2011年9月/新井信介 「京の風」バックナンバー

2011年9月

政府が「緊急時避難準備区域」指定を一括解除すると決定するなら、まず、自分の家族をそこに移住させるべきだろう。

 野田も、枝野も、細野も、玄場も、問題ないというなら、まず、自分の家族をそこに住まわせせたらどうか。

以下、読売新聞から

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

政府は30日、首相官邸で原子力災害対策本部会議を開き、東京電力福島第一原子力発電所から半径20~30キロ・メートル圏を中心に 設定された「緊急時避難準備区域」について、指定を一括解除することを決めた。

 今年3月の同原発事故を受け、政府が設けた避難区域が解除されるのは今回が初めて。避難住民の帰還は、区域内の市町村が放射性物質の除染 などの取り組みをまとめた復旧計画に基づいて進められる。

(2011年9月30日18時15分 読売新聞)

 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110930-OYT1T01235.htm?from=top
 

 

「私は池田副大臣が先に逃げたことを知っています。ここに子供たちを置き去りにして。それよりも遠くの60キロ地点まで逃げ出しました」BY森まさこ参議院議員。

 国会の一部です。http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1317303178/

発言した森まさこ参議院議員 http://www.morimasako.com/dispdtinfo.asp?prm=&M_ID=3&C_ID=3

当時の経済産業副大臣は、池田元久氏。 http://www2u.biglobe.ne.jp/~IKEDA/

 こうしたことを指摘されたくないために、野田内閣は、最初は4日で、国会を閉めようとしていた。

「現地が混乱してたなんてこと、子供たちへの言い訳にならないんです。私が予算委員会で指摘しました
ように、ここに書いてある人型の10キロの地点に子供たちがいたんです。250名もいたんですよ。そして
ベントがされて爆発されて、ここがかぶることを8時間も前に分かっていたのに避難指示がされなかった。
屋外にいてもいいと言われた。屋外で放射性物質が降り注いだおにぎりを食べてしまっているんです。
この子供たちに避難指示も出さなかった。ヨウ素剤も配布しなかった。現地が混乱していたと言いますが、
現地にその時にいたのは池田当時の副大臣ですよ。私は池田副大臣が先に逃げたことを知っています。
ここに子供たちを置き去りにして、それよりも遠くの60キロ地点まで逃げ出しました。その逃げ出した後を
ですね、私が1番最初にその建物に入って見ました。写真も全部撮ってきましたよ。そこにはですね、
全てここに子供たちがいるということも書かれているんです。何故、子供たちを避難させてから、また、
ヨウ素剤を配布させてから逃げないの。おかしいですよ。
ヨウ素剤を配布しなかったこと。この事についてですね、未だに原因が分からないと細野さんも枝野さんも
仰いましたけれども、あなたたちの調査で分からないことを私のほうが分かってるのはおかしいじゃないですか
国会にですね、国会にきちんとした事故調査組織を作っていただきたい。
それはですね、責任追及ということではなくて子供たちの将来のためなんです。その当時、どの程度の状態で
どんな被爆をしたのかということを明らかにしない限り、今後子供たちの命と健康は守れません。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 最新の汚染マップ  http://www.isfet.com/company/?page_id=3273

今日、また、私のところに、喉が痛いを言い出したこどもの親戚からメールがきました。

 そのお子さんは、茨城に住んでいるとのことでした。

 除染の方法は、皆さん知っておられますが、さらに、問題なのは、 チリとともに体内に入ってしまった放射性物質のことです。これが、チリごと細胞に引っかかって、細胞を傷つけます。周辺の細胞との放射線量が違いすぎる、この落差が、刺激となり、痛みになります。

 どうすればいいか、その細胞周辺の細胞群に、放射線に対する備え、慣れを、やわらかく与えます。これにより、そのチリとともに、細胞に引っかかっている微細な放射性物質が流されていきます。 

 ここには、天然の低レベルの放射線が一番です。それが、ラジウム温泉や、姫川薬石などです。

 油汚れを、石鹸という油で落とすやり方と同じです。

落ちた、放射線を体内で、糠漬けなどの善玉菌の乳酸菌に、エネルギー吸収させて消していきます。

ここで、注意です。 加工食品に含まれる食品添加物は、このときの、放射線の除去を邪魔をします。合成保存料などの添加物は、ただでさえ、発がん性を刺激しますが、これに放射線が加わると、加速します。

必ず、手料理。そのときに使う水は、竹炭や医王石を通したものが、いい。

子供達を、とにかく守ってください。 できるなら、安全地域に、地域ごと疎開するのが、一番いい。

 

 

逃れられないこと。円高と人口減。

こんにちは。

 手短かに。

1) 日本政府の国家財政が健全化にむかうと、どうなるか?

    日本円はますます買われます。 日本の国債・地方債も海外から人気が出るでしょう。

    これは、一ドル60円を目指して加速します。

    民間(優良企業)には、資金が溢れています。

    これらは、自らの価値を、世界中に広げようと、海外への投資が広がります。

    単純な、製品の輸出の時代は、終わり。 ここを見通して、政策を立てないと。

2) お年寄り達がなくなり、また、若い年代の結婚が進みません。

  人口減は、土地、家屋、マンションの需要を押し下げ、不動産による金融の担保能力が落ちます。

  土地など、活動空間に掛かる費用が減るのに、円高。

自分自身が、何か、特別な価値、愛される何か、を発していないと、さびしい人生になる。

幸い、インターネットは、直接、世界と繋がっています。

 どんどん、生み出して、発信していくしかない。

 地獄谷の温泉に入るサル(スノーモンキー)は、今でも世界中から観光客をひきつける。http://player.video.search.yahoo.co.jp/video/aaefdee822e32afa55836cc6bac6a8fe?p=%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC&b=1&of=&dr=&st=&s=&pd=&ma=&rkf=1&from=srp

 日本には、私たち日本人がなかなか気づかない、すばらしいソフトがたくさんある。

 ごく普通の日本人が持つ良さを、世界に広めることで、それによって富を作り出す仕組みができないか、 少し、考えています。

  海外で、日本人の住むエリアの価値が、その地でも上るようにする。それを、私たち自身の富にする方法はないかと。

 一方、日本国内は、どうするか? 空き地・空き家・空き部屋だらけになる。 これをどうするか。

 北京には、 日本のラーメン横丁があり、これが人気だと。ここにヒントは、ないだろうか?

  http://2ch-news.doorblog.jp/archives/52933442.html

 一人でなく、共通のテーマ性をもって、空間を利用した時に、何かが起きる。 

ドジョウはぬるぬる泥に潜る。それよりも美味しい秋の味覚。

 こんにちは。

1)日本の国会。今の民主党政権に本当に、政府が存在しているのか、わかりません。

 ドジョウはぬるぬる泥に潜るのです。都合の悪いことは言わないし、本性を見せず、相手につかませない。

 昨夜のテレビタックルで、経済産業省の改革官僚の古賀氏を封じ込めたのは、元官僚の民主党議員である、  古川と松井 と。私は、期待していたのですが、この二人の頭の中にある国家戦略とは、一体、何なのでしょう。

 1ドル60円。 急激な人口減。それにともなう土地利用の減少、土地価格の下落。担保能力の低下。

 こうした、逃れられない事態を前提に、 国家のあり方を変えねばなりません。

 国のカネを、どう集め、どこに配るのか? 国のカネでも、基本は、出来高払いであるべきです。

 公務員給与は、とにかく高すぎます。 また、議員報酬も。 ドル換算してみてください。

  「ご破算」 は、誰なら、できるのか?

