2011年7月/新井信介 「京の風」バックナンバー

2011年7月

今日は新月でしたね。「天は見ているぞ」。経産省改革派、古賀茂明氏の自宅に嫌がらせ。

以下をご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/s_koga_unofficial/

これを見て、ワシントンの陰謀の植田さんがコメント。
・・・・・・・・・・・・・
古賀氏の発言の中でとりわけ面白いのが、3月の下旬に、銀行は無担保で東電に2兆円を融資した、
という指摘です。

「銀行は東電が絶対につぶれないことを知っていた」と。

それは何ゆえか?
東電が市場原理の中で経済活動をしている会社であれば、絶対につぶれる、というのが普通です。

・・・・・・・・・・・・・後は、ごらんあれ。

そして、電力会社の改革案を出している古賀茂明氏の自宅に、
電力が来なかったり、ハクビシンの死骸が捨てられたり、と嫌がらせです。

シリウス文明のKagariさんが言うように、獣化していますね。

天は見ていますよ。ほんとうに。
老子の末裔達は、まったく、私欲物欲がないから、怖い人たちなんだぞ。
我欲と執着を捨てないと、天罰が本当に来てしまいますよ。

まあ、それにしても、あきれた。
私は、自分の宿題をします。

電力マネーで操られる最後の大臣?

海江田さん、国会で泣くのは、みっともないね。
大切なのは漢文の知識でなく、自分の立場を鮮明にすること。
確かに、今、辞めたら、菅総理は反原発派の政治家を、海江田大臣の後任に、
すぐに任命するかもしれない。これでは、原発は、再稼動が全くできなくなる。

しかし、今は、政治の第一義は、なんといっても、「国民のイノチ」でしょう。
電力会社が、これまで国家をダシに、どれだけ多くの大きな利権を築いてきたか?
その陰で、どれほど多くの、無辜のイノチが傷つき、失われてきたことか?

原発に関し、総理大臣が豹変し、それについていけないのなら、とっとと辞めるべき。
しかし、それができないほど、電力会社や官僚から厚遇され縛られているのですね。

国民のために、安全を守らない保安院は、当然のこと、解体でしょう。

人類社会の流れ(時代精神)を感得できないものは、滅びるのみ。

(最大利益をめざす)資本主義は、もうすぐ、おわりますね。
アメリカ上院が、債務の上限の引き上げ案を却下。
ドル安が加速します。

それよりも、今また、豪雨の後の地震が心配。
腹を決めておこう。

明治以来の利権大国の日本、さらには、
「お上」を盲目的に神聖化する社会が、まもなく終わるのだから。

28日、太陽のフレアーが異常に出ています。

宇宙天気情報センターは、太陽のフレアーの異常を伝えています。

http://swc.nict.go.jp/sunspot/latest30sunspot.php

児玉龍彦氏。体制内に、やっとホンモノの人物に出会えた。

1) 東京大学 先端科学技術研究センター所長の児玉龍彦氏。
   7月27日の衆議院厚生労働委員会 での参考人証言です。

 http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo

今、日本の放射能汚染の状態がどうなのか、この方は、
医師として、研究者として、きちんと数値を出して説明しています。

とにかく見てください。

特に、311の後も、首相官邸で毎日、大酒を飲んで、
「ここは居心地がいいのよねぇ~」と、のたまっている菅伸子首相夫人と、
そのご友人達には、ナン百万回も、見てもらいたい。

児玉氏の専門は、人間の体の中に、医療用のアイソトープを打ち込む仕事で、
内部被曝による、遺伝子異常が専門分野の方です。
児玉先生の目には、福島の母子や幼児の細胞が、刻一刻、犯されていく様子が、
しっかりと、画像としてイメージされています。

ホンモノの科学者の姿が、ここにあります。

私は、この3日間、中国の鉄道事故のことや、ノルウェーのテロの背景を考えていて、
それを書こうと思いましたが、それよりも、日本国内のことのほうが重要です。
今、日本には、ヒロシマの29.5倍以上の放射線が放出されているのが真実です。

ではどうしたらいいか、

児島先生は、福島にいますぐ、除染の研究所を作り、日本中の全英知をあつめろ、
そして、法律をすぐに変えろ、と、怒りとともに訴えています。

2)あと、参考までに、 中国と、ノルウェーについて:

① まず、中国の鉄道事故が教えたもの。
中国政府の体質、そして、ツイッターの力(現在、中国のネット人口は5億人)。
そして、今回、事故の起きた温州の地は、中国のユダヤ人と呼ばれる温州人の故郷。
1994年以降、中国全土で広がった、土地の地上げ、株の仕手戦には、かならず温州人
がいました。
 中国バブル崩壊、さらに、強圧政治の崩壊になっていくでしょう。

② ノルウェ-。 ノーベル賞のノーベル委員会があるところ。
人類社会の理想を追求していた国ですが、宗教については、きちんと研究していなかった
ということです。

イエスを神にしたキリスト教と、
イエスを預言者の一人とした、イスラム教。

思想・信仰の自由ではなく、イエスとは、一体なんだったのか、自然科学的な
合理的理解をもたずして、他民族融合はありえません。

これが、日本の場合は、やはり、天皇の皇祖神である、アマテラス問題です。
今の、韓国、中国との関係は、すべて、明治維新後につくられた「天皇像」の
虚構からきています。

縄文からの連続性、王権の成立と変遷・変態を、はっきりさせる。
こっちは、私の担当になりますね。
もちろん、アマテラスを生み出すに当たって、日本列島にも、
YHWHとイエスが関わっています。

③ あと、今の、世界権力ですが(これは、私個人の理解です)、

フリーメーソンの上位に、イルミナティー。
このなかに、スカル&ボーンズ、ビルダーバーグソサイアティー、
そのさらに上に、バチカンをのっとった、イエズス会のトップ。

しかし、それよりも、上位者がいます。
ここは、地球の人類の生存・発展のみを見つめている人間たちの集まりです。
地上の人間社会での権力、金融などは、彼らにとっては、単なる、道具です。

その次元での代表者に、過去には、老子がいました。

彼らは、この地球と自然界、人類の意識、そこに表れるエネルギーとその方向性を、
すべて掌握していました。
そこからの緊急司令の前には、地上のすべての権力は、従うしかありません。

繰り返します。これは、単に、私の理解です。

新月の勉強をしていました。

こんにちは。たった今、中野にもどりました。
22日の深夜から実は、クルマで、家族で、北陸の金沢方面に向っていました。
金沢に早朝、到着後、母と子らは長男がいた宇治の幼稚園のサマーキャンプに参加するため、
電車でそこから京都に向かいましたが、私は、金沢の隣町、津幡の「井上」を調べました。
津幡の地は、前田利家が金沢に居城を構える前の能登・加賀の拠点です。
この機会に宝達丘陵にあるモーゼの墓(山根キク説)や石動山(イスルギサン)を見てきました。
崇神(ミマキイリヒコイニエ)に関する新しい発見があり、新井説がますます補強できました。

そして、23日の夜は、新月の勉強をしていました。
明治維新から、日本の正月は、実は、新月ではなくなりました。
日本の暦はすべて太陽暦になりますが、このときから、自然のリズムから
外れだしたのです。

私に新月の意味を教えてくれたのは、津幡の大工の棟梁です。
この方は、伊勢神宮の内宮の工事でも呼ばれた人です。

いわく、
「人間はもう一度、石器時代の感性で生きなくてならない。」
「その時代は、石と木によって、宇宙とイノチの仕組みを直感で知っていたのだ。」

全くそのとおり。

昨日の24日は、昼は、福井にいって古墳を見て、宇治から戻った家族を、
芦原温泉駅で待ちうけ、三国の雄島(おじま)にある民宿「大得(おおとく)」に泊りました。
ここは3年ぶりです。付近に、水族館もあり、海岸線も水質も綺麗です。
この宿の料理が本当に美味しいのです。特に、ワインソースが絶品。

三国は、わたしが大好きな町のひとつです。
ここには、応神(ホンダワケ)の五世孫とされる、継体(オオド)の真実があります。

今日は、福井の恐竜博物館を見て帰りました。

この週末、幸い、日本では、大きな災難がおきませんでしたが、
中国の新幹線事故、ノルウェーの爆破テロ、など、世界は大変です。

油断はできません。

今日22日から25日まで、国際政治(金融と軍事)の舞台裏で、何が話されているか?

