新井信介京の風

時事問題

1 2 3 4 5 6 Last

久しぶりの朝生。北の緊張は各国の政権維持に好都合。田原いわく「安倍総理から直接聞いた。集団的自衛権とおったから、アメリカから憲法改正を求められなくなった。」

  <メデイアが大騒ぎする北朝鮮問題>。

ひさしぶりに朝生をみた。この番組は、今年が、番組はじめて30年だと言います。

 なつかしい。私も一度だけ、そのテレ朝のスタジオに行ったことがあります。

 番組2年目での1988年初め。日米問題がテーマの回で、歴史工学の馬野周二博士がゲストとして呼ばれたときに、博士に連れられ、「おつき」として会場に入って、スタッフのみなさんと、どのタイミングで、どんなことを指摘するか、を打ち合わせたことがありました。

 当時は、北京駐在が終わった後で、まだ現役の商社マンでしたから、こっそりでした。

その年6月、趙紫陽の秘書だった国家経済体制改革委員会の李さんから、(陰謀論を含めた)世界構造を研究したく、馬野博士を直接、連れてきてほしいといわれ、案内しました。そこには、国家計画委員会や社会科学院日本研究所の重鎮たちがおり、国策どころか、国家の構造や行方を考える智嚢そのものでした。この会合のことは会社の上司も承知していました。

 落合完爾氏と知り合ったのはこのときでした。同氏は馬野博士の助さん角さんをつとめていました。

李さんはその後に、今度は、中国の経済政策研究の大御所である呉敬連氏を団長に、日本経済視察団を派遣したいというので、住友商事に引き受けをお願いしました。

このときの団員に、現在の人民銀行総裁の周小川や、財政部長兼AIIB理事会主席の楼継偉がいました。とにかく、明治維新以来の日本の経済発展の秘密(国家運営、金融、産業)をすべて学なぶという、大変な使命感を持った超エリートたちでした。

 それからの30年の月日は、人間の立場を大きく変えました。

私はこの1988年の9月末に住友商事を辞めましたが、李氏は天安門事件後に国務院を離れ、香港返還にともなう通貨問題を研究したい、といって深セン市の副市長になった。92年の天皇訪中の後に、一回、電話があったのが最後で、以後、私との連絡は途絶えました。

 振り返りますと、私は、一旦、私的所有権を全て否定した中国が、改革開放後、どのようにして世界経済に組み込まれ、その通貨、人民元が世界通貨に変わっていくか、その変化の課程の一局面に立ち会ったことになります。

 北朝鮮が、完全に国際政治の道具になったのは、その頃でした。

そして、今、なんと、たかだか人口2000万人の国に、戦後、ソ連がなくなって「単独覇権」を確立した人口3億人の強大国アメリカが、頭を抱えています。

 で、今、この「狂犬国家」になってしまった北朝鮮を、もう終わりしよう。

 これが、今年に入っての国際政治です。

アメリカは、全ての選択肢を用意するといいながら、日米海軍の軍事演習をしようとも、それは、パフォーマンスのみで、直接的な戦闘に踏み切れない。 

 「今の軍事緊張の状態が、アメリカ・日本・中国・台湾・韓国にとって、それぞれの国家の現在の政権維持に都合良く作用している。」  これが、朝生の討論参加者の共通認識でした。

 だから、日本の政治家は、のんびりGWに外遊したがる。

なによりも、「本当に戦争になるとの切迫感があるなら、原発を単なる一般警備員に守らせるという現状は考えられない。絶対に軍に守らせるはず。」

 朝生では、共謀罪もふくめて、やいのやいのといいますが、今日、面白かったのは、掲題の安倍晋三のことです。

 田原氏が、自身が安倍本人から昨年秋に直接聞いた話として、

「集団的自衛権を通したら、アメリカから憲法改正の要求が来なくなった」と紹介したことです。

 私は、これは、昨年8月8日の陛下の「生前退位」肉声報道と一致しているのではないか、と ピンときました。 

 新世代王族の意志は、日本に対し、「平和憲法の精神のままで、地球の人類活動に、責任を持って関わらせる」。これが、アメリカを通じて発動していたのではないか。

 悪魔や亡霊は、発生源から実行犯まで全て抑えるので、いい現実つくりを日本人は主体的に行え。

で、さらに、考えた。

 祖父の岸信介から、「アメリカとの関係がもっとも大切」を教え込まれていた安倍晋三ですが、

リオ・オリンピック閉会式でマリオを演じた後、ヒラリーは絶対に次期大統領だとの日本の外務省の見立てをもとに、日本会議とともに憲法改正にまっしぐらでいる中、ヒラリーが911の集会でぶっ倒れたあとに、アメリカから、

