、中韓両首脳の訪米も同時に発表しており、アジア外交でバランスを重んじるオバマ政権の姿勢がにじむ発表となりました。 

 「日本の安倍首相と中国の習近平国家主席を国賓として招待したことをお知らせいたします」 

ホワイトハウスで外交・安全保障を統括する国家安全保障会議=NSCの議長を務めるスーザン・ライス大統領補佐官は6日、このように述べ、安倍総理を国賓級待遇で迎えると発表しました。
 ゴールデンウイーク中に行われることが内定している安倍総理の訪米をめぐっては、現在、日程や行事内容の調整が続けられています。国賓級とは国家元首に準ずる待遇で、歓迎式典や大統領主催の晩餐会、共同記者会見などが開かれ、総理大臣としては最も格式の高い待遇を受けることになります。日本の首相が国賓級でアメリカに迎えられるのは、2006年の小泉首相以来、9年ぶりです。
 一方、ライス補佐官は、中国の習近平国家主席を国賓として迎えることや、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪米も同時に明らかにしました。日中・日韓関係の緊張が続く中、バランスを重視するオバマ政権の姿勢がにじんだ発表となりました。(07日09:48)

・・・今の安倍政権は、「モノ言えば、唇寒し」といっても、戦前のように、憲兵隊が来るわけではない。巧妙で強圧的なメディアコントロールと、マネーの力で、「羊さん」たちを、意のままに動かしていく。

 日本国民はイスラム国のテロにさらされることになったが、 オバマにも、安倍にも、周近平にも、さらに、ネタニヤフにも、あるところ(李さんや親神)から、人類進化のシナリオに沿った「指令」が出ている、と考えるほうがいいかも。

 残念ながら、今の人類の国際政治は、国家単位で動いている。 国家は暴力装置だからだ。

今の中東のイスラム国の占領地域は、1万年前に、小麦で最初に農業を始めたところにちかく、チグリス・ユーフラティス川の下流域では、6000年前にシュメール文明がおきた。これは自然を破壊し、収奪する文明だった。

 日本列島の縄文時代とは、人間の生き方(情報処理の仕方)が、対極のところだ。

 ここに、フセインの死後にスンニー派があつまり、それを世界中にテロをまきちらす集団へと、アメリカとイスラエルが作り上げ、そこに一年かけて、天皇のいる日本の政府と国民が、無関係ではいられなくなる状態にもっていかれた。

 見えない放射能と電磁波、さらに、PM2.5や農薬、遺伝子組み換え食品にワクチンなどの薬害、さらに、ネットには人間を劣化・鈍化・獣化させる周波数があふれ、これが、「自然死」での人口削減に使われる。

世界は、急速に一つになるが、 マネーばかり追いかける人間に、どこに、希望があるのだろう。

国家やマネーの下僕にならずに、自分自身がまず生き残り、新世界創造の種になる、と決意しよう。 

 明哲保身。  逆らわず、従わず、依存せず。

とにかく、明るく元気に生き残れ。 健康を維持する確率を、少しでも高める生き方を心がけて。 

もし、湯川・後藤が生きていれば、イスラム国・ヨルダン・トルコ・イスラエル・日本政府・アメリカ・イギリスを、全部コントロールしている集団がいることになる。

 どこに、導くのか?

イスラム国が、アメリカやロシアと核戦争ができるわけではない。もちろん、日本とも。

ただ、五月までに、また、いろいろな「事件情報」が造られて行くのだろう。

戦後の日本は、アメリカの特別行政自治区。

 経済活動は、自主的にしてきたようだが、 安全保障は、アメリカの手の中で、もがいてきた。

「お上」が演出する時事の「現象」に隠れながらも、自分が調和の核になって、確かな「現実」をつくるしかない。

もしかして、後藤さんのトルコへの引渡しがほぼ決まるときに、どこかから「殺害」司令が出た?

 後藤さんの最後の写真、やはり、おかしい。http://reptilianbuster.blogspot.jp/

そして、トルコ政府が、最後まで、二人の解放に尽力していた。http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015020501001964.html

そして、後藤さんは、29日には、もう拘束状態でないと、イスラム国が発表したという。このとき、後藤さん本人は、どうも、トルコの国境付近にまで、つれてこられていたらしい。

しかし、すでにパイロットの身柄問題が出ていて、ヨルダン側がもめて、そして、31日に後藤さん殺害だという。

そのパイロットは、1月3日ときに殺されていた、というから、 これは、後藤さんの解放の見込みがでたときに、 わざと、死亡の情報が持ち出されたのか。

 それにしても、1月20日からの映像を、すべて、フェイクではない、としている日本という国家・政府は、一体、何を考えているの?

