2014年7月/新井信介 「京の風」バックナンバー

2014年7月

8月10日(日)、"コズミック・セレブレーション2"。 宇宙・人類・日本の真実が繋がります。

 

 古代出雲に帰る その意味を 全身全霊で感じ味わう。

 

   8月10日(日)は、サンクゼールで、コズミック・セレブレーション2 です。

  
   この日は、月が今年で最大になるスーパームーンです。  今回、
 
   真砂さんは、“故郷”をインディアン・フルートで演奏。 

  

  人類の文明の整理の段階です。

  シュメール・ヘブライで始まった文明を、 どうイノチの喜びに生かすか、 これは、古代出雲の感性でした。

  キーワードには、 「ニニギ」、「ヤサカニ」、「国譲り」、「蘇民将来の民」、「仁品(ニホン)」の真意、 

  そして、 銅鏡と銅鐸。  もちろん、 勾玉。

  ヤマタノオロチの正式名称は、 「高志八股遠呂知(コシノヤマタノオロチ)」。  「高志」とは、 北信州にある高社山のことで、 この西麓に、王権の始まりを示す、柳沢遺跡があります。

  ここが、唱歌“故郷”のふるさと です。 

最近の考古学では、弥生時代の遺跡が最も集中して多数存在し、 一万年続いた縄文時代から、稲作の弥生時代を通じ、古墳時代へ と、 この流れが見事に確認されています。

 チラシ をご覧ください。 

 http://www.k2o.co.jp/blog2/img_upload/cosmic-celebration2%20%281%29.pdf

 チラシ裏面 の文面 

縄文~シリウス: コズミックセレブレーション2 「羽化の始まり」

お盆前の10日(日)夕刻、サンクゼール・レストランに昨年に続いて素敵な仲間が集います。今回は芝生の上で、満点の星を感じながらのコンサートです。この一年の動きは、式年遷宮に続いて、天皇家から出雲大社への「お嫁入り」の流れです。これは縄文とシュメールが最初に出会ったときの喜びの復活です。宇宙の始原のリズムと響きに、地上に生まれた私たちの文明が人類の心を乗せて、再び戻っていく日です。
人類文明と日本文化の淵源を探す文明アナリスト新井信介 と、縄文の響きを再現するネイティブフルート奏者真砂秀明が、この夜、再び、共演です。
 
 
<語りの要旨>:
シリウスは大犬座にある。Aは青く輝く大きな光。Bは白色矮星で宇宙中にある生命情報を拾うアカシックレコード。ニビルはその情報の地球への配達人。地上の時代時代の人間に、必要に応じてソフトをダウンロードさせて進む方向を示してきた。15千年前に、ユーラシア大陸から切り離された日本列島には、照葉樹林が生い茂り、縄文人は定着し、大宇宙の銀河と交響しながら、自分のすぐ周りのイノチを感じ、見つめていた。
シリウスB情報を抱えたニビルは6000年前に地球に大接近し、人類は各地で覚醒が始まった。メソポタミアでは巨大河川の河口部で穀物生産が爆発的に増えた。農業神ギルガメッシュが遊牧の神エンキドウと組んで森の神フンババを殺し、自然を征服する対象とするシュメール文明(文字と金属器)が生まれた。4000年前には中国大陸に入って、さらに多くの収穫物と人口を得て、人間社会を支配する知恵を高めた。
 
それに対し、日本列島ではイノチの感応力の精度が増し、森の女神「ヌナカワ」を中心に遠くの族長ともヒスイの響きで繋がった。全身で宇宙の星々と大地に蠢く微生物、動植物、風からメッセージを受け、土の芸術品の火炎型土器や多くの土偶を作り出し、音で情報交流する感覚は、研ぎ澄まされていった。
 
  自然破壊の文明…二つの分離感(自他分離、現実遊離)を基に文字・通貨・金属器が発生する。
  
  自然融合の文明…幾層ものイノチの音、響きあい。豊饒の中での無限のコスモスとの一体化。
 
 この二つが日本列島で出会い融合したときに、原始王権「ニギハヤヒ(別称:大国主)」が生まれ、目の前にあるイノチを大切にする約束となり、その印に、翡翠の「勾玉」が生まれ、《ヤマト》が自覚された。
 
3世紀の「国譲り」を経て、最初の接触から1000年の時間をかけてスメラミコト(天皇)を生み出した。しかし、伊勢にアマテラスが祀られ、東大寺三月堂の観音像の宝冠を飾ったあと、「翡翠の勾玉」は完全に隠されてしまった。文字言語によって、国家や神は規定されたが、凄惨な権力争いが繰り返された。近代国家が生まれた後は、物的には充実したが、マネー中心の考えはイノチの響きをどんどん忘れてしまった。
 
それが、昨年の式年遷宮、今秋の出雲大社の慶事で、今、地球が一つになって宇宙に向けて開放される。出雲の復権は、シュメール・ヘブライと縄文ヌナカワが融合した、最初の感性と悟性を蘇生させ、イノチの真実の響きを感じ、お互いを喜ばす。
 
「イノチの喜びから離れない文明」。 これこそが国家、宗教、マネーの弊害を超克する人類の新文明。
「羽化」は縄文の霊性の響きから。 この夜はそれを全身で感じあう。それが瓊音(ぬなと)、八尺勾玉(やさかのまがたま)
 

 お申し込みは、

  メールで、私、新井信介 arai@mediacapsule.co.jp

           または、  電話  090-9370ー5740 

  もしくは、 サンクゼールまで 026-253-8070 (担当:中村) 

 

<追記>

   1)     参加者は、昼の暑いときには、是非、中野市博物館に行って下さい。

  http://www.city.nakano.nagano.jp/city/hakubutukan/index.htm

 重要文化財になった 柳沢遺跡の出土品とそのレプリカが展示されています。 高社山のある北信州は、ヒスイの出る糸魚川と黒曜石の出る八ヶ岳の中間で、ここが、日本列島で初めて王権が発生したところだと実感できます。

   2)   当日は、 夜9時過ぎに終了後、 サンクゼールの芝生を、翌朝まで開放しています。 月をその場で愛でることができます。 また、希望者は、近くのログハウスに泊まる事もできます。

 ですから、真砂さんの演奏のときでも、 サンクゼールのワインを十分にご堪能いただけます。また、 二次会の懇親会は、芝生の上 になります。

 3) 新井史観の補足: 古代出雲について

  日本列島での原始王権(古代出雲) は、3世紀の「国譲り」による滅亡後、三つに分かれています。しかし、縄文からの連続性を示す勾玉は、信濃を中心に天武・持統の時代まで尊重され、最後は、東大寺の三月堂の宝冠を飾りました。古代出雲の中心は、始皇帝から始まった中華皇帝の権威の証の金印が九州に届いたと聞き、饒速日尊は生駒山系北部の交野に移り、以後、政権のシンボルに大型化した銅鐸を据えました。これが、3世紀の「国譲り」によって、王族、武人、庶民の三つに分けられます。それぞれ、東北、三輪山、そして、島根に分散させられました。 この辺も、当日は、きちんとお話します。 

 

安倍は戦争屋に脅されている?オウム村井と神戸製鋼で同期。日本核武装の不始末と執念。

 今回のウクライナでのマレーシア機撃墜事件を、安倍晋三に忠誠を誓ったNHKや読売テレビ、さらに週刊誌も、「ロシアがやった」と大騒ぎしたのですが、

 ドイツが、オバマとポロチェンコの会話を盗聴した内容を、ロシアが公開したようです。

http://d.hatena.ne.jp/k1491n/20140729/1406603140  

一部を抜粋します。

オバマ ”あなた方は証人の全ての証言を コントロールしなければならない。さもないと我々のゲームは台無しになる。”

ポロシェンコ: ”オレンジ色のブラック ボックスはどうなっているのかね?私はイギリス人と作業させるために専門家を英国に派遣した。しかしロシアもこのブラックボックス、テー プレコーダー、あるいは彼等が指定したものへのアクセスを要求している。 これらのボックスへのロシアアクセスを何とかして防止しなけれ ばならない。これは我々にとっても米国にとっても非常に危険な事だ。さもないと・・・”

オバマ: ”全てはOKだ。私は既にキャメロンに話しをした。彼の部下たちは全て旨くやるさ。”

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(終り)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

FRBに巣食った戦争屋を潰すために、オバマは承知して盗聴させ、見事に「ダブル」をこなしている。本当に頭がいい。

そして、KGB出身のプーチンは、戦争屋のやり口を、表にいかにして出すかじっと熟慮。とても忍耐力あるし、大変な知恵者。ドイツ語がペラペラだから、ドイツのメリケルとなんでも話せる。 この二人の実の父親も、戦争に関しては凄い人だった。 

 21世紀に入っての日本とアメリカ、イスラエル、そして、核開発の関連を調べていたら、オウム事件に行き着き、掲題の問題意識になりました。以下に関連URLを上げておきます。

 内容が、あまりに濃くて、複雑。私には時間がないので、判りやすいきれいな文章に纏める余裕がない。皆さん、じっくりと推理をお楽しみください。それも、真剣に読み込んでください。 

 311直後の2011年4月に書かれた、島津論文。

http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=46923

http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-353.html

http://ameblo.jp/don1110/entry-11042946542.html

http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-316.html

この中に、神戸製鋼時代に、安倍と村井が同期だったとの指摘があります。 

オウム村井が徐裕行に刺されるとき、「ユダにやられた」と言ったが、これは一体誰のことを指したのでしょう。

あの場面はマスコミのテレビ報道クルーが「今日は村井が刺される日」と知っていて、いい映像を撮ろうと陣取り合戦をしていた。

戦後体制は、日本を絶対に軍事強国にしない、という国際的な合意の下に始まっていたのですが、これを日本の旧陸軍の人間は突破したがった。昭和天皇に大戦中に進めていた原爆開発をやめさせられ、ギリギリ、アメリカと痛み分けに持っていくつもりが、無条件降伏になってしまったことを本当に恨んでいた人間がいた。

一方、昭和天皇は、日本国と日本人に、「人類最初の核兵器使用国の汚名を負わせたくなった」と戦後、弁明しながら、平和憲法をもたらした。

 しかし、これは、悪魔の懐に抱えられた中で、優しく育成された「お花畑」=「働き蟻の天国」だった。

 上記の島津論文の中には、今回の311のあとの、フクイチの爆発に関してこうあります。



日本の核の開発者である経産省は、福島第1原発でウラン弾頭を濃縮する以外に方法がなかった。(福島第1は核拡散防止検査官の発見を避けるのに十分遠い場所にある)日立とGEはプルトニウムのためのレーザー抽出方法を開発したが、それには膨大な量の電力を必要とする。これは原子炉一機が予定外の稼働をしなければならないということで、3月の地震が襲ったとき、それが実際に行われていた。

日本は国連のパレスチナの権利を支援することで、テル・アビブに対して平手打ちをあびせたが、それに対してイスラエル秘密情報機関は、日本の核施設をStuxnetウイルスで攻撃した。

・・・そして、最後では・・・・、 

イスラエル国家は、アメリカの戦略的装備を盗み出し、日本政府に対する詐欺と強奪をおこなった。そして戦争行為にも等しい重要なインフラへのコンピュータ攻撃に関係し、致命的な結果を招くことになった。
安倍首相と経産省は、憲法に反して兵器級核物質を供給し、危険性を無視して、向こう見ずで無秩序な保管、濃縮、抽出をおこなった。安倍が、最初にウランとプルトニウムの濃縮を求めなかったならば、他の勢力が関係することはなかっただろう。日本が犯罪への加担を生み出したのだ。

国際刑事裁判所は、何百万人の人々の健康-日本、カナダ、アメリカ合衆国、ロシア、南北朝鮮、モンゴル、中国、おそらく北半球全域に関する訴訟をとりあげるだけの十分な根拠を持っている。福島の災害は、卑劣な独裁による人権侵害以上の罪であり、ニュールンベルクや東京裁判所の告訴に匹敵するほどの、人道に反する罪だ。起訴をしないということは共犯のようなものだ。

もしもあらゆる暗雲の中に希望の兆しがあるとすれば、それは東北の地震と津波が、第三次世界大戦への動きを止めることで、さらなる愚挙から世界を救ったということだ。          ・・・(終り)。
 

 今、日本の原子力ムラは川内原発に見られるように原発の再稼動を強引に進めますが、これは単に電力会社の存続の問題ではなく、いまだに核兵器製造を諦めていないのかもしれません。それとも、安倍個人が、日本の原爆製造やオウム事件に関わっていたことが、日米の戦争屋からばらされるのを怯えているのでしょうか? 

