新井信介京の風

信州中野

1 2 3 4 Last

今日は統合医療愛好会の発会の話をした。口に入れるのは、「毒か、薬か」どちらかしかない。

 こんばんは。

東京での打ち合わせや、講演を終えて、北信濃に戻る。

今日は、統合医学愛好会の話を、地元の仲間と話した。

 何を食べるか?

きちんと、医食同源、薬膳、を考える。

 

 基本的に、体内に入れるものは、 それが、体の生命活動に、いいものか、どうか?

 

 つまり、  「毒か、薬か」 のどちらかしかない。

 

 ナマの生きた細胞を、食べる=摂取するのが、いちばんいい。

 しかし、

 今の日本列島は、どこに行っても、薬漬けの加工食品だらけ。

 さらに、放射能漬け。 水も、空気も、土壌も。

 

 そんな中でも、未来に向けて、毎日を、生きていかねばなりません。

 生命エネルギーは、 食事の成分と、 宇宙エネルギーの共振 のみ。

 

 生きている環境・住まい・食・考え方・・・これらが、すべて、健康に導かれるかどうか。

 

 本気で、統合医療をするときには、最低でも、「311」から、どこにいて、何を食べてきたのか、

 その食事の入手先や、提供者を、なるべく正確に、突き止めておく必要があります。

 そして、最低でも、3か月、完全に、クリーンな、食の環境を整えないといけません。

  放射能が少ないこと。 添加物を完全に避ける。 農薬もゼロにする。

  毎日、温泉に入る。 多くのミネラル・ビタミンをとる。  リンゴ、ニンジンを欠かさない。

  基本的には、コンビニやスーパーの加工食品、総菜、白砂糖を全部やめる。

  伝統食にする。 いい材料の手作り料理のみにする。

 

 今後の寿命に関していえば、 

 ①2011年の「311」のあと、特に、3月21日に、どこにいたか、ここが重要ポイント。

 ②この年から始まった、政府がすすめる「食べて応援」に、積極的に参加したかどうか。

 ③瓦礫焼却の付近にいたかどうか。

 この3つで、ほぼ大勢は決まってしまいました。

 もし、心当たりがあれば、今すぐにも、自分が住む場所と、食べ物から、ノンベクレル化に徹底すべし。

 さらに、毎日、いつでも、心がけなくてはならないのは、 自分が、飲んだり、食するのは、

  「毒か、薬か」そのどちらかしかない、という自覚と、その都度の選択での覚悟です。

 

 この自覚をもとに、自分で、自分の肉体を、調節していく。

 自分で療養していく。

 これが、統合医療のもっとも基礎になる考え方です。

 

 愛好会では、実践の仕方や、良質食材の入手方法などの体験と知見を情報交換し、その場で、自分の健康を増強していくものです。 これには、どんな音楽や旅行・体操がいいのか、も加わります。

 ノンベクレル化も、できる限りしながらも、もっとも重要なのは、自分の体質、特に、免疫力を高めること。

 私の実家を、その寄合の場所に、することにしました。

 ネットでの発信も行い、信越自然郷の一環として、この場所を、生かしたいとおもっています。

 地元の、おばちゃんたちによる、手料理が楽しみです。 おいしい漬物もありますし。

 温泉三昧なのは、当然ですが、励ましあう、仲間が絶対的に、不可欠です。

 統合医療の先輩・重鎮たちの指導を、いつでも、受けれる体制にしたい と考えています。

きっと陛下が研究した「皇居のタヌキ」には、裏論文がある。すごい決意とお茶目なエスプリ。

 やはり、このお方は、本当にワールドクラス。 

「皇居に生息するタヌキ」の「果実の取り方」の「長期変動」を研究され、論文にまとめられた。

このニュースを、きちんと解説したのが、ロシアの報道。 

「明仁天皇が皇居内に生息するタヌキについての新たな研究論文「皇居におけるタヌキの果実採取の長期変動」を発表。宮内庁は論文は国立科学博物館発行の研究報告に共著で掲載されたことを明らかにした。