 ます、ます、信用をなくすばかり。

そして、「日本と密接な関係にある他国への武力攻撃で日本の存立が脅かされ、日本国民の生命や権利が根底から覆される明白な危険がある場合」であるなら、新しい憲法解釈でも、武力行使ができるというから、  

やはり、「国民の生命や権利が根底から覆される明白な危険」が、どこかで、おきるというのか。その実行犯は、イスラム国?

「911」はブッシュ政権の自作自演だったが、日本でも、そんな事件が起きるのか?とんでもないね。

今月末に東京マラソンがあるが、なにか、起きるのか? 二年前の4月には、猪瀬都知事が参加したボストンマラソンで、変なテロ事件が起きたのを思い出す。

そもそも、1月20日からの映像は、いったい、誰がどこで撮影し、どこから、ネットにアップされたのだ? こうゆう冷静な検証を、今の日本政府と大手メディアが一切しないのは、なぜなのだ? 

1月27日に、後藤さんが最後のメッセージをだしたとき、http://toyokeizai.net/articles/-/59138

すでに、実際にはヨルダン人パイロットはイスラム国で殺害されていたが、そのパイロットを釈放させるためとして、サジダ・リシャウィーが交換条件になっていた。このあと、パイロットが死んでいると、ヨルダンが解れば、もう、交渉はなくなってしまう。

後藤さんの最後のメッセージから、後藤さんの死、安倍の1日の「絶対に償わせる」発言まで、背後に何があったのだ?

 推測を言うには、重すぎる。 なぜ、国家・政府をあげて、きちんと検証しないのだ!!

安倍と外務省はオバマを見ずに、戦争屋マケインを見ていた。これをネタニヤフは歓迎。しかし、それがどれほどISISを刺激したか。

ネタニヤフとアッバスは1月11日のパリでの、反テロのデモに参加していた。

このときの状況は、23日のイスラエルの新聞HAARETZでは、こう書かれる。http://www.haaretz.com/news/diplomacy-defense/.premium-1.638581

The other day Prime Minister Benjamin Netanyahu declared that a wave of Islamism, anti-Semitism and anti-Zionism was washing over Western Europe. (先日、イスラム教、反ユダヤ主義と反シオニズムの波が西ヨーロッパに打ちよせていると、ベンジャミン・ネタニヤフ首相は宣言した。)

そして、そうした中で、日本の安倍は中東訪問した。しかし、このとき、イスラエルとアメリカのオバマ政権の関係は低調だった。(簡単にいえば、オバマは、イスラエル支援を嫌っていた)。  新聞は書く、

Meanwhile, shortly before the troubled relationship between Jerusalem and Washington hit a new low, Japanese Prime Minister Shinzo Abe visited Israel as part of a trip to the Middle East.(こうした中、エルサレムとワシントンの困った関係がさらに低調になる前に、日本の安倍晋三首相は中東への旅行の一部としてイスラエルを訪問しました。)

しかし、このイスラエルの新聞は、湯川・後藤の動画がネットに投稿されたあとに発行さてたもので、そこには、isisのことは一言もふれないで、安倍晋三によって、起業が始まった国家(イスラエル)と日本との「厳密な経済連携」が始まったと書いている。

For Shinzo Abe in Israel, it’s strictly business

Well, not entirely, but the Japanese prime minister isn't linking success in the peace process to Tokyo's economic ties with the startup nation.

イスラエルはアメリカのオバマとは昨秋からうまく行っていなかった。米政界は、イスラエル右派に牛耳られ続ける共和党主体の米議会と、イスラエル支配(過剰関与)を脱却しようとするオバマとの政争が激化し、一枚岩でなくなっていた。

安倍は、ビジネス拡大を目指すイスラエルにとって、オバマのアメリカに替わる、提携先=金ずるとして期待されていた。その上で、本音では、ISISとの戦闘に加わってくれることを望んでいた。

安倍は中東訪問で、17日にエジプトのカイロで、「すべての支援は、ISISの脅威を減らすため」と言い放ち、さらに、19日は、イスラエルで待ち構えているアメリカ共和党のマケインとあってしまった。その日の夜は、ネタニヤフとの会食である。

