新井信介京の風

時事問題

1 2 3 4 5 6 Last

皇国史観「愛国教育」を肯定する国家観が「忖度」を増長させ、三通の契約書を生み出した。その狡猾な姿勢に日本版ネオコン=原発推進が潜んでいる。

 籠池氏が、刑事訴追に関わるといって、証言をしなかった問題が、校舎の建設費での

 契約金額の異なる、3通の契約書。 

 これは、誰の指示・支持・アイデア・根回しで、いつ、どこで、作られたのか?

 ここがもっとも肝心なのだけど、 

安倍政権は、今、この森友学園事案から 逃げの「3手」です。    (図は朝日新聞から転載)

     写真・図版

 

籠池氏は、証人喚問で、2015年9月5日に、昭恵夫人が来たことで、「神風」が吹いた、と表現した。

それは、昭恵夫人が、名誉校長に就任してからだった。そのとき夫人には、有能な秘書がついていた。

秘書のいない席で、夫人は、「安倍晋三」からとして、学校建設への寄付を直接した、という。

どうも、このときに、明治以来の大日本「忖度」帝國 の威光が、森友学園事案に、差し込んだのでしょう。

戦前のご威光は天皇陛下でしたが、このときは、総理大臣です。しかも、総理大臣夫人には、夫人「付」という秘書が着いていた。夫人の存在が、ご威光の光の出入口で、夫人付からの声(問い合わせ)に対し、官僚たちが、一斉に「忖度」に動き出す。

この「付」という役職は政府予算で賄われるのです.から、れっきとした公務員です。第一次安倍内閣で生まれ、福田内閣になって取り消されたが、第二次安倍晋三政権になって、復活した。

安倍晋三氏の政権返り咲きを実現した大きなチカラに、民主党政権時代に、国家の枠組みが溶け出しているとの危惧があった。安倍は2012年12月の総選挙では、財界支援の下、9条改定を求める日本会議の面々と、ヘッドを失った統一教会の組織をフル活用し、政権を奪回した。

そして、どんな政策を打ち出すか、国家観・国家像の樹立が第一としたが、その背後にいた核心が葛西敬之氏だった。さらに、原発の再稼働と輸出を目論む経団連の今井敬氏。これは、軍事的パワーとマネーだけを基準にして、天皇を元首にする国家の「枠組み」を取り戻すことを目的にしたが、そのためのイデオロギーは、戦前に戻すしかなかった。

このとき、日本会議は、「皇室と国民の強い絆」が日本の「伝統」である、とことさら強調したが、これは、たかだか、明治に、強引に作られたものだった。(このとき、バチカンのイエズス会のやり方を参考にしている)。

「皇室と国民の強い絆」というのは、統一国家のできた明治からの政治的な話で、真の伝統ではない。ここをずばっと指摘するの神道関係者も多い(日本文明研究所や、清洲山王宮日吉神社の三輪隆有裕宮司など)。

ただ、第二次大戦の敗戦を恨んで、富国強兵の復活で、大東亜の盟主を目指す考えの神職が集まる神社もあり(その代表が、住吉大社)、ここが改憲を目指す日本会議とともに、国家神道(「皇国史観」での愛国教育)の復権を目論んでいた。

 国民のイノチより、国家の経済力=門閥・財界(国民ではない)のマネー。フクシマの惨状をごまかし続けながら、軍事強国を目指し、メディアをコントロールする。これが、安倍の後見人になった葛西路線だった。

この安倍政権を生み出した勢力の姿勢は、アメリカにトランプ政権ができても、全く変わっていない。

この間、ずっと、元総理の小泉純一郎が「脱原発は総理が決断すれば、できる」と言っていたが、それを、3年前の都知事選挙の時、笑っていたのが、安倍晋三だった。全世界に向けて「アンダーコントロール」と言って、東京五輪の招致を勝ち取ったあとだった。

 しかし、今回、分かったこと。

あれほど、熱狂的に塚本学園(籠池氏)の愛国教育を支持した、日本会議の人たちが、今回の国有地の格安売却問題が露見すると、一斉に逃げだし、籠池氏の悪口を言い出した。

 こんな中、総理大臣の安倍晋三氏は、持論である「美しい国」を語れるのであろうか? 朝日新聞がまとめているように、今は、逃げの3手を、必死に考えている、自己保身だけの、セコイ人間でしかない。