© 写真: JOHNNY LAI 日本で家族と一緒に暮らすロシア人ママの生活(写真、動画) 明仁天皇は5年にわたって毎週、御所近くにあるタヌキが糞をためる場所から糞を採取し、これを調査された。その結果、残飯を漁る都市部のタヌキとは異なり、糞からは昆虫や木の実が多く見つかった。 明仁天皇がタヌキの食性に関する研究論文を発表されるのは2008年に続いてこれが2度目。 先に伝えられたところでは、日本の天皇の退位の可能性を審議する政府委員会が17日に最初の会合を開く予定があるという。」

続きを読む: https://jp.sputniknews.com/japan/20161007/2871184.html


さて、みなさん、この報道、面白いですね。

皇居に生息するタヌキ。 これは、暗示ですね。

 陛下は、「生前退位」の揺るがぬ「ご決意」と、皆を笑わす大変な「お茶目」を、お持ち合わせですね。 しかも、それを、ロシアは、全部、受け止めていますね。

タヌキって、これ、宮内庁や、高級官僚、明治以来のおセレブさん、ゼネコン、戦後の戦争屋と、その手先で、いつの間にか、日本の権力層の「弱み」を握ったの半島出自の闇の住人達、全部でしょ。

28年前のご即位以来、陛下は、彼らの「のぼせ上り」や勢力分布の推移を、しっかり見つめ続け、さらに、時に、おだてているうちに、彼らは、エサ(マネー、特権)を食べ過ぎて、「ホ」も無視してでもさらに食べ続けようとして、未来を捨ててしまっているうちに、自分の姿が、さらされてしまった。

 これが、見事に、日本人なら、誰もが知っている歌 に なっています。

みんなが知っている唱歌『証城寺の狸ばやし』。

この歌詞が、意味深で、今、バッチシ、はまっています。

これを知っていて、陛下はここ数年、「タヌキ」の研究をなさったのでしょう。本当に、お見事です。 フランス人も真っ青な、ユーモアを超えた、歴史的なエスプリですな。

このお方が、226事件以来、どのような運命を背負われて来たのか、に思いをはせますと、ますます、好きになりました。 

なお、この「タヌキバヤシ」の歌の作曲者は、中山晋平で、私の郷里、長野県中野市の出身です。この歌を記念して、「ポンポコの湯」があります。 そのすぐ下の日野学校の前に、私がよく通う、10分で売り切れる農産物直売所があります。

  http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/shojoji.htm

和尚さんに負けるな!タヌキの決死の腹鼓

ある秋の晩、證誠寺の庭で何十匹もの狸がポンポコと腹鼓をしながら楽しそうに踊っていた。これを見た和尚さんが負けじと自慢の三味線でお囃子を始めると、狸も負けじと大きな音で腹鼓を叩く。頑張りすぎた狸は、翌朝腹を破って死んでいた。不憫に思った和尚さんは供養のため狸塚を作ったと言う。

中山晋平を記念したポンポコの湯 

http://nakano-ipc.jp/facilities/shisetsu01_2.php 

中山新平記念館 http://www.city.nakano.nagano.jp/shinpei/index.htm

本物ヒラリーを動かしてきた勢力と、替え玉ヒラリーの振付師は、違うね、きっと。

 国連総会前に、替え玉ヒラリーが、堂々と出てきた。 安倍はそれと握手して、承知して、付き合った。

 世界は、同じように、安倍に倣って、この替え玉に、承知で、今後も、つきあうのか?

 トランプが、 お前、偽者じゃないか、民主党、いい加減にしろ、と言ってくれると面白いのですが。 

  

 ヒラリーが、本物でも、替え玉でも、 けっして、ブレないのは、米ドルの価値、信認性の維持と、世界展開。

 これは、人民元SDRをもつ中国も、華僑も、賛成だ。

  なぜなら、彼らも、金融ワンワールドの一員で、米ドル建てで、金融資産をもっているから。  

 願うらくは、 マネーが、    略奪型ではなく、 育成型に、使われだすことを。

健康は、《こころ と 食べ物 と 住む場所》 これだけ。どこで、何食べ、何考える?

  

 こころ ・・・ マインド コスモス

 食べ物 ・・・ マイクロ コスモス

 住む環境 ・・・ マクロ コスモス

 

 三つのコスモス。

そして、 喜びとは、 つながる こと。

 嘘だと、繋がれない。 破たんする。

 そして、

 世の中は、生々流転する。 

 核分裂技術は、人類の運命を変える。 人類の「羽化」のきっかけになる。

  以下、わかっていると思いますが、再掲します。

 

 

「何でも言っていい時代になった」・・・もう、象さんの足枷はなくなっている。怖がるな。

  こんにちは。

今日から7月です。

 変化が激しいのですが、纏めます。

①イギリスのEU離脱。 何を教えているか?