 

 安倍は、中東に戦火を広げにきた、と映ったのは、当然だった。

エジプトで、ISISの脅威を減らすといったときも、湯川・後藤の二人がISISに拘束されていることは、知らぬはずはない。

 日本の外務省、安倍政権は、完全に彼らを見捨てていたのである。 

これでは、人道支援も何もないでしょう。  

17日のカイロでの発言が、イスラエルと組んで、ISISを潰すための支援だったのだ、と、ISISは捉えた。

そして二人の動画は、20日にあがった。 

しかし、イスラエルは、安倍の中東訪問は、ビジネス支援だと、いい放つ。

安倍の中東訪問は、ISISに、日本をテロの対象にすることに決意させることになったが、 このことで、パレスチナとイスラエルの紛争をより小さな問題として後回しにさせ、これが、結果として沈静化させることになるのかどうか。

 ユダヤ対イスラム という対決ではなく、  有志連合 対 テロ武装集団 の構図になり、、

 安倍は、「償わせる」といって、日本が、英米と同じ立場になってテロ戦争に対処すると、表明してしまった。

これが、今の日本政府の立場だが、当然、日本人は、世界中どこにいても、テロの標的だ。

今まで、何のために、平和憲法を持ってきたのか? この精神を、国策としても「天地の次元」で生かすのが、これまでの歴史を学んだ、人類に責任ある日本ではないのか?  いまが、まさに、瀬戸際。

報復の連鎖を止め、私たちの平和を愛する心を示すのなら、そして、自由な言論の場を求めるなら、

とにかく、  「 I am not  Abe 」  を、掲げないといけない。

 日本が、戦争屋が主導する20世紀型の国際政治の中で、主導権をとることは、世界中の誰からも求められていないでしょう。その姿勢「Abe-style」であるかぎり、 個々の人間のイノチは、潰される。

 その場だけの、大言壮語の口先と、業界の利益しかない安倍。 こんな生き方も、絶対にしたくはない。 

安倍政権が続く限り、 原発放射能モレモレだけでなく、テロの危険もどんどん増大し、外国人旅行者も減って、景気はますます落ち込むでしょう。

【お知らせ】『皆神塾・東京』(1月25日開催)のDVDが出来上がりました!!

 大変お待たせしましたが、1月25日開催の『皆神塾・東京』のDVDが出来上がりました!!

今年の日本と世界の動きを読み解く2015年最初の皆神塾DVDです。 

イスラム国への安倍首相・日本政府の対応は大変残念な結果となってしまいましたが、そのうらで何が起きていたのか?るのか?

年頭所感で示された陛下と王族会議の重大決意と、それに対して安倍首相が行っている事は?

年初から大きく動く世界情勢を解説する大変タイムリーな内容になっています。よくまとまっていて、わかりやすい内容で<特にお勧めのDVD>です。 

全編で「2時間23分収録」(143分)のDVDです。 

販売価格は、2月末までにご注文いただいた方については、通常価格6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。)

内容などの詳細は次のリンクからご覧ください。→ 瓊音ショップ・皆神塾DVD150125 

講演内容:『年頭所感で示された陛下と王族会議の重大決意を読みとく。

                       ~「梅」とサンカは、田布施マフィアと徒党を組む「蚊柱」を許さない~』 

レジメ: 

1)       年頭所感と昨年末の総選挙。「次世代」を消した。NSCと特定秘密保護法

満州事変から見直しを真剣に国民に求める。戦後教育で欠落した視点 

2)       文明史的転換・・・トヨタが燃料電池車の特許を無料公開

         「希少資源の権威的分配」の終わり

             昨年9月にロックフェラーが資源から撤退。原油安 

3)       昭和天皇の命日にパリでテロ。11日、ヨーロッパ・アフリカで大規模反デモ

         ネタニヤフとアッバスも加わる  

4)       14日、歌会始 ・・・今上陛下の決意  

         この二年間、自民党と官僚・財界は天皇をどう扱ったか?