 大東亜共栄圏の亡霊は間違いなく生きている。このままでは、最後は、とんでもない事態(結末)になる。その前に、この亡霊を成仏(陽の下に晒す)させないと。

 それが、今年の夏のテーマなのでしょうが、できないときは、・・・・・。  考えたくもない。

ウクライナのスホイ25のパイロット マレーシア機撃墜を認める。

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_29/275232268/

戦争屋はどんどん追い込まれている。

8月6日が、ヒロシマ

   9日が、ナガサキ

  15日、終戦記念日。

王族たちのタイムスケジュールは、この過程で、戦争屋やヤクザの一掃を考えているのでしょう。

そのあとに、日本国内の利権屋にメス。

8月10日のスーパームーンに、

  北信州の飯綱町(旧三水村、中野icすぐ)のサンクゼール http://www.stcousair.co.jp/valley/main-shop/

  で、 “ コズミック・セレブレーション2”。

   真砂さんは、今回、 演目に、“故郷”を 加えました。

昨日の福島は、何かが起きている。モニタリングの数値が異状。

https://twitter.com/TOHRU_HIRANO/status/492966134472114176/photo/1

2014年7月26日:15時45分ごろ。 福島県(相双・波江町)末森集会所モニタリングポスト。(3.5μSv/h)→(約 640μSv/h)に急上昇。

  

 

【お知らせ】DVDのキャンペーンは今月31日までです!! 忘れずにご購入ください!!

  621日・22日に「大阪」と「名古屋」で開催した『皆神塾(大阪・名古屋)』のDVDをキャンペーン価格で販売中です!! 

キャンペーンは今月末までですので、お早めにお買い求めください。

今回は、621日と622日にそれぞれ大阪と名古屋で開催した2回の『皆神塾』を2枚組DVDとしてまとめた大変お得な長時間DVDです。 

全編で「5時間20分収録」の2枚組みの長編DVDです。講演2回分を収録していますが、1回分の価格で販売させていただきます。 

7月末までにお申し込み頂い方には特別割引があり、販売価格は、通常6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。) 

「内容」や「レジメ」などの詳細については次のリンクから『瓊音ショップ』をご覧ください。→ 瓊音ショップ「皆神塾(大阪・名古屋)開催分」 

テーマ: 天皇と王族の良心が、日本人に人類的視野と自覚を促している。

日本の変革が世界の希望に直結する。出雲と宇佐の大事を踏まえて。 

l  大阪では緊迫する国際情勢の最深部

l  名古屋では真の日本復活の道筋 

販売価格は、7月末までにご注文いただいた方については、通常価格6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。)

 《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

明日、明後日は用心したほうが良いかも。「地獄の門が開かれる」???

 こんにちは。

私のところには、10年前から、公衆電話から声にならない声で、何かを伝える電話があります。

昨年も2回くらいしかなかったのですが、今年は、たった今、ありました。残念ながら、内容がわからないのです。

ただ、明日が、何か、特別の日になるかもしれません。

地震かも知れず、備えておきましょう。 

 ムーのブログさんが、触れていますが、明日は新月で、特別の日のようです。

  「 地獄の門 が 開かれる」 

関連動画は以下に、

 ・https://www.youtube.com/watch?v=2Gl0hTnRhfs

 https://www.youtube.com/watch?v=4MjnHeJG06s

普通なら、気にしないのですが、『公衆電話』が一年ぶりにかかってきてしまったので、とりあえず伝えときます。

 私のところには、1999年に湯河原にいたときから、常人でない人が、不定期に電話をしてくれます。

宇宙人? 殺意を感じたことはありませんでしたが。  ただ、時期が、時期だけに。

 

大丈夫。今、旧体制のテッペンで変革が始まった。抵抗勢力のとばっちりを受けないように。

 こんにちは。おはようございます。

1) このブログに、大量の「旗」が立ってしまいました。そして、いったいどこまで増えるのだろうと、少し書き込まないでいたら、

  「あれ、ぜんぜん更新していないけど、何かあったの? 大丈夫?」 

  こんなメールを頂きました。

 また、「WHOが正式に発表していない。英文URLは、どこにある?」とも。

 今回のWHOの決定は内部通達で、しかも、各国の事情を尊重するため対外的には文書は出さない、とのこ とです。 情報源は、華僑筋に近いお医者さんグループ。今のWHOのトップは誰?どんな人?

 今、ロシアにいるスノーデンも、昨年は、一時、香港にいました。

2) 「京の風」で、7月17日に、カレン・ヒューズのことを紹介したとき、こう書きました。

>彼女の話が間違いのない事実で、世界の金融当局が本格的に動きだすのなら、この夏休み明けには、日本の政界でも、当然、大激震がおきることが予想されます。 ただ、世界中でこれに対する抵抗(嫌がらせ)も頻発し、大きな事件もおきそうです。これまで、国家暴力と中央銀行の仕組みで、特権を築いてきた者たちは、全ての足場が崩れていくことになるのですから。

こう書いてすぐに、大きな事件、ウクライナ東部でマレーシア機の撃墜です。進路が変更され、打ち落とされた。

さらに、台湾、アルジェリア。

イスラエルが、原発へのロケット攻撃に怒って白りん弾に地上戦。   

五月末から、ガザのハマスの中に「戦争屋」が入り込んで、マッチポンプを始めています。      ネタニヤフが日本の天皇とあって、平和的解決を約束したばかりだったのに。

3) FRBの金庫フォートノックスの、偽の金塊。 これは、2012年にはすでに英語世界の周知のことでした。https://www.youtube.com/watch?v=8Jahrz2BDZo

 戦前、1930年5月30日に日本が筆頭理事国でBISがスタートしたのですが(これは天皇ヒロヒトの画策)、翌年の満州事変で、日本は国家としては、BISでの権限が無くなりました。天皇個人は巨大な権限がありながら、国家が使えなくなった。この辺を石原莞爾はきちんと知らないまま、軍事行動を起こした。昭和天皇は石原が嫌いでした。しかし、石原の軍事的成功に嫉妬した陸軍は、満州に溥儀を引き込み独立国(実際は傀儡)にした。しかし、これがリットン調査団でも認められないと国際連盟を脱退した。

 この日本が孤立した1934年から、開戦の詔勅の前までの1941年前半までの7年間に、アメリカに運び込まれたのが1万5千トンの金塊。これを元に、1944年に、米ドルを金本位制で発行することにしたのですが、もう、金塊そのものもないと。

 その点、カレン・ヒューズ女史は17万トンあるといいます。さてさて、どんな風に使うのか? とりあえずBRICS開発銀行を支え、これから出てくる通貨に金を使う。戦争屋や詐欺師、ピンハネ野郎には、あたらしいカネは流さない、ということなのでしょう。彼女が東京にいたのですから、現在の今上陛下、及び、華僑系のひとたちとは話していた筈です。

4)「黒田バズーカ」をうけて、私企業で最も多くのマネーをアメリカに届けたのが、ソフトバンク。http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/37034894.html

  http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140617/266971/

 買収した米国企業の事業としての価値よりも、アメリカにカネを流すことが目的だったのでは?どうやら、孫正義は最近は酒びたりで、「あれは買うしかなかったんだ」と泣き喚くこともあるとか。そして、さらに買ってイク。

 もし、ソフトバンク株が大暴落する事態になったら、きっと、華僑系の資本が底値まで待って一気に買いに入るのではないか、と予想されます。

 そういえば、日本政策投資銀行とタイの財閥CPが、日本企業の東南アジア進出を支援すると言って共同出資している。これは、BRICS開発銀行とほぼ同時期。

タイは、悠仁くんのお父さんの秋篠宮が大好きな国でした。今、アセアンと中国は自由貿易関係です。

5) 8月10日(日)のサンクゼール ”コズミックセレブレーション2”。

    この夜のスーパームーンはますます輝きますね。

   泊まりは、ログハウスを用意していますし、 昨年同様、「ホテル杉の子」もあります。

  

  8月24日(日)に、京都で、勉強会。(会の名前を、思案中)

  以上は、別途案内します。

マレーシア航空機の撃墜。この動画に疑問点が整理。

https://www.youtube.com/watch?v=4bJDp7fToXI&feature=youtube_gdata_player&app=desktop

WHOが抗がん剤の使用をやめるようにいいだした。あとは各国の国内法の問題。

  こんにちは。

5月21日、日本で福井地裁が大飯原発に再稼動「差止め」判決を出し、天皇皇后が足尾鉱山を訪問されたとき、ジュネーブにあるWHOでは、癌治療に使われる抗がん剤に関し、熱心な議論が始まっていた。

そして、6月13日(金)に、ローマ法王フランシスコが、マネー崇拝を完全否定し、「戦争を起してでも利益を追う旧い体制を排除する」と宣言したのとほぼ同時に、ロックフェラー家に不幸が起きた。この時には、真剣に、FRB(通貨マフィア)に代わる新しい通貨システムの話し合いが始まり、WHOでは抗がん剤をやめる決定が下りていた。

 法王フランシスコの言う「旧い体制」を、戦後、もっとも支え、それによって大繁栄したのは、「お花畑状態になった日本」の産業界です。日本人は平和憲法があるからといって、世界の悲劇を他人事ととらえ、世界全体の中で、日本の国家と産業界がどんな位置づけが分からないままでした。「町人国家」と呼んだものがいたくらいでした。

それが今では、はっきりわかります。 悪魔の僕だったのです。今のイスラエルをみてください。

先日、いい話があるといったのは、5月末に、WHOが抗がん剤の効用を否定するどころか、抗がん剤の害毒を認めたことをうけ、日本では、ようやく7月15日に、癌治療の現場で、「抗がん剤を使わせる指導」を撤回することが決定したことです。ただ、すぐに、法律で禁止したり、行政指導をすることではなく、当面は、各医療機関がこれまで買ってある備蓄分を使うことを容認し、そのあとに通達が出されるとのことのようです。

 どこまでも、医療業者の利益をまもりたいのが日本の「お上」の姿勢なのです。それでも、「抗がん剤」否定の流れが始まったのは事実ですので、これはいいことです。 ここでは、国民が、大いに、声を上げねばなりません。

 この5月からの流れを考えますと、6月13日(金)の朝に、リチャード・ロックフェラーが殺されたのは、彼が抗がん剤の内情を大々的に公表する決意を、父のデビッドに伝え、これからは、本来のまともな医療に取りかかれると、贖罪と希望に胸高鳴っているところを、この動きを知るアメリカの医療マフィア(これは父のデビッドがつくりあげた)によって犯行が実行された、と考えられます。これが、真相でしょう。

 では、日本の医学会は、どうなっていくのでしょう。

ロックフェラー医学に倣って、様々な要因で平気で癌や病気をつくり、対処薬をつくり、高額治療でおおいに儲ける。その代表が抗がん剤、そして、陽子線治療。東大を中心にした日本の医学会では、こんなことばかりしてきたから、当然、福島の原発事故は、最高の実験台となり、首都圏住民の被曝は、さらなる飯の種となった。 「食べて応援」「瓦礫処理」も、儲けのタネである、「癌」を拡散するものだった。

 しかし、BRISC開発銀行を登場させた「力」は、この真実を知り、それを止めだした。

ただ、それでも、国家主権と各国の権力事情が尊重され、それぞれのペースで、この体制を止めさせることに。日本の場合は、医療業界、マスコミ、教育、保険、と、すべての業種の利害に関わるだけにあいまいなままで進行する。 ここで、また、幸不幸、運不運がでてしまう。 国民が、「羊」であり、「社畜」のままだからだ。

 安倍政権のうちに、真実が出ることはない。日本全国各地の医療機関の医者たちが、猛反省するにも時間がかかるでしょう。俸給が保証される地位のみを目指し、本当の勉強(いかにいい社会を創るか)や学問(真理・真実の探究)をしたことのない人ばかりなんだから。特に、今の厚生大臣は、パソナ仁風林に入り浸っていた田村。 この人間に、そんな見識も人間としての度量も道徳観もない。 

「お上」依存とは、自らの命と魂を、進んで、悪魔に売り渡すこと。 これが「淘汰」の現場の真実。 覚醒しなきゃ。

【お知らせ】皆神塾DVD(大阪・名古屋6月開催分)・・・キャンペーン価格で販売中!!・・・キャンペーンは今月末までです!!

