新井信介京の風

2016年10月

>御用学者すら良心の呵責に耐えかねたか。10月23日の北海道新聞の報道に対する意見。

 隠しきれないほど、ひどい状態なのですね。

以下に、北海道新聞と、それに対するコメントの記事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「放射線の影響は考えにくい」に疑問 

 福島の甲状腺検査 評価部会長が辞表  

  北海道新聞 10/21(金) 13:30配信

  「部会長の立場では自分の意見が言えない」  

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161021-00010003-doshin-soci
 
 
 
国を挙げて、ノンベクレル化に舵を取れ!!。
 
 

【お知らせ】『皆神塾:基礎講座』<瓊音(ぬなと)編>の第2回目DVDが出来上がりました!!・・・「瓊音(ぬなと)」は「新井ワールド」の「真髄」です!!・・・これは必見です!!

このDVDは、新井信介先生が20年来研究してこられたいわゆる「新井ワールド」をテーマごとに詳しく、また、わかりやすく解説して頂こうということで、作成した『皆神塾:基礎講座』の第2回目のDVDです。

今回は、その「新井ワールド」でも、中心となる「瓊音(ぬなと)」についての解説DVDです。

「瓊音」は「新井ワールド」では大変重要な言葉で、新井ワールドの文明論・文化論の基礎「真髄」とも言える重要な言葉です。
皆神塾などの講演会でよくお聞きになっている言葉だと思いますが、講演会では詳細に聞けないことも多いかと思いますので、今回はそれらについて改めて解説頂きます。
新井ワールドの基本となる解説DVDですので、新井先生のお話をよりよく理解するためにも、どなたもぜひご覧ください。

全編で(時間:116分:1時間56分)のDVDです。
また、内容は次のとおりです:

次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ http://nunato.shop-pro.jp/?pid=93157957

 「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。前半:  71分(1時間11分)

・ <ヌナトの真髄> 根源的紐帯 と 音・響き (14分)
・ <YAMATO民族誕生> (11分)
・ ◎約6000年前の「シリウス・アクセス」 文明化の始まり (6分)
・ ◎文明の起こり (7分)
・ 人間・・・「想像」と「創造」 (2つのソウゾウ) (20分)
・ 豊かな人間社会へ  再創造のとき、自然とどう向き合うか? (4分)
・ <普遍的な価値>とは、何か? (9分)

後半:  45分

・ ◎国家・宗教・マネー (14分)
・ ◎コスモロジー(宇宙観) 森羅万象のとらえ方 (9分)
・ 「新文明」は、人間としての「存在確認」 (8分)
・ 主催者はだれか?     (14分)

販売価格は、「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)です。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025  FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→  http://nunato.shop-pro.jp/?pid=109201451

 「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。

なお、このDVDは、2016年10月4日に収録したものです。 

161004_皆神塾・基礎講座・瓊音編.jpg

《補注》

なお、「基礎講座」の第1回目の「皆神塾:基礎講座」<コスモロジー編>も好評発売中です。

詳細は次のリンクからご覧ください。→ 「皆神塾:基礎講座」<コスモロジー編>

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025  FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp          

次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ http://nunato.shop-pro.jp/?pid=93157957       「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。      

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

150604_皆神塾・基礎講座.jpg

 

 

阿修羅掲示板にある、久米宏の東京五輪反対発言への支持コメント、正鵠を射ている。

 2016年の10月末。

 何を守るべきなのか?  日本列島に生きる、人間個人として、どこに、視座と、価値を置くべきなのか?

 そのとき、今の国家(統治体)は、どうなるのか?  経済体は、どうあるべきなのか?  

 (私は、一定地域内でマネーを発生させず、それでいて、その地域外に向けて、価値を発揮し続けるモデルを考えています。その中心に、統合医療があるのは言うまでもありません。まず、生存。そして、マネーに代替しうる文化的価値の永続生産です。)

  私は、未来を、進んで壊す決定をしようとする意思には、絶対に追従できないし、それを挫きたい、と考えてきました。自分のこの5年半を振り返るにつけ、本当に、微力でしかなかったが、それでも、絶望の先の光を感じています。  

 まず、自分の家族を守りながら、同じ視座と価値観をもつものと連携し、日本列島にできた文化体を守りたい。

 オリンピックに対する姿勢は、そのための、試金石でもあります。

 久米さん、また、メデイアに出てほしい人材です。 きちんと、放射能のことも、触れてほしいですが。

 「ホ」の蔓延と個々の肉体への侵蝕が、私たちの目の前に、どんどん逃れられない「真実」を届けてくれます。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

久米宏「五輪を東京でやる理由がわからない」「最大3兆円の費用、他に使うところがある」 「最後の一人になっても反対します」

公開日: 政治経済社会問題  

cv2gwymvuae7s-m

この発言を、阿修羅の掲示板がとりあげ、そこに、以下の書き込みがありました。

http://www.asyura2.com/16/senkyo215/msg/223.html

11. 2016年10月29日 22:15:15 : Qux6ZQR8RM HDVFDDMLULM[4] 

長野オリンピックではっきりわかっていること
準備段階で土建業界への金を使い果たして、オリンピック始まるころには既に不景気のど真ん中で潰れる土建屋が出ていた。

その後何年もの間長野近辺の土建屋は冬の時代で景気もどん底になった。

地デジに切り替えの時は、先を争って販売台数の争いになって、電機メーカーの体力勝負になりその後何年も いまだに テレビの販売は底這いのまま シャープが買収される原因になってしまった。

公が仕掛けるイベントは 何年分もの需要を先取りするだけで結果的に民間の体力を奪って消耗させるだけ。
東京オリンピックも必ず同じ結果になる。

既に日本の主な産業は既に企業家が自ら中国に出してしまって国内で普通の国民が生活できる種が無く 貧乏に向かって坂道を転がり落ちていく途中。
戦争で国土を取られたのなら、それだけで後の費用は掛からない。

原発で福島という国土を失ってからもなお あとの始末に莫大な国費が必要になる。

国民はこの先 何重苦もの負担にさらされている  それもこの先何代にもわたって・・

これらの犯罪人の始末の始末もできない日本にはオリンピックなど開催する資格などない。

オリンピックは開発・発展途上の人口構成が若くて将来の展望が明るい国にしか任せてはいけない。


12. 2016年10月29日 22:36:52 : fq2LET9Crc Z1MVX8XlznI[185] 
東京オリンピック
返上できるものなら返上して欲しい。

過密都市に、またお金をかけて設備を作ってどうする。
例えば、その地方を活性化するために、九州とかで開催するのならまだ理解できる。

東京オリンピックも、サッカーのワールドカップのように日本オリンピクとして種目ごとに地方で開催するならまだ理解できる。

返上する訳にもいかないだろうから、ぜひ全国で開催して欲しい。


13. 2016年10月29日 23:06:46 : 3E76uVCkj6 nVgKMnZYopg[331] 

愛の予想では 2020年が 富士山の噴火の時期なんだがね~~~

 皆さんは どう思う??


14. 2016年10月29日 23:42:20 : sPCJ5CNEPA 6ZHvrYSzcEo[3] 
>>12
返上できますよ?ていうか裏金五輪なんてそもそも開催できるわけがない
無理矢理推し進めているだけで、法に則れば剥奪です
フランス当局が東京五輪が裏金五輪であると暴いた
そろそろ東京五輪開催権剥奪されるだろうな

15. 2016年10月29日 23:58:26 : bYUTlGq7cE 3JjNxXW4xdg[487] 
「カネがない」のだから、開催できない。したがって返上する」。これ、当然ではないか。

「借金して開催する」など、未来への負の投資だ。貧困化を加速するものだ。全く馬鹿げている。

「夢」ならば、寝ている時に見て、それで満足だ。
ましてや他国から「ODAで借金する」など、とんでもない空想だ。
できるだけ早く返上することだ。


16. 増税反対[1342] kZ2QxZS9kc4 2016年10月30日 00:11:20 : Z8hHY5b0CI aXFLMTGIlgA[8] 

>「オリンピックは国家的行事。20年にわたるデフレ不況に苦しんできた国民に明るさをもたらしてくれる。

 オリンピックで国民の消費が活発になり景気が盛り上がることを期待したい」・・・


一体何をどうしてどの様に生きてきたら、この様なアホな考えを もてるのだろうか

ちなみに北海道ですが金をむしり取られるだけで、オリンピックの恩恵は皆無です。もちろんどの競技も見に行く事も出来ません。

オリンピック開催に関係する経費は、全額東京都民が負担して下さい。それが最低限の礼儀というものです。

バカな都民が負担して下さい・・・


17. 2016年10月30日 00:14:17 : 7U1W5ro7JM Fte615eQknU[152] 
長野五輪の場合は、競技施設などの建設費が1398億円、
大会運営費が1080億円だったとされる。
単純に合計すれば、2478億円だ。
3兆円ってことは、単純計算でも、長野五輪の12倍以上ということだよ。

もう一つ比較例を出すと、
愛知万博の総事業費は、1900億円だったとされている。

いくら東京の特殊事情を勘案しても、
6分の1の5000億でも、はっきり言って掛かり過ぎ。
しかもこれは、道路などのそれに伴うインフラ整備を一切含んでいない額だよ。
3兆円掛かるとか、いったいどこからその異常な額が出てくるのかと思う。

五輪の3兆円どころか、
安倍第一書記は、年金などを運用損で 今年の上半期だけで約37兆円を蒸発させているし、
就任以来、諸外国に巨額の持参金付き海外旅行を繰り返している。
安倍第一書記は、少なくとも50兆円以上、税金を身勝手に使い込んでいるのだ。

この巨大な資金を、国民生活の向上に使えば、
一億総上流社会の実現も夢ではなかった・・・。
安倍第一書記の存在そのものが、究極の無駄遣いなのである。


18. 2016年10月30日 00:44:53 : 4aNu6KGiCg kCwEEpLPtUQ[357] 

    *:イタリアの五輪は、未だに赤字の借金塗れ・・・

    *:長野五輪も、未だに赤字の借金塗れ・・・

     経済効果は実は真っ赤なうそデタラメだった。
越後屋と悪代官の利権のためのウソも方便、詭弁に過ぎない。

    =========

    
セコイ経産大臣が、裏談合をやらせていたが、

       廃炉費用+賠償金=11兆円、追加で7兆円を、

          国民に支払わせる裏の談合であった。

    =========

   
実際、2基は廃炉が無理で、永遠に出費する?! から、

     長い目では、50兆円でも間に合わないし、3号機が地震で倒れたら、

       何倍も金が無駄になる。

    =========

 >福島の人たちに勇気を与えるって言うけど、そんなのダシに使うなよ

 

 < 全く。

  

 東京五輪で、西日本の無駄な道路にダム建設で、

 (1)福島から作業員が逃げ出して復興が中断
 (2)ダンプも逃げ出して足りない
 (3)建設資材の奪い合いで価格が高騰し、
  集団移転するはずが、費用が足りなくなって、出来ずに足踏みの
  村や町が多数出ちゃってる始末。 

    ==========

     五輪騒ぎの裏で、


 ★:セコイ経産大臣が、裏談合をやらせていたが、

       廃炉費用+賠償金=11兆円、追加で7兆円を、

          国民に支払わせる裏の談合をやってるし。


 ★:青森県の三沢基地では、英軍の戦闘機が飛来して、

         自衛隊と合同訓練してる。米軍以外とは戦後発。

           血を流す・「美しい国・日本」のために戦争参加の準備中。

      ========

     放射能から目を逸らす、TPPから目をそらす、

       進次郎の雇用切捨て法案から国民の目を逸らす、

         進次郎の年金カット&医療費負担増制度から目を逸らす、

          憲法改正~基本的人権の破棄などから目を逸らす・・・

      =======

     久米さん、どんどん発信してやってください。選挙です・・・・

子供に連れられ、『デス・ノート2』を見てきた。突然死社会にピッタリだね。

 こんにちは。

今日は我が家の奥さんが、研修でいないので、私が家族サービス。

長野に映画を見に行きました。

長男が、「父ちゃんは、インフェルノでしょ」というのですが、

ガキンチョ二人が、頭の中に何が刷り込まれるのか、気になって、

『デス・ノート2』を見てきました。

で、私の感想。

大人も大いに見るべし。

まあ、後半は、完全に、仮面ライダーのノリですが、 ワーナーブラザースが、全世界配信するようです。

 

 日本発のホラーで、 「祟り」が、完全に、欧米社会に浸透しだしていますが、

この「デスノート」も、 死神との契約 として、 呪詛を現代版にしたものです。

はて、FRBの裏がわの悪魔どもに、この映画は少しは、効果があるでしょうか?