日本と中国に赤字を支えられる、アメリカ経済
ギリシャを引き金に、ヨーロッパでユーロ危機
日本国内の財政は、増税必至。
中国では、インフレ、格差、汚職の内政問題。

 皆さんすでにご承知と思いますが、
ユーロは20世紀末、米ドルの崩壊に備えて誕生した通貨。
しかし、参加各国の財政政策に直接、立ち入れなかったため、今、窮地。

一方のアメリカドルは、21世紀に中国を新たな債券引き受け手に育て上げることで、
延命。しかも、サブプライムローンで世界中が過剰信用に。
それが破綻して、北京オリンピック後に、リーマンショック。

戦後の工業化、市場経済化は、全世界に広がり、米ドル需要が継続し、
誰もが、「ドル」は、ババ抜きの「ババ」と知りながら、これを使った。
リーマンショック後に、表面の穴埋めに、各国が金融緩和。

しかし、今、その大元のアメリカで、これ以上借金するなと、上限に制限が。
これが22日の結論が、来週に先送り。


一方、財政赤字が激しい日本では、国債は、95%が日本国内の金融機関や
企業、個人が保有。対外的には、ほとんど迷惑をかけていない。
また、日本が所有している米国債は、全く運用されたことがないまま、アメリカの帳簿に
数字が記録されているのみで、これは、日本経済にとっては、何のプラスもなかった。

その点、中国は、国際金融市場で、米国債を運用してきた。
それを背景に、アフリカや中南米にも進出してきた。

今、日本国内を見れば、21日、東日本大震災の復興対策資金を含めた、
第三次補正予算は、菅直人首相の献金問題で参議院での審議が停止。
22日も国会は開かれず、25日に持ち越しに。

本日、23日、24日の3日間は、今後の世界金融と、日本の財政政策で、
きわめて、構造的な限界をどう乗り越えるか、きわめて重要な時期。

これと、アメリカのデフォルト危機が重なっている。
このときの損失は、大量の米国債を運用している中国が最も大きくなる。

以上を見るに、
マネーに関して言えば、 日本円が最も安定。 だから、円高。

日本がダメなのは、マネーでなく、国家財政の運営の仕方がそのものが問題。
これは、政治問題。特に、国家の運営経費(人件費)の比重が大きい。

これは、これまでの既存の枠組みを捨てさせるしかなく、
一旦、国家財政が破綻した方が、健全化が早まる。
ポイントは、増税よりも、公務員の仕事の質と給与の関係。

ここに立ち入るには、今までの自民や、民主では、全然、だめ。

IMFなど国際機関による管理の方が、既得権益者を黙らせることができる。

こうした状況下、311以後の民主党政権のように、既存の法律に照らして、
国のカネを個々の施策に予算付けするやり方のみしか思いつかず、国会で、
ああだこうだと遣り合うことしかできない政治意識では、何も前にすすまない。

今、アメリカの経済学者ラビ・バトラ博士 を思い出す。

いわく:
「どんなに遅くとも西暦2010年前後までに資本主義は
 崩壊するだろう。資本主義は花火のように爆発する。
 その後世界同時大恐慌の混乱期を経て
 極東の日本より共存共栄の経済政策・プラウト主義経済が
 産声をあげることになるだろう。」


「共存共栄の経済政策」は、今の民主党や他の既存政党からは 絶対に出てこない。
大前提となる、自律の意志と、人間としての信頼感が全く欠如しているからだ。

 私には、「郷土愛」と、「市民ファンド」の方向に、希望の光が見える。

東電OL殺人事件が再審の方向に

あの被害者は、プルサーマル計画に反対する東電幹部の娘だった。

今、ようやく、日本の原発の闇が明けだしたようです。

以下は産経ニュース
・・・・・・...・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東電OL別人DNA一致、警視庁幹部「指示あれば補充捜査を」
2011.7.21 13:02
 平成9年に東電の女性社員が殺害され現金が奪われた事件で、被害者の体内に残された体液のDNA型が、無期懲役が確定した受刑者とは別人のものと判明したのを受け、警視庁の捜査幹部は21日、必要があれば事件の補充捜査を行う方針を示した。

 捜査幹部は、DNA型の再鑑定結果について、検察当局から連絡を受けていることを明かした上で「(検察当局から)指示があれば、事件の補充捜査をすることになるのではないか」と述べた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらに、この被害者については、父親と共に、東電のプルサーマルに反対していたことが指摘されています。
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1535235.html
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/9ac9838b7fb2779d950ad722bb155344

上記から抜粋します。

「当時慶応2年生だった泰子を、東電に引き入れたのはあの勝俣だったという。そして泰子は勝俣が当時企画部長を務めた企画部経済室へ。そこには現在副社長を務める企画管理課長藤原氏もいる花形部署だった。しかし勝俣、藤原の思いとは裏腹に泰子は父の意思を継ぎ、反原発へ。そのリポートは賞を取る程すぐれたものだったという。

 そして・・渡邊親子が警告を発し続けたプルサーマルが本格稼働した1997年、泰子は売春婦として殺され闇に葬られた。泰子の死の翌年、勝俣は常務取締役になり、原発推進事業が加速し、今に至るという。」

 311の地震の後、3月14日に大爆発した福島第一原発3号機こそ、
このプルサーマル発電でした。
 そして、日本に未曾有の放射能汚染という厄難をもたらした悪魔です。

 私たちは、死後も直、原発の危険性を訴え続ける、渡邊親子の魂を救済しなければなりません。

大雨の後です。地盤が緩んでいます。

1)台風6号 は 大量の雨を降らせました。
 
 そこで、このサイトは、見ておいたほうがいいでしょう。
 もう、警告の段階は過ぎましたが。

  http://aioi.blog6.fc2.com/

  今朝4 am に奄美大島で震度4の地震がありました。
 
 台風が過ぎると、地震が起き易いのは、常識です。

2)人間と オカネ のこと。

 生きること と、おカネを稼ぐこと が一致しだしたのは、
 長い人間の歴史(例えば6000年の文明史)の中で、ほんの最近のことです。

現在の先進国にあって、日本は、このマネーについて、きわめて慎重だった国です。

中国で始皇帝時代に貨幣が統一されたとき、徐福は日本列島に来て、
このマネーを持ち込みましたが、全く定着しませんでした。
秦帝国崩壊後、特に、後漢時代には金銭万能の銅臭時代が進みます。
このとき、西日本では、大陸との交流も深まりますが、
それでも、日本国内で、貨幣は拒否されていました。

 私たちのご先祖様たちが求めていたのは、暮らしぶりの実態での豊かさです。
 個々の人間がマネーを追うことで、人間の生き方がイノチの実態と離れ、
巷に虚偽が溢れることを特に嫌っていました。

 徐福時代から、900年以上も、貨幣を拒否し続けていたのが、日本です。
 8世紀に和同開珎ができても、貨幣はなかなか流通しませんでした。

実態を美しく、豊かにする。これを第一にする。
この感性が、日本人の心です。

今、新しい実態を作り出すのに、本当に、まず最初に、第一義的にマネーがいるのかどうか、
マネーの本質と機能を見つめなおしながら、真剣に考えないといけません。

私たちは、マインド・コントロールを受けているだけかもしれません。

マネーはエネルギーです。
このエネルギーはあくまでも美しい実態を作るためのもの。
マネーを、美しい実態に変えるのも、人類の使命です。

アメリカ経済も大詰めですね。「デフォルト回避で一致」といいますが。

以下は、読売新聞から

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<財政再建法案、米大統領が拒否権発動へ>   読売新聞 7月19日(火)12時4分配信

 【ワシントン=岡田章裕】米ホワイトハウスは18日、野党共和党の主導で19日に下院で採決
される見通しとなっている財政再建法案について、オバマ大統領が拒否権を発動すると発表した。

 同案が増税を回避し、経済成長のための公共投資を削減するため、財政再建と景気対策の
バランスが取れていないとの理由だ。大統領は15日の記者会見で、一両日中に打開策で合意
するよう与野党に求めたが、いまだ結論は出ず、オバマ政権と共和党の攻防は激しさを増している。

 協議が行き詰まれば、8月2日には、米政府は米国債の利払いなどが出来なくなるデフォルト
(債務不履行)に陥る懸念がある。
 カーニー大統領報道官は18日に記者会見し、「大統領と議会指導者は、デフォルトの回避で
合意している」と強調し、協議の進展に期待を示した。オバマ政権は7月22日を事実上の期限と
して合意を目指してきたとされるが、報道官は「22日は厳密な期限ではない」と述べ、週内の
実質合意は難しいとの見方も示唆した。 .最終更新:7月19日(火)12時4分 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ps: 2001年の911の前も、アメリカのデフォルト危機が言われていた。
     あのときは、30年物の国債の償還が迫っていた。911後、ロールオバーした。
     今、BISは、日米欧の銀行に新たに、資本増強を求めています。
     また、なにか、起こるのか?