 政治面では、 社会インフラと、就業機会が、世界中に、行き届かないと、混乱する。

  移民や難民の受け入れよりも、 移民や難民を出さないで済む、環境を、各国に作り出すこと。

  福祉の行政サービスを、無条件に受けさせることを、認めてはならないこと。

 経済面 では、 どんな帰趨になるか、 まだ、行方は見えない。

 今回の相場で、見えたもの。

  円=ポンド で、 FX を仕込んでいたものは、全員が討ち死にしている。

  日本時間の24日朝6時では、残留派が勝利確実と、多くの金融コメンテイターが解説し、

  この時点で、離脱派は、手じまい。そして、残留派は、さらに、マネーをつぎ込んだが、これが、裏目。

  伝説のミセス・ワタナベも吹っ飛んでいる。

 実は27日(月)にある投資日報社の鏑木高明社長から、久しぶりに電話あり、株K2Oのオフィスまで来てもらって、懇談しました。鏑木氏は「今回のイギリスの投票では、相場を張るな」と会員に話していた、と。もちろん、そこにはプロのディーラーも大勢いる。鏑木氏の講演会では、今年の外国為替の動向は、ことごとく、的中。また、あのジョージ・ソロスは、今回は静かに金(ゴールド)を買っていたと。

なお、投資日報は現在休刊していますが、以前、私が執筆していたことがあります。

② 28日に、元スイス大使の村田光平先生と、電話した。

  「東京オリンピック は『名誉ある撤退』を。 まだ、間に合う。名誉が保たれる。」 

 今、村田先生の周囲には、大企業OBで工学系の方たちから、多くの情報が集まります。

 もちろん、真実を知る世界の友人も。 この中には各国大使もいれば、ロシアにいったあの人も。

 29日に、青山で、村田先生が顧問をする、「新・竹の会21」の発足式がありました。

 フクイチの惨事を直視したうえで、国家を変えようとしているしている高邁な人たちの集まりです。私は、長野に客人があっていけなかったのですが、ここは、なんとしても、しっかりした形で、育ってもらわねばなりません。

 それも、できるなら、第3経団連 になってほしい。

 今の、国家は、なんといっても、

  隠して、ごまかして、拡散して、毒を食べさせる人間に、どんどん、国家のマネーを配る国なのです。

  これを、5年3か月続けているのです。

 今回の参議院選挙でも、この時点での、方向転換を訴える政党も候補もいません。地獄です。

 国家体制の中に、全く、希望の光 がないのです。

③ 掲題の「何でも言っていい時代になった」 のセリフは、

 26日の日曜日夕刻、都内で開かれたセミナーでの、梨本宮の発言です。

 ですから、この言葉の意味は、極めて重い。

 この方は、ビッグマザー安倍洋子さんに、直言できる立場にあり、東アジアでの怨恨を解消する「恩讐を越えて」を地道に実践しようとしてきました。

 陛下の「稲の根本に鎌」でいえば、梨本さんの実家が明治の国家政策の犠牲者でした。月山修験道の本家であり、明治維新では、大弾圧を受けた一族なのです。明治の国家体制=権力構造の構造的な悪弊を身をもって知っています。

 イカヅチさんが、日本を世界に開くときに、この方を指名したのは、国家変容の要であると、熟知していたからです。そして、この1年半に、アメリカにいる戦争屋が、「新世代王族」の連携によって、どんどん鎮められている時に、日本で、伊勢志摩サミット、そして、オバマの広島訪問となって、そのあとで、こう話されたのです。

 ようやく、タブーが解消された。

 といっていいかもしれません。 ご本人の心をいうなら、

 「自分が知らないこともあるから、どんどん世に出していくれ。」

 「もちろん、悪い話も。そして、日本に眠っている、うずもれている、(これまで過去の利権に縛られて行政が無視してきた)画期的な技術や、献身的な活動をする、本物の「日本人の姿」を、表に出し、それを、応援するためにも。」

 こんな、隠れた願いがあるのではないでしょうか。 私は、そう信じたい。

④ NHKが、ゴールドマンサックスを放送した。

 六本木ヒルズの最上部4階の全フロアーに事務所を構える、世界最大の金融グループ、ゴールマンサックス。

 29日の夕刻、NHKは、特別許可を得て、初めてゴールドマンサックスの内部にカメラを入れたと、自慢気に、放送したが、そこで、何を紹介したか?

