新井信介京の風

2016年11月

今日は、らっきーさんで、楽しみましょう。12月の日中韓の首脳会談は延期のようだし。

  久しぶり、らっきーデタラメ放送局

 http://ameblo.jp/jicchoku/entry-12223274602.html

 

 あと、 この時代、 売らんかな、の情報を流す人が、本当に多い。

 なんか、戦争屋一派の下部構成員が、目くらまし情報を、売文屋にどんどん流しているみたい。

 

 今、これまでの中国封じ込めが、失敗に終わった安倍ちん、信頼していたプーチンにも、裏切られた。

 身も心もボロボロ。

 しかし、今の日本の政界では、衆参ともに、圧倒的多数。しかも、結構、子分を養う実弾も蓄えた。

 こんな状態を見て、どうするか?  特に、北京 と シンガポール。

 安倍は、もう、これまでの外務省を、全く信用していないでしょう。 

  でも、生き残りたい。 歴史に名をとどめたい。

  お母さまが言うように、 自分は「運命の子」。

 では、この状態で、何をするのか?  

 12月に予定されていた、日中韓首脳会談が、韓国の事情で、越年する見込み。

 裏で、何があるのか?  間違いなく、「囁き」がある。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日中韓首脳会談、越年か…朴氏弾劾案可決の公算


日中韓首脳会談の日本での年内開催が見送られる可能性が高まっている。

韓国の朴槿恵パククネ大統領の友人による国政介入事件を巡り、同国内で混乱が続いている影響だ。菅官房長官は28日の記者会見で「予定通り開催できるよう準備を進めている」と述べたものの、外務省幹部は「朴氏が来日できるかどうか予断を許さない」と語った。

 日中韓首脳会談は2008年から3か国の持ち回りで開催。日中、日韓関係がギクシャクした13、14年は見送られたが、昨年11月、約3年半ぶりにソウルで開催された。今年は日本が議長国として、12月に東京で開催する案を中韓両国に提示していた。

 ところが、韓国で10月末以降、朴氏友人の国政介入事件が政局化。韓国国会では12月初旬にも、野党が提出する朴大統領弾劾案が可決され、朴氏が職務停止に追い込まれる公算が大きくなっている。

「反オリンピック宣言」の反響が広がっております。村田光平先生からのメール。

 皆様

「反東京オリンピック宣言」の反響が広がっております。
大手企業出身の知人からこのほど次のメールが寄せられました。
 
アマゾンによる本書の紹介文を読んだだけで、改めて憤りを覚えました。
少なくとも、この安倍晋三の「コントロール」発言は許せませんねー。
頑張ってください、及ばずながら応援します。」
 
 アマゾンによる紹介文は次の通りです。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京五輪開催を返上・中止せよ!
 
「アンダーコントロール」などという安倍首相による世界に向けた虚偽発言、裏金不正疑惑、抵抗するアスリートの排除、野宿者排除・人権蹂躙、だるま式に膨れ上がる開催費用/まやかしの経済効果、環境汚染、置き去りにされる福島復興・原発対策…… 様々な問題が山積・噴出しているにもかかわらず、なぜ東京でオリンピックを開かねばならないのか?
 
政府・東京都・広告業界、それらと一体と化したマスメディアが、これらの問題に目を耳を口を閉ざして歓迎ムードを醸成、反対の声を抑圧するなか、2020東京オリンピック開催に対して、スポーツ、科学、思想、哲学、社会学などの研究者・活動家ら16人による 根源的な異議申し立て。 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・(転載終わり)・・・・
 
 本書が及ぼしつつある影響に関し特記されるのは東京五輪が原発問題と表裏の関係にあることを論証したことです。 福島隠しは限界に達しております。
 
11月28日、福島第一で勤務する傑出した技術者より、下記の緊急提言が寄せられました。
 
1. この度の福島第2で起きた冷却装置の緊急停止の原因はSWELLINGである。これは揺れに伴い大量の水を移動させるものである。既に柏崎原発事故で経験しているが対策が取られないままであった。至急対応が求められる。
 
2. 強い余震が頻発している状況下で使用済み核燃料プールが倒壊する恐れがありますかねてから求められてきた使用済み燃料をドライキャスクに移す安全対策を早急に実施することが必要である。
 
3. 1号機及び3号機の水素爆発を防ぐには間断なく窒素をパージして屋内の酸素をゼロにする必要があるが、この設備の故障に備えバックアップ施設を作るべきである。
 
本29日、たまたま、ある有力な科学者にランチに招かれておりましたので、上記提言を伝え、尽力を依頼いたしました。
同氏によれば多くの海外からの来訪者から日本は福島を抱えながらなぜ精一杯の対応をしないのか理解できないと言われ困惑しているとのことです。
 
東京五輪の返上につき質問したところ、日本は失敗に学ぶことが出来ない, ON のスウィッチは押せても STOPのスウィッチは押せない という返事でしたので
 
当方から福島の危機的状況を抱えながらの五輪開催は、100%ありえないと信ずる指摘しました。
 
皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。
 
 村田光平
(駐スイス大使)

 

 

安倍と麻生、岸信介と吉田茂の孫。外務省完全崩壊の中、「今だ」と囁いた人間がいるのかも。

  こんにちは、

今、今回のトランプ勝利から、安倍のNY訪問直前に、なぜ、プーチンが、択捉にミサイルを配備し、さらに、

世耕の交渉相手だった、ロシアの経済発展大臣を汚職で首を切ったのか、を考えています。

そして、トランプはやらないといった、TPPを、安倍は、それでも、日本はやると。

TPPは、もともと、ブルネイ・シンガポールが言い出したものでした。そこに、アメリカの金融資本が割り込んで、ヒラリーたちが、日本の経済支配の道具にしようとしました。

ヒラリーは国務長官です。これは、日本では外務大臣にあたり、ここが、国益のためと言って、メディアをコントロールしながら、各国で画策してきました。その画策部隊がCIAで、日本の場合、CSISが司令塔で、安倍と外務省は、この4年間、ここに従ってきました。

しかし、 このCIAの画策に、「とんでもない、付き合っていられない」としていたのが、

 ロシア、アメリカ、中国の、各国の正規の軍です。

中国では、ヒラリーの画策に乗っていたのが、江沢民派の人間で、これは解放軍にも政府内にもいました。

アメリカでは、この画策グループがテロを起こし、さらにISISを作り、それが第三次大戦に発展したり、アメリカ国内にもテロが起きかねないとなったとき、これは、アメリカ国家としても、治安だけでなく、国防の問題になり、この時は、連邦警察(FBI)と国防情報部(DIA)が、出てきます。

 この関係は、以下になります。

 ≪CIAヒラリー一派 + メディア≫   VS  ≪ FBI + DIA ≫    

 オバマは、アメリカ大統領ですから、このCIAも、FBIも、DIAも、全部の責任者です。

 で、考えます。泡沫候補だった暴言王トランプを、今年5月に、共和党は正式に大統領候補にしましたが、

 トランプでなければできないことは何でしょうか?

 これまでのワシントンの政界に、縁がない人間を、誰が選んだか、ということです。

 すでに、DIAのマイケル・フリンの報告書は各議員の手元にわたり、ネットでは、「1%対99%」が、ずっと、騒がれていました。また、トランプ自身も、ヒラリー陣営が画策する不正選挙を、指摘してきた。

 ヒラリーが戦争を望んでいるのを、キッシンジャーが確認すれば、当然、それをつぶす動きになり、トランプを勝たせるために、マイケル・フリンを、そこにつけさせた。

 そして、11月8日に結果が出て、17日、焦った安倍がトランプに会いたがるのを手助けしていた。実際にあったときには、そこに、ヒラリーがもっとも嫌がった男マイケルフリンを置いておいた。

 この間、株価は、急落から、急回復。

 で、株価に関して言うと、日本国内では、この一年、食品株は値上がりし、安倍晋三の妻、昭恵夫人の実家の森永製菓が、爆上げ状態だった。

 中国を封じ込める、といっていた、日本の外務省の構想は、

 今回のヒラリー敗北だけでなく、プーチンが、対日交渉窓口を罷免したことで、完全に駄目になったが、

 どうも、この危機を逆にチャンスとして、東アジアで一つになればいい、と、耳打ちしているものがいるようだ。

 それで、麻生財務大臣が出てくる。また、9月から幹事長になった二階氏は、もともと中国とは関係がいい。

 日中を、いかに離れさせ、敵対させるか、これが、戦後のアメリカ戦略、なかでも、戦争屋の大戦略だった。彼らが、小沢を排除した菅・野田の民主党政権時代に続いて安倍政権の4年間でも、石原慎太郎や、松下政経塾出の人間を上手に使ってきた。その代表が、前原、野田。

 しかし、今回の「事件」は、アメリカが、経済力の減退から世界戦略を捨てる事件だった。だからと言って、日本が単独で、それにとり替わることはなく、強い経済力をもつ、日中を中心に、東アジアに新たな繁栄の中心を作らせる、「覇権移動の儀式」だったとしたら、色々見えてくる。

 中国のAIIBを拡大して世界規模に作らせ、さらに人民元にSDRをもつように促したのは、ISISの収束が始まった昨年3月に訪中したキッシンジャーだった。

 1944年7月のブレトンウッズ会議から始まった米ドル基軸の国際経済の仕組みを、アジア人による、アジアのための経済体制に変更するという大戦略が、もしあるのならば、過去からの経緯をきちんと知る人間が、重要になる。

 気になるのは、1945年9月2日に東京湾に浮かぶ戦艦ミズーリの上で、中国を代表してサインした、山西省生まれの徐永昌のこと。徐永昌は中華民国の国防部長のあと、最後は台湾で逝去したが、彼が中国人世界では、戦後一貫してキーパーソンだった。

 今、大陸も台湾もシンガポールも経済的には一体化の方向に動いている。そこに、日本をいかに加えるか、をなんどもトライしてきたのが客家たちだったが、常にアメリカCIAに邪魔されてきた。彼らの日本での拠点は、ずっと九州の博多で、その九州は、麻生太郎の弟の麻生泰が経済界の実質のボスであることはいうまでもない。

 戦後世界の完全終了だな。

今、CSIS(ジャパンハンドラー)のマイケル・グリーンは、きっと、キッシンジャーから、お前たちは、ヒラリーの指示で、一体、何を仕掛けていたか、全部話せ、と、とっちめられているのではないか。  

一家全滅の例も出ている。悲しすぎる。とにかく、手を打て。

 統治体の枠組みと利権を守るために、国民をどんどん殺していく。

 これが、日本国なのか? 

https://twitter.com/PERFECTASSHOLE0 

  1. 知人の実家のいわきでは、家族3人それぞれ癌、脳梗塞、心筋梗塞で一家全滅。

 

 自分の未来を、国の権威の話を聞き、マネーだけで考えるから、こうなる。

 もう、5年8か月が過ぎている。 

 

 国家の組織的、構造的な殺人を、どのように、止めさせるか?

 

 まず、自分自身が、その殺人の仕組みに、入らないこと。

 自分が、被害者にならず、加害者にも、絶対にならないこと。

 自分がだす、言動では、常に、自分も周囲も、命がより生きる方向に、内容を、絞ること。

 

 自分自身を愛し、出会う人を愛し、 

 過去から未来への流れのなかで、自分を起点に、 いい現実を創る と決意し、徹底する。

 それ以外に何がある。

 

 卑弥呼の時代、すなわち、第10代の崇神 以前には、

 古代出雲 の ニギハヤヒの時代。 

 それは、銅鐸 と 勾玉 の時代。

 もちろん、通貨がなかった。

 そして、 文字言語すらもなかった。

 サインとシンボルのみだった。

 三次元の生命空間に溢れる息吹から、みんなの心は、全く離れなかった。

 それでいて、どんどん、大陸発の科学技術を吸収していた。

 

 生き残れ。

 生き残れ。

 何があっても、生き残れ。

 いつかは、肉体を離れる、その日が来るが、

 永遠につながる、未来の種を残して、

 生き残れ。 

 時代の真相を知って、人間としての誇りをもって、

 生き残れ。

 

 

 ps:今年の年末30日、31日、1日、

 未来創庵をやります。

 これは、統合医療の愛好会でもあります。

 

 参加希望者は、

  時代の真相に対する理解を合わせるために、

  必ず、2016年11月20日の皆神塾DVDを見ておくこと。

  そして、ヌナト編の知識も、吸収しておくこと。

【お知らせ】『皆神塾(東京)』(11月20日開催)のDVDが出来上がりました!!・・・これは<必見です!!><絶対、見てください!!>

 11月20日に東京で開催した「皆神塾(東京)」のDVDが出来上がりましたので、ご案内させていただきます。 

「皆神塾」の最新のDVDです。ご期待に違わない内容となりました。
以下、レジメを添付させていただきますが、新井先生は、ホワイト・ボードもまったく使わずに、最初から最後まで、緊張感が途切れることなく、熱演を振るわれました。

内容も、レジメに沿ったもので、米国の大統領選をうけてのもので、大変タイムリーなものとなっています。
本年の皆神塾のなかでも<超おすすめ>の<必見>DVDです。これは、<絶対に見てください>!!


テーマは、『トランプ勝利は、「戦後世界」の完全終了の合図』ですが、米国の大統領選が大方の予想とはまったく逆の結果となりましたので、皆さんも驚かれていると思います。 世界は今までとはまったく違った形になる可能性が高くなりました。 

これからの米国はもちろんですが、世界がどのようになるのか、ぜひ、新井先生の解説をご覧になってください。 このDVDをお求めいただき、ぜひ内容をご確認ください!!

テーマは『トランプ勝利は、「戦後世界」の完全終了の合図』す。 ぜひ、早めにお求めいただいてご覧ください。

販売価格は、12月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 

全編で、2時間11分(144分)のDVDです。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp  
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。

次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→瓊音ショップ」

「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

テーマ:『トランプ勝利は、「戦後世界」の完全終了の合図』~「稲の根本にあてた鎌」は、日本の統治体のみならず、人類文明まで組み替える~

レジメ:

1) イルミナティー「大パーティー」で、計画された大どんでん返し
   道義と皇居の狸  FRBの本当の主人と憑依した悪魔   弱みとなったヒロヒトの真実
  
2) 2つのポイント  マイケル・フリン証言と、天皇の意思 

 2012年8月12日付「米国防衛情報機関の報告」が中央司令部やCIA、FBI、国務省、国内の治安に関連する機関に配布。 アメリカの情報機関が2012年初め、イラクでのISIS出現を予想していたが、それを 脅威とせず、アメリカにとって戦略を持ったグループと位置づけた。→  安倍政権の誕生の裏に
2013年 米中会談  ロックアーンG8でプーチンがシリア懸念 日本は葛西路線 梅下村塾   
2014年 ソチ五輪  クリミア併合  ISIS活発化  尖閣についで南沙で緊張 
2015年 陛下「70周年談話」「稲の根本」   AIIB  フランシスコ「真に実在する神」演説
2016年 プーチン「イルミナティーの撲滅」宣言

3) 2016年日本での処理   半島系人脈の「恨」
   イカヅチの死  ムヒカ  田母神の排除  熊本地震  伊勢志摩サミット  広島オバマ宣言 

4) 外務省が仕組んだ「南沙の仲裁裁定」と、良識派による「生前退位」報道
   参議選と都知事選挙  小泉の涙  二階が幹事長に  前原が小沢に接近 

5) 杭州G20 と 15年目「911」でヒラリー受難
  メール問題 トランプ「1% 対99%」を打ち出す  内閣府が地震のGC発表  

6) 戦争屋消滅に新世代王族の周到さ  日本変革に新潟県知事選挙   
   人民元SDRと、江沢民派(ヒラリー)の完全排除
  プーチン=習近平=トランプの連携  裏にいる総指揮官は?
  