             (主権回復式典 大飯原発 足尾鉱山 山本太郎 オバマ来日) 

5)       アベノミクスの失敗隠しで、「地方創生」資金のばら撒き

15日、スイスフランが、突然の大暴騰。そして、円買いの始まり

「カネだけを追うことは、いい現実を創らない。真の人類の仕事ではない」 

6)       世界を俯瞰する外交…中韓露と親和せず 

武器のセールスマンになった中東外交の置き土産

         一方、オバマの一般教書演説で、新自由主義からの脱出 

7)       安倍をみつめていたイスラム国と天皇・王族会議

         サウジのアブドラ国王の死去 

8)       英誌エコノミストの表紙に安倍はいなかった。二年前は「スーパーマン」

         ヤタカラスの奥にいるもの。月の親神、世界の英知。 犬、ロゴスの意味 

政治の年になる:

スメラミコトやイエス・インマヌエル、シャカ・ムニを、マネーで穢してきた

神社界や宗教界にも清算が始まる(神社本庁は?)。もちろん、アカデミーにも

原発マフィア、医療マフィアは実像が晒され、消えていく 

 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

 

150125_皆神塾・東京_DVD写真.jpg

2年前に書いた内容から。強引に「日本」を世界人類の問題に直面させるのか?!

 

2年前の2013年2月6日に、「京の風」で書いたことを一部再掲します。http://www.k2o.co.jp/blog2/2013/02/post-839.php

この2年間で、どうなったのか? あえて、イスラム国を強大化させ、それに対し有志連合とつくり、 そこに、日本を参加させ、世界を一つにしてきた。

 「中東の安定、最終決着に、日本を関わらせる」。

結果としてみれば、これが、強引に発動された、ということなのでしょう。

一方、特殊資金の話は、今は、通貨の根本的な政策変更に移っています。

今、マネーは、これまでのやりかたでは、どんなに発行しても、格差を広げるばかり、との議論になっています。

今年の政治の大きな課題: イスラム国のテロ と 自衛隊派遣権 と 憲法9条。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3)世界が学ぶ、日本の裏技。

21世紀に入って世界中を大混乱に陥れたサブプライムローンの、その最初のアイデアは、日本でした。20世紀末に始めた「ゆとりローン」が起源でした。日本人は、その場しのぎの対処方法(正確に言えば、ゴマカシ、先送り)をひねり出す才能があるようで、これは金融についてもそうで、財務省の人間は、そんなアイデアを発見したのでしょう。

戦後の日本経済の安定発展の特徴は、通常言われるのが「年功序列、企業内組合、護送船団方式」ですが、 この裏には、特殊資金(M資金)と、株式の持合がありました。

特殊資金は、大手企業(物ツクリメーカーかインフラ企業)が大規模投資をする時に、そこに資金を貸し込んだ民間の金融機関が万が一、債権回収が出来なくなった時に、そのときの引当金を、会社の経営者個人の「与信枠」から極秘に引き落とすものでした。事前に、大企業のトップ個人に、日銀にある別会計の特殊枠から巨大な「与信」を与えるのがこの仕組みでした。この主管轄は大蔵よりも法務省でした(今、法務大臣は元財務大臣だった谷垣氏です)。日本国家の中に、政府の枠を超える特別なウルトラリッチの一族(これは明治維新後に政治的に作られた)がいて、そこからの資金が回された、という形だったのです。

 今回のアベノミクスがこの次元にまで手を突っ込んでいるのかどうか、まだ、分かりません。類推だけです。

ただ、今の世界のグローバル化のなかで、「文明のスタンダード」(注:これが私が考え出した概念。言語宗教人種に関係なく、人間であれば、誰でも求める物的な快適環境。プライベートの確保、空調、通信(電話・テレビ)、清潔な暮し(蛇口から温水)の5条件を指し、かつては奴隷労働によって王侯貴族が享受していた環境を、工業力によって誰もが達成できるようにすること)を広めることがフラット化であり、 この工業力を均等に(安価で)世界中に展開するという意志が、世界の管理者にあれば、まず、地球規模での最適生産体制を考え、そのために、日本の戦後の経験が生かされることになります。

 果たして、どうなるか?

4) 「人類の運命に責任を持つ日本」への脱皮? 