関連情報:
 
<金融安定理事会>日本の3大銀は規制対象に   毎日新聞 7月20日(水)2時31分配信

主要国の金融監督当局で構成する金融安定理事会(FSB)が18日パリで開催した総会で、国際
金融市場に与える影響の大きい巨大金融機関に対する規制強化策について合意したのを受け、
日本の金融機関では三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、三井住友FG、みずほFGの
3大金融グループが規制の対象となる見通しとなった。
自己資本比率を通常の国際業務を行う金融機関より1~2.5%上乗せを求められることになる。

世界的な金融危機の再発を防ぐため、主要国は昨年秋、普通株などで構成する「狭義の中核的
自己資本」の最低比率を、不況に備えた上積み分も含めて7%以上とすることを決定。各国は、
より影響力の大きい金融機関に対する上乗せ規制をどうするかを検討していた。

FSBは検討の結果、金融機関の重要度に応じ、自己資本比率を1~2.5%上乗せするよう求め
ることで一致。16年から段階的に導入し、19年から全面適用する見通し。最終的には今年11月、
仏・カンヌで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議で決定する。
FSBは19日にも、上乗せ規制の対象となる金融機関数や具体的な選定方法を発表。日本からは
3大金融グループのほか、野村ホールディングスも対象候補として名前が挙がっている。【谷川貴史】

大型台風襲来の最中、アメリカ海兵隊の将校が初めて陸自の本部に。

以下、NHKニュースからです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 米海兵隊 陸自基地に将校配置 >> 7月20日 6時17分

 アメリカ海兵隊が、自衛隊の基地に常駐して情報交換に当たる連絡将校を、20日から初めて
陸上自衛隊の朝霞駐屯地に置くことが分かり、有事や災害に備えて日本側との連携を強化する
ねらいがあるものとみられています。
 アメリカ軍の関係者によりますと、アメリカ海兵隊は、ハワイにある太平洋海兵隊司令部に所属
する大佐1人を、埼玉県と東京都にまたがる陸上自衛隊の朝霞駐屯地に連絡将校として20日付
けで配置するということです。陸上自衛隊にはすでにアメリカ陸軍の連絡将校が配置されています
が、海兵隊が陸上自衛隊に隊員を派遣し、常駐で任務に当たらせるのは初めてです。

沖縄を拠点とする海兵隊は、日本やその周辺地域での有事や災害の際、いち早く現場に派遣され、
上陸作戦や災害復旧などの対応に当たるのが任務の1つとされていますが、日本の防衛当局との
パイプ作りは、これまで積極的には行われてきませんでした。
 海兵隊としては、東京の防衛省にも近い朝霞駐屯地に連絡将校を新たに配置することで、日米の
情報交換を密にし、日米が共同で防衛の任務に当たる事態や大規模な災害に備えて、さらに連携を
深めていくねらいがあるものとみられます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考:
 日本の防衛省は市谷にあり、朝霞駐屯地とは、地下鉄有楽町線で結ばれています。
 海兵隊はアメリカ海軍(日本での司令部は横須賀)に属しながらも独自に動ける上陸部隊です。
 日本には、アメリカの空軍では横田基地、陸軍では、座間に司令本部があります。
 日米の軍事当局が、完全に一体化したオペレーションを実施できる体制になりました。

(以下ウキペディアから)
アメリカ海兵隊は上陸作戦、即応展開などを担当する外征専門部隊である。世界の海兵隊の中で
唯一独立した軍となっており、現在のアメリカ軍では陸軍、海軍、空軍に並ぶ4番目の規模となる。
ただし、陸海空軍には元帥位があるが、海兵隊の階級には元帥位が設定されていない。
アメリカ海兵隊はヘリコプターのほか、戦闘機や攻撃機による独自の航空部隊を保有し、他軍に
依存せず、航空支援任務を実施できる。
陸海空軍と同じく、海兵隊も出撃自体には議会の承認を必要としないが、戦争権限法によれば、
事後48時間以内に下院議長と上院臨時議長へ書面で報告するとともに、議会による宣戦布告か
承認がなされない場合、議会への報告後60日以内の戦闘のみ認められ、 さらに30日以内の
撤兵が義務づけられている(50 U.S.C. 1541?1548)。
 アメリカ海兵隊はホワイトハウスや在外米国大使館での警備及び儀仗任務も担当しており、
大統領専用ヘリの運用も担当する[p]。

この動画は必見。大和撫子、優勝への軌跡。「苦しい時は、私の背中を見て」

http://www.youtube.com/watch?v=vAQUOTVhPiA&feature=channel_video_title

さらに、この動画をみた人が、澤選手の言葉を載せている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 なぜか報じられない澤選手の言葉。

「我々のしていることは、ただサッカーをするだけではないことを-、意識してきた。
 我々が勝つことにより、何かを失った人、誰かを-失った人、怪我をした人、傷ついた人、
 彼らの気持ちが一瞬でも楽-になってくれたら、私達は真に特別な事を成し遂げた事になる。
 こ-んな辛い時期だからこそ、みんなに少しでも元気や喜びを与える事-が出来たら、それこそ
 が 我々の成功となる。

 日本は困難に立ち向か-い、多くの人々の生活は困窮している。 我々は、それ自体を変える
 -ことは出来ないものの、日本は今復興を頑張っているのだから、そ-んな日本の代表として、
 復興を決して諦めない気持ちをプレイで見-せたかった。今日、我々にとってはまさに夢のよう
 で有り、我々の-国が我々と一緒に喜んでくれるとしたら 幸いです」?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分にも他人にも決してウソを言わず、言い訳もせず、ひたむきに努力を重ねてきた人のみが、
いえる言葉です。

現実を変えるのは、諦めないひたむきな努力のみ。ナデシコ、おめでとう。

今、朝9時30分。

日本の女子サッカーチーム。

彼女たちには、本当に驚かされます。

自分を高め、試合に勝つのに、全くインチキなし。言い訳なし。

個々のテクニックと戦術理解と、持久力・走力。

特に、澤選手の次の言葉、これを言えるのはホンモノのリーダーのみです。

「つらくなったら、苦しくなったら、私の背中を見な」

自分が、何であれ、ここまで言える人生を、送ってきたか?

NHK特番「史上最大の液状化」。東京湾岸の全埋立地。これは参った。

 たった今、日本橋のホテルで休んでいるとき、NHKの特集番組をみました。
東京湾にある石油コンビナートや製鉄所の土地が、今、どうなっているかを知り、
恐ろしくなりました。

「液状化」は、何も浦安の住宅地だけではありませんでした。

番組では日本の法律では、各工場内の現状をきちんと調べることができないと訴えていました。
企業側は、自社の評判・評価が落ちることを恐れ、全く実情を公開しません。
私は、この番組を見た直後、新日鉄の重役OBと 貿易用の運送会社の社長に電話しました。

両者とも、「自分は現場の様子を見ているが、とんでもないところにたくさん灰色の砂が
噴き出している。次に地震が来たら、ひとたまりもない」と。
工場間では多くのプラントや各種のパイプが複雑に使われ、これが完全崩壊し火災になる、と。
これでは4ヶ月前の気仙沼の火災が、規模が大きくなって東京湾岸全域で広がってしまいます。

あの311では津波報道に隠れていましたが、市原の石油タンクでは火災が起きていました。
それが、次に対象となってしまうのは、川崎や君津など東京湾全域です。

「311」は東北の太平洋沿岸部を壊滅させ、さらに今でも日本中に放射能禍を広げていますが、
次は、東京湾の工業地帯が、火の海とは。
このNHKの特番は、冷静なだけに残酷でした。

それにしても、民主政権の人間。口で言いくるめれば、事実はどうであれ、なんとでもなる、
と考えているのか?