 621日・22日に「大阪」と「名古屋」で開催した『皆神塾(大阪・名古屋)』のDVDをキャンペーン価格で販売中です!! 

今回は、621日と622日にそれぞれ大阪と名古屋で開催した2回の『皆神塾』を2枚組DVDとしてまとめた大変お得な長時間DVDです。 

全編で「5時間20分収録」の2枚組みの長編DVDです。講演2回分を収録していますが、1回分の価格で販売させていただきます。 

7月末までにお申し込み頂い方には特別割引があり、販売価格は、通常6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。) 

詳細については次のリンクから『瓊音ショップ』をご覧ください。→ 瓊音ショップ「皆神塾(大阪・名古屋)開催分」 

テーマ: 天皇と王族の良心が、日本人に人類的視野と自覚を促している。

日本の変革が世界の希望に直結する。出雲と宇佐の大事を踏まえて。 

l  大阪では緊迫する国際情勢の最深部

l  名古屋では真の日本復活の道筋 

1) 変化の予兆:「美味しんぼ」と521日の変事。二つの地裁判決と、陛下の足尾銅山訪問

司法が本当に変わりだしたのか?「不正選挙」はどうなるか?

2)  東アジアの水面下。沖縄久米島沖で大きな噴煙。30mに接近した中国機。            アセアンは日米と組んで中国の拡張主義を止めさせた。 日中韓鮮で一体化へ。

3) あぶりだされた新自由主義の正体と「パソナ仁風林」。

安倍政権は自民党と戦後「権威」の本質を国民に晒す。   

原発は日本経済と世界経済に直結する。原発マフィア退治は世界の文明変換と一体。

4)「富が増えない中、骨組だけが残る。国家の生命力が落ちる日本」と資本主義の限界。

マネーと国家と信仰。天皇家から出雲大社に「お嫁入り」。

日本神社界の頂点の宇佐神宮に変化。

5) ビルダーバーグ会議、イラク攻撃、ロックフェラー家に異変

戦争屋の安倍政権はいつまで続く?  集団的自衛権は、何のため?

天皇の「精神」とは? 125代、2000年以上。 イエスとの関係は?

6)宮中晩餐会に来たネタニヤフと、 天皇陛下のCIA。 

マネーをどう生かし、どう流すか? 

求められる、古代出雲の精神を生かした発展ビジョン。

システム変換の規模と、衝撃の深刻さは、これから、決まる。 

全編で「5時間20分収録」の2枚組の長編DVDで、十分楽しんでいただけます。 販売価格も、2回の講演を収録していますが、講演1回分の価格で販売いたします。 

7月末までにお申し込み頂い方には特別割引があり、販売価格は、通常6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。) 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

【新井信介:2014年7月メッセージ】

① Wカップと王族会議 ② 戦後の通貨体制とイスラエル ③ ローマ法王とロックフェラー ④ 新たなIMF? BRICS開銀 ⑤ イノチを大切にする世界のスタート? ⑥ 天皇家から出雲への嫁入りの意味は?

【お知らせ】本日『皆神塾(東京)』開催です!!・・・「レジメ」ができましたのでご覧ください。

 本日、『皆神塾(東京)』開催です!!「レジメ」ができましたので以下ご覧ください。

尚、『皆神塾(東京)』開催要領については次のリンクからご覧ください。→ 皆神塾(東京)140720

「本日のレジメ」:

テーマ: 「神の仕組み」のクライマックスに出てくる「日本人」。 

~米中戦略的同盟。悪役の安倍と天皇の御心で、どうなる? 

 1)5月からの大変化。 21日の決意。司法(大飯原発)と天皇(足尾鉱山)。

    国際問題に関与  イスラエルのネタニヤフが宮中晩餐会。

 5月までに東アジアでの紛争状態を解決せよ。」 

マッチポンプを封じ込める。 久米島沖の爆発。30Mの接近。ヴェトナム支援。 

2)安倍政権の最大の課題(日本を取り戻す)

民主党時代の日本破壊のベクトル  ①在日ヤクザ ②中国の軍事力 ③イスラエルの脅し                      

中国拡張主義に対抗、秘密保護法案、NSC法案、首相個人判断の「集団的自衛権の行使」。  

「戦前」と日本近代化の病理を可視化。 

3) 6月は人類の問題に積極関与。アメリカの警察機能を代替する。

いきなり浮上した「集団的自衛権」。 強引な審議。・・・30日に閣議決定でOK

    13日ロックフェラー家の悲劇。 ハマスが活発化(ガザ紛争)。 世銀で新制度を準備 

4) 7月、日本国内の本格改変。戦争屋の逃げ場所になっていた安倍政権の役目が終了。

    13日滋賀県知事選挙 「不正選挙」できず。 放射能問題が顕在化。川内原発に審査通過。

78日に、イスラエルの原発にハマスからロケット弾。空爆開始  

5) W杯の終了。 BRICS開発銀行の創設でFRBの価値低下。 しかし、新通貨はまだない。

 ガザで地上戦。  ウクライナでマレーシア機が撃墜。

世界戦争は起さないがFRB(ドル資産)を存続。 黒田バズーカとは別の金融機能を作る。 

老子の視野。 トマノ王子と「天皇の金塊」 

東アジアの「統治体」を競わせながら、「国家」を消していく、アジア共同体への深謀。

6)大転換の道筋:完璧な「神の仕組み」。政治的存在「天皇」の権威が世界化 

追い詰められた羊たちの「淘汰」と「覚醒」。

通貨の全面見直しから「統一通貨」へ。・・・縄文の感性があふれる日常にマネーが流れる。  安倍自民(明治体制・田布施幕府のYHWHのピラミッド支配)。→ いつまで持つか?      新体制(MITRAを生かした再編成)。 細川・小泉の脱原発勢力は全国組織の政党に。     8月北朝鮮、10月出雲の慶事。伊雑宮では式年遷宮は11月。725日に「甍祭(いらかさい)」。

6000年前に誕生した二つの文明体系(「シュメール」と「縄文」)。1300年前の「日本(仁品)」

〔VICE NEWS〕を見る。ウクライナでのマレーシア機の墜落は、単なる撃墜ではない。

先ほどのブログに少し訂正。高度一万メートルの飛行機を落とせる技術は、ロシアにもありました。

今回のマレーシア機の墜落現場を、 VICE NEWS が動画で紹介しています。

http://www.liveleak.com/view?i=8f8_1405750366&utm_medium=twitter&utm_source=@liveleak

農夫の証言「黒い巨大な雲が出てきた」。  気象改変装置か。 こんなことできるのは誰か?

ウクライナでマレーシア機撃墜。7月からの世界的事件は全て新通貨体制と絡む。

日本で集団的自衛権が容認されたあと、パレスチナのガザでの戦闘が激しくなった。

ハマスの秘密基地からロケットがイスラエルの原発近くに打ち込まれ、ネタニヤフが逆上。大規模の空爆。さらに、17日には、ガザからの避難命令を出したあと、ハマスの地下基地を壊滅させようとイスラエルは地上戦に入った。これと同時におきたのが、ウクライナ東部の上空でおきたマレーシア航空機の撃墜事故。

 幸い、オバマとプーチンがホットラインでつながり、「真相究明」に慎重な対応をしている。彼らは、今回の下手人が誰なのか知っている。昨年からの、流れである。

 その上で、オバマは、ロシア側からの地対空ミサイルによるものといっている。しかし、ロシアの兵器は高度4000Mまでしか射程がない。 これは、政治的な発言だ。

 真相は、インタファクス通信が18日の12時に伝えているのが正しい。

 東ウクライナで自ら独立を宣言しているルガンスク人民共和国報道部は「マレーシア航空機ボーイング777を撃墜したのは、ウクライナ空軍の攻撃機Su(スホーイ)25型機である」

 ルガンスク人民共和国報道部は、又次のように発表した―「旅客機ボーイング777の飛行を見守っていた現地の人達は、同機をウクライナ空軍機が攻撃する様を目撃した。攻撃を受けた後、同機は空中で真っ二つになり、ドネツク人民共和国領内に落下した。攻撃後、ウクライナ空軍機は撃墜され、こちらはルガンスク人民共和国領内のクラスヌィ・ルーチ地区に落下した。

 今のウクライナはソチ五輪にあわせて戦争屋が入り込んで政権を乗っ取った国である。この2月に戦争屋はドサクサにまぎれて、大量の金塊を盗み出したばかりだった。 戦争屋とは、実は、FRBと一体だった。FRBは、ドイツその他から、金の返還が迫れていたのだ。

 今回の事件の真相は何か?

これは、本質は、通貨の問題。戦後のFRBによる米ドル体制が、この7月から急速に変わっていること。FRBの発行する米ドルは1944年に最初は金本位制でスタートしたが、1971年8月15日からはそれが外れ、原油本位制になり、さらに、原油高=戦争本位制になって、戦争屋が支配する通貨になってしまった。その体制の中で、日本経済、とくに、産業界と国家予算が組まれてきた。

このときの戦争の最大の要は、イスラエル。ここを誰が、どの程度、暴れさせるか?これが、これまでの米ドルを中心にした世界の通貨体制維持の要点だった。米国がイスラエルに多額の支援をしてきたのは、実は米ドルの価値を護るためだった。それを、日本は大量の円を発行し、それを米ドルに変えて米国債を買い支える、キャッシュディスペンサーだった。

 今、世界の基軸通貨だった米ドルはリーマンショックのあと、まるで、何の裏づけのないまま漂流し、その整理に入っている。インチキと悪さで儲けた人間を罰し、それはイルミナティーの奥の院、バチカンの黒い法王や英王室にまで及んでいる。その作業が進展する中で、昨年末から、日本では強引な安全保障上の「秘密」が指定された。 

そして、安倍は集団的自衛権を6月30日に容認。閣議決定で自衛隊を派兵できるとした。

このころ世銀内部では、戦後の国際金融では使われていなかった大量の金塊をつかって、通貨の発行に関するあたらしいルールを策定し、それが、W杯の直後の15日に、BRICS開発銀行の創設になって現われた。

 しかも、ケシュの技術に見られるように、フリーエネルギー技術が登場するのを、これまでのように、戦争屋が抑えられない。

 戦後は、「希少資源の権威的分配」が、国際政治のセオリーであり、これをもとに、原油・天然ガス、ウランをにぎって米ドルを世界の基軸通貨にしてきたが、いよいよ、これが本当に終わる。これまでの目論見どおり、ピラミッド型の支配構造で世界を統一し、人口削減を考えていたやりかたは否定され、それに代わる、通貨体制への切り替えが、徐々に始まったのだ。 

 問題。 では、日本はどうなるの? 

今のアベノミクスは、どちらにいるのかは、もう、みなさん、ご承知のとおり。旧体制の維持、あるいは、安部政権の登場そのものが実は、戦争屋の延命だった。それが、国家が破綻寸前でも、日本国民に更なる負担をおしつけ、ウソをいって、延命している姿だが、ここに、BRICS銀行を登場させた「チカラ」が、およぶときに、どうなるのか?

 カレン・ヒューズ女史は最初は、世銀の内部に、普通の人間でないものがいた、と告発したあと、戦後の金融カルテル(通貨マフィア)とは別の仕組みを作っていた。この世銀内部の新しい動きが表に出たときが、イスラエルのガザ紛争の始まりだった。

そして、BRICS開発銀行の設立が決まったときに、ウクライナでマレーシア機が、撃墜された。

「世界」は、どんどん戦争屋の正体が気がついている。しかし、日本国はその戦争屋がつくりだした「国家の規範」の上にすべてが、マネー中心での社会制度が組み立てられている。アベノミクスが、戦争屋と、それと組んだ原発マフィア、医療マフィアを支えるものだったが、これが、これから変わるのか?