 2) さて、 今週、私にかかわる 二つの行事があります。

 ①  29日(木)。 ビジョン・ヨガ 信濃のメンバーと、糸魚川の「高浪の池」にいきます。

     ここで、「三つのコスモス」や、 これからの変化を話します。

    この場所は、日本のスイスと呼ばれ、ヒスイ峡のすぐ側。 平日ですが、まだ参加が可能です。

    http://akkotenki.exblog.jp/  担当 松島さん090-2161-0142
 

     http://www.bing.com/images/search?q=%e9%ab%98%e6%b5%aa%e3%81%ae%e6%b1%a0&FORM=BIFD#x0y71

   http://www.itoigawa-base.com/viewspot/view_02_03.html

 

 ② 10月1日~2日  瓊音(ヌナト)倶楽部(株k20主催)の皆さんが、北信州に来ます。

   渋温泉で合宿ですが、その前に、 上原果樹園に寄ることになります。

  ここの葡萄は、どれも芸術品です。 今年初め、ブドウ名人の上原邦吉さんが亡くなったのですが、

  奥様と息子さんが守っています。 今から楽しみです。http://olympiariei.com/Vintage.html

  二年前に、我が家でいったときの写真が載っています。   http://olympiariei.com/

 

 

 

 

私たちが正統ヘブライ国家として、現イスラエルを抱え込む日が近づいている。

 3000年前、縄文時代に、稲作民を抱えて、「瑞穂の国」

 このとき、中国大陸では、殷周革命。  地中海東部では、古代イスラエルが成立。

 さて、今のイスラエル政府は、戦後1948年5月14日に誕生しましたが、ここには、1897年の世界シオニスト会議で決められた民族的な目標のみならず、人類社会のエネルギー源となる中東原油の独占を図る、海賊の末裔達の意志がありました。

 このとき、先住者で住まいを追われた人間がパレスチナ人です。実は、彼らこそが、3000年前からつづく、ヘブライ人(ユダヤ人)の血脈を、アラブ人の血の中に、今に伝える人たちです。

 では、今のイスラエルのユダヤ人は?

答え: 多くは、エフタル(白フン)と、南ユダ(ベニヤミン・ユダ)女性との混血の末裔。 557年にエフタルはペルシャと突厥の連合軍に滅されたあと、カスピ海方面に逃げ、その地で、騎馬系遊牧部族と融合しカザール人となった。ビザンチンのヘレクレイオスがペルシャのホスロー二世との戦い(628年ニネベの戦い)で重用し、ここからカザールは民族意識を強め、740年に国家を持つとき、ユダヤ教を国教とした。 女系に一部、南ユダの血統をもつものの、基本的には、499年に成立した「バビロニア・タルムード」に触発された、「ユダヤ教徒」。

 さて、そうした、肌の白いユダヤ教徒たちが、国際政治の中で、人工的に造りだした政治国家「イスラエル」に、今、非常事態が差し迫っています。 パレスチナの国連公認です。

 今のイスラエルは、先住者と和解も融合もできなかった、失敗国家です。

しかし、 過去には、それができた国があります。 私たちの国、 日本です。 アレクサンダー大王の死から、1000年かけて、ヘブライを吸収し出来上がったのが日本です。 今、イスラエルにいる600万人、丸ごと抱え込めば、国際政治のほとんどの問題は解決します。

以下は、 読売新聞から。 

 パレスチナ、国連加盟を申請…米は拒否権行使へ

 

読売新聞 9月24日(土)1時4分配信

 

 【ニューヨーク=柳沢亨之】パレスチナ自治政府のアッバス議長は23日午前(日本時間24日未明)、国連への加盟申請書を潘基文(パンギムン)国連事務総長に提出した。

 パレスチナによる国連加盟申請は初めて。加盟勧告権を持つ国連安全保障理事会では米国が拒否権を行使する方針で、申請は却下される見通しだ。申請強行についてイスラエルが反発するのは確実で、和平交渉再開はさらに遠のきそうだ。

 アッバス議長は23日午後、国連総会で演説し、加盟申請の意義を国際社会に訴える見通し。潘事務総長は近く、申請書を安保理に送り、安保理が加盟決議案を協議・採決する。今後、決議案の扱いをめぐる攻防が予想され、決議案作成までには一定の時間がかかりそうだ。パレスチナは昨年9月、イスラエルの入植凍結解除に反発し、交渉を中断。国連を通じた国家樹立の方針に転換した。

2011年秋分。この夏のクライマックスを、少し整理しましょう。

今日は、秋分。

大型台風15号の爪あとが生々しい。しかし、これは、まだまだ続きます。

人類の可能性と、これまでの支配層の野心・野望について、人類全体で、大いに反省が始まりました。

私は、今年の8月にクライマックスがくる、と7月に予告しておきましたが、そのとおりの流れです。

少し話がそれますが、 たった今、映画「ターミネーター3」をテレビ番組で見終わったところです。

この映画の結末は、 核戦争に備えた大統領執務室に、ジョン・コナーと、アメリカの司令官の娘が生延びるように誘導され、一方、地上では、人間が作り出したコンピュータが自分で意志をもって人類に復讐し、核ミサイルを発射しまくって、地上世界はスカイネットといわれるロボット支配になり、その中で、生き残った人間が、次の未来を作り出す、 というものでした。

今から8年位前に、映画で描かれた21世紀初めの人類社会は以上でしたが、さて、2011年はどうなったか?