明日、東京入り。16日(土)皆神塾。18日(月)アネモネの講演会

 こんにちは。

今夜は満月。そして、午後9時に栃木で地震です。

気になるのは、やはり、福島原発と、巨大地震のことです。

そして、菅直人という人間。
13日、「原発に依存しない社会」を目指す方針を表明をした、その舌の根も乾かぬうちに、
「トルコに、原発を売り込む」と。

整合性もへったくれもない。 本当に、頭が壊れたままの人物。
その場その場で、思いつきと感情のままに、口を動かしているのでしょう。

自民党の西田参議院議員が言うような、「日本を壊す」という確信犯的な意図もないでしょう。

ただ、権力の座にいることが目的化している。ここだけは、明確です。

こうした宰相を頂く日本の経済について、希望的見方 は、とてもできません。
明日、じっくり話しますが、これは、戦後の資本主義そのものが行き詰る段階です。

事業での発展、成功をめざすなら、日本の企業は、日本(日本人、日本国)にこだわっては
いけない時代です。

日本の企業が、これまでどおりの雇用を確保できるかどうか?
これは、まず無理でしょう。

それに、世界経済は、今、
ユーロ危機、ドル危機(デフォルト)、日本の財政破たん危機 と、危機だらけ。

以下、参考になる多くの指摘がありましたので、一部を抜粋します。

福島原発関連です。

植田さんが、小出さんの見方を紹介しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
再度、昨日の「たね蒔きジャーナル」から。
 http://hiroakikoide.wordpress.com/

福島一号機のステップワンについて:

(水野:まずですね。菅さんは今の福島第一原発事故の状況について説明をしているときに
  こんなふうにおっしゃったんです。ステップワンはほぼ予定通りの日程で進んできている。)

小出:(笑)

(水野:これは本当なんですか?)

小出:とんでもない話ですね。

(水野:やはりとんでもない話ですか)

小出:はい。

(水野:ステップワンというのは何を目指していたんでしたっけ?)

小出:安定的な冷却だったんじゃなかったでしょうか。

(水野:そうですよね。安定的に冷却ができている状態を作るということ。ほぼ予定通りの日程
 で進んできてるなんてことはとんでもないと。)

小出:はい。

(水野:菅さんはこうもおっしゃったんです。冷却についてもですね、小さいトラブルはあるが大筋
 動き出していて原子炉に対する安定的な汚染水を出さない冷却が可能になるなど、ステップワンが
 進んできている。これいくつかポイントがあるかと思いますが、まず小さいトラブルがあるけど、
 大筋動き出している冷却システム、これは本当ですか?)

小出:えー、私はまずその根本的に間違えてると思うのですね。 その東京電力がロードマップを
 はじめて作ったときには、原子炉の炉心という部分には半分まで水があるという、そういう前提
 でロードマップが作られました。つまり炉心はまだその圧力容器の中にちゃんと残っていると。
 だから水さえ循環すれば安定的な冷却ができると。
 そのために冷温停止という言葉まで使ったわけですね。
 ところが5月の12日になって実はもう炉心は全部溶けちゃってましたと、言い出したわけで。
 もうロードマップの前提自身が全く崩れてしまっているわけだし、冷温停止なんていうテクニカル
 タームはもう使えない状態にすでになってしまっているのです。
 つまり、安定的冷却もへったくれも もうないというそういう状態に陥ってます。

(水野:冷却したかった、するべきものがもうそこにはないと!)

小出:そうです。

(水野:この大前提を今も認めない状態の話だ、ってことですね?)

小出:うんまあ私にはそう聞こえます。」

 以上を要約すると、

 東電の行程表によると、ステップワンは、〔原子炉の安定的な冷却をする〕こと。
 そして、菅首相は、昨日(7月13日)の段階で、予定通りに進んでいる、と。

 一方、小出氏によると、〔原子炉を冷却しようにも、もう水がない。〕 

そこに水がないことは、東電自身が公表した(5月12日)。
これでステップワンの作業の前提がなくなった。

 さて、皆さん、小出氏の指摘と 菅首相の自賛を 対比してみてください。

 菅首相の思考回路は、健全でしょうか?

 原子炉の安定的冷却は、原子炉に水があることが前提なのに、その水がもはやない、と
 東電自身が認めたのに、菅首相は、今もなおステップワンは予定通りに進んでいると発言。

 菅首相の頭はどうなっているのか?

 これを称して、権力を維持したいがための希望的思考、と。
 そうだったらいいのにな、と。

 今や菅首相は、希望と現実の区別ができないところまで追いつめられました。

 だから、原発推進計画の見直しを昨日提案しましたが、その実、頭の中は分裂しているのでは
 ないか、と推測されます。
 モノゴトの論理的整合性がまったく見えなくなっています。
 こういう人の発言をまともに受け止めてもいいのか?

 ステップツ―以下も同様。
 
 福島原発事故処理の様子と放射能の現実を見れば、頭が分裂していない限り、行程表が問題
 なく進んでいるとは言えない状況になっています。

 それでも「お上はお上」。
 
 思考が分裂していても、言うことには従うしかないだろう、と。
 律令理性人は、首相の希望的思考に呆れながらも、従順に、分裂に付き合う、という
 実にあっぱれな人たちです。

戦後、ずっと日本を管理してきたアメリカから見れば、もう、黙って見ていられないでしょう。

アメリカが「日本はこうせよ」と言わないと、日本は勝手に沈没してしまう状況に立ち至って
しまいました。
ウェルカム・再占領、です。
律令理性人たちでは、原発事故の事後処理がまったくできないことが、「3.11」後の4か月
で誰にも明白になりました。

「行程表がいまも順調に進んでいる」、なんてことが、まともな人に どうして言えるだろうか、
です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下は、2ちゃんのなかから:


:Ψ:2011/07/14(木) 20:01:10.19 ID:Mu8uuesm0
東京電力は14日、福島第一原子力発電所の汚染水処理システムが配管からの漏水で停止して
いる問題で、 ポリ塩化ビニール製の配管接続部が完全にちぎれていたと発表した。
破損部周辺は、放射線量が毎時100~150ミリ・シーベルトと非常に高く、作業員1人あたり
1~2分程度しか作業を続けられない。
東電では同日中に稼働を再開したいとするが、放射線の遮蔽や作業方法について慎重な検討が
必要で、修理の見通しは立っていない。
水漏れは13日、仏アレバ社製の放射性物質の凝集・沈殿装置で、薬液を汚染水に注入する
配管で起きた。  (2011年7月14日12時32分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110714-OYT1T00552.htm?from=main2

これに対し、

63 :名無しさん@12周年:2011/07/14(木) 19:23:56.30 ID:KGWUUUtJ0
塩ビなんて放射線で材質変化してボロボロになるのわかってるやん。なぜ 金属で作らない。
なぜ、しょぼいことする。もしかしてわざとか。 安全管理指導のアレバ社、胡散臭すぎ。

>ポリ塩化ビニール製の配管接続部が完全にちぎれていたと発表した。

 せめて、PFAを使え!
(PFA? FluonRPFA? 四フッ化エチレン(C2F4)とパーフルオロアルコキシエチレン
 との共重合体で、パーフルオロ樹脂として傑出した化学的・電気的・機械的特性及び表面
 特性を示すと同時に、溶融成形できる熱可塑性樹脂としての特性も兼備えているため、
 PTFEに匹敵する諸特性を維持しながら射出、押出、ブロー、静電粉体塗装といった熱溶融
 成形法による、自在な加工が可能。また、最高使用温度260℃と、極低温から高温に到る
 広範囲な温度帯で、優れた諸特性を維持する。)

311 :名無しさん@12周年:2011/07/14(木) 20:43:02.73 ID:vOUxZGva0

ちょいと整理

 7/12 水処理装置(凝集沈殿装置)薬液漏えい箇所の修理(71.2KB)
 http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_110712_02-j.pdf

 7/13 ポリ塩化ビニール製の配管接続部が完全にちぎれていたと発表
 凝集沈殿装置薬液注入ライン損傷部の概略構造(13.1KB)
 http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_110714_01-j.pdf

 薬液注入ライン(耐圧ホース) → 接続継ぎ手(PVC樹脂) → ねじ込み  
  → 薬液注入口(金属)   ・・・【ここに力が集中し千切れ飛ぶ】

 7/14 汚染水処理装置、配管継ぎ目を交換(PVC→ステンレス)し運転再開
 ttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110714-OYT1T00895.htm


356 :名無しさん@12周年:2011/07/14(木) 21:15:53.55 ID:w+2S4F3s0
 福島第1原発から大気中に放出した核反応生成物質はヨウ素131換算で86京Bq
 原発建屋内に溜まっている汚染水は、換算無し?で75京Bqぐらい。

