新井信介京の風

新井ワールド

1 2 3 4 5 6 Last

2015年9月3日付契約書3通。4日総理夫妻は大阪。夫人は住吉大社。総理はよみうりテレビ出演。

 もう、バレバレ。森友学園のための、3通の異なる契約書は、誰がOKだしたの? 

で、面白い替え歌があった。

【狂騒時代】  

  今はこんなにバレだして  涙もかれ果てて もう二度とはニヤニヤは できそうにもないけど

  下がる下がるよ 支持率下がる  喜び嘘つき繰り返し  今日は陥れられた 籠池たちも

  生まれ変わってしやべりだーすよ~♪

 

それにしても悲劇だな。1300年前に、不比等が隠した、日本列島での日本国成立の真実を、まったく研究しないで、21世紀になっても、戦前の理解のママで愛国を教え、国際政治でも通用する強い「国家」を作ると語ってきたのだから。

701年に大宝律令ができたときの天皇は、文武。軽皇子。和風諡号が豊祖父命。この意味がずっと隠されてきた。

この人物は、持統の孫(草壁皇子の子)となっているが、ほんとうにそうか?

ここで犠牲になったのが、高市皇子。なぜ、殺されたのか? どこに埋葬されたのか? このとき、大陸では武則天の周だが、高句麗の地には新しい国ができた。半島には統一新羅。かつての三国との関係は?

現代に繋がる、日本国という統治体が誕生するとき、そこで犠牲になった人物で、真相が完全に隠されたままの存在が、今、とんでもないエネルギーを地上の現実界に降ろしてくる。

 <籠目の籠>が壊れたからだ。 森友学園の理事長は、籠池。 

 高市皇子の父は天武。 母は海人族の宗像徳善の娘、尼子媛。高市皇子の子が長屋王。

  では、朱鳥(アケミトリ)は、何で、どこにいるのだ?

 

 以下のツイッターを参照して。

JENI @JENI_L_

2015.9.4
安倍昭恵氏FB投稿(15:43)住吉大社正式参拝
安倍首相13:55~15:50 ※15時以降に出演予定/ミヤネ屋
2015.9.5
安倍昭恵氏FB投稿(3:18pm)大阪の塚本幼稚園にて講演(名誉校長就任)

https://www.facebook.com/akieabe/posts/10153587442711779  pic.twitter.com/p2NrUPPKpf

Twitterで画像を見る         Twitterで画像を見る

未来線:「 脳が萎縮するとあらゆる機能が低下します。 緩やかな死。彼等はそう名付けました。」

 未来線 じっくり読むべし。 そして、備えるべし。

 悪魔サイクルに嵌まったままの これまでの文明相の今 と闘うべし。

 人間は、神の一分。その力は、想像と創造。心は、根源神とも直結する。

  それを、人間イエス・インマヌエル は、「父(ファーザー)」と呼んだ。

 気づいたら、自分を起点に、「自分が受け持つ今」を、悪魔サイクルから救出しよう。

 

 以下、未来線から。

脳が萎縮するとあらゆる機能が低下します。 緩やかな死。彼等はそう名付けました。 自覚することなく身心の能力が下がり、やがて事故や病気になり死にます。 証明される事はありません。 医学的に異常は認められないからです。 あなたはどう思いますか?

 

天上へと続く数多の垂れ糸。 持たざる者は偽りの糸を必死に上るだろう。 その糸は手繰れば手繰る程下に下りてくる。真実を見極めなければ未来永劫、楽園には至らない。 そう罪が広がった世界線の持たざる者は楽園からは永久に追放されるのだ。 一人の罪が世界に入り広がる

  

キミの常識は 神にしたら非常識も甚だしい! 真実は見えないし、誰も教えてくれない。 でも真実は探せば見つかるし、確かめる事ができる。 自然界の世界線は精巧緻密な完全体。 人工物の遷移線は脆弱粗雑な一間体。 未来をその手に!

 

資本主義は持てる者が持たざる者から搾取する絶体主義。治らない医薬品(症状は治すが病気はなくさない)、発病させる物質、変わらない政治、健康に悪い商品。 持たざる人は世界線の螺旋上で死ぬまで踊らされている。資本家は物で人々を魅了し、人は金で悦びを貪る。

 

このツイッターの2年前の囁き。このときから2年が過ぎている。

かにちゃんと世界線@hunterkani 2015年2月9日

終わりの時が満ち始めた事をお知らせします 。

未来を知り身を守って下さい。

自分や家族を守れるのはあなたです。

 