実は昨夜深夜、いいニュースが入ってきた。医療関係のこと。これは明日は話します。   

 日本政府、そして、日本の産業界はアメリカが変わらないと何にも変わらないが、アメリカが、6月13日のロックフェラー家の事件以後、やはり、変わりだしています。 

7月20日(日)東京皆神塾。8月10日(日)サンクゼールで"コズミック・セレブレーション2"

お知らせです。

1) あさって、20日(日)。  14:00~17:00 東京皆神塾 です。

   連絡先 TEL:090-5804-5078 (室伏)      参加費: 3500円 

    講演内容:   『「神の仕組み」のクライマックスに出てくる「日本人」。

                ~米中戦略的同盟。悪役の安倍と天皇の御心で、どうなる?』
 
  場所: 東京都港区三田2-14-8 2F会議室 
  (注1)会場までの道順 → 140307_地図_田町.pdf
 
 6月30日、安倍総理は集団的自衛権行使を閣議で決定し、今後は世界中どこにでも自衛隊を派遣できる「法的論拠」を得た、とした。直前には新宿で抗議の焼身自殺もあったように、この決定は戦後の平和憲法を完全に死文化させた。  安倍は憲法の精神を守って平和構築すると強弁するが、福島の放射能汚染を「アンダーコントロール」と平気でウソをついたままの人間が最高指揮官の日本の軍隊で、世界人類がまとまるのか?本人はリチャード・ロックフェラーの死の直後に、出雲大社にいって平和を誓ったのかもしれないが、国民にすら信頼されないのに、海外の人間からはどうなのか?
 
 7月1日から自衛隊員募集のPRが一斉に始まった。東電の放射能はこれまでどおり企業の枠組みで対処し、企業を儲けさせるための軍事路線をひた走る。そこ先に未来はあるのか?同胞を殺し、海外では銃口を向けながら平和を語る。カネが基本になったとき、人は狂う。
しかしこれが現実である以上、そこに完璧な「神の仕組み」がある。日本文化の中心の天皇の求心力は徐々に国境を越え、戦争屋退治の後は、宗教の超克に向かい、同時に羊たちに「淘汰」が進む。 人間は自分の周囲に純粋なイノチをはぐくむとき、その人に生命力が注がれる。地球大に企業も軍事も日本から拡大している中、本当の信頼は誰が築くのか?  今の日本は、人類史的転換の主役になっている。「根源の光の体現者(戦士)」の道はどこか、安倍はどうなるか、天皇の起源を合わせて研究します。
 
 
2) 8月10日(日)は、サンクゼールで、コズミック・セレブレーション2 です。
  
  この日は、月が今年で最大になるスーパームーンです。

チラシ表 http://www.k2o.co.jp/blog2/img_upload/cosmic-celebration2%20%281%29.pdf

 チラシ裏面 の文面

  縄文~シリウス: コズミック セレブレーション2  「羽化の始まり」

お盆前の10日(日)夕刻、サンクゼール・レストランに昨年に続いて素敵な仲間が集います。今回は芝生の上で、満点の星を感じながらのコンサートです。この一年の動きは、式年遷宮に続いて、天皇家から出雲大社への「お嫁入り」の流れです。これは縄文とシュメールが最初に出会ったときの喜びの復活です。宇宙の始原のリズムと響きに、地上に生まれた私たちの文明が人類の心を乗せて、再び戻っていく日です。
人類文明と日本文化の淵源を探す文明アナリスト新井信介 と、縄文の響きを再現するネイティブフルート奏者真砂秀明が、この夜、再び、共演です。
 
<語りの要旨>:
シリウスは大犬座にある。Aは青く輝く大きな光。Bは白色矮星で宇宙中にある生命情報を拾うアカシックレコード。ニビルはその情報の地球への配達人。地上の時代時代の人間に、必要に応じてソフトをダウンロードさせて進む方向を示してきた。15千年前に、ユーラシア大陸から切り離された日本列島には、照葉樹林が生い茂り、縄文人は定着し、大宇宙の銀河と交響しながら、自分のすぐ周りのイノチを感じ、見つめていた。
シリウスB情報を抱えたニビルは6000年前に地球に大接近し、人類は各地で覚醒が始まった。メソポタミアでは巨大河川の河口部で穀物生産が爆発的に増えた。農業神ギルガメッシュが遊牧の神エンキドウと組んで森の神フンババを殺し、自然を征服する対象とするシュメール文明(文字と金属器)が生まれた。4000年前には中国大陸に入って、さらに多くの収穫物と人口を得て、人間社会を支配する知恵を高めた。
 
それに対し、日本列島ではイノチの感応力の精度が増し、森の女神「ヌナカワ」を中心に遠くの族長ともヒスイの響きで繋がった。全身で宇宙の星々と大地に蠢く微生物、動植物、風からメッセージを受け、土の芸術品の火炎型土器や多くの土偶を作り出し、音で情報交流する感覚は、研ぎ澄まされていった。
 
  自然破壊の文明…二つの分離感(自他分離、現実遊離)を基に文字・通貨・金属器が発生する。
  
  自然融合の文明…幾層ものイノチの音、響きあい。豊饒の中での無限のコスモスとの一体化。
 
 この二つが日本列島で出会い融合したときに、原始王権「ニギハヤヒ(別称:大国主)」が生まれ、目の前にあるイノチを大切にする約束となり、その印に、翡翠の「勾玉」が生まれ、《ヤマト》が自覚された。
 
3世紀の「国譲り」を経て、最初の接触から1000年の時間をかけてスメラミコト(天皇)を生み出した。しかし、伊勢にアマテラスが祀られ、東大寺三月堂の観音像の宝冠を飾ったあと、「翡翠の勾玉」は完全に隠されてしまった。文字言語によって、国家や神は規定されたが、凄惨な権力争いが繰り返された。近代国家が生まれた後は、物的には充実したが、マネー中心の考えはイノチの響きをどんどん忘れてしまった。
 
それが、昨年の式年遷宮、今秋の出雲大社の慶事で、今、地球が一つになって宇宙に向けて開放される。出雲の復権は、シュメール・ヘブライと縄文ヌナカワが融合した、最初の感性と悟性を蘇生させ、イノチの真実の響きを感じ、お互いを喜ばす。
 
「イノチの喜びから離れない文明」。 これこそが国家、宗教、マネーの弊害を超克する人類の新文明。
 「羽化」は縄文の霊性の響きから。 この夜はそれを全身で感じあう。それが瓊音(ぬなと)、八尺勾玉(やさかのまがたま)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京の下水処理における放射能濃度。これでオリンピック?ありえないでしょ。

https://pbs.twimg.com/media/Bsp4mMVCcAAa2zx.png

https://twitter.com/cmk2wl/status/489336108635783168/photo/1

トマノ王子Prince Tomanoと、世界の新しい通貨体制。BRICS銀行の背景。

こんにちは。 

本欄で、5月23日に、カレンヒューズさんが指摘する、山下奉文とビクトリア女王のことに言及しましたが、http://www.k2o.co.jp/blog2/2014/05/post-1174.php 

そのとき、ビクトリアの双子の兄を、トラノ王子としてしまいました。 正確には、トマノ王子 Prince Tomano でした。 訂正いたします。

さて、カレン・ヒューズさん。世銀に再び戻られて、活動を再開したようです。彼女のビデオがありましたので、紹介します。7月15日のものです。

http://shantiphula-intl.blogspot.jp/2014/07/immediate-report-from-insider-of-world-bank-karen-hudes.html

これを、竹下さんがすばやく紹介しています。 https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=69902 ここからお借りして 抜粋します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ヒューズさん) : 今日は7月8日です。東京のホテルからこのビデオを流しています。私は約6週間前から東京に滞在していますが、その目的は、世界銀行とIMFの総会で何が決定したかを日本を含め世界中の国々に伝えるためです。

世界銀行とIMFが決定したことは:
Global Debt Facility(世界債務機関?)と呼ばれる機関が保有している金(ゴールド)を使って世界中の紙幣を金に裏付けられた貨幣に戻すことが決定されました。

中央銀行が印刷してきた世界の紙幣には金利がついています。 これは悪徳商法なのです。この件に関して詳しく皆さんにご説明したいと思います。

私はこの手紙を世界銀行と188ヶ国(世界銀行の加盟国)だけでなく、小さな島国や台湾、北朝鮮にも送りました。
今回の決定事項は世界銀行の加盟国だけでなく、世界金融カルテルの詐欺の被害に遭い混乱してしまった世界中の国々、人々に適用されます。実は、世界金融カルテルは破たんしました。 そしてもうじき、世界中の国々が、世界金融カルテルが破たんしたと発表するでしょう。

今後、世界金融カルテルの力が徐々に弱まっていくのは確かです。これは専門家の分析でも明らかになっていますが、現在、権力の移行が起きており、世界金融カルテルによる支配体制から脱却したいBRICSを含む133ヶ国が加盟する新たな連合が形成されています。

1944年にIMFが創設された理由は。。。バチカンで長い間、従事していた預言者のホゼ・リザルがバチカンの腐敗や汚職から関係を絶ちたいと、母国フィリピンに帰国しました。 彼の父親は、ビクトリア英王女の双子の兄(弟)のトマノ王子でした。

彼はフィリピンで、非常に優秀な弁護士を使って基金を創設しました。彼は、世界中の人々のために、世界中の財産を基金に投入しました。その後、50年間、この基金が誰にも使われずに保管されてきました。 そのため、誰も、基金に投入された財産は自分のものだと主張することができなくなりました。

2005年に50年が過ぎました。しかし金融カルテルは、この基金に対する署名権限のある人物(ストラット氏?)の忠告を無視しました。

ストラット氏は、私が国際金融システムにおける腐敗と汚職を終わらせようとして活動しているときに、私に諮問委員会に加わってもらいたいと要請しました。以降、私はストラット氏の諮問委員会の一員としても活動してきました。

そこで分かったことは。。。

ここの基金には世界中の人々に役立たせるために世界中の金が保管されていたということです。

この基金に保管されている金は世界中の国々が利用できるようになっています。私はそれを実行に移す権限を世界銀行から与えられました。  (・・・・ほんとうなら、とんでもない権限)

なぜ私がそのようなことができるかというと。。。私は、世界銀行の理事会のメンバー(財務開発省のトップ)として債券保有者の訴訟事件を担当していましたが、2012年12月に再び世界銀行の職に復帰したからです。

私が世界銀行で再度活動していることを明かすことはできませんでした。なぜなら、私は金融カルテルの腐敗や汚職を一掃する任務を与えられていたからです。世界銀行内部には金融カルテルの一員もいますから。

この基金に保管された金は元々は日本にあったものだと言っている人もいますがそれは違います。基金に保管されている金は初めから基金(=世界債務機関)に集められたものです。詳しくは私のウェブサイトをご覧ください。

今後、この基金に保管された金を世界中の人々のために使います。これまでの中央銀行の紙幣から、金に裏付けられる通貨へと切り替えます。・・・中略・・・

ただ、私たちは、世界中の人々が懸念している、NWOの世界統一通貨を造ろうとしているのではありません世界各国が自国の紙幣を金に裏付けられる自国通貨に変えるということです

しかも新しい通貨が支配構造の一部として使われることはありません。今後は、地域社会が独自の通貨を発行することができるようになります金貨も鋳造されます。

さらに、金の鋳造技術を開発し世界中の通貨に少量の金が使われることになります。これが、世界銀行やIMFの総会で決められたことです。このことについてご質問がある方はいつでもご連絡ください。

・・・・・・

>NWOの世界統一通貨をつくるのではない。

>中央銀行の通貨から、自国の紙幣に金に裏付けられている通貨 へ 。

>地域社会が独自の通貨を発行できるようになる。

・・・なるほど。世界統一通貨を発行する巨大な中央銀行を作るのではなく、実物に裏付けられた通貨を各地各国に発行させる。そのときに、公平で共通のルールをつくる、ということか。

 実物を生み出していないものが、好き勝手に通貨を発行することができなくなると、アベノミクスでの『黒田バズーカ』は、もうできない、ということ。

 これが、IMFの決定であっても、いつどのように発行額・流通量が決まるのか? 今の各国の発行分の通貨、債権とは、どのように刷り合わせるのか、これは、かなり、技術的な作業になります。

 この決定とほぼ同時に、BRICS銀行が創設されたのですが、もう、米ドル支配はなくなりますね。

 この決定は、通貨のもつ、国家暴力を背景にした「強制略奪証書」の側面を削り込んで、各国の経済実態にあわせ、金に裏付けられた通貨を、それぞれに発行させる、といえるものでしょう。 

 注目すべきは、ヒューズ女史は、「地域社会が独自の通貨を発行することができるようになります金貨も鋳造されます。」とも言っていることです。

 国家と超えて、あるいは、国家に囚われずに、地域社会で通貨(それもゴールドに裏付けられたもの)を発行できるようになるといいますが、

 この場合の地域社会とは、どんな規模で、どんな構成員を指すのでしょう。FRBでの米ドルの「略奪性」が激しかったので、その反動で、現在の米ドルの(国家を超えた、あるいは米国内の)流通地域で、それぞれが、国家単位やエリア単位で、新規に通貨を発行していくというのでしょうか。そして、ネット上での取引や、発行される通貨ごとの為替取引もあるのか、どうか?

