新井信介京の風

気まぐれ日記

1 2 3 4 5 6 Last

嗚呼~完全に奴らの手の中でメディアが踊っている。なんで、特別会計を含めた国富を語らない。

 わが国では、今上陛下が、精一杯、これまでの日本人の「狂った(お上依存)意識」律令理性を脱却させ、 自然理性に戻させようと、しているのに・・・(この部分は、未来に向けた改変なのに、先に国家の制度ありきと考えてしまう思考=理性の在り方で、植田信氏があぶりだし律令理性と呼んだ。これは悪弊であり、呪縛)・・・、

日本のメディアは、今の安倍政権を支える官界・財界がもくろむ、既存制度絶対の次元で、今を語る。

日本人は、なぜ、この日本列島の上にできた統治体と今ある富の様態を、しっかり見つめないのか?

 

 個人は、国家(の制度)と 対等である。 この意識が、どうして持てないのか?

国家の持つ富、国富の再分配を、どうするか、それを決めるのは、立法府で、

今は、その代表をきめ、あらたな、行政の責任者をきめる、選挙の真っ最中。

しかし、この立法府が わずか、消費税2%にみれるような、せせこましい議論しかしない。

「全体のための奉仕者」 というが、

 今の候補者たちに、 きちんと、全体を見ている人間がいるのか?

そのための、情報開示があるのか? ないのがわかっていながら、それを、刑法でも問題にしないまま、これまでの立法府が、法律を作ってきた。

 その状態を、異常と思わないのか?

みどりの狸を筆頭に、候補者たちは、これまで、テレビ受けを最優先に、政治を語ってきた。

 実際に、現実の生身の人間が、この列島にある国富(土地、財産、権利、人材)を素材に、

 法律という手段で、どんな形に改変・利用するか、どえだけ多くの豊かさを実現するか、

こうしたことを、徹底的に考えたことがないでしょう。アメリカが妨害するなら、その妨害を語れ。、

 規制緩和の規制の前に、何がどれだけあるのか? 誰が、国民の汗の成果を盗み出しているのか? 鳩山内閣のときは、そうした視点があったが、今はどうか?

すでに、出来上がって、戦後の、護送船団に見れる国家主導の資本主義での経済と、

 株主利益最優先の新自由主義グローバリズム以外、なにも、考えていない。

国会の政争にかまけていては、まあ、考えもしないだろ。


 自然界と、人間界が乖離しすぎた時、どうなるか?

 

 中国では、この場合、天意が働くといい、その天意を受けた人間が、新しい天子になる。

これは、孟子の「易姓革命」論。

まあ、さながら、今の習近平と国家発展改革委員会の俊英たちは、その次元で、全部を変革する。

だから、今は、権力集中。

では、今の日本はどうか?  デンデンは、「岩盤規制にドリル」といったが、

 岩盤の前に、国家にどんな、マネー(隠れ予算)、があることすら、国民に隠したままだ。

 これまでの、日米安保で、アメリカと一部の日本人ををささえていたが、それを、壊すのではなく、もしかして、

 中国やロシアも裏でほしがりだしたのなら、「忖度」を超えた メディアの「自主隠蔽」が広がってしまう。

 とんでもない国。 明日、その真因と淵源を話すことになります。

 まな板の上の「鯉」が、自分でここを切れと言って、虫がついて痛んだヒレの一部を指図する。このなのばかり。

 誰が、ちゃんと、料理するというのだ!   

南近江ツアー。楽しかった。

 帰りました。

瀬田の唐橋

野洲の銅鐸博物館

沙沙貴神社

長命寺

近江八幡の日牟禮八幡

百済寺

楽しかった。

 ホムダワケを、育てた、湖南の道。

さらに、

 ウマヤドの師の、慧慈が来た地に百済寺(ひゃくさいじ)。

 これを焼いたのが、信長で、付近に、安土城。

 

白村江の戦いの前、琵琶湖で、何があったのか? 

南近江は、起元前後から、弥生時代の一大農業基地でした。そのときは、銅鐸の中心地。

それが、4世紀からは、鏡の里に?

 不比等は、この地に、何を感じていたのだろう。。

 

 

 

今日は重陽の節句。天武の命日。毛沢東も。

ここ北信濃では、快晴の秋晴れの一日でした。 

アケミトリ(朱鳥)。 それを祝うかのような、太陽フレア。

大きな区切りになりそうです。

明日、東京の市谷で会いましょう。

PS: 陸上全日インカレ100M   桐生君 9秒台 おめでとう。 土江コーチに、心から拍手。

24日の夕刻、新宿で何でもしゃべろう会。皆神塾参加者の親睦会。

1)こんにちは。塩津街道を歩き、宇治での研究会。

 敦賀の地が、なぜ、「ホムダワケ」を生むことになったのか? また、それを、なぜ、宇佐の地で、三輪山の神官が、「八幡神だ」と認定するようになったのか、これは、とても楽しい謎解きでした。

 ポイントは、辛島と息長。 この両者が、いつ、どこから、日本列島に入ったのか、で、

 このことを、話しました。そして、自害したウジノワキの心にあったものは何か、と。  

2) 親睦会のご案内。 

 安倍の改造内閣ができて以来、東アジアでは、にわかに、不安定要素が高まっています。

 ここで、「今週、24日(木)」ですが、

 所用で東京に行くことになったため、これまでに皆神塾参加した方やDVDを見ている方を対象に、親睦を目的に、小規模の「何でもしゃべろう会」を行うことにしました。参加希望者は、以下の連絡先までご連絡ください。

 急な企画でもありますので、小規模なもので、一応、人数は、10数名程度を予定しています。

 日時:824日(木) 1830分~ (2時間程度を予定)