7) CSISグリーンは、「青菜に塩」 日本にいる手先どもをジクジク追い込む
   トランプ当選の直後に経団連にハッカー  戦争屋に勝手に爆発させない
   シンゴジラを飼いならす   日本会議のオバカを世界にさらす   フクシマはそれから

8) 新自由主義グローバリズムの終わり  フラワーオブライフと、日本の石「ヒスイ」
   YHWH型からMITRA型に マネーは何のためにあるか?   「マトリックス」と無給大統領 
   巨大戦費をイノチとインフラ産業復興に   AIIB   セレブにクリスマスはなくなった 

161120_皆神塾・東京.jpg

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。

次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→瓊音ショップ」

「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》  

今「五輪ファシズム」。「良識の声」は2013年夏は多数だった。内外で糾弾の動き強まる。by村田光平。

 

多方面への発信メッセージ 2016年11月27日

皆様
 
 朝日記事(こちら)で紹介された「反東京オ リンピック宣言」の冒頭部分で、鵜飼哲一橋大教授が(1)2012年8月銀座で行われた女子サッカーチームの凱旋パレードは反原発運動から人々の耳目を逸 し、五輪招致に向けて都民の支持率をアップさせるというメディアの動員戦略が働いていた(2)2013年の夏にはどう考えてもオリンピックどころではない という「良識の声」が世論の多数派であった云々と述べ、東京五輪が原発問題と表裏の関係にあることを論証しております(こちら)。反論の余地はありません。
 この期に及んで原発を稼働し処分不能の放射性廃棄物を増やすことの罪深さを糾弾する動きは内外で確実に強まるものと思われます。
 ご理解とご支援をお願い申し上げます。
 
村田光平
(元駐スイス大使)

オバマもプーチンも習近平も、安倍晋三には、なんら手柄をあげないでしょう。

  全部、失敗の安倍政権。  特に、TPPの件は、大恥です。

 しかし、今、日本の国会議員たちは、TPPの受け入れで、その見返り(補償)に設定された利権の維持が最優先で、 日本未来を、まるで考えていません。

 政府が、好きなことをやるのだから、それによって、損失を被る俺たちに、「誠意をしめせ」。

 これが、日本の政治なのです。

 そして、一たび、金をやると表明したら、とことんその金にこだわり続ける。

 今、安倍は、大慌てで、中国との関係改善に向かおうとしています。これは、経済界からの要請です。

 しかし、これまでの安倍政権の4年間を見て、そのやり口はとても信用できないと、習近平も李克強も考えているでしょう。戦争屋の仕掛けにまんまと嵌り、自分で、自分にとって都合のいい事態を勝手に妄想し、その妄想を信じる仲間に金ばらまいて、メデイアをコントロールして、中国敵視政策をすすめてきた。

 この姿勢を、改めることができるのか?

 その試金石は、「生前退位」に対する、「政府の扱い」にみてとれる、と感じているでしょう。

 安倍本人には、日本会議の歴史観が妄想であり、彼らの日本文化理解が如何に浅薄であるか、それを、急速に学んでほしいものですが、その可能性は、限りなくゼロに近い。

 ただ、これが、アメリカからの声だと言われれば、すぐに、「ハハー」となるのも、また、安倍晋三だ。過去に自分が何を言ったのか、なんて、全く関係なく、その場その場で、自分のご主人様に、言われれば、それに従うのみ。そして、新しい、「理解」、すなわち、「上意」を、自分にまとわりつくものに、従わせるのみ。

 この点、安倍自身が自分の盟友だと勝手に考えていたロシアのプーチンは、より明確なメッセージを、安倍がトランプに会う前に出した。11月16日、これまで、対日経済交渉の担当窓口でもあった、ウリュカエフ経済発展相を解任した。この人物の日本側のカウンターパートが、今井尚哉秘書官だったのでしょう。

私の耳に、外務省でもなく、今井秘書官でもない人物が、安倍から呼び出された、との情報がありました。

安倍にとって、オバカ外務省が全滅し、最後の砦だった今井氏のルートも効力がなくなり、こうなると、日ロの領土交渉は鈴木宗男氏にすがるしかなくなりますが、この人物は来年3月までは議員にはなれない。

 自分で設定した12月15日がどんどん迫っています。さらに、来年1月20日に、トランプが就任です。

 この間、NYのトランプ詣でで、オバマの顔をつぶしているので、まったく、協力は得られない。

 自分が、何をしているのか、まるで見えていないのが、安倍お坊ちゃまの官邸です。

 

 プーチン、習近平、オバマにとって、さらに、メリケルやG20の、日本以外の各国首脳にとって、最大の問題が、ISISを育てた戦争屋であり、こことつながる政権や人間を、全部、改心させるか、取り除いていこうというのが、現在の人類社会の基本の趨勢です。

 FRBにこびりついた悪魔退治。特にこの悪魔は、ドルの信認性の維持に、イスラエルと日本を使いましたから、この両国に対する「矯正」と「糾弾」が、今です。イスラエルには、今、火事が起きていますね。この国は、もう、その存在価値がなくなるのでしょう。

 1897年の第一回の世界シオニスト会議を出発に、1948年5月14日に、古代イスラエルを復活させたユダヤ人国家として誕生したのが、今のイスラエルですが、 ここには、信仰上の崇高さもあれば、国際政治でのあくどさ、惨たらしさが同居していました。

 一方、日本国ですが、この国(統治体や文化主体)の出発はいつなのか、ここと、古代イスラエルとは、関係がないのか?

 今の安倍政権も産業界も官僚も、フクシマの被曝をきちんと見ようとしないので、なにをやっても、「勝手なご都合主義」の「妄想の世界」での遊戯になります。 安倍本人が、もう、これまでのやり方では駄目だと、目を覚すことができたとしても、はて、今の、国家体制大好きの一般国民が、すべてを変える決意があるでしょうか? 

 プーチンは、アメリカに戦争屋が主導権を持っているときは、日本を引き付けるという意味で、安倍の思惑に対し、「いい感触」を経済発展相に囁かせていたかもしれません。

時間が進めば進むほど、被曝被害が深刻になり、オリンピックどころではないとの声が、大きくなります。 

 安倍はすでに、詰んでいます。 が、それでも、総理を続けます。

 選挙で、自民を勝たせることになったほど、野党がだらしないからでした。

 だらしないというのは、「直ちに影響はない、という時期が終わった」と、真剣に言い出せなかったことです。

 

【お知らせ】12月4日(日)は好評のシリーズ「地球史からみた天皇誕生!!」の第4回目です!!

12月4(日)は 新井信介先生の好評のシリーズ『地球史からみた天皇誕生!!』の第4回目の開催です!!

「テーマ」や「内容」につきましては、改めてご案内させていただきますが、開催要領を以下ご案内させていただきます。 

なお、講演会は古代史が中心ですが、終了後の懇親会では、皆神塾と同様に時事なども含めてお話させていただきます。先日の皆神塾(東京)に参加できなかった方もぜひご参加ください。

参加をご希望の方は、お席の関係もございますので、出来るだけ事前に末尾の「連絡先」までご連絡ください。また、次の「FAX申込書」をプリントしていただきFAXでお申し込み頂いても結構です。

 

「地球史からみた天皇誕生FAX参加申込書」→ 161204_地球史からみた天皇誕生_参加申込書_FAX用紙.pdf

 

尚、講演会終了後に「懇親会」を予定しております。「懇親会」は「事前予約制」となりますので、参加希望の方は講演会と合わせてお申し込みください。

懇親会の参加費は「3500円」(中華の飲み・食べ放題)です。 

 

   12月4 (): <東京で開催>   

         場所:         東京都港区三田2-14-8 2F会議室   TEL090-5804-5078 (室伏)

        時間:    14時か~17時  (終了後、懇親会開催予定)

     地図→ 160626_地図_田町.pdf

        参加費:  3500円  (瓊音倶楽部会員の方は2500円)    

        最寄り駅:

        JR山手線・京浜東北線 田町駅 西口徒歩5分/ 都営浅草線 三田駅 A3出口徒歩4分

         都営三田線 三田駅 A8出口徒歩4

       (注1)会場までの道順については、次のリンクをご参照ください。→160626_地図_田町.pdf

       (2)会場の前には道路に面して駐車場の大きなマーク「P」があります。

       そのすぐ後ろの階段を2階へ上がってください。

 

(注)上記の講演会にご参加を希望される方は、会場の都合もございますので、出来れば、事前に以下の連絡先まで、ご連絡ください。 

また、「懇親会」は「事前予約制」となります。講演会とともにお申し込みをお願いいたします。

また、次の「FAX申込書」をプリントしていただきFAXでお申し込み頂いても結構です。

 

「東京:地球史からみた天皇誕生!!」 → 161204_地球史からみた天皇誕生_参加申込書_FAX用紙.pdf

 

連絡先     株式会社K2          室伏昭昌

                     事務所:    03-3548-1025          携帯: 090-5804-5078     FAX03-3548-1026

                     E-mail    akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F      

 

 

『地球史からみた天皇誕生!!』は今回で4回目ですが、第1回から第3回のDVDは好評発売中です!!》

 

詳細は次のリンクからご覧ください。「瓊音ショップ」では、クレジット・カードもご利用いただけます。→ 瓊音ショップDVD」

 

『地球史からみた天皇誕生!!(第1回』

160626_地球史からみた天皇誕生.jpg

 

『地球史からみた天皇誕生!!(第2回)』

160828_地球史からみた天皇誕生.jpg

『地球史から見た天皇誕生!!(第3回)』

161016_地球史からみた天皇誕生.jpg 

 

マイケル・フリンと、天皇「70周年談話」と御製「稲の根本・・・」に触れないすべての言説は、ゴミ。

 11月8日の米国大統領選挙は、 人類の経済活動のダイナモを大転換させる、一大エポックでした。

 それは、地球中に工作員を張り巡らした戦争屋CIAの、その大本を処分する、一大事業でした。

 悪魔は、いつも、天使の顔をかぶってやってくるのですが、

 2012年、戦後のFRBの米ドルが、もう、持たないというときに考え出されたのが、より激しい破壊の「戦乱」でした。「自由」「民主」で独裁反対をいうだけではたらず、通貨米ドルと、FRBの仕組みを維持するという使命をいいながら、リビアに続いて、シリアから、金塊(ゴールド)を強奪し、混乱を広めるものでした。それに使われたのがフセイン失脚後のイラクのスンニー派の拠点に、より過激なイスラム原理主義を掲げるISISを作り出すことでした。 これは、オバマではなく、国務長官ヒラリーが管轄するCIAの直轄案件でした。

 アメリカの国運(実際は、金融資本家の命運)をかけた、大謀略が始まります。もちろん、世界中のメディアがそれに巻き込まれ、各国のパワーエリートは背景を深く考えず(中には承知して)、進んでそれに乗ります。

 この謀略を見抜いて、報告書を挙げたのが国防情報部のマイケル・フリンでした。 しかし、フリンは外されます。メデイアは、一斉にシリアのアサド政権を攻撃し、反政府軍に肩を入れ、アメリカの爆撃が近い、と報道しますが、プーチンと話したオバマ本人は、シリア空爆に着手する直前に、「議会」を持ち出して、空爆はしなかった。このとき、議員には、フリンの報告が読まれていたのでしょう。

 しかし、日本の外務省はヒラリーたちの戦争路線をもろ手を挙げて歓迎します。特に、ここぞとばかり喜んだのは三菱重工であり、さらに、原発事故の被害実態を隠したい経産省と産業界全体です。その中心に、安倍総理とのパイプとなったJR東海の葛西氏がいました。思慮の浅い、安倍氏は、外務省と葛西氏からいわれるままに、尖閣に続いて、南シナ海に出てくる中国を叩きのめそうと強気になります。戦争屋にすれば、これほど、使いやすい人間はいないのでしょう。

安倍は、アメリカの思惑(ジャパンハンドラー情報からの洗脳)を借りて、ISIS内に独自のパイプを作ろうとして、NSAを設け、特定秘密保護法まで作りました。

こうした中で2014年4月、オバマが来日し今上陛下に会いました。安倍政権が、アメリカのどことつながって、何をしようとしているのか、陛下は十分にご承知だったことでしょう。

日本の皇室は、戦後秩序の出発となったブレトンウッズ体制の成立ときわめて密接な関係があります。それは、昭和天皇がもつ、国際金融での莫大な権限に由来します。今の陛下は、現在の日本国憲法で、日本国家から自身に与えられた「権能」を、きちんと学ばれ、なぜ、このような憲法ができたのか、先帝とともに、そこに至った悲劇の実際と、現状での国際金融の仕組みを、当然ながら、ご存じのはずです。

そして、1972年2月のニクソン訪中後に、田中角栄と大平正芳が訪中して「日中国交回復」し、さらに、1978年10月23日、福田赳夫時代に、日中平和友好条約が締結されたことの意味も。

しかし、北京政府を一貫して敵視してきたのは、台湾の蒋介石の肩をもつ岸信介で、それが、安倍晋太郎の清話会です。その中に小泉純一郎がいます。その懐刀が日米「2+2」会議を始めた町村信孝氏でした。

 ヒラリー一派が、ISIS謀略を組み立てるときには、どうしても、このラインが必要だったのです。

それが、現在の安倍晋三です。 そして、小泉内閣以来、ジャパンハンドラーがCSISです。しかし、その主要メンバーのマイケルグリーンやジョセフナイは、日本ではメディアでは神のごとき扱いでしたが、尖閣問題で、自分が日中の仲介をすると北京に乗り込んだときには、「そもそも、あんたらは、地位が低すぎる」と李克強から指摘され、そのあと、習近平が渡米し、オバマと二人きりで、サシで話し合ったのです。

 オバマと習は、この戦争屋の謀略を知っていました。もちろん、プーチンも。

ただし、戦争屋は、単なるメデイアを使った情報戦だけではなく、真実をいう人間に対し、日本でも闇の人間を使って平気で暗殺を繰りかえす人たちなので、日本の政界では、安倍本人の本当に近い人でも、国家の本当の最重要事項を、誰も言わなくなりました。まして日本の政治は、戦後ずっと、低次元の「政治とカネ」の問題と、支持団体への国家マネーの予算取りという「分捕り」だけが、メディアが取り上げる話題でした。

 安倍は、この次元の国会での政争が、現実世界の「政治」だと、単純に考えていたのです。 

 この中で、森クンがスポーツに関しては、自民党のすべての政治家と、官僚を抑えられる、清話会の長老となり、明治神宮外苑の土地の地上げをもくろむ石原慎太郎と組んで、巨大利権を求め、オリンピックの招致に息まいたのです。そこには、もちろん、フクシマの被曝被害隠しと首都圏の土地価格の維持があります。彼らにすれば、猪瀬も舛添も、「お上洗脳」大好きな国民向けの目くらましの、単なる手ごまでしかなかったのです。

 ・・・・・・・・・・・・

 野党がフクシマの実情をきちんと追求できないまま、日本政治がますます、くだらない次元の話になって、安倍は、自画自賛の「美しい国」で、中国包囲網を、南沙問題に、オランダのハーグの「仲裁裁定」で決定打にするつもりでした。それを、どんどん後ろからせっついていたのが、アメリカのヒラリー一派でした。

 それが、陛下の「生前退位」報道と、小池都知事の登場に、続いて、 トランプの勝利で、 

 今、完全に、なくなってしまった。 

 あの、マイケル・フリンが、アメリカの安全保障担当補佐官になることが決まった。

TPPはトランプはやらない。新自由主義グロ-バリズムなら、 操作された「緊張とその緩和」で、為替・通貨・債権・商品で、いくらでも、マネーを作ることができるが、 これらは、何も、現実に「いい実態」を作らない。

 マネーという、エネルギーを、誰もが望む、いい現実の実態そのものに変える。

それが、もともと、ブレトンウッズ会議での「米ドル基軸」体制を始めたときの本来の意味だった。あのときは、マーシャルプランがあった。ほかに、多くの資金が、導入されて、戦後、復興の道ができた。

これを、今、巨大な経済体のある中国が、AIIBをつくり、人民元のSDRをもった。 一方、日本円も、SDRを持っているものの、今、国内での需要が、まったく冷え切って、マイナス金利にまでなっている。

 さて、 ここからどうするのか?