 ただ、今回、私が確信したのは、グローバル化の帰結は、一極支配の単一のピラミッド構造ではなく、まさに、フラワー・オブ・ライフを支援する形に、マネーも向かいだす、ということ。マネーには、「略奪」の反対の「育成」の機能もあり、これが生かされるということ。

 自分たちで、地域を活かす為に通貨を作ろう。    ・・・ こう考える時期が到来したということです。

 私は、マネーを必要としない社会を考えてきましたが、個々人の活動とその評価を、関係者が相互に公平に認め合う手段として、新しいマネー発行させていくということなのでしょう。

 そうなると、これまでの国家予算の分配と、それを支える税収・国債という形も崩れていきます。意味のない多くの制度と大量の管理者。こうした無駄と非効率を、この新制度は、一気に消していく方向に誘導するのではないかとおもわれます。

 彼女の話が間違いのない事実で、世界の金融当局が本格的に動きだすのなら、この夏休み明けには、日本の政界でも、当然、大激震がおきることが予想されます。 ただ、世界中でこれに対する抵抗(嫌がらせ)も頻発し、大きな事件もおきそうです。これまで、国家暴力と中央銀行の仕組みで、特権を築いてきた者たちは、全ての足場が崩れていくことになるのですから。 

あと、 日本の「天皇の金塊」との関連では、

>この基金に保管された金は元々は日本にあったものだと言っている人もいますがそれは違います。基金に保管されている金は初めから基金(=世界債務機関)に集められたものです。詳しくは私のウェブサイトをご覧ください。
・・・ 「初めから基金(=世界債務機関)に集まられたもの」  このときの「初めから」とは、いつからなのか、ここが問題です。ネットで「天皇の金塊」を語るものの中には、その起源を知らず、19世紀末から20世紀に移動した金塊を指して、「天皇の金塊」というものがおり、しかも、山下財宝と混同しているものもいました。 「天皇の金塊」とは18世紀後半に金銀為替の違いから、日本列島産の金塊が流出したものを総称し、一旦は、ブルネイの場所に集められたあとに各国に配られたものです。19世紀に入り、各国が中央銀行を作るときに、このときの金塊を主に、それ以外にもどんどん金をあつめ、時に奪い合いました。さらに、そうした金塊の一部が、第一次大戦から二次大戦のときに、FRBに使われるのを避けて、女史の言う基金に保管されたものが多く存在していたのでしょう。彼女の指摘どおりなら、これは、戦後の基軸通貨であった米ドルの金本位制の基の金(ゴールド)とは別枠ということになります。今はこれを使う以外に、世界経済が回らないということなのでしょう。

 通貨をめぐる問題は、未公開の過去の事実もあれば、現在進行中の取り決めもあります。

 20日(日)の皆神塾でも、研究したいと思います。

上記が本当なら、一旦は国家をご破算にした上で、日本社会を再生する道につながります。目が離せません。

BRICSが第二世銀を創設。中国は南シナ海で妥協。滋賀県知事選挙で自民系が選挙違反。

こんにちは。 動きが急です。 

①中国・ロシアを中心に、BRICSが、新しい金融機関を設立。これを、1944のヴレトンウッズ協定で誕生した世銀と並ぶもの、としたいようです。http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0FK2HI20140716

 戦後世界は、米ドルを世界の基軸通貨にすることを決めたのですが、ここには、戦争屋が取り憑いてしまいました。 最初、金本位制でスタートしただけに、当然、「天皇の金塊」とも関係し、日本では、米ドル発行の裏で、円建ての「特殊資金(M資金・橘資金)」が多く流されました。

 今回のBRICSが、新たな通貨を発行するわけではなく、当面は、各国が発行する通貨の安定性の保持が最優先になります。そして、5カ国による途上国支援も加速します。

 いずれ、米ドル、ユーロ、ポンド、日本円を加えて、新しい「統一通貨」をつくる流れがなるはずで、この一里塚が始まったといえます。これは、王族会議の決定なのでしょう。

②このときの主役は中国です、昨年来、フィリピン、そしてヴェトナムと領海を争っていた中国が、どうも譲歩を始めました。メンツが大事なので、予定通りの行動だ、としていますが。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140716/k10013059921000.html

 習近平は、人民解放軍の中の戦争屋を押さえ出したともいえますが、実際には、もっと現実的理由が考えられます。それは、実際に、本格戦争になったときのシュミレーションでしょう。

 ヴェトナム軍に、日米が、軍事協力を水面下ですすめれば、中国は対抗できないでしょう。

③ これを匂わすブログがあります。http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/

 ここには、日本の潜水艦情報に加え、日本国内の「在日」特権について、公安・司法は、どのように見ていたかも、書かれています。 かなり詳しいのですが、 内容の真偽は、皆さんご自身で判断してください。

④東アジアを平和環境にする。 それに必要な喫緊の3要件は、すでに、本欄で指摘してきました。国家ガバナンスを取り戻すために、日本の司法まで、相当な無理をして作りだしたのが安倍政権です。 どうも、日本国という統治体を維持する上での国家的緊急案件は、ひとまず終わったようです。あとは、拉致問題だけが残っていて、これを安倍は政権延命に使いたい考えのようですが、さて、どうなるか・・・。

 今回の滋賀県知事選挙で、安倍が期待していた『公明党・創価学会』が機能しなかったらしく、さらに、自民党の元県議で、選挙管理委員会の人間が、選挙違反で逮捕されました。http://www.asahi.com/articles/ASG7H7QNCG7HPTJB02M.html

 これから、どんどん、自民党の野蛮さハシタナさが、出てくるでしょう。 司法が、「放射能」処理に向って動き出したのかどうか、は、まだ不明だが、変化がおきているのは、間違いない。

世界が大きく動いている。原発・放射能・景気・東アジア・中東問題、そして新エネルギー。

 こんにちは。

W杯サッカーが終わりました。

この間、戦争屋の残党勢力が、イラク、パレスチナで戦禍を起こしましたが、 世界は冷静な反応です。

東アジアでの戦争についても、北朝鮮のヤラセのミサイル発射はあっても、日本と北朝鮮の交渉に影響が出ません。

集団的自衛権の行使要件については、昨日の国会審議に見られるように、実際に行使に踏み切れる事態は、どんどん限定されていきます。「平和憲法」がある以上、すすんで戦争を拡大するわけにはいかないのです。

アメリカ自体は国策として世界展開している軍事力を縮小させ、一部を日本に肩代わりさせる意向でしょうが、ここで「平和憲法」は、日本の自衛隊を、外に引き出すときの盾になっています。アメリカ内部、それも、ジオニストたちを変質させるしかない。

 イスラルという国家を作り出した意志に紛れ込んだ、戦争屋の解体・消滅がさらに進んできます。

滋賀県知事選挙。 三日月氏の勝利は、民主党の勝利ではなく、反安倍政策の勝利です。

 5月21日に出した福井地裁の再稼動差止め判決 は、重い。

ただ、これが国家方針になると、原発はすべて不良資産になります。 

日本経済の方向が、放射能を無視した、経済拡大は、完全にできなくなります。

 「311」以後、特に、安倍内閣での最重要課題は、

どうも3つあった。 「日本をとりもどす」 というときの「日本」には、

①国家中枢にまで入り込んだ、在日と韓国ヤクザを排除する

②領海を荒らしまくる中国の軍事勢力に制限を加える

③日本破壊の意志をも戦争屋の影響力を、日本の全体から消していく。

・・・・

ここがきちんと、片付ける方向性が確立するまでは、何が何でも、これが優先。それに「司法」も加担し、「不正選挙」を強引にしてでも、これを進める。

では、今はどうなのか? 今後の安倍政権は? 予想通り、福島原発事故で被曝状況や、現在の事故後の処理など、どんどん、でてきました。

 20日は、この話になります。

安倍でいくのか? 解散総選挙?  東電から福島を切り離す?  などなど。

 

 

 

【お知らせ】皆神塾DVD(大阪・名古屋6月開催分)・・・キャンペーン価格で販売中!!

 621日・22日に「大阪」と「名古屋」で開催した『皆神塾(大阪・名古屋)』のDVDをキャンペーン価格で販売中です!! 

今回は、621日と622日にそれぞれ大阪と名古屋で開催した2回の『皆神塾』を2枚組DVDとしてまとめた大変お得な長時間DVDです。 

全編で「5時間20分収録」の2枚組みの長編DVDです。講演2回分を収録していますが、1回分の価格で販売させていただきます。 

7月末までにお申し込み頂い方には特別割引があり、販売価格は、通常6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。) 

詳細については次のリンクから『瓊音ショップ』をご覧ください。→ 瓊音ショップ「皆神塾(大阪・名古屋)開催分」 

テーマ: 天皇と王族の良心が、日本人に人類的視野と自覚を促している。

日本の変革が世界の希望に直結する。出雲と宇佐の大事を踏まえて。 

l  大阪では緊迫する国際情勢の最深部

l  名古屋では真の日本復活の道筋 

1) 変化の予兆:「美味しんぼ」と521日の変事。二つの地裁判決と、陛下の足尾銅山訪問

司法が本当に変わりだしたのか?「不正選挙」はどうなるか?

2)  東アジアの水面下。沖縄久米島沖で大きな噴煙。30mに接近した中国機。            アセアンは日米と組んで中国の拡張主義を止めさせた。 日中韓鮮で一体化へ。

3) あぶりだされた新自由主義の正体と「パソナ仁風林」。

安倍政権は自民党と戦後「権威」の本質を国民に晒す。   

原発は日本経済と世界経済に直結する。原発マフィア退治は世界の文明変換と一体。

4)「富が増えない中、骨組だけが残る。国家の生命力が落ちる日本」と資本主義の限界。

マネーと国家と信仰。天皇家から出雲大社に「お嫁入り」。

日本神社界の頂点の宇佐神宮に変化。

5) ビルダーバーグ会議、イラク攻撃、ロックフェラー家に異変

戦争屋の安倍政権はいつまで続く?  集団的自衛権は、何のため?

天皇の「精神」とは? 125代、2000年以上。 イエスとの関係は?

6)宮中晩餐会に来たネタニヤフと、 天皇陛下のCIA。 

マネーをどう生かし、どう流すか? 

求められる、古代出雲の精神を生かした発展ビジョン。

システム変換の規模と、衝撃の深刻さは、これから、決まる。

 

全編で「5時間20分収録」の2枚組の長編DVDで、十分楽しんでいただけます。 販売価格も、2回の講演を収録していますが、講演1回分の価格で販売いたします。 

7月末までにお申し込み頂い方には特別割引があり、販売価格は、通常6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。) 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》140621_0622_皆神塾_大阪・名古屋.jpg

【お知らせ】今週末は「東京」で「皆神塾」開催です!!

 先日お知らせしました「皆神塾」(東京)が今週末と近づいてきました。 

そこで、先日、ご案内させていただいたものを再掲させていただきますので、皆様、お知り合いの方々とお誘いあわせの上、ご来場いただけたらと思います。 

どうぞよろしくお願いいたします。 

*****************************************************************

ご関係各位 

2014720()に皆神塾を開催させていただきますので、ご案内させていただきます。

お知り合いとお誘いあわせの上ご来場いただければ幸いです。 

日時:           2014720日 ()  14時~16時  (その後約1時間程度質疑応答)

                 (注)開場は1330分です。

場所:         東京都港区三田2-14-8 2F会議室   TEL090-5804-5078 (室伏)

最寄り駅: 

JR山手線・京浜東北線 田町駅 西口徒歩5

都営浅草線 三田駅 A3出口徒歩4

都営三田線 三田駅 A8出口徒歩4

(注1)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。→ 140307_地図_田町.pdf

(注2)会場の前には道路に面して駐車場の大きなマーク「P」があります。

そのすぐ後ろの階段を2階へ上がってください。 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。 

講演内容:  『「神の仕組み」のクライマックスに出てくる「日本人」。

~米中戦略的同盟。悪役の安倍と天皇の御心で、どうなる?』 

630日、安倍総理は集団的自衛権行使を閣議で決定し、今後は世界中どこにでも自衛隊を派遣 できる「法的論拠」を得た、とした。直前には新宿で抗議の焼身自殺もあったように、この決定は戦後の平和憲法を完全に死文化させた。安倍は憲法の精神を守って平和構築すると強弁するが、福島の放射能汚染を「アンダーコントロール」と平気でウソをついたままの人間が最高指揮官の日本の軍隊で、世界人類がまとまるのか?本人はリチャード・ロックフェラーの死の直後に、出雲大社にいって  平和を誓ったのかもしれないが、国民にすら信頼されないのに、海外の人間からはどうなのか? 