今年の「911」で、ヒラリーは、ぶっ倒れたわけですが、 

日本においては、

「フクシマ」で、うそを言い続けている人間は、 デスノートに,その名は、記載されていないのでしょうか?

私には、映画よりも、現実のほうが、よほどおぞましく感じます。

昨夜は、またまた、フクシマでは、とんでもない光が出ていますし。

 https://m.youtube.com/watch?v=J5A9dUYXqdo

ロシアが本気になって、日本と領土交渉するなら、この現実を見ない嘘つき政府とマジに交渉するでしょうか?

 まるで反省しない人間とは、ともに、未来を築いていくことはできない。

これが、宇宙のセオリーのはずですが。

 フィリピンのドゥテルテと、陛下は会えなかったわけですが、その裏には、あえて三笠さんの逝去の発表を、その時期に当てて、邪魔をした勢力がいる、との観測もあります。

『デスノート』をもたらした死神よりも、もっともっと質の悪い、悪魔どもが、この国を動かしています。

権力とマネーに惑わされ、そして、自分自身の心の中に、神(=創造神=宇宙の主宰者)を見つけられないものは、  迷ったまま、今生を終えていくのでしょう。

 今日は、最後に、このツイッターを紹介します。

 

サバイバルで最後まで生き残った人の名言で「楽観は死ぬ確率を高める」がある。「明日は仲間が助けに来てくれる」「この状況を楽しもう」「悲観していても仕方がない」という人は続々と息絶えた。 生き残る術は「助けは来ない」「状況を直視し危険を回避」「時が過ぎるのを待つのみ」だという。深い。

 

あれれ、日ロ交渉がどうなるか、わからない。「交渉に期限設けず」と。

 以下、時事通信からです。

対日交渉に期限設けず=「中国は40年」―プーチン・ロシア大統領

時事通信 10/28(金) 10:21配信

 

     【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は27日、北方領土問題を含む日本との平和条約交渉について「(合意までの)期限を設けるのは不可能であり、むしろ有害だ」と語った。 


 タス通信が伝えた。南部ソチで開かれた内外のロシア専門家の会議で「今後2~4年間で平和条約締結は可能か」と問われたのに対し、否定的に回答した。
 プーチン大統領は、強い信頼関係にある中国との国境画定交渉ですら40年を要したと指摘。「残念ながら、日本とはその水準に達していない」と主張した。

 ただ、平和条約締結は不可能でなく、「全ての問題の最終解決は日ロの国益にかなう」と述べた。また、「解決したいし、努力しているが、いつ解決できるか現時点で答えることはできない」として、今後の交渉次第だという認識を示した。

 12月にプーチン大統領の公式訪日を控え、懸案の平和条約交渉が大きく進展するのではないかと日本側で期待が高まっている。今回の発言は、自身の訪日時に領土問題で思い切った決断をする可能性を事実上排除して、日本側の期待値を下げる狙いもありそうだ。 

三笠宮は神武天皇の実在性を疑っていた。日本オリエント学会を起こし、ヘブライ語を学んだ。

 御年、100歳。

覚悟していたとはいえ、昭和天皇の弟の崇仁さまが、昨日、薨去されました。

宮内庁書陵部で、独自に研究していた、小林恵子(やすこ)さんを見出し、 文芸春秋社の社長を呼んで、

その膨大な研究レポートを、書籍に纏めさせました。

このとき、三笠さんと小林さんによって確立された視座が、私の歴史研究の出発になっています。

日本の皇室では、戦後は、一貫して、この三笠さんの歴史観が、基本になっています。

もちろん、「うちの先祖が天皇を作った」という金井氏もこれと一緒で、

「縄文との連続性を、確立せよ」

これが、12年前に私に与えられた命題でした。

「日本精神」や「日本文化」を語る日本会議の面々は、事実史としての天皇や王権の誕生に、

冷静な研究を全くせずに、 現皇室の皆さんが、もっとも忌避したがっている、戦前の国家観と宗教観で、日本民族と文化を定義し、その理解に、とらわれているのです。

これは、ローマ帝国が作り上げた「神話になったイエス像」を、そのまま、実在としてきたバチカンとおなじものでした。

 神武の和風諡号「カム・ヤマト・イワレビコ」 

 ここにある、「イワレ」には、どんな 謂れ(イワレ)があるのでしょう。

奈良の三輪山の西南の麓が「磐余(イワレ)」と言われる地域で、これまで歴史学者は、その地の特定に熱心でした。

これは、日本列島での正式な王権発生の起源となる「イワレ」が、この地から始まった、というのが真実です。

皇室の皆さんは、もちろん、ご存知です。

それが、崇神天皇(ミマキイリヒコイニエ)の代であり、古事記日本書紀ともに、この人物には、神武と同じく、ハツクニシラスの名前が、贈られています。

 その三輪山にある神社が、大物主を祀る大神神社です。

「三輪」とはなにか、「大神」とはなにか、 今年9月のヌナトツアーでは、みんなで確認しました。

その実在のハツクニシラスである第10代の崇神のまえに、日本列島には、天孫族のニギハヤヒがいた。

これが、第9代の開化になります。 

問題は、その「ニギハヤヒ(個人の固有名詞ではなく、『地位』を表す普通名詞)」が、いつ、日本列島で始まったのか、ここが、重大ポイントです。

不比等は、これを知っていました。 それを、暗示しているのが、日本書紀に出てくる「金鵄」です。

古事記を「ウマヤド」の誕生で終わりにしたのが712年で、不比等は、それから8年の時間をかけて、再度、国の始まりからまとめ上げ、日本書紀を仕上げるときに、日本列島での独自性として、ある、文字を強調しました。

それが、  です。

この字は、日本書紀になって、一斉に登場してくるのです。皆さんも、ぜひ、ご自身で確認してください。

 

そして、今年9月24日、 日本鉱物学会は、 ヒスイを、「日本の石」に、正式に認定しました。

 三笠宮さんが、求めていたのは、人類史の中にある、「日本の真実」でした。

【お知らせ】『地球史からみた天皇誕生!!』の第3回目(10月16日開催)DVDが出来上がりました!!

 2016年10月16日に開催した新井信介講演会『地球史からみた天皇誕生!!』のシリーズ第3回目のDVDが出来上がりました。 

縄文から、どのようにして、日本国ができたのか? 
縄文の日本列島に、どのようにして、ヘブライが入って、日本国を創りだしたのか?
それを解き明かしていくシリーズの第3回目です。

全編で180分(3時間)の長編DVDです。

販売価格は、2016年11月末までにご購入の方には、キャンペーン価格として、定価6000円のところを「4000円」にてご提供します。
「瓊音倶楽部」会員の方は、定価の半額ということで、2016年11月末までは、定価2000円にてご提供します。
なお、いずれも「別途送料300円」を頂戴いたします。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→瓊音ショップ」  「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

<テーマ>

縄文ヌナカワが、いかに中華文明を受け止め、変化したか?
~司馬懿から、隋の文帝の泰山封禅まで

<レジメ>

◎公孫淵は列島に入って、崇神に  これを、イザナギと神武に仕立てた
仁義礼知信 と ヌナカワ   日本と仁科
ヘブライの正統性は「橘」   クシャーンの最後の王「ツヌガアラシト」
   中華の分裂   九州にいた「ヤマトタケル」を、景行の次男が引き継ぐ 
   弓月国と七支刀  東晋は偽物だが漢文に強い百済を冊封した

◎八幡神の誕生   暗躍する「内能阿曽」と息長氏
   高志に行ったホンダワケと、宇治・吉野  
   「千字文」と官僚団   ジャータカ説話と、蘇我氏

◎高句麗と倭国が一体化   仁徳(オオサザキ)とは?
前秦滅亡と北魏の発展   誉田丸山陵(聖方位)に、北燕の鞍
なぜ、洛陽遷都?  裏にいた催浩と長寿王
列島内の百済人(漢文使い)と、ワカタケル(雄略)の上奏文
雄略のときに、和爾氏は春日氏になった   ユダヤの祭祀メソッド

◎ネストリウスの「三位一体」と、継体
   20年かけて、磐余に、「青旗」 岩井の反発と、新羅の仏教化 

◎仏教は、音と祈り → 仏像 → 経典
   蘇我氏が、糸魚川のヒスイ独占

◎北魏の滅亡から、北斉の蘭陵王
   洛陽と伝国璽
イエス(ウマヤド)信仰の復活

◎飛鳥時代の始まり  宝皇女の誕生の意味  
隋を認めない高句麗の裏に

◎「武力よりも文化力」   堅塩姫・穴穂部間人
11月22日  ニギハヤヒの弔いと、広隆寺の太子堂 

販売価格は、2016年11月末までにご購入の方には、キャンペーン価格として、定価6000円のところを「4000円」にてご提供します。
「瓊音倶楽部」会員の方は、定価の半額ということで、2016年11月末までは、定価2000円にてご提供します。
なお、いずれも「別途送料300円」を頂戴いたします。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→瓊音ショップ」

「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

161016_地球史からみた天皇誕生.jpg

 

11月6日(日)は、宇治で、日本書紀と「ちはやぶる宇治」の研究です。「八幡神」と二つの「宇治橋」、665年に唐の占領軍司令官が宇治に来ています。

 こんにちは。

先週の名古屋と大阪では、新しい仲間も増え、楽しい会になりました。

11月6日(日)に、宇治で、日本書紀と宇治 をテーマに話します。

 主催者は、「ちはやぶる宇治の未来をつくる会」

 会場が、宇治駅のすぐ横の、「ゆめりあ うじ」です

 午後3時からです。 連絡先は、090-3994-7595 森田さん。

 https://www.facebook.com/chihayaburuuji/photos/pcb.267170223682540/267170117015884/?type=3&theater

 http://chihayaburu-uji.com/%E3%80%8C%E3%81%A1%E3%81%AF%E3%82%84%E3%81%B6%E3%82%8B%E5%AE%87%E6%B2%BB%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E5%8B%89%E5%BC%B7%E4%BC%9A%E2%91%A1%E3%80%8D/

 

2020年が、日本書紀編纂1300年ということで、宇治でも、この年を祝いたいとのこと。

 日本書紀は、面白い。 日本人の文化と統治体を語るうえで、アイデンテイテイーとなる大きな柱になっています。

712年に成立した古事記との違いを整理すると、違いが分かってきます。t

 古事記の始まりは、アメノミナカヌシ    日本書紀は、クニトコタチ

 古事記の終わりは、ウマヤドの誕生574年 日本書紀の終わりは、持統の退位697年 

 日本書紀には古事記にない物語として、ウマヤドの成人から死、太秦と常世神 入鹿殺害 斉明の吉野宮 白村江の敗戦 近江大津京 壬申の乱 天武の「朱鳥」 持統の吉野行き 高市皇子の死 などが、あります。

古事記の完成は、712年なのですが、なぜ、ウマヤドの誕生以後の物語を書かなかったのか?

それから8年後には、日本書紀が完成しましたが、なぜ、持統の退位で、終わりにしたのか? 

 712年から、720年に、何があったのか?