アメリカの「悪魔的な資本家がいなくなった」と考えれば、まじめな「雇用づくり」=現実つくりを考えればいい。

今の日本・中国・東南アジアにいる、「育成」型のマネーをもつ資本家との大連携を考えればいい。

日本に憧れる外国人は多いが、まず、放射能と、きちんと向き合わない限り、政府間では、本当の意味での、信頼関係も生まれないでしょう。

 東京オリンピックを、東アジア全体で開催するのも、一案でしょう。

安倍には、「アンダーコントロール」といった嘘を全世界に謝罪し、さらに、中国北朝鮮への敵視政策を、早急に改めるしか、もはや、生き残る道はないと、私は考えます。  

「(...どうやって、この失態ごまかしたらいいのよ)」。いつまでメディアは安倍の肩をもつの?

 オバマの在職中に、ゴルフのドライバーを持って、トランプの私邸にいって、ご機嫌取り。

 TPP反対表明を、覆せるとでも思ったか?

 日本国内で、いつも、よいしょされて「ぼくちゃん、偉い」が、そのまま、海外でも通用すると思ったか?

 何せ、「ぼくちゃん、みんなに、金ばらまいているから」と。

 

 しかしトランプは、アメリカ立て直しに、無給で大統領をすると。

 一方、安倍は、権力で、国の金を配ることで、政界も、官僚も、経済界も 、メディアも味方につけた。

 それしか、知らない、未熟低能。 リオの閉会式では、スーパーマリオだったね。

 フクシマをごまかして、国民を殺しまくって、まだ、オリンピックだという、この醜態。 

 

 嘘と赤っ恥の安倍政権

  http://s.ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12222165587.html

 

 それでも、まだ、日本の検察は動かないの?  司法も、みんな、安倍一派なの? 

 

  赤っ恥の安倍ちん。  スーパーマリオは、どこにいった?

 司法は、動かないの? 

斡旋収賄疑惑の甘利明、白紙領収書問題の高市早苗、稲田朋美、菅義偉。政治資金規正法違反疑惑の下村博文。安倍政権下では、閣僚は何をやってもお咎めなしだ。日本はもう法治国家の体をなしていない。
【下村元文部科学相を不起訴 東京地検特捜部】

 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161122/k10010780621000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_006 

 

 

安倍、新三本の矢。

TPP → 当のアメリカにハシゴ外される。
北方領土返還 → 窓口にしていた男が収賄で逮捕。
原発輸出 → ベトナム「白紙撤回」

安倍「(……どうやってこの失態を誤魔化したらいいのよ)」

  12月15日、下関では、さらに、大恥になるけど、

     いまさら、止められない。   

テレビが、訪日中国人客のマナーが改善していると・・・。

 昨日の地震以来、メディアが少し変わりだしています。

 朝のTBSの番組で、忍野八海に来ている中国人が、行儀がよくなり、池にコインを投げ入れなくなった、と。

 その背景には、中国政府の指示で、

 「日本でもめ事を起こした人間はネットで実名をさらし、以後、パスポートを発行しない」と。

 

中国は、2012年9月11日に、当時の野田首相が尖閣を国有化したあと、中国で、暴力的なデモが起きたこととの、正反対の反応ですね。

 東アジアに限らず、人間が住む地上で、経済再建、社会の不安を解消をするには、

まず、戦争や紛争、緊張を消し、 衣食住を安定化させ、安心して、生きていける環境を最優先に作ること。

そのなかでも、 まずは、 中国語でいう、「暖・飽」 ですね。

 寒さをしのいで、 おなか一杯、食べれること。

これが、すべての政治の基本。 生存に直結するからです。

 

これを、マネーの支給で行おうとするから、どんどん不正が出る。 変な議員と、せこい役人が、不正の温床。

本来、生存を保証するものは、現物支給の仕組みを、 地域社会で作るのが一番いい。

そして、社会の構成員として、誰もが一定の「役務」をする。これを、「税」でマネーを絞るというやり方だけだと、またまた、問題が出る。

こうした、生きることに、単純な基礎事項から、今と未来を考えるのが、一番いい。

しかも、 フクイチダダモレの現代では、 そこでも、何を食べさせるか、で、この国には、大問題がある。

 

何事も、 「上に政策あれば、下に対策あり。」

 対策とは、常に、自分で考えるもの。

 

それにしても、ヒラリー一派と一緒だった、日本のパワーエリートたちは

何をどうしていいのか まるで分らないのでしょう。

自分自身の身に、何が起きるのか もわからないでしょうし。

 

こんな時は常に 天地の摂理に戻ること。

日本の本当の良さ(これは、一言でいえば、思いやり=「仁」)の、体現者でいたい。

マネーを追うのではなく、 いい実態、信頼しあった関係性の構築を、最優先していたい。

政府や御用学者・御用評論家が、騒ぐときには、その裏に何があるか、 しっかりと、見極めて。

 

地震の起きた今日は、「ニギハヤヒのお弔い」、広隆寺「太子堂の開扉」の日だった。

  

朝から、「高い所へ逃げなさい」という、NHKの放送。

11月22日は、日本の皇室に伝わる「ニギハヤヒのお弔い」の日であり、日本を再生させる意思=クニトコタチが出てくる、

と言っていたのですが、アレマ、それに近いメッセージを持つかのような、地震が福島沖で起きた。

これまで、生命の危機を言わず、マネーと「オリンピップ開催」とを騒いでいたマスメディアが一斉に、変わった。

さらに、その動きに抵抗するかのような、嫌がらせもあった。長野市役所には、メールで、爆弾の脅しが来たという。

 

日本国内で、大きな、抗争が始まっているのでしょう。

 

 私は、20日の皆神塾で最後に、今回のトランプの登場で、 イルミナティーたちは、

  マネーの性質が、 富の略奪型  から  富の育成型に、変わる。

  マネーの存在が、マネーそれ自体が富として、追いかける過剰流動性(数字の富) から 

   人間社会を動かすエネルギ^-としてのマネーを、現実の豊かさの実体に変える、実体創出性に、

   切り替えていく方針だろうと、最後に話しました。

 

 マネーは、人間社会での、あくまでも道具である。 

 神に対する理解(宗教)も、道具だったが、これは、昨年、フランシスコが、答えを出した。

 で、問題は、国家=統治体=ネイションステイト。

 自分で、 自分の国を造る。

 

 ペルーでは、安倍は、物笑いの種だった。  

 より激しい地震は、どんな意図をもって、いつ、起きてくるのか?

 

 マネーを追うな。 イノチの実態(生命間の繋がり)を追え。

 

 マネーがなくても、十分に素敵な実態を創っていた時期が、 この日本列島には、あった。

 それは、カマタリが日本に来る前までの時代。 ヒスイの勾玉が、人間同士の信頼を繋げていたのだろう。

 ニギハヤヒ。  いまだったら、 SNSでのクラウドファウンディングが、これに、近いかもね。

 

【お知らせ】12月は「皆神塾(九州)」を開催します!!・・・12月10日「福岡」:12月11日「熊本」です

 12月は、福岡と熊本で『皆神塾(九州)』の開催です!!

本日も福島沖で地震が発生するなど奇妙な動きが見られます。かねて新井先生は11月22日は「国之常立神」が現れる可能性がある、と言ってきたのですが、きょうの地震はそれと関係があるのでしょうか?また、先日の「皆神塾(東京)」では、「トランプ勝利は、「戦後世界」の完全終了の合図」ということでお話をさせていただきましたが、これから世界がどうなっていくのか?ぜひ、「皆神塾(九州)」にご参加いただき、新井先生のお話で確認してください!!

尚、「福岡」「熊本」両会場とも、講演会終了後は「懇親会」も開催させていただきます。  

いずれの会場も、お席の関係がございますので、出来るだけ事前にご連絡・お申し込みをお願いいたします。

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                    事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F 

お申し込みには次のリンクからFAX申込書もご利用いただけます。→160806_0807_皆神塾・九州_FAX参加申込書.pdf 

 

<『皆神塾(九州)』の日程>

 

1210日(土) : 「皆神塾」 <福岡・博多で開催>  

   場所: 福岡市中央区天神1-10-17 西日本ビル

   時間: 14時から17時くらいまで 

 

  (注)講演会終了儀に「懇親会」も開催します。料理は、「和食のコース料理」(フリードリンク付き)で、参加費は「5000円」です。(糸島産の鮮魚と旬野菜をふんだんに使ったお店です!!)

 

  「講演会」ならびに「懇親会」のお申し込みには、次のFAX申込書もご利用いただけます。→ 161210_1211_皆神塾・九州_FAX参加申込書.pdf

 

(注)「講演会」の参加費は「3500円」。瓊音倶楽部会員の方は「2500円」です。

 

1211日(日): 「皆神塾」 <熊本で開催> 

   場所: くまもと県民交流館パレア
         熊本市中央区手取本町
89号  TEL096-355-4300

   時間: 14時から17時くらいまで 

 

  (注)講演会終了後に「懇親会」も開催します。会場は、いつもの「Princess」で、参加費は「2000円」です。

  「講演会」ならびに「懇親会」のお申し込みには、次のFAX申込書もご利用いただけます。→161210_1211_皆神塾・九州_FAX参加申込書.pdf

 

(注)「講演会」の参加費は「3500円」。瓊音倶楽部会員の方は「2500円」です。

いずれの会場も、お席の関係がございますので、出来るだけ事前にご連絡・お申し込みをお願いいたします。

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                    事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F    

 

【お知らせ】11月6日に開催した講演会『日本書紀に書かれた宇治』のDVDが出来上がりました!!

2016年11月6日に開催した講演会『日本書紀に書かれた宇治』のDVDが出来上がりましたので、ご案内させていただきます。

「宇治」は以前にも「古代史ツアー」を開催させていただき、好評をいただいている「日本史の核」となる重要な場所です。今回は、その「宇治」が日本書紀でどのように記載されているかを語ったものです。

全編で2時間57分(177分)の長編DVDです。

<レジメ>

1) 日本書紀とは? 成立年代 内容。 古事記との違い。   
真実を伝えているか?
中国の史書との関連

2) 宇治が最初に出てくるのは?  「国産み」「国譲り」 ・・・莵道彦とは? 

武内宿禰「内能阿曽」:
『紀』:景行天皇、屋主忍男武雄心命と、菟道彦(紀直遠祖)の女の影媛との間に生まれた。
孝元天皇紀[、孝元(第8代)皇子の彦太忍信命を武内宿禰の祖父とする。
『記』:孝元の皇子の比古布都押之信命(彦太忍信命)と宇豆比古(木国造)の妹の山下影日売との間に生まれた。
孝元の皇孫。
  卑弥呼は、道教の巫女。許黄玉。(鏡と剣) 
   画紋帯神獣鏡 三角縁神獣鏡  方画規矩四神鏡  金銀錯嵌珠龍文鉄鏡  海獣神獣鏡

(垂仁時代)
 
天皇、於茲、執矛祈之曰「必遇其佳人、道路見瑞。」比至于行宮、大龜出河中、天皇舉矛剌龜、忽化爲白石。 謂左右曰「因此物而推之、必有驗乎。」仍喚綺戸邊納于後宮、生磐衝別命、是三尾君之始祖也。
「額有角人」「田道間守至自常世國」「勾玉」
  昔丹波國桑田村有人、名曰甕襲。則甕襲家有犬、名曰足往。是犬、咋山獸名牟士那而殺之、則獸腹有 八尺瓊勾玉。因以獻之。是玉今有石上神宮也。

3) 木幡嬢女 と 鏡山


額田王(万2-155) やすみしし 我(わ)ご大君の 畏(かしこ)きや 御陵(みはか)仕ふる 山科の   鏡の山に
   夜はも 夜のことごと 昼はも 日のことごと 哭のみを 泣きつつありて ももしきの大宮人は  行き別れなむ。
倭大后; 天の原ふりさけ見れば大君の御寿は長く 天足らしたり(万2-147)             
青旗の木幡の上をかようとは、 目には見れども、直に逢はぬかも(万2-148)
 
応神「到坐木幡村之時、麗美孃子」
  仁徳 「時有海人、齎鮮魚之苞苴、獻于菟道宮也。」

4) 宇治 莵道 の起源
   宇美と 淮南子の宇宙

5) 聖徳太子と宇治  敏達時代 

6) 白村江の戦いと 宇治  665年 劉徳高は、なぜ、宇治に来たか?

7) 伊勢と宇治の関係  二つの宇治橋 宇治の「神」威 が 伊勢に移った。

<概要>の詳細については次のリンクからご覧ください。→「日本書紀に書かれた宇治」

販売価格は、12月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   
次のリンクから「ぬなとショップ」でご購入いただきますと、クレジット・カードもご利用いただけます。→ 「ぬなとショップ」

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》  

161106_宇治.jpg

 販売価格は、12月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 


《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   
次のリンクから「ぬなとショップ」でご購入いただきますと、クレジット・カードもご利用いただけます。→ 「ぬなとショップ」

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

<補注>:

なお、今年2月に同じく「京都・宇治」で催行した2月に京都・宇治で開催した『瓊音・古代史ツアーin京都』のDVDも好評発売中です!!

全編で5時間40分の「2枚組み」長編DVDです。

「隠された京都の歴史」を探訪するということで、「日本(国・人)」の成り立ちの中心的舞台となった京都なかでも「宇治」を巡る1泊2日のツアーの内容を収めたDVDです。

DISC1では、1日目夜の新井先生の講義では、「日本国の誕生まで」というタイトルで、「ヘブライがどのように日本にを取り込まれたのか?」ということを解説していただきました。

また、DISC2では、各訪問場所での新井先生の説明を収録しています。2つある「許波多神社」や華僑が多く訪れる「萬福寺」の秘密とは? 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   
次のリンクから「ぬなとショップ」でご購入いただきますと、クレジット・カードもご利用いただけます。→ 「ぬなとショップ」

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》  

160229_古代史ツアー.jpg

【新井信介:2016年11月メッセージ】(2016年11月21日収録)

上記「11月メメッセージ」でも言及されている11月20日の『皆神塾(東京)』は大変好評裏に終了することができました。米大統領選挙終了直後の皆神塾ということもありますが、本年開催の皆神塾のなかでも大変重要な講演会となったと思います。 本講演会のDVDも販売を行う予定ですが、ご希望の方は「予約」を受け付けますので、ご連絡ください。 なお、販売価格は、12月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp    ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

周到に準備されたアメリカの政権交代劇。誰がしかけ、誰が喜んだ?

