HOME > 最新情報 > アーカイブ > 2014年6月

2014年6月

【お知らせ】皆神塾(大阪・名古屋)開催のご案内: 6月21日(大阪)・6月22日(名古屋)

 来る621日(土)<大阪>・22日(日)<名古屋>に皆神塾を開催させていただきますので、日程及びテーマ・内容についてご案内させていただきます。 

621日(土) :「皆神塾」<大阪で開催>

   場所: 「難波神社」

        中央区博労町4丁目13     TEL06-6251-8000

   時間: 14時から17時くらいまでで

      参加費:3500円(瓊音倶楽部会員の方は2500円)

      地図: 地図については次のリンクからご覧ください。 → 121114_地図_難波神社.pdf 

622日(日):「皆神塾」<名古屋で開催>

   場所: 「名古屋・東別院会館」 会議室

        名古屋市中区橘2-8-45   TEL052-331-9576

   時間: 14時から17時くらいまで  (引き続き同会議室で「懇親会開催予定」)

      参加費:3500円(瓊音倶楽部会員の方は2500円)

      地図: 地図については次のリンクからご覧ください。駐車場もございます。

                            → http://www.ohigashi.net/annai/access/

  (補足)名古屋では、皆神塾終了後に、同じ会場で(場所を変えずに)「懇親会(第2部)」を開催させていただきます。

                 そこでは、「仕出し弁当」をご用意させていただき、新井先生に質問をしていただいたり、また新井先生のお話をゆっくりと聞いていただく予定です。

                 「仕出し弁当」の用意の関係から「懇親会」に参加される方は事前に下段の連絡先まで、ご連絡ください。 尚、「懇親会」の参加費はお一人「2500円」となります。

テーマ: 天皇と王族の良心が、日本人に人類的視野と自覚を促している。

日本の変革が世界の希望に直結する。出雲と宇佐の大事を踏まえて。

l  大阪では緊迫する国際情勢の最深部を、

l  名古屋では真の日本復活の道筋を中心に研究します。

(注)大阪と名古屋では重複する部分はございますが、上記のように内容を変えてお話させて頂きます。 

内容 

521日、福井地裁が大飯原発の再稼動を差止め、横浜地裁も厚木基地の飛行を差止める判決を出した。日本の司法が変わりだしたが、さて、これが高裁、最高裁でどうなるか、さらに、「不正選挙」はどうなるか、世界は日本の権力の姿を見守っている。

一方、この日は、沖縄久米島沖で大きな噴煙が上がり、核爆発かとネットでは大騒ぎになった。そして24日は中国が勝っ手に決めた防空識別圏に海上自衛隊の観測用航空機が進入したといって、中国軍はスクランブル発進し30mの距離まで接近した。しかもミサイルまで搭載されているほどだった。

アセアンはミャンマーで一致して領海問題に当たることを決め、シンガポールでは、そのアセアンに日本とアメリカが組んで、中国の拡張主義に対抗した。

東アジアでも水面下で戦争を起こそうとする勢力を、日米中ロ全部が沈静化・駆逐に入っている。その思いは4月に来日したオバマが賞賛した、わが国天皇の「精神」である。これは125代、2000年以上続いている、と。

安倍政権は、戦闘行為を禁じた憲法でも、解釈上の運用で自衛隊が派兵できる道を切り開こうとしたが、どんどん狭められている。しかし、原発に関しては、それが日本経済の基盤、そして世界経済とも直結するとして、無視を決め込みながら、原発マフィアを擁護し、「戦略特区」で切り抜けられるとポーズを取っている。

しかし、実際は、「富が増えない中、骨だけが残って、人間個人だけでなく、国家の生命力がどんどん落ちている」のだ。

日本を変えるときは、世界も変えるとき。安倍政権はどんな結末になるのか?

ワールドカップの開催中に『王族』が鳩首し、そこでは、今後、どう日本を変えていくのか、が話されますが、皆神塾では、この視点で、今年後半を占います。

 暗示されているのは、天皇家から出雲大社に「お嫁入り」があったことと、江戸時代まで日本神社界の頂点であった、宇佐神宮の社家の後継者が免職されたこと。

 連絡先

ご質問などございましたら、ご遠慮なく事務局の室伏までご連絡ください。

連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。

« 2014年4月 | メインページ | アーカイブ | 2014年8月 »

このページのトップへ