新井信介京の風

HOME > 新井信介 「京の風」 > 時事問題 > なんで、ここまで前川氏に圧力を。加計本人に証言させないと。

なんで、ここまで前川氏に圧力を。加計本人に証言させないと。

10日の閉会中審査で、安倍トモの自民の青山氏を、前川氏が撃退したことを伝えるブログがあります。

 青山氏は、塚本学園で講演しておきながら、籠池氏を知らないと言い張り、籠池氏の証人喚問の時には、テレビに映らないように身をかがめて逃げていた人間です。よく出てきたな、という感想でしたが、前川氏に対する印象操作のためでした。しかし、これが、見事に撃退されています。

 http://lite-ra.com/2017/07/post-3306.html

デンデンが帰国。みんないろいろ言っているね。

http://my.shadowcity.jp/2017/07/post-11447.html#comment-110856

 見苦しい人たちのことが、指摘されています。

 

望月記者がいる東京新聞は、以下のような関係図を載せていました。一目瞭然ですね。

但馬問屋 @wanpakutenshi 7月11日

分かりやす.  画像・東京新聞政治部さん 矢印の圧力、ハンパない^     

^

170713_加計_関係図_DEc7-S-UMAEyjjw.jpg

カテゴリ:

< 都議選で自民大敗から一週間がすぎて。日本戦争屋の撤収司令と証拠隠し。自民は今、内紛中。  |  一覧へ戻る  |  修正中に消された部分の一部を再現します。渾沌堂さんが即刻コピーで残してくれた。ありがとう。 >

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像