  一枚の写真。 17日、安倍晋三が次期大統領に決まったトランプと、NYのトランプタワーの私邸であったとき、そこには、娘夫婦以外に、もう一人重要人物(一番、右)がいた。 このことの意味を、日本のメディアは、まったく書かない。

それは、今回、トランプ新政権での安全保障担当補佐官に指名された民主党員のマイケル・フリン。  3A7F5C1

そして、17日、安倍がトランプと会う直前に辞任してオバマ政権を離れた男がいる。それが、クラッパー国家情報局長官

マイケル・フリンは、2012年8月に、オバマ政権のDIA(国防情報局)の副長官として、後にISISになるイスラム過激派に、アメリカの関与があると報告し、そのあと、免職になった。

そして、2012年秋、ISISの芽が育っていく中、日本では、当時の野田首相が、国会の党首討論でいきなり、衆議院の解散をいいだし、統一教会が総動員されたインチキ選挙で、この年の年末に安倍政権が誕生した。

 NHKの経営委員が変わり、JR東海の葛西路線になった。日本版NSAがすぐに構想され、特定秘密保護法が準備されだす(この法案は、2013年12月に成立)。 

2013年6月には、習近平とオバマがカリフォルニアのパームストリングスで、直接、会い、さらに、イギリスのロックアーンで開かれたG8では、安倍がまったく蚊帳の外で会談が進む中、プーチンがアサド支持をいい出し、オバマは帰国後、シリアへの爆撃を「議会の決定マターだ」として結局、実施しなかった。

2014年4月、オバマは天皇にあった。明治神宮に向かったが、そこには安倍を同席させなかった。

そして、天皇は、2015年の元旦に70周年談話で「満州事変から・・・」、歌会始では「稲の根本に・・・」

 ISISが猛威を振るう中、日本の若者二人が殺される映像。こうした中、アメリカ発の情報は、だれが出していたか?そのインチキを知っていたのは、誰か?

 NYの不動産事業で、3度の倒産を乗り越えて、またまた財産を作っていたトランプが、進んで共和党の党員になって大統領候補になり、2016年にはいると、そこに民主党員だったマイケル・フリンが参謀にはいった。

 ヒラリー陣営が何をするか、ISIS誕生の秘密を知る人間は、手に取るように分かっていたのでしょう。

しかし、ヒラリー勝利は絶対だと考えていたのは、日本の安倍政権と経済界です。安倍に指令を出すジャパンハンドラーが日米間のメディアを全部抑えていたからです。それが、「911」でヒラリーが受難しても、偽者が登場しても、日本の外務省は、その裏にある意味を洞察できなかった。 ただこのとき、元外務大臣だった民進党の前原が、小沢一郎にすり寄りだした。

 で、トランプ勝利が決まった時、オバマは、ニコニコしながらトランプを出迎え、「トランプ氏の成功を応援している」と。そのとき、ホワイトハウスのスタッフは、どんな顔をしていたでしょうか。

 

 今、リマのAPECで、安倍はトランプにあった首脳として、人気者だとか。

 実際は、「アチャー、ご主人様が、ひっくり返ってしまった」と、大慌てで駆けつけて、そこには、

「おい、わかっているよな」と、 マイケル・フリンが控えていた。

こうした流れを、全部、お見通しだったのが、オバマと、そして、あのお方だったのでしょう。  

ヒラリーと戦争屋一味を追い詰めた3人衆が入閣。トランプ新政権。

 写真と記事は、AFPから。 ありがとうございます。

 トランプ氏、新政権3職に強硬派 司法・CIA長官と安保補佐官

 写真はトランプ新政権で、中央情報局(CIA)長官、大統領補佐官(国家安全保障担当)、司法長官にそれぞれ指名された(左から)、マイク・ポンペオ氏、マイケル・フリン氏、ジェフ・セッションズ氏(20161118日作成)。(c)AFP/STF

1119 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領は18日、司法長官に移民受け入れ反対派で超保守派のジェフ・セッションズJeff Sessions)上院議員(69)、中央情報局(CIA)長官にイラン核合意反対派でタカ派のマイク・ポンペオMike Pompeo)下院議員(52)をそれぞれ指名すると発表した。トランプ政権の閣僚人事の公表は初めて。

大統領補佐官(国家安全保障問題担当)には選挙戦早期からトランプ氏を支援し、同陣営の軍事顧問を務めたマイケル・フリン(Michael Flynn)元陸軍中将(57が指名された。

3氏の起用は、トランプ氏が極右派の立場に寄り添う方針であることを示唆するものとなった。政権移行チームが発表した声明によると、3氏はいずれも指名を受け入れたという。

CIA長官に指名されたポンペオ氏はカンザス(Kansas)州選出の下院議員。2012年にリビア・ベンガジ(Benghazi)で発生した米領事館襲撃事件で、当時国務長官だったヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏による対応を厳しく批判する報告書をまとめた議員の一人だ。

 国家安全保障問題を担当する大統領補佐官に指名されたフリン氏は民主党員だが、イスラム過激派に対する強硬路線を主張し、大統領選中にはトランプ陣営で国家安全保障問題の主要顧問を務めた。新政権では、政治家や外交政策の経験がないトランプ氏の政策立案に重要な役割を担うことになる。フリン氏の指名は上院の承認を必要としない。

一方で、司法長官に起用されたセッションズ氏の指名は承認を受ける必要があり、過去のスキャンダルが障害になる可能性がある。

 アラバマ(Alabama)州選出上院議員のセッションズ氏は1980年代、人種差別的発言によって連邦判事任命の機会を失ったことがある。1986年には、アフリカ系米国人を弁護していた白人の著名弁護士に対し「自分の人種の面汚しだ」と発言。また、白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン(KKK)」に所属する人々について「大麻を吸っていたことを知るまでは、自分にとって問題はなかった」との冗談を言ったとされる。(c)AFP

 ・・・ 

【お知らせ】明日(11月20日)の『皆神塾(東京)』の「レジメ」が出来ました!!

 明日(11月20日)の『皆神塾(東京)』の「レジメ」が出来ましたのでご案内させて頂きます。

講演会はまだお席がございますので、ぜひ、ご来場ください。「開催要領」も以下あわせてご案内させていただきます。

<テーマ>: 『トランプ勝利は、「戦後世界」の完全終了の合図 

~ 「稲の根本にあてた鎌」は、日本の統治体のみならず、人類文明まで組み替える。』

<レジメ> 

1)  イルミナティー「大パーティー」で、計画された大どんでん返し

   道義と皇居の狸    FRBの本当の主人と憑依した悪魔    弱みとなったヒロヒトの真実  

2)  2つのポイント  マイケル・フリン証言と、天皇の意思

  2012812日付「米国防衛情報機関の報告」が中央司令部やCIAFBI、国務省、国内の治安に関連する機関に配布。 アメリカの情報機関が2012年初め、イラクでのISIS出現を予想していたが、それを  脅威とせず、アメリカにとって戦略を持ったグループと位置づけた。→  安倍政権の誕生の裏に

2013年 米中会談   ロックアーンG8でプーチンがシリア懸念   日本は葛西路線   梅下村塾   

2014年 ソチ五輪   クリミア併合   ISIS活発化   尖閣についで南沙で緊張 

2015年 陛下「70周年談話」「稲の根本」   AIIB   フランシスコ「真に実在する神」演説

2016年 プーチン「イルミナティーの撲滅」宣言 

3)   2016年日本での処理   半島系人脈の「恨」

   イカヅチの死   ムヒカ   田母神の排除   熊本地震   伊勢志摩サミット   広島オバマ宣言  

4)   外務省が仕組んだ「南沙の仲裁裁定」と、良識派による「生前退位」報道

   参議選と都知事選挙   小泉の涙   二階が幹事長に   前原が小沢に接近  

5)   杭州G20 と 15年目「911」でヒラリー受難

   メール問題    トランプ1% 対99%」を打ち出す   内閣府が地震のGC発表   

6)   戦争屋消滅に新世代王族の周到さ   日本変革に新潟県知事選挙   

   人民元SDRと、江沢民派(ヒラリー)の完全排除

プーチン=習近平=トランプの連携   裏にいる総指揮官は?  

7)   CSISグリーンは、「青菜に塩」   日本にいる手先どもをジクジク追い込む

トランプ当選の直後に経団連にハッカー    戦争屋に勝手に爆発させない

シンゴジラを飼いならす   日本会議のオバカを世界にさらす   フクシマはそれから 

8)   新自由主義グローバリズムの終わり   フラワーオブライフと、日本の石「ヒスイ」

   YHWH型からMITRA型に   マネーは何のためにあるか?   「マトリックス」と無給大統領  

   巨大戦費をイノチとインフラ産業復興に    AIIB    セレブにクリスマスはなくなった 

<開催要領>:     

   日時:           2016年11 月20 (日)  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)

                 (注)開場は1330分です。

 

場所:         東京都豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F  TEL090-5804-5078 (室伏)

(注)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。 → 151115_地図_池袋会場.pdf

 

最寄り駅:

JR山手線 池袋駅 東口 徒歩5

有楽町線 池袋駅 35番出口 徒歩3

丸ノ内線 池袋駅 35番出口 徒歩3

JR湘南新宿ライン 池袋駅 東口 徒歩5 

 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 

 会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。 

 

尚、講演会終了後の「懇親会」は、「事前予約制」で人数限定にて開催させて頂きます。懇親会では、新井先生とゆっくりお話できるようにさせて頂きます。

懇親会は、皆神塾会場近くのスペイン料理のレストランで、飲み放題付きのコース料理で、会費は「5000円」となります。参加を希望される方は、講演会への参加と一緒にお申し込みください。

懇親会への参加を希望される方は、お席があとわずかとなっていますので、お早めにお申し込みください。

 次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。→ 161120_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F    

あれぇーっ「陛下のお言葉は神の御言葉」・・・この信条が日本の国士、愛国者じゃなかったの?

  ① どしがたい、大バカばかりの日本会議。

  (日本を建国した)神武天皇が実在という歴史書を書くんだって。

  http://lite-ra.com/2016/11/post-2707.html

 ② なんで、日本の国士たち(真正右翼)は、

  陛下の望む「生前退位」を、認めないという、思い上がった人間に、天誅を下さないのでしょう。

  天皇の存在を、自分にとって都合のいい「お飾り」にしているのは、誰か、はっきりしましたね。

  時間がないので、ここまで。

 ③ トランプとあった安倍晋三ですが、 アメリカの新政権が動き出すのは、完全に戦争屋の残り火をけしたあと。

   さて、どんなことが起きるのでしょう。   

 20日に会いましょう。

 

拝啓 経団連 榊原定征会長殿 地球の核汚染は悲しいかな・・・・ from 村田光平 

http://kurionet.web.fc2.com/keidanren20161117.html から

経団連 榊原定征 会長 

                                     平成28年11月17日

                                   村田光平(元駐スイス大使)

 

拝啓
 
 12日、発出した英文発信文をお届けいたします
(こちら)
 
 トランプ次期大統領の選出に関する所感を含むDr.Scilla Elworthy氏宛返信の要点は下記の通りです。
 なお、Dr. Elworthyはノーベル平和賞に3度ノミネートされた平和活動家です。同氏は私の唱える母性文明の理解者で、3年前に女性の地位向上を目指す「Rising Women, Rising World」を起ち上げております。
 同氏より福島第一1号機の建屋の撤去が完成し青天井となったことに懸念を伝える下記掲載の記事(ホームページに委ねます)が寄せられました。

1. 福島からの放射能流出による地球の核汚染は悲しいかな止めることが出来ない。

2. ご指摘の英国のメディアのみならず、世界の主流は福島の核災害を無視し続けている。世界の主流は未だに核エネルギーに執着しているが、トランプ次期大統領の誕生は既に始まっているこの主流の変化を決定的に深めることとなった点で評価される。

3. 米国での政権移行を受け入れられるものとするために必要とされるのは母性文化的思考形態である。母性文化のオバマ大統領ならではのイニシャチヴにより 実現した同大統領・トランプ次期大統領の会談は極めて意義深いものであった。トランプ次期大統領はオバマケアの一部への支持を快諾するなど理解力と聡明さ を示した。

4. 新たな世界の主流が天地の摂理に沿うものと成るよう祈るのみである。この度、フランシスローマ法王が貧しいものに対して、これまで無視してきたことを謝罪し、ホームレスの人々を何人かヴァチカンに招待したことは極めて意義深い。

5. 世界はあまりにも複雑でその先行きは具体的に予見し難い。しかし歴史の法則を意味する天地の摂理という哲学に頼ることが出来る。これによれば「傲れる者久しからず」、「全ての独裁は終焉せしめられる」である。

6. この哲学によりより明るい将来への希望を抱き続けることが出来る。

 既に曙光がきざす母性文明への移行など新たな主流の形成に、国際的規模の市民社会の連帯が貢献して行くことに期待を寄せております。

 貴会長のご指導とご支援をお願い申し上げます。
                                   敬具

追伸 現在ネットでは11月11日、元博報堂社員で『原発とプロパガンダ』の著者・本間龍氏がIWJ代表・岩上安身のインタビューの中で、官邸に電通の石井直(ただし)社長が呼び出され事態の沈静化を命じられたことがスクープ記事として大きな反響を読んでおります。
本間氏によれば一連の事件で刑事訴追されれば、電通は官庁関係業務の指名・受注停止となる可能性が高く、その際、税金が投入されるオリンピック業務は官の業務であり、一定期間の業務停止となる恐れがあり五輪計画も破綻しかねないとのことです。

【お知らせ】今週末(11月20日(日))『皆神塾(東京)』のテーマと概要が決まりました!!

今週末(11月20日(日))『皆神塾(東京)』のテーマと概要が決まりましたのでご案内させて頂きます。

<テーマ>: 『トランプ勝利は、「戦後世界」の完全終了の合図 

~ 「稲の根本にあてた鎌」は、日本の統治体のみならず、人類文明まで組み替える。』

<概要>: 

 118日。ヒラリー陣営は完璧な布陣で僅差での勝利と目論んでいた。

しかし、新自由主義グローバリズムでは、地上のイノチが削られるままで、

人類に未来がなくなると知る 世界の英知(新世代王族)は、

トランプに、 「1%対99%の戦い」という、社会構造の対立軸を明示させ、

ヒラリー側が仕掛ける不正選挙にも、事前に危惧を公言させ、先手を打った。

 

利益のためにわざとISISを作り出し、フクシマの惨事を不問にしていたのは、

「希少資源の権威的分配」という、国際政治のパワーの終局の姿で、それでは、

大地の力を殺したままで、人間社会に新しい希望は、全く失われたままになる。

 

トランプ勝利を見抜けなかった外務省に怒った安倍は、岸信介時代以来の縁のある

今井秘書官(原発再稼働の核)を頼りに、政権維持に、プーチン、トランプと会見するが、

安倍たちの頭に、人類全体を見つめる視野も、イノチに対する責任感もない。

 

 さて、これから何が出るか? 控えるのは、大地の神 クニトコタチ。

 ジャパンハンドラーは、今、青菜に塩状態だが、何が待っているのか? 

 

 五輪の森クン、豊洲の慎太郎、原発マフィアと金満オセレブさん、はどうなる?