コントロールできない人間が増えて人口が70億人にもなり、それならばと、地表世界をボコボコにして人口削減。エリートを自認する自分達だけは、この天変地異と人口削減対象から逃れ、地下シェルターに逃げ延びようとしていたが、さて、その肝心の地下世界が、8月22日に破壊された。それも、放射能が大量に広がって。

コロラド州デンバーは標高1500M以上の高地で、ここなら津波も心配ないと、FEMAの本部があり、地下には、巨大なシュルターがあった。デンバー空港には、昨年、アヌビス神が建てられ、ここが宇宙の情報を全部、受け止められる基地だと、誇らしげに世界中に示していたのが、これが、別の意味の象徴になってしまった。

 8月22日の爆発について、一体誰が、仕掛けたのか? どうも、3つの説がある。

 その前(8月6日ヒロシマ、9日ナガサキ)には、天皇の金塊資金の放出が、決定されていたが。

①宇宙人(エイリアン)。 人類がアホすぎて、このままでは、宇宙を汚すから、それを止めさせた。

②地底人アガルタの住人。人類に猛省を促している。彼らのことは、 五色人の中で、「青人」と呼ばれる。

③地球人、それも内部犯行。実は、シュルター建造や内部世界の環境つくりにかかわった地球人の科学者で、それももっとも知的レベルの高い、エレレガントな科学者たちが指示した措置。今後100年以上、100万人が穴倉に暮らして生存はできても、地表面は、核汚染と、戦争による破壊、環境問題、多くの生命種の絶滅。こんな、姿は耐えられない。そんな世界を創るために、自分達が、イルミナティーに協力したわけではない。ということ。

 私が、どの説を支持するか、もうお分かりですね。 ③です。

本当、ホンモノの科学者は、芸術家と一緒です。人を支配することよりも、自分にとって、最高に素敵な世界をこの世に生み出すことを、最高の喜びとします。

それに対し、利権屋、政治屋など、他人を支配することに喜びを感じる人間は、まともな世界を造れません。

今、ここに、生きていることに、喜びを感じられない人間。他者を支配し、国家なり、国際機関なり、武力なりで、自分の利益を確定させないと、なんら安心できできない人間。こうした人間の狡知に長けた「悪巧み」が、これまでの人類社会を牽引してきたのですが、それが、 ここにきて、 

 ハイ、   主役交替です。

そして、今、G20で、 世界経済を何とかしろ、と騒いでいます。

昨日の国連総会では、原子力の安全管理の徹底を、今頃、言っているのですから。

マネーの本質を知らない人間が、そのマネーで人間を支配するために、マインドコントロールしてきた結果が、これ。

「富」を生み出せない人間が、先に「富」を取ることばかり考えて、社会システムを作ってきたから、こうなった。

一方、NHKでは、ハーバードのサンデル教授を呼んで、東大とハーバードの学生に、「911」を題材に、「正義」の講義をしていますが、 「911」の背景や、実際の事件の検証もなしでは、「お遊び議論」そのもの。

 いい加減、子供だましを、止めないと。

以下に、G20の記事をあげます。 マネーも国家も、根本から再整理する。 これからが、私たちの出番です。

<G20>欧州危機、協調対応を確認 基金拡大要求

毎日新聞 9月23日(金)21時5分配信

 【ワシントン平地修】主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が22日夜(日本時間23日午前)、当地で開かれた。会議後発表した緊急共同声明では、欧州の債務危機を背景に高まる世界経済の下ぶれ懸念や金融不安に対処するため、各国が「力強く協調のとれた国際的対応を取る」と確約。金融システムや市場安定に向け「必要なすべての行動を取る」ことも確認した。焦点の欧州問題では、財政危機のユーロ導入国を支援する「欧州金融安定化基金(EFSF)」の機能強化を10月中旬の次回会議までに行うように欧州各国に求めた。

 今回の会議では当初、共同声明の発表を予定していなかった。しかし、22日の欧米市場でユーロが急落。米ダウ工業株30種平均株価が一時、前日終値比500ドル超下げるなど世界株安が再燃し、議長国フランスの主導で急きょ声明をまとめた。

 会議では日米や中国など新興国から、ギリシャをはじめとする債務危機問題に欧州が早急な対策を打つように求める声が続出した。欧州側は7月に決めたギリシャ追加支援策の実行に必要なユーロ圏各国の議会承認手続きを10月10日までに完了させると表明。次回会議までと期限付きでEFSFの機能強化を約束することを盛り込んだ声明も受け入れた。

 さらに、声明は欧州を念頭に「銀行システムと金融市場の安定を保つために必要なすべての行動を取ることを確約する」と明記。今後は欧州各国がギリシャ支援に加え、財政悪化で国債金利が急騰するイタリア・スペインなど南欧諸国への対応や、これらの国の国債を大量に保有する銀行の健全性確保にどこまで踏み込んだ措置を取るかが焦点だ。

 声明はこのほか、米国に対して、中期的な財政改革を促すとともに、オバマ政権が先に発表した成長と雇用の強化に向けた対策への期待感を表明。日本には、中期的な財政健全化を維持しつつ、東日本大震災からの復興に向けた本格的な財政措置を実施することの重要性を指摘した。為替相場について、声明は日本や新興国の意向を踏まえ「過度の変動や無秩序な動きは、経済や金融の安定に悪影響を及ぼす」と改めて確認した。

 日本からは安住淳財務相と白川方明日銀総裁が出席。安住財務相は会議後の会見で「欧州がきちんと(債務)問題を処理するスキームを考えれば、日本も追加支援を検討してもいい」と述べた。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 PS :    人類社会の活動と意識のエネルギーを管轄する、李さんたちの仕事は、終わりました。 これからは、 どういう、暮らしにしていくか、 実際の方法論の段階。これは、李ではなくて、桃のこと。

 企業は、利益がないと存在できない。 企業の「雇用」を前提に、未来を考えて、失敗しているのが現在です。   実際に、現実に生きる私たちには、企業にとって、負担になるものが、あまりに多いのが現実です。

 自分が得たもの、所有しているものを、利益や見かえりを求めずに、供出することは、あるか?

  ある。 それは、  愛。

  イノチの一体感としての、 愛。

 個人個人の心にこびり付いた分離感の克服からしか、 安らげる未来 は生まれない。

 それに、心の内側から、沸いてくる、喜びの表出からしか、 素敵な現実は、出てこない。

 

 

 

 

 

 

 

【お知らせ】RSSをお使いの方へ

RSSでサイト(ブログ)の更新情報を管理されている方は、『京の風』の登録に当たっては、以下のURLをお使いください。よろしくお願いいたします。

http://www.k2o.co.jp/blog2/rss.xml

自律・自立から覚醒を呼ぶ、原発と天変地異。

 こんにちは。

予想どおりの大型台風。これから、20年は、こうした事態がひっきりなしに起こります。

この前の日曜日、18日。反原発のデモがありました。一方で、野田政権は、原発推進。

実際、放射能被害はどうなのか?今、また、台風で、世界中に散っています。

強烈な雨水は原子炉を冷やしますが、メルトスルーしている核燃料や廃棄物を地下浸透させます。

縁あって、池田整治さんと出会いました。頼もしい方です。以下に最新のインタビュー動画をあげます。

http://www.youtube.com/watch?v=trD5QVMX33s

http://www.youtube.com/watch?v=irCkGefXtZs

「真実を知って自分で考えよう。」「マインドコントロールから覚めよう」は、私の主張とまったく同じです。

私は、「日本人とは何か?」を徹底的に、探ります。

21世紀を、主導的に作り出すのは、私たちだからです。

でも、ほんとうに原発でいいのか? 私は反対。モット素敵なエネルギーがある。                     以下のニュースを見てください。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110919-OYT1T00587.htm

http://news.searchina.ne.jp/img/column/20080630_001.jpg

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A96889DE1E6EBE0E4E3E3E2E3EBE2EBE0E2E3E39191E3E2E2E2

 

 

明日の皆神塾の案内です。

2011 8月吉日

皆神塾開催のご案内

 ご関係各位

 

2011917()に皆神塾を開催させていただきますので、ご案内させていただきます。

日時等の詳細については以下をご参照ください。お知り合い等お誘いあわせの上ご来場いただければ幸いです。

 

日時:             2011917 ()  14時~16 (その後約1時間程度質疑応答)

場所:          「東京外国語大学本郷サテライト」 3階セミナールーム  

東京都文京区本郷2-14-10  TEL & FAX03-5805-3254

会費:          3500               (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 


講演内容:  『二つの日本:御用メディアが映し出す日本と真実の日本。

虚構が完全消滅する日。』

   菅退任後、次の民主党の総理の裏で、小沢一郎は復権するのかどうか? 

