新井信介京の風

HOME > 新井信介 「京の風」 > 時事問題 > 南海トラフ地震と、津波の発生。今日は神戸で防災訓練。先日は、大阪であったね。

南海トラフ地震と、津波の発生。今日は神戸で防災訓練。先日は、大阪であったね。

何かがおきるのかも知れませんね。「備えあれば、憂いなし。」

16日、大阪でいろいろ話しましょう。以下は、神戸新聞。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 南海トラフ1週間後の大規模余震想定 コンビナートで防災訓練 神戸 1 / 33

巨大地震での石油コンビナートの被災を想定した大規模な防災訓練が13日午前、神戸市東灘区御影浜町の倉庫業

「ティ・エム・ターミナル」とその周辺であった。同社の社員や消防隊員ら約150人が参加、緊急時の連携を確認した。

南海トラフ地震の余震被害を想定した訓練で、タンクに一斉放水する消防車=13日午前、神戸市東灘区御影浜町(撮影・後藤亮平)
© 神戸新聞NEXT/神戸新聞社 南海トラフ地震の余震被害を想定した訓練で、タンクに一斉放水する消防…

 南海トラフ地震の1週間後、津波警報が解除された中で大規模な余震が発生し、コンビナートの貯蔵タンクから危険物

が漏れて火災が発生したとの想定。 陸上では、避難した作業員を救護班が除染して搬送の順番を決め、高所からの

避難中に負傷した作業員はロープを使って救助。消防車5台がタンクに放水した。また、消防や医療チームの役割を

調整する「ブルーキャット」、有害な化学物質の処理にあたる「ハズマットKOBE」など、特殊チームによる対応も確認した。

このほか海上では、停泊中の船の配管が壊れ、可燃性の有害物質が流出した想定での訓練もあった。(勝浦美香)

カテゴリ:

< 国際政治は〈カリアゲ君一国 VS 世界全体〉で均衡? 今、主導権は誰が握っている?  |  一覧へ戻る  |  ペリー元国防長官「北朝鮮が核を保有することに成り、(米軍の)任務はさらに重大に。しかし、普天間や他の沖縄の基地でなければ果たせないという問題ではない。日本人や日本政府にとっての政治的問題。米軍は占領しているわけではなく、招かれてここにいます」 >

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像