「ああ、憲法改正? 集団的自衛権を日本が持ったから、もういいよ」と言われていたとしたら、さぞかし、ずっこけたことでしょう。

 そして、11月に、「どひゃー、ええー、なんでトランプなの????」から始まって、 

プーチンに12月に、「風呂なんか一緒に入っていられるか。領土問題なんか無い」

で、今年に入って、トランプがまず「一つの中国」を認めた後、北朝鮮問題でも、説得のための主導権を習近平に持たしてしまった。

 やることなすこと、失敗、スカだらけのデンデン。

それでも、受け皿の野党がないから、安心で、自民はみな慢心。役人も含め、お仲間には、マネーを配っているから大丈夫ってことか。

 朝生の最後に、全体進行の渡辺氏が視聴者の声を紹介しましたが、ここで15歳の少年が寄せた意見。

「北朝鮮対策に向けられた、アメリカや日本の軍事費を、北朝鮮開発のための資金にすればいい」

 曇りない目で見るとこうなりますね。きっと新世代王族もそうする方向に、各国を向けていくのではないでしょうか。

負けたのは戦争屋。トラ・習・プーの連携大勝利。カールビンソンは東シナ海に入らなかった。

 正恩くん、ようやく、「悪役」から脱出できますね。

    次は 平和産業、文化だよ。 普遍的な感動だよ。

まだ、ここで詳しく書けませんが、亡霊がいなくなった(退治された、身動きがとれなくなった)ので、 北では、平和的な開発計画の打ち合わせに入るようです。

昨年12月15日に、プーチンが来日したとき、日本は領土問題では、これまでの主張が全くパーになって、北方4島はロシア領として共同開発することになりました。関税などがなく、自由に行き来して人格が尊重された形で、経済活動ができれば十分です。その活動を、日ロ両国の権力体が守ればいい。

実は、この日、これまで隠されていた重要情報が、ネット上で公開されました。今日はあえてURLは隠します。探してみてください。それは、戦後の日本経済の復興に関わることです。M資金とも関連します。

大統領選挙でのトランプ勝利の後、12月の初めには、これまでの戦後の枠組みを、「金融ワンワールド」の人間が、どう変えるか、そのやり方・道筋が決まったから公開したようです。

その後、歌会初めで、那須の「邯鄲」を詠んだ「御製」があり、トランプの大統領就任、フロリダでの日米会談、森友学園事案、さらに、米中会談で、今に至ります。

北での戦闘がなかった。できなかった。これで、誰が今後、強い発言力をもつか? 分かりやすいのは、習が勝者だと言うこと。もちろん、プーチンも。では、トランプはどうか? 昨夜、上院議員に何を話したかですね。

今、シリアに残っているISISメンバーを、アメリカ戦争屋は、大統領のトランプを上手にだまして(あるいは差し置いて)救い出すことはもうできない。プーチンにイノチ乞いするしかない。もう、逃げられない。それしてもらうには、トランプに頼むほかはない。

 もう、マネーのために、軍事緊張や脅威を造らせない。

これが、新世代王族・客家・米中ロの合意。 その連携では、緻密な情報力と、凄い智慧がある。

安倍晋三の再登場以来、権力者になびく浅知恵しかなかった外務省の面々は、今、大変でしょう。

人類の「宝」である日本国民を殺しながら、大東亜の支配者たらんとしたバカどもは、本質が晒されて、ますます惨めになります。

 

 では、今後、どこが尊敬され、人を引きつけ、繁栄を 勝ち取るのでしょうか?

  「文化力で勝て」  自分が人間として存在する、尊厳を込めて。 

 国家・民族・言語・人種を超えて(普遍的な価値で)、誰もの魂に響く、ホンモノの感動。

 広隆寺の弥勒菩薩、東大寺の毘盧遮那仏、三月堂の不空羂索観音菩薩、などなど

 日本列島に入って豊穣の中で、生死を超えた次元にある、イノチの響きを知って創り出した。

 宇宙・自然の法則「道(タオ)」と、人間の認識・人間社会・人間の日々の活動と充足感。

 羊や犬やロボットでなく、「想像と創造」のできる「神の部分」の人間として、

 生まれ落ちた「今」という時代に、 この地球上に 何を残すか? 