この期間に、不比等たちが、史書の編纂作業で、改めて、日本列島の歴史を見つめているときに、大きな、国際情勢での重大事があったと考えるべきです。

それは、則天武后が作り上げた、「周」の滅亡です。 

始皇帝以前に戻そうとしていたのが彼女で、彼女の治世のときに、 国名の「日本」が承認されたのです。

その上で、717年の遣唐使 が肝心です。ここに、阿倍仲麻呂がいました。不比等の長男の宇合もいました。

 また、

 「YAMATO」の音に、 漢字表記で 「日本」と、つけたのは、この日本書紀からです。

  それまでは、 倭、 山門、 大和 でした。

 

宇治に、何らかの「神」威を感じ、畏怖していたのが、3世紀末~7世紀の列島の人間でした。 

福岡の宇美で生まれたとされるホンダワケ(応神)が、武内宿祢に連れられ、宇治で忍熊王を破り、さらに、敦賀にいき、再び宇治方面に戻るとき、木幡で宮主宅媛と交わった。この後、宇治に都を造り、死後は、羽曳野に埋葬された(誉田丸山陵)。

 宇治とは、どんな場所だったのか? 「木幡」と、「鏡山」が、重要なキーワードです。

 古事記の編纂を命じたのは683年の天武ですが、その天武が崩御するとき、「朱鳥(アケミトリ)」の元号が送られました。そのあと、ウノササラ(持統)が4年の称制を経て即位して、伊勢に行き、31回、吉野に通ったあと皇祖神アマテラスを作り出し、藤原京を造って、高市皇子の死後に、孫とされる、軽皇子(豊祖父命)に、譲位しました。これが文武になります。

 日本列島で水稲の稲作が始まるのは3000年前(佐賀県の菜畑遺跡)ですから、持統の退位=文武の即位の697年までに、1700年の時間が流れていました。 3000年前というのは、殷周革命や、古代イスラエルの成立とほぼ同時期です。

 この1700年の時間の流れはあまりに長い。日本列島では1万年以上続いた縄文人の上に、どれほど多くの人間が入り込み、溶けこんだのでしょう。

 BC221に、中国大陸で秦が統一し、孔子が求めていた理想の政治体制が実現し、法治主義を始めましたが、その秦は二代で終わり、「項羽と劉邦」の勝者である劉邦に、始皇帝の孫の子嬰(父は扶蘇)から玉璽が渡され、そこから、漢帝国が始まった。 漢民族とは、このときの政治体の成立から生まれた概念です。漢では、8代の武帝劉徹のときに、儒教秩序が確立します。この影響は、日本列島に及んでいます。

それが王莽によって壊れ、後漢の光武帝劉秀が再度、統一王朝を立て直した。(このときに「金印」)。その後漢も、黄巾の乱の後、三国志の時代になり、曹操の息子の曹丕が、後漢の献帝から皇帝の地位を奪ってt魏を立て、その魏の二代目皇帝の明帝曹叡のいる洛陽に、邪馬台国の卑弥呼は、帯方郡を経て自分の使者を送っています。

 魏は司馬懿(仲達)の孫の司馬炎によって皇帝位が簒奪されて、晋になり、その晋は内乱と匈奴系部族侵攻で滅び、華北は五胡十六国の戦乱になり、華南では司馬懿の曾孫にあたる司馬睿が晋皇室の最後の生き残りとして現在の南京の地に亡命し、東晋を立てた。五胡十六国は前秦が統一し、前秦と東晋の戦い(383)のあとに、華北に北魏が興り、その北魏は東西に分裂したあと、西魏を継いだ北周が、東魏を継いだ北斉を破って、まず華北が統一され、その北周の将軍だった楊堅が簒奪して隋を立て、さらに南朝の陳も併合し、文帝として、595年に泰山封禅し、統一を回復しました。

 その文帝の息子が煬帝楊広で、この人物のもとに、607年小野妹子が派遣されました。その煬帝の部下だった李淵が、次男の李世民に促されて興したのが、唐です。

 古事記の最後に書かれた「ウマヤドの誕生」とは、上記の中で、北周が北斉を滅ぼした時期に当たります。

 また、日本列島での持統の即位と、大陸で史上初の女性皇帝、則天武后の即位は、同じく、690年でした。

 日本の宮中雅楽は、始皇帝の治世を祝うものですが、則天武后は、始皇帝の即位前の周の時代の統治概念である「徳治」を目指し、その姿勢は、娘の太平公主が引き継ぎましたが、彼女が死んだ年が712年で、玄宗李隆基によって、唐が回復した年でした。

 このときのまでの中国大陸での王朝の交替や政変を、日本列島の民がどう受けとめ、その中から、どのようにして、スメラミコトを誕生させていったのか、これは本当に壮大なドラマです。

 天武の后だった持統(ウノササラ)が、皇祖神アマテラスを作り出すときには、傍らには不比等がいて、地球史全体の視野に立って、日本列島に限定した、王権、あるいは、統治体をつくりあげるという、大きな使命がありました。これは、あたらしい民族の創出 でもありました。

 そのとき、シュメールやエジプト、ヘブライ、アケメネス朝ペルシャ、ギリシャ、ローマ、クシャーン、ササン朝ペルシャなどからも、その背景を持つ人間が入り込んでいます。

 地球で氷河期が終わったあと、地勢や気候に順応して、各地で独自に生存手段を確立して、個々に自律自立しながらも、原始交易で平和裏に遠隔地ともネットワークを保って、部族社会を構成していた段階から、いつ、どのようにして、巨大王権(情報体系)が誕生し、それが、世界史の主流になっていったのか、 この人類社会の発展の原理に立って、日本列島での、王権=天皇の誕生も、きちんと考えてみたいとおもいます。

 日本の天皇家の祭祀には、本当に多くの要素が入り込んでいます。

それを、一つに、まとめあげたのは、鎌足~不比等の親子です。

彼らの出現と、その歴史的意義は、狭い東アジアだけでは、とても語れません。 

鎌足は、日本書紀では、大化改新の前年の正月に、いきなり、神祇官に推薦されているのです。

また、日本書紀には、百済の最後の王,義慈王の弟のギョーキや、高句麗の淵蓋蘇文の息子の男生、新羅の文武王の息子(金霜林)が登場し、  

特に664年の条には、淵蓋蘇文の遺言まで載せ、その翌年に、唐の占領軍司令官にあたる劉徳高が宇治で、閲兵していることまで記載しているのです。

このことを、これまでの歴史学者は、まじめに受け止めていないのは、本当に、悲しいことです。

その翌年の666年正月に、唐の高宗李治が泰山封禅し、旧唐書の劉仁軌伝では、そこに、「新羅・百済・倭国・耽羅の酋長が出席している」と記します。このときの倭国の酋長とは、はて、これは誰だったのでしょうか?

木幡神社の伝承では、大化改新の前の643年に、宇治の木幡に天神が現れ、大化改新後にその木幡に、鎌足が天神を祀っています。その地は、671年に、大海人が天智に抗議した後、大津京に戦いを挑む決意をして、勝利を請願した地でもありました。

 明治維新以後、伊勢神宮の主祭神アマテラスが、日本列島と日本民族では、すべての「神界」の頂点にたつ神とされるようになりましたが、その伊勢の内宮の前に、五十鈴川が流れ、そこに架かる橋が、宇治橋です。

 伊勢が独自の領地をもったのは646年で、この年に、日本で初めての橋、宇治橋が、宇治川に架けられました。そのときから伊勢に、社殿が徐々に準備されていき、8世紀に入って、伊勢に宇治橋がかけられたあとは、本家の宇治橋のある、宇治では、それまでの「宇治の役割」が、完全に変わっていったようです。

そして、平安時代になると、

宇治は、完全に「別業の地」となり、平安貴族にとって、今生とは違う、もう一つ別の人生を考え、感じ入る土地になりました。 

【ご連絡】『皆神塾(東京)』(9月10日開催)DVDのキャンペーン期間は10月31日までです!!

 割引価格にて好評発売中の『皆神塾(東京)』(9月10日開催)のDVDのキャンペーン期間は今月末(10月31日)までです。まだ購入されていない方は、お早めにお申し込みください!!

このDVDは、全編で2時間51分(171分)の長編DVDです。「皆神塾」の最新のDVDです。ご期待に違わない内容となりました。<超おすすめ>のDVDです。


テーマは、『本物のニホンのみが人類の未来を切り開く!!~ キング・ピンが抜かれ、反転が始まっている』です。
映画「シン・ゴジラ」は何を暗示しているのか?! 「管理された大崩壊と再生」は起こるのか?! キング・ピンが抜かれて大転換が始まっている、というのは本当か?! 今年後半に、日本国内で、そして世界で何が起ころうとしているかの解説です。現在の国際状況はこれを見れば全てわかります。

このDVDをお求めいただき、ぜひ内容をご確認ください!!

販売価格は、10末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)ででご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp  
t次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→瓊音ショップ」

「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

テーマ:『本物のニホンのみが人類の未来を切り開く!!~ キング・ピンが抜かれ、反転が始まっている』

1)「生前退位」のお言葉と、終戦の日。 「稲の根本に鎌」の止めの一撃。

年初プーチン「イルミナティー撲滅」宣言。 新世代王族の画策。

2)心柱が溶け出した。 福島と沖縄の現職閣僚落選。 極右マドンナのバカンス。

「天皇」を創ったイカヅチ長老の死。 戦後の権力構造が、闇まで含めて壊れる。

日中に尖閣・東シナ海に紛争を嗾けていたもの。 南沙問題の仲裁裁定。 華僑「梅」の思惑。  

3)人類の大潮流の変化。 信仰された虚構の神から、リアル存在の神へ。 (第3次大戦の行方?)

①実在の神の正体と、人間としての道義の始まり。 (核分裂技術を持ったこと)

宗教の統一:エルサレムでワールド・インターフェイス。 「メクデシェ(Mekudeshet)」

②地政学が不要に。 ISIS退治とCOP21。 「希少資源の権威的分配」の終わり。 新エネルギー。

③マネーの管理とAIIB。 FRB(ドル経済維持)のために地球規模のマネー管理。 パナマ文書。

4) 戦争否定と工作員の処分:炙り出される、ネオコン・ネオナチと手先の処分。

世界経済を壊さない大原則。 イギリスEU離脱で揺らいだ金融基盤でアベノミクス手法を世界的に容認。

現実は工業製品の需要激減、未来への不安と希望の欠如。 格差と私的所有権の克服。

5)隘路に入った新自由主義グローバリズム。 YHWH型支配の終わり。 MITRAの世界へ

SNSが市場を作る。 個人の情熱が国家を越えて未来を創りだす。 日本(仁品)が起点。

南沙の仲裁判定が出ても習近平には響かない。 人民元SDRは健在。 カナダAIIBに加盟

米大統領選挙:背後に、天皇・沖縄問題。 (東宮の即位で、大変化)。

6)映画『シン・ゴジラ』が暗示するもの…2020までの管理された大崩壊と再生。 11月か?

小泉元首相「アンダーコントロールは嘘」で始まる首都崩壊。 予行演習だった熊本。

軽井沢ビルゲイツ邸は、監視とコントロールセンター。 企業買収と土地取得。

「天皇の真実」公開で。 権力側の「依らしむべし、知らしむべからず」一気崩壊。 

7)真実の日本の本質。 縄文ウィルス と、地球外生命体の関与。 「生死一如」

縄文の再発見: 音と響き。 自然のリアリティーから離れない。 無文字。 所有権がない。

磐座神道(産土=祖先崇拝 と、修験道=自然崇拝)が準備されている。

生命の仕組みは、心の周波数。 極大(宇宙MIST)と極小(バクテリア、ウィルス、素粒子)。 

健康に暮らせて、疾病が快癒する空間が価値をもつ。 統合医療をを実現するために。

160910_皆神塾・東京.jpg

販売価格は、10末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→瓊音ショップ」

「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》  

【新井信介:2016年10月メッセージ<特別編>】(2016年10月23日収録)

「小池都知事とバッハIOC会長との会談で "under control"の検証が取り上げられなかったことに対する不満を表明する多くのメッセージが心ある市民から寄せられている」by村田光平

 以下、村田先生からのメッセージと解説です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

皆様

  

英文発信文をお届けいたします。
 
お送りした10月18日付ケネディ大使宛メッセージ、新潟県知事選挙に関する所感に対し、 アジアの有力な元大臣からの熱烈な激励を頂いたことを紹介しました。
 
小池都知事とバッハIOC会長との会談で “under control”の検証が取り上げられなかったこと に対する不満を表明する多くのメッセージが心ある市民から寄せられていること に言及いたしました。
東京五輪に反対の署名運動が始められたことにも言及しております。
 
これを伝える下記サイトでは小泉元総理の発言(“under control”は嘘)とアーニー・ガンダーセン氏による東京のホット・スポットに関する報告が紹介されております。
 
この度の台湾による脱原発決定は世界の主流の変化をさらに深めること、また、国際社会は福島の教訓を忘れることを許さないであろうと指摘しました。
 
皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。
 
 村田光平
(元駐スイス大使)
 
 
 
Dear Friends,
 
I have received the following messsage from a friend,former Cabinet Minister of an important Asian country.
 