  日本の司法と、メディアの良心は、蘇生するか?

 

<開催要領>:     

   日時:           2016年11 月20 (日)  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)

                 (注)開場は1330分です。

 

場所:         東京都豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F  TEL090-5804-5078 (室伏)

(注)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。 → 151115_地図_池袋会場.pdf

 

最寄り駅:

JR山手線 池袋駅 東口 徒歩5

有楽町線 池袋駅 35番出口 徒歩3

丸ノ内線 池袋駅 35番出口 徒歩3

JR湘南新宿ライン 池袋駅 東口 徒歩5 

 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 

 会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。 

 

尚、講演会終了後の「懇親会」は、「事前予約制」で人数限定にて開催させて頂きます。懇親会では、新井先生とゆっくりお話できるようにさせて頂きます。

懇親会は、皆神塾会場近くのスペイン料理のレストランで、飲み放題付きのコース料理で、会費は「5000円」となります。参加を希望される方は、講演会への参加と一緒にお申し込みください。

懇親会への参加を希望される方は、お席があとわずかとなっていますので、お早めにお申し込みください。

 次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。→ 161120_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F    

日本はフクシマ処理を最優先に動き出すしかない。村田先生に太平洋の現状告発メールがきた。

村田光平先生のメールを転載します。

 

 皆様

本日福島の核廃棄物により破壊される太平洋のエコシステムと題す
アラーミングなメールが寄せられましたので下記の通りBCC英文発信で拡散いたしました。
下記のコメントを付しました。
一瞥すれば世界は福島に由来する現実の危険に目覚めるでしょう。
止められない福島の惨事への対応に最大限努力するため、
日本が東京五輪から撤退することが緊急に必要とされます。
できるだけ広範囲で人類の叡智を動員することが不可欠となっております。」
 
福島隠しは既に限界です。
皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。
 
 村田光平
(元駐スイス大使)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
Dear Friends,
 
I received this mail this morning.
Just a glance at it will help the world to be awakened
to the real and present dangers emanating from Fukushima.
Japan’s retreat from the Tokyo OLympic 2020 in order to consecrate
maximum efforts to cope with the unstoppable Fukushima disaster
is urgently needed.
The mobilization of human wisdom on the widest possible scale
is indispensable.
 
With warmest regards,
Mitsuhei Murata
Former Ambassador to Switzerland
 

【お知らせ】今週末(11月20日(日))は東京で『皆神塾』開催です!!

今週末(11月20日(日))は東京で『皆神塾』開催です!!

講演会のテーマや内容の詳細などについては、決まり次第改めてアップさせていただきます。お知り合いとお誘いあわせの上ご来場いただければ幸いです。

皆さんは米大統領選の結果をどう受け止められたでしょうか? その結果も踏まえて、これから何が起こるかも解説させていただきます。

直近の状況についてはこちらもご覧ください。→ 新井信介ブログ161110

尚、講演会終了後は「懇親会」も開催させていただきます。     

   日時:           2016年11 月20 (日)  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)

                 (注)開場は1330分です。

 

場所:         東京都豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F  TEL090-5804-5078 (室伏)

(注)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。 → 151115_地図_池袋会場.pdf

 

最寄り駅:

JR山手線 池袋駅 東口 徒歩5

有楽町線 池袋駅 35番出口 徒歩3

丸ノ内線 池袋駅 35番出口 徒歩3

JR湘南新宿ライン 池袋駅 東口 徒歩5 

 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 

 会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。 

 

尚、講演会終了後の「懇親会」は、「事前予約制」で人数限定にて開催させて頂きます。懇親会では、新井先生とゆっくりお話できるようにさせて頂きます。

懇親会は、皆神塾会場近くのスペイン料理のレストランで、飲み放題付きのコース料理で、会費は「5000円」となります。参加を希望される方は、講演会への参加と一緒にお申し込みください。

懇親会への参加を希望される方は、お席があとわずかとなっていますので、お早めにお申し込みください。

  次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。→ 161120_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F    

【お知らせ】『皆神塾(名古屋・大阪)』(「10月22日:名古屋」「10月23日大阪」開催)DVDを好評販売中です!!

 「10月22日名古屋」「10月23日大阪」で開催した「皆神塾(名古屋・大阪)」の2枚組DVDを好評販売中です。キャンペーン(割引)期間中ですので、お早めにお求めください!! 

全編で5時間33分(333分)の2枚組み長編DVDです。

今年前半の重要イベントとして注目された参院選・都知事選が終了したかと思われたときに「生前退位」という大きな衝撃が日本ばかりか世界に広がりました。それらの重要なイベントを受けて、何がどう変わろうとしているのか?の解説と、かねて懸念されていた日本にどのような重大な変化が予想されるか?、の解説です。
ぜひお早目にお求めください。

テーマは『戦後の覇権構造(略奪マネー)の消失:人類文明史で始まった「ユズルハ」の主役になれ』
です。
ぜひ、早めにお求めいただいてご覧ください。

販売価格は、12月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→瓊音ショップ」

「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》


<テーマ>:『戦後の覇権構造(略奪マネー)の消失:人類文明史で始まった「ユズルハ」の主役になれ』

<レジメ>:

1) 「生前退位」表明で、天皇「マトリックス」が溶け出した 新世代王族の画策

「稲の根本に鎌」と「イルミナティー撲滅」宣言 日本のキング・ピンを支えるマネーの神

 小池百合子を押し出した3つの力 (安倍の怒り、反石原・ゼネコン、反森)

東京都の闇と良識派の検察(地検特捜部) 極右マドンナの正体 IOCバッハは集金人

2) 9月7日、外国人記者クラブで小泉純一郎   布石  「アンダーコントロールは嘘」

日中に尖閣・南シナの紛争仕掛人  南沙問題の仲裁裁定が不発   華僑「梅」の思惑

首都崩壊の予行演習だった熊本、警告の鳥取 軽井沢ビル・ゲイツ邸が完成

3) 15年目の「911」でヒラリー受難   アメリカ内部の溶解

   FRBの内部で(戦争屋と、アジア融和派)最後の足搔き プーチンの脅し

10月1日、人民元が世界第2の通貨に

10月7~9日、IMF世銀総会 アベノミクス容認 日経225の最大株主に日銀

マネー体制維持(通信と預金) 工業製品の需要激減、希望の欠如 格差と私的所有権の克服 

YHWH型支配の終わり MITRA型へ 日本(仁品)が起点 SNSとクラウド・ファンディング 

4) 脱原発と新エネルギー 人類と地球外生命体 火星に行くまでに

「天皇」を創ったイカヅチ長老の死 戦後の権力構造が、闇まで含めて壊れる

人類の大潮流の変化 信仰された虚構の神から、リアル存在の神へ (第3次大戦の行方?)

① 実在の神の正体と、人間としての道義の始まり (核分裂技術を持ったこと)

宗教の統一:エルサレムでワールド・インターフェイス 「メクデシェ(Mekudeshet)」

② 地政学が不要に 「希少資源の権威的分配」の終わり 新エネルギー 新概念マネー  

5) 映画『シン・ゴジラ』が暗示する「反転の始まり」 … 2020までの管理された大崩壊と再生

「日本の本質」縄文ウィルス 地球外生命体の関与 「生命と心の周波数」

極大(宇宙MIST)と極小(バクテリア、ウィルス、素粒子) 「生死一如」と統合医療

6) 9月24日、日本鉱物学会がヒスイを「日本の石」 26日内閣府が地震シミュレーション  

  10月16日 新潟県知事選挙 森裕子の勝利 政党政治でなく、イノチの叫び(自民も割れていた)

161023_1023_皆神塾・名古屋・大阪.jpg

販売価格は、12月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   

次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→瓊音ショップ」

「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》  

《今後の講演会日程のご案内》

 現在決定している皆神塾等の日程をご連絡させていただきます。 詳細はまた改めてご案内させていただきます。

 

1120日(日) : 「皆神塾」 <東京で開催>

   場所: 豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F   

         時間: 14時から17時くらいまで

         (注)詳細は次のリンクからご覧ください。→ 皆神塾・東京161120 

 

124日(日): 「地球史からみた天皇誕生(第3回)」 <東京で開催>

   場所: 東京都港区三田2-14-8 2階会議室    

   時間: 14時から17時くらいまで 

 

 

1210日(土) : 「皆神塾」 <福岡・博多で開催>  

   場所: 福岡市中央区天神1-10-17 西日本ビル

   時間: 14時から17時くらいまで

 

 

1211日(日): 「皆神塾」 <熊本で開催> 

   場所: くまもと県民交流館パレア
         熊本市中央区手取本町
89号  TEL096-355-4300

   時間: 14時から17時くらいまで

 

 

115日(日) : 「皆神塾」 <東京で開催>

   場所: 豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F   

         時間: 14時から17時くらいまで

 

 

128日(土): 「皆神塾」 <名古屋で開催>

   場所: 「名古屋・東別院会館」 名古屋市中区橘2-8-45  

   時間: 14時から17時くらいまで

 

129 日(日) : 「皆神塾」 <大阪で開催>

   場所: 「難波神社」  中央区博労町4丁目13号    

   時間: 14時から17時くらいまで

 

 

(注)参加費は「3500円」。 瓊音倶楽部会員の方は「2500円」です。

ヒラリー一派消滅=外務省陥落で、安倍の最後の砦になった今井尚哉秘書官が苛立っている。

  第一次安倍内閣でカバン持ちをしたあと、自民の政権奪回後、安倍晋三本人から請われて、2013年6月30日に総理秘書官になった経産省の今井尚哉(たかや)氏。

就任と合わせて、アベノミクスは、黒田バズーカでの、円安、株高で、企業会計は、確かに好転し、その延長に、東京オリンピック招致の決定があった。 そのときから、巨大な、嘘が始まった。

今井秘書官は、叔父に、経団連の会長だった新日鉄の今井敬、その兄の通産事務次官だった今井善衛を持ち、戦後の日本経済を発展させた血筋の切り札だった。自民党の下野時代に、安倍晋三を高尾山の登山に誘って、さらに親交を深める一方、「311」後も、日本の原子力政策を維持するために粉骨砕身。

 この人物が、日本の経済界そのものの体現者であり、今の安倍政権の頭脳でもあるようだ。

  画像検索結果 

 「一億総活躍社会」のスローガン。伊勢志摩サミットでの「リーマンショック以来のリスクにさらされている」は、    この人物が考え出した。

 安倍政権のまさに、懐刀。 というよりも、現実を知らない、唯我独尊のご本尊。

 外務省が、今回のトランプ当選で、完全に安倍からの信頼を失った。

 ロシアとの交渉は、この今井秘書官の直轄マターらしいが、どうも、この人物は、プーチンは、反中国で安倍政権の味方にできると、大甘な状況理解のようだ。今井氏は、プーチンと習近平、金正恩が、毎日、三者で、連絡取り合っている事実、そして、彼らが、戦争屋の手先ヒラリーと通じた江沢民派を排除し、アメリカのトランプを引き出す方向に動いていたことを、きちんと知らない。

 今井秘書官は、自分自身が、原発再稼働に奔走して、日本経済が、「311」以後も、低調にならないように、どんな手段を使ってでも、これまでの国家機能を維持することに、官僚としての使命感を持っていただけに、被曝被害の実態を冷静に見れなかった。そして、JR東海の葛西路線に突き進んできたが、その先に何があるか?

 その付けが、いよいよ出てくる。

廃炉にロシアの技術を使うのはいいが、放射能の大量被曝がもたらす、日本社会の逃れられない構造変化を、この頭脳は最初から忌避するばかりで、まだ、処理できていないようだ。

 目の前にある事実を、事実として認め、 ノンベクレル化を進めると同時に、 

 本来、SDRが認められている日本円とともに、日本文化ウィルスを全世界に撒くという発想に立てば、 

 なにも、中国と対立せずとも、日本の名誉もさらに高められるし、世界中で、日本企業と現地企業の合弁事業をつくって、株価を引き上げながら、 日本のプレゼンスを、中国以上に高めることができる のに。

 明治の国家の枠でしか、日本文化を捉えられないアホどもに、この人物も、どっぷり侵されている。

 昨年年末をもって、

 「希少資源の権威的分配」という、国際政治の力学が終了した という事実を いまだに知らない。

 まことに、残念だ。

 花鳥風月とともにある、大和の大地の地湧の力を、経済界に生かすことを、まるで見なかったのが、戦後の経産省。今こそ、地球全体の花鳥風月と、人類の文明社会を、溶け合わす、その主役に日本が成る。

 こう考えれば、やることは、一直線に伸びていて、それは、光の道そのものなのだが。

 そこに向かうチャンスは、これまでもあった。

一番、いい例は、第一次安倍政権で、農水大臣の松岡利勝が温めてきた、≪減反奨励金をつかって、水田をバイオマスでのエネルギー基地や、牛豚の飼料作物の生産地に変える案≫を、「エネルギーに農水は口を出すな」といって封殺したのを、もういちど、この次元に戻って、 日本列島全体の、生態とエネルギー資源を、見直すこと。

 大地の力=微生物を味方につけない国家は、永遠性を持たない。

 今井氏は、この鉄則を、完全に忘れているようだ。 

 工業力(鉄)と数字(利益)しか見なくなった、日本型官僚の弱さ、愚かさが、ここにある。 縄文の本質を全く知らないのだ。

 今井尚哉よ、天地の摂理を、思い出せ。

 今の経済界は、日本国民を、どんどん殺しているぞ。

 これが、東大エリートがたどり着いた日本の最期か。

 あまりに、悲しいじゃないか。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安倍総理秘書官、記者に「オレの視界から消えろ」の罵倒 朝日にも取材拒否 デイリー新潮 11/14(月)5:59配信 

 まさしく、虎の威を借る狐、という言葉がぴったりの人物なのである。安倍総理の懐刀、今井尚哉(たかや)総理秘書官(58)は、日本テレビの記者が都合の悪い報道をすると、「オレの視界から消えろっ」と罵倒したという。いつも横柄な態度で、他の番記者からの評判もすこぶる芳しくないのだ。

12月15日、ロシアのプーチン大統領が来日。山口県長門市の「大谷山荘」で、安倍総理と懸案の北方領土問題について話し合う予定だ。

官邸詰めの記者が解説する。

「ロシア外交は、外務省ではなく、経産省マターで進められてきました。安倍総理は、世耕弘成経産相にロシア経済分野協力担当相を兼務させ、経済協力の見返りに北方領土問題を進展させたい考え。その現場を取り仕切っているのが、今井秘書官です」
もともと、今井秘書官は経産官僚としてエネルギー畑を歩み、ロシアとの間に太いパイプを持っていたという。
だが、問題はここから。

「9月10日、今井秘書官が極秘で、ロシアのアファナシエフ駐日大使とともに大谷山荘に下見に行きました。まだ、首脳会談の行われる場所が明らかになっていない段階だったのですが、その様子を日テレの“今井番”の記者が望遠カメラで隠し撮りしていた。そして、10日後のニュース番組で放映したのです」(同)
その“スクープ”に、今井秘書官が怒りを爆発させたのである。
「それ以降、日テレの記者が、今井秘書官の自宅に夜回り取材に行っても、一切、応じなくなりました。あるときには、ハイヤーから降りて、集まっていた番記者のなかにその記者の姿を見つけると、“お前がいたら喋らない”“オレの視界から消えろっ”と罵ったのです。そのうえ、日テレの上層部には“オレの番記者からアイツを外せ”と要求しているそうです」(同)

