2014年12月/新井信介 「京の風」バックナンバー

2014年12月

年末年始にお奨めです。『日輪の遺産』。昨日、DVDで二回じっくり見ました。

 こんにちは。

浅田次郎の小説の映画化です。『日輪の遺産』

 https://www.youtube.com/watch?v=U9dPgv96HM0

 http://www.ne.jp/asahi/gensou/kan/eigahyou64/nichirinnoisan.html

311の年に公開されたこともあり、あまり、メディアでは話題になりませんでした。

「ポツダム宣言」受諾のまえに、日本の大本営で何があったのか?

 この映画の冒頭で語られる、

  「皇軍は負けても、日本国は滅びない」

そうやって始まった日本の戦後ですが、今、ほんとうに、おかしな状態になっています。

 劇中では、マッカーサーがフィリピンで集めた財宝を、山下奉文が奪ったという前提にしていますが、これは、19世紀から始まった各国に中央銀行を作らせる国際秘密力、落合莞爾氏が指摘する「金融ワンワールド」の一環の中の、ほんの一部分の出来事です。

日本列島から流出した「金塊」は、各国に中央銀行を創るときのベース財源として使われ、戦後の日本経済を復興させるときには、マッカーサーは昭和天皇との打ち合わせをすすめながら、これを元に、多くの特殊資金(その中にM資金や橘資金がある)を生み出し、市中に出回らせて、使わせました。

 今、その特殊資金を使わせた人間の直系の関係者たちが、ハワイで17万トンの金塊を管理し、新通貨制度への移行を始めています。

 このとき、これまでのFRBが発行した米ドルをどうするのか、そして、日銀をどう生かすのか? この主導権は、放射能禍にある日本の発言力がもっとも強まっていると考えられ、それが日本国の現政権では、 「福島はもう大丈夫」というマインドコントロールをかけることで、体制維持を進めているのです。

 この一方で、海外では「日本ブーム」が始まり、安倍政権の3兆5千億円のバラマキで、アベノミクスの破綻を隠そうとしています。

 映画『日輪の遺産』を見て、やはり物足りないと感じてしまうのは、天皇と国際金融の関係がすっぽり抜けていることです。

 これは、同じ浅田次郎の小説で張作霖爆殺を取り上げた『マンチュリア・レポート』でも、まったく、届いていない視点でした。

 世界の全体構造が見えない中で、国家と言う暴力装置と、個人がどう立ち向かうか、という次元で、卓越したストーリーテラーが、浅田次郎です。

 浅田次郎は、果たして、孫文を生涯支援した梅屋庄吉のことを、どう描くでしょうか? 日活の創業者で、現在の資金で、2兆円以上の資金を孫文に支援したとされますが、その資金の出所は、どこか?

 その梅屋と同じ系列の人間が、今、ハワイにいるのす。彼らの意識にも、「10億」の数字があります。

 「自主的淘汰」が進行する。 

 これを意識しながら、今の自分を輝かすこと。これには、本当に強い精神力が必要になります。

それが、ロボットではなく、神の仕組みの一員(10億のうち、100万人くらいになる?)になる条件のようです。

金子先生の解説、聞いといて。アベノミクスは日本国を殺す。

https://www.youtube.com/watch?v=cxs-tviLEBo

このネット時代に政党助成金目当てか。小沢一郎も山本太郎も新時代の核にはなれない。

まあ、年末にあって、奇妙な名前の政党が生まれました。

以下の阿修羅の記事が、よく語っています。 

http://www.asyura2.com/14/senkyo176/msg/930.html

2年前の総選挙、昨年の参議院選挙。この両方でも、小沢一郎の政党は、「不正選挙」の被害にあった。

それに対し、何も抗議の声を上げなかった。 ここが、小沢一郎の政治家としての最後の分かれ目でした。

議席を失っても、日本変革の星になれるかどうか、自分につづく、若手の尊敬を集められるかどうか?

小沢一郎は助成金目当てに、今度は、一匹狼の山本太郎とその仲間を迎え入れた。

 今の山本太郎に、菅原文太や吉永小百合のような、純粋なひたむきさが感じられない。

参議院議員の6年間、何に、集中すべきか、完全に分からなくなった果てに、政党助成金の間の手に下った。

おいおい、これからは、国家の資金によらないで、現実を作り出そうという、熱意しか、未来を作り出せないぞ。

 ちょっと、さびしくなった。

民主党は、電事連と自治労があるので、ここが、変革なんてできない。

一郎と太郎のコンビが、「脱原発」、「官僚支配打破」、安全保障以外「完全情報公開」に、

 「不正選挙」追求を、真剣にやるのなら、まだ、最後の希望はあるかもしれないが、どうだろうか?

これをやると、既得権の「蚊柱」どもは、徹底的に個人資産をつぶしにくる。それを承知でできるか?

 政党助成金をもらおうとする根性自体が、もう、彼らに負けているね。

まあ、とことん、日本国の政治は、腐っていく。そして、子供の未来が、細っていく。  

飯山大魔神が言うごとく、国家を当てにしないで、生活空間をつくるしかない。

【今年2014年冬至の秋元神社の光】

 今年2014年冬至の秋元神社の光です!!

141222_秋元神社 (2).jpg

【お知らせ】『皆神塾・九州』(「12月13日福岡」・「12月14日熊本」開催のDVDが出来上がりました!!

 お待たせしましたが、「1213日福岡」「1214日熊本」開催の『皆神塾・九州』のDVDが出来上がりました!! 

今回は、12 13日の福岡開催分と1214日の熊本開催分一緒に納めたお得な「2枚組セット」です。 

全編で「5時間25分収録」の長編DVDで、十分楽しんでいただけます。

価格は、1回分の価格で販売します。 

また、熊本会場には、飯山一郎先生が来場され、後半の1時間25分(85分)は、飯山一郎先生と新井先生の2ショットの特別セッションが収録されています。また、飯山先生とのセッションでは、最後の部分で、「ヤヨブー」さんのライブの歌も一曲収録されています。

 

販売価格は、2015年1月末までにご注文いただいた方については、通常価格6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。)

詳細は、次のリンクから「瓊音ショップ」をご覧ください。 → 瓊音ショップ「皆神塾・九州」

レジメ

<博多> (1213日開催)

人類文明史の悪魔との最終決戦が始まった。 「日本」の真髄に覚醒すれば彼らに勝てる

1)   ハロウィーン・バズーカの祟り

北京APECと、オーストラリアのG20 

両陛下の吉野と三輪山の御幸。

2)   白馬の地震、 伊雑宮の遷御

「太一」と「ヌナカワヒメ」

3)   解散総選挙 は、なぜ仕掛けられた?

つの視点: お仲間・蚊柱・田布施マフィア・王族会議

4)   世界は、日本に何を求めているか?

洗脳を解くとき。 日本には、マネーがなかった時代があった。

国家マネーが利権を生んでいる。

5)   縄文からの連続性。 「仁品・・・おもいやり」 

古代出雲から国譲り。 崇神 ~応神~天武

明治から歪み、戦後はマネーに乗っ取られた。

6) 愛される日本と、嫌われる日本。 これがどうして生まれるのか?

勾玉の系譜、新羅の金冠、東大寺三月堂の宝冠。

今、復活のとき。  実態をつくろう。  

熊本> (1214日開催)

「見えない毒を掻き分けて、 天地創造(自分の世界)の種を蒔け」

1)    官僚「蚊柱」の起源と正体。 その手法

2)    11月の北京APECで、「梅」が主導権。東アジアで戦争がなくなった。

BRCS開発銀行、ハワイの金塊管理センター

3)    株価が踊り、資金が回らず、個々のイノチが傷つき、毀損していく日本。                

王族たちはどう見るか?

4)    日本の本当の意志の出現を待っている「王族会議」と「人類の親神」

放射能問題と、地方の再生、 雇用よりも自律・自立。 ネットワーク。

5)    放射能に打ち勝ち、さらに、未来が見える快適環境をつくる。

国家に対し、お手本を見せる人々。

参考 10月に書いたこと。

「世界が、安倍を存続させることで、請求額を吊り上げることができると考えていれば、日本人にとって、これほどの不幸はない。」

その「世界」が、お金の問題よりも、生存の問題を、意識した時、ガラっと日本に対する扱いは変わっていきます。それが、いつのタイミングなのか? 