そして、最後にイスラエルのこと。 キッシンジャーからは、昨年「あと10年もすればすれば、イスラエルはなくなる」といわれていますが、今、国家の存在を直接、脅かしているのはイランです。そのイランの各施設をとにかく爆破したくてしょうがないのがイスラエル。そのために、レーダーに引っかからないステルス性能をもつ、アメリカの最新戦闘機F38の配備を望んでいます。一方、アメリカはこれを売りたくてしょうがないが、ここで、一つ問題が出来てきた。そこでは武器の輸出三原則をもつ日本の部品がF38に使われていること。「三原則」に抵触するとは、つまり、日本の同意(国会?内閣?)がないと、アメリカは、この戦闘機をイスラエルに売ることができないと。

 本来のアメリカなら、こんなことに、いちいち日本の確認を求めなかったと思うのですが、「311」の件で、申し訳ないと思っているからなのかどうか、今、アメリカは、この問題を日本の「政治」に委ねています。

 つまり、「中東の安定、すなわち、最終決着に日本が関わるのですよ」と。これは、王族会議の意志でもあるのでしょう。

 今のイスラエルは戦後の1948年にできた人造国家です。では、一方のイランは? 実はこの国は、ササン朝ペルシャ崩壊後のイスラム支配の中でも、バビロンの捕囚後のユダ族の血を引き継いだものたちがいます。

 では、私たち日本は、どうなのか? 

 私の研究成果では、もちろん、もっとも正統なヘブライ人、そして、ユダ族が入り込んだのが日本列島です。そうしてできた国が大宝律令成立時の日本国です。ただし、明治維新後の「万世一系」と「皇民化」での世界展開に失敗した日本の奥の院が、今、再度、世界の改変を目指しているのかもしれない、と私に感じられてしょうがない。

しかし、ここで、奥の院のジイサマたちや、スイスにいるサンカの大元さまに、どうしても話しておきたいことがあります。本欄をみているかどうか分からないけど。

6000年前に、日本列島でヒスイを持ち合った縄文ヌナカワの感性、イノチのヒビキを常に感じあう日常生活を絶対に忘れないで。

シュメールから始まった文明は、肉体の機能を補うだけのもの。そこには、この世にいきるときの「快適さ」があっても、人間として生きている「幸福」と、人間に生まれてきた「意味」の実感はない。マネーは単なる媒介であり、道具であるから、これを使って、この現実世界に、何を実現するか。 

 イノチ(の連続性)を壊し、ウソとマヤカシだけの現実では、何の意味もない。貴方たち自身もご先祖様から叱られることになりますよ。人間としての創造的な活動が営まれず、この地球の現実空間では、魂を揺さぶる色とりどりの感動なんか、全然、増えていかない。この地上が、アメリカ映画のドタバタだけでいいのなら、70億人がいるこの地球上で、どんどん人間の生死を弄ぶがいい。

 しかし、貴方たち自身が、幾重ものイノチの色鮮やかな華が咲き誇った現実を、この地球上に創りたいのなら、常に、各国の権力者、そして巨大な資産を持つものに厳しく当たれ。さらに、弱者を甘えさせたり、ごね得を許すのではなく、地域ごとの相互扶助の機能を国家とは離れて生み出すことを促し、自然と一体化した「文化感動」を形にすることに限りなく支援してほしい。 パチンコやネットゲームなんて、自然と離れるばかり最低の遊戯だ。

 地球全体の芸術化。 その手本をしめすのは、まず、日本でしよう。

工業化が得意な日本企業は、あくまでも、道具ツクリにすぎない。大切なのは、その道具の中で行きかうソフト。そこに常に、リアルな生身の人間の「感動」が溢れ返ること。このときに、マネーに媚びたマヤカシは、あってはならないこと。今の日本の大手メディアの姿勢は間違っている。芸術は、いつも生きている意味の表現と一体のもの。マネーだって人類が作り出した道具に過ぎないのだから、上手に使うべし。

 ジイ様たちも生身の人間。当然、分かっているはずでしょう。屍と環境汚染だけの地球なんて魅力ないしね。まあ、日本の場合、不比等直系の近衛家も、邸宅を杉並区に提供したわけだけど、器のハードよりも、今度は、ソフトを考えましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・転載終わり・・・・・・・・・・・・・・・・

ps: 3日には、アメリカのケネディー大使が、北海道のアイヌ民族博物館を訪問している。   http://www.yomiuri.co.jp/national/20150203-OYT1T50163.html

キャロライン・ケネディ駐日米国大使は3日、北海道を初めて公式訪問し、白老町のアイヌ民族博物館を視察した。大使はアイヌ文様の民族衣装を羽織って、出迎えた高橋はるみ北海道知事と懇談。アイヌ古式舞踊を見学したり、花ござ製作を体験したりした。同館内を案内した野本正博館長によると、大使からは「地元の人々が運営している博物館の活動はすばらしい」と言葉をかけられたという。民族衣装は、「世界人権デー」にちなんで2013年12月に東京の大使公邸で開かれたレセプションの際、北海道アイヌ協会の加藤忠理事長(白老町)から贈られた。

   

湯川・後藤の二人の遺体は、いつ帰るのだろう。今日は節分。

「 自衛隊を世界中に派遣したい。」

これが、今の日本政府や、国家の大本の人間たちの方針だとしたら、今回の二人の功績は、大となる。

二人の殺害写真が、真実であるのか、まだ、生きているのかどうか?