ここに意識のない人間は、どんなに権力とマネーが用意されても、何も生み出さずに消えていきます

 天(コントーラー)と 自然の恵みと、人間としての自分(精神と行為)。

このことを、2000年以上前に何千人とも交遊しながら真摯に考察し、それをまとめた本があります。前漢の淮南王・劉安が書いた「淮南子」。 面白い。おすすめします。

 

戦後の東アジアのマッチポンプがようやく終了に。日本国民が満州亡霊と北の関係を熟知。

  にらみ合いで、終わり。 中国を壊すことになったら、世界経済は、だいなし。ハチャメチャ。

 そこで、マッチポンプが終了。 

 戦後の「お花畑・日本」をアメリカの戦争屋と支配していたインチキ騒ぎ屋の時代がようやく終わる。

 権力マネーにたかるばかりで、実体が創れない人間は、どんどん退場していく。

 医療体制も学校教育も変わっていく。

 メディアを使った「やるやる詐欺」は、戦争屋と組んだ、日本の財界と官界の常套手段だった。

 新世代王族が主導する金融ワンワールドは、

  人やイノチを喜ばす、ホンモノの富を生み出すものを支援する。 心と環境の修復。

 もう、世界中の73億の個々人の性格特定は、すぐにできる情報環境になっているでしょう。

 あとは、因果応報。 

 だから、これまでにもまして、いい種を蒔こう。「諸悪莫作・衆善奉行」

 当然ながら、政治的なチカラも、大きさよりも、いい現実の実体を創れる、生き方の質に集中する。

 中国は経済規模が大きいから、人類の意志として戦争をしないとなれば、現実のパワーゲームでは、

  今は政治的には主導権をもつが、実は、そこでは品質(心地よさ)が、まるで追いつかない。

 消費者目線での声が強まるので、権力自体も、そのあり方を変えるしかない。

 まじめに、イノチの本質「花鳥風月」に向き合う、日本人の知恵と心が時代を創る。

 

 で、今、日本列島でのさばる、「お上」による形式重視のインチキ・嘘つき政権はいつまでもつか? 

 「国家」を語って、特定集団を守る利権構造は、これから一気に壊れていくのが宿命ですが、

  そこは     啐啄同時(そったくどうじ)

 いまだに、原発マフィアがのさばる経産省と地方政治に、いつ大変化が来るか?小泉純一郎に出番はあるか?  

 それにしても、今の野党は、新時代の流れを全く掴んでいない。古いまんまだ。

  よって、まったく新しい、生存・生活・生産=繁栄への道筋を示す、集まりが必要です。

 来年の陛下の退位(譲位)にむけて、国内権力が生まれ変わりますが、まずは、メディア。

 スノーデン情報が、地上波テレビでも流れ出した。これは、第一歩です。 

正恩クン、トランプにロックオンされちゃったよ。どうする?デンデン夫婦や葛西組もかな。

 夕刊フジだけど、本当かな。

昨夜は、前原と石破がテレビで、軍事オタク談義していましたが、・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

米軍、正恩氏隠れ家特定 特殊部隊、出撃準備完了「100%逃げられない」

 朝鮮半島の緊張が再び高まってきた。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は25日の「建軍節」(朝鮮人民軍創建記念日)に合わせた「6回目の核実験」や「ICBM(大陸間弾道ミサイル)発射」を示唆し、ドナルド・トランプ米大統領が信頼する原子力空母「カール・ビンソン」は来週、日本海に到着する。中国の説得工作を無視して、北朝鮮が暴発した場合、トランプ氏は軍事行動も辞さない構えだ。すでに米軍は、正恩氏の隠れ家や行動を把握しているとされ、世界最強の特殊部隊が出撃準備を完了している。

 「北朝鮮側で軍事演習の機材が多く集まっている」「われわれは状況を注意深く監視しており、警戒を緩めることはない」

 韓国統一省の報道官は21日、北朝鮮が「建軍節」を迎えるのを前に、高度の警戒態勢をとっていることを明らかにした。ロイターが伝えた。

 米中首脳会談(6、7日)でのトランプ氏の言明を受けて、習近平国家主席率いる中国は「血の友誼(ゆうぎ)」を結ぶ北朝鮮の暴発阻止に動いている。「核実験は絶対に認められない」と通告するとともに、正恩氏の亡命も水面下で促してきたが、困難を極めているとされる。