販売価格は、2015年1月末までにご注文いただいた方については、通常価格6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。)

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

 

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

141213_1214_皆神塾・九州.jpg

今世紀末には人口は10億人に減っている?!それまでの悲劇を無くしていこう。

 こんにちは。クリスマスがすぎて、あたらしい時代になります。

電磁波と放射能で、人類全体の生存環境が、ますます厳しくなります。

この中で、人類は便利さを追い、マネーを追いかけるために、どんどん電子情報をつかいます。

偽情報もどんどん流されます。また、真実を話し、同志を求めるものも多い。

そのとき、個々の人間の頭のなかに、どう生きることが理想的であるのか?そのとき、他者との関係はどうなのか?ここが、試されます。

 21世紀は、無知や、無思考は、そのまま、悲劇を生みます。 

「そんなことは、知らなかった。誰も教えてくれなかった」といっても、もう遅いのです。

すでに、人類として誕生して以来、20万年の「清算」の時期に来ているのです。

 この地上での人類の遺伝子が、良い「集団知」を、創りだす、 最後の仕上げの段階なのです。

このときに、人類社会のエネルギである「マネー」と、人間の欲望、理性、理想の現実化の関係を、学ぶことになります。 権威を妄信し、自分の内側の光を感じられないロボット人間は、消費動物になったままです。

 刷り込まれた成功像と、マネー追求の企業が出す餌を食べるのみです。

地球上の人口を今世紀末までに上手に10億まで減らそうというのは、どうも世界の管理層の一致した見方です。

ただ、その中で、いかに惨たらしい悲劇を減らすか? さらに、人間の尊厳を守るか? これが課題です。

 「梅」の勢力も、基本的には、この中にいます。  

一方、FRB側の「旧勢力」は、ネット技術を持っていますから、 ここでの「嫌がらせ」をすることになります。

これは、個々のブログを閉鎖するかどうかの次元ではなく、マネーにまつわる世界構造での情報かく乱です。

日本とアメリカの「水ぶくれ」している経済指標を、どんなこともあっても維持したい。そのために、戦争や疫病は起こせなくなったが、それ以外のことは、なんでもする。  

 マネーでの数値の大きさの比較だけを見ていると、 生命としての方向性を間違えます。

小さくても、天地と響きあった「現実空間」を作っていきましょう。 

これまでの国家システムを政治的に変更しようとした場合、 これまでどおりに、マネーで未来を得ようとする人たちが大多数である日本の現状では、高い志を持った人間でも、自分の足場が消えて行ってしまいます。

民主主義の本質をいえば、国家権力は、私たち有権者が、この国家の性質を変えていくものですが、この国では、平成時代に、「不正選挙」がまかり通る体質になってしまいました。

 しかも、それをする人間が、原発再稼動に、殺人医療をすすめる主体者なのです。

自分と家族、そして仲間に悲劇が及ばないように。 情報を共有し、支えあってください。

健康で生き残り、未来の種になると決意し、いい現実を作ってください。

来年は、中野市で、定期的な集まりをすることを考えています。  

 

 

 

【お知らせ】『皆神塾・東京』(11月16日開催分)DVDをキャンペーン価格で販売中です!!

1116日開催の『皆神塾・東京』のDVDをキャンペーン価格で販売中です!! 

「天地」(覇権)・「箱庭」(枠組)・「装飾」(名誉)と安倍首相との関係は?いま、日本は世界からどのように見られているのか? 

全編で「2時間43分収録」DVDで、衆議院選挙を前にした大変タイムリーな内容になっています。よくまとまっていて、わかりやすい内容で<特にお勧めのDVD>です。

販売価格は、12月末までにご注文いただいた方については、通常価格6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。) 

内容などの詳細は次のリンクからご覧ください。→ 瓊音ショップ・皆神塾DVD141116

講演内容  『ハロウィン・バズーカの裏に、「神の仕組み」の最終シナリオ』

レジメ

1)   御岳山爆発から、一月。FRBが量的緩和を終了。

代わりに、日本から輸血。日本は独立よりも更に従属。

戦争屋の最期の逃げ場所だった日本。 放射能被害を過小評価 

安倍に課せられたガバナンスを壊す、三つの課題が終わった。

世紀の禁じ手。財政ファイナンスによる株価操作。破綻が確定的。

破綻への道。策におぼれる財務省と検察庁

2)   北京APECのあとに、解散総選挙。誰の指示?

世界の司令塔はハワイの「梅」。 戦争屋の「退治」。 ジョセフナイに「勲章」。

天皇の意思。 国家や民族まで、根本から変わる。放射能をいうときは、日本経済は止まる。

代わりのダイナモが稼動する。BRICS,アジアインフラ投資。

安倍をどうするか?(半島と台湾)

3)   世界中で「気づき」のための大きな試練。悪魔と妖怪が、等身大で跋扈する。

「生存」と、「成長」を分けて考える。 自然死と尊厳死。

洗脳されたがる人間や自分の都合の人間に、大きな「現実」が来る

すべての属性(国家・民族・企業・地域・家族)が一旦、溶けて、同じ周波数同士で再編成に。

(国家、マネー、宗教に対する比重の違い=個人の自律性の成長度合い)。

4)   伊雑宮の「遷御」は、国家・民族の解体になる。

古代、「世界」の視座で生きていた日本人。 覚醒と自律で、田布施システムが崩壊する。

三つコスモスで、何が、一番、安定か?   イノチの原理は?

円の全面安。 日本のどんなところに、マネーが流れる。  本当の勝者は誰に?

日本列島に多くの外国人。  高齢者が、貯金を止め、マネーを使い出すとき。

 国家権力の 全てが剥き出しになって、悲劇はやってくる。

「きれい、気持ちいい、おいしい」。  自分の花。

縄文の感性で観察。  ヘブライの計測・法則・再現。  ミトラの芸術性・創造性。

販売価格は、12月末までにご注文いただいた方については、通常価格6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。)

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

今日は天皇の誕生日。次回の東京皆神塾は、1月25日(日)、飯田橋。

 おはようございます。

3点書きます。

① 今日は、今上陛下の誕生日です。  

  「日本の天皇」 と言った場合、 「日本」の起源は何で、いつから、国名になったのか?

  また、 「天皇」は、いつから始まったか? このとき、大陸の皇帝との関係は?

 さらに、イエス・キリスト(救世主であるイエス) と、イエス・インマヌエル(本名)は、この天皇=スメラミコトに

 関わっているのか? それは、いつ始まったのか?

 こうしたことを、縄文時代、さらに、6万年前の「出アフリカ」のあとの「グレートジャーニー」の流れの中で、きちんと説明できなければ、世界性をもった、仮説にはなりません。 

 しかも、半島三国(新羅・高句麗・百済)が統一新羅になるまでの政治的動きにも、筋ができていなければなりません。

 私の本の完成が遅れているのは、ここまで、視野を広げて、自説を確認しているからです。

 明日はクリスマスイブ ですね。    

② 次回の講演会情報です。

 来年1月の予定ですが、現在決定分は、1月25日(日)の東京皆神塾です。

 今回は、会場を飯田橋に変えます。追って連絡します。

 

③ 今回の選挙を受けて、 沖縄がさらに熱くなります。

 沖縄の独立が、近づいています。 沖縄は、地政学的に、東アジアの中心になる宿命を持っています。

 今回の総選挙では、小選挙区では、反自民が全勝しました。

 ここが、これまでの「国家主権」の枠組みを超えて、 平和の架け橋になれるかどうか?

 これは、 原発マフィア=田布施システム を、超えられるかどうかと、 一体の問題です。

 皆神塾までの一ヶ月間に、また、動きますね。

 それと関連することになりますが・・・・

 ソニーに対するサイバー攻撃があり、下手人は北朝鮮 って、これも、自作自演の可能性が高いでしょう。

 あと、アメリカがこれから使うというレーザー兵器。 このレーザー技術と、人工衛星のGPS をつかった場合、何が出来るか?想像できますか?