今、311以後、とりあえず、アメリカのデフォルトを乗り切った世界で、国際金融で主導権をもったのは、華僑の総元締め。世界の安定化のために、「天皇の金塊資金」の放出は決定している。 

しかし、どこに、どう使うのかは、それぞれの国家意思の問題になる。日本の場合、これが、民主党の下で、きちんと、国家の復興に生き銭として流れるのかどうか?

 首都圏の巨大地震は、必ず来る。 そのとき日本は大きく変わる。  御用メディアは完全、終焉する。そのとき、国民のイノチよりも、これまでの制度で約束された利益・報酬を守る人たちの新の姿が、 そのとき、より明確になり、以後は存在できなくなる。

 日本では、税収回復も見込めず、2013年には年金と医療の崩壊が現実化するが、その前に何が起きるのか?

 一方で、円高にもかかわらず、ますます、日本の文化が海外からは人気になる。 これは、日本人の、礼儀正しく清潔で、思いやりにあふれる普通の暮らしが、人類の財産であると再認識を生んでいきます。

  今、食料も、エネルギーも、マネーも揺らいでいる。 いつでも、どこでも必要なだけ、自然から電気が得られれば、すべてが変わる。

  私たちは、今、石器時代の感性をもって、これまでの文明を使いこなさないといけない。


連絡先:           株式会社K2          室伏昭昌

                     事務所:    03-5807-1395          携帯: 090-5804-5078     

                     E-mail    akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都千代田区外神田61514 外神田ストークビル


皆さん、だまされないで、以下3点。あと明日17日(土)、東京皆神塾。

 こんにちは。

少しあけてしまいました。 歴史(人類文明史)の整理がいよいよ忙しくなってきました。

(その1)   どうも、この8月のお盆の前に、地球の管理者達が、重大決定しました。

地表面が放射能や戦乱で汚れまくり、70億人のうち、100万人だけが地下シェルターで暮らす世界 と

個々の人間が精神的に成長し、多くの生物種が生きる地表面で、人間同士も調和して生きる世界 と

 では、どちらがいいか真剣に考え、まあ、 答えは見えています。

 各時代の勝者となったものが積み重ねて、できあがった世界が、前者のような暗黒世界なんて、 

 賢者たちは とても受け入れられないでしょう。

 そこで、老子の末裔たちは、「権力の変換」のスイッチを押しました。 これが、今年の「お盆」前でした。

 6000年の人類文明史でみれば、予定された事態です。 これは、雑誌「アネモネ」に書いたとおり。

 ただ、インチキ金融システム、国家権力、そして宗教(神の概念)で、不当な利権を得ていた人たちが、 

 既存の体制にこびり付いて残っていますので、これを、一つずつ消していくには、手間が掛かります。

 これは、私たちの仕事です。 私たちが、自分の手で、不当、不正を消していくのです。

 私たち人間個人は、実は大きな全体と繋がっています。それを、社会システムに取り戻しましょう。

 人類文明を進めてきた、二つの分離感(自他分離 と 実態遊離)の正体が分かれば、全体性が回復する。 

 そして、 縄文時代のヌナカワや、ブッダの悟性、そして、イエスの精神 が、誰もに顕現してきます。

 来年が、古事記ができから1300年。 2013年には、伊勢神宮のご遷宮。

 今、太陽フレアがますます活発化し、多くの光、熱、電磁波、宇宙線、紫外線、放射線が地球に向います。

 地球上の生命活動があらゆる次元で、活発化、激烈化します。問題があれば、それがすぐに大きくなります。 

 如何に、同じヒビキで、自分の体と心を、全体と、共鳴、共振させるか、 これがポイントです。

 「人間は、歩くチクワだ」。 そう、筒なのです。 引っかかりがあると、通さないから、問題になる。

 個体生命でも、国家でも、極端な偏りができていると、それが障害で、ショートし、「発火」します。

 3つのコスモス(宇宙、肉体、精神)を響かせる、ビジョン・ヨガは、ますます、求められます。

 2012年から2013年にかけて、急速に、人類社会が変化します。

 これまでの人類の文明を作ってきた「思想の枠組み」が溶け出し、 国家も消えていきます。

 過去の聖人達が掴んだものの正体は何か?   誰が発したにせよ、真実を語る言葉は、多くを生かしますが、書かれた言葉、文字言語での規定は、それが一人歩きすると、現実対応を遅らせ、イノチをあやめます。

(その2) ここで、野田内閣 関連。   騙されないでほしいこと。

 ① 増税論議の前に。 民主党が政権をとる前に、全国会議員が言っていたこと。

   特別会計には、余裕資金がある。 

  ・・・これが全く、検証されていない。 事業仕分けのポーズですでに終わったかの印象。 

  とんでもない。  国会議員と公務員の優遇制度の撤廃なしに、増税なんて、ありえない。  

 ② 福島原発 ・・・ 東電を国有化し、全ての資産を公にし、その上で、復興・賠償金額を決めてからでないと、国民が負担すべき数字が出てこない。 原発を出汁に、国家の既得権者(最大のグループは公務員)のために税をとられるだけ。 自民党はこれを指摘できない。基本的に終わっていることを、まだ自覚できていない。 

   新しい政治集団は、どうしても必要です。   真実公開党 がいい。

③産業界は、海外シフトで、日本は貧乏になる? 