 生きていてほしいが・・・・。 そして、真実を、語ってほしいが・・・。

これにかかわらず、世界中の日本人が、英米と同じく、イスラム国のテロリストに狙われる事態になった。

これは、間違いない。 というか、こういう認識で、国際政治も日本の政治も動く。

日本だけが、島国で、特別な平和な国だ、ということではなくなった。

その島国の日本が、マネー中心で、放射能や電磁波、抗がん剤で、イノチをどんどんすり減らしても、

業界の利益を最優先にするのが、今の日本政府。

 今日は、節分。  

一体、何が鬼なのか? 福なのか?  

 

ps: お知らせ  次回の皆神塾は、 2月22日(日)、大阪 です。

「日本人に対する新たなテロを防ぐために安倍は辞任すべき 」これ賛成です。

 2チャンに以下の意見があった。私の見方と同じで、賛成です。

475 : 議論中@転載は禁止:2015/02/02(月) 01:33:44.44 ID:OxHc9WCd0

   日本人に対する新たなテロを防ぐために安倍は辞任すべきだ 

   中東でイスラム国を挑発するような発言をした 

   安倍が首相の座に居座り続ける限り日本はテロの脅威に晒される 
 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

湯川が武器を携行して8月にシリアに入ってイスラム国につかまり、10月に後藤が助けにいったことを知りながら、何もしないで放置していた安倍政権。そして、解散総選挙。

結末は二人の死。この間、天皇陛下は、年頭所感で危惧を表明。しかし、それも無視して、1月7日のパリのテロ事件のあとも、中東訪問を実行。このとき、対イスラム国で、支援するといって、軍装品のメーカーなど26社をつれていく。

 これが刺激や挑発でなくてなんであろう。テロの目は、全ての日本国民に向ってしまった。

これが、国家安全保障会議のすることか?  谷内正太郎が無能であること。そして、背後にいる日本国内の軍事拡大派は緊張を拡大化させることには成功したが、テロの種を増やしたことで、世界中からバカモノ呼ばわりされるという大きな墓穴を掘った。軍装品を売りたいがために、日本国民全体を標的に変えたのが経済界。

 安倍はすぐに辞職し、経済界の人間は、全員、頭をまるめろ。

そうすれば、少しでも、テロの火種は小さくなる。 

ここで、さらに、自衛隊を派遣するとなったら、テロの火は、さらに大きくなって日本人に向かってくる。

以下、孫崎さんの見方をよくかみしめて、自民党は、すぐに対応すべし。 村上誠一郎、出番だよ。

 全ては、憲法を護れ、といっていた天皇を無視して、天地の現実を見ないで、カネのために動いたことから始まっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【イスラム国】元外務省・孫崎氏がイスラム国への対応を批判「安倍首相の発言が引き金に」©2ch.net

1 :くじら1号 ★ 転載ダメ©2ch.net:2015/02/02(月) 08:49:52.03 ID:???*

過激派組織「イスラム国」による後藤健二さん殺害事件をめぐり、元外務省国際情報局長の孫崎享氏は、ハフポスト日本版の取材に対し、 
「今回の事件で一番、重要なことは、後藤さんがイスラム国に何か危害を与えて殺されたのではなく、日本人であるが故に殺されたことにある」 と指摘した。 
そして、安倍首相が1月中旬に中近東を訪れ、イスラム国への敵対姿勢を明確にしたことが事件の引き金になったとの見方を示した。 

孫崎氏は、安倍首相がエジプト訪問の際に「ISIL(イスラム国)がもたらす脅威を少しでも食い止めるため、2億ドルを出す」と表明したことを問題視。  

今回の後藤さん殺害事件後にも、安倍首相が「テロリストたちを絶対に許さない。その罪を償わさせるために、国際社会と連携していく」と述べ、 イスラム国を中心とした過激派組織との対決姿勢をさらに打ち出したことから、今後も日本人や日本企業がターゲットにされて攻撃される可能性が高まった、と孫崎氏は指摘した。 