“I was really fascinated to read your message of 19 October regarding a possible end of nuclear reactors in Japan, especially after the election of the new Governor of Nigata........
I am afraid there is so little mentioned about Japan in our newspapers that I had not heard of the Toyosu fish market scandal and propose to look it up on the internet.  I had also not heard of the decommissioning of the high breed reactor in Monju.  There would also be more information about all this on the internet.......
May I just reiterate my enormous admiration of the persistence with which you are pursuing this cause?  I am sure your efforts will be crowned with victory and we might be able to save the planet Earth.”
 
I receive a lot of messages.Many concern the Tokyo Olympic Games 2020.The President of the IOC,Thomas Bach,met with theGovernor of Tokyo,Yuriko Koike on 18 October.The central issue was how to reduce the financial burden considered too heavy by the public.They avoided the crucial problem,the verification of the “under control”assertion.Conscientious citizens severely criticizes this.It is sad to
see the IOC continue to avoid responding to the increasing requirements for this verification.
 
I continue to send messages to world top leaders with a view to convincing them that Fukushima is a global environment issue.
I am sending you my message addressed to Ambassador Caroline Kenndy.I pointed out that the restart issue, the Toyosu fish market scandal and the Tokyo Olympic Games stem from the same root, greed and that I am convinced President Obama will be encouraged by the new development in Japan that is an important step toward his vision of denuclearization.
 
The policy of phasing out nuclear power by 2025 has been reconfirmed by the Taiwanese government,thus further deepening the change of the mainstream.
 
The international community will not allow the lessons of Fukushima to be totally forgotten.
A new petition regarding the Olympics has surfaced.
 
 
Please allow me to count on your understanding and support.
 
With warmest regards,
Mitsuhei Murata
(Former Ambassador to Switzerland)

 

《明日・明後日は名古屋と大阪で「皆神塾」開催です!!》《レジメも出来上がりました!!》・・・ご来場お待ちしています!!

 明日(22日)と明後日(23日)は名古屋と大阪で「皆神塾」開催です。皆様のご来場をお待ちしております!!

重要な「イベント」が近づいているかもしれません。ふだんブログではあまり書けないことも多いですから、

ぜひ、新井先生のお話を直接聞いてください。

レジメも出来上がりましたので、「開催要領」とともに以下ご案内させていただきます。

<レジメ>:

『戦後の覇権構造(略奪マネー)の消失

人類文明史で始まった「ユズルハ」の主役になれ』 

1)  「生前退位」表明で、天皇「マトリックス」が溶け出した   新世代王族の画策

「稲の根本に鎌」と「イルミナティー撲滅」宣言   日本のキング・ピンを支えるマネーの神

 小池百合子を押し出した3つの力   (安倍の怒り、反石原・ゼネコン、反森)

東京都の闇と良識派の検察(地検特捜部)    極右マドンナの正体    IOCバッハは集金人 

2)  97日、外国人記者クラブで小泉純一郎    布石    「アンダーコントロールは嘘」

日中に尖閣・南シナの紛争仕掛人    南沙問題の仲裁裁定が不発    華僑「梅」の思惑

首都崩壊の予行演習だった熊本、警告の鳥取   軽井沢ビル・ゲイツ邸が完成

3)  15年目の「911」でヒラリー受難    アメリカ内部の溶解

   FRBの内部で(戦争屋と、アジア融和派)最後の足搔き   プーチンの脅し

101日、人民元が世界第2の通貨に

1079日、IMF世銀総会    アベノミクス容認    日経225の最大株主に日銀

マネー体制維持(通信と預金)    工業製品の需要激減、希望の欠如     格差と私的所有権の克服 

YHWH型支配の終わり    MITRA型へ    日本(仁品)が起点    SNSとクラウド・ファンディング 

4)  脱原発と新エネルギー     人類と地球外生命体     火星に行くまでに

「天皇」を創ったイカヅチ長老の死    戦後の権力構造が、闇まで含めて壊れる

人類の大潮流の変化    信仰された虚構の神から、リアル存在の神へ    (第3次大戦の行方?)

    実在の神の正体と、人間としての道義の始まり    (核分裂技術を持ったこと)

宗教の統一:エルサレムでワールド・インターフェイス    「メクデシェ(Mekudeshet)」

   地政学が不要に    「希少資源の権威的分配」の終わり    新エネルギー    新概念マネー  

5) 映画『シン・ゴジラ』が暗示する「反転の始まり」 2020までの管理された大崩壊と再生

「日本の本質」縄文ウィルス     地球外生命体の関与    「生命と心の周波数」

極大(宇宙MIST)と極小(バクテリア、ウィルス、素粒子)    「生死一如」と統合医療 

6) 924日、日本鉱物学会がヒスイを「日本の石」    26日内閣府が地震シミュレーション  

  10月16日 新潟県知事選挙 森裕子の勝利     政党政治でなく、イノチの叫び(自民も割れていた)

 日程表:

 11月8日米大統領選挙 11月17~19日、リマAPEC 22日ニギハヤヒお弔い、12月15日、日ロ首脳会談

 ・・・ マネーの新体制が固まって機能しだした後、すべてが、動き出す。

 

<開催要領>:

   10月22日(土) : <名古屋で開催> 

      場所: 名古屋市中区錦2-8-22  オフィスオオモリ 2F (「伏見通」沿い)  

   時間: 14時から17時くらいまで  (終了後、懇親会開催予定)

       地図 → 161022_地図_オフィスオオモリビル.pdf

   参加費:3500円(瓊音倶楽部会員の方は2500円)

         懇親会参加費は、「3500円」(中華で飲み放題付)

   (訂正)「懇親会」の会費について誤りがありましたので、訂正させて頂きます。正しい会費は、「FAX申込書」にあったように、「3000円」ではなく、「3500円」でした。大変申し訳ありませんでした。  

10月23日(日): <大阪で開催> 

   場所: 「難波神社」  中央区博労町4丁目13号   

   時間: 14時から17時くらいまで   (終了後、懇親会開催予定)

 地図 → 160619_地図_難波神社.pdf

参加費:3500円(瓊音倶楽部会員の方は2500円)

懇親会参加費は、「2500円」(軽食(+ワンドリンク)付き)を予定。 

 

(注)上記の講演会にご参加を希望される方は、会場の都合もございますので、出来れば、事前に以下の連絡先まで、ご連絡ください。 

また、「懇親会」は名古屋・大阪ともに「事前予約制」となります。講演会とともにお申し込みをお願いいたします。

また、次の「FAX申込書」をプリントしていただきFAXでお申し込み頂いても結構です。

 

「皆神塾・名古屋FAX申込書」 → 161022_皆神塾・名古屋_参加申込書_FAX用紙.pdf

「皆神塾・大阪FAX申込書」 → 1161023_皆神塾・大阪_参加申込書_FAX用紙.pdf

 

連絡先     株式会社K2          室伏昭昌

                     事務所:    03-3548-1025          携帯: 090-5804-5078     FAX03-3548-1026

                     E-mail    akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F      

 

 

《「皆神塾(東京)」のDVDキャンペーン価格で好評発売中です!!》

 

新井先生の最新の情報は、現在、キャンペーン価格で販売中の「皆神塾(東京)」(9月10日開催分)でチェックしてください!! キャンペーン価格での販売は今月末までですので、お早めにお求めください。

詳細は次のリンクからご覧ください。「ショップ」では、クレジット・カードもご利用いただけます。→皆神塾(東京)9月10日開催分DVD

160910_皆神塾・東京.jpg

村田光平氏のケネデイー大使あて書簡。ガンジーの名言に言及。「地球は人類の生存のための必要(need)は満たせても 貪欲(greed)は満たせない」

 英文ですが、ご覧ください。

以下に、村田氏のメッセージと、反響を掲載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                               Tokyo, 18 October, 2016

Dear Ambassador Caroline Kennedy, 

The election on October 16 of the new Governor of Niigata who is opposed against the restart of nuclear reactors has shocked the Government and the “ nuclear village”. His predecessor who was also opposed to the restart had been obliged to retire for unconvincing reasons.

 

This comes after the recent decision concerning  decommissioning the high breed reactor Monju. This decision, if reached before the end of this year as required, allows us to foresee the end of nuclear rectors in Japan.

The surprising result of the gubernatorial election consolidates this outlook. Moreover, in view of the influence it will no doubt exert globally, it is no exaggeration to say that it will indeed give rise to the beginning of the end of nuclear reactors.

 

The restart is unthinkable hereafter. The project of a new Monju is doomed to failure. 

We are reminded once again that, concerning nuclear issues, the instinct of citizens excels the expertise of experts.

The increasingly required change of the world’s mainstream that allows the presence of 440 nuclear reactors seems to have started as evidenced by the dawning of a maternal civilization. We are impressed by increasing female world leaders.

 

The recent revelations of scandals one after another allow us to feel the will of heavens and the earth that does not allow immorality to last long, permitting us to sustain hope for a better future.

 

The restart issue, the Toyosu fish market scandal and the Tokyo Olympic Games share the same cause and stem from the same root, greed. They will accordingly face similar cleansing solutions.

 

I am convinced President Obama will be encouraged by the new development in Japan that is an important step toward his vision of denuclearization.

 

With warmest regards,

  

                    Mitsuhei Murata

           (Former Ambassador to Switzerland)

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
皆様
 
新潟県知事選に関する所感の趣旨を内容とするケネディ駐日米大使
メッセージ(上記)をお届けいたします。
 
世界の脱原発の動きを加速する今回の選挙結果はオバマ大統領の核廃絶の
ヴィジョンに向けての重要な一歩であることを指摘しました。
所感では原発の「全方位の破壊力」を指摘いたしましたが、電力会社のみに
められた残業規制の適用除外が過労死を招いたことがこのほど報じられました。
放置するべきではありません。
 
「再稼働、豊洲市場、東京五輪の諸問題は同根、同類」と指摘しましたが、
 
ケネディ大使宛ッセージでは、「同根」についてgreed(貪欲)と付記いたしました。
チャップリン,そしてガンジーが貪欲に対して厳しい警告を行っていることが想起されます。
ガンジーは
地球は人類の生存のための必要(need)は満たせても貪欲(greed)は満たせない」
との趣旨の名言を残しております。
 
所感に対する各方面からの反響例を下記の通りお届けいたします。
新しい時代の夜明けを感じます。
 
村田光平(元駐スイス大使)
 
 
 
 
 --------------         
 
反響例

 

(その1)

新潟知事選ははっきり審判がくだりました。

ご指摘のように、多くの問題は同根であり、今後の正しい方向での収束

が期待されます。

 

(その2)

新潟よかったです。

原発の時代は世界的に終わりです。

ASTRID(新しいもんじゅ)も失敗に終わるでしょう。

 

(その3)

出鱈目オリンピック:

東京五輪

ボート会場 都、IOCに安い金額を虚偽報告

 

(その4)

このたびの小池都知事とバッハIOC会長の会談で ”アンダーコントロール宣言”

について何も言及が無かったようでとても残念です。

一番根源的で大事なことを抜きにしてその上に何を積み上げていくというのでしょうか?

 

(その5)

いつまでも福島隠しが出来るはずがありません。

”アンダーコントロール宣言”が命取りになると信じます。

IOCも所詮、エリート主義イルミナティーの下部組織。オリンピックは人間競馬の賭け事なのか?

 来日したIOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長。 この方、放射能のことに、全く触れません。

 つまり、マネーの悪魔の下僕ですね。 どうも、日本スポーツ界の利権に巣食った醜怪なジイサンどもが、オリンピックで貢ぐという、当初の目論見が崩れそうになったので、急遽、イルミナティーの現役のスポーツ担当責任者を東京まで呼び込んで、小池都知事に、手の引きどころ を教えに来たようです。 

 口では、「モッタイナイ」と、リップサービスしても、人間としての品格が、まるで感じられません。

 

 村田光平先生以下、「万物の霊長」の人類として、倫理を弁える、世界の多くの良識とは、かけ離れています。

 オリンピックは、人間の可能性を引き出す舞台のはずでした。国別になっているので、国威発揚の舞台でもあります。 国家の中で、才能を見出し、それを、開花させるモチベーションになってきました。

 その過程で、多くのドラマがあり、多くの感動があります。

 オリンピックの舞台に上がるまでの間に、どれだけの努力がなされるか?