  これは、違う。   特に、円高は、雇用を壊す? ・・・輸出のみに依存していればそうなる。 

  円高は、 日本人の評価が高まったこと。  企業活動のグローバル化 が促進される。

  これは、日本の経験・知恵 を、 地球中に、広めるチャンス。 全世界、70億人を対象に、

  地球上の誰と組んで、どこでモノを作ったり、どこにサービスを提供したら、自分の価値を高められるか、

  を考える時期にきたということ。 地球を頭に入れながら、今の自分、そして、自分の故郷を考える。

  悲観論に騙されちゃ ダメ 。  もう、社畜や、高級奴隷 の時代は終わりです。

 

(その3) 明日、東京で、皆神塾。 

  案内を再掲します。   http://www.k2o.co.jp/news/2011/08/917.php

「飯舘村で大量のプルトニウムを検出」雑誌SPA。

 ネットにあった、雑誌記事です。 考えれば、当然の内容です。 以下、転載。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

福島第一原発敷地内で「ごく微量のプルトニウムを検出した」と東京電力が発表した3月28日以来、「プルトニウム放出」の疑惑をメディアはほとんど報じてこなかった。だが、ここにきて驚くべき情報が飛び込んできた。半減期2万4065年と言われるプルトニウムが、現在計画的避難区域に指定されている福島県の飯舘村に大量に見つかったというのだ。

今回、“3・11”以降、政府・東電の統合記者会見などでプロのジャーナリスト顔負けの鋭い質問を繰り出し、「芸人廃業」覚悟で取材・執筆活動をこなす夫婦漫才コンビ・おしどり(♀マコリーヌ&♂ケン)が渾身ルポで迫る――。

※  ※  ※  ※  ※  ※

「飯舘村のことで至急連絡を取りたい」

ツイッターを通じてそんなリプライが舞い込んできたのは、8月初めのことだった。すぐにこちらからもコンタクトを取り、その日のうちに詳細を送ってもらった。それを読んだ瞬間、「やはり……」と思いながらもあまりの衝撃で身体が凍りついた。

メールはこう始まっていた。

「放射線測定を専門とする大学研究者に直接聞いたのですが、プルトニウムが核変する前のネプツニウムという核種が、少なくとも飯舘村や伊達市まで大量に飛んでいたそうです。今のγ線メインの測定方法ではどんなに頑張ってもセシウムしか検出できないため、本来の危険性が見逃されてしまう。α線核種を無視した今のやり方を続けていたら、飯舘村はまた“見殺し”にされかねない……」

なぜ、私たちのところにこのようなメールがきたか。それは私たちが飯舘村の青年たちとほぼ毎日連絡を取り合うほどの仲で、彼らの行っている「負げねど飯舘!!」の活動を通じて、連携して動いていたからだろう。

私たちに最初のメールを送ってくれた人物は、環境解析化学を専攻する、仮にここでは「A先生」とするが、このA先生の講義を受けて、「飯舘村にネプツニウム239という核種が大量にある」という、まだ世に出ていない論文の存在を知ったとのこと。

ネプツニウム239とは、2~3日でプルトニウム239にβ崩壊(核変)する核種のことで、つまり、これが大量に見つかったということは、かなりの確率で飯舘村において取り返しのつかないほど深刻な汚染が進んでいるという意味にほかならない。しかも、このネプツニウムは飯舘村に何千ベクレル/Kgという量で存在するという……。

ここで、そのデータをはっきり公表できない理由も書いておかなければならない。素直に白状すると、この論文は今海外の学会に提出されている。そのため、学会での査読が終わりオーサライズされるまでの間は、おおっぴらに公表できない代物なのだ。

論文が公になるのは早くて9月末という話だが、そもそも、なぜわざわざ海外の学会で発表するのかという疑問もあるだろう。それは、日本でこのデータを発表した場合、握りつぶされる可能性が高く、それを恐れてのこと……とメールの告発者は書いている。ただ、飯舘村の人たちにとっては一刻を争う事態のため、この告発者が意を決して私たちに情報が託したというのだ――。

※『週刊SPA!』9/13発売号「飯館村で大量のプルトニウムを検出」より

取材・文/おしどり(♀マコリーヌ) 取材/おしどり(♂ケン)

 

中秋に、ふたばの豆餅。そして、訂正。

 こんばんは。

今、夜11時。信州に戻りました。

1) 今日は、午前中に出町で待ち合わせがありました。少し早めについたので出町商店街に向かい、豆腐屋の「出雲屋」さんに向かい、すくい湯葉 を買いました。これは、私のお気に入りです。そして、京の生菓子屋「ふたば」の行列がまだ短かかったので、私もこの列に並んで、名物の豆餅を入手しました。

並びながら、そうか、今日は中秋だったな、と気づき、あとで皆で、美味しく頂きました。なんでも、ふたば は、いつも並んでいる人が多いので、 豆餅 は美味しいのは分かっているが、せっかちの地元の人間は、なかなか口にできないとのことで、大喜びでした。

2) 昨日の講演会、「リアル・ジャパネスク」、盛況でした。 えびす屋さんのおかげです。

今回はプロジェクターで、画像や文章をホワイトボードに映し出し、そこにコメントや解説をマーカーで書き足せたので、視覚的に美しく、分かりやすく表現できました。 この形式は、今後、生かしたいとおもいます。

 内容に関しては、この8月に起きた「権力の変換」 と、「日本の実像」についてです。

後者については、 三種の神器、 元号、 家紋・神紋 から、日本史の真実を読み解きました。

 私自身、今回は大きな手ごたえを感じました。

 

3) さて、それとは、別に、 今日は、昼に事情通達といろいろ懇談しました。

  そして、一つ、忠告がありました。  放射能対策の原子転換技術のことです。

以前、私は本欄で、高尾氏を推奨してしましたが、新井さんは、本当にこの方面の技術が分かっているのか、と。 そして、その中で、第一人者に高尾氏を上げていいのか、もう少し調べたほうがいいのではないか、と指摘されました。

確かに、私はまだまだこの方面の研鑽が足りません。放射線被害を少しでも早くやわらげたい、との思いが強く、ただ、面識があるからとの理由で、確証を得ないまま、あの表現での記載になりました。 この点は訂正させていただきます。

今後、原子転換技術の最前線についてはもう少し研究し、改めて本欄でコメントしたいと思います。

 

真実を知らせず、ポーズばかりの原発対策。

 こんにちは。   まず、以下をご覧ください。

 http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-852.html

福島原発は、いまだに、4機の原子炉に、夫々どれほどの水があるのか、わからないままです。

水位計がないことには原子炉がどういう状態か、正確につかめない、これが専門家の見方です。

それでいて、原子炉の温度が下がった、と政府は手柄のように発表しています。

 1号機 85.8度   2号機 112度  3号機 96.1度

 しかし、 これまで、作業員で建屋内に入れたのは、 1号機のみで、

 2号機 3号機は、放射線量が激しく、作業のために近づくこともできません。 

 今回の温度低下は、炉心が溶け落ち、燃えるものがなくなっただけの可能性もあります。 

 「燃料プールから燃料を取り出す」というが、今、燃料がどれだけあるかもわからない。 

 政府は除染で、20ミリシーベルト以上の重度汚染地域を、10ミリシーベルトまで下げるといいますが、               それでいい結果がでても、本来、守るべき、1ミリシーベルトからは、10倍の汚染濃度です。