71日から自衛隊員募集のPRが一斉に始まった。東電の放射能はこれまでどおり企業の枠組みで対処し、企業を儲けさせるための軍事路線をひた走る。そこ先に未来はあるのか?同胞を殺し、海外では銃口を向けながら平和を語る。カネが基本になったとき、人は狂う。 

しかしこれが現実である以上、そこに完璧な「神の仕組み」がある。日本文化の中心の天皇の求心力は徐々に国境を越え、戦争屋退治の後は、宗教の超克に向かい、同時に羊たちに「淘汰」が進む。 人間は自分の周囲に純粋なイノチをはぐくむとき、その人に生命力が注がれる。地球大に企業も軍事も日本から拡大している中、本当の信頼は誰が築くのか?今の日本は、人類史的転換の主役に   なっている。「根源の光の体現者(戦士)」の道はどこか、安倍はどうなるか、天皇の起源を合わせて 研究します。 

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌                

事務所: 03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078  FAX 03-3548-1026                    

E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp                     

東京都中央区日本橋3-3-4永沢ビル3F            

8月10日(日)サンクゼールでの《コズミックセレブレーション2》はスーパームーンが祝う。

チラシができました。 

cosmic-celebration2 (1).pdf   

 今回は、 勾玉大国主(ニギハヤヒ)の誕生 にも言及です。

cosmic-celebration2裏.psd

  この夜は、月が地球に最接近し、最も大きく見える「スーパームーン」の夜です。

 真砂さんは、演目に「故郷」 を加えました。

 どんな、音色になることでしょう。 それを芝生で聞いたまま、月を見つめます。 

 夜中の2時ごろに、月が最大になります。 ツキヨミ も 祝ってくれます。

これは面白い。池澤夏樹インタビュー:小説『ATOMICBOX』と戦後日本の「原爆」開発。

 

 「311」は、芥川賞作家を、どう刺激したのか?

https://www.dailymotion.com/video/x216piq_%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%A8%E5%8E%9F%E7%88%86-%E5%8E%9F%E7%99%BA-%E6%B1%A0%E6%BE%A4%E5%A4%8F%E6%A8%B9-%E4%BD%9C%E5%AE%B6-%E3%81%8C%E8%AA%9E%E3%82%8B-%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%9C%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9_news

すぐに、読んでみよう。 ただ、このインタビューで判ったことは、 ギリシャ、フランスと海外滞在豊富な

この練達の作家でも 「世界構造」の核心に至っていないこと。(気づいても、「外す」しかなかった?)

安倍が集団的自衛権の論議を言い出した5月15日は、

 イスラエルのネタニヤフ首相が来日し、外務省と安全保障面での情報交流を決め、天皇と会った直後だったこと。

 そして、日本の原発が、イスラエル企業のマグナBSP社によって、管理されていたこと。

ネタニヤフ自身、「311」直後、日本政府に対し、「お前のもっている米国債を俺に渡せ、さもないと・・・」と脅したこと。 

 それにしても、超一流の「ストーリーテラー」は、凄い。

ラジオイラン「(イスラエル曰く)パレスチナのガザの抵抗勢力がイスラエルの原発付近に報復ミサイル。さらに報復」。

イスラエルはガザ地域に狂ったような猛爆をしていますが、そのきっかけは、ガザ地区の抵抗勢力がイスラエルの原発めがけてミサイルを発射したといっています。しかし、このミサイルは、まだ残っている戦争屋の謀略の可能性が大きい。

ラジオイランの国際サービスが以下のニュースを伝えています。

http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/46539-%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%81%8C%E3%80%81%E3%82%AC%E3%82%B6%E5%9C%B0%E5%8C%BA%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%94%BB%E6%92%83%E6%8B%A1%E5%A4%A7%E3%82%92%E5%BC%B7%E8%AA%BF

ニュース①:

シオニスト政権イスラエル軍が、原発のあるディモナ市に向けてパレスチナがミサイル2発を発射したとしました。

プレスTVによりますと、ガザ地区のパレスチナ抵抗グループは、9日水曜、ガザへのイスラエルの攻撃に報復し、これらのミサイルを発射しました。
イスラエルは以前、「早朝から70発以上のミサイルが入植地に着弾した」と発表していました。
こうした中、イスラエルのメディアは、イスラエル軍の参謀総長がガザ地区に陸軍を配備する計画を承認したことを伝えています。
イスラエル軍の参謀総長は、「パレスチナに対する圧力を拡大する」と強調しました。
イスラエルのネタニヤフ首相は、8日火曜、パレスチナ人に対する軍事作戦の拡大を要請しました。
イスラエルの新たな攻撃で、80名以上が死亡、女性や子どもを含む多数が負傷しました。
ガザ地区は2007年からイスラエルによって封鎖されており、これにより、生活水準が下がり、失業や貧困が前例のない形で増加しています。
人種差別政権イスラエルは、ガザに住む170万人のパレスチナ人の基本的権利を無視しており、これにより、住民は往来の自由を奪われ、適切な収入を伴う職業にもつけず、さらには衛生や教育設備を享受することができていません。

シオニスト政権イスラエルのスタイニッツ戦略・情報大臣が、ガザ地区への攻撃を拡大するよう求めました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ニュース②

IRIB記者の報告によりますと、スタイニッツ大臣は、10日木曜、イスラエル軍のガザ攻撃の拡大を強調し、「ガザを再び占領すべきだ」と述べました。
また、イスラエルのベネット経済大臣も、「イスラエルは、ガザの住民に対する作戦を拡大する」と語りました。
イスラエル軍の報道官は、近い将来、ガザに対する大規模な地上作戦を開始することを明らかにしました。
またペレス大統領も、CNNのインタビューで、「パレスチナに対する地上作戦は取り消されておらず、いつでも開始される可能性がある」と語りました。
最新の統計では、8日火曜未明から始まった、ガザ各地に対するイスラエル軍の空爆で、これまでに82名が殉教、550名以上が負傷しています。
レバノンのアルマヤーディン・テレビは、ガザの病院で医薬品が不足していることを明らかにし、「負傷者のうち20%が危険な状態にある」と伝えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニュース③

イラン外相が、ガザ攻撃の停止を要請

イランのザリーフ外務大臣が、国連、イスラム協力機構、アラブ連盟のトップに書簡を送り、パレスチナ人に対するシオニスト政権の攻撃を防ぐために真剣な措置を講じるよう求めました。


メフル通信によりますと、ザリーフ大臣の書簡は10日木曜、送られ、ヨルダン川西岸やガザ地区といったパレスチナ自治区に対するイスラエルの最近の攻撃、またパレスチナ人数百人の大規模な逮捕について触れ、「こうした悲劇的な状況の継続は、懸念すべきものだ」と述べました。
また、「イスラエルのガザ地区に対する大規模な侵略と空爆、住宅地への砲撃、海上からの攻撃、さらにはここ数週間の記者への攻撃で、これまでパレスチナ人数十名が死亡、女性や子どもを含む数百人が負傷した」ということです。
ザリーフ大臣はこの書簡の中で、パレスチナ人に対するイスラエルの犯罪を非難し、同政権の攻撃継続を停止することはすべての地域・国際機関の責任だとし、3人の事務総長に対して、法的、人道的な責務の枠内で、パレスチナの虐げられた国民の殺害を防止するよう求めました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨年末からの流れをみると、 この憎悪と怨恨の渦の真っ只中に、日本国と日本人を、どうしても関わらせる、というのが、集団的自衛権の行使容認 になります。

仲裁・仲介の働きが、 はたして、今の安倍政権にできるのでしょうか?
自国民から、まるで信頼されていない嘘つき首相に、何ができるのでしょう?

 しかし、現実問題、自衛隊の最高指揮官は、今はこの人物なのです。 隊員がついていくのかどうか?

ただ、今の事象を人類全体の視座から見ると、

 パレスチナ問題の解決には、アメリカではなく、日本が出ていかないと、解決の糸口もないでしょう。

不正選挙で政権に返り咲いた政党と党首。それを誕生させた日本の司法。さらに、被曝と汚染を隠蔽する経済界。

 中国・韓国・北朝鮮ともまともに対話できていいない状態で、なにができる?

「他人事ではない」と、 個々人が、地球上の問題に意識をむけるときに、大きく成長するのは、間違いない。

 嘆かずに、

「浄化の大潮流」を信じ、 こうした事実を全部飲み込んだ上で、では、自分は何をすべきか?

 

 

 

とんでもない映画を見てしまった。役所広司主演の『渇き』。

87歳の母親が、映画でも見に行きたい、しかも、字幕のないものがいい、と言っていたので、

何かいい日本映画はないかな、と探していて、役所広司の主演のものがあったから、これでいいや、と

適当に決めてしまった。 それが、『渇き』。

 http://cinema.pia.co.jp/news/0/52897/

 http://www.j-cast.com/tv/2014/07/07209747.html

あまり、内容も確認せずに、先入観なしに映画館に入った。 歴史モノの(旧約聖書) 「ノア」よりいいだろうと。

場所は、これまで、オヤジも一緒に、3人で『テルマエロマエ』を見た、長野市内の映画館。

 しょっぱなから、殺人事件の連続。この映画の監督自身が「劇薬」といっているが、

一言で言って、ここ3年間の日本社会の壊れっぷりを、凝縮している映画。

暴力ファンタジーですが、妙にリアリティーがあります。

家庭崩壊、麻薬、中高生売春、警察内部の腐敗、・・・・。

「お上」や経済界のテレビCMが見せる、わざとらしい、あってほしい「幸福」像の裏面を たたきつけてきます。

ぼうっとしていたら、とんでもないところにいってしまう。 落とし穴だらけで、繋がっていて、その穴が深すぎる。

他者との関係をどうするか、イノチを大切にしあう現実を、自分から創っていくしかない、と、決意させる映画でもあります。

 オフクロは、眠らないで最後まで見ていました。 心臓に悪かったかな。

経団連「原発再稼動は国民全体の願い」だって。寝言もここまできたか。終わったぞ、これ。

終わりましたね、経団連。

http://www.asahi.com/articles/ASG785F8HG78ULFA01P.html

原発再稼働「国民全体の願い」 経団連会長

経団連榊原定征会長は8日、原発の再稼働について、「安全が確認された原発は、速やかに再稼働すべきだ。国民全体の願いでもある」と述べた。東日本大震災の被災地で、東北電力女川原発宮城県)の防潮堤工事などを視察した後、報道陣に語った。

 榊原会長は「老朽化した火力発電所を無理に稼働させている今は綱渡り状態。電気料金は家庭用、産業用とも上昇しており、経済成長の大きな足かせになる」と語り、原子力規制委員会による審査を経たうえで、早期の再稼働が必要との考えを改めて強調した。

 経団連は、原子力規制委員会による審査の作業を早めるよう求める提言を日本商工会議所経済同友会と共同発表するなど、繰り返し原発の早期再稼働を訴えている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 経団連の企業の幹部家族がどこに住み、どんな水を飲み、何を食べているか、きちんと教えてほしいものです。 日本の財界の意識がこれなら、やはり、とんでもないことがおきます。 未来を見ていないバカドモ。 「経済」とはなんのためにあるか、全くわかっていない未熟者。 報いが来るぞ。 

 

 

 

「311」の一年前に、「しかし、イスラエルだけは問題だ」と書いた。そしてマグナBSP。オバマ来日後、ネタニヤフに宮中晩餐会。今、自衛隊派兵の道。

 こんにちは。 私は本欄に以下を2010年4月7日に書きました。

http://www.k2o.co.jp/blog2/2010/04/post-224.php

しかし、イスラエルだけは問題だ。 

イランに対し、アメリカがどういう姿勢をとるか、注目です。
核濃縮を進めるイランに、もっとも神経をとがらせているのが、
イスラエルです。

 北朝鮮の暴発は、なくなったが、中東はどうか?

 シーア派のイランは、なぜ、そこまで、核に拘るのか?
 アフマディネジャド大統領は、イスラエルは地図から消えるべし、
 とも言っていました。

アメリカによる軍拡は、終了したが、
 イスラエルは、今、国家が消滅するかもしれないとの恐れを、
 本気で、感じているのかもしれません。

同じ「経典の民」である、ユダヤとイスラム。
しかし、その出発は、いずれも、シュメール。
イエスを人間で、預言者とする(これは、正しい)のは、同じですが、
なぜ、ここまで対立するのでしょう?