 スマホは、インターネットに常時接続です。その所有者も簡単に特定できます。

 ネット回線から、いろいろな電磁波を流せるだけでなく、 今後は、天空から、ピンポイントで、個人を特定し、そこに、大きな電磁的刺激も流し込めます。

 今、人工衛星からは、地上の10cmの物品を識別できる能力まで、人類は掴んでいます。

 まるみえもいいところ。 

問題は、そうした科学まで掴んでいる人類の管理者が、何を考えているかということ。

そして、これまでのピラミッド構造の既得権益者(旧い体制)が、どんな抵抗を今後もするかということ。

秋元神社ではきれいな光が出たそうです。それに対して、交付金で原発再稼動とは。

こんにちは。

宮崎の秋元神社に行った人たちと電話しました。今年も、何台ものクルマが冬至の光を見に、谷あいを進んでいったそうです。もう、10年になりますから、常連さんもいたそうです。

 できれば、今年の光の写真を、送っていただければ、ありがたい。

 私のアドレスは、 nunato2511arai@gmail.com   です。

ウシトラの方角を向いた神社は、ほかに、佐渡にもあるようです。来年は行ってみたいです。

地球では、毎年、冬至からの3日間、北緯40度以上のところでは太陽が出ない日が続き、そのあとに再び出るようです。これが、太陽の復活で、これを3000年前からのミトラの教えでは、死と再生と長く伝えられ、それが、新約聖書をつくるときのイエスの磔刑から復活の物語になっていきました。

 西欧では、これはもう、教養人には常識でもあるようです。 バチカンの役割も終焉に近づいています。

しかし、一方、我が日本国はどうでしょう。

冬至の今朝のニュースは、なんと日本国中の原発を再稼動するために、各地方自治体に、交付税を配るといいます。 未来の子供のイノチをまるで考えない原発マフィアが、地方のゼニゲバ政治家を、さらに取り込もうとしています。ブログの最後部に、読売新聞の記事をあげました。 

 「ガン教育」をするまで開き直っているこの人間たちは、本当に、悪魔に取り憑かれています。

では、どうしましょう。   

  とにかく、免疫力を高めること。 そして、真実を話せる仲間と繋がること。

自分の内にある生命力を、宇宙や大地と共振させることで増幅させ、より発揮できる出会いや、生命エネルギーが入り込んでくる空間をつくるしかありません。 高額なガン治療に備えるためにも、ますますカネが必要だと言って、原発推進では、もともこもありません。  ほんとうに健康になれる場所。 来年の課題です。

 いくらマネーを持っていても、時間とノルマに追われ、抗がん剤と陽子線では、健康は回復できませんよ。寿命を縮めるだけ。 ニギハヤヒに倣わないと。

  XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

・・・ここまでやるか、原発マフィア・・・

「原発再稼働で交付金増…政府、配分法見直しへ」

読売新聞 2014年12月22日 07時19分配信

 政府は、原子力発電所など原子力関連施設を抱える地方自治体向けの電源三法交付金の配分方法を見直す方針を固めた。

再稼働した原発の自治体には2016年度以降、重点配分する一方、運転停止が続く場合は交付金を減らす。九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)が来年、再稼働するのを控え、他の原発の再稼働を促すためメリハリをつける。

 電源三法交付金の総額は年間約1000億円。原発が供給できる最大の発電量に対する実際の発電量の割合に応じ、配分する仕組みだ。

 東京電力福島第一原発の事故以降、全国の原発が運転を停止したため、政府は現在、特例措置として発電量の割合を一律81%とみなしている。事故前の割合は平均73%で、運転を停止した後に交付金が増えた自治体もある。

 

見直しにより、政府は、原発が再稼働した自治体には実際の発電量に応じて交付金を上乗せする。運転が停止したままの場合はみなしの発電量の割合を70%程度に抑え、交付金を減らす。見直し案の詳細は今年度中にまとめる。

 原子力規制委員会は17日、川内原発に続いて関西電力高浜原発3、4号機(福井県)に対しても安全対策が新規制基準を満たしたと認定した。政府は、原発への依存度を可能な限り減らす方針だが、原発をコストが比較的低く安定的に電力を供給できる「重要なベースロード電源」と位置づけている。そのため、原発の再稼働に向け、交付金の配分の見直しが欠かせないと判断した。

お詫びと訂正。2014年の冬至は22日、月曜日。明後日でした。

 さきほどの記載で、明日が冬至としてしまいました。明後日の間違いです。ごめんなさい。訂正しました。

明日は日曜日ですので、こちらが意識の中に入ってしまったようです。誰かさんに、「確言」なんて、書かれたものだから、少し動揺があったのかも。

これまでのDVDで、いろいろ話してきましたが、・・・。

ともかく、秋元神社。 ここは面白い。 「カムツドイ」した、「天の安原」も近そうです。

古事記では、神武(カムヤマトイワレビコ)は、4兄弟です。

長男が、五瀬川ゆかりの人物で五瀬命です。その下の次男がイナヒ。これはイカヅチです。

三男が、ミケヌ。末っ子が、ワカミケヌで、これが、神武になっています。

 しかし、これらは、皆、3世紀中ごろの事実をもとに、不比等が創作した物語です。

 

明後日22日は冬至。宇宙ともっとも繋がる日。日の出を見るように。秋元の光が見れるかな。

 こんにちは。

22日は冬至です。

北半球では、一年のうちで、一番昼が短い日です。

冬至の前に雪が降ってくると、チリにまぎれて、多くの化学物質や放射性物質を落としていますので、

大気はとても清明になり、透き通ってきます。

宇宙の声がもっとも聞こえる(響き・情報をつかめる)日です。

これは同時に、自分の内面の光と、宇宙情報が、共振する日でもあるのです。

2004年の冬至に、九州の阿蘇山の隣にある、鞍岳に登ってご来光をみました。

 このときは、明けがたはとても寒く、岩の上に霜柱が立ち、そこに、とても面白い文様をみつけました。

  これは、2万年前の人類が残したものでした。

20万年前にアフリカで誕生した現生人類は、6万年前にアフリカを出てから、世界中に移動します。これを、「出アフリカ」と呼ぶ人もがいます。

私は、それ以後、大体、4回の文明期があったと考えます。1万5千年で、1文明期で、現在は、「出アフリカ」以後、第4文明期から、第5文明期への移行期です。

1万5千年前から始まる縄文時代は、第4文明期にあたります。その前の1万5千年、すなわち、3万年まえから1万5千年前は、地球は寒く、最後の氷河期のウルム氷期の時代でした。このときの人類は、どうも人間の意思をそろえることで、重力を制御する技術をつかみ出していたのではないか、と考えます。

鞍岳でみた不思議な文様は、そのときの遺跡と考えます。阿蘇のまわりには、この氷河時代の遺跡があります。

10年前の冬至では、昼に、弊立(ここは阿蘇の観測所)を参拝後、東の宮崎県側にいって、秋元神社にいきました。これは高千穂神社の奥宮にあたります。

 私が10年前に、皆さんをお誘いしてから、結構、有名になりました。

冬至の日の「光」を見つけたのは、1998年でした。秋元神社は北東(ウシトラ)の方角を向いている神社です。北半球で、北緯30~40度ぐらいですと、ウシトラの方角に立っているだけで、地球の自転によって、宇宙に遍在する生命波をどんどん受け止めることができます。

地上の人間は、6000年前から、一部の人間がキャッチしたものを独占して権威を作り出し、階層を固定化し、ピラミッド構造を作るのですが、このウシトラの方角に流れ込んでくるものは、そうした、人為による思想や固定概念の枠を溶かしていくものです。ストレートに、宇宙の根源神(実態の生命波動)と繋がるものです。

それゆえに、歴代の為政者は、この波動を自分たちだけが独占し、民たちには、近づかせないようにしてきたのです。

 それが本当の、鬼門の意味です。 この波動は、正しくは、根源生命波といってよく、心がまっさらな状態でないと、変質してしまいます。既得権を持ち、それにこだわる人間は、すでに汚れていますから、これを浴びると、自分の足場が崩れる感覚になります。しかし、普通の人間には、本当の自分に気づき、どんどん、覚醒が始まるのです。

 この秋元神社の場所は、3万年まえから、奇跡の場所として、記憶されていたのでしょう。

そして、縄文時代にも。そして、ここに、卑弥呼の時代にも、やってきた人物がいます。

その人間が以後、東征し、今につづく、天皇家を立ち上げています。その人間たちが、ここでの冬至の秘密を封じ込めていたようです。

地球は歳差運動をしていますので、私が最初に見た1998年と、2004年でも、少し位置や時間に違いがありましたが、冬至の午後2時56分からの4分間に、秋元神社の背中にある山の谷間に、太陽が嵌り、美しい光が現れます。

 今年は、どんな光になるのでしょう。2時45分から3時10分くらいまで、神社の手前、30メートルくらいのところから、神社とその背景を見るのがいいでしょう。

 この冬至から、ニホンは、まちがいなく、違うステージになります。

これまでの、「お上」の崩壊がはじまるでしょう。

私たちは、「その次」の繁栄の形を、準備しましょう。

秋元神社の祭神は、国常立。これは、玉置神社、木曽の御岳、と同じです。

 宇宙と響きあう、地球の神様です。 宇宙摂理と離れたものを、壊すと同時に、新しいものを生み出します。

6000年の人類文明そのものの、「ユズルハ」です。

【お知らせ】《ホリデー・シーズン・キャンペーンのお知らせ》

 《ホリデー・シーズン・キャンペーンのお知らせ》

~皆神塾など『瓊音ショップ』のすべてのDVDを特別価格で販売します!! 