 除染は長期戦になることははっきりしています。

 勇気をもって、他地域への避難・疎開を実行すべきです。

 そして、日本中の国土の利用計画を、総見直しするのが、筋です。

 今の野田政権は民主党を崩壊させないことが最優先で、しかも、予算分配は財務省の言いなり。

 とてもではないですが、国を作り変える大方針は出せないし、実行なんか、とてもできない。

 みなさん、 自分と家族の体は、用心深く、自分で守ってください。 

福島原発の汚染状況:プルトニウムは大量に飛んでいる。

ネットでさがしました。現状について、よくまとまった表がありました。 

真実についてはさらなる確認が必要ですが、参考までに挙げます。

 ___________________________________

         |   1号機   |   2号機     |   3号機    |   4号機    |                        

|        ┃  ウラン炉  |   ウラン炉    | プルトニウム炉    |  ウラン炉   | 
|ーーーーーー━━━━━━━━━━━━━━┷ー━━━━━ー┿ー━━━━━━┥
| 燃焼炉 ┃        メルトダウンしてお手上げ状態       |  空(点検)   | 
    ────╂  ーーーーーーーーーーーーーー  |ーーーーーーーー|ーーーーーー ─┤
|使用済み┃   なんとかやっと水かけ       |    吹っ飛んで    | 倒壊寸前だけど |
|燃料プール┃   冷却中                    |    もうない    |  補修水かけ中 |
└ーーーー ┸ーーーーーーーーーーーーーーー┴-ー-----┴ーーーーーーーー┘


隠されてきたプルト二ウムの大量放出!

ここには、ネプツニウム239 の存在が指摘されています。 
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-845.html

 さらに、こうも指摘しています。

 「福島原発から放出されたプルトニウム239は、 76兆ベクレル。

  これは前に、発表された量の実に23000倍の量だという。

76 trillion becquerels of Plutonium-239 released from Fukushima ― 23,000 times higher than previously announced

  この値は原子力安全・保安院がプログラムを使って推計した値です。」

 何をかいわんや。 今の電力関係、エネルギー業界、マスコミは、人間として失格です。

  温泉によく入り、薬石と竹炭をつかい、漬け物をよく食べる。

  まず、これを心がけてください。放射能は、まだまだ飛んでいます。

子供達を町内会や集落ごと疎開させる。これが野田内閣の最優先課題でしょう。

子供達は最大の被害者です。直接、支援できる仕組みが必要です。

 

今日の太陽は異常に強かった。X級フレアは2日連続で、明日も要警戒。

1) 太陽フレアと地球

 今日は、朝から、世界中の航空会社、そして、日本にある米軍基地関係者が大変緊張していました。

これが明日も続きます。

 9月7日22時32分(UT世界時)に、又、X級フレアが発生し、X1.8フレア・光学重要度は3Bでした。
 これは、 日本時間で、明日9日の午後14:30分頃に、地球に着く計算です。                               

 きわめて強い太陽光なので、直射日光は避けたほうがいいでしょう。

 そして、このダブルでの刺激で、地殻がどう反応するのか、警戒が必要です。 

 今の日本は、台風12号が過ぎたばかりで、地盤が緩み、深層崩壊が進みかねません。

2) 話が変わって、

 世界経済は今、先進国(特に日本)は雇用が崩壊中ですが、一方、新興国は、どこも日本の産業レベル(品質と、新製品の開発能力)をほしがっています。そこに市場もありますから、円高の中、企業の海外進出が加速です。この事態を、産業の空洞化になる、と恐れるのではなく、逆に捉えて、日本国の国富を増やす仕組みつくりができないか、今、検討中。 だいたい、答えが見つかりました。

 この辺は、講演会などで、お話します。

11日(日)に、京都で、「リアル・ジャパネスク」

17日(土)に、東京で、「皆神塾」。

 あと、 10日(土)午後3時、 大阪大正区の八坂神社に伺います。

      宮司の足達さんへの表敬、 ビジョンヨガの仲間その他との懇談です。

 この8月のお盆を切っ掛けに、世界構造が、根底から変わっています。 

 あとは、私たち自身が、変わる番です。 当事者であり、主宰者なのです。

 

 

必見。「瓦礫償却で放射線が再拡散する。深刻な現状を認識しないとさらに多くの・・・」

アーニー・ガンダーセン氏のビデオです。

http://www.youtube.com/watch?v=bSZzhBXLuLk&feature=relmfu

 

この汚染の深刻さを冷静に認識して、それを前提に、行動すべき。

野田総理、勝次官、わかっているのか!!!

7日の太陽フレアは、日本時間8日14:00頃、地球に到達か。ご注意を。

 昨日、お知らせしたX級の太陽フレアが、地球に向って、熱と電磁波を飛ばしているかどうか、

大変気になります。

 発生時刻は、正確には、 「9月6日22時12分(UT)。22時20分に最大」

 http://swc.nict.go.jp/datacenter/alert_latestnews.php
 

 地球に向って、このフレアのエネルギーがまっすぐに、進んだとして、

 日本時間で、8日、14:00頃、地球に届くとの計算があります。

 一日の中で一番暑い時とは、地表で太陽熱をもっとも強く受ける時で、これが、だいたい午後2時です。

 このとき、

   東京・大阪・ソウルが、午後2時   北京・香港・台湾が、午後1時、 ベトナム・タイが、正午。

 とにかく、ご注意ください。

 参考まで:

  http://blogs.yahoo.co.jp/cris_ysjp/archive/2011/8/7

今日、太陽フレアはX級のものが出ています。要注意です。

太陽黒点、太陽フレアと、地球の関係を教えてくれた友人がいます。

 特に、太陽フレアで、最大のX級が出た時には、地球を大いに刺激します。

 そのX級 が、今日出てしまいました。

  http://swc.nict.go.jp/sunspot/

 地震に対する警戒を、強めてください。

 

 

「事業仕分け」の象徴、朝霞の公務員宿舎建設にGOで、茶番に。

 2年前、民主党政権が誕生し、枝野議員を中心に、全国放映した国の「事業仕分け」

 そこで、堂々と、「中止」と判定した、朝霞市の公務員宿舎の建設事業。

これが、今年3月、地震発生の中、ゴーサインになった。 このことを主だったマスコミは伝えなかった。

http://www.city.asaka.saitama.jp/cgi-bin/news/article.cgi?id=1154

このときの財務大臣が、現在の野田総理。

この案件の仕分けに立ち会っていた、国民新党の亀井代表(女性)は、

中止のはずの事業が、再開する前に、財務省から、

「地域医療の拠点にするとの説明があったので、やむなく、建設に同意した」と

ノホホンと答えている。

 あ~ぁ、 どうして、こうなんだ。自分が国会議員であることの意味がわかっていない。

やっぱ、お姫様だなぁ。

  法的に根拠がないとはいえ、 国民監視の仕分け事業で、決定した内容を、

官僚たちが、手を換え品を変え、政治家を言いくるめる。 それに、やすやすと、OKを出した。

 おいおい、ここが、一番の問題点であったことを自覚できなかったのか?