宗教は、「神」という信念体系とともにあります。
これを、どうやって脱出するか?

この、一神教の神を包み込んで、変質させた唯一の国が、

私たちの住む日本です。

しかし、今の日本は、明治期に強引な中央集権を進めるために、
記紀の内容を事実だと強弁する、屈折した精神状態が亡霊のように、
付き纏っています。

イスラエルを、日本が、国家ごと抱えこむ可能性も、研究事項です。 
まず、日本の本来の姿を知ること。 
すべては、ここから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>イスラエルを、日本が、国家ごと抱え込む可能性も、研究課題です。

「平和憲法」をもったまま自衛隊が中東に行くときは、「平和構築」が任務です。そこには、国内外のメディアが入り、犠牲者は大々的に報道されることになるのでしょう。

アメリカとイギリス(これにバチカンも加えたほうがいい)は、これまで、戦争のマッチポンプを仕掛けてきた国ですから、その軍隊では、絶対に『平和』がつくれません。

 いよいよ、ということなのでしょう。

それには、東アジアに平和環境ができていないと、実際の派兵もないでしょう。「平和の戦士」にならない。隣国といがみ合っている「戦争屋の犬」のままになってしまう。

今は、北朝鮮の拉致問題は最終決着に向けた動きの中にあります。水面下では合意済みでしょう。

今のパレスチナの住民が本来のヘブライ人で(中には、ユダ族もいるかも)、今の支配層である「白いユダヤ人」が入り込んで創った「宗教的政治国家イスラエル」との和解はそれから。

 宗教的政治国家なら、その宗教と政治によって、より、本質の国を示せば、そちらにくる。(あっ、ビルゲイツの軽井沢の屋敷がまもなく完成。軽井沢町は、スイスのダボスのような国際会議のメッカの街にするビジョンを打ち出している。)

この巨大な文明史的な政治ゲームが強烈に推進される中、放射能被害の実情は、御用メディアでは隠され、後回しになります。 こっちが動くのは、9月からか。

 自分で、自分を守るしかない。 

そして、

一神教の神を包み込んで、変質させた唯一の国  

この本質を、つかみ出しておきましょう。

【お知らせ】『皆神塾』(「6月21日大阪」・「6月22日名古屋」開催のDVDが出来上がりました!!

 大変お待たせしましたが、「6月21日大阪」「6月22日名古屋」開催の『皆神塾』のDVDが出来上がりました!! 

今回は、6月21日と6月22日にそれぞれ大阪と名古屋で開催した2回の『皆神塾』を2枚組DVDとしてまとめた大変お得な長時間DVDです。

全編で5時間20分収録」の2枚組みの長編DVDです。講演2回分を収録していますが、1回分の価格で販売させていただきます。 

7月末までにお申し込み頂い方には特別割引があります。販売価格は、7月末までにご注文いただいた方については、通常価格6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。) 

詳細については次のリンクから『瓊音ショップ』をご覧ください。→ 瓊音ショップ「皆神塾(大阪・名古屋)開催分」

テーマ: 天皇と王族の良心が、日本人に人類的視野と自覚を促している。

日本の変革が世界の希望に直結する。出雲と宇佐の大事を踏まえて。

l  大阪では緊迫する国際情勢の最深部

l  名古屋では真の日本復活の道筋 

1) 変化の予兆:「美味しんぼ」と521日の変事。二つの地裁判決と、陛下の足尾銅山訪問

司法が本当に変わりだしたのか?「不正選挙」はどうなるか?

 

2)  東アジアの水面下。沖縄久米島沖で大きな噴煙。30mに接近した中国機。            アセアンは日米と組んで中国の拡張主義を止めさせた。 日中韓鮮で一体化へ。

 

3) あぶりだされた新自由主義の正体と「パソナ仁風林」。

安倍政権は自民党と戦後「権威」の本質を国民に晒す。   

原発は日本経済と世界経済に直結する。原発マフィア退治は世界の文明変換と一体。 

4)「富が増えない中、骨組だけが残る。国家の生命力が落ちる日本」と資本主義の限界。

マネーと国家と信仰。天皇家から出雲大社に「お嫁入り」。

日本神社界の頂点の宇佐神宮に変化。

 

5) ビルダーバーグ会議、イラク攻撃、ロックフェラー家に異変

戦争屋の安倍政権はいつまで続く?  集団的自衛権は、何のため?

天皇の「精神」とは? 125代、2000年以上。 イエスとの関係は?

 

6)宮中晩餐会に来たネタニヤフと、 天皇陛下のCIA。 

マネーをどう生かし、どう流すか? 

求められる、古代出雲の精神を生かした発展ビジョン。 

システム変換の規模と、衝撃の深刻さは、これから、決まる。

全編で「5時間20分収録」の2枚組の長編DVDで、十分楽しんでいただけます。 販売価格も、2回の講演を収録していますが、講演1回分の価格で販売いたします。 

7月末までにお申し込み頂い方には特別割引があります。

販売価格は、7月末までにご注文いただいた方については、通常価格6000円のところを4000円(瓊音倶楽部の会員の方は2000円)でご提供します。(別途300円を送料として頂きます。) 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

140621_0622_皆神塾_大阪・名古屋.jpg

【お知らせ】皆神塾(東京)開催のお知らせ (2014年7月20日(日))

ご関係各位

2014720()に皆神塾を開催させていただきますので、ご案内させていただきます。

お知り合いとお誘いあわせの上ご来場いただければ幸いです。

 

日時:           2014720 ()  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)

                 (注)開場は1330分です。

場所:         東京都港区三田2-14-8 2F会議室   TEL090-5804-5078 (室伏)

 

最寄り駅:

JR山手線・京浜東北線 田町駅 西口徒歩5

都営浅草線 三田駅 A3出口徒歩4

都営三田線 三田駅 A8出口徒歩4

 

(注1)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。→ 140307_地図_田町.pdf

(注2)会場の前には道路に面して駐車場の大きなマーク「P」があります。

そのすぐ後ろの階段を2階へ上がってください。

 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 

講演内容:  『「神の仕組み」のクライマックスに出てくる「日本人」。

~米中戦略的同盟。悪役の安倍と天皇の御心で、どうなる?』 

630日、安倍総理は集団的自衛権行使を閣議で決定し、今後は世界中どこにでも自衛隊を派遣 できる「法的論拠」を得た、とした。直前には新宿で抗議の焼身自殺もあったように、この決定は戦後の平和憲法を完全に死文化させた。安倍は憲法の精神を守って平和構築すると強弁するが、福島の放射能汚染を「アンダーコントロール」と平気でウソをついたままの人間が最高指揮官の日本の軍隊で、世界人類がまとまるのか?本人はリチャード・ロックフェラーの死の直後に、出雲大社にいって  平和を誓ったのかもしれないが、国民にすら信頼されないのに、海外の人間からはどうなのか?

 

71日から自衛隊員募集のPRが一斉に始まった。東電の放射能はこれまでどおり企業の枠組みで対処し、企業を儲けさせるための軍事路線をひた走る。そこ先に未来はあるのか?同胞を殺し、海外では銃口を向けながら平和を語る。カネが基本になったとき、人は狂う。

 

しかしこれが現実である以上、そこに完璧な「神の仕組み」がある。日本文化の中心の天皇の求心力は徐々に国境を越え、戦争屋退治の後は、宗教の超克に向かい、同時に羊たちに「淘汰」が進む。 人間は自分の周囲に純粋なイノチをはぐくむとき、その人に生命力が注がれる。地球大に企業も軍事も日本から拡大している中、本当の信頼は誰が築くのか?今の日本は、人類史的転換の主役に   なっている。「根源の光の体現者(戦士)」の道はどこか、安倍はどうなるか、天皇の起源を合わせて 研究します。 

 

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

                     東京都中央区日本橋3-3-4永沢ビル3F            

「ピラミッド」壊しはBABYMETAL.イノチの再生は真砂秀明。凄いぞ。鳥肌だ。

 こんにちは。

1) もう7月ですね。6月の変化に、私自身の体も頭も、相当、痛めつけられてしまいました

 そんな中、本欄で紹介したBABYMETAL が、ワールドツアーに行って、

 予想どおり、フランスでもドイツでも、大反響でした。http://www.youtube.com/watch?v=ZPM-eH9Gbjs

 彼女たちのパフォーマンスは、これまでの悪魔の仕組みをぶち壊す、ほんとうに深いところからの、「紅蓮のエネルギー」をくれます。 見た目は、漫画ちっく、コケテイッシュなのですが、私は、SU-METAL が 歌う「紅月(アカツキ)」 を聞くと、その歌詞が・・・。

 だめだー、聞いたら、涙が出てきてしまう。  http://www.youtube.com/watch?v=BZkqGGFrv9o http://www.uta-net.com/song/148223/

 「幾千もの夜を越えて、生き続ける愛があるから、

   この身体が滅びるまで 命が消えるまで 守りつづけてゆく~、 ・・・」

 このフレーズになると、頭の中に、これまでの人類史で、時代時代、地域地域の聖女たちが、権力の横暴に反発し、身を投げ出していった場面が出てくるのです。自分自身のイノチをギリギリまで燃やしながら、大きな純粋なイノチを流れを護ってきた女性たちの愛に、圧倒されるのです。

 そこに、縄文の女神、ヌナカワヒメ を感じてしまうのです。

欲望と観念に囚われて、これまでのやり方を棄てられず、目の前の個々のイノチを道具にしか思わないものたち。それは、今、マネーへの執着になって極まっています。

でも、それは愚かな人間世界の話で、 宇宙には、永遠に続くもっと大きな愛がある。 それを、ポニーテールの少女が、本気で全身で歌っている。 響かないわけないだろ。 

それが、本当の創造の源なのです。でも、これを聞いちゃうと、体が震えちゃって、まともに「作業」ができない。

2) イノチの大元から、再創造 

4日の安曇野では、雑談形式で始まり、宇宙に存在する「形のエネルギー」の話しになり、ベクテル平行体の話に発展しました。その実例を、東出融さんが、参加者と組んで示してくれました 彼は、舞踏家であると同時に、武道家で、合気道の達人でもあるのです彼の活動が、森の復活と、個人の健康だけでなく、新しい人間関係と生活空間つくりに入っていることに、私は目を見はりました。 

元々、私と同じベクトルなのですが、現場つくりが加速しています。今年は、必ず、彼の住む山形の黒伏山に私は行きます。

 家に帰って、また原稿に向かった時、今月から大大的に自衛隊の隊員募集のPRがテレビやポスター、チラシに始まって、こんなもの、イノチ自然の破壊と国家権力の犬だけじゃないか、どうするんだ、とちょっと、心配になったのです。特に今のままだと、嘘つき総理の安倍晋三が最高指揮官で、こんなんじゃ、イスラム、なかでもタリバンを、説得できるわけないじゃないか、と。

 あっ、そうだ。 俺は、8月10日に、真砂さんとコラボするんだ、と、

 さっそく、真砂さんのHPから、彼の音楽を聴いてみます。

 http://www.awa-muse.com/music/hunter.html 

 http://www.awa-muse.com/music/great.html

 凄いです。鳥肌です。それも、外からじゃなくて、内からだ。 

人間社会が混乱し、先が見えないどころか、どこに足場があるかも分からない状態になったとき、

 彼の音楽は、 そうした、思いや焦り、を、一瞬にして消してくれるのです。  

 自然天然、宇宙の愛は、いつも、どこにでもある。 人間たちが、勝手に 離れていっただけでしょ。

 しかも、多くのイノチをほんとうに、虐げ、犠牲にして、何を求めたの?