20141220日~201517日のホリデー・シーズンに限って、『皆神塾』など『瓊音ショップ』のすべてのDVDを特別価格で販売します!! 

上記の期間中のお申し込みに限って、現在、『瓊音ショップ』で発売している皆神塾などのDVDすべてを、通常6000/枚のところを、4000円にてご提供します。 

今までに発売されたDVDで、買い忘れているようなDVDがございましたら、是非、この機会にお買い求め頂けたらと思います。 

今までに発売されたDVDの詳細は、株式会社 K2OHPにある『瓊音ショップ』でご覧になれます。

次のリンクから是非ご確認ください。 →→→ 瓊音ショップ

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL  03-3548-1025   FAX03-3548-1026  携帯:  090-5804-5078    E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

(注)ご注文いただいたDVDのお届けについては、年末・年始の関係もあり、若干お時間を頂戴する場合もございます。

【今年は「寒い冬」になりそうです!! 「姫川薬石」のお風呂で温まりませんか?!】

 今年は例年よりかなり早く寒波が到来しています。今年も「寒い冬」になりそうです。

その「寒い冬」に備えるために、「姫川薬石」を活用しましょう。

以前から「姫川薬石」をご紹介してきましたが、これは「ラジウム石」の一種で、自然のラジウムを放出している石です。

ラジウムといえば、病気治療で多くの人が訪れる玉川温泉や三朝温泉がラジウム温泉として有名です。

ラジウムによる「ホルミシス」効果によって、血液の循環を良くして、全身の細胞を活性化し、免疫力を向上させるといわれています。

120621_姫川薬石_131114.jpg 

 姫川薬石は玉川温泉の北投石のように強いラジウムは出ませんが、古くから「薬石」と言われてきたように、地元(糸魚川など)では活用されてきました。

大きなものは、お風呂に入れて、使われており、入れることでお風呂のお湯がまろやかになって、体が温まると言われています。

また、お肌がきれいになるとも言われています。 

「姫川薬石」についての詳細は、次のリンクからご覧下さい。 131114_姫川薬石_紹介資料.pdf 

様々な使い方ができますが、今回は、これから「寒い冬」を迎えるということで、お風呂に入れて使って頂くことをお薦めします。

お風呂に入れて使っていただくのでしたら、ある程度の量を入れていただいたほうが良いと思います。

(浴槽の大きさにもよりますが、出来れば2kg程度以上)。

入れる際には浴槽を傷つけないように、樹脂製のかごや袋などに入れていただくと良いと思います。

次の写真は、我が家で使っている姫川薬石で、2kg程度(長さは15cm程度)のものですが、樹脂製のかごに入れて、そのまま浴槽に入れっぱなしにしています。

 

IMG_1445.jpg

 皆さんも今年の冬は「姫川薬石」のお風呂で温まってください。ぜひご検討頂けたらと思います。

「姫川薬石」にはその他いろいろは使い方がありますが、「使用法」あるいは「ご購入」などの詳細については、次の連絡先までご相談ください。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL  03-3548-1025   FAX03-3548-1026  携帯:  090-5804-5078    E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

醜悪時代に嘆かない。三つのナゾナゾと、イタリア映画『ライフ・イズ・ビューティフル』

 こんにちは。

安倍政権が、勝ってに解散総選挙して、選挙結果が、自公で衆議院で3分の2.

しかし、日本国民の3分の一が、この選挙のあとすぐにも、安倍に総理を辞めてほしい、と。http://sun.ap.teacup.com/souun/16093.html#readmore

日本の選挙制度そのものがおかしく、どこかで作為が入っていると、世界中に示していますね。

安倍晋三はいよいよ醜悪の極に向います。自民党は「ヌエ」ですから、『梅』さんと、うまく付き合うはずです。

ところで、博多と熊本、いろいろな出会いがあり、楽しかった。

 飯山大魔神の警世の大咆哮に刺激され、私も二次会で、大声を出してしまいました。

今回、熊本の皆さんには、最初、新井の3つのナゾナゾを、出しました。

 頭を柔らかくするためです。  以下です、解りますか?

① ウルトラマンが食べたくても、食べれないもの、なぁ~に?

② 使えば、使うほど、増えるもの、なぁ~に?

③ (これは、ちょっと、難しい。そして、とてもエレガントなナゾナゾ)

   私の名前を呼んだら、私は、消えてしまう。私は、一体、だぁ~れ?

               ヒント ・・・ 私は、 状況や状態です。

この③は、私のオリジナルではなく、 イタリア映画『ライフ・イズ・ビューティフル』 のなかの登場人物に、「ナゾナゾを出し合って楽しむ、ナゾナゾ愛好家」がいて、 最高傑作だと、として、話しているものです。

 この映画は、『ニューシネマ・パラダイス』と並んで、本当に傑作です。

 まだご覧になっていない方も、すでに見たことのある方も、ご覧になることをお勧めします。

 この映画の時代背景は、ナチス統治時代のイタリアです。 今の日本も、変な意味で似ているしね。

 
   ライフ・イズ・ビューティフル  http://makemyself.blog64.fc2.com/blog-entry-47.html、 

   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%95%E3%83%AB

   https://www.youtube.com/watch?v=JXFmEW1h3Kw

   https://www.youtube.com/watch?v=w5RyZ9qAEKs

 ここに、ナゾナゾが出ていた記憶が私にあります。(あったはず)。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記:  熊のいない、熊本で、なんで、クマモンは、人気者になったのでしょうか?

    それも、全国区で?     これは、私たちの国家の成り立ちからきています。

   こっちは、また、皆神塾や古代史研究会でね。

さらに、追記(これを言うから嫌われるのは、知っていますが):

 放射能汚染時代の家族愛を、映画で、どう描くか? これまでどおりの生活と、カネのために、子供を犠牲にしている政府と、親の姿を、世界の芸術家は、どう見ることでしょう。  
 

  

 

お知らせ:

 本年は喪中(実父92歳)につき、来年のご挨拶を遠慮させていただきます。

【新井信介:2014年12月メッセージ】(2014年12月15日収録)

これ、「梅」の勝利だな。自公ほぼ変わらず、APEC推進、「次世代」撃沈。

  おはようございます。

蓋を開ければ、自公の獲得議席は、ほぼ、変わらず。

ただこれで、今後の4年間、磐石の政治体制が生まれた。

 その中で、アベノミクスを、どこまで、ひっぱるのか?

 原発放射能をどこまで、不問にするのか?