 それを浄化プラントで濃縮するわけだから、ヤバイのレベルを超えていたりする。
 運転を続ければ、広島・長崎の爆心地に限りなく近づく予感。

377 :名無しさん@12周年:2011/07/14(木) 21:32:05.00 ID:1ylAHDUc0
 死んでいった原発奴隷の呪いだよ

378 :名無しさん@12周年:2011/07/14(木) 21:33:14.67 ID:P+4+/G1C0
 >放射線量が毎時100~150ミリ・シーベルトと非常に高く、
 >作業員1人あたり1~2分程度しか作業を続けられない

 さらっと書いてあるけど、これってとんでもない事なんだよな。
 福島第一原発では今も決死の作業が続けられており 、 
 1~2分毎に被曝作業員が増え続けている

545 :名無しさん@12周年:2011/07/15(金) 01:59:47.11 ID:A93haQMm0
 フィンランドのオルキュア3号機で2002年に契約した価格32億ユーロが安全基準の引き
 上げ により 5倍の1兆5千億円を超えてしまっているのに未だに完成しなくなり大損を
 こいてしまった。 アレバはこの大損の穴埋めにと福一で「水商売」 を始めているわけよ。

 こんな汚い「水商売」が簡単に出来るのは、「自民党政権下で電力業界が一部自由化する事の
 引き換えに 、世界一高い電気料金の原因である総括原価の内容や原発のコストなどの重要な
 情報を『企業秘密』扱いすることで、公開しなくてよいという盗電にとっては 非常に都合の
 よい取引が成立してしまったからですが。

248 :名無しさん@12周年:2011/07/14(木) 20:13:50.01 ID:wBtFCwv70
 予言しておくわ。 
 原発核爆発が起きた福島第一をあと3ヶ月以内に解決できなければ
 日本は確実に崩壊する。というか無法地帯化する。

10 :名無しさん@12周年:2011/07/15(金) 02:24:12.90 ID:I6M5y9qW0
 民主党といえば、マニュフェストは嘘。予算案には具体性が皆無。
 経済成長計画は立てられない。防衛対策も駄目。
 日米関係を壊し、災害対策も復興対応も出来ない。
 出来ることといえば、国際信用や格付けを落としたり、増税したり、
 ドサクサの最中、優先度の低い身勝手な法案を通したり......。
 見た目や聞こえのいいパフォーマンスを行うだけ。
 尖閣のビデオやSPEEDIの情報を隠蔽しようとしたり、
 朝鮮総連と関係のある者へ献金したり、糞な党ですわ。

28 :名無しさん@12周年:2011/07/15(金) 02:36:04.17 ID:f0DBa8XjP
 管は脱原発したいわけじゃなく、国民が脱原発言うからそれを武器に政権維持してるだけ
 だよ。 本来は国民の多数の意見に傾く訳だが、こいつの場合はそう受けとれないw

40 :名無しさん@12周年:2011/07/15(金) 02:43:16.83 ID:w3WH3d8i0
 徳がないからです。
 うそつきだからです。
 無能だからです。
 ペテン師だからです。
 アホだからです。
 保身しか考えていないからです。
 これまで、国民のためになる事をなにかありますか?
 逆の事ばかりですよ。
 政権ごっこやってるようにしかみえません。
 国民の事など考えてません。
 至上最低の総理です。

 だから、総理を変えるのに必死なのです。国民のために。
 毎日新聞見てればそれは理解できるはずですが。
 あいつは、そもそも在日です。日本の事など考えてません。

 民主党の代表選ぶのに、在日外国人も投票出来るのを知ってました。
 つまり、日本の首相を選ぶのに外国人が投票してるのです。
 これでは日本の主権は守れません。とんでもない事です。
 そんなわけの解からない政権なのです。

・・・菅・・・五月 不信任案の前は、「脱原発」ではなかった。

59 :名無しさん@12周年:2011/07/15(金) 03:02:53.41 ID:w5xOz0za0
--- 2011年5月 仏G8 先進国首脳会議 通称サミット ---

 菅首相 「原発事故が起きましたが、これからも日本は発展途上国に
      どんどん原発を輸出していきます。
      それにより、発展途上国のCO2が削減された分を、日本の
      CO2削減分としてカウントしたい」

 参加国全首脳 「ふ・ざ・け・ん・な!」
 
 今 脱原発?  何ソレ?

62 :名無しさん@12周年:2011/07/15(金) 03:03:54.61 ID:72yiFPkO0

 ・平成の開国
 ・最小不幸社会
 ・脱原発依存社会

 こいつ、スローガンばっかりやなw

28 :名無しさん@12周年:2011/07/15(金) 01:55:22.82 ID:mKyffECu0
 浜田・松本のダウンタウンコンビが致命的だったね

75 :名無しさん@12周年:2011/07/15(金) 02:10:53.44 ID:9fN2IJ5z0
 海江田のはしごはずしたのが致命的だね
 世の中にはあんな感じで、上役に取引成立直前で
 はしご外された奴がたくさんいるから

あと、別の欄に:

1 : ◆PENGUINqqM @お元気で!φ ★:2011/07/15(金) 01:18:47.32 ID:???0
 ■脱原発依存、言い訳連発=新人議員と会食-首相

「東京、神奈川から3000万人が移住するような事態も想定して決断しないといけない。 
 だから『脱原発(依存)』なんだ」。菅直人首相は14日夜、都内の日本料理店で民主党の 
 石井一選対委員長と当選1回の衆院議員約20人と会食。

「脱原発依存」をめぐる政府・与党内の調整不足などへの批判を意識してか、福島第1原発事故
 の行方によっては、首都圏から避難させる ことも一時考慮したことなど、言い訳のような発言
 を繰り返した。

 首相は、脱原発依存を打ち出した理由について「原発事故はすごいことだと印象を受けた。
 工学部出身で原発問題について相当基礎知識も持っていたし、自身で研究を重ねた」と強調。
出席者から、全原発へのストレステスト(耐性評価)の実施は思い付きではと指摘されると、
「3月11日から考えていたことを整理して、思いを国民に伝えようと思った」などと語った。

 ▽時事ドットコム
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011071401032


36 :名無しさん@12周年:2011/07/15(金) 01:28:13.92 ID:88Yu6svq0
 >工学部出身で原発問題について相当基礎知識も持っていたし、自身で研究を重ねた」と強調。
 菅は東工大の理学部卒だろ? 自分の卒業した学部間違えている時点ですでに知識があやふや
 じゃねーかw

306 :名無しさん@12周年:2011/07/15(金) 04:06:59.91 ID:X3N36RO6P
>>1
 管総理はプロとしての経験が乏しい人だな。その道で食ってる人間から見たら大学での勉強
 はあくまで入り口の基礎知識程度だ。 理想単純化された試験問題を解くのと 異なり、現実
 は常にもっと複雑で熟考を要する。大人に成って欲しい。

古人曰く、
 「よき助言というものは、誰から発せられても、
  必ず君主の思慮のうちに生まれるのであり、
  よき助言から君主の思慮が生まれるのではない」

脱原発での地域自律・自立型社会モデルをつくれば世界をリードできる。

 原発がないと、日本経済が沈没する、と騒いでいる皆さん。

 自分自身が、ネアンデルタール人であると、表明してますよ。

 原発は、ひとたび事故すれば、地域の文化も歴史も全て破壊しますが、
 順調でも、核廃棄物の管理という、大きな宿題を未来に残します。

 この原発が、基本的に差別構造を持っていることは、以前、話しました。

 そして、原発にかける奨励金・補助金・広報費・その他は、
  新規のエネルギー開発を、全部、邪魔する資金になっています。

 また、国家とその利権者に、進んで従うばかりの低レベルの知性を蔓延させ、
 自分で、自分の生きる現場を、どう生かすか、その主体的で創造的な知性を摘みとります。

 どこまでも、「お上」依存の銭ゲバ、奴隷根性、ポチ、利権主義者、
 自分自身に、INNER INITIATIVE(内発的創造性)が発現していないどころか、
 自分の存在を、権力の誇示と、国のカネを分け与える恩着セガマシサでしか、
 確認できない、未熟な人間性の持ち主が、今になっても、原発を求めています。

 脱原発問題 は、 自分自身の精神を知るいいチャンスです。
 そして、地域経済の完全自立。 

 これには、もちろん、人間個人としての 自律 が必要です。

 日本では、歴史的に、 この「自律」を、 誰もきちんと教えてきませんでした。

 福沢諭吉の独立自尊? 