かにちゃんと世界線@hunterkani 2015年2月14日

全部世界は繋がっているんですよ。 アレルギーも偶然なんかじゃあない。

100年前から分かっていたのに止められなかった。

過去は変わらない。 でも未来を変える機会はある。  

未来創庵。年末年始の締め(始まり)は、二日に糸魚川の天津神社・奴奈川神社。

  こんにちは。

今日は20日。冬至の前日。 陛下は、どんなご発言をされるのか、注目です。

安倍晋三とその仲間たちを増長させていたのは、国内では、自分の祖先が天皇を作ったというイカヅチであり、先の戦争での昭和天皇の関与を徹底的に隠したがる外務省・財務省・宮内庁とそれを脅しに使ってきたアメリカの戦争屋でした。

 こうした人間が、徐々に徹底的な処分にあっています。まず先に、アメリカ・ヨーロッパ。最後に、日本。

でも、半島問題が、まだ決着していませんが。 

今の陛下は、バカな政治家に利用されないために、冷静に実証的に、日本の王権、「天皇の出発と変容」を研究されています。天皇の神聖さを伝える特殊遺伝子(神武のY染色体)なんていう寝言は、絶対に、言いません。

 平田篤胤や佐藤信淵がひねり出した「願望の天皇観」が、明治になって、国家的な妄想に膨らんでいったのは、バチカンのイエズス会や英国国教会のずる賢い統治論に大いに刺激された、劣等感の裏返しの浅ましい強欲の必然でした。

 そこで、「神聖不可侵」の絶対君主という「お飾り」を作って、門閥と官僚が権力を壟断。暴走の末、滅亡。

 それがきちんと総括されまいまま、戦後のアメリカの戦争屋に、その「妄想」の「権威」が使われる結果になったが、列島内の人間には、いつも、経済発展の「ニンジン」で走らせ、おめでたい「お花畑」脳のまま、その汗は、ATMに供給された。

 マネーは、取られても、戦乱を起こさせない。 

実父とされる昭和天皇が、戦後の民主憲法にどれほどの思いを込めていたか、今上陛下はとことん学んでいます。

また、叔父にあたる三笠宮が、徹底的に、「天皇の発生」を研究し、それを、学ばれています。

そのなかで、日本列島発の、独自の神聖さがある、と皆、気づかれていました。

それが、縄文からの精神性。

その象徴が、糸魚川のヒスイ。 さらに、それを、胎児の形にしたのが、勾玉です。

 

永遠のイノチのなかで、 「神の似姿」につくられた人間。地上で、想像と創造ができる、唯一の生き物。

 

 2017年は、日本の原点の地から、文明を組みなおす、主体になると、誓いましょう。 

 イノチのつながり、生死一如 を感得しながら、今、人間として生きることの意味の自覚から。

 

 今年の未来創庵は、30日の午前10時から。

 (少し、かたずけを、手伝ってね。 早めに来たい人は、相互に連絡を取ってもらいます)

 水道光熱費一人1日1000円。 宿泊協力金は、500円。

 食費は、別途、割り勘(もしくは、みんなで買い出しに行って、つくりましょう)。 

 31日は、みんなで、年越しの鍋、そば。

 元旦は、地元の産土の神社(松川神社と王日神社)。

  この間、温泉は、その場の雰囲気で、行くところを決めます。

 最後は、2日、朝一で、糸魚川にいき、天津神社・ヌナカワ神社に参拝後、解散。

  (首都圏にも、関西にも、新幹線でいけます。 信州中野から糸魚川までは相乗り)

  

 参加希望者は、 メールで、連絡を。nunato2511arai@gmail.com   電話は090-93705740

  会場は、私の実家。 中野市西2-3-13. (今回は、隣の家のトイレが使えます)。

 漬物や総菜、を 歓迎します。

体制側の北海道がんセンター名誉理事長が、放射性微粒子とガン多発、TPPでの医療費高騰を告発。・・・それよりも次元の違うさらに凄い事態が発生している!!!

 TPPと、医療について、恥かしながら、この西方先生の告発を聞いて、小生、初めて、納得しました。

 国民と、国民経済を、殺しながら、一部の企業・資本家だけが、カネを儲ける仕組みです。

http://useful-info.com/dr-nishio-shows-idea-in-tpp-diet

 放射性微粒子が飛び交う中、どんどん人間は、いろいろな疾病をし、それが重篤化から死にいたっていきます。

 それでも、この体制を変えないどころか、ますます、個人の経済負担が増えるように、あえて、導くのが、この医療での、TPPですね。

 この西方先生の告発証言に対し、医療費が高くなるのが分かるから、かえって、自分で、きちんと、今の医療の本質と、ガン、放射線、環境のことを学ぶ人間が増えるようになる、という見方もあります。