 その勝者に与えられる栄誉は素晴らしく、世界中に名前が轟くことで、大きな宣伝効果を身に着けることになります。

 しかし、1984年のロサンゼルス大会以後、商業主義が、行きすぎました。

 以後、大量のマネーが動く事態になり、単なる国際政治の道具から、マネー経済の道具に変わりました。

 

 もともと、世界の王族たちが、オリンピックを自分たちの鳩首の機会にして、賭けを楽しんでいたのですが、

 巨大な広告と、事業予算が、完全に、人間を狂わしています。

 人類の進歩をいう中で、強いものだけを選び出し、それ以外の弱者については、まるで意識が向いていないのは、どうしてなのか? パラリンピックも、障害がありながらも、目標を設定し、そこに向かって、とことん努力するものだけを賞賛する。

 

 環境改善のオリンピック は ないのか? 

 放射能被害を消す、科学技術のオリンピックを、同時に、開催できないのか?

 「問題あり」と、認めた段階で、すべてが、消えてしまうものなのか?

 

 私は、東京で、どうしてもしたいというのなら、 絶対に、「ノンベクレル化」を、開催条件にせよ、

 こう言い続けてきました。 

 オリンピックが、自らを、ほかのものとは違う、特殊な人間だと考える、バケモノ(レプタリアン)たちのお楽しみだけなら、もう、やる必要はない。 

 すぐそこに、人類的課題があるのに、それを、まったく意識しないで、光の面のみを見続け、その裏側で、

 どれほど多くの人間の心が、苦しみ疼いているか、それを思いやれないのは、

 まったくもって、目先の利益だけを見る、視野狭窄の爬虫類のものでしょう。 本物の、人間じゃない。 

 

 このままでは、すまないでしょう。

  

 71年前は、日本の大本営発表でした。

 しかし、今の東京オリンピックは、戦後のマネー経済社会の大本営発表なのでしょうか。

 とんでもない事態が起きそうな予感がしています。  週末、名古屋、大阪で話しますね。

 

 

今日は統合医療愛好会の発会の話をした。口に入れるのは、「毒か、薬か」どちらかしかない。

 こんばんは。

東京での打ち合わせや、講演を終えて、北信濃に戻る。

今日は、統合医学愛好会の話を、地元の仲間と話した。

 何を食べるか?

きちんと、医食同源、薬膳、を考える。

 

 基本的に、体内に入れるものは、 それが、体の生命活動に、いいものか、どうか?

 

 つまり、  「毒か、薬か」 のどちらかしかない。

 

 ナマの生きた細胞を、食べる=摂取するのが、いちばんいい。

 しかし、

 今の日本列島は、どこに行っても、薬漬けの加工食品だらけ。

 さらに、放射能漬け。 水も、空気も、土壌も。

 

 そんな中でも、未来に向けて、毎日を、生きていかねばなりません。

 生命エネルギーは、 食事の成分と、 宇宙エネルギーの共振 のみ。

 

 生きている環境・住まい・食・考え方・・・これらが、すべて、健康に導かれるかどうか。

 

 本気で、統合医療をするときには、最低でも、「311」から、どこにいて、何を食べてきたのか、

 その食事の入手先や、提供者を、なるべく正確に、突き止めておく必要があります。

 そして、最低でも、3か月、完全に、クリーンな、食の環境を整えないといけません。

  放射能が少ないこと。 添加物を完全に避ける。 農薬もゼロにする。

  毎日、温泉に入る。 多くのミネラル・ビタミンをとる。  リンゴ、ニンジンを欠かさない。

  基本的には、コンビニやスーパーの加工食品、総菜、白砂糖を全部やめる。

  伝統食にする。 いい材料の手作り料理のみにする。

 

 今後の寿命に関していえば、 

 ①2011年の「311」のあと、特に、3月21日に、どこにいたか、ここが重要ポイント。

 ②この年から始まった、政府がすすめる「食べて応援」に、積極的に参加したかどうか。

 ③瓦礫焼却の付近にいたかどうか。

 この3つで、ほぼ大勢は決まってしまいました。

 もし、心当たりがあれば、今すぐにも、自分が住む場所と、食べ物から、ノンベクレル化に徹底すべし。

 さらに、毎日、いつでも、心がけなくてはならないのは、 自分が、飲んだり、食するのは、

  「毒か、薬か」そのどちらかしかない、という自覚と、その都度の選択での覚悟です。

 

 この自覚をもとに、自分で、自分の肉体を、調節していく。

 自分で療養していく。

 これが、統合医療のもっとも基礎になる考え方です。

 

 愛好会では、実践の仕方や、良質食材の入手方法などの体験と知見を情報交換し、その場で、自分の健康を増強していくものです。 これには、どんな音楽や旅行・体操がいいのか、も加わります。

 ノンベクレル化も、できる限りしながらも、もっとも重要なのは、自分の体質、特に、免疫力を高めること。

 私の実家を、その寄合の場所に、することにしました。

 ネットでの発信も行い、信越自然郷の一環として、この場所を、生かしたいとおもっています。

 地元の、おばちゃんたちによる、手料理が楽しみです。 おいしい漬物もありますし。

 温泉三昧なのは、当然ですが、励ましあう、仲間が絶対的に、不可欠です。

 統合医療の先輩・重鎮たちの指導を、いつでも、受けれる体制にしたい と考えています。

新潟県知事選の結果に村田光平メッセージ「不道徳の永続を許さない天地の摂理が実感され、未来への希望が高まります。再稼働、豊洲市場、東京五輪は、同根、同類」

 以下、村田先生からのメールを掲載いたします。

(私のコメント: 今回の選挙の最大の功労者は、選対を務めた森ゆうこさんです。私は、彼女の活躍とこの実績に希望を感じています。イノチと未来をみつめる人が連携しあうとき、その核に、彼女はなる。しかも、戦後の間違った司法関係も、その動きの中で、糺されていくのではないでしょうか。) 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様

 

 
この度の新潟県知事選挙に関する所感をお届けいたします。
 
原子力に関しては専門家の知見よりも市民の直観の方が
正しいことが改めて示されました。
原発は国であろうと組織であろうと個人であろうとこれを推進するものの
命運を左右しうるものであり、全方位の破壊力を内在していることが
示されました。
再稼働にも、新しい「もんじゅ」にもその影響は及ぶものと確信いたします。
日本における今回の選挙の影響は必ずや海外に及ぶと思われます。
 
440基の原発の存在を容認する世界の主流の変化は、女性指導者の増加に見られる
父性文明から母性文明への転換の動きなど既に看取され出しておりますが、
今後さらに深まることが期待されます。
 
不道徳の永続を許さない天地の摂理が実感され、未来への希望が高まります。
再稼働、豊洲市場、東京五輪の諸問題は同根、同類であり、同様の収束に達するものと
 
予見しております。
 
皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。
 
  村田光平
(元駐スイス大使)

新潟県知事選挙で、自民・公明・そして電力労組が大敗北。既得権の崩壊加速。

 なんでも、失敗の安倍政権。

今回の新潟県知事選挙でも、勝てなかった。

これは、原子力政策だけでなく、 これまでの既得権の崩壊を意味します。

一方、最大野党の民進党は、当初、米山氏を支持しなかった。支持基盤の一つの電力労組に負けていた。

再稼働をしたがるのは、日本の中の戦争屋ども。ここと現在の経団連が、同根。これは、JR東海の葛西路線。

 まともな人間なら、誰でも、戦争・原発・殺人医療は、ゴメンだ。

これが、国民の意思です。あたりまえでしょう。 

そろそろ本気で、気づいてくれればいいのですが。 

日本全土で、「身分」に対し、「金銭で保障する」、という考えを、もう、完全に政治の場からなくしましょう。

どれだけ、人を喜ばしたか、それだけが評価されるべきもの。

 まして、わざと、敵や、困難をつくりだす大バカは、もう存在できなくなるでしょう。

インチキや詐欺師も、どんどん、そこも、顔も割れていく。

 

10月7、9日の世銀総会では、 世界中で、アベノミスク手法でさらに、マネーをばらまけ、そうしないと、経済は崩れる、となりましたが、

マネーを、どこに、まけばいいのか? どう使えばいいのか?

今の財務省や金融庁には、まだまだ、知恵が足りません。

 地球を舞台に、 アメリカも、ロシアも、中国も、もちろん、日本も、救う方法がある。

 本当に、イノチを生み出す現場に、撒け。 身分に撒くな。

本物のイノチは、自然の中にある。

福島や、首都圏では、空間・水・食品のノンベクレル化に、資金を使うべし。

つまり、 

 もう、国策として、統合医療に、向かうしかない。  

今回の知事選の敗戦で、日本の政界、産業界、メディアが、どのような流れになるか?

じっくり考えて、その結果を、この週末の、名古屋・大阪で話したいと思います。

日ロ交渉、そして、アメリカの大統領選挙。さらに、日中関係。

 北朝鮮が、アジアの緊張つくりのお役目から、いつ外れるか。

村田光平氏が小池都知事にメッセージ。「福島事故処理と東京五輪準備は二律背反の重大緊急課題」

村田先生からのメールを転載いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

皆様

 
豊洲移転の安全性問題と都議会対策や東京五輪の杜撰な予算管理の
見直しなど問題山積の小池知事宛のメッセージをお届け致します。
 
特に福島事故処理と東京五輪準備は二律背反の重大緊急課題であります。
“under control”という「大嘘」を放置するIOC の無責任が今後批判されること
になると思われます。
 
村田光平
 
 (14日発出の小池知事宛メッセージ)
 
     xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
 

 

小池百合子都知事殿
 
絶え間のないご奮闘に心から声援をお送り申し上げます。
都民の貴知事に対する信頼は揺るぎないものとなりました。
東京五輪に関しては貴知事がご決定される東京都の立場を貫かれるよう
期待いたします。
 
18日のBach IOC会長との会談では 国際社会が”under control"発言 
ついてのIOCとしての認識及び対応策を問いただすす動きがあることを
お伝えされては如何かと存じます。
 
昨13日、福島県庁の知人より「1Fの廃炉・汚染水対策の取組を日本の緊急
課題として捉え、
全力を傾注すべきとの意見に全く異論はありません」とのコメントに接しました。
 
国としての汚染水対策は挫折した凍土壁建設のみ(345億円)であり、
東京五輪の2兆円、3兆円は日本が福島事故処理に全力を傾注していない
ことのあまりにも歴然とした傍証であり、
ご高承の通り 国際社会は批判を強めつつあります。
 
現在までのところ東京五輪準備がこうした海外の動きを 一切考慮に入れて
いないのは  大問題であると考えております。
 
貴知事のご理解とご尽力をお願い申し上げます。
 
 村田光平
  (元駐スイス大使)

【お知らせ】10月16日(日)の講演会のレジメが出来上がりました!!

 今週末に迫ってきました10月16日の講演会『地球史からみた天皇誕生!!(第3回)』のレジメが出来上がりましたので、以下、ご案内させていただきます。

お誘いあわせのうえ、ぜひ、ご来場ください。

<テーマ>:

縄文ヌナカワが、いかに中華文明を受け止め、変化したか?

~司馬懿から、隋の文帝の泰山封禅まで

 <レジメ>:

◎公孫淵は列島に入って、崇神に  これを、イザナギと神武に仕立てた

仁義礼知信 と ヌナカワ   日本と仁科

ヘブライの正統性は「橘」   クシャーンの最後の王「ツヌガアラシト」

   中華の分裂   九州にいた「ヤマトタケル」を、景行の次男が引き継ぐ 

   弓月国と七支刀  東晋は偽物だが漢文に強い百済を冊封した

 

◎八幡神の誕生   暗躍する「内能阿曽」と息長氏

   高志に行ったホンダワケと、宇治・吉野  

   「千字文」と官僚団   ジャータカ説話と、蘇我氏

 

◎高句麗と倭国が一体化   仁徳(オオサザキ)とは?