 おまけに、今井秘書官は日テレだけでなく、朝日新聞の記者にも取材拒否をしているという。

■高尾山に登山

 官邸詰めの記者が続ける。
「昨年9月、朝日の記者は、安倍総理が祖父岸信介と父安倍晋太郎の墓参りをした際、“安保法案の成立を報告したのですか?”と声を掛けました。今井秘書官は礼儀知らずだと憤慨し、夜回り取材でその記者を見かけると、“朝日がいるから喋らない”と、そそくさと家の中に入ってしまうようになった。他の番記者に対しても、“お前ら”とか、“ばか野郎”とか高飛車な口の利き方をするし、何様のつもりなのかと、本当に腹立たしい気持ちです」

なぜ、そんなに偉そうな態度が取れるのか。
政治部デスクによれば、
「第1次安倍政権が発足したときに、今井秘書官は事務担当の秘書官に登用されました。健康問題のため、安倍総理はわずか1年で退陣を余儀なくされますが、その後も、今井秘書官は安倍総理を高尾山への登山に誘ったりして結びつきを強めた。結果、絶大な信頼を勝ち得て、安倍総理の再登板に伴い、今度は政務担当の秘書官に抜擢されたのです。お互い、“安倍さん”、“今井ちゃん”と呼び合って、その親密ぶりは際立っています」
安倍総理の側近中の側近という立場をかさに着て、増長しているというわけなのだ。
さて、本誌(「週刊新潮」)も話を聞こうと、今井秘書官の自宅を訪ねたが、
「何もお答えするつもりはありませんけどね」
一国の総理を補佐する立場ならば、もう少し、品の良さも必要ではないか。

特大ワイド「ふりむけば百鬼夜行」より 「週刊新潮」2016年11月10日神帰月増大号 掲載

NZで地震。スーパームーン。村田光平メッセージ「天地の摂理」「驕れる者、久しからず」

 以下、村田光平先生からです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様
 12日発出した英文発信文をお届けいたします。

 トランプ次期大統領の選出に関する所感を含むD.Scilla Elworthy氏宛返信の要点は添付の通りです。

なお、Dr. Elworthyはノーベル平和賞に3度ノミネートされた平和活動家です。同氏は私の唱える母性文明の理解者で、3年前に女性の地位向上を目指す「Rising Women, Rising World」を起ち上げております。

同氏より福島第一1号機の建屋の撤去が完成し青天井となったことに懸念を伝える下記掲載の記事が寄せられました。

 

.福島からの放射能流出による地球の核汚染は悲しいかな止めることが出来ない。

 

2.ご指摘の英国のメディアのみならず、世界の主流は福島の核災害を無視し続けている。世界の主流は未だに核エネルギーに執着しているが、トランプ次期大統領の誕生は既に始まっている。

この主流の変化を決定的に深めることとなった点で評価される。

 

3.米国での政権移行を受け入れられるものとするために必要とされるのは母性文化的思考形態である。

 オバマ大統領ならではのイニシャチヴにより実現した同大統領・トランプ次期大統領の会談は極めて意義深いものであった。

 トランプ次期大統領はオバマケアの一部への支持を快諾するなど理解力と聡明さを示した。

 

4.新たな世界の主流が天地の摂理に沿うものと成るよう祈るのみである。この度、フランシスローマ法王が貧しいものに対して、これまで無視してきたことを謝罪し、ホームレスの人々を何人かヴァチカンに招待したことは極めて意義深い。

 

5.世界はあまりにも複雑でその先行きは具体的に予見し難い。しかし歴史の法則を意味する天地の摂理という哲学に頼ることが出来る。これによれば「傲れる者久しからず」、「全ての独裁は終焉せしめられる」である。

 

6.この哲学によりより明るい将来への希望を抱き続けることが出来る。

 

皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

 

 村田光平

(元駐スイス大使)

 
(英文発信文)
 
  
From: mitsu
Sent: Saturday, November 12, 2016 6:46 PM
 
Dear Friends,
 
 
I hope all goes well for you.
I received a mail from Madame Scilla Elworthy to which
I replied with my feeling on the totally renewed world situation.
 
 
I would very much like to have your frank comment on
my appreciation of the Trump presidency.
 
With highest regards,
Mitsuhei Murata
 
 
 
From: mitsu
Sent: Saturday, November 12, 2016 5:26 PM
Subject: Re: Crippled Fukushima reactor now fully exposed
 
Dear Dr. Scilla Elworthy,
 
Thank you very much for the alarming information.
The regrettable nuclear contamination of the globe is thus unstoppable.
Just like theUK media you refer to,the mainstream of the wold continues to ignore the ongoing disaster at Fukushima.
It is for this reason that I evaluate the advent of the new President-elect Donald Trump as having decisively deepened the already commenced change of the main stream of the world, persistenly attached to nuclear energy.
 
It is a maternal way of thinking that will secure the acceptable transition of power in the States.
The meeting between President Obama and President-elect Trump realized thanks to President Obama’s inimitable maternal initiative seems to have been extremely significant.  Mr. Trump has shown his capacity of understanding and wisdom, expressing readily his support for the essentials of the Obama care.
 
I can only hope for the birth of a new main stream in conformity with the will of heavens and the earth.
The latest initiative of Pope Francis to apologize the poor for having ignored them and to have invited some of homeless people to the Vatican is quite meaningful.
 
The world is too complex to describe and foresee its future.
We can, however, depend on philosophy, that is to say, the will of heavens and the earth or the law of the history researched by philosophy, such as the inevitable fall of the arrogant and dictatorships.
 
We could thus stay always hopeful for a better future.
 
With warmest regards,
Mitsuhei Murata
Former Japanese Ambassador to Switzerland
 
 
Sent: Saturday, November 12, 2016 5:53 AM
To: mitsu
Subject: FW: Crippled Fukushima reactor now fully exposed
 
 

Hi All,

 No doubt to the satisfaction of the nuclear industry and our energy ministry, the UK media continues to ignore the ongoing disaster at Fukushima.

 

Crippled Fukushima reactor fully exposed for first time since meltdown

Published time: 11 Nov, 2016 03:56

Get short URL

<image001.jpg>

© photo.tepco.co.jp

115

Fukushima’s Nuclear Plant reactor No. 1 has been fully exposed for the first time since the March 2011 tragedy, after the utility company safely removed the last cover sheet of the temporary protective construction.

TrendsFukushima nuclear disaster

Read more

<image002.jpg>Fukushima decommissioning costs soar to at least $24bn

Tokyo Electric Power Co. (TEPCO) used an industrial crane to lift the last of its 18 protective panels Thursday. Each of the panels weighs around 20 tons and measure 23 by 17 meters.

The protective cover was erected in October 2011 as a temporary measure to halt a radiation leak following a meltdown caused by a powerful earthquake and tsunami in March 2011. The dismantling of the panels started in July 2015 and was concluded on Thursday.

At Unit 1, rubble from the damaged building caused by the hydrogen explosion remains scattered and needs to be removed. The entire site is highly contaminated and will now be covered with tarpaulins to avoid the spread of radioactive waste. TEPCO is using anti-scattering agents to keep the dust down. Small pieces of rubble that can create dust are being vacuumed up while mist sprinklers are being used inside the building to keep radiation under control.

TEPCO next plans to remove 392 fuel assemblies from the spent pool and clean out the melted nuclear fuel from inside the building, NHK news reported. The utility company is assessing the level of radiation before continuing the cleanup process. 

Scientists are also installing the necessary equipment to complete fuel extraction which will only start in four years. Fuel removal from Unit 1's depleted fuel pool is scheduled to begin around March 2021, according to TEPCO’s Mid- and Long-Term Roadmap that was revised in June 2015.

In March 2011, a tsunami destroyed emergency generators at the plant. They had been cooling the reactors. The tsunami led to three nuclear meltdowns and the release of radioactive material. In Reactor 1, overheating caused the creation of hydrogen gas. On March 12, an explosion in Unit 1 destroyed the upper part of the building.

TEPCO’s decommission plan for the Fukushima nuclear power plant implies at least a 30-40 year period before the consequences of the meltdown are fully eliminated. So far the clean-up efforts have already cost Japan in excess of $21 billion. According to the latest estimates from the Ministry of Economy, Trade and Industry, the decommissioning costs will top $105 billion.

戦争屋(マネーファースト)と、良識派(アメリカファースト)。メディアと司法はどっちの味方か?

  トランプの当選に反発している人間が、各地でデモを起こしている。 これは、社会変動の深層の動きなのか、それとも、表層での反発なのか?

これを、アメリカが分裂する騒ぎだという人がいるが、なんともまあ、金に狂ったメディアよりの意見であること。

今年4月に、なぜパナマ文書が公開されたのか、その人類史的な意味を、構造的に考える視座がないのですね。

国家と中央銀行と経済行為と 個人利益の秘匿。 それを俯瞰しながら、人類全体を導く意思の存在。

今、マネーを健全化させよう、という動きが、人類社会の英知の到達点として始まった。私は、こう考えます。

 デモをしている人間には、マイノリティーの若者が多いのが特徴です。

戦後、世界の基軸通貨の発行国になったアメリカの豊かさに憧れる人間は、世界中にいますが、そのアメリカ本国の中間層が、20世紀末から大変な没落をしており、その中で、戦争と通貨の操作だけで、私的利益を求めるもの(これが「1%」です)が、国家権力を壟断していった。彼等の狡猾な国家運営と、自らの疲弊に耐えかねた人間が、本格的な変革を求めたのです。

そういうアメリカ本国の中には、ビジネススクールにみられるように、中南米、アジア、アフリカなどの途上国から、多くの学生が留学していますが、彼らは、本国では、2001年の「911」以降の経済発展の中で、アメリカの金融資本と組んだ国策で、上手に富をえた、いわば、途上国の1%の関係者です。

本当の難民もいますが、そうした人間が、アメリカの大学に通うのは、きわめてまれです。

今回、「99%」の利益を明確に意識させたトランプでは、アメリカの国家権力の性質と方向性が、本格的に変わってしまう。 これを、一番恐れてるのは誰か、ということです。

そして、日本の戦後のエリートとは、いったい何者だったのか?といことです。 

今回、大統領選挙で負け組になった側である、アメリカの1%の考え方に連なる人間です。彼らは、「1%」のために奉仕しながら、日本国内で自分の利権のつくりあげる集団だったということです。

 

18世紀末の金塊の異動をきっかけに金融ワンワールドが始まって以来、王族とのその出入り商人たちは、世界中に秘密のネットワークをつくり、構造的に、国家権力を掌握してきました。それが、「1%」です。

アメリカでは、最初の13州の独立以来の特定家族と、その使用人が主流ですが、

日本の場合、明治以来の門閥と、東大閥の官僚と司法警察、財界、メディアが、この意向のもとに、国家の経営資源を恣意的に使ってきました。 そこでは、闇の仕事もあり、そこには、列島内のマイノリティーが使われ、いつの間にかそのマイノリィー側に実権が奪われてしまった組織も多いようです。

 国家権力を、どう使うか? 

 この部分で、日本人は、自分が主体者だとの自覚が少なすぎます。 

 そして、マネーは、生存を保証しません。 

個々人の生活の隅々まで、マネーに依存した国家運営にした場合、それが途絶えたときには、その人間は、生物学的にも、終わりを迎えます。それが、今、先進国では起きているのです。

この部分に、深い洞察がない国家のままでは、これまで通りの経済成長をもとめても、どこまでいっても、心は貧困のままで、社会に安定は生まれないでしょう。

宵越しのゼニをもたずとも、暮らしていけた時代が、わが国にはあったのです。 そこには、人情と、人の道があふれていましたね。

 そうした姿を、全人類は今、ネットを通じて、現実の世界のなかに求めて出しています。

 それを壊して、人間を狂わしてきたのが、戦争屋たちだったのです。 

 想像と創造のできる生き物、すなわち、人間として、この地球に、2016年の今、生きている。

 この人間としての自らの喜びを形にして、 出会う人、縁ある人に、届ける。 

 自分の心が、あくまで、主体なのだ。

 誰かの奴隷になってはいけない。

 

 国家でも、地域社会でも、企業でも、これが、基本でしょう。 

「アンダーコントロール」の報い。汚染は西海岸に届いている。小泉は外国人記者クラブで涙した。戦争屋を排除したので再占領があるかも。

 17日に、トランプ次期大統領と会うことになった安倍晋三。

 「政治家の先輩として、いろいろ教える」と、言ったとか。それが本当なら、底が抜けた大バカだ。

フクイチの被害を隠して、これまでの戦後の既得権を維持してきたのが、日本の政財官と司法とメディア。

「被災民にカネさえ与えておけば、責任は果たせる」と、悲鳴を上げるお母さんたちまで強引に黙らせて、

それだけで、フクシマの補償をすませてきたのが、戦後日本の政官財とメディア。そして、司法。

しかも、安倍政権は日本のメディアに、日本礼賛番組を溢れさせ、日本国民のみならず、

全世界にむけて自分勝手な基準で、問題ないと言い張って、農産物や加工食品を輸出しようとしてきた。 

国内では、瓦礫償却に加え、8000ベクレルの汚染土を、全国にばらまき続ける。

こんな日本の統治者(官僚、全国会議員と司法)の姿勢が、今回、アメリカが国家存続を期して作り出したトランプ政権でも、このまま許されると、日本の権力層は、考えているのか?