これは、世界経済と直結しますが、

この二年間との一番大きな違いは、戦争屋が作り出した「東アジアの緊張」を、解消していくという意味で、

戦前の皇国史観のままの古い国家意識で、「箱庭」の名誉回復を第一義にする「次世代」が轟沈しました。

そして、日本人が、自民=官僚支配=原発マフィア(田布施システム)を、脱却するには、

 各自に、そうとうな覚悟と新時代の統治モデルのビジョンが絶対的に不可欠だとの使命が明確化されました。

 

この選挙結果で、「梅」=客家が主導権をもったAPECは順調に進みます。

元々APECの構想はシンガポール・ブルネイの「梅」が発案したものでした。

ここに、アメリカの戦争屋や、金融グローバリストが取り憑いてきたのですが、

そうした悪霊を落とした中で、最初の提唱者たちによって、本来の理想実現にこれから進みだします。

 

 しかし、そこでは、放射能と電磁波を、不問にしたまま、この国の国家権力は暴走します。  

 そうした国家に、個人は、どう向き合うか。 個々人の自覚が、より厳しく、試されます。

【お知らせ】今週末の「皆神塾・九州」のレジメができました

 今週末の「皆神塾・九州」のレジメができました。

13日(土)が福岡で、14日(日)が「熊本」で開催いたします。

開催要領についての詳細は、次のリンクからご覧ください。 → 皆神塾・九州

今週末は、ぜひ、お誘いあわせのうえ、ご来場いただけたらと思います。

レジメ:

<博多> (1213日開催)

 

人類文明史の悪魔との最終決戦が始まった。 「日本」の真髄に覚醒すれば

彼らに勝てる

 

1)   ハロウィーン・バズーカの祟り

  北京APECと、オーストラリアのG20 

  両陛下の吉野と三輪山の御幸。

 

2)   白馬の地震、 伊雑宮の遷御

「太一」と「ヌナカワヒメ」

 

3)   解散総選挙 は、なぜ仕掛けられた?

四つの視点: お仲間・蚊柱・田布施マフィア・王族会議

 

4)   世界は、日本に何を求めているか?

洗脳を解くとき。 日本には、マネーがなかった時代があった。

   国家マネーが利権を生んでいる。

 

5)   縄文からの連続性。 「仁品・・・おもいやり」 

古代出雲から国譲り。 崇神 ~応神~天武

明治から歪み、戦後はマネーに乗っ取られた。

 

6) 愛される日本と、嫌われる日本。 これがどうして生まれるのか?

   勾玉の系譜、新羅の金冠、東大寺三月堂の宝冠。

今、復活のとき。  実態をつくろう。  

 

<熊本> (1214日開催)

 

「見えない毒を掻き分けて、 天地創造(自分の世界)の種を蒔け」

 

1)    官僚「蚊柱」の起源と正体。 その手法

 

2)    11月の北京APECで、「梅」が主導権。東アジアで戦争がなくなった。

BRCS開発銀行、ハワイの金塊管理センター

 

3)    株価が踊り、資金が回らず、個々のイノチが傷つき、毀損していく日本。                王族たちはどう見るか?

 

4)    日本の本当の意志の出現を待っている「王族会議」と「人類の親神」

放射能問題と、地方の再生、 雇用よりも自律・自立。 ネットワーク。

 

5)    放射能に打ち勝ち、さらに、未来が見える快適環境をつくる。

   国家に対し、お手本を見せる人々。

 

参考 10月に書いたこと。

 

「世界が、安倍を存続させることで、請求額を吊り上げることができると考えていれば、日本人にとって、これほどの不幸はない。」

 

その「世界」が、お金の問題よりも、生存の問題を、意識した時、ガラっと日本に対する扱いは    変わっていきます。それが、いつのタイミングなのか? 

14日の投票を前に、昨夜、NHKはアメリカのレーザービーム兵器(激安)を紹介した。

おはようございます。

明日、福岡です。そして、明後日は、熊本です。一年ぶりの友人たちと会うのが楽しみです。

選挙戦に入って、テレビでは、連日、「この道しかない」と、大声を上げる自民党議員を映すのですが、

 「この道」って、どんな道? 皆、株価の上昇だけを言っている。

 貧富の差の拡大、原発推進、「見えない毒」の積極摂取、中小企業の疲弊、 それでも、既存体制の維持。

 そのうえ、いまのままだと、戦争への道なのでしょうか? 

 このとき、ポイントなるのは、中国との関係と、アメリカの軍備です。

日本が、世界の大きな流れのなかで、世界の安全保障に関わるのは間違いありません。すでに、憲法9条は、空文化し、 集団的自衛権の発動は、一内閣の意志のみでできるようになっています。

 このとき、安全保障条約がある以上、「集団的」という場合のアメリカが問題です。

 私の見方は、戦争屋は、この9月末に退治された、です。 

 その見方は、甘すぎるんじゃないか、という人もいるでしょうが、

 昨夜、見たNHKのニュースで、面白いことを流していました。

 レーザー兵器の紹介でした。  これまで、一発約10万ドルのミサイルで破壊していたものを、レーザー兵器でも同じように破壊でき、その費用は、100ドル程度だというのです。 財政難のアメリカはこれを導入しようとしているということです。

 これは、戦争の経費を減らそうとする動きです。 この流れには、退役軍人や戦傷者に対する保証の経費の削減もあるでしょう。 つまり、もう、なるべく、戦死者を出さず、経費をかけないで安全保障を為しとげたい、とするものです。

 こうした動きの中で、この11月の北京APEC以後のアメリカや、王族会議は、日本に何を求めるのか、です。

アメリカは、中国とは戦争はしません。できません。 これが、戦争屋を退治した姿です。

しかし、まだ中東地域には問題多く(もちろん、イスラエル問題があります)、ここに、なんとしても、「お花畑の国・日本」から、安全保障面でも、参加させたいようです。そうして、日本人の意識も変えさせたい。

 さて、そのとき、地上戦など戦闘行為に、日本人を直接関わらせるのかどうか? 

 今、イラク北部にあるイスラム国は、戦争屋が仕掛けたものを王族会議が承知のうえで、アメリカの工作員たちに作らせたものです。彼らには、これまでの戦後のシステムの「敵役」を一手に引き受ける形です。田母神さんと親しい「模型屋の店長」が今年1月に、そこに入ろうとして、つかまっていましたが、今は、どうなっているでしょう。

私は、これらの動きは、世界を一つにして、日本にも責任を持たせたいとする、世界運営者の意志の現われだと思います。

そうした動きを背景に、日本の官僚組織や大企業は、これまでどおりのマネー最優先の体制でいたいのでしょう。しかし、それでは、日本国内の経済が本当に終わります。富裕層が、真剣にカネを使い出せば別ですが。

日本の経済状況を如何にして好転させるか、を考える時、国内での消費が最も肝心です。これには、実は、消費税をすべて撤回して、地方に独自財源をもたせ、 さらに、放射能の危険性を真正面から公表したほうがいい。

 そして、「こうすれば、健康にいい環境に創りかえられる」という、多くのアイデアを、全国各地で試すことを、国家的にやれば、必然的に巨大需要が生まれます。地方や民間が、それを実現するための資金をあつめるのを、国は応援する。(これは、出資に対する信用保証でいい)

 しかし、悲しいかな、それをさせないのは、 きわめて後ろ向きの、日本国内の既得権益者たちなのです。

 外国人記者のインタビューを拒否して、内実がばれるのを隠し、とにかく、今回の選挙で、安倍を続投させさえすれば、あとは、何でもできる、と考えているのでしょうが、彼らには、ほかに、方法は見えない。

 私たちは自分たちの意志で、それを拒否できるでしょうか? 

 選挙結果は、どうなるにせよ、 「この道しかない」道 は、破綻が見えています。 

 「この道」からの撤回が早ければ、痛みが少なくて済みます。 

もし、世界のマネーを管理する人間たちが、米ドルの救済と、 「311」もあったのだから、今は日本国政府の望むようにさせてやれ、と言っている段階がこの「ハロウィーン・バズーカ」だったとして、 さて、今は、どんな状態なのでしょうか?

 九州では、この点を話します。

「因果応報」「自業自得」。そして、今、「自主的淘汰」。311を見ない経済成長ってある?。

 

 中国語     「 要銭(ヤオチィエン)  不要命(プゥヤオミン) 」 

 

 マネーで、何を手に入れたいの? 何を実現したいの?

 この電磁波・放射能だらけで、ウソばっかりの世の中で。

 汚しまくって、壊しまくって、ごまかしまくって、にげまくって。

 その上で、見えないように、少しずつ、殺しまくって。

    

 一体、誰が、この地球を、美しくするの?   

 自分で、イノチを増やそうとするところにしか、イノチの光は入ってこない。 

 

本日から原発放射能関連と安全保障の真実は、全く表に出てこない。特定秘密保護法施行。

  おはようございます。

選挙戦の最中、国家権力者が、国家の安全保障を理由に、官僚公務員に対し、自分の都合の悪いことを、なんでも隠すことができる法律が始まりました。十分に、マネーを流しているのだから、役人たちは黙っておれ、ということなのでしょう。 これを、

①安倍とそのお友達の現政権の権力存続の意志と見るか?