 会場:「西武新宿駅北口クリニック 会議室」

東京都新宿区歌舞伎町2-45-6 LG新宿ビル 2

 会費:2500円 軽食つき(サンドウィッチ等)

 参加を希望される方は、室伏(TEL03-3548-1025 携帯:090-5804-5078)までご連絡ください。本ブログ右上の「お問合せ」からのメールでも結構です。

3)北のミサイル騒ぎは、一体何のためにあったのか? 日本政府と、日本メディアは大げさに伝えますが、18日には、アメリカの軍事部門のトップのダンフォードが、北京を訪れ、習近平、そして範長竜と打ち合わせ。これは、北を軍事攻撃しないということ。それでも、メディア上で緊張をいい続けるのは、アメリカにすれば、その「イメージ」での「緊張」で、多くの武器を日本に買わせるためであり、中国にすれば、北の難民の中国流入を押さえるため。

「北」問題が解決してしまうと、一番こまるのは、安倍本人と、三菱重工でしょうか。

 ヨーロッパでは、まだまだテロが繰り返されますが、アジアはどうなるのか?

7月1日の秋葉原で「こんな人たち」と言ったことが端緒となって、稲田大臣や「森友」がなくなって、皇国史観の愛国教育はもうありませんが、「加計」の方は、どうなるのでしょう。これが、安倍とその友達だけだったのか、それとも、アメリカの戦争屋の動きと連動していたのか?

あと、今の日本国内の経済(景気)ですが、スマホが行き渡った先には、もう工業製品の新規需要はなくなってしまい、あとは「コト」消費だけになるのでしょうか?

列島全体の人間の幸福感と国家の運営、さらに、地方の耕作放棄地、空き家の続出。これまでの医療のインチキの露見。

日本が、今後、どの方向に変わっていくのか? 戦争がなくなっていく中、それでも、強引に、過激な需要を起こさせようとすれば、ほかに、どんな手段があるか? 

2013年に、ローマ法王になったフレンシスコは、「十字架に神はいない」と言いましたが、就任当時は、戦争・疫病(バイオハザード)による人口削減に対しては強い警告を発していました。「金融ワンワールド」の人間達も、この二つは絶対にしない、というコトなのでしょう。この点は、2013年に発表された小説で、昨年、映画化されて世界公開となった映画『インフェルノ』に、よく現れています。人類全体の行方を見ている人間達は、今の世界情勢を、どう捉えているのでしょう。

自然(地球生命)と人類の営みを、どうするのか?

このとき、日本(人)には、どんな役割があるのでしょうか? すでにヒトゲノムの解明が進み、日本人の特色が、遺伝子のレベルから、はっきりしてきています。

日本人が、「国家」や「民族」をかたるとき、いつも引っかかるのが、「天皇」の存在です。これを、ことさら特殊で神聖なものとして扱い、これまでの国家の経営資源の分配の議論では、客観的で冷静な議論を失ってしまう人があまりに多かった。

「天皇」なる存在を、どうするか、これは、私たちが決めること。今上陛下は、来年年末に退位予定です。明治維新以後の国家主義と、さらに、世界経済で、天皇がどんな役割だったのか、この点も自由に話しましょう。もちろん、「二人に一人がガンになる時代」と言ってしまう、無責任な為政者についても。

 そして、なにより、大きく変わりそうなのが、マネーに関して。

「国家」と「宗教」という「共同主観」の正体を、まず、99%の人間まで認知することになるでしょう。その上で、その99%は、マネーのもつ機能と性格をきちんと分析・把握して、それに、とらわれなくても、未来につづく豊かさ(幸福)を実現できる道を、見つけ出していくことになるでしょう。

全ては、信頼に溢れたいい現実創りのため。インチキを作り出すものは、一体何なのか、その正体を、きちんと知ることがスタートですね。

 

吐き気がしてきたNHK9時のニュース。

 

 組閣を伝えるNHKニュース9 

 ここにデンデンが登場。 言い訳 格好つけ ・・・・ 

 久しぶりに、テレビ画面に向かって怒鳴ってしまった。

 スイッチを切った。 

 

 PS: 

 自民党の幹事長の二階。この党務の方に、萩生田をデンデンはつけた。

 デンデンの本質は、何も変わっていない。 「取り繕い」「言い訳」「だまし」の申し子。

 以下の阿修羅は参考になります。

http://www.asyura2.com/17/senkyo230/msg/213.html

①前川喜平さんが講演し、   今治市長 と 加計 の証人喚問 必要

②コメント欄の 15に、

 前川さんが日本のリーダーになるのは、まだ早い。
 その前に日本の悪鬼を退治しないと。

 悪鬼を退治するのは、悪をもって悪を制するということで、これからは相当な悪党に
 なれる人がふさわしい。

 悪鬼を一掃してから、きれいになったところで、正義の味方、清潔、謹厳実直な前川さんに出動していただきたい。

 ローマ法王から誰かが、悪魔祓いをするには、悪魔よりも相当悪い奴じゃないといけないと言ったそうだ。
 映画で悪魔祓いをするのは、清廉潔白だが、弱弱しい牧師か神父だが、それじゃあ、ダメだそうだ。
 悪魔よりも相当な悪になれる奴、それでいて芯は強いヒーローが必要なんだと。

 一旦、この日本の腐敗政治を破壊できるヒーローって誰?
 シュワちゃんか、ロボコップか、それとも・・ゴレンジャー?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ちまたに「パワーレンジャー」。

 「大魔王 則 大菩薩」 という言葉がある。

    

 

1 2 3 4 5 6 Last

« 未分類 | メインページ | アーカイブ | 環境問題 »

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像