 これを、頭ごなしのメッセージではなく、体の内側の芯のところを響かせながら、伝えてくるのです。

 真男秀明をつかって、このことを私たちに伝える、『大いなる存在』 。 

それを、今年は、

 サンクゼールの大きな樹と芝生と、満天の星の光とともに、聞くことになります。

 私は幸せ者です。 再生は、目に見えない、極小の微細なヒビキから始まるのです。

 それこそが、ヒスイ振動なのです。    こちらの申し込みは、私 090-9370-5740  または、

  サンクゼール  http://www.stcousair.co.jp/  026-253-8070(担当 中村)

     http://www.pensiongen.com/kenbunroku/winery/winery_st_cousair.html

3) 沖縄 にも同志がいる。

 本欄にアクセスしていただける皆さんは、今が「人類全体の変化」の真っ最中であり、その先に、どこに着くのか、を直感で感じ取っておられると推察します。

 しかし、実際には、放射能にひどく被曝しているかもしれない、と感じながら、そんなもの気にしてばかりもいられない、と割り切って、行動を諦めだしているひとも いるかもしれません。 ダメです。病魔はこれからなのです。ご存知のように、放射能は、ただただ、細胞や遺伝子を、攻撃し続けるのです。特に幼いイノチに。

 それには、各人が、自分の治癒能力、免疫力を高めるしかありません。 

 本ブログの閲覧者に、沖縄の坂田竜二さんがいます。

東北首都圏のみなさんに、子供たちの保養先、避難先として、ぜひ利用していただきたい、とのことです。

 沖縄、是非、行って下さい。 私もいきたいな。

以下、転載します。
  
 プロジェクト名  ティーダキッズプロジェクト2014
  プロジェクト実施期間  8月3日から8月23日まで
 
対象 関東、東北地方の放射能汚染を気にする、小5から中学生で身の回りのことを自分でできる子ども 
15名くらいまで
参加費 5万5千円(航空賃、沖縄での費用はプロジェクト側負担) 
困窮家庭、子ども自身の希望なら参加費の相談に乗ります。

   ティーダキッズプロジェクトホームページ
  ティーダキッズプロジェクトブログ

905-1316   沖縄県大宜味村字白浜442-91
やんばる留学わらびや   坂田竜二
携帯080-6596-3772     電話・FAX098-044-2711
 
 
PS:  東京皆神塾は、 7月20日(日)。  待っています。

    テーマ は、「神の仕組み」のクライマックスに出てくる「日本人」。

 連絡先 : 03-3548-1025、 携帯090-9370-5740  K20室伏

おはようございます。これから安曇野。サンクゼール。シリウス。

 1) 6月は、覚悟はしていましたが、 世界の動きは、急です。

   人類社会は、 どこにいくのか? 

  安倍は、なんで、あんなに強引?

  今の政府は、なんで、イノチを見つめない?

  大きな人類全体を見る視野からすると、

 今、 日本が、大変身中。

  「羊さん」 が、未来創造の 主体者「光の戦士」 に。

  「浄化の大潮流」を進める親神さまの視点から見れば、

   悪役 ・・・ 安倍  医療・原発・軍産複合体の利権  国家制度やマネーへの依存者。 

 それに対し、未来の希望は、私たちの自律・自立で、自由で純粋な心。 

 一体になるときの核が、 スメラミコト。

 これがいま、地球規模で、連携 心のネットワークを広げています。  

 ここ数日、忙しかったのは、

   天皇(初代神武)と ウマヤド(聖徳太子) が、 なぜ「日本人」の核なのか、

    文字で言語化していたこと。  両者をつなぐキーワードは、蘭陵王。  

2)  今の 高齢者、弱者、貧困、若者 を どうする? 

   竹中や経団連の 新自由主義では、 戦争の道具や餌にする しかない。

   もう、個人(家族)でも、国家の制度 でも、限界をこえています。

  で、どうする?

    空間で抱え込むしかない。 

   そこでは、マネーのまえに、一緒に存在しているという、一体感、

  相互の役務提供で、カネがかからない仕組み。全員社員、全員株主、内側でマネーなし。引退なし。

  さらに、重要ポイント

   ・・・ マネーの管理と、制度の管理での、無駄なエネルギー(悪質感情)が発生しない。

   このとき、新自由主義の勝者たちが、最も憧れる、素敵な、生きた、芸術空間が出現する。

  そこには、強欲な「金目」人間は入れない。 必ず、汗かかかないと、美味しいものが食べれないから。

 

3)  8月10日(日) 3PM~9PM。  

   ” コズミック・セレブレーション Ⅱ ”  定員 150名。

     インディアンフルート、 「語り」、 特選料理。

 

  今回は、屋外で バイキング形式。  料理も、自由にとれます。 

   サンクゼール側が、参加者に限り、 この夜は、芝生を 朝まで 開放。

    ワインを飲んで、酔っ払っても、安心。

    近くのログハウスの確保済み(人数に限定あります。)。

    親子や、恋人同士で、朝まで、のんびりできます。(宿泊代がいらない)

   みんなで、馬曲温泉 にいこう。 朝6時からやっています。

   基本料金プラン 大人1人7500円。   (詳細は、少し、待って)  

ps:

 ① サリバンさんから、映画「シリウス」  日本語版 DVD が 完成した、と。 見本を入手。

 ② 7月20日(日)、東京皆神塾。 

    

  

 

「戦争に巻き込まれる恐れ、なくなる」首相、会見で強調。って、・・・どうかんがえる???

 http://www.asahi.com/articles/ASG71653GG71UTFK01R.html?iref=comtop_6_02

記事の抜粋。 安倍の言い草:

 集団的自衛権を使えば、密接な関係にある他国が攻撃された場合に武力を使って反撃できるようになるが、首相は「外国を守るために日本が戦争に巻き込まれるという誤解がある。しかし、そのようなこともありえない。憲法が許すのは、あくまで我が国の存立を全うし国民を守るための自衛の措置だけだ。外国の防衛それ自体を目的とする武力行使は今後とも行わない。今回の閣議決定によって、日本が戦争に巻き込まれる恐れは一層なくなっていく」と強調した。

 こういわれて、皆さんどう考えますか? 報復テロ、戦場での戦闘のエスカレート、死者と戦闘員の増加・・・。いろいろな事態が想定されます。 戦争が、身近に感じられるようになったのは、事実ですが、実は、今、イノチを奪う「原発と放射能」という、本物の戦争が、もう、日本国内にあるのです。

 昨年から始まった、「浄化の大潮流」からすると、日本人の観念的平和論が、これで、木っ端微塵に砕けました。そして、世界のイノチの実態と、個々の日本人の意識が、直結しだします。

そこで、問題。

 戦後の、日本の宗主国アメリカで、 戦争屋は、完全に抑えてこまれているのかどうか。

 ここに対する認識で、全てが変わる。

 デビッド・ロックフェラーの次男の墜落死をどうみるか? 

   シリア・イラクは?  中国との尖閣の問題、北朝鮮の拉致問題。

 日本国内の戦争屋を、押さえ込めるかどうかは、

  北朝鮮の拉致問題の進展具合と 日本の医療業界、電力業界が、どう変わるか、それを見ればいい。

 あと、中国にいる、戦争屋の手先が、失脚するかどうか。

アメリカの戦争屋が作り出したオバマが、プーチンと組んで戦争屋を鎮めているように、

アメリカの虎の威を借りて、その下請けをしながら、ずる賢くマネーだけを追っていた日本の戦争屋が、

自分の利益のために生み出した安倍が、本人に思考力がないからここまで突っ走れたが、これからどうなるか?

ただ、満州で全ての政治的実験をして、その経験知を持って、アメリカの飼い犬になった岸信介を、少年期からずっと見てきたから、日本の国家権力の形・性格・意思決定手順など、感覚で本当によく判っている。 これは、誰にもまねのできないバケモノだ。 それを、自分の個人的な思いのために、使っていることが問題。

 掲題の「戦争に巻き込まれる恐れはなくなる」 とは、海外に行っている日本企業に向けた言葉。

アメリカのアホな軍事作戦を拒否できるのか? 

アメリカの世界戦略の中に、「平和国家」としての日本の意志を、がっちりと反映できるのか?

彼らを、説得できるだけの論理や、現実的施策を、打ち出せるのか?

戦争屋が巣食っていた大元の国、世界最大の軍事力を持つ国を、統御できる?

 冗談も、ここまできたら、宇宙再創造、ビッグバンクラスだ。

 今の官邸前のデモは、日本国民の心を、世界に示す。 

 平和を愛する気持ちは、判ってもらえても、地上の人類世界に現実に存在する紛争に、どう関わる?

私たちが、忘れてならないのは、

 戦後の平和国家は、戦争屋の利益のために、それが存続していたに過ぎなかったということ。

私たちが、主体的に、この平和空間を、作り出していたわけではなかった、ということ。

 元々、戦争屋が作り出したのが、近代日本、そして、戦後世界。

そのとき、お花畑 にして、「巨人・大鵬・卵焼き」に、アホバカテレビ。与えられた「民主主義」と「平和国家」。

その枠の中で、所得を増やすこと以外、自らは何も考えず、「お上」や「先生」の言われるままに、人間コピー機や、人間演算器になり、

ただただ汗をかいて報酬を得ることを目指し、細分化された階層意識の中で、自己満足を得ていたのが、日本人。

そして、皆が、幸福な高級奴隷を目指した。 自己家畜化した、社畜の群。 実態は、単なる「羊さん」。

喜んで、『食べて応援』。 同胞の突然死がどんどん出てきても、この国の「権威」は問題ない。自分の給与のほうが大切だと。

戦後の日本の平和さを羨む隣国の人間、そして、明治以来のピラミッドで差別を受けてきたものが、 戦争屋が仕掛けた、「日本の富の分捕り」に合わせて、権力の内側にどんどん入り込んだはてに、ブラック企業の大増殖。

それが、いま、大整理の時期。

 ・・・時間がない。もう止めます。   (下手な文章で、ごめんなさい)。 

 結論。  私は、この3月からの変化 を見ています。 

これで、首相の意思だけで世界中どこにでも、日本の軍事勢力を派遣できるわけだ。

なんとも、まあ。

「平和憲法」をもちながら、 「差し迫った危険」があれば、地球上、どこにでも、軍隊を派遣できる。

これは、積極的に、「差し迫った危険」の存在を調べるために、 情報網を、世界中に展開することを意味する。

海外で活動する日本企業の人間を、自衛隊の人間が守ることにも繋がるが、どんな言いがかりでもつけられる。

それに恨みを、もった人間が、日本に対し、さらに報復する?  

イスラエルのモサドは、国家存亡のために、徹底的に情報網を作っていたが、これと連携するというのか?

イスラエルは、日本の原発を管理していたマグナGSP社を所有していた。

日本国家に対する破壊分子を、見つけだし、跳ね除けるために、日本国内でも単なる警察機能だけでなく、軍事機能まで、すぐに動員できるようにする、というのか。 これをそのまま海外にも展開するのか。

「国家」を残しても、多くの国民が放射能で死に、残っているのが、病気と体力低下でブラブラ状態のままなら、その国家自体が、絶えてしまう。

 イギリスのフィナンシャルタイムに、安倍は、「自分の第三の矢は、日本経済の悪魔を倒す」と意見広告をだしたが、http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2997.html

 日本国内にある最大の悪魔は、 今の、電力会社と、医療業界ではないか。

しかし、これを、「日本経済の・・・」と言った場合、 この擁護者になってしまう。 「フィナンシャルタイムスを読んでいる世界中のお金持ちの皆さん、 貴方たちの資産を減らさない私は、正しいでしょ」 と、自画自賛。

 「日本経済の悪魔を倒す」といって、 日本国民の生活を、公務員と大企業を除いて、これからグチャグチャにするつもりなのだろう。 安倍の頭にある、その先の姿は、今は、竹中の頭の中身以外に、何か あるのか?

 安倍とその周りの人間に、日本人が預貯金を、すすんで使いたくなるような施策を、打ち出せるのか?

 将来に不安が広がれば、カネで備えようとして、ますます、財布は閉まる。

 ただ、眼前に死の恐怖が広がれば、そこから逃れようとして、カネは使われる。

 安倍とそのお仲間、そして財務省は、それでもいいと考えているか?

 ちなみに、隠し財産(預貯金、土地、証券)を残したまま、死んでしまった場合、どうなるか?

 預貯金に関しては、10%を金融機関が貰い、残りは、国庫が没収することになっている。

 生きているうちに、安全なイノチの現場で、自律・自立できる仕組みをつくるのが一番です。

 放射能による突然死もあるし、災害や事故が、いつ、襲うかもしれないのです。

 カネや体力があるうちに、カネがかからない、持続できる快適空間を作り出しておきましょう。

  そして、生きてるうちに、これだけは見ておきたい、やっておきたい、味わっておきたい、伝えておきたい、と言ったものは、全部、やっておきましょう。

 自分のために、未来の子孫のために、そして、イノチの大いなる流れのために。

 4日の安曇野、8月10日のサンクゼールは、これが主眼になります。

« 2014年6月 | メインページ | アーカイブ | 2014年8月 »

このページのトップへ

最近のコメント