②「蚊柱」になっている官僚組織の意識と見るか?

③軍産複合体を持つ田布施マフィアの意志とみるか?

それとも、 

④人類社会全体のシステム転換を図ろうとする、王族たちの意志と見るか?

以上で、どの視座をもつかで、、日々の日常は、ぜんぜん変わってきます。

私は、9月末に、アメリカ国内の戦争屋が退治されたと認識していますので、 東アジアでも、実際に、軍事緊張は解消されていき、このとき、日本国内でも、これまでの「国家」の内側で、多くの画策をしてきたさまざまな勢力が、「処分」される流れになると思います。

 ええっ、悪くなるのではないのですか? 原発・核武装から戦争への流れではないのですか、って ?

放射能と電磁波については、悲しいかな、すでに、深刻化する事態になっていますが、一般国民が、戦場に行かされる事態はないと、みています。

 これ以上、地球生命をこわしてどうするのか? これは、基本的には、 ④が、大潮流です。

これまで、戦後の日本国政府の役人には、実に、いろんな人がいました。私たちには、気づかないような、国家の統治機能を崩壊させるような情報漏えいが、なんどもあったのでしょう。

 問題は、今後の安全保障といった場合、アメリカとは、どうなるのか? そして、UFOと宇宙人情報は?

そして、なにより、ハワイに拠点をもつ、世界の「新通貨システム」の設計者たちが、日本という国を、どうしたいのか、という点です。

 世界の誰からも、愛される現場を創っている限り、何も、問題はない。

国家権力にとりいって、「マネーぶんだくり」をしたり、 国家を出汁にした「情報操作」で、詐欺的にカネをせしめてきた人間は、これから、何がどうなるか分かりません。

 まあ、この法律は、「妖怪」ですね。  私たちは、自分自身の天地に向かい合いましょう。

PS: こうした状況下、巨大地震などの災害が起きたときには、どうするか? 

 マネーよりも、イノチ。 心から信頼できる友人のネットワークを広げ、住めるところを多く確保してください。

これから一週間、安倍を応援するフリしながら票を減らさせるメディアがドンドンでる。

 こんにちは。

総選挙は、自民が圧勝にならないように、これから高度テクニックをつかった情報操作が始まります。

まず、放射能は、人類の問題なのです。

そして、日本人のもつ、「お上」盲従と、「恩寵期待」姿勢を、とことん変えない限り、

人類に希望はなくなります。

まじめな日本人が、自分のもつ能力・可能性を、官僚と既得権維持に、押し込めていたのでは、

未来が開けないからです。

おもしろい事態が、これから続出します。

 人類は、創造のための「集団知」を高めないといけません。

「天地」の次元で、自らの意識・理性のありようを、自分で見つめなおすこと。

ここが徹底できるとき、 「羊」でも「社畜」でもなくなり、 新天地を築けます。

神人 と 真人。 道教の理想。 太子も天武も求めていたものだ。

 

【お知らせ】『皆神塾・東京』(11月16日開催分)DVDをキャンペーン価格で販売中です!!・・・投票前にぜひご覧ください!!

 1116日開催の『皆神塾・東京』のDVDをキャンペーン価格で販売中です!! 

いよいよ衆議院選挙も終盤戦に突入ですが、投票前にぜひ新井信介先生の話を聞いてみてください。

「天地」(覇権)・「箱庭」(枠組)・「装飾」(名誉)と安倍首相との関係は?いま、日本は世界からどのように見られているのか? 

全編で「2時間43分収録」DVDで、衆議院選挙を前にした大変タイムリーな内容になっています。よくまとまっていて、わかりやすい内容で<特にお勧めのDVD>です。

販売価格は、12月末までにご注文いただいた方については、通常価格6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。) 

内容などの詳細は次のリンクからご覧ください。→ 瓊音ショップ・皆神塾DVD141116

講演内容  『ハロウィン・バズーカの裏に、「神の仕組み」の最終シナリオ』

レジメ

1)   御岳山爆発から、一月。FRBが量的緩和を終了。

代わりに、日本から輸血。日本は独立よりも更に従属。

戦争屋の最期の逃げ場所だった日本。 放射能被害を過小評価 

安倍に課せられたガバナンスを壊す、三つの課題が終わった。

世紀の禁じ手。財政ファイナンスによる株価操作。破綻が確定的。

破綻への道。策におぼれる財務省と検察庁

2)   北京APECのあとに、解散総選挙。誰の指示?

世界の司令塔はハワイの「梅」。 戦争屋の「退治」。 ジョセフナイに「勲章」。

天皇の意思。 国家や民族まで、根本から変わる。放射能をいうときは、日本経済は止まる。

代わりのダイナモが稼動する。BRICS,アジアインフラ投資。

安倍をどうするか?(半島と台湾)

3)   世界中で「気づき」のための大きな試練。悪魔と妖怪が、等身大で跋扈する。

「生存」と、「成長」を分けて考える。 自然死と尊厳死。

洗脳されたがる人間や自分の都合の人間に、大きな「現実」が来る

すべての属性(国家・民族・企業・地域・家族)が一旦、溶けて、同じ周波数同士で再編成に。

(国家、マネー、宗教に対する比重の違い=個人の自律性の成長度合い)。

4)   伊雑宮の「遷御」は、国家・民族の解体になる。

古代、「世界」の視座で生きていた日本人。 覚醒と自律で、田布施システムが崩壊する。

三つコスモスで、何が、一番、安定か?   イノチの原理は?

円の全面安。 日本のどんなところに、マネーが流れる。  本当の勝者は誰に?

日本列島に多くの外国人。  高齢者が、貯金を止め、マネーを使い出すとき。

 国家権力の 全てが剥き出しになって、悲劇はやってくる。

「きれい、気持ちいい、おいしい」。  自分の花。

縄文の感性で観察。  ヘブライの計測・法則・再現。  ミトラの芸術性・創造性。

販売価格は、12月末までにご注文いただいた方については、通常価格6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。)

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

皆神塾141116.jpg

 

【お知らせ】『皆神塾・九州』開催のお知らせ(2014年12月13日・14日)

 『皆神塾・九州』の内容の詳細が正式に決まりましたので、ご案内させていただきます。

開催は、13日が「福岡・博多」、14日が「熊本」になります。

尚、14日の熊本会場へは、昨年と同様に、飯山一郎さんが来場される予定です。

テーマや内容の詳細等については、次の通りです。

皆様お誘いあわせのうえ、ぜひご来場ください。

1213日(土) : 「皆神塾」 <福岡・博多で開催>

 

   場所: 「福岡国際会議場」 4階会議室

        福岡市博多区石城町2-1     TEL092-262-4111

   時間: 14時から17時くらいまで  (開場は1330分です)

        参加費: 3500

 

1214日(日): 「皆神塾」 <熊本で開催>

 

   場所: 「桜の馬場 城彩苑

        熊本市中央区二の丸111  TEL096-288-5600

   時間: 14時から17時くらいまで  (開場は1330分です)

 

     参加費: 3500

 

   (注)熊本会場へは、飯山一郎さんが来場される予定です。

 

テーマ及び内容 

1213日;福岡・博多> 

テーマ: 人類文明史の悪魔との最終決戦が始まった。 「日本」の真髄に覚醒すれば彼らに勝てる。  

  明治にできた体制の維持のための「お上」信仰で、進んでイノチを殺していく、国民のマネー崇拝。

  これを、どう克服するのか?    

  本来のやさしい、思いやりにあふれた日本人が、この列島での統治体を作り直さないといけません。

 「ニホン」の起源と語源は、どこにあるか? 縄文の感性はどう関係するのか?

 シュメール・ヘブライが、いつ、どのように日本列島に入り、日本を作り出したのか?

   古事記と日本書紀の違いから、「ニホン」を明確にさせていきます。

 愛される日本と、嫌われる日本。 これがどうして生まれるのか? 

 勾玉は、新羅の金冠を経て、東大寺の三月堂の宝冠のあと、なぜ消えた?

 マネーに取りつかれ、民族絶滅の際になるまで、天地を話し、自分たちの国家を作る意志は出現しないのか? 