前秦滅亡と北魏の発展   誉田丸山陵(聖方位)に、北燕の鞍

なぜ、洛陽遷都?  裏にいた催浩と長寿王

列島内の百済人(漢文使い)と、ワカタケル(雄略)の上奏文

雄略のときに、和爾氏は春日氏になった   ユダヤの祭祀メソッド

 

◎ネストリウスの「三位一体」と、継体

   20年かけて、磐余に、「青旗」     岩井の反発と、新羅の仏教化 

 

◎仏教は、音と祈り → 仏像 → 経典

   蘇我氏が、糸魚川のヒスイ独占

 

◎北魏の滅亡から、北斉の蘭陵王

   洛陽と伝国璽

イエス(ウマヤド)信仰の復活

 

◎飛鳥時代の始まり  宝皇女の誕生の意味  

隋を認めない高句麗の裏に

 

◎「武力よりも文化力」   堅塩姫・穴穂部間人

 

1122日  ニギハヤヒの弔いと、広隆寺の太子堂

<開催要領>:

10月16 (): <東京で開催>   

         場所:         東京都港区三田2-14-8 2F会議室   TEL090-5804-5078 (室伏)

        時間:    14時か~17時  (終了後、懇親会開催予定)

     地図→ 160626_地図_田町.pdf

        参加費:  3500円  (瓊音倶楽部会員の方は2500円)    

        最寄り駅:

        JR山手線・京浜東北線 田町駅 西口徒歩5分/ 都営浅草線 三田駅 A3出口徒歩4分

         都営三田線 三田駅 A8出口徒歩4

       (注1)会場までの道順については、次のリンクをご参照ください。→160626_地図_田町.pdf

       (2)会場の前には道路に面して駐車場の大きなマーク「P」があります。

       そのすぐ後ろの階段を2階へ上がってください。

 

(注)上記の講演会にご参加を希望される方は、会場の都合もございますので、出来れば、事前に以下の連絡先まで、ご連絡ください。 

また、「懇親会」は「事前予約制」となります。講演会とともにお申し込みをお願いいたします。

また、次の「FAX申込書」をプリントしていただきFAXでお申し込み頂いても結構です。

 

「東京:地球史からみた天皇誕生!!」 → 161016_地球史からみた天皇誕生_参加申込書_FAX用紙.pdf

 

連絡先     株式会社K2          室伏昭昌

                     事務所:    03-3548-1025          携帯: 090-5804-5078     FAX03-3548-1026

                     E-mail    akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F      

 

 

『地球史からみた天皇誕生!!』は今回で3回目ですが、第1回と第2回のDVDは好評発売中です!!》

 

詳細は次のリンクからご覧ください。「瓊音ショップ」では、クレジット・カードもご利用いただけます。→ 瓊音ショップDVD」

 

『地球史からみた天皇誕生!!(第1回』

160626_地球史からみた天皇誕生.jpg

 

『地球史からみた天皇誕生!!(第2回)』

160828_地球史からみた天皇誕生.jpg

 

 

 

 

【お知らせ】10月22日・23日の『皆神塾(名古屋・大阪)』のテーマが決まりました!!

 10月22日・23日の『皆神塾(名古屋・大阪)』のテーマが決まりましたので、ご連絡させていただきます。

<テーマ> : 戦後の覇権構造(略奪マネー)の消失。

     人類文明史で始まった「ユズルハ」の主役になれ。

      (注)「名古屋」と「大阪」の両会場では同時期に開催させていただきますが、

       一部内容が重複する部分もあるかと思いますが、名古屋と大阪では、テーマを少し

        変えて開催させていただきます。

<概要> :

BC323のアレクサンダーの死後、日本列島に入り込んだヘブライ人たちは、

1000年の時間をかけて、持統と不比等によって、皇祖神アマテラスを創出した後、

大宝律令の制定を経て、聖武時代に、列島の民からヒスイと勾玉をすべて取り上げ、

天皇だけが天意(北極星・シリウス)と通じる、とする完璧な「マトリックス」を組み立てた。

 

明治の近代化では、世界中の国家が富国強兵を競う帝国主義の時代になり、

列島の天皇「マトリックス」は、縄文から続く自律・自立の精神性を崩壊させ、戦後は

さらに「金融ワンワールド」が日本人に課した、大量生産・大量消費・大量廃棄の工業

化と効率化で、誰もが忙殺され、自分のイノチを守るセンサーまで壊されてしまった。

 

しかし、天皇「生前退位」発言で、この1300年にわたる天皇「マトリックス」が溶けだした。

 

これで、縄文ヌナカワと、ヘブライが出会ったときの、「ニギハヤヒ」が復活復権する。

日本鉱物学会は、1300年権力層から無視されてきた翡翠を、日本の鉱石とした。

 

新嘗の前日、1122日は、天皇家に伝わる「ニギハヤヒのお弔い」。そして京都広隆寺

では太子堂が開扉され、大嘗祭で天子が着た衣装を纏った聖徳太子像が顔を出す。

 

音・響きで、常に真実につながる古代出雲の感性こそが、次の人類世界の指導原理。

私たちは、どんな苦難があっても、それを乗り越えて、この主役になろう。

 

<開催要領>:

   10月22日(土) : <名古屋で開催> 

      場所: 名古屋市中区錦2-8-22  オフィスオオモリ 2F (「伏見通」沿い)  

   時間: 14時から17時くらいまで  (終了後、懇親会開催予定)

       地図 → 161022_地図_オフィスオオモリビル.pdf

   参加費:3500円(瓊音倶楽部会員の方は2500円)

         懇親会参加費は、「3000円」(中華で飲み放題付)  

10月23日(日): <大阪で開催> 

   場所: 「難波神社」  中央区博労町4丁目13号   

   時間: 14時から17時くらいまで   (終了後、懇親会開催予定)

 地図 → 160619_地図_難波神社.pdf

参加費:3500円(瓊音倶楽部会員の方は2500円)

懇親会参加費は、「2500円」(軽食(+ワンドリンク)付き)を予定。 

 

(注)上記の講演会にご参加を希望される方は、会場の都合もございますので、出来れば、事前に以下の連絡先まで、ご連絡ください。 

また、「懇親会」は名古屋・大阪ともに「事前予約制」となります。講演会とともにお申し込みをお願いいたします。

また、次の「FAX申込書」をプリントしていただきFAXでお申し込み頂いても結構です。

 

「皆神塾・名古屋FAX申込書」 → 161022_皆神塾・名古屋_参加申込書_FAX用紙.pdf

「皆神塾・大阪FAX申込書」 → 1161023_皆神塾・大阪_参加申込書_FAX用紙.pdf

 

連絡先     株式会社K2          室伏昭昌

                     事務所:    03-3548-1025          携帯: 090-5804-5078     FAX03-3548-1026

                     E-mail    akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F      

 

 

《「皆神塾(東京)」のDVDキャンペーン価格で好評発売中です!!》

 

新井先生の最新の情報は、現在、キャンペーン価格で販売中の「皆神塾(東京)」(9月10日開催分)でチェックしてください!! キャンペーン価格での販売は今月末までですので、お早めにお求めください。

詳細は次のリンクからご覧ください。「ショップ」では、クレジット・カードもご利用いただけます。→皆神塾(東京)9月10日開催分DVD

160910_皆神塾・東京.jpg

一か月前にこう書きました。「日本という、金の卵を産む国を、コントロールする権利を、アメリカは手放すことになります。」

 

 京の風 9月15日 http://www.k2o.co.jp/blog4/2016/09/3-2.php

重要なのは、ここです。抜粋します。

その事態を、戦後、アメリカの属国になっていた日本を、ロシアに明け渡すことになると、アメリカの戦争屋さんたちが判断したら、この日本を、どうするでしょうか? もう観念して、みすみす、ただで譲るでしょうか? 

 ここでは、民主党ヒラりーの場合 と、 共和党のトランプの場合で、異なってきます。

 大統領選挙は、11月にあります。

 そして、これと連動して、とても気になるのは、都知事が週に3日しか出勤しなかった石原都政のとき、首都圏の公共事業に、どれほどの不正があったのか、これから、どんどんばれてくることです。 

 さらに、放射能汚染の実情、内部被ばくでの発症と、これから、負の遺産の露出が、急加速するのです。

ここまで、書いたら、勘のいい方は、もうお気づきでしょう。

 不正やインチキを隠したい人、

 失敗を認めたくない人、

 金の卵を産む鶏が取られるくらいなら、それを始末しておきたい人。

こんな人たちの思惑が、一つのベクトルに一致していくときに、一体、何が起きるのでしょうか?  

まあ、地震などの崩壊現象が何もなくても、そこには、フクイチの放射能と汚染食品が、流れ続けます。

だから、私は、首都圏、そして、東海道の工業地帯にはあまり行きたくない。  」

 で、このあとの、

9月28日に、内閣府が、東南海トラフ と 首都直下型 地震に関するシュミレーション映像を発表です。  http://www.bousai.go.jp/jishin/nankai/nankai_syuto.html

 どんな事態になっても、

「私たち自身が、この列島に、新しい統治体を創る。 私たちが、主人であり、主役なのです。」

この想いは、捨てないでおきましょう。

今は、まず、自分のイノチは、自分で守る。 統合医療をまず実践する。  

【お知らせ】『瓊音講座(第6回)』(9月24日・25日催行)のDVDが出来上がりました!!

 大変お待たせしましたが、  9月24日・25日に催行した瓊音講座第6回目)」のDVDが出来上がりましたので、ご案内させていただきます。 

このDVD924日~25日に「奈良周辺」で開催した『瓊音ツアー(第6回)』の際に行った新井先生の講義と、ツアーの際の移動中や訪問先での新井先生の説明・お話を収録したものです。

「奈良」といいますと、定番の観光地なのですが、「新井ワールド」では、まさに「国生み、国譲り」の中心となった場所で、それに「縄文からの流れ」がどのように関わっていたのかという意味で、大変重要な場所でした。

また、DVDのタイトルにもあるように、今回の旅は「日本版マトリックスを解く旅」でもあったのです。 

今回のDVDは、2枚組」で、全編で「3時間52分」の長編DVDです。 

<今回の訪問場所> 

24日:「率川神社」、「漢國神社」、「興福寺」(国宝館)、「東大寺」(法華堂)、「春日大社」

25日:三輪山「大神神社」、「忍坂」、「茶臼山古墳」、「磐余玉穂宮」、「箸墓古墳」、天神山古墳、大和神社、石上神宮、和邇坐赤坂比古神社(東大寺山古墳)

(一部バスの車窓からの視察もあります) 

<内容> 

1日目は、定番の東大寺周辺が中心となりますが、ここで行ったことは、現代にまで連綿と壊れることなく続いている「日本版マトリックス」(の発生)を確認することでした。

2日目は、「三輪山」中心にして、そこに集まった「縄文の霊性」と「渡来王族」の存在を確認するとともに、「縄文からの連続性」を確認することで、

1日目に確認した「日本版マトリックス」を「解くカギ」を探しました。

今回のたびは、まさに「アルファとオメガ」あるいは正しい狛犬の「阿吽」を確認する旅だったと言うことができると思います。 

 

なお、「縄文からの連続性」では、「ニギハヤヒ、国生み、国譲り、磐余、押坂、和邇、大神、春日、敷島、玉敷、厩戸、飛鳥」ということとなりますが、

販売価格は、11末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)ででご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp  
t次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→瓊音ショップ」

「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》  

160924_瓊音講座.jpg

販売価格は、11末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→瓊音ショップ」

「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。
ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》  

放射能「禍」。もう無理するな。田舎で温泉に入って、純天然の、水・玄米・手作り漬物の生活を。

  https://twitter.com/PERFECTASSHOLE0 を 見てて、考えた。自分に何ができるか。

 我が家から 車で15分のところに、二人で300円で入れる、かけ流し温泉がある。 角間温泉。

 吉川英治が愛した湯治場。  

 ほかにも、午後5時から250円になるもみじ荘。 湯田中駅にある300円の楓の湯。

 400円、500円のところなら、いくらでもある。

 フルーツも多いし、 工場キノコの産地。

 いい醤油、黒酢、,味噌、蕎麦、豆腐もあるし。

 自分自身が、統合医療の試験代のような生活。

 どんなことがあっても、生き抜いてやると。

 今の目標は、 頭髪が、増えて、黒くなること。 

 

 未来創庵 とは別に、 統合医療 愛好会 を、考え中。

 

 今の時期になると、農家では、自家用のものが、あまり出しているので、いろいろ、手に入ります。

 添加物抜きのホンモノ。 

 これを、農薬を完全排除で、もっと、徹底させる。 

 

 この流れは、世界中どこも一緒か。 

北京の知人に電話したら、都市部のマンションに暮らしているものは、ロシアのダーチャにならって、郊外の田舎に、週末用の農家を持つのが、流行になっていると。 いろんな意味で、安心・安全・安定は、自然の中にあると。

 ネット環境があれば、そこでも、十分に仕事もできるし、と。

 

 悲しいこと。 日本は、いまだに、遺伝子組み換え食品が、溢れていること。 ロシア・EUとは違う。

 まあ、ネットのおかげで、渋温泉には、温泉に入るサルを 世界中から見に来る時代になっていますが。 

【お知らせ】今週末(10月16日)は東京で講演会開催です!!