 そこまで、阿呆なのか? カネと既得権に目がくらんで、しかも、完全に、「ホ」で、脳がいかれているぞ。

 

トランプが、米国民の99%に向けて、フクシマの「ホ」を、アメリカの安全保障上の「脅威」と認定したとき、

日本国家のすべての行為は、「テロ」の脅威と同じ扱いになる。

これは、日本に、これまでの外交関係から構造改革を求めても、何もできなかったものにすれば、最大で、最後のチャンスになる。

アメリカにも直接関係する安全保障上の重大問題を、日本の安倍政権は見過ごし、隠ぺいしてきたのだ。

ここまで、踏み込んで言い出せば、

戦後の日本の統治体の運営者は、すべて、失格判定となる。

 私には、そうなる予感がする。

終戦直後、アメリカ軍は堺の仁徳陵を調べるなど、日本の天皇の出発について、客観的で実証的な事実を確認している。そのうえで、民主的な国家を作らせたはずだった。

それが、今の安倍政権は、神武天皇が実在とする戦前の虚構をぶり返し、戦争屋の思惑の中で、進んで軍事力を拡大させた。しかも、その戦前の言論封殺と同じ方法で、フクシマや中国について、メディア操作をしてきた。

 この姿勢を、このトランプを当選させた人間が続けさせることはないのではないか。

そして、そうした手法を最も嫌がったのが、今上陛下自身ではなかったか。 それが、昨年の「稲の根本に鎌をあてがう」ではなかったか。

もし、2020年の東京オリンピックにしても、本気でやるというのなら、まず、ノンベクレル化が最優先であるのに、そこには、まるで意識が及ばない。これは、普遍的な価値判断ができない、未熟な無責任な知性そのものだ。

この国の体制(言語空間)では、真実の問題が常にはぐらかされ、国家ぐるみでごまかしが横行し、

「ホ」は拡散のままで、その被害は、全世界に及んで、それが一向に改まらない。

こんなバカな国家(統治体)は、丸ごと、根こそぎ、再占領するしかない。

普遍的価値を知る、本当に道義心のある人間ならば、ここまで考えるのではないか。 例えば、あの方も。

ちなみに、小泉純一郎が外国人記者クラブで、「トモダチ作戦」で被曝した米兵に対する補償を呼びかける組織を立ちあげたとき、日本のメディアが全く反応しなかったと涙を流したのは、9月7日だった。

 そのあとに、戦争屋と繋がっているヒラリーが、15年目の「911」で受難した。 

日本では、もし、巨大地震などの大崩壊があるとき、戒厳令を出すのは、一体、誰か、という問題がある。

【お知らせ】『皆神塾(東京)』開催のご案内:11月20日(日)予定

 2016年11月20日(日)に『皆神塾』を「東京」で開催させていただきますので、ご案内させていただきます。講演会のテーマや内容の詳細などについては、決まり次第改めてアップさせていただきます。お知り合いとお誘いあわせの上ご来場いただければ幸いです。

皆さんは米大統領選の結果をどう受け止められたでしょうか? その結果も踏まえて、これから何が起こるかも解説させていただきます。

直近の状況についてはこちらもご覧ください。→ 新井信介ブログ161110

尚、講演会終了後は「懇親会」も開催させていただきます。     

   日時:           2016年11 月20 (日)  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)

                 (注)開場は1330分です。

 

場所:         東京都豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F  TEL090-5804-5078 (室伏)

(注)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。 → 151115_地図_池袋会場.pdf

 

最寄り駅:

JR山手線 池袋駅 東口 徒歩5

有楽町線 池袋駅 35番出口 徒歩3

丸ノ内線 池袋駅 35番出口 徒歩3

JR湘南新宿ライン 池袋駅 東口 徒歩5 

 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 

 会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。 

 

尚、講演会終了後の「懇親会」は、「事前予約制」で人数限定にて開催させて頂きます。懇親会では、新井先生とゆっくりお話できるようにさせて頂きます。

懇親会は、皆神塾会場近くのスペイン料理のレストランで、飲み放題付きのコース料理で、会費は「5000円」となります。参加を希望される方は、講演会への参加と一緒にお申し込みください。

  次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。→ 161120_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F    

トランプ勝利。アンリカ国家は分裂回避。日本列島にはシン・ゴジラがやってくる。

  「1% 対 99% の戦いだ」 

 トランプ陣営が選挙の終盤でこういいだしたとき、それをも覆す戦略をヒラリー側が持っていたのかどうか?

 しかも、ヒラリー本人は9月11日に死んでおり、たとえ当選しても、アメリカ社会では、インチキ選挙と替え玉偽物大統領に対する告発が、今後4年間、続くことになる。

今回のトランプ支持者の主流は、プアホワイト。湾岸戦争、イラク戦争、アフガン戦争、シリア戦争、ISISの正体を知っている。戦争を起こす謀略の中核が、アメリカ社会の1%にも満たない少数者の貪欲さで、その代表がヒラリー一派だったことを知っている。

 2001年「911」からの「インサイド・ジョブ」の声は、ネットを通じて、頻繁に流れていた。

 ヒラリーに勝たせたら、アメリカ国内は、とめどもない分裂・内乱状態になりかねない。

 これは、国家消滅の事態をも、引き起こしかねない。

 大富豪や成功者の利益と、国家(統治体)自体の存続を天秤にかければ、

 どちらが優先するのか、すぐに、わかる。

 国家を維持し、米ドルのマネー資産をまもるためにも、今回は、トランプにしたということか。

 となると、

 9月19日、替え玉ヒラリーに、いち早く面会し、日本は世界最速で国籍を与える国家にします、といった 安倍晋三は、どうなるのか?

 安倍の4年間は、全部失敗だった。 

そして、なにより「アンダーコントロール」という嘘は、日本のみならず、世界中に大問題を引き起こしたままなのに、オリンピックの東京招致を、裏金で勝ち取り、東京の地価を守って、いつわりの繁栄を、さらに飾ってきた。

 この間、原発事故を起こした東電の責任や、日本の原子力行政が、まったく追及されなかった。

マスメディアを強引に黙らせてきた安倍晋三と経済界。それに従った、検察などの司法。 

 この間、良識派の、司法、メディアの人間は、

 どれだけの苦渋と屈辱にまみれてきたことか。

国民のイノチを無視して、体制維持のみを国策にしてきた日本の権力層は、戦前の亡霊(「神武は実在」から始まる、「八紘一宇」の皇国史観)を引っ張り出して、戦争をできる国家へと改変を目論見、対中の軍事対立姿勢を強めてきた。

7月12日に南シナ海の領有問題で、日本が裁判員を揃えたハーグの仲裁判定で、中国が主張する「九段線」ラインを否定したことで「ぬか喜び」したのもつかの間、

翌日NHKでの今上陛下の「生前退位」の意向報道から、一気に、流れが変わった。

特に、8月8に陛下の肉声が、録画で全世界に流れた後は、世界人類の主流は、戦争屋の完全撲滅に向かって、最後の仕上げに入っていった。

その中で、今年の「911」でヒラリーが倒れ、安倍が、2020年までの政権維持に、プーチンとの日ロ交渉を成功させたい、という思惑があるのを知りながらも、予定された12月15日までの交渉成立に対し、プーチンは、「期限があるものではない」として、安倍たちの思惑を、根底から崩した。

安倍と日本の外務省、そして経済界は、自分の姿や足場を見れない甘ちゃんなので、本当に誤解していた。

プーチンは、アメリカの戦争屋が主導権を持っていたから、その出先である、日本の安倍との関係をよく見せていただけ。 その中で、安倍と経済界が、日本の被ばく実態を隠しているのを承知で、安倍が戦争屋の圧力に負けないように、交渉相手として、上手に顔を立てていただけのこと。

 交渉相手の背後にいる「真の敵」が力を失えば、安倍についても、是々非々の見方に変わる。

 「ホ」と、「基地」問題に、これまでの姿勢を変えようとしない、安倍には、当然、冷たくなる。

 

今、中国は、人民元が10月からSDRをもち、世界的に貿易や金融での決済通貨として使われる道が開けているので、これまで蓄えた米ドルを一気に放出しても、かまわない。

これまでの、ブレトンウッズ体制が、根本から構造変換が始まっている。

しかし、日本の経済界、なにより、外務省は、この意味が、まるで分っていない。

それでいて「ホ」の悲劇を隠すどころか、かえって国民に毒を巻き散らかし、新規の希望の芽をつぶしてきた。

しかし、その体制の、大本が、これで、もう、変わるしかない。

この大統領選挙の結果によって、日本で、戦後に築かれた、権力の足場が、完全に崩れたのだ。

そして、これまで、黙って耐えてきた良識派が、一斉に動き出す。

 検察は、今年の「911」以後に、まず、電通に狙いを定めた。

 ここが、日本国民の「愚民化」「痴呆化」の最前戦だったからだ。

マネーをどう使うかを、まったく問わず、 その人間の生き方が、低俗で卑劣でも、マネーを多く獲得することのみに賞賛を送るような風潮を作ったのは、小泉時代以来の自民党だった。 それを、新自由主義と礼賛した。それらに対し、

 

 これから、一斉に、

 真実の叫びと、良識の勇気が出てくる。 

 告発が始まる。

  さて、そのとき、何が出るか?

 権力側は、大あわてで、「都合の悪いことは、隠せ。 消せ」となりますね。

 アメリカの真正保守にすれば、そもそも日本に巣くっていた戦争屋が、どんな悪さをしていたのか、そんなものは、日本国民自身が、どう処理するかの問題だと、考えるだろう。

 

ということで、 

 

 これから、本当の、シンゴジラが、暴れることになる。

 

 自分の生存(ピュアな自然と嘘のない人間関係)を確保しながら

 (この部分は、統合医療と、自律自立) 

 政治的には、国会議員たちに情報公開法を作らせる。

 そのなかでも、特別会計に隠れた闇も公開だ。

 どんな、災害がくるかわからないし、みんな、甘えを捨てて、きちんと備えるんだよ。

【お知らせ】『皆神塾(名古屋・大阪)』(「10月22日:名古屋」「10月23日大阪」開催)のDVDが出来上がりました!!

 大変お待たせしましたが、  「10月22日名古屋」「10月23日大阪」で開催した「皆神塾(名古屋・大阪)」の2枚組DVDが出来上がりましたので、ご案内させていただきます。 

全編で5時間33分(333分)の2枚組み長編DVDです。

今年前半の重要イベントとして注目された参院選・都知事選が終了したかと思われたときに「生前退位」という大きな衝撃が日本ばかりか世界に広がりました。それらの重要なイベントを受けて、何がどう変わろうとしているのか?の解説と、かねて懸念されていた日本にどのような重大な変化が予想されるか?、の解説です。
ぜひお早目にお求めください。

テーマは『戦後の覇権構造(略奪マネー)の消失:人類文明史で始まった「ユズルハ」の主役になれ』
です。
ぜひ、早めにお求めいただいてご覧ください。

販売価格は、12月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→瓊音ショップ」

「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》


<テーマ>:『戦後の覇権構造(略奪マネー)の消失:人類文明史で始まった「ユズルハ」の主役になれ』

<レジメ>:

1) 「生前退位」表明で、天皇「マトリックス」が溶け出した 新世代王族の画策

「稲の根本に鎌」と「イルミナティー撲滅」宣言 日本のキング・ピンを支えるマネーの神

 小池百合子を押し出した3つの力 (安倍の怒り、反石原・ゼネコン、反森)

東京都の闇と良識派の検察(地検特捜部) 極右マドンナの正体 IOCバッハは集金人

2) 9月7日、外国人記者クラブで小泉純一郎   布石  「アンダーコントロールは嘘」

日中に尖閣・南シナの紛争仕掛人  南沙問題の仲裁裁定が不発   華僑「梅」の思惑

首都崩壊の予行演習だった熊本、警告の鳥取 軽井沢ビル・ゲイツ邸が完成

3) 15年目の「911」でヒラリー受難   アメリカ内部の溶解

   FRBの内部で(戦争屋と、アジア融和派)最後の足搔き プーチンの脅し

10月1日、人民元が世界第2の通貨に

10月7~9日、IMF世銀総会 アベノミクス容認 日経225の最大株主に日銀

マネー体制維持(通信と預金) 工業製品の需要激減、希望の欠如 格差と私的所有権の克服 

YHWH型支配の終わり MITRA型へ 日本(仁品)が起点 SNSとクラウド・ファンディング 

4) 脱原発と新エネルギー 人類と地球外生命体 火星に行くまでに

「天皇」を創ったイカヅチ長老の死 戦後の権力構造が、闇まで含めて壊れる

人類の大潮流の変化 信仰された虚構の神から、リアル存在の神へ (第3次大戦の行方?)

① 実在の神の正体と、人間としての道義の始まり (核分裂技術を持ったこと)

宗教の統一:エルサレムでワールド・インターフェイス 「メクデシェ(Mekudeshet)」

② 地政学が不要に 「希少資源の権威的分配」の終わり 新エネルギー 新概念マネー  

5) 映画『シン・ゴジラ』が暗示する「反転の始まり」 … 2020までの管理された大崩壊と再生

「日本の本質」縄文ウィルス 地球外生命体の関与 「生命と心の周波数」

極大(宇宙MIST)と極小(バクテリア、ウィルス、素粒子) 「生死一如」と統合医療

6) 9月24日、日本鉱物学会がヒスイを「日本の石」 26日内閣府が地震シミュレーション  

  10月16日 新潟県知事選挙 森裕子の勝利 政党政治でなく、イノチの叫び(自民も割れていた)

161023_1023_皆神塾・名古屋・大阪.jpg

販売価格は、12月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   

次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→瓊音ショップ」

「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》  

【お知らせ】明日(11月6日)は、京都「宇治」で新井先生の講演会です!!

明日(11月6日)は、京都「宇治」で新井先生の講演会です!!

ぜひ、お誘いあわせのうえ、ご来場ください。
 
内容は、「日本書紀と宇治」をテーマにお話をされます。
詳細は、次のリンクからご覧ください。→ 講演会・概要
 

116日(日): 新井信介講演会 「日本書紀にみえる宇治」

   場所: 「ゆめりあ うじ」 (JR宇治駅前:宇治市宇治里尻5-9

   時間: 15時から17時くらいまで

   参加費: 2500円 

<お申し込み&連絡先>

「ちはやぶる宇治の未来をつくる会」 連絡先:090-3994-7595 森田

 

※K2O 室伏(090-5940-5078)までご連絡いただいても結構です。 

なお、明日のレジメを以下添付させて頂きます。
 
<レジメ>

テーマ: 日本書紀と宇治 

テーマ:日本書紀と宇治 

1)日本書紀とは? 成立年代 内容。  古事記との違い。   

真実を伝えているか?

中国の史書との関連 

2)宇治が最初に出てくるのは?  「国産み」「国譲り」 ・・・莵道彦とは? 

武内宿禰「内能阿曽」:

景行天皇屋主忍男武雄心命と、菟道彦(紀直遠祖)の女の影媛との間に生まれた。

孝元天皇[孝元(第8代)皇子彦太忍信命を武内宿禰の祖父とする。

』、孝元の皇子の比古布都押之信命(彦太忍信命)と宇豆比古(木国造)の妹の山下影日売との間に生まれた。孝元の皇孫。

 卑弥呼は、道教の巫女。許黄玉。(鏡と剣) 

   画紋帯神獣鏡 三角縁神獣鏡  方画規矩四神鏡  金銀錯嵌珠龍文鉄鏡  海獣神獣鏡

(垂仁時代)

  天皇、於茲、執矛祈之曰「必遇其佳人、道路見瑞。」比至于行宮、出河中、天皇舉矛剌、忽化爲白石。謂左右曰「因此物而推之、必有驗乎。」仍喚綺戸邊納于後宮、生磐衝別命、是三尾君之始祖也。

「額有角人」「田道間守至自常世國」「勾玉」

  昔丹波國桑田村有人、名曰甕襲。則甕襲家有犬、名曰足往。是犬、咋山獸名牟士那而殺之、則獸腹有八尺瓊勾玉。因以獻之。是玉今有石上神宮也。 

3)木幡嬢女 と 鏡山

額田王(万2-155 やすみしし 我(わ)ご大君の 畏(かしこ)きや 御陵(みはか)仕ふる 山科の  鏡の山に

  夜はも 夜のことごと 昼はも 日のことごと 哭のみを 泣きつつありて ももしきの大宮人は 行き別れなむ。

倭大后; 天の原ふりさけ見れば大君の御寿は長く 天足らしたり(万2-147)             青旗の木幡の上をかようとは、 目には見れども、直に逢はぬかも(万2-148

応神「到坐木幡村之時、麗美孃子」

 仁徳 「時有海人、齎鮮魚之苞苴、獻于菟道宮也。」 

4)宇治 莵道 の起源

   宇美と 淮南子の宇宙 

5)聖徳太子と宇治  敏達時代  

6)白村江の戦いと 宇治  665年 劉徳高は、なぜ、宇治に来たか?  

7)伊勢と宇治の関係  二つの宇治橋 宇治の「神」威 が 伊勢に移った。 

<お申し込み&連絡先>

「ちはやぶる宇治の未来をつくる会」 

連絡先:090-3994-7595 森田

※K2O 室伏(090-5940-5078)までご連絡いただいても結構です。

【お知らせ】『皆神塾:基礎講座』<瓊音(ぬなと)編>の第2回目DVD好評発売中です!!・・・「瓊音(ぬなと)」は「新井ワールド」の「真髄」です!!・・・ぜひご覧ください!!