また、イスラム国には、フランスから約1200人、イギリスとドイツが各約600人、中近東からはモロッコが約1500人、リビアが約600人、エジプトが 約360人などといったように、欧州や中近東、北アフリカ、インド亜大陸など極めて広範囲な地域からテロリストが参加している点を重視。

「かりにイスラム国が抹殺されたとしても、それぞれの自国でテロ活動をする可能性が高い。武力で制圧することは基本的に難しい」との認識を示した。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考:  安倍の挑発文について  http://blogs.yahoo.co.jp/pongisayoku から。

1月24日夜に公開された新たな声明文で後藤健二さんは、
音声のメッセージで、安倍首相を名指しして「湯川さんを殺したのはおまえだ」と主張している。
安倍内閣の不手際や失策で湯川さんが殺害されてしまったではないか、というのではない。
湯川さんは、安倍内閣が利権拡大のために殺害させたのだと、後藤さんは言ったのだ。
 
安倍内閣は既に年末に身代金要求の詳細を逐次把握していた日本政府の出方によっては日本国民二人は殺害されることは分かっていた。
すべて分った上で安倍は、去る1月17日、訪問先のエジプトで中東政策について演説をした。
安倍の演説英文は巧みな挑発に練り上げられていた。
「・・・We are going to provide assistance for refugees and displaced persons from Iraq and Syria.We are also going to support Turkey and Lebanon.
All that, we shall do to help curb the threat ISIL poses.・・・
 
「その支援はすべて、ISILがもたらす脅威を食い止めるのに役立つためにすることだ
支援の目的はすべて対イスラム国政策なのだと・・・。」
 
イスラム原理の正当を叫んで暴走するISILがナイフの切っ先を日本人に突き刺すしかない状況を生み出すために 安倍は8500kmの地に乗り込んで挑発演説を行ったのである。
 
 All that、、早くやれよ、と安倍は言ったのだ。
 
その直後の20日に、「イスラム国」と名乗る組織によって、日本人2人の人質の映像が公開され、72時間以内に身代金2億ドルを払わなければ殺害すると警告された。その後、日本国民の一人が殺害された。
1月27日今国会で安倍極右内閣が成立をめざす安全保障法制との関連について、政府内で記者会見や国会質疑の想定問答集が作られていたことが分かった
 
今回の事件は、法が整備されれば人質救出のために自衛隊を海外に派遣できるようになるとしている。
日本人は世界中のどこにもいるから自衛隊はどこにも突入して行くということだ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・こうした状況下、後藤さんは殺された。

そして、テロの牙は、全日本人に向くことになった。 安倍は、自分がしていることが周囲にどんな意味と影響をもたらすか、自分で考える能力がなく、お仲間たちと官僚の意見に従うのみ。そして、官僚原稿を、ただ、読むのみ。日本の安全保障のトップに指名された谷内は、こうなるのを知っていて、この原稿を読ませたのか?

カネに狂っている人間は、どこまでも、日本国民のイノチを削って行く。そして、国家の名誉をかたりながら、これまで築き上げた平和の遺産を徹底的に破壊する。

高級料理で接待されて丸め込まれ、安倍に対する批判が出来なくなったメディアにも、もちろん責任はある。

とにかく、エコノミストの表紙のように、一刻も早く、安倍には、消えてもらうこと。これが、日本国と日本国民のためである。

後藤健二さん、殺害か。日本は「有志連合」により深くのめり込まざるをえなくなる。

 後藤さんが殺害された。今朝は、このニュースでもちきり。(下に朝日新聞ニュース)

本当なのか? 交渉決裂で、死んだことにしたのか? まだ、真相はわからないが、

これからの国際政治は、湯川と後藤の両名が死んだという前提で進められることになるのでしょう。

二人の日本人が死に、さらにまだ、何人もイスラム国にいる。 日本人を人質に取ることは、今後も簡単です。

自衛隊はともかく、これで日本国としては、中東に、より強固で緻密な情報網をつくらなければならなくなります。

イスラム国からのテロの魔の手が、日本国内にも向うのか? 

