新井信介京の風

HOME > 新井信介 「京の風」 > アーカイブ > ヘブライと日本

ヘブライと日本

1 2 3 Last

日本古代史の最新研究は、665年唐の占領を指摘するも、劉徳高の莵道閲兵を無視。なんで?

  百済の滅亡後、当時の日本(これは倭国かどうか)は、百済遺民の救済を名目に、大量の軍を出した。

 それが663年の白村江の戦い。実際に軍船を送り出す前、宝皇女(斉明)は、九州の朝倉に陣を構えるが、ここで、崩御。

 ここで、日本書紀は、すでに皇太子になっている、中大兄が、このとき、即位もしないで船団を出す。 

 この戦いは、大敗北。

 問題は、このあと。

 通常理解は、唐の軍事占領から、中大兄は日本列島の人間を守った、というが、これに、真っ向から、疑問を投げかけているのが、中村修也氏。同氏の『天智朝と東アジア』~唐の支配から律令国家へ~NHKブックが、とても面白い。学者らしく論理は、ち密ですが。

 「敗戦国の倭国が、唐の支配を受け入れている。」 このときの倭国の責任者は、当然、中大兄であり、彼が、敗戦後に、唐をどう扱ったのか、詳細に検証します。

しかし、この中村氏をしても、日本の古代史で、もっとも肝心なことを書きませんでした。

それは、間人郎女が亡くなった後、665年に、上柱国の劉徳高がくるのですが、

 日本書紀にある、次の一文を完全に、無視しています。 天智4年10月のところです。 

 「冬十月己亥朔己酉、大閲于菟道」 

 宇治の重要性と、伊勢神宮の内宮の前に架かる宇治橋との関連性を研究する私にしてみれば、日本古代史の専門家が、この表記を完全に無視しているのは、本当に驚きでした。

 莵道(宇治)とは何なのか? 

 宇治にはかつて都があり、ここに都を築いたホンダワケ(応神)は二代で終わりますが、欽明時代以後、「八幡神」として信仰の対象になった。そのときの総本山は、聖武天皇のときに社殿が築かれた宇佐でしたが。

 宇治や宇佐のことを、王権の発生との関連で考慮できない人間が、日本の古代、そして、日本の天皇を語っている。ショックです。

 

 そのあとの666年の正月に、唐の高宗は、泰山封禅。 前年の麟德二(665)年八月、 余隆が熊津城に到り新羅の文武王と 劉仁軌の立会いのもと、熊津都督府支配地域(旧百済領)と新羅の「国境画定の会盟」を行った。

乾封元年(666) 泰山で高宗の封禅の儀式が行われ、旧唐書の劉仁軌伝では、

検校熊津都督劉仁軌は「新羅及び百濟・耽羅・倭四國の酋長」を参列させ、高宗を悦ばせている。

半島と、列島の代表を酋長と呼んで、このとき、まったく、国王の扱いしていませんでした。

 

 宇治の秘密は、 八幡の秘密。

 これは、バビロン以来のユダ族のことです。

 亡くなった古代史の重鎮、上田正明さんも、宇治の許波多神社のことを知りませんでした。

 この神社を守ってきたのが、藤原北家、五摂家筆頭の近衛家で、この神社には、

 「天神」が来たり、天武の時に「柳大神」がまつられ、伊部出身の織田信長が、火をかけているのです。

 この付近の山が、鏡山と呼ばれ、平安期は、藤原貴族に仕える少女や巫女たちが、たくさん住んだところでした。

 天智の挽歌として、額田王が、

「やすみしし、わが大君の畏きや、御陵(みはか)仕うる 山科の 鏡の山に 夜はよ 夜のことごと、昼はよ 昼のことごと 哭(ね)のみを 泣きつつありてや 百敷の大宮人は、いきわかれなむ」 と歌っています。

 ここでは、「鏡の山」が、重要です。 宇治の木幡は、「許波多」と書くのが正しく、山城の国は、昔、「許の国」と呼ばれていました。 

一家全滅の例も出ている。悲しすぎる。とにかく、手を打て。

 統治体の枠組みと利権を守るために、国民をどんどん殺していく。

 これが、日本国なのか? 

https://twitter.com/PERFECTASSHOLE0 

  1. 知人の実家のいわきでは、家族3人それぞれ癌、脳梗塞、心筋梗塞で一家全滅。

 

 自分の未来を、国の権威の話を聞き、マネーだけで考えるから、こうなる。

 もう、5年8か月が過ぎている。 

 

 国家の組織的、構造的な殺人を、どのように、止めさせるか?