 それを、人類を誕生させた宇宙存在は、どう見ている? 現実を知る者からしか、未来は生み出せない。 

1214日:熊本> 

 テーマ:  見えない毒を掻き分けて、 天地創造(自分の世界)の種を蒔け。 

 既存体制維持に、すべての経営資源と、悪辣政治手法と使い続ける、官界と経済界。

 東アジアでは、戦争こそなくなったが、権力は、旧体制の私情によって振り回される。

 株価は踊るが、資金は巡らず、個々のイノチは、傷つき、毀損していく。 

  「では、どうするのか?」 

 放射能問題と、地方の再生、 雇用よりも自律・自立。海外の友をどんどん作る。

 ニホン再創造での難題、人類社会の宿命を、飯山氏と真剣に話し合います。

 これまでの、国家の権力構造という「コップ」を、如何に作り変えるか?  秘策はあるか? 

 

参加をご希望の方は、開場の都合もございますので、できるだけ事前に次の「連絡先」まで、ご連絡をいただけたらと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

                        東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F           

 

 

戦争と疫病拡散が出来なくなった悪魔は、放射能と電磁波を撒き散らすのか。

ウクライナで、原発の事故が起きているようですが、 昨日、九州から沖縄にかけて、放射線量が急上昇しています。 このことをカレードスコープさんが伝えています。

http://kaleido11.blog.fc2.com/

九州には、玄海原発があります。ここが事故をおこすと、日本人にとって、最後の希望の地である、西日本が汚染で、全滅です。

 昨日は、ちょうど、冬将軍が西日本に到来した日でした。

さらに、その前は、外国人記者クラブでのインタビューを、安倍が拒否しました。

聞かれるのは、アベノミクスの財政破綻の行方と、完全にコントロールされているという福島原発の問題だからです。 外国人記者クラブの面々は、 安倍の高級料理接待を受けていません。真実を伝えたいのです。

https://www.youtube.com/watch?v=ZNYvKm04fXg&feature=youtu.be

 それにしても、バチカンのフランシスコ法王は、 戦争・疫病などで、マネーをもとめるものを、排除するといいましたが、放射能と電磁波は、結果として、黙認・容認。それならば、どんどん、これを使ってやれ、という悪魔が、まだ、世界中にいるのです。

 ちなみに、安全基準を言うと、日本では311直後は500bp未満なら、OKとして「食べて応援」させていたものが、今は厳しくして100bp未満にして、それで政府公認だとして流通させ、イオンやコンビニ各社がそのまま売り、加工食品の中にもどんどん流しています。

 しかし、この食品の安全基準は、ドイツでは、 子供は、4bp,大人は8bp なのです。

今年の夏から秋は、台風に合わせるかのようにして、西日本の災害危険地域に、福島からの除染土の土嚢を持ち込みがありました。

首都圏の人間が、西に流れないように、あえて、西日本を汚す。これが、環境省の仕事か? 

本当に、「見えない毒」によって、イノチに対し攻撃が仕掛けられている、と、用心して暮らしたほうがいいでしょう。

 未来に向けて、自分自身がいい種になろうという決意は、まず、この認識からです。

 

 

 

 

今次選挙に関し、きむらともさんと金子勝さんの主張。全く同感。

https://twitter.com/kimuratomo

https://twitter.com/masaru_kaneko

このなかで、特に、以下がそうです。

 
 今「アベノミクスで今に景気回復する」と触れ回っている人は、戦時中なら「今に神風が吹く」と国民を騙した人だろう。 
 今その「景気回復」を信じている人は、戦時中なら「神風」を信じた人だろう。
 今、安倍自民に疑問持ちつつそれを批判出来ぬ人は、戦時中なら神風への疑問を口に出せなかった人だろう。 
 
 「どんなに生活苦しくたって、大企業のためなら消費増税仕方ない」 
 「海外で自衛隊員戦死しようがアメリカのためなら仕方ない」  「言論の自由制限されても国の命令仕方ない」 「国会議員が血税私的流用したって仕方ない」 という人は、自民党へ。
 「許すものか!」という人は、
 
 
金子勝  12月1日 
 
安倍政権は、膨大な財政赤字を日銀の国債買取(異次元の金融緩和)で支え、
未来を先食いしてもたせるだけ
原発再稼働で分散型エネルギーへの転換が遅れ、ジワジワ死んでいく。
ただし金融資産を持つ富裕層は痛みが無く、雇用や社会保障の破壊で、
の痛みは弱者に押し付ける。  こういう未来の選択です。
 

(私のコメント)

国家が破滅の未来を、国民に強制してくるのだから、そこに絡み取られない生活の現場を、自分で作り出す。

 これ、戦場にいる感覚です。   

この国の司令塔も壊れたようです。カネだけ見て私情で動き出した。「イノチを守る行動」を。

  14日の熊本について、飯山大魔神が、その気になってくれました。

今回の選挙は、アベノミクス信任選挙といいますが、世界はもう終わっている、と見ています。

それでも、「この道しかない」との絶叫に、そうなんだ、とおもうのが、大半の日本人なのでしょう。

 稼げるとき、とにかく稼いでおけ。 稼げない自分が悪いのだ、とも、感じながら。 

しかし、深層意識では、近い将来の大破綻を意識しているから、どうも、国家権力の周辺では、これだけは実現しておきたい、との私情の優先が始まっています。 原発の再稼動は、その典型です。

 さらに、その一つが、リニアモーターです。 JR東海の葛西・松本の旧経営陣は、なぜ、ここまで強引に進めるのか?  

 今回の選挙では、どの政党も、以下の二つを主張しません。

 ①福島に限らず、被爆した子供たちの安全確保・避難を最優先せよ、といわない。

 ②財政難をいうなら、特別会計を見直せ、と、指摘しない。

大企業・マスメディア・公務員のみに、マネーを流し込めば、それで、ニホン全体が回復する、というよりも、 

ここをカネで黙らせておけば、この①と②を変えなくてすむ。 これは、官僚たちの私情です。

現時点では、野党は、この二つの問題を言わないから、日本社会の構造問題の本質に入り込めない。

まあ、コップの中の戦いのままだ。

 その間に、どんどん、日本人のイノチが、見えない毒で蝕まれ、消えていく。

では、どうすればいいのか?

個人レベルでは、まず、自分と家族の身を守り、同じ周波数のものとで、連携するしかない。

しかし、この狂った国家権力は、一体、どうなっていくのか? また、どうすればいいのか? 

 「蚊柱」を構成する蚊も、生き物です。 それぞれに、家族がいます。

いくらマネーをたくさん持ったところで、個々人の生命は、生命の原則、宇宙自然の摂理に従います。

私たちの中から、もう、やめよう,との、本当の決意が出てくる事態も、近いのでしょう。 ただ、 いつ、どんな事態が出てくるか、ここでは、いい加減なことはいえません。 

 xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

13日の福岡の皆神塾では、

 ヤマト、倭、大和、日本 が、 縄文時代の日本列島に、どのように、形成されて行ったかを話します。

とくに、古事記と日本書紀の違いから、「ニホン」を明確にさせていきます。 このとき、新羅の金冠につけられた勾玉が需要な意味をもちます。 勾玉は、縄文時代からつづく、日本人の精神性の基層です。

 ここを大宝律令後に意識して、天皇のために取り出したのが、聖武の宝冠です。しかし、この宝冠が持つ意味が、天皇の権威を背負った太政官や将軍たちに独占され、封印されたまま、以後、1300年間、続きました。

 列島の「日本人」は、マネーに取りつかれ、絶滅の際になるまで、自分で、天地を話し国家を作る意志が、出現しないのでしょうか?