 クソコラは許さん、と? ・・・これは冗談だな。

問題の本質は、昨年から始めていた安倍政権の中東政策、イスラム国の挑発に、原因の全てがある。

中東地域にでている日本企業に対し、どんなことが起きるか解りませんね。 日本国内の戦争屋がほくそ笑む?

http://www.asahi.com/articles/ASH1T5RC5H1TUHBI01G.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後藤健二さん殺害か 「イスラム国」が新たな動画2015年2月1日06時48分

 

過激派組織「イスラム国」による人質事件で、拘束されたフリージャーナリスト後藤健二さん(47)=東京都港区=とみられる男性が殺害される様子の動画が日本時間1日早朝、インターネットに公開された。新たに公開された動画の題名は「日本政府へのメッセージ」。後藤さんとみられる男性がひざまずき、横にはナイフを持った黒ずくめの男が立っている。男が英語で、日本が「イスラム国」と戦う連合に参加したことを理由に後藤さんを殺害するなどと語り、最後に「日本にとっての悪夢を始めよう」と言って、後藤さんの首にナイフを突きつける場面で映像が暗転。その後、男性の遺体が映し出される。映像の左上には、「イスラム国」のメディア部門のロゴが映し出されていた。

菅義偉官房長官は1日午前6時に首相官邸で記者会見を開き、「このような非道かつ卑劣きわまりないテロ行為が再び行われたことに、一層激しい憤りを禁じ得ない」と述べ、関係省庁に情報収集などの対応を指示したと述べた。

安倍晋三首相は首相官邸で「テロリストたちを決して許さない。罪を償わせるために国際社会と連携していく」と語った。

後藤さんは昨年10月、トルコ経由でシリアに向かい、「イスラム国」の支配地域に入ったとみられ、その後、連絡が取れなくなっていた。

 1月20日に公開された映像では、後藤さんと会社経営者湯川遥菜(はるな)さん(42)=千葉市=が人質になっている様子が確認された。黒ずくめの男が日本政府に対し、72時間以内に身代金2億ドル(約236億円)を支払わなければ殺害すると警告。同24日深夜には男性の遺体の写真を持つ後藤さんの画像が公開された。「イスラム国」側は、遺体を「湯川さんだ」と説明、後藤さん解放の条件を変更し、2005年にヨルダンで起きた爆破事件に関与した女性死刑囚の釈放を求めた。

 27日深夜には、改めて女性死刑囚を24時間以内に釈放するよう求める内容がネット上に投稿された。29日にも、イラク時間の同日日没(日本時間同日午後11時半ごろ)までに釈放を用意するよう要求する音声が公開されていた。

 日本政府は、ヨルダン政府などと連携して解放を目指していたが、31日まで、事態が膠着(こうちゃく)していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記 :メッセージと映像です。

 https://vid.me/g7sl

バカとハサミは使いよう。戦争屋に何もいえない日本の権力者に日本の庶民はクソコラだ。

イスラム国は、王族会議にまで、要求を突きつけたら、とんでもないことになるよ。

人類の管理者と直結するところだから。

そして、心優しい日本人は、カネに目が目がくらんでいる卑怯者の日本政府・権力者にかわって、

イスラム国の奥にいるワルドモを、直感的に見抜いて、クソコラをぶつける。

https://www.youtube.com/watch?v=vkxpC9ZIGmw

https://www.youtube.com/watch?v=rY8qNaTMu2g

http://totalwar.doorblog.jp/archives/42569105.html#ISIS

https://www.youtube.com/watch?v=fQ4mYW35cY8&feature=youtu.be

https://www.youtube.com/watch?v=7YtYk6NLDko&spfreload=1     

  ここにあった投稿コメント(ホントかな?):   kaMusumeTheInvader 

  「空母の集中運用で多くのアメリカの戦艦を沈めた真珠湾攻撃は世界中に衝撃を与えた。                       時は流れて2015年、中東で日本人が人質にとられた時、平和ボケした日本人は再び世界を驚愕させた。 

 なんと、彼らはフォトショップでテロリスト集団に戦いを挑んだのである。
当初、「奴らはクレイジーだ」と言っていた欧米人も、この戦法の有効性に気付いてフォトショップを大量に購入したとの噂が流れている。
また未確認情報では、モサドが日本に諜報員を派遣して萌絵の書き方を学んでいるそうだ。そしてテロリスト達の間では「日本に手を出すと世界中の笑いものになる」と言われ恐れられているそうだ。」

 クソコラ万歳。    

 ・・・しかし、まだ、イスラム国に、日本人が入り込んでいる。この人間たちは、どうなるのか?

 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156796/2

« 2015年1月 | メインページ | アーカイブ | 2015年3月 »

このページのトップへ

最近のコメント