 

 まず、自分自身が、その殺人の仕組みに、入らないこと。

 自分が、被害者にならず、加害者にも、絶対にならないこと。

 自分がだす、言動では、常に、自分も周囲も、命がより生きる方向に、内容を、絞ること。

 

 自分自身を愛し、出会う人を愛し、 

 過去から未来への流れのなかで、自分を起点に、 いい現実を創る と決意し、徹底する。

 それ以外に何がある。

 

 卑弥呼の時代、すなわち、第10代の崇神 以前には、

 古代出雲 の ニギハヤヒの時代。 

 それは、銅鐸 と 勾玉 の時代。

 もちろん、通貨がなかった。

 そして、 文字言語すらもなかった。

 サインとシンボルのみだった。

 三次元の生命空間に溢れる息吹から、みんなの心は、全く離れなかった。

 それでいて、どんどん、大陸発の科学技術を吸収していた。

 

 生き残れ。

 生き残れ。

 何があっても、生き残れ。

 いつかは、肉体を離れる、その日が来るが、

 永遠につながる、未来の種を残して、

 生き残れ。 

 時代の真相を知って、人間としての誇りをもって、

 生き残れ。

 

 

 ps:今年の年末30日、31日、1日、

 未来創庵をやります。

 これは、統合医療の愛好会でもあります。

 

 参加希望者は、

  時代の真相に対する理解を合わせるために、

  必ず、2016年11月20日の皆神塾DVDを見ておくこと。

  そして、ヌナト編の知識も、吸収しておくこと。

今週末の24、25日はヌナトツアーで、奈良に行きます。

 こんにちは。

ヌナトクラブのヌナトツアー。今年は奈良です。

 見るのは、定番の、奈良東大寺周辺と、三輪山周辺です。

 この中に、縄文時代からの連続性を確かめます。

 ニギハヤヒ 国産み 国譲り 磐余 押坂 和邇 大神 春日 敷島 玉敷 厩戸 飛鳥

 

 今回は、斑鳩 や 五條 吉野 にはいけませんが、

 

 東大寺山古墳から出土した、「中平」年の剣について、はっきりさせたいとおもいます。

 また、三輪山の大神氏、三輪氏、さらに、和爾氏、春日氏と、鎌足・不比等はどんな関係だったのか、

 684年の「八色の姓」での、 大三輪 と 大春日.

  また、 蘇我 と  葛城。

 

 面白い事

 万葉集で、枕詞の「青旗の」 が、掛かるのが、3つあること。

  それは、 木幡 磐余 葛城  この関連性が面白い。  

 木幡は、 天智(中大兄)の挽歌に詠まれている。 倭大后の歌 「青旗の 木幡の上を 通うとは・・・」 

 磐余は、 初代天皇・神武の名前(カムヤマト イワレ ビコ) にある。 継体は ここで 即位。  

 葛城は、 入鹿を殺した中大兄が、最初に名乗った名前が、葛城皇子。この人物が、木幡で、死んだ。      

 

巻き込み返す渦の核ができた。舛添都知事の辞任。イカヅチの終わり。

 イノチの砦を造る。  剥げ落ちる虚妄。

 

 舛添要一 は、 東京オリンピック用に、 イカヅチからの指令で、

 英語とフランス語のできる人間を都知事にせよ、とのことで選ばれた人間。

 4月6日に、イカヅチ死亡がブローカーに広まって、日本の権力構造が、一斉に不安定化。

 そして、伊勢志摩サミット オバマ広島訪問を、うけて、

 本当の、「太一」が動き出した。 新世代王族は、この響き と 周波数を合わす。

 「太一」の起源は、ミトラ。 前漢武帝の時に、確立し、

 日本では、「太一」は、 天武(大海人皇子) が、伊勢で祀り、その地が伊雑宮になった。

 6月24日の御田植祭の ゴンバウチワ で登場する。

   「ゴンバウチハ」の画像検索結果

 イカヅチは、3世紀に、日本列島での「国産み」「国譲り」以来、

 日本列島に、概念でのYAMATO を根付かせることを、一族の使命にして来た。

 そして、そのYMATOを、いずれ地球大に広げることも。

  (これが、天武の最晩年の686年についた元号「朱鳥(アケミトリ)」の意味)