 まだまだ、甘かった。
 
 西欧社会が「私」を自覚するのは、 イエス以後。
 
 英語、フランス語、ドイツ語の「私」は、 全部、自分の内にいる「イエス」の発見が基本。

 さらに、宗教改革を経て、自分が自分の世界を創る、自律が始まります。
 
 日本では、7世紀にアマテラスができた段階で、「イエス」の本質が埋没したまま、
 現在に至っています。

 そして、誰かが作った利権システムに、進んで入りたがる、権益主義のみが蔓延ります。
 ここには、伸びやかで自由な豊かさはない。 魂の解放はない。 
 内なる創造性は、いつも、押しつぶされるばかりです。

 それでいいのですか?

 ボクは、嫌いです。
 
 日本の工業製品やマンガが世界中で愛されたのは、ここにのみ、本当に、
 創造の自由があったからです。

 地域も、そうした、生きている人間が主体になって、完全に、創造すればいい。
 その前に、まず、自由で豊かな想像が必要です。

 この芽を、絶対に摘むな。

 学校教育は、その素敵な「想像」を、現実化する「創造」に、最低限必要な訓練なのだ。
 利権構造の「枠」に押し込めるものなんかじゃない。

 人間が、他の動物との違い。

  想像 と 創造 ができること。

 これだけは、何回、指摘しても、しすぎるということはない。

菅総理、原発依存政策を「白紙撤回」。背後には地球規模の課題があるのでは。

共同通信ニュースです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<政府、エネルギー基本計画提示へ 復興特別委で首相言明>
 衆院東日本大震災復興特別委で答弁する菅首相=12日午前

 菅直人首相は12日、衆院東日本大震災復興特別委員会で、2030年までに原子力発電の割合
を53%に高めるとしたエネルギー基本計画に関して「白紙撤回し、原子力への依存度は下げざる
を得ない」と重ねて明言し、エネルギー政策の全体像について「そう遠くない時期に政府として
示したい」と述べ、新たな基本計画を提示する考えを示した。

原発再稼働をめぐる混乱には「私の不十分さや指示の遅れがあり、混乱を招いたことは申し訳ない」
と陳謝。全国の原発で再稼働の見通しが立たない中で、原発政策の転換にあらためて言及したこ
とは、関係自治体の今後の判断に影響を与えそうだ。

2011/07/12 13:25 【共同通信】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
背景にあるのは地球規模の天変地異。特に、巨大地震、さらに太陽からの光子(フォトン)、
ニュートリノ、宇宙線などの活発化でしょう。

日本の国家安全保障に関わる情報(地質、天候、敵国、エネルギー、食料、水資源、他)は、
日本の関係省庁よりも、米国のほうが事態を正確に掴んでいるはずです。
菅直人さんは自民党政治の打破、小沢一郎の打倒以外は、元々、なんら確固たる信念もないし、
義理人情も平気で脱ぎ捨てることもできる人間だから、ひとたびアメリカの特別行政自治区の
最高権力者のポストについたら、あとは大ボスに言われたことをそのまま言っているだけ。
(その点、小沢さんはまだ自分の意見をいってうるさいから外された、ということでしょう)
今、宗主国のアメリカ自身が、原発に関して自民党時代とは全然、変わりだした、と見るべきです。
中曽根さんが太陽光へと転換を表明していましたし、フリーメーソンその他、皆、こっちですね。

アヌビス像が据えられたアメリカのコロラド州のデンバーは、標高が1600メートル。
ここは津波の心配が全くないところです。FEMAの基地の中でも最も堅強なものがあるはずです。

日本を救うよりも、日本の被害をダシにする人間。

 震災からまるまる4ヶ月。

放射能被害がどんどん出てきています。牛肉からセシウムを検出と。
それと同時に、地震に関し、またまた注意報。今度は、三浦半島。

この4ヶ月間、政争に明け暮れている間、誰が一番得をしたのでしょう。

日本は、本当に、自分の国のことを自分で決められない国です。
こんな状態ですから、まだまだ、悲劇があるのでしょう。

私は、本欄では、もう「警告」は書かないと決めました。

ただ、アメリカ国内では、今、暴動・略奪に備える人が増えているとのことで、
これのみ以下、紹介します。ご参考まで。

「金持ち父さん 貧乏父さん」のロバート・キヨサキ氏の警告
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-659.html

中国でも、インフレは弱者を本当に苦しめます。

一方、日本の田舎で暮らしていると、何とか食べ物だけは安く手にはいります。
日本では、首都圏の富裕層が海外に逃げ出している所為か、高級食材の需要が減り、
産地では、あまり気味となって、値崩れしています。

一対一で、信頼関係を増やしていくのみです。

「3月17日から官邸にアメリカ人がいる」。

私は、本ブログで、3月15日の昼に、以下を書きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これは、重大犯罪。  殺人だ。

本来なら、地震発生後の初期の段階、すなわち、冷却水が流れないのを確認した段階で、
50キロ圏内の全ての住民を、非難させておくのが、政治的には、まともな神経での判断。

首相たるもの東電側の発表とは別に、すぐに現場に自分の使者を送って、独自に実際の数字
を確かめるのが、本来の姿だ。それこそが、〈政治主導)だ。 ことは、国民の生命そのもの
の問題であり、真実の情報確認には、だまされていないか、念を入れるのが筋だ。

いまになって、どうするんだ?

ああ~ぁ、これから、とんでもない悲劇が、出てしまう。

「東電の発表された数字によると、外壁だけで、・・・問題ない」

といい続けてきた政府は、 一体、なんなのか?

もう、やめろ!!! 即刻、去れ。 

海外の専門家チームに指揮させろ。
すぐに、オバマに指揮権をゆずれ。 FEMAに来てもらえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、どうも、以上と偶然の一致なのか、
3月17日から、首相官邸にアメリカ政府のIEAE代表が張り付いているようです。

その人物を突き止めたといって、副島隆彦さんが会員制の情報で公開しているようです。
私は、これを知人から聞きました。

http://quasimoto.exblog.jp/15087824/

まあ、福島原発の問題は、コップの中の争いしかしたことのない日本の政治家には、
何もできないでしょうから、当然といえば当然です。

まして、

いつまでも権力の座にいたい菅首相。
それを、どんなことがあっても支えようとする福山官房副長官。
その時々のもっとも強いモノにとって最高のパシリである、理解力抜群の細野補佐官(今は大臣)。

アメリカにとって、今の菅政権ほど、御しやすいものはないでしょう。

ストレステストでまもなく日本中の原発が使えなくなり、日本での電力供給が不安定になるなら、
日本の大企業は、ますます、海外に出て行きます。
これは、アメリカ、中国、アセアンにとっては、好都合です。

日本の明治維新以来の工業化・都市化が、もうまもなく、完全終息です。

「雇用」ではない、別の形を、早急に作り上げましょう。
ヒントは、「屯田兵」。

今週末の東京での講演会です。16日、18日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
皆神塾 2011年、 7月16日(土)


テーマ:  資本主義の最終章。「311」以後、放射能禍と情報統制の下、
       マネーはどう動く。 そして、日本はどうなる?

 会場: 東京外国語大学サテライトオフィス(地下鉄本郷3丁目下車、「壱岐坂上」交差点)
 時間: 14:00 ~ 17:00 (終了後、別途、懇親会あり)
 参加費: 3500円
 主催(申し込み先): 株k20 電話03-5807-1395 、携帯090-5804-5078

 内容 : 
 福島原発の放射能放出が一向に収まらない中、日本政府は6月20日、ウィーンのIAEA総会で
 原子力安全宣言を出し、これまでどおり、原子力政策を推進する姿勢を示しました。
 技術的に管理不能でることが実証されているにもかかわらず、さらに、原子力を推進するのは、
 エネルギーの安定供給よりも、利権の維持継続が優先された結果です。

 その利権とは、一国を超えて、地球規模での、マネー支配をさします。

 マネーは、人間社会の共同幻想での心理エネルギーです。これは、自らを増やすところに
 流れる性格を持ちますが、現状では、リーマンショック後、一方ではシステム維持のため過剰
 なまでに資金供給をするとともに、
 もう一方では、これまでの無軌道な金融状態に対し、国際的な厳しい管理が入っています。

 その中で、戦後世界の基軸通貨発行国アメリカでは、8月2日にデフォルトの危機が迫っています。
 新規に米国債を発行するにしても、その引き受け手は、現状では中国しかいませんが、その中国
 は今、貧富の差の拡大、インフレ、自然災害、環境問題、賃金上昇、各地での暴動と不安定要素
 が目白押しです。