官僚から、こう変えましたから、ご同意を、といわれた時に、なぜ、すぐに、国民に向って、

みなさん、どうでしょうか? と、聞かないのだ。 主権者は、国民なのだぞ。

「事業仕分け」自体が、「法的に裏付け」られていないことを知っている官僚達が、 政権与党が設定した

テレビの「お白州」で提起し、国民に向けて、一旦、決めたと公表したことを覆すのを、国民に教えない。

やはり、民主党、国民新党に限らず、この国の国会議員は、この国が法治国家であること、さらに、

その立法府の一員であることの、自分達の責任の重さとその意味を、まったく、履き違えている。

そのときの財務大臣が、今の総理の、野田なのノダ。

国家の統治、統治権の発生とその構成、権力の所在、といった、政治に関わるもっとも基本のことを、 

松下政経塾の人間は、まったく、学んでいない。

自民党時代の利益誘導がひどすぎたので、選挙で勝つスタンドプレーと、その場その場で、

相手を口先で言い負かすことが政治だと、心得てしまう。 当然、自分自身も、「おためごかし」ばかりに。

そうなれば、「権力」を良く知っている官僚達に勝てるはずはない。

どんな、法律をつくるか?

国の形は、法律が決めるが、 国家の体制を変えるための法律が、この国で機能しているのか、

ということを、考えたこともないのでしょう。

国家は、統治体であり、これは、法律によって動く、ロボットです。

アマテラス神話に酔っている国民は、自分が、このロボットのオペレーションシステムを

動かしている存在だとの自覚はまったくなく、また、それを作り変えることのできる存在だとも、

いや、その責任がある存在だと、今もって分かっていない。

これなら、旧来のOSで、利権を制度化している人間が、喜ぶのみ。

この姿を、とことん、日本国民は、この野田内閣で、勉強すれば、「いいノダ」。

私は、「バカボンの国」は、この実情を心底知ることからしか、生まれ変われないと覚悟しています。 

 

・・・ もう、済んだ、と思い出したときが、危ない時。

 こんにちは。 

 野田内閣になって、台風12号が日本を襲いました。 関西地方(特に紀伊半島の真ん中)で

 大きな被害が出ています。 ここは、日本列島の霊脈であり、もっとも重要なところです。

 若狭湾の小浜にある「鵜の瀬」から、東大寺を抜け、串本まで水脈が流れ、

 この線上には、 ニギハヤヒを祀る  玉置神社 があります。

 今回の台風は異常に大きく激しかったので、ここにきて、首都圏の災害は、

 すっかり 忘れさられているかのようです。

  放射線 以外に、 まだまだ、 巨大地震が発生する危惧は、何も変わっていません。

 「もう、済んだ、と思い出したときが、危ない時」です。

 いま、古川元久氏が経済産業大臣になり、今後の日本の経済政策を考えるのですが、 

 数字上の経済成長よりも、 まず、いま、ここにあるイノチを守ること。 こちらは、実態です。

  ここを最優先するのが筋です。 

 いまの日本は、これまでの統治機能としての 「国」はすでに、ボロボロに破れていますが、            

 私たちが、最後に、よるべき、「山河」まで、 壊われ出しているのです。

 この原因は、われわれ自身にあります。

 過剰なマネー追求と、 手に負えない科学技術の塊りの原発に入れあげた人間たち。

 このまま、許せるはずはありません。

 安心して暮らせる(すごせる)、美しい山河がある日本 でないと、 海外から旅行者も来ません。

 私たちは今、通貨もなく無文字だった、石器時代の感性で、科学技術を、どう生かすか、使いこなすか、

 その判断が迫られています。

  それは、古代出雲の時代。  勾玉 と 銅鐸 の時代です。

  そこで生かされていたものが、  瓊音 ヌナト でした。 

 常に、自然のイノチの声を聞く。  ヒビキの中に、身をおいていること。 

 都会(国家権力)のシステムは、空しいものです。 これを今、自然の方から壊しにきているのです。

国家戦略会議で、国家の体制と体質が本当に変わるか?

野田内閣。 真正面から正直に「現実」に向き合ってくれるのなら、少しでも応援したい。 

菅内閣は、ごまかし、隠蔽ばかりでした。

早速、円高対策として、日本の製造業が海外に出ないように国内立地の諸政策を実行するようですが、

一番、肝心なのは、すでに、輸出主導の工業化では、この国の多くの人間を、「雇用」を前提にした労働で、

繁栄に導けないという事実です。

 野田氏は、 新たに 国家戦略担当相を決め、ここに古川元久氏が就任です。                           

そこで、私が危惧するのは、これまでの諮問委員会などの枠組で、国家戦略や体制を考える時の限界です。

これまでの、国家の統治体制や経済活動の枠組みを、客観的に見れる視点で、いまある国富の実情と、

その使い方と、そのため制度(法律)を考えないといけません。

もちろん、そのときには、いまの現職である、企業人も、志のある官僚も、そのメンバーには必要です。

しかし、ここでもっとも重要なことは、今後、工業化の次の発展段階に入っている日本で、

 新たな「富の淵源」となるのは、 個々人の魂に訴える、芸術的感動が主体であることです。

この「感動のソフト」が、どうやって生まれてくるか、 本当にわかっている人間を中心にしないと、             ここでの議論は、まったくパンワターンの形骸化したものになります。 

本件に関係する記事が、毎日新聞に出ていたので、以下を挙げておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

野田内閣:経済財政会議を集約 諮問会議念頭に

古川元久経済財政担当相は2日の会見で「経済財政について幅広く意見交換し、意思決定する仕組みを          考えている」と述べ、経済関連で乱立している会議を集約し、政策決定を効率化する考えを示した。            野田佳彦首相の指示によるもので、小泉純一郎政権で経済財政政策の司令塔だった経済財政諮問会議           も参考に、財界にも参加を呼びかける。

 民主党政権はこれまで「新成長戦略実現会議」など複数の会議を新設したが、「議論が重なる部分も多く、           非効率」(経済官庁幹部)との批判もあった。                                                  首相は関係閣僚や財界人らが出席し、首相指示で方向性を示すなどして「官邸主導」の象徴となった諮問             会議の復活をイメージしている模様で、1日に米倉弘昌経団連会長と会談した際、協力を呼びかけた。

古川氏は新たな会議の名称として「国家戦略会議」などの案を披露した。

諮問会議では竹中平蔵氏ら進行役の経済財政担当相が政策決定を左右した。古川氏は鳩山、菅内閣               で成長戦略や税財政改革の立案に携わるなど実務能力には定評があるが、「会議を仕切る指導力を             発揮できるか」(経済官庁幹部)、采配が注目される。 【赤間清広、宮島寛】

 

 

これは注目。内閣参与に成田憲彦氏。

以下は、時事ニュースからです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

野田首相は4日、細川内閣で政務担当の首相秘書官を務めた成田憲彦駿河台大学前学長を内閣官房参与に起用することを決めた。成田氏は各国の議会制度に詳しく、首相秘書官として非自民連立政権を間近で見た経験を生かし、野田首相の助言役になるとみられる。
 成田氏は国立国会図書館政治議会課長などを経て、1993年の細川内閣発足に伴い、細川護煕首相の秘書官に就任。細川首相の右腕として、現行の小選挙区比例代表並立制導入を柱とする政治改革関連法の成立を陰で支えた。野田首相は、同年の衆院選で細川氏が代表の日本新党から出馬し初当選した「細川チルドレン」。 (2011/09/04-15:02)