その通りなのですが、それを、徹底できるように、私たちは、統合医療を真剣に学び、追求・実践しないといけません。

 それは、自然の摂理を離れた「工業化」と「金銭化」に対する功罪を意識し、「疑問」を徹底しないといけません。

さらに

 今、チェック中ですが、どうも、自動車の横転事故や、アクセルとブレーキの踏み間違えには、

人間の「ホ」での劣化以外に、コンピューター誤動作があるのではないか、との指摘が今朝、私のところに来ました。

電磁波が大量に発生するトヨタのプリウスやアクアに乗っていると、当然、白血病が発症の可能性が増えますが、これに、今後は、コンピュータでの自動運転機能の事故が加わります。

 今、ネットの空間の電子情報はどんどん広がっていき、それがあるとき、自然界の意思とつながって、独自で連動していきかねず、それは、いわば、クラウド化した大型コンピューターを構成し、それが、独自に意思を持つ、人工頭脳化していくのではないか、とも、考えれます。

 このクラウド型人工頭脳が、人類社会に復讐を開始する のが、これからだ、と考えられるのです。

それは、24時間接続のスマホ、そして、そのタッチパネルにいつも指で触っている人間の体内には、どんどん、電子情報を送り続けることを意味します。

 自然を離れるばかりで、妄想の世界のたまものであるマネーを追っている人間に対し、どうも、

 自然界のすべての生き物の総意として、強烈な報復・復讐が始まっている。

 これが、今の私の実感です。

この件はあらためて、書きます。

 人間は、自然の一員。 この当たり前のことの意味が、マネーと利権で、どんどん、歪んでいます。

気づかない人間は、誰かの奴隷や「餌」になるばかりでなく、自然の側から、クラウド型人工知能で、報復され、消されていく。

 すごい時代になりました。 

 「天網恢恢 疎にして漏らさず。」  

 これに、とんでもない、意味が加わった、ということです。

 わかりますか?

倭国と日本国の違いは?いつ、融合・移行した?半島三国と列島の大王の関係は?

  今日、「地球史の中の天皇誕生」の4回目です。

 本日、午後二時から。  会場は、三田です。 地図→ 160626_地図_田町.pdf

内容は、応神から、雄略・継体・欽明、そして、ウマヤドまでです。

この時期は、4世紀末から、6世紀末で、今につながる、多くの宗教の基礎ができたときです。

古事記・日本書紀は、8世紀の初めに編纂されましたが、奈良に平城京ができるころ、自分の国家(統治体)が、どのようにしてできたのか、その事実を知っている不比等が、

その時点での支配領域の民に、どのような物語を、政治的に了解事項として信じ込ませるか、が書かれたものです。

 例えば、712年の古事記完成の時点で、すでに半島には、新羅しかありませんが、

 高句麗・百済・伽耶(任那)の人間は、どうなったのか?

 秦始皇帝以来、古くは「殷周革命」以来、大陸から多くの人間が列島に入り込んで定着し、通婚し、独自の部族・豪族を形成していますが、

それらが、なぜ、「一つの権力体」と、「共通の権威」を生み出すことができたのか、ここが、最も肝心なことです。

 応神(ホンダワケ)時代に、それまでの崇神時代からの前方後円墳とは異なった、つぼ型の巨大古墳が河内にできます。それを作り出すには、当然、それまでにない大人数の動員が必要です。この動員は、何によって、できたのか?

冷静に考えて、応神のときから、日本列島にある王権(統治体)は、それまでよりは広い範囲に及ぶ人間の統治を形成した、のであり、その統治に新たに加わる人間が、このとき、爆発的に増えだしたことを意味します。

ホンダワケの統治体が、次のオオサザキ(仁徳)に引き継がれたのは、巨大古墳が事実だと物語っています。

応神の誉田丸山陵から、北燕の鞍が出土しています。これは、北燕の王族をも、畏敬あるいは屈服させる権威を、この応神がもっていたことを意味します。それが、仁徳の時代か、そのあとの履中の時代にも続いていたと。 

 国宝 鞍  大阪府誉田丸山古墳出土  

さらに、履中の時代には、蘇我満智が大臣になっています。蘇我氏はなにが評価されて入閣し、以後、どんな役割をしたのでしょう。6世紀初めに継体が即位すると、蘇我は、今の奈良の曾我川で勾玉工房をもち、糸魚川のヒスイを独占的に加工・流通させることで、莫大な財産と権力を作っていきました。 