今週末(10月16日(日))は 新井信介先生の講演会『地球史からみた天皇誕生!!(第3回目)』開催です!!

「テーマ」や「内容」につきましては、改めてご案内させていただきますが、開催要領を以下ご案内させていただきます。 

参加をご希望の方は、お席の関係もございますので、出来るだけ事前に末尾の「連絡先」までご連絡ください。また、次の「FAX申込書」をプリントしていただきFAXでお申し込み頂いても結構です。

 

「地球史からみた天皇誕生FAX参加申込書」→ 161016_地球史からみた天皇誕生_参加申込書_FAX用紙.pdf

 

尚、講演会終了後に「懇親会」を予定しております。「懇親会」は「事前予約制」となりますので、参加希望の方は講演会と合わせてお申し込みください。

懇親会の参加費は「3500円」(中華の飲み・食べ放題)です。 

 

   10月16 (): <東京で開催>   

         場所:         東京都港区三田2-14-8 2F会議室   TEL090-5804-5078 (室伏)

        時間:    14時か~17時  (終了後、懇親会開催予定)

     地図→ 160626_地図_田町.pdf

        参加費:  3500円  (瓊音倶楽部会員の方は2500円)    

        最寄り駅:

        JR山手線・京浜東北線 田町駅 西口徒歩5分/ 都営浅草線 三田駅 A3出口徒歩4分

         都営三田線 三田駅 A8出口徒歩4

       (注1)会場までの道順については、次のリンクをご参照ください。→160626_地図_田町.pdf

       (2)会場の前には道路に面して駐車場の大きなマーク「P」があります。

       そのすぐ後ろの階段を2階へ上がってください。

 

(注)上記の講演会にご参加を希望される方は、会場の都合もございますので、出来れば、事前に以下の連絡先まで、ご連絡ください。 

また、「懇親会」は「事前予約制」となります。講演会とともにお申し込みをお願いいたします。

また、次の「FAX申込書」をプリントしていただきFAXでお申し込み頂いても結構です。

 

「東京:地球史からみた天皇誕生!!」 → 161016_地球史からみた天皇誕生_参加申込書_FAX用紙.pdf

 

連絡先     株式会社K2          室伏昭昌

                     事務所:    03-3548-1025          携帯: 090-5804-5078     FAX03-3548-1026

                     E-mail    akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F      

 

 

『地球史からみた天皇誕生!!』は今回で3回目ですが、第1回と第2回のDVDは好評発売中です!!》

 

詳細は次のリンクからご覧ください。「瓊音ショップ」では、クレジット・カードもご利用いただけます。→ 瓊音ショップDVD」

 

『地球史からみた天皇誕生!!(第1回』

160626_地球史からみた天皇誕生.jpg

 

『地球史からみた天皇誕生!!(第2回)』

160828_地球史からみた天皇誕生.jpg

 

 

 

やはり、この人は、存在自体が異次元だ。まあ、読んでみて。ゼネコン狂暴化の背景が見える。

超ド級の情報です。

 http://ameblo.jp/zeusu69/

T氏と 知己を得て、もうすぐ、一年。

ネットで最初に、「天皇を創った一族」の長老・金井敏伯翁の存在を、明らかにした御仁です。

そして、今、東京都の闇を公開です。今回の豊洲問題の裏に、ゼネコン4社と国際金融グループの闇があることを指摘します。

 これで、当時の石原都知事が、「311」の直後に、「天罰」と発言したことの意味が見えてきます。

石原氏は2012年4月アメリカノヘリテージ財団で「尖閣を東京都が買う」と演説し、国民から購入資金として14億円以上を集めましたが、それがどうなったのか? 

あのとき、「石原では、何をしでかすかわからない」と、当時の政権与党民主党の長嶋に言い出され、9月11日、あえて尖閣の国有化に踏み切ったのが総理だった野田佳彦です。この人物が、今の民進党の幹事長です。

この直前、ウラジオストックのAPECの場で、「国有化だけはやめろ」と当時の胡錦涛主席から直接言われていたが、それを無視して断行。胡錦涛の面子をつぶして意気揚々。さらに、この年の11月に党首討論で、解散総選挙を言い出し、安倍晋三に政権を渡して、日本の軍産複合体から大手柄と褒められたのが、この人物でした。

今、豊洲問題が揺れています。ゼネコンの裏に、国際金融での損失。

これに比べたら、国会議員の白紙領収書問題など、汚れたトイレットペーパーくらいの感覚なのでしょう。

8月8日の陛下の「生前退位」放送から、アメリカが つるべ落としで、没落に向かっています。

6月に仕掛けていた、シリアを舞台にした第三次大戦の「脅し」も、ロリアのプーチンには、利きませんでした。

もともと、、モスクワなど大都市住民は、郊外の農地にダーチャをもち、都市には、地下壕があります。

「脅し」が効かないロシア。ドル経済を維持するために組なければならない中国。その結果、9月11日の記念式典以後は、戦争屋の切り札、ヒラりーは、替え玉になり、それを操る 人形使い にも変化が出ています。

で、今、水面下で、戦争屋と良識派の工作員たちによる大変な抗争が、日本、ドイツ、その他で展開中です。

 日本の場合、首都圏は「ホ」が充満中なので、どんな事故でも、あり、となりますし。

それだけに、国家主権の枠組みとしては、中国、ロシア、日本、ともに、より、強権政治になっています。(日本の場合は、次元の低い、お笑い政治で、最も肝心な問題から、国民の目をそらしています。東京都は、図体は、国家なみですが、一地方政府案件です。ここは、軍隊を持っていません)

11月17~19日に、ペルーのリマで、APECが開かれます。

このときまで、日ロの領土問題が、無事にまとまるのでしょうか。 ヒラリーは、9月11日以後は替え玉ですが、ロシアに金の卵を産む鶏を渡すのを、嫌がる人間は、その中身に、大注目、というところでしょう。 アメリカには、戦争屋もいれば、まじめな理想主義者もいます。世界を一つにするために、承知して、日本人に再生に向けた「試練」を作り出すものもいるかもしれません。

物理的に、何が起きようとも、「ホ」の被害は、激化するばかりです。これを忘れてはなりません。

12月15日の日ロ首脳会談を待たずとも、一日も早く、「ホ」にまともに向き合う、政権に、変えさせないといけません。

 この5年半、もう、取り返しはできないが、それでも、まだ、きちんと対応すれば、延命はできる。

そのときは、地球を舞台に、「ホ」は、人類の課題との共通の政治認識が必要だ。 アベッチが、そこまで、変わることができるのか?山本太郎の質問に、まともに答えないのは、本当に官僚のいいなりの「バカ」のままなのか。あるいは、完全にレプタリアンの感覚しかなくなっているのか。

そうならば、今の野党があまりにだらしがないので、

 ヤマト民族としても、 アベッチの替え玉を用意するしかなくなってきます。 

自分と家族だけなら、なんとか守れるが、それだけでは、日本民族と日本文化が消えていってしまう。

映画「マトリックス」の主演俳優キアヌ・リーブスの生き方を中華世界が賞賛している。

大ヒット映画「マトリックス」の主演俳優キアヌ・リーブスを、現在の北京政府に反発する立場のネット新聞『大紀元』が取り上げています。身なりをかまわないキアヌは、収入の大半を寄付し、自分が世話になった関係者に分け与えているのです。

 http://www.epochtimes.jp/2016/10/26210.html

これは、マネーを死に物狂いで追い続けてきた、中国政府の人間と大企業の経営者に対する大警告です。

1992年に、鄧小平が「南巡講話」で、「豊かになれるものから、豊かになれ」と号令してから後、経済発展はしたものの、とんでもない、環境汚染と、経済格差を生み出し、特に、成功者は、ハリウッドスターたちのゴージャスな暮らしぶりをあこがれ続けました。

 一家では使い切れないほどの富を持つものも、多くあらわれました。そのマネーの多くは、外国資本や国家資産を、上手(合法的?)に騙し取ったものでした。特に、日本で、明治維新後に、国土を、個人の金融資産をつくりだすときの担保にし、さらに株式に連動させましたが、それを共産党政府が、徹底的に学んだ結果でもありました。

 今、中国では、新たに、AIIBがスタートし、人民元もSDRをもって、世界第二の通貨になりました。その一方、国内では、ネット社会が普及し、都市部の大型小売店では次々と閉鎖が始まっています。

 土地担保にした政府ぐるみの金融構造も崩れており、今は、実需にこたえる新しい経済体制が必要です。そのとき、この25年間に莫大な個人資産を作り出している人間に、その資産を、何に使わせるべきなのか、ここがポイントです。

 このとき、その手本が、キアヌ・リーブスにある、といっているようです。

キアヌは、映画「マトリックス」で、その「マトリックス」の中にいる人間たちの非人間性を告発していたのです。さながら、国家ぐるみのロックフェラー医学や戦争を進んでおこす戦争屋のネオコンの支配下の日常を拒否しているのです。個々の人間を、マネーのための道具、兵士、ビッド数にしか思わない。それが、戦後の資本主義だったのです。

 中国の場合、個人が、人間世界の支配者である「竜の化身」の皇帝になりたがる一方で、そうなるのを断念したものは、体制そのものを冷静にみて、達観して宇宙の摂理=天と、人間である自分個人の関係を見つめ、自分なりの生き方を見つけます。それが、老荘思想でした。

 しかし、毛沢東によって徹底的に否定された「マネー礼賛」社会が、本格的に復活して、25年。

世界には、タックスヘイブンに隠しまくるもの、他人を自分の意のままになる道具や奴隷にしようとするもの、など、自分とそれ以外の世界の、イノチの関係性をまったく感じられない人間や、上下関係でしか、自分を確認できない人がいます。

『マトリックス』と戦ったキアヌリーブスは違った。いつも、現実の今にある、人間同士の関係性の中に、同じ次元の人間として、すすんで生きようとします。自分を取り囲む現実を、いかに、よくするか。

これは、中国大陸で、ここ15年で、爆発的に富を得た人間に、本来の富のつかい方を教えています。

ここで、思い出すものがあります。3600年前の殷の時代に、中国大陸では青銅器とともに、マネーが生まれますが、そのとき、中華民族の貪欲さを象徴のような、青銅器が作られました。 

この世の豊かさをすべて飲み込む、架空の生き物が想定され、その生き物を象った器が 兕觥(じこう)です。 

この逸品が神戸の白鶴美術館にあります。蓋が象の頭の形になったもので、象頭ジコウ と呼ばれます。   

     写真

                           重要文化財 高さ17.2センチ 

 中国には、次のような、言葉があります。、

 「觥飯(こうはん)も 壺飧(こそん)に及ばず。」(國語)
この意味を知るものが、本物の覚者でした。
觥飯(こうはん)とは、この世にある山海の珍味や、ありとあらゆる贅沢・豊かさを詰め込んだ料理(スープ)のことです。一方、「壺飧(こそん)」は、壺に残っていた糧秣で、簡単につくった料理です。
 キアヌ・リーブス は、この極意を悟っていました。
彼の生き方は、実は、現代医療の到達点である、統合医療につながっています。
イノチの現場から、個人的に必要なだけをそのままいただき、それ以外は、多くのイノチがどんどん再生すように返していく。そして、人間社会のシステムに、「偽り」を入れない。これでこそ、人間社会全体に持続性が生まれます。
今の日本の政治は、まだ、「マトリックス」の維持を目標にしていますが、さて、これが壊れるかどうか。

