新井信介京の風

HOME > 新井信介 「京の風」 > 【ご連絡】16日(土)開催の「何でもしゃべろう会in大阪」について

【ご連絡】16日(土)開催の「何でもしゃべろう会in大阪」について

先日ご連絡させていただいた、今週末、16日(土)に「大阪・梅田」で開催予定の「何でもしゃべろう会in大阪」についてのご連絡です。 

今回は急な企画でもあり、人数限定の比較的小規模なものとなります。したがって、参加をご希望の方は、事前にご連絡をお願いいたします。 

以下、開催要領をご案内させていただきます。

<開催要領>  

日時: 9月16日(土) 1330分~ (2時間を予定)

会場:「大阪市北区曽根崎新地2-2-16 西梅田MIDビル7階 ABC会議室」

会費:3000円 

地図(アクセス): 次のリンクからご確認ください。→ 170916_地図_何でもしゃべろう会.pdf

参加を希望される方は、室伏(TEL03-3548-1025 携帯:090-5804-5078)までご連絡ください。次のリンクからFAX参加申込書もご利用いただけます。→ 170916_何でもしゃべろう会_参加申込書_FAX用紙.pdf  ブログ「京の風」右上の「お問合せ」からのメールでも結構です。 

どうぞよろしくお願いいたします。

< 「全会一致で制裁」は名ばかり。北の体制・核開発の現状容認じゃないか。米軍の存在意義は?  |  一覧へ戻る  |  国際政治は〈カリアゲ君一国 VS 世界全体〉で均衡? 今、主導権は誰が握っている? >

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像