 明治維新で、宇佐よりも、伊勢を上位にする、記紀のファンタジー(これは信仰)を事実と強弁しして、

 富国強兵を進めたが、天地との繋がりを切って、天壌無窮を忘れたため、国家主義の利金構造になった。  

 戦後はさらに、「スメロギ」自身が文明史の悪魔に身をゆだね、列島そのものを差し出したため、

 列島民はすべてマネーの神に取つ憑かれ、「太一」の存在すらも、完全に忘れてしまった。それが、「原発」。

 こうした事態に、イカヅチは、明治に弾圧された、修験道と伯王家の神道の復活を、企図していた。

 

  戦後の世界経済は、 FRB=日銀、「希少資源の権威的分配」の巨大システムができたが、

 これが、完全に変る。崩れる。 

 「虚妄」で成り立つ東京オリンピックが、できるわけがない。やりたいのなら、真実を言え。

 今、日本列島の巨大な権力システムの内部で、強烈な調整(内部闘争)が始まっている。

 安倍は、無責任・無感覚の口パク人形。一方、進行するのは、地の底、血の深み、智の高み からの変革。

 

 名古屋・大阪では、判るところまで話します。  

 とにかく、 イノチの砦 を 築け。    

  

      

二人の天皇に愛された額田王ゆかりの神社が宇治にある。そこに花を植えれば間違いなく、実力派「イケメン」に愛されるモテ女に成る。

 さて、宇治の、何神社か知っていますか?

 二人の天皇とは、 もちろん、中大兄の天智 と  大海人の天武。

 それは、下居(おりい)神社です。 場所は、宇治市役所の南側の丘を進んだところにあります。

今回の宇治ツアーでは、「ホンダワケ」や「ウマヤド」の誕生から、東大寺建立の秘密まで解説しながら、重要な場所を回りました。中国大陸やペルシャなどの政治や文化(宗教)状況を踏まえて真相を解き明かすのが「新井ワールド」です。

 7世紀、日本列島に領土を特化した日本国(皇祖神アマテラス)が誕生するとき、3人の女性が関わりました。

 ウノノササラ(持統)、   額田王、  そして、 則天武后。

 この他に、645年の入鹿殺害時に一旦退位したものの、重祚した女性に、宝皇女がいます。

  (彼女は、最初は、「皇極」、二度目には、「斉明」と、漢風諡号が送られました。)

 さらに、私達日本人としては、大陸の女性で、忘れてはならない女性がいます。

 首皇子(聖武)が東大寺の建立を進めていたとき、玄宗皇帝の唐を混乱させることで、日本を護った女性がいます。 それが、傾国の美女となった楊貴妃です。 彼女は、日本の熱田神宮で、清水社に祀らています。そして、京都九条にある、皇室の御寺(みてら)の泉涌寺には、楊貴妃観音菩薩が有ります。

 以上、5人の女性は、いずれも魅力的ですが、最高の女性は誰でしょう?  みなさんはどう考えますか?

 歌の巧さ、もさることながら、二人の天皇から愛され、しかも、それぞれの天皇の運命を変えたのが、額田王です。

 それは、668年に、中大兄(葛城王)が近江の大津で即位した時から、始まります。

 この年すぐに、熱田では草薙剣が盗難に会い、 しかも、高句麗が滅亡します。

 中大兄は史書では皇太子と書かれながら、宝皇女が崩御してもなかなか即位出来なかった。白村江で敗戦し、さらに、、宝皇女の娘の間人皇女(ハシヒトノイラツメ)の死後に、わざわざ大津に都を造ってから、ようやく即位した。即位後の夏、宮廷人を集め、蒲生野で狩りをしますが、その時の宴席に 遠巻きに姿を見せたのが大海人で、それを認めると、額田王は、有名な「茜さす・・・」の歌を歌います。

 事態が大きく動いたのは、このあとです。

671年、大海人が大津京に現れ、天智の前で、槍を突き立てて、怒りを表わしたあと、吉野に出家に向かいますが、これが、「虎に翼を生やして、逃がすようなもの」と、日本書紀は書きました。

このとき、蘇我果安と中臣金の二人が、大海人を宇治の許波多までおくります。 なぜ、許波多だったのか? 