 この米中両国は今、それぞれの生き残りのために手と結び、急速に弱体化する日本を草刈場にし
 て生き残りを図ります。ビルダーバーグ会議に今年、初めて中国が正式に参加した意味は、極め
 て大きいものがあります。

 日本は地震と放射能で東日本の経済が停滞する中、無政府状態が続き、資本・企業が海外に出て
 いくことは避けられず、これまでの雇用の確保はできません。これらは、すべて、文明のスタン
 ダードの次元での話であり、また、日本人自身が、自分の国家の真の姿を知らないことから、なん
 ら、解決の糸口が見えないままです。

 しかし、6000年の文明史に立つと、ハードの独占による資本主義が今、終わりを迎え、新時代へ
 の飛翔に備えだしたことがわかります。

 日本は、死ぬのか? 今年、後半を見据えて、現状を分析し、大胆に予測します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7月18日   アネモネ主催の講演会

   「プレアデスが教える、シリウスの人類羽化計画の真相」

 2011年から始まった、日本の未曾有の国難は、実は、6000年の人類文明が
 大転換している、その始まりです。
 
 単に戦後のアメリカ覇権や、これまでの物質主体の文明の終焉だけでなく、
 人類の精神、そして、魂までも、次の次元に進むことを運命付けています。

 特に、6000年前に地球に到来した、ニビルによるシリウスショックと、
 さらに、文明の起源とされる、ヘブライ人の始祖アブラハムについて、
 プレアデスの視点で、その真実を明かします。

 多次元意識をもって、この地上で蝶のごとく、舞う事ができるか、
 それとも、これまで通りの、拡大一辺倒の意識で、対立と軋轢の中で生きるか、
 
 それは、今、人類個人個人に課せられた選択です。

 縄文のヌナカワヒメ、 そして、エジプトのアヌビス神が、 私達を、
 大宇宙時代へと導きます。

 これからの大激変への対処も合わせ、 真実の公開です。

 会場は、 株「インフォレント」
  111-0053 台東区浅草橋5-3-2  秋葉原スクエアビル

時間: 13:30 ~ 16:30 
 
受付は、 ビオマガジン 03-5436-9200
 
参加費:前売り3500円 当日4500円(各税込み)
 
 会場の電話 03-5822-4800  
 会場担当 長谷川 080ー4196-1689

「何も東京だけじゃない」。確かにそのとおり。

 日本全体で、さらに地球規模で、いつどんな災害が起きるか、私たちはなかなか正確な予測
ができません。気象庁ほか多くの専門機関は、異変についてかなり正確に掴んでいるはずです。

 日本全体では、これまでの火山性地震とは違う地震が、あちこちで起きています。
先日の和歌山、それに、熊本。これなどは、中央構造線の断層と関連があるのでしょう。

 東京にすむ友人に、「東京は怖くていけないよ」というと、
「何も東京だけじゃない。いつどこで災害にあうかわからないよ」と言い返され、
それもそうだな、と。
 私のすむ長野県でも、北部の栄村、中部の松本、と強い地震がありました。

 その中で、どう暮らすか?

一方で、福島原発の放射線は、ぜんぜん止まらない。

 私が、国家指導者なら、すぐに、1億2000万人が、いかにして、健康に暮らせるか、
を最優先に考えます。そのとき、カネを中心には考えず、個々の人間の生命を先に考えます。

 これまでどおりの経済活動(報酬や権利)を前提に考える時、法的根拠をいくつも固める
必要が出ますので、これでは、個々の法案をとおすのに、国会審議が必要になります。

 「今の事態は、そんな悠長なことを言っていられるのか?」

これが、マスメディアなどにはでませんが、今、多くの日本人の深層意識のなかに芽生えて
出している実感ではないか、とおもえるのですが、 これは 私だけの感覚でしょうか?

本来なら、国民に信頼される、特別な司令部をすぐにも設置する必要があります。

特に、食料品や燃料などが、欠如する場合には、暴動もおきかねないので、
それを事前にシュミレーションし、迅速に対処する、戒厳司令部やFEMAのような組織も
必要な状況になってくるのではないか。

残念ながら、今の、民主党、特に、菅直人政権は、完全に国民の信頼を失いました。
また、アメリカ覇権の下、公共事業と原発利権の増殖拡大にまい進した自民党では、
これまでの「産・官・学・メディア」の癒着が強すぎて、既得権を放棄させたり、押さえ込む
判断とその措置の実行ができないでしょう。

やはり、一対一の信頼関係の中でしか、見えてこない。

7月16日(土)の皆神塾、
 18日(月)の「アネモネ」講演会 では、 この点も話したい。

原発ストレステスト、スペースシャトルの最終飛行。

日本全国の原発に対し、ここにきて急にストレステスト(安全確認の負荷テスト)。

実は、アメリカでも、フランスでも、台湾でも、今、原発が問題を起こしています。
こうした正確な情報は、マスメディアには流されず、各国の政権責任者のみに伝わります。

地球全体が現在、1000年単位の周期での、かなり不安定な時期に入っています。
そのなかで、個々の地域の個別事象についても、科学的に、かなり正確に予見・予測できて
いるようですが、それが分かっても、その結果をひろく一般の公開メディアで、公式に紹介
されることはないでしょう。

あまりに、大きく、激しく、広範囲で、多発的に、災害が次々おきることが分かれば、
一つ一つの個別事象に、事前の注意や退避勧告は、とてもできない、となるでしょう。

私は、スペース・シャトルの引退も、これに関連しているのでは、と考えます。
これからの3年間、地球は、とんでもなく、不安定になります。
宇宙ステーションの計画も、もう、順調には行かないでしょう。

今、こうした事態に、真実の情報と、王朝の行方の関係を考えます。

 中国でのことです。

清朝末期、アヘン戦争の後、税金が上り、国内で太平天国の乱がおきます。
さらに、洪水、日照り、そして、蝗害(いなごの害)と、自然災害が多発します。

こうした各地の具体的な被災状況や反乱・暴動の実態が、中央の宰相の耳に入るのですが、
それは、皇帝のところに、全く届きません。

「陛下のお耳を煩わせるな。陛下のお心を安寧に保つのが、我ら臣下の務め。」

清朝でも、その前の明朝でも、こうして滅びました。

今、日本にあっては、皇帝は誰か?

実は、私たち一般国民、有権者こそが、皇帝なのです。

「国民の耳に、悪い情報を入れるな。」

これが、民主党政権に限らず、日本で、戦後、いや、明治維新以来、
ずっと、行われてきたことです。

これが、現在にいたって、取り分けて、如実になって際立って出ています。

「ただちに、健康に影響しない」

きちんと、情報がつたえられていない。
日本の政治、とくに、国民の本当の権利については、

「民を愚かに保て」「依らしむべし。知らしむべからず。」

その上で、 生存に関わる重大事態が、今、国家の次元を超えて、人類全体の次元で、
あまりに多くの場面で噴出しているのでは。

しかも、これまでどおりの、金融支配を進めたい人間が、情報を管理します。

本来なら、日本は、非常事態宣言の下、すべての経済活動を停止してでも、
災害に備え、国民の生存のための共同作業をしなければ成らないほどの段階だ、と
私は、考えています。

ある日突然、何の予告もなしに、自分の目の前の全てが失われる、東日本の沿岸地方の
被災者と同じような事態に、自分が直面するかもしれません。

備えるに越したことはありません。


PS:  
その意味で、 
 石原都知事と、橋下大阪府知事が、大阪を「副首都」とすることで先日、同意しました。

 関西が、東京のバックアップになる。

 これは、すでに、皇居に関しては、京都御所が位置づけられています。
 金融機関の債権債務などの金融データも、すでに関西のコンピュータで蓄積されています。

 6月後半のこの時期に、両者は、「副首都」の創設で合意しているのは、
 やはり、東京首都圏に、なにか起きる、と考えるべきですね。

七夕。日本は混乱の極み。

 いろいろ書きたいですが、

 止めます。

 政権にいることのみが、目的化している、内閣総理大臣。

 「あんた、一つぐらい、実績を残さないと、ほんとうに恥のままだわ。」

誰の言葉か分かりますね。

 原発もここにきて、延命の種に。

それにしてもどうして、ここまで原発にこだわる人間がいるのか?