『皆神塾:基礎講座』<瓊音(ぬなと)編>の第2回目DVD好評発売中です!!

このDVDは、新井信介先生が20年来研究してこられたいわゆる「新井ワールド」をテーマごとに詳しく、また、わかりやすく解説して頂こうということで、作成した『皆神塾:基礎講座』の第2回目のDVDです。


今回は、その「新井ワールド」でも、中心となる「瓊音(ぬなと)」についての解説DVDです。

「瓊音」は「新井ワールド」では大変重要な言葉で、新井ワールドの文明論・文化論の基礎「真髄」とも言える重要な言葉です。
皆神塾などの講演会でよくお聞きになっている言葉だと思いますが、講演会では詳細に聞けないことも多いかと思いますので、今回はそれらについて改めて解説頂きます。
新井ワールドの基本となる解説DVDですので、新井先生のお話をよりよく理解するためにも、どなたもぜひご覧ください。

全編で(時間:116分:1時間56分)のDVDです。
また、内容は次のとおりです:

次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ http://nunato.shop-pro.jp/?pid=93157957

 「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。前半:  71分(1時間11分)

・ <ヌナトの真髄> 根源的紐帯 と 音・響き (14分)
・ <YAMATO民族誕生> (11分)
・ ◎約6000年前の「シリウス・アクセス」 文明化の始まり (6分)
・ ◎文明の起こり (7分)
・ 人間・・・「想像」と「創造」 (2つのソウゾウ) (20分)
・ 豊かな人間社会へ  再創造のとき、自然とどう向き合うか? (4分)
・ <普遍的な価値>とは、何か? (9分)

後半:  45分

・ ◎国家・宗教・マネー (14分)
・ ◎コスモロジー(宇宙観) 森羅万象のとらえ方 (9分)
・ 「新文明」は、人間としての「存在確認」 (8分)
・ 主催者はだれか?     (14分)

販売価格は、「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)です。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025  FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→  http://nunato.shop-pro.jp/?pid=109201451

 「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。

なお、このDVDは、2016年10月4日に収録したものです。 

161004_皆神塾・基礎講座・瓊音編.jpg

《補注》

なお、「基礎講座」の第1回目の「皆神塾:基礎講座」<コスモロジー編>も好評発売中です。

詳細は次のリンクからご覧ください。→ 「皆神塾:基礎講座」<コスモロジー編>

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025  FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp          

次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ http://nunato.shop-pro.jp/?pid=93157957       「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。      

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

150604_皆神塾・基礎講座.jpg

あきれるわ、この蒙昧人種。11月3日は、「現人神」体制が決めた明治節を、象徴天皇が交付する日本国憲法にちなんで、文化の日としたのに。

  稲田、古田に加え、青山も。

 こんなので、世界の指導国になれるわけがない。

 http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/a97fd1d14a0add9490dce5e585af0336

「日本を切り売りすることによって利益を得ようとしている外国の遺伝子を持った人々だからである。」byカレードスコープ。

 このカレイドスコープ氏のブログは、日本国民のみならず、人類としても必読でしょう。

http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4625.html

 

トランプの支持率の急上昇と、日本のISIS支持者のことを書いていますが、

戦後のアメリカの権力構造での、主導勢力の変化まで、言及しています。

今の中東情勢 について、、

 アメリカ内部に巣食ったAMERIKA株式会社 と、ペンタゴンの正規軍人 とをきちんと分けて示し、

 当然、この動きと大統領選挙が連動し、それが、メディアの変化にも出ていると。

 ヒラリーが、前者にいて、戦争屋の代理人だったのは、明白です。

 

 そして、 これに合わせ、日本国内の良識派の動きも伝えています。

さらに、現在の自公政権について、掲題のごとく、

日本を切り売りすることによって利益を得ようとしている外国の遺伝子を持った人々だからである” と 断罪します。

 以下のブログも併せて、じっくりとお読みください。

http://ameblo.jp/geneumi/entry-12215284396.html 

このブログ主の意見に、私も賛成です。

面白いので、ちょっと抜粋。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

噂によると、リチャード網定時とかマイケル緑虫等が諸般の事情で、

日本にあれこれ指示ができない可能性があるらしい。

 

そうすると、日本の油ダポチお歴々は明日以降のシナリオが分からない。

 

アメリカ大統領はヒラリークリントンで決まり。

 

何があっても不正選挙で勝つことになっている。

 

実際はどうか?

ネットでは8:2くらいでトランプ圧勝。

だが、日本のメディアは未だ49:51とか言う。

今日になったらその差が1%縮まったと苦しそうな言い訳?

 

アメリカでは油ダポチ系放送局もさすがに白旗を上げ始めたというのに?

アメリカ国民にしたところで、ヒラリーだけはダメだっちゅうくらいお見通しである。

 

何なら、当選すれば?

どうせ、刑務所行きは確定。

不正選挙の証拠が出ればぐうの音も出ない。

 

米国官民軍のお歴々も、もはや1%の言うことは聞かないのである。

つまり、未だに1%にこだわっているのは相当な〇〇だけ。

 

(ここに北朝鮮の領袖の写真)

お宅の国も、夢のような国になるよ。

 

豊洲がどうの、自民党都連がどうのこうの、二階幹事長がどうの、

スズメバチがどうのこうの言っているのは日本だけ。

 

お隣の韓国も酷い混乱状態だが、

それに乗じて1%支配の終焉を有耶無耶にする算段なら、日本よりいくらかマシ。


逆に言えば、

偽総理のメガトン級スキャンダルとか、自民党の壊滅的暴露情報でも、

1%失脚の目くらましは不可能。

 

こうなると一般市民、その他大勢の注目は

どうやって保身をはかるの?マスメディア、で、ある。

 

今まで正義の放送をして来なかった。

1%の支持通りに世論操作をしてきた。

不正選挙に目をつぶってきた。

 

日本人の資産を湯水のように海外へ持出しても傍観するのみ。

ざっと半世紀、1%のために日本人を虐げてきた。

 

薬漬け、膨大な添加物(緩慢なる毒殺商品)、枯れ葉剤でがん患者を苦しめ、

地下鉄サリン事件の自作自演テロをミスリード、

検察司法に至っては 恣意的なえん罪と1%有利の判決に終止。

 

原発軍需産業を発電と偽り、いざ核攻撃されれば自然災害と言い張る。

天文学的な被害、尊い命をムザムザと死に追いやっておきながら

ロクな補償もしない。

電気を使いたければ原発処理税を上乗せですか?

泥棒に追い銭、追い剥ぎにお駄賃。

そんな会社が未だに存続する不思議。

 ・・・・抜粋終わり・・・・

シン・ゴジラが出撃するかもしれないな。すべては、大統領選挙の後。

今夏に公開された 大ヒット映画『シン・ゴジラ』は、いったい何の暗示だったのか?

 

 シン・ゴジラについて、少なくとも、以下の2点は、判る。

 ①首都圏に出現した破壊のモンスター

 ②高い放射能を発していた。 

 

 この2点を、

 ①を、巨大地震

 ②を、放射能被爆の実状公表 

 としたら、これからの近未来に、何が見えてくるか?

 

 これは、日本が、このままでは済まないという、破壊・崩壊の予告になります。

 では、そのあとに、どのように立て直すのか、を考えるに、ここでは、どうしても、マネーが関係する。

 

 今、中国は、人民元がSDRを持ち、国際決済通貨としての実績をますます広げています。

 しかし、戦後の日本は、日本円が、同じくSDRを持ちながら、全く、日本円が広まらず、

 日本円は日本国内限定通貨で、外向きには、FRBの米ドルの補助通貨として、アメリカ経済を支えるのみでした。

 1971年8月15日のニクソンショックと、1973年の原油売買のドル建て原則で、

 米ドルと戦争が不可分の関係になったとき、日本円は、戦争屋の活動を支える通貨になっていった。

 こういっても、いいかもしれません。

 そして、そこにあった国際政治のセオリーは、「希少資源の権威的分配」でしたが、それが、今年に入って、

 ガラガラと崩れているのです。(日本だけが、既得権維持で汲々としています。それが原発推進です)。

 マネーに関しては、日本では、戦後、政府管轄(租税と国債が資金源)に、一般会計と財投資金などの特別会計がありましたが、

 それとは、まったくの別枠に、日銀から大企業の経営者に、直接与信を与える特殊資金がありました。

 一般会計が、火の車ですが、 今、特別会計は、どうなっているのでしょう。

 そして、特殊資金は、今は、完全に、消滅もしくは、利用が閉じられている ようです。

 しかし、 国家的な緊急事態が起きた時には、どうなるのでしょうか?

 通常の激甚災害指定での資金では、到底、賄えないほどの被災状況になったときには、どうなるのか?

 

 これは、一国内の国家権力と通貨の問題を超えて、まったく、別次元の判断になるのでしょう。

 

 コンパクト・オリンピックを謳い文句に、手を挙げた、2020年の東京オリンピック。

 その前提には、安倍晋三がプレゼンテーションした、福島の汚染水の「アンダーコントロール」がありました。

 しかも、オリンピックの開催獲得に、裏金をつかっていたことが、既に、はっきりしています。

 当初の前提の二つが破られたままで、しかも、不正行為があったことに何の恥も感じずに、今、日本の無節操人間たち(安倍政権と、経済界と、メディア)は、予算規模を肥大化させながら、突っ走っています。

 裏には、戦争屋のお仲間がいるのでしょうか。

 小池知事が登場しても、 森くんたちが、IOCそのものを、完全に懐柔してしまいました。

 

 こんな状況ですが、 

 

 ウシウシと、懐柔していたら、 ホンモノの怪獣が出た。 

 

 てなことになるかもしれませんよ。

 

それが、上記の①②になるやもしれず。

日本国内での戦争屋の支配が、今後も続くとなると、相変わらず、財務省も日銀も彼らの縛りのなかで、身動き取れないのではないか?

 それが、もし、

「1%のためにではなく、99%のために」と言い出したトランプを、表に出そうという動きになったとき、何が起きるのか?

 「『直ちに影響はない』の時期は、とっくに過ぎ去った」

 「アンダーコントロールは嘘でした」

 こう言って、国民と世界に向けて、日本の政治家が、ゴメンナサイをいう日が来るのでしょうか?

 

 日本国民の民意・民心は、今、10月の新潟県知事選挙に、表れています。

 

 今、「金融ワンワールド」は、超大富豪のマネーや、タックスヘイブンに秘匿されたマネーを表に出し、「育成型のマネー」として、市場や事業投資に活かされることを促そうとしているように感じます。

 シン・ゴジラ は、何のために、いつ、どこで、どのような火を噴くことになるのでしょうか? 

 

 みんな、死ぬな。 未来の種になる、決意・自覚・実践をせよ。

 必ず、光の時代が来る。 真実から、目を背けるな。 備えよ。 希望を捨てるな。

 73億分の一でも、新しい未来を、間違いなく創れる。 ここからだ。   

京大有志の会 声明書。当たり前ですね。「戦争屋」と完全に手を切らないと、安倍も終わる。 

     

 

京都大学の有志の会が安倍政権に対する声明書を出しました。2016年10月19日。(FBより転載)

鼻血は、「そこにいてはいけない」、「その食生活を続けてはいけない」のサイン、と考えます。

  こんにちは。

長野県北部に住む我が家ですが、家族に言ってあることがあります。

ここは、温泉も多く、フルーツも豊富で、しかも、キノコの一大産地ですが、

万が一、家族の中で、誰かが、鼻血を出したら、迷いなく、この地を去るつもりです。

幸い、今のところ、大丈夫です。

 

そして、 我が家では、極力、加工食品や、白砂糖を取らないようにしています。

菓子類には、どんな原料が使われているのか、とくに、100ベクレル未満のコメ、小麦が、

どんどん使われています。

防腐剤 味覚調整剤 発芽抑制剤を使った果実 遺伝子組み換えの種子による作物。

できる限り、避ける。

生産者の顔の見える、漬物、つくだ煮、総菜など、料理に込められた心が感じられるものをいただきます。

自分が未来の種になる、と自覚する以上、生命を壊す要素のあるものを避けるのは、当然のことです。

 

2016年の今、生きる目標をどこに置くか、あるいは、生きる目的を何にするか、人によって異なるでしょう。

避けられないのは、放射能汚染がますます悪化することです。これには、嘘やかく乱の情報の汚染もあります。

そして、未来が見えない以上、思い切って、事業投資をする人は、日本列島には、少ない、ということです。

この点、大陸では、まだまだ、住環境の整備やメインテナンス、教育や訓練などに投資先は、たくさんあります。グローバルに視野を広げれば、日本で培われた技能や経験を生かす場所は、無限大にあります。


人間は、美しいもの、イノチ溢れるもの、自分をきちんと理解してくれるもの、ウソのないもの、が好きです。

しかし、これが、国家権力によって、ある枠組みができて、そこで高額のマネーが使われだすと、何があっても、嘘をつきまくっても、どんなに犠牲者が生まれようとも、自分の非を認めず、既存の体制を続けようとします。大本営の時代が、まさにそうでした。

国家の主役は私たち自身なのですが、国からもらえるマネーを前提にすると、未来を自由に描けず、いつでも、旧体制での奴隷のママになります。

私は、一つの生き方を強制されるのは、ごめんです。

 ただ、国家の垣根は、今後は、ますます、低く、薄くなっていくでしょう。

それだけに、日本人とは何なのか? これをきちんと、自覚していたいとおもいます。

 明治維新から終戦までの80年間は、近代国家の発生と伸長の時期ですが、これは、日本列島全体での人類の歩みの中でも、国家権力が異常に強大化した、極端な中央集権時代で、ここで、生まれた天皇観と国家像は、個人のイノチを国家権力に強制的に奉仕させた(滅私奉公)という意味で、ほんとうに歪(いびつ)でした。 人間のロボット化、パーツ化が進んだのです。

 この形が、現在は、国家権力ではなく、資本家の利益の最大化を目標にする、企業社会の中に、そのまま、残され、個々の人間が病み、社会全体が痴呆化する事態が、進んでいます。

 → (ハロウィンも、この一つの現れですね)

 しかし、長いスパンでみると、日本に列島で育まれた、素晴らしい、普遍的な価値があることを、確認できます。

 花鳥風月を、愛でること。 本物のイノチの叫びを、感じ続ける姿勢です。

何回も言いますが、大陸では、始皇帝が文字のみならず、通貨も統一しても、日本列島では、通貨は、それからのち、約900年間、まったく発生しなかったのです。

 それでいて、巨大な建造物をつくるほど、多くの人間に行きわたった情報体系ができていたのです。マネーは、私的所有と、物性の凝縮物ですが、それを、拒否していたのです。

それでいて、きちんと統一目標や、それを達成するための分業も協力もあったのです。

 縄文以来の原始交易の基本が色濃く残こり、さらに、多くの人間の心を動かす、感動の基が、きっとそこにあったのでしょう。 そうした感動が、残されたのは、万葉集や古今集などの 歌 なのでしょう。

通貨のなかった時代の実際の姿を、今、真剣に探っています。  

文字の記録がない中、とても難しい作業ですが、「生きる」という実感では、思いやりにあふれた時代だったと推測されます。

そこに、今の日本の現実を突破するカギがあると確信しています。 

« 2016年10月 | メインページ | アーカイブ | 2016年12月 »

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像