 2015年9月に、塚本学園(籠池氏)の愛国教育に、チーム「アッキー」によって、神風を吹かせたご威光は、いま、どこにいったのでしょう。

 所詮、放射能被害の実情を無視・隠蔽して、国家の利権や財産を、「お仲間」で、私物化しようとしていただけでした。こんな人間が、日本に限らず、人間の尊厳を無視する、世界のネオコン勢力に対して、どう立ち向かうのでしょう。これまでと同様、取り込まれることはあっても、それを取り払うことなど、とてもできないでしょう。

 

チーム「アッキー」の記念写真になるかな、これ。

 

https://mobile.twitter.com/mipoko611/status/845143010165714944

ここにいる、谷さんに、早速、南米行きの辞令が出た、との噂が・・・

この女性たちは、国有資産を、特別価格で分けてくれる幸福の女神たちだったのですね。

きちんと法律作って、公明正大にやってくれていれば、善かったのに。

 

安倍政権の秘密兵器「アッキー」が裏目に出たかも。

 2月11日、ワシントンで、安倍首相とトランプが会っているとき、大統領夫人のメラニアは、昭恵さんとの同行を拒否していた。これは、全く異例のことといいます。彼女は危険だ、とも。

 「アッキー」は、葛西敬之氏が背後にいる安倍政権で、一体、どんな役割をしていたのか、アメリカのインテリジェンスは探り当てていたのかもしれません。なぜ、5人も、官僚を世話役に就けていたのか、です。本人は誰とでも仲良しのフワフワ脳ですが、その存在は、安倍政権にとって反政府の人間を単に懐柔するだけでなく、それとは別に、彼女の一見気ままな行動を巧妙に利用する、緻密な策略を立てている人間が、日本国内にいるかもしれないと、考えていたのかもしれません。それが、満州国からの因縁を引く人間か。

 今日の証人喚問は、密室で昭恵さん本人から籠池氏が受け取ったとされる『100万円の寄付』から始まっているのですが、 森友学園の設立に、昭恵夫人本人が関与したことが明確になってしまいました。これから、どんな展開になるのでしょう。

【森友学園】籠池理事長「安倍昭恵夫人とのやり取りのFAX残っている。」【アッキード事件-

 以下は日経新聞の速報です。

首相夫人付職員から「財務省に問い合わせた」 籠池氏

2017/3/23 16:19 
 

首相夫人付政府職員の谷査恵子氏から籠池氏宛てに送られたとされる文書

 学校法人「森友学園」の籠池泰典氏は23日午後の衆院予算委員会の証人喚問で、2015年11月に首相夫人付政府職員の谷査恵子氏から受け取ったとするファクスの内容を明らかにした。籠池氏によると「財務省に問い合わせ、回答を得た。現状では希望に沿うことはできないが、引き続き当方としても見守っていきたい。本件は昭恵夫人にも既に報告している」とあったという

 籠池氏はこのファクスについて昭恵夫人への依頼への回答だと認識しているとした。

 国有地の10年の定期借地契約を巡り、午前の参院予算委の証人喚問で籠池氏は「もっと長い期間に変更できないかとの思いから、昭恵夫人に助けていただこうと携帯に電話した」と述べていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今後、森友学園事案は、

総理本人や、財務省本省ではなく、大阪府と近畿財務局に、重点が移っていくのでしょうか。

籠池氏は、自民党の西田氏、維新の下地氏などからの恫喝ともいえる物言いにも、全く動じませんでした。

籠池氏の証人喚問前に、安倍首相がドイツで主張したこと。どう考えます?