そして、大王になっている、中大兄(葛城王)自身も、その年の秋に許波多に来ます。

 許波多・・・ そこには、なにが、あったののでしょう。 どんな意味があったのでしょう?

天智の挽歌には、

 倭大后の 「青旗の 許波多の上を 通うとは、目には見えねど、直に通うかも」   と

 そして、 額田王の以下があります。

「かからむの懐(おもい)知りせば、大御船(おおみふね) 泊(は)てし泊(と)まりに 標結(しめゆ)はましを」 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・

 一方、額田王のその歌の才能が、 すでに大王になっていた宝皇女に認められた歌が、以下です。

 「秋の野の み草 刈り葺き 宿れりし 宇治の都の 仮庵(かりほ)し 思ほゆ」

 この歌を、最初は、有馬皇子の死の知らせのときに額田王は歌ったのですが、667年に三輪山から大津(天智が新しく築いた都)に移る移動の途中、額田王一行が宇治を通ったときに、ホンダワケ(応神)時代を忍んで歌ったのです。、ここでは、宇治川を渡らなかったのですが、宇治川の流れの見える丘の上に立って歌いました。

 その場所が、 下居(おりい)神社の地です。 

667年の時点では、約250年前に存在した、応神天皇による宇治の都の跡がはっきりと残っていたはずです。それは、今は平等院の向かい側の、宇治神社や宇治上神社の場所です。  額田王が 近江朝廷が始まる前年に、この場所で、この歌を歌ったことは、天智の王朝が、すに終わることを予言した歌にもなっています。 

 許波多とは、何なのか? さらに、額田王は、なぜ、このとき、天智破滅の予言の歌を、歌えたのか?

 こうしたことを考察しました。

 中大兄(天智)、大海人(天武)、宝皇女(皇極・斉明) の真実は、一体、どんな関係だったのか?  

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のツアーの最後は、泉涌寺に行きました。ここには楊貴妃観音菩薩があり、その場所では「美人祈願」の御札を入手することができます。ただ、楊貴妃は、ある意味、男社会で、使われた女性でした。

 しかし、額田王の方は、逆です。二人の天皇の運命を、自分の意志で、左右した女性した。

もし、この下居神社で、御札を創るとしたら、それは、単なる「美人祈願」では、物足りません。 

美人であっても、世の中には、薄幸の女性や、まったく男性に愛されないまま生涯を終わる女性もいるから、単なる「美人祈願」では、弱い。

その点、額田王は、間違いなく、その当時、一流の男性、それも、最高権力者に成る男を、心の底から魅了し、日本の運命をも、みずから方向付けた女性でした。

 スーパーイケメンからの「モテ女」になれる、という「御札」が、 下居神社に、一番、相応しいかも。

今、下居神社は、この神社の意味そのものがわからない所為か、樹木で囲われ、寂れた感じが残ったままです。しかし、それは、額田王の霊が、ひっそり佇み、護られてきた姿だったのではないでしょうか。

 樹木をこれ以上切らずに、上手に手を入れて、イノチを無視し続ける、バカ男主導の日本社会を根本から変える、女性たちの聖地にしてはどうでしょう。それは、縄文の感性の復権でも有ります。

この神社の境内地に、馬酔木、紫陽花、海棠、サルスベリ、木蘭、コブシ、さらに、陰地にすずらん、堤にコスモス(入り口の参道がいい)などを植えて、額田王の御霊に応えたらいかがでしょう。

 きっと、とんでもない、ご褒美をいただけるはずです。特に、女性は、額田王と、真心で交流した場合には、人類の運命を切り開く、主役にまで成っていくのでは。 

1 2 3 Last

« カテゴリを追加 | メインページ | アーカイブ | マネー »

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像