 成田憲彦氏のインタビュー記事が以下にあります。

http://www.fng-net.co.jp/itv/2011/110228.html

 

 しかし、この成田氏が、官僚の特権意識と、それを、許す日本国民の甘えまで、直せるかは、未定。

立法府の国会議員に、私たちが何を求めているか、それが全ての基本です。

 


9月11日(日)えびす屋、「リアル・ジャパネスク」。 日本を変えるキングピンを話します。

その1) 

新内閣の閣僚が決まりました。

今回、一番、驚いたことは、菅政権で幹事長だった岡田氏の財務大臣就任が、本人の固辞で実現せず、

有力議員は、だれもこの最重要ポストを引き受けたがらなかったことです。

結局、震災で地元石巻に何もできなかった安住氏が、(選挙区での名誉回復のためなのか)

日本財政の内実を何もわからないまま、官僚の言うことを言ってさえいればなんとかなる、と

手を上げたようです。 

どうも、財務省は増税実現のために、「日本の危機」を、正式に発表する腹積もりのようです。

ここだけを見れば、日本国に希望は見えません。                                      

これまでのカネの使い方では、本当に日本には、 未来はありません。 

ここは、国家のカネの使い方を変える「法的なルール」を公開でつくり出すことが必要です。     

いまの体制でのうのうとしている官僚・役人達を押さえ込む、心肝震え上がらせるほどの権限を、

国会が作り出していないことが、原因です。

「政治主導」とは、本来、そうした権限をもつ、法的な裏づけのある部局を、「法律」でつくること。               

これができない限り、どうしようもない。 これこそが、日本変革のキングピン。

 で、先日も指摘しましたが、こんな ボロボロの日本ですが、                            

実は、いま、 日本人が、人類社会の未来の繁栄の鍵を、握っています。         

これはこれまでの、『雇用』を中心にした、 工業化の延長線上には、ありません。                                           

円高は、これまでの明治維新以来の輸出主導型の国家発展パターンを変えさせます。

人は、足りないものを求めます。 

そして、天変地異などで、一度、組んだ未来像が狂い出だした時、            

毎日の、いま、ここにある、生きている喜びの実態 を見つめなおします。 

人は必ず死にますが、 人間だけが、未来を想像し、創造できる存在なのです。

そのために、僕らはいま、この星に、いま、いきています。   

 その2)  京都「えびす屋さん」 の 9月11日の案内です。    再掲します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 新井信介氏の講演会のお知らせ >>

今年の夏、また新しい出会いが生まれました。
新井氏のことを知ったのは、2年前です。友人が貸してくれたDVDを見て、凄い人だ!というのが
第一印象でした。
今年「えびすや」を始めて、うちで講演してもらえんやろか?という気になって、6月11日に新井氏
の講演会を聞きに行って来ました。
実際に聞く講演は、歴史上の人物が目の前で蘇ってくるようでした。
分かり易いんです!!

講演会をしてもらう為の打ち合せに7月新井氏の講演先の新潟から信州を旅しました。
その間に新井氏といろいろ話しました。その時感じた新井氏は、滅茶苦茶お茶目で、損得をわきまえ
ながらも、信じた道を行く熱血漢でもあるということです。

多忙な新井氏が、「えびすや」で講演されるのは、年間4回と決まりました。
今回9月11日は、その第一回目です。

会合の名前は、「リアル・ジャパネスク」 です。

   ************************************

◎と き;2011年9月11日(日)13時~16時
◎テーマ:911から10年。アメリカ覇権消滅とドル崩壊。
     民主党の甘ちゃん政治は、日本を壊すが、その先は?

①前半(文化)「日本」の起源と本質を探る
   皇室の三種の神器 は、いつできて、何を意味するのか?
   皇祖神アマテラスは、実在か?
   天皇の金塊とは、スサノオの金塊とも言われるが。
   ツキヨミとは、誰か?
   元号(大化、白雉、朱鳥、大宝)が示す真実。
   鎌足から不比に伝えられたもの。

②後半(時事)今は、まさに、「蛹」の時代。

   テレビ局のみならず、皇居を乗っ取っている半島勢。
   円高で、地球企業化する日本企業。
   福島第一の放射能がもつ、人類史的意味とは?
   まだまだ自然の猛威は続き、国家財政が破綻に。
   2011年の後半から2012年は、さらなる闇が暴かれる。
   ホンモノの尊厳に気づく時、ヒトはどんな行動にでるか?

 *質問は、あらかじめ用紙に書いたものを受け付けます。
  用紙は自由です。簡潔に書いてください。

◎会 費: 5000円

◎場 所:「えびすや」
     京都市下京区新町通り五条下る蛭子町112
     交通機関;地下鉄「五条」下車、④出口を出て、そのまま前進
          2つ目の信号(角に「なか卯」あり)を左折、すぐ4軒目。
          駅から徒歩約4分

◎募集人数:30名
◎懇親会:16時30分~18時30分くらいで、同じ会場でやりたいと思います。
 簡単な食事とビールぐらいを考えてます。
 懇親会費2000円

◎申込み:電話075-756-2064 begin_of_the_skype_highlighting 075-756-2064 end_of_the_skype_highlighting(高橋)
     メール kayo..1313@ezweb.ne.jp
     お申込み頂いた方に、振込先をお知らせします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ps:

 ① 前日の10日に、大阪に入ります。
  ここでは、午後3時ごろにビジョンヨガ関係者その他と、
  「3つのコスモス」の実現について、打ち合わせます。  

野田総理。「これでいいノダ」って、どこ見ているの?

 国会で、予算を通すことを最優先ですか?

なんか、組閣をみていて、力がどんどん抜けてくる。

自らを泥鰌といって、はばからない新総理。 

ドジョウ掬いの安来市は、大喜びですね。

どこにでも、誰にでも、下手にでるのは、いい心がけですが、

いまの国難は、「調整」だけで前に進むなんて次元じゃないですから、

「綿の中の針」のような、戦略があるのならば、それでもいい。

しかし、増税してこれまでの体制を維持したい、 官僚と財務省、経済界は、

うれしくてしょうがないのでしょう。

行政刷新担当大臣に、あのひと?

体制を変えるための、専門部局の意味が分かっていない。

松下政経塾は、統治の正当性と正統性について、なにも学んでいないのですね。

官僚たちにとっては、この「ドジョウ」って、名もなき一般国民の隠語なのでしょうね。

野田が踊る 「ドジョウ掬い」は、ドジョウを救うものではなく、ドジョウに巣食う人たち を

よろこばせるだけか。

せめて、「コンクリートから人へ」の理念を継承し、国の資金の使い方を検討してもらいたい。

« 2011年8月 | メインページ | アーカイブ | 2011年10月 »

このページのトップへ

最近のコメント