 このビルは、もちろん、耐震構造に優れ、快適な、生活空間を造り出しているのですが、

 今このビルが、世界中の金融機関から、特に注目されていることがあるとして、取り上げていたのが、 

 館内全部の電力をカバーする、自家発電システムです。

 これで、災害時に、東京電力からの送電が途絶えても、ここだけは、大丈夫だと、紹介したのです。

 これを NHkが放送した、という事実を、みなさん、どう考えますか?

 すでに、熊本では、4月14日に大地震が起き、中央構造線を刺激しています。

 構造のしっかりしたビルで、行政・企業活動だけは、どんな地震が来ても維持したいとする意志の表明です。

 その裏側には、必ず、地震は来るので、判る人は、すぐに備えよ、とのメッセージが読み取れます。

 もともとは、6月後半に起きる地震が、4月に起きて、逆に、私たちには、備える時間が与えられた。こう考えておきましょう。

⑤ フクイチ放射能

 上記の村田先生の活動が、今月中に、成果が出ることを祈りたい。都知事選で、ここを争点にする候補が出ることがまず第一歩です。

 都知事選挙は、7月31日。この時には、フクイチの放射能に真剣に向き合わない候補は、人間以下の生き物です。 いまだに、フクイチは、汚染水ダダモレ、湯気モクモクなのです。

 あきれ返っていること。

 東大の児玉龍彦氏。 5年前、国会で、「今、やらなければならないのは、除染です」といって、

 竹中を中心に、全国のゼネコン・土建屋に仕事をつくりましたが、今、その彼が何を言ってるか?

 環境省が5月末に、除染で削り取った汚染土を、全国の公共事業で使うと言い出し、そこでの、汚染土について、1キロあたり、8000ベクレルの基準を言い出した。児玉氏は、その基準を、安全で問題ないという。

 そんな、あほな。

 安全で、問題ないのなら、なんで、除染と称して、表面を削ったのだ。

 そのまま、フクシマに置いておいた方が土壌の微生物が分解して、線量が下がっているくらいだ。

 この国の「権威」とは、まさに、一部の人間や企業に「カネ配り」するための、全く根拠のない、「適当な基準」を作り出すためだけに存在している。

 それが最高学府だという。

 この問題に、まったく目を向けないまま、「美しい日本」や「日本の心」を言う人間 が、未来を語る。。

 こんなもの、全部インチキだ。 海外から見たら、 国家的詐欺集団で、悪魔そのもの。

 修験道は、その点、、天地と、直に向き合って、ゆるぎない自分の精神と身体を創った。

<結論>

 大変化が来る。 最後は、大規模破壊になる。 しかし、それは、再生の道が用意されている時。

 まずは、 10日の参院選挙、そして、 31日の都知事選挙。

 どんどん、声を上げよう。

  これまでの、この、「毒まき体制」を続けるのか? と、厳しく、問い詰めよう。

 さらに、こんななかでも、それでも、オリンピックをやりたいと、甘えている人間には、

 「まず、子供たちの安全の確保、ノンベクレル空間、食品を、確保してからにしろ」と、どやしつけよう。

 これを野放しのまま、お祭り気分の人間には、それなりの運命が来るから、離れるしかない。 

で、最後に言いたい。

 この5年間、日本の国家、統治体制は、フクイチの事故が起きてしまったこと、そしてその影響について、あまりに大きいので、怖がって、それを指摘する人間を、言論封殺してきました。

 しかし、それが、もうなくなった。 

 全てを明かせ。 すべては、ここからだ。

 それが、天意であり、また、「新世代王族」の願いなのでしょう。

 そのうえで、 解決方法は、ある。それが出てくる。 知っているもの余、声を出せ。

もう、象さんの足枷は、ないんだ。 みんな、怖がるな。 検察の向きも、変りだしたぞ。

 この点、7月9日(土)、東京皆神塾で、話します。

1 2 3 4 Last

« 中国と中華 | メインページ | アーカイブ | 原子力 »

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像