 米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は最近、北朝鮮北東部の豊渓里(プンゲリ)にある核実験場の衛星写真を分析した。結果、「命令さえ下れば、いつでも新たな実験を実施できる状態にある」と判断された。緊張状態はまったく変化していないのだ。

 現に、北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は21日、トランプ政権が対北朝鮮圧力を強めていることを非難し、「わが軍と人民はいかなる特段の選択もいとわない」として戦争も辞さないとする報道官声明を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

 オバマ政権時代、米国は「北朝鮮を核保有国として認めない」と言いながら、中途半端な経済制裁でお茶を濁してきた。口先大統領の不作為と、中国の支援によって、北朝鮮は「核大国」の一歩手前まで来ているのだ。

 これ以上放置すれば、国際社会は、異母兄を猛毒の神経剤VXで暗殺し、叔父に機関銃の銃弾90発以上を撃ち込み、遺体を火炎放射器で焼いた(韓国メディア報道)、「狂気の独裁者」正恩氏におびえ続けなければならなくなる。

 トランプ氏が「(中国がやらなければ)俺たちだけで(『斬首作戦』と『限定空爆』を)やる」と、習氏に通告したのも納得できる。

 正恩氏は現在、首都・平壌(ピョンヤン)や近郊に「地下の秘密部屋」を複数持っているとされる。

 頻繁に移動を繰り返しており、これまで正恩氏の居場所を特定するのは困難といわれてきた。

 だが、米軍の偵察衛星による監視は格段に進歩している。加えて、ジャーナリストの加賀孝英氏は、夕刊フジ連載「スクープ最前線」(2月27日発行)で、米軍関係者の証言を以下のように記している。

 「正恩氏の隣に協力者がいる。正恩氏は100%逃げられない」

 注目の「斬首作戦」は、国際テロ組織「アルカーイダ」の最高指導者、ウサマ・ビンラーディン容疑者を殺害した米海軍特殊部隊「Navy SEALs」(ネービーシールズ)などを中心に行われるとみられる。

 中央日報(日本語版)は先月14日、《最大規模の米軍特殊部隊が韓国に来る》《デルタフォースと、ネービーシールズ(チーム6)、グリーンベレー、レンジャーなどが参加する》《有事の際、正恩氏をはじめとする北朝鮮戦争指導部を除去し、大量破壊兵器を破壊する訓練を実施する》と報じた。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「ネービーシールズは全世界で展開しており、平時から有事を想定して、日夜過酷な訓練を積んでいる。大統領令が出されれば10~12時間で作戦行動に着手できる。沖合の原子力潜水艦から海岸線に上陸し、内陸に侵攻する。グリーンベレーやデルタフォースなどと協同しながら、作戦を遂行する。時に現地人に紛れることもある」と語る。

 ただ、ネービーシールズ単独で万能なわけではない。「大規模な軍事作戦の中における先兵」として位置づけられるという。

 北朝鮮の「断末魔の反撃」を阻止するためにも、最強特殊部隊による「斬首作戦」の成功がカギを握るようだ。

 

 

米国空母カールビンソンを本当に沈められるの?北朝鮮軍。

 口だけは、永遠に強いのですね、金正恩。 そこに、人生の意味があるの?

日本からの裏の支援は、メディアで騒ぐ以外、もうないんじゃないかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北朝鮮機関紙「米空母を水没させる戦闘を準備」

2017/04/23 20:09

 

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が米原子力空母カール・ビンソンを水没させると威嚇した。

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は23日の論説で、世界が恐れている米空母は単なる肥大な変態動物にすぎず、「一気に水没させる万端の戦闘準備を整えたことはわが軍隊の軍事的威力を示す一例だ」と主張した。

 カール・ビンソンは25日ごろに朝鮮半島周辺海域に入ると予想されている。日本メディアによると、同日からカール・ビンソンと日本の海上自衛隊の合同訓練が西太平洋のフィリピン海で始まった。

 同紙は「わが軍隊は水素爆弾をはじめとする現代的な攻撃手段と防衛手段を全て備えており、わが革命武力は米本土と太平洋作戦地帯まで手中に収めている」と威嚇した。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

1 2 3 4 5 6 Last

« 日本のアイデンティティー | メインページ | アーカイブ | 未分類 »

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像