 19日のドイツでのことですが・・・・

欧州訪問中の安倍首相、経済連携協定の早期締結訴え
「自由な貿易と投資の恩恵をふんだんに受け伸びた日本は、ドイツと共に開かれた体制を守るチャンピオンでありたい。一部の人だけに富が集まる、あるいは無法者が得をする状態を作ってはなりません。だからこそ、そこを高らかに示すため、日本とEUのEPA(経済連携協定)を早く結ばなければなりません」(安倍首相)

 

 この言葉は、国家の枠を越えて、利益を得る人間、国際条約などの法律を無視する無法者を指している言葉ですが、これを、今の日本国内に関して当てはめると、本当に意味深です。

 この発言に反応した意見で、典型的なものをあげておきます。

 その上で、今日の証人喚問を見直しましょう。

 

北風くるみ(30Aから20Aへ) @kitakazekurumi

外遊中の安倍晋三がEUでの演説で
「富が一部に集まる。一部の人が得をする。あるいは無法者が経済を自由にする事が無い社会を目指して」とのたもうた。

お前が言うか?
法人税減税。パナマ放置。土地8億割引や30億分供与のお前が言うか?

じゃあお前が辞めなきゃね。

 

これまで、自分がどこにいたのか、安倍首相は、それを、外務省の原稿書きに、図らずも、読ませられているのかもしれません。当てこすりですね。

 その上で、この発言から3日過ぎて、今日の証人喚問です。

いろいろありすぎます。 ちょっと、まとめるのが大変です。 

注意しておきたいことは、前日に、財務省が、森友関連の黒塗りの資料(取得等要望書など)を出してきたことです。これは、どこまで公表すべきなのか、政権内の力学を慎重に見計らっている姿勢ではないでしょうか。

森友学園事案に関して言えば、「法」を犯しているのは、誰でしょう。 

 そもそも、「無法者」の認定は、日本の国内法では、誰がするのでしょう。

「忖度」支配で、司法がその仲間なら、「法」が、どこに機能しているのか、まるで分かりません。

官僚の「忖度(そんたく)」支配。これを続けるの?司法もその仲間?無責任体制の根源はここ。

  明日、籠池氏の国会での証人喚問。

今回の森友学園の認可と、国有地の払い下げが、どれほど異常なスピードで進められたものであったか、作新学園の船田元議員がテレビで指摘していました。

官僚たちが、時の権力者の思いを忖度する。そして、国家の許認可のために、一斉に動く。

明治維新後、神聖不可侵の「天皇」の絶対権威を使って、権力者(軍部・官僚・財界)の意向を、臣民に強制した。このときから、官僚たちの「忖度」は始まっている。

戦前の反省から始まったはずの戦後の日本国家は、主権在民のはずだったが、「忖度」は、そのまま残っていた。このときの総理大臣が、当然、日本国家では最高権力者だったが、その人間が指示を仰ぐ人間がいれば、「忖度」は、その指示の発令者に向かっていく。自民党の結党時から、そこには、アメリカのCIAがいた。田中角栄以後は、さらに詳細に指示を出すジャパンハンドラーがいたのだろう。

 では、民主党政権のあとの、第二次安倍政権のときに、なぜ、これが異常に膨らんだのか? 

 しかも、メディアまで、完全に従わせた。 

「忖度」で、行政の各司(つかさ)の担当責任者が、どんどん法の枠を越えて、物事を進める。

これに対するチェック機能が、全くなかった。司法も、「忖度」する側=官僚の味方だった。

そして、この日本列島には、それを正す手段がなかった。今回、アメリカにトランプ政権ができて、ようやく露見した。

 つまり、これまでは、皆、少しでも権力に近づくものは、この「忖度」の輪の中に入っていたのだ。

この状況を正すとすれば、それは、行政の最高権力者個人の、人間性、人格、力量に頼るしかないのか?

この部分を、法的に、規制できないのか?  

少なくとも、今回の森友学園の校舎建設に関わる、3通の契約書を存在させ、それを許したままにする、国家の制度(行政のありかただけでなく、司法も含める)では、「私物国家」のそしりが、今後も続く。

悲しいことだ。 

中央集権化の中で、国有財産の分配のみならず、軍事行為も、エネルギー政策も、農業も、医療も、国民とは離れて、「忖度」官僚たちが制度をかってに運用し、実態を作っていく。しかも、結果に対し、だれも責任をとらない。

こんな統治体が、世界の中心になれるはずはない。 

 

1 2 3 4 5 6 Last

« 日本のアイデンティティー | メインページ | アーカイブ | 未分類 »

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像