 それすらも、のみこんで、かかるしかありません。 種となって、生き残るしかない。

 

 

菅原文太の遺言。これは、「天地」の視点だ。

http://www.asyura2.com/14/senkyo175/msg/496.html から 

政治の役割はふたつあります。

ひとつは、国民を飢えさせないこと、安全な食べ物を食べさせること。(拍手)

もう一つは、これが最も大事です。絶対に戦争をしないこと!(大きな拍手)


沖縄の風土も、本土の風土も、海も山も空気も風も、すべて国家のものではありません。(大きな拍手)
そこに住んでいる人たちのものです。(拍手)
辺野古もしかり!
勝手に他国へ売り飛ばさないでくれ。(大きな拍手)

まあそうは言っても、アメリカにも、良心厚い人々はいます。中国にもいる。韓国にもいる。(拍手)その良心ある人々は、国が違え、同じ人間だ。(拍手)
みな、手を結び合おうよ。(拍手)

 

ps 1 菅原文太が脱原発を語る。  2011年11月21日、東京新聞

http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/616.html

 PS 2   自民支持者と公務員、そして、アベノミクス長者は、こちらをどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=D402KkL-p_I&feature=youtu.be

 

投票前に見るべき動画。今、安倍自民党と官僚支配を変えないと、ホントウにxxxが来るよ。

選挙前に、今、進行している事態を理解する参考動画。

いずれも、「天地」の話ではありませんが、 見ておいて損はありません。

株価で資産価値が上っても、賃金が増えない。・・・三橋貴明

https://www.youtube.com/watch?v=sdEA9vZGlRo

日本の家電、ものつくりを崩壊させたもの。 ・・・武田邦彦。

http://takedanet.com/archives/1014633741.html

両者の主張は、かいつまんで言うと、

 「一極集中を解消し、新規の需要を作れ。」

  これは、一言で言えば、 国の新しい目標の設定であり、 

 日本列島全体での、 国土の「芸術作品化」 しかありません。 

 人を動かし、 魅力的な地方を作り出す。 日本中の地方を、世界遺産になるように作り変える。

それには、まず、なんといっても、これまでの工業化の負の部分=「放射能の真実」に向き合わないと。

 しかし、今のわが国の首相は、官僚とともに、全く逆。 これが、日本の最高権力者の選挙演説。

どこまで、恥をさらしているか、判らないお坊ちゃま。選挙第一声と、その解説があります。

 http://tokyopastpresent.wordpress.com/2014/12/02/%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%8E%9F%E7%99%BA%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%B8%E3%81%AE%E8%A8%80%E5%8F%8A%E3%82%92%E9%81%BF%E3%81%91%E3%81%9F%E5%AE%89%E5%80%8D%E9%A6%96%E7%9B%B8%E3%81%AE%E8%A1%86/

このブログ主のコメント部分を抜粋。

「福島の、おいしく、物によっては「体にもいいし、健康にもいい」農水産物を、日本中に、世界中に送り出していくべきだと、安倍首相は主張するのである。

要するに、安倍首相は、復興予算によって港を復興し、公営住宅を建設し、常磐道などのインフラ整備をし、雇用を確保し、中小企業対策をして、福島の「おいしく」「体にもよい」農水産物を日本中に世界中に売り出し、観光開発を行うことによって「復興を進めていく」と言いたいのであろう。

確かに、3.11以前ならば、こういうことが「地方振興」のメニューたりえたであろう。それが、真に「地方振興」たりえるかは別として。しかし、福島第一原発事故によって多くの人びとが避難を余儀なくされ、福島第一原発の廃炉処理も除染も進んでいない現状に対し、こういう「地方振興」はどういう意味があるのだろうか。住むこともできず、もし住んだとしても健康上の懸念をもたざるをえない「地方」の振興はどうすればよいのだろうか。そのような地で生産される農水産物を売り広めるということはどういう意味をもつのか。その地を「観光開発」するとはどういうことになるのだろうか。

原発事故をなかったことにはできないし、それを見据えなくては、本当の意味で復興などできはしないしかしながら、日本社会の多くの人びとは、福島第一原発事故から目を背け、従来の認識枠組で今後もやっていけると思い込もうとしているようにみえる。そして、安倍晋三首相は、よくも悪くも、そういう人びとの代表なのである。」

 

あと、 これは、やっちゃイカンでしょ。「海外実習生を、原発作業投入」

 http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/978b7ae89f0302c0cc9315c8b11951fb

 放射能に限らず、環境汚染については、それがどんなに惨たらしくても、まずは、徹底的な事実開示しか、未来を創れない。

どんな「繁栄」を望んでいるのか、明確にしないと、イノチがどんどん壊れていく。

  こんにちは。  今日は、二つ。

一つは、「ガン教育」のこと。

  「電磁波・放射能・農薬・添加物・ストレスなどで、みなさんの、二人に一人は、ガンになります。

   しかし、心配しないでください。

   早期発見で、抗がん剤を投与すれば、治ります。ここにおられる、XXXさんのように」

 実際に、学校の現場で行われた内容です。 高校の先生が教えてくれました。

 もう、完全に、厚生省も、文部省も、開き直っています。

 抗がん剤も、陽子線治療も、病院の金儲けの手段です。

 「癌にならない環境」をつくろうとはしないのが、今の、官僚・大企業です。

 医者は、とにかく、病院経営のために、どんどん、薬を出します。

 病院から出される薬は、果たして、薬功があるのかどうか?  大いに疑問です。

 もし、その薬が寿命を縮める物だとしたら、年金をあつかう厚生省と財務省は大歓迎でしょう。

 では、どうする? 天然蜂蜜・黒酢・無農薬のお茶。 これをお湯で割って、よく飲む。これで薬はいらない。

 私は、黒酢に、たまねぎやニンニクのスライスを漬けて、毎日、食べています。

もう一つ。

 JR東海のリニアモーターについて。 私は、この事業に、賛成ではありません。

 ただ、 今の日本国内には、 「安倍政権の内に、着工にこぎつけさせる」  そして、

 ・・・「2027年までに、どんなことがあっても実現させたい」人間が、この国に、いるのでしょう。 

  しかし、 私は、この事業は、頓挫するのではないか、と見ています。 理由は、いろいろあります。

 今春、安倍が、アメリカに「無償で技術供与する」と言い出したのは、アメリカへの大盤振る舞いというよりも、この技術が、採算面、健康面、環境面、安全面で、いずれにも魅力がないものと海外の関係者に映っていたからではないでしょうか?

 新技術の製品に本当に魅力があり、他の運輸手段より優れ、競争力があるのならば、どんどん引き合いが来る。それらが全くないので、日本国民には、実態がわからないうちに、「無償」で、となったのではないか。

 今、中国の上海にはリニアモーターが、空港のある浦東から市街地まで走っていますが、本来、杭州まで延伸する予定が、そこから先には延伸されないままです。これは、電磁波の安全性に、沿線住民が大反対しているためです。

 日本では、今、放射能と電磁波の人体への影響は、完全に無視されています。そして、癌が医療機関のメシの種になっています。 とんでもない国になっています。 菅原文太は、最後は陽子線治療とか。 ・・・残念。 

 以下、参考まで。

 ①産経新聞の記事

  リニア新幹線、来月17日に着工 品川と名古屋で工事安全祈願式   産経新聞 11月27日(木)18時47分配信 

  JR東海の柘植康英社長は27日に東京都内で記者会見し、2027年に東京(品川)-名古屋間の開業を目指すリニア中央新幹線について、12月17日に品川駅と名古屋駅で工事安全祈願式を行うと発表した。本格工事に向けた準備工事を両駅で始めるのに伴うもので、柘植社長は「気持ちの上では工事の着工という節目だ」と述べた。 
 準備工事は、品川駅では資材の仮置き場などを整備し、名古屋駅では東海道新幹線の高架下にリニア中央新幹線の駅をつくるための作業を行うという。
JR東海は現状、リニア中央新幹線を品川-名古屋間で先行開業した後、18年後の2045年に大阪まで全線開業させる計画だ。リニア中央新幹線は車両に超電導磁石を搭載し、磁力によって浮上させ、最高時速約500キロで走行。

 品川-名古屋間の最短時間は現行の東海道新幹線の1時間28分から40分に大きく短縮する。品川-名古屋間の工事費は5兆5235億円で、同社が全額を自己負担する方針だ。

 JR東海は8月26日に品川-名古屋間の工事実施計画の認可を申請。これを受け国土交通省は技術面や環境面などから審査を進め、太田昭宏国交相が10月17日に同計画を認可していた。

 ② リニアの問題点を纏めています・ 

  https://www.youtube.com/watch?v=u-cLZ2m6324

 http://homepage2.nifty.com/kasida/social-matter/linear-urainum.htm

  http://web-asao.jp/hp/linear/cat309/

« 2014年11月 | メインページ | アーカイブ | 2015年1月 »

このページのトップへ

最近のコメント