 一方、5世紀の後半からは、各地で、金属製の甲冑が多く出土します。鍛造鉄が普及したことも確認されています。当然、戦争があり、ここでは騎馬が使われだします。

そのときの勝利者は、ワカタケル、すなわち、雄略ですが、この人物は、九州から関東まで軍事制圧し、大和の和珥氏には「春日」の姓を新たに与えます。 これが、春日社・春日大社の権威の起源です。

雄略は、列島内に、大陸の呉地方から、呉織・漢職という職人を多く呼び寄せ、すでに、日本列島に入ってバラバラに活動している養蚕業の人間=秦氏を纏めて、組織的な運営を始めます。

 この時に、半島では、百済が、高句麗の長寿王に攻められ、いったん滅亡しますが、このとき、日本列島に亡命していた王族を拾い出して、百済を復活させます。百済の武寧王(桓武の母、高野新笠の祖先)が、唐津の呼子の出身であることは確定された事実です。

 この雄略に、伊勢朝日郎子が反発していますが、それはなぜなのか?

雄略のあと清寧には子供がいなかった。丹後で、履中(仁徳の子)の孫が見つかったと知って喜び、二人兄弟のうち、名乗りを上げた弟が先に即位して、顕宗。それを促した兄が、仁賢です。その次が、悪名高き武烈。

 8世紀、弓削道鏡事件で称徳女帝が退陣後、天智の孫にあたる白壁王が即位します(光仁)。このとき、同じく天智の孫の近江三船は、記紀が書きだした天皇たちに、漢風の諡号を付けましたが、

 「雄略・清寧・顕宗・仁賢・武烈・継体」は、意味深長です。

日本列島での王権は、常に、始皇帝以来の中華の王権との関係の中で、発生し、発展していきました。

この中で、いつ、中華を超える意志が生まれたのでしょう。

また、始皇帝の秦帝国が、どうやって誕生したのか、そのきっかけとなる政治的な意図の核心と、統治体としての強さの秘密まで、知っているものが、この応神から、継体の時代にも、列島にきて、彼らの視点で、

倭国王と、そして、倭国王ではない、もう一つの王権(「日本」の元)を、意識していたはずです。

この間、ずっと、ダビデ以後の古代イスラエルの各支族(10+2支族)の流浪の足跡や、イエスの生き様と、その存在や運命の意味が語られていたはずです。

 ここで、5世紀のサーサーン朝ペルシャが、極めて重要になります。

 ゾロアスター教を基礎に、ペルシャではキュロスの時代からユダヤ教を同居させ、さらに、ローマに弾圧された原始キリスト教、さらに、エフェソで異端とされたネストリウス派の教えを受け止め、保護したのです。

 しかも、451年のカルケドン会議以後、流れ込んだ純粋ユダヤ人と、マニ教からでたマズダグ(最古の共産主義)の教えを使って略奪の根拠としていたエフタルの人間が、出会っているのです。

 今に続く『バビロニア・タルムード』は499年に完成し、以後、ペルシャに入り込んだエフタルは、偽の銀貨を大量に作っているのです。 この人間たちが「白いユダヤ人」の始まりです。

 彼らを滅ぼしたのが、西突厥のシルジブロスと、ペルシャのホスロー1世でした。このときの勝利を祝うようにして生まれたのが、タルドウです。

 この間に、ペルシャの東側、かつてのクシャーンの地域(ガンダーラ)で、多くの宗教が行き交い、絞りだされたそれぞれの叡智は、西域の敦煌で漢文に翻訳されながら、書物で残され、北魏時代の中国大陸に入り、タルドウの時代には、日本列島にも届きました。

 中華の王権の支配下で、よき学習者であることを喜んだのが、倭国 としたら、

 中華の王権とは対抗し、それよりも、高い文化性をもつ、強い国家を求めて、作り出したのが、日本。

 わたしは、こう考えています。

 これは、607年の遣隋使、小野妹子が届けた書簡にある「日出処の天子」や、

 702年に、粟田真人が武則天との面会時に、「倭国ではなく、日本国と呼んでいただきたい」 になります。 

 7世紀の敏達・ウマヤド(推古)・舒明・皇極・孝徳・斉明・天智・天武・持統 は、また、次になりますが、

 応神以後、欽明までの列島での王権の変遷と、世界史的な宗教事案の関わり、大陸での隋統一までに、半島に、どんな意思の統治体があったのか、もはっきりさせたいと思います。

 

 本日午後2時から、会場は、三田です。 連絡先は、担当: 室伏 090ー5804-5078 

 

 

1 2 3 4 5 6 Last

« 地震・天変地異 | メインページ | アーカイブ | 日本のアイデンティティー »

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像