それに対し、菅総理は、破壊的攻撃です。


少し気になること、


アメリカの原子力潜水艦にも、原発は当然、搭載しているはず。

小型で完璧なものは、やはり、アメリカ。

日本の技術者が、これに関わっているとしたら、いろいろ見えてくる。

FEMAの本拠地にアヌビスが現れていたぞ!!!

 私が、4000年前のアブラハムの核爆発に言及した論考を発表したのは、
 雑誌「アネモネ」の7月号ですが、

 この中で、シリウス情報にダイレクト・アクセスしていたエジプトの神、
 アヌビスに触れました。

 そのアヌビス像が、なんと、アメリカのFEMA(緊急事態管理庁)のある、デンバーに出現です。

 その出現時期は、アネモネ7月号が発売された6月9日の ほぼ一年前でした。

 アヌビス神は、エジプトで、シリウス情報をつかんでいました。

 そこで、感想。
 
 なぁんだ、今のこの地球規模の大変革期に、FEMAも、そこを頼りにしているのか。
 それなら、わたしのアンテナのほうが、くっきりと、シリウス情報が映るぞ。

 http://icke.seesaa.net/article/152294801.html。
 http://satehate.exblog.jp/14541077/

痛々しく哀しい辞任劇。

松本大臣、涙目で辞任会見ですか。

権力を持ったときの、この人のものの言い方に、確かに、問題があります。
まず、人間を上下で判断しようとしたことです。

一番、肝心なのは、現地の復興を一日も早く達成すること、との思いは、
一緒なのでしょうが、もろに、権力を振りかざす言説が、日本国民の怒りを呼びました。

言ったほうも、言われたほうも、それよりも、こういう場面を目撃してしてしまった
われわれ日本国民も、とても心が痛みます。

そして、哀しくなります。

自分の言説で、自分が加害者になっていたことを、大臣になって初めて知ったのでしょうか?

私はこの方の祖父、松本冶一郎さんたちが水平社運動を立ち上げたときの情熱が好きです。

『人の世に熱あれ、人間(じんかん。人の間)に光あれ』

この言葉は、今の東北大震災で苦しんでいるときにこそ、もっとも必要だったのですが。

『光り』とは、情報であり、これは、知恵です。それも、「智慧」です。

色々、考えさせられます。

自分が、なぜ、日本人の社会構成の原点を調べるようになったのか?
それは、なんでも上下でランク付けし、ひとたび上位者となったら、強圧的に他者を押さえつける
強者の精神性と、すすんで、自分の考えを捨て、強いものに従おうとする自己放棄の精神性を、
なんとしても、変えたい、と考えるからです。

自分で考えろ、知恵を出せ。 この指摘は間違い ではなかったのですが。

「お上にたよるな」は、私の信条です。
そして、今では、地球すべてを飲み込んで、すぐ目の前の問題に、解決策を考える。
まったくの瓦礫の山や不毛の砂漠に、どうやって、人間の伸びやかで潤いのある繁栄を実現するか。

もっとも大切なのは、

 人間同士の心の共感でした。

 魂が響きあうことでした。

 私自身も不注意な言動で、思わぬ苦しみを出会う人に与えているかもしれません。

そして、今ここで松本大臣の背景を考えたとき、日本の長い歴史が頭をよぎります。

日本人とは、持統が皇祖神アマテラスを作り出して、日本列島にいるすべての人間を
その子供である、という信念体系が生まれたときから始まっています。

日本の天皇の前身は、倭王ですが、これは、第十代の崇神天皇のときからです。
その地位は、卑弥呼が、親魏倭王になったときから、国際認証されました。
倭王は、「国譲り」のあとに、正式に誕生したものです。

持統は、その「倭王」の前の、古代出雲の王、ニギハヤヒをきちんと出雲に祭ることで、
政権を安定させました。

しかし、参謀の不比等は、持家が死ぬ(703)と都を奈良に移し、ここで、通貨「和同開珎」を
つくり、さらに、記紀の編纂。
聖武は大仏造像を発願し、場所を恭仁京などに移ろいながら、再び、奈良に戻して大仏を造像。

その聖武の娘の孝謙・称徳が死去した後、白壁王が即位し光仁天皇。
その息子が桓武天皇で、都をいったん長岡京に移したあと、京都に遷都。

今、東京で、巨大地震の発生が危惧されています。
東京の石原知事と大阪の橋下知事は、大阪を「副首都」として、首都のバックアップ機能
を持たせることに合意しましたが、皇居のバックアップは、すでに、京都にあります。

天皇は、京都御所内に、いつでも住まわれる準備が完了しています。

 千年の都、京都。

和気清麻呂に進言され、平安京の建設を決意したのが桓武(山辺王)です。

京都に遷都する際の桓武が、一番、慙愧の念を抱いていたのは、自分の母、高野新笠がかつて、
父帝の光仁の后になる時に、光仁の先の皇后、井上内親王を強引に廃后にしたことでした。
すべては、わが子、山辺王を天皇にしたいという、高野新笠と百済系諸部族の野心でした。
井上内親王は、実は、犬養一族の出身の母、広刀自と、聖武との間にできた女性でした。

高野新笠は百済武寧王の血脈ですが、ここに言及したのが、2000年12月の今上陛下の
「ゆかり発言」でした。

こうした歴史を考えながら、私の大好きな言葉が、頭に響きます。

 『悲心抜苦 慈心与楽』  BY 聖徳太子

「知恵を出さないものは助けない」BY松本龍復興相

まず、その1)  掲題について。

これは、言い方に問題があるにしても、正論です。

しかし、これまでの都道府県知事は、中央の「お上」がきめたものを、
唯々諾々と喜んで進めるのに慣れてしまいました。

だから、いきなり、「自分で考えろ、知恵を出せ」といっても、
かなり、難しいでしょうね。

それより、今は、中央の「お上」のほうに、知恵がないのでしょう。

各都道府県でなく、各市町村に、本来なら、自分で独自の復興プランを立てさせる、
これこそが、地方分権です。東北の沿岸の自治体には、役所自体も壊滅し、
被災者の生存を確保するのが、精一杯の状態が続いていますが、まず、中央に求めるべきは、
現場執行権です。

個々の地域を、自治区にする。資金も世界中から、独自で集められるようにする。
 これまでの、いろいろな補助金を整理して、優先的に被災地域自治体に割り当てる。

今は、震災から4ヶ月になり、産業を興す段階ですが、まだ残る瓦礫を片付けながら、
そこに、被災民を採用する産業を造らねば成りません。

やり方はあります。
 
しかし、今の「中央主導」の復興が、なかなかすすまない、現実を考える時、
そこには、民主党の「政治主導」に抵抗する、霞ヶ関の論理もあるのかもしれません。

現段階では、復興資金(約30兆円といわれています)が、順調に動かないのは、
もしかしたら、もっと別の理由があるのではないか、と私自身は、勘ぐっています。

たとえば、今後、日本にさらに大きな災害が来るので、これに備える必要がある、と官僚たち
が考えていれば、全ての復興資金を、今の東北だけに振り向けることは、躊躇うでしょう。

私は、今、友人達から、瓦礫を宝の山に変えるビジネスはできないか、と相談を受けています。
確かに、そのビジネスで雇用を生むのが、現時点では、最善の策です。

次に、その2)

2日の、津幡のことです。おかげさまで盛況でした。
関係者の皆さん、本当にありがとうございました。

金沢近辺に、関東の製造業が、静に移転を始めていることも確認しました。
石川県は、ほんとうに、不思議なところです。
ここの自民党のボスが「有権者は寝ててくれればいい」と言い放ち、「鮫の脳みそ」と論評
された森さんだったわけですが、もう少しスマートな方がリーダーになる必要がありますね。

そして、昨日は、高岡経由で、親不知、ヒスイ峡を回ってから、中野に戻りました。
雨の後、小滝川と姫川の合流点には、またまた、姫川薬石が、多く流されていました。

あと、その3)

うれしい、小さな大発見。

ヒスイを水に浸しておくと、その水は、本当に岩清水と同じで、甘く美味しくなります。
水を沸騰させる時に、入れておくと、それを早く実感できます。

日本酒(冷酒)や、焼酎のロック(氷)に、 ヒスイの小さいかけらを入れる。

ヒスイは、イノチの情報系、珪素(シリコン)のかたまり。

多くのイノチを響き合わせるということは、いかなる、うまみを醸し出すか、
閲覧者のみなさん、各自、お試しあれ。

« 2011年6月 | メインページ | アーカイブ | 2011年8月 »

このページのトップへ

最近のコメント