きっと陛下が研究した「皇居のタヌキ」には、裏論文がある。すごい決意とお茶目なエスプリ。

 やはり、このお方は、本当にワールドクラス。 

「皇居に生息するタヌキ」の「果実の取り方」の「長期変動」を研究され、論文にまとめられた。

このニュースを、きちんと解説したのが、ロシアの報道。 

「明仁天皇が皇居内に生息するタヌキについての新たな研究論文「皇居におけるタヌキの果実採取の長期変動」を発表。宮内庁は論文は国立科学博物館発行の研究報告に共著で掲載されたことを明らかにした。

© 写真: JOHNNY LAI 日本で家族と一緒に暮らすロシア人ママの生活(写真、動画) 明仁天皇は5年にわたって毎週、御所近くにあるタヌキが糞をためる場所から糞を採取し、これを調査された。その結果、残飯を漁る都市部のタヌキとは異なり、糞からは昆虫や木の実が多く見つかった。 明仁天皇がタヌキの食性に関する研究論文を発表されるのは2008年に続いてこれが2度目。 先に伝えられたところでは、日本の天皇の退位の可能性を審議する政府委員会が17日に最初の会合を開く予定があるという。」

続きを読む: https://jp.sputniknews.com/japan/20161007/2871184.html


さて、みなさん、この報道、面白いですね。

皇居に生息するタヌキ。 これは、暗示ですね。

 陛下は、「生前退位」の揺るがぬ「ご決意」と、皆を笑わす大変な「お茶目」を、お持ち合わせですね。 しかも、それを、ロシアは、全部、受け止めていますね。

タヌキって、これ、宮内庁や、高級官僚、明治以来のおセレブさん、ゼネコン、戦後の戦争屋と、その手先で、いつの間にか、日本の権力層の「弱み」を握ったの半島出自の闇の住人達、全部でしょ。

28年前のご即位以来、陛下は、彼らの「のぼせ上り」や勢力分布の推移を、しっかり見つめ続け、さらに、時に、おだてているうちに、彼らは、エサ(マネー、特権)を食べ過ぎて、「ホ」も無視してでもさらに食べ続けようとして、未来を捨ててしまっているうちに、自分の姿が、さらされてしまった。

 これが、見事に、日本人なら、誰もが知っている歌 に なっています。

みんなが知っている唱歌『証城寺の狸ばやし』。

この歌詞が、意味深で、今、バッチシ、はまっています。

これを知っていて、陛下はここ数年、「タヌキ」の研究をなさったのでしょう。本当に、お見事です。 フランス人も真っ青な、ユーモアを超えた、歴史的なエスプリですな。

このお方が、226事件以来、どのような運命を背負われて来たのか、に思いをはせますと、ますます、好きになりました。 

なお、この「タヌキバヤシ」の歌の作曲者は、中山晋平で、私の郷里、長野県中野市の出身です。この歌を記念して、「ポンポコの湯」があります。 そのすぐ下の日野学校の前に、私がよく通う、10分で売り切れる農産物直売所があります。

  http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/shojoji.htm

和尚さんに負けるな!タヌキの決死の腹鼓

ある秋の晩、證誠寺の庭で何十匹もの狸がポンポコと腹鼓をしながら楽しそうに踊っていた。これを見た和尚さんが負けじと自慢の三味線でお囃子を始めると、狸も負けじと大きな音で腹鼓を叩く。頑張りすぎた狸は、翌朝腹を破って死んでいた。不憫に思った和尚さんは供養のため狸塚を作ったと言う。

中山晋平を記念したポンポコの湯 

http://nakano-ipc.jp/facilities/shisetsu01_2.php 

中山新平記念館 http://www.city.nakano.nagano.jp/shinpei/index.htm

アベノミクス前から「この国は明らかに 官僚と米国により食い物にされてる」

 以下の貸借対照表を挙げたツイッターがあります。これは、アベノミクス「黒田バズーカ(平成25年4月スタート)」の前のものです。すでに、事態は、さらに悪化しているのです。

この事実から目を背ける政治家・学者・評論家・教員は、未来を全く見ていない、悪魔の一味。

しかし、この夏から、アメリカ側が急速に変わっている。これが、「生前退位」と連動する。

心柱がなくなり、日本の権力構造も変わる。変えることができる。それを、変えるのは私たち。

経済を、国家の在り方を、日本列島にある経営資源の分配を、すべてやり直そう。

まず、汚染の少ない地域で、統合医療から。そして、ノンベクレル化。 

・・・これは、食と生命環境の「江戸」化。常に天然のピュアな生命波を感じている。

毒は二度と食べるな。見えない毒(薬)を避けて、イノチをもたらす神の力を感じ続けよう。

自らの身体・イノチ(LIVE)を悪魔のシステムにさらすな。 敵(EVIL)は、すぐ横にいる。

 今のままでは、イノチが壊されるばかりで、足場もなく、

 絶望(心の中)どころか、絶滅(生命体)の道です。

 

   LIVE と EVIL どっちに、身を置く?

 

show_you_all

官僚の天下り先に貸付けられたまま 「出資金+貸付金=2百兆円」

米国政府に貸付けられたまま 有価証券「米国債百兆円」

その原資「政府短期証券百兆円」

 

この国は明らかに 、

官僚と米国により食い物にされてる。

 

 

「稲の根本に鎌」は、ここまで抉るのか?維新「江戸→東京」で財を成した一族。

 面白い、記事を見つけました。

「豊洲」売却で大儲け…東京ガス“支配一族”の系図 

 http://linkis.com/news.livedoor.com/ar/XEx6g

 

この記事は、週刊新潮からの転載です。 日本のオセレブさん大集合。これに、ゼネコンの創業家が加わります。広瀬隆さんが書いた『私物国家』そのもの。

 明治からの近代日本は戦後70年たった今、何を残し、何を捨てるか、きちんと整理しないといけませんね。 でないと、官僚と特権家族がのさばりすぎで、役人たちの鉄面皮が治らない。しかも、そこに、戦後のアメリカ戦争屋の手先になった特殊人脈が絡んでいて、きちんと、現実を見た、まともな仕事が、進まない。

 今上陛下の「生前退位」問題は、 浄化の流れ を引き起こしています。

 最後は、さらなる大掃除になりますね。今は、「ホ」だらけの大八洲。そこに、「水」と「火」が来るかも、です。

  

【新井信介:2016年10月メッセージ】(2016年10月5日収録)

【お知らせ】今日と明日、「NHK京都」でフルーツガーリックの取材が放送されます。

 <フルーツガーリックは今!> 

現在、「瓊音ショップ」で好評販売中の「フルーツガーリック」ですが、今日と明日、NHK京都でフルーツガーリックの取材が放送されます。 

現在、フルーツガーリックの材料となるニンニクは、現地では、来年の収穫に向けて悪天候の中、必死で植え付け作業を進めています。 

そのようななか、今日明日ですが、先日取材のあった「NHK京都」の番組が放送となります。直前のお知らせですが、お時間のある方、また「NHK京都」の視聴ができる方は是非ご覧ください。 

放送予定は次のとおりです。 

ニュース630京いちにち  :   105日 午後6:307:00

ぐるっと関西おひるまえ    :   106日 午前11:3012:00

 「完熟発酵フルーツガーリック」はフルーツのように甘酸っぱく、デザートのようにとにかくおいしくお召し上がりいただけます。

完熟発酵によって、栄養を通常のにんにくから、さらにパワーアップした発酵食品ですので、生サプリとしてご利用いただけます。

健康維持やエイジングケアのサポーターとして、ぜひ一度ご賞味ください。

詳細は次のリンクからご覧ください。⇒ 完熟発酵フルーツガーリックHP

ご注文は、「瓊音ショップHP」から、あるいは次の「FAX申込用紙」を印刷して、FAXでもお申し込みいただけます。⇒ 160610_フルーツガーリック_FAX申込用紙.pdf

160610_フルーツガーリック_パンフレット.jpg

8000bq汚染土リサイクルを決めた経緯を山本太郎が糾弾した4月13日。翌日、熊本大地震。

  参議院の東日本大震災および原子力問題特別委員会 での、山本太郎氏。 

 これ、半年前の4月13日でした。 当時の環境大臣は、丸川珠代です。

 https://www.youtube.com/watch?v=Jk52nPRw5b4

  https://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/5801

  この中で、日本国政府の政策の矛盾を見事に指摘。

  原子力規制庁が 100ベクレルでもあぶないというのに、

  環境省が、8000ベクレルの汚染土を、全国にインセンティブ(奨励金・補助金)付きでばらまくと、省令で決定。

  「日本国は、たちの悪い、産廃業者になった。」 

 国会での審議内容は、14日、マスメディアには、大きく出てこなかった。

 翌日、話題になったのは、まず、田母神氏の逮捕。 

 そして、4月14日夜に、熊本大地震。 

 

 こんな国家には、鉄槌が下りますね。 そのときは、きちんと、人を選んでもらいたいものですが。

 今、ここ北信濃の中野市でも、我が家の前を、毎日、10回以上、救急車が通ります。

 その一方で、全国で、汚染土が、撒かれ続けているのです。

 

 こんな状況で、 4年後のたった2週間の東京オリンピックのために、 3兆円。

 人件費(作業員、警備員など) は、 いくらでも、「抜く」ことができるのです。

 

 今朝は、ノーベル賞の発表で、メディアは、一斉に、またまた、オメデタムードをあおりますが、

 もっとも肝心な問題を、はぐらかすばかり。

 

 3兆円あったら、まず、住民(特に青少年)避難・移住と、

放射能対策技術の世界規模の公募、公開研究ができます。  

  最大野党の民進党は、この夏の参議院選挙で、このことに、何の対処もしなかった。まして、この秋に、幹事長になった野田は、総理大臣時代、「収束宣言」をだした大バカ。ますます、面の皮が厚くなって膨らんでいる。

11月に、666の日があると、閲覧者が教えてくれました。

 以下を、UPすべきか悩みました。 情報主と相談し、数字の事実のみの公開にします。 

 どんな日か、ご自身で、お考えください。 

  ➡︎ 2016/11/16 = 18  

  ➡︎ 18 = 666(666)

 

 PS :  でも、これは、ミロクでもある。 三つの六。 

この5年半、どこで何して何食べていた?そして、いま、どうする?これ、統合医療の基本。

 死者、病人、事故が多発しています。

  ガンになるものも多い。

 「お上」や「テレビ」の情報に、洗脳されてきたひとには、悲しい事態が起きています。

 

 フクシマの放射線は、今は、完全に開けっ放しです。

 これまでの「食べて応援」、「瓦礫焼却」、「汚染土運搬」、「100bq未満食品の積極流通」など、 

 政府が率先して、「ごちゃまぜ」にして、「ホ」を国民に摂取させているのですから。 

 政府自身が、まるで、反省も自覚もない上に、というより、確信犯で、「ホ」を広めて、

 それに対し、国民は、まったく、無防備で、備えてこなかったのですから。

   

  絶滅への道 まっしぐら。

 https://twitter.com/atsuatsuomusubi?lang=ja

  https://twitter.com/hunterkani
 
 
 放射能や化学薬品の汚染・負荷を減らす。 
 免疫力を高める。 体温を上げる。
 血行を良くする。
 添加物入り食品を食べない。
 白砂糖を取らない。 
 
 発酵食品と ミネラルの効用。 本来の海水に近い、成分であること。
 
 生命の共振現象は、ときに、多く奇跡を生みますが、
 これは、 個人差があります。
 
 身体を取り巻く、生活環境と、 生命現象に対する正しい理解は、
 個体の生命力を、爆発的に改善します。
 
 人間であること。
 未来を想像・創造できること。 
 
 この自覚があって、初めて、いま、自分が置かれている、国家や経済界のとんでもない罠
 が見えてきます。
 
 また、本当に、純粋に、努力している人も。
 
 
 自分で、対処しないと どうしようもない。
 
 この5年半に、どこで何をしてきたのか? 何を考えていたのか? 何を食べてきたのか?
 
 その報いが、出てきてしまいました。
 
 でも、3か月で、人間の細胞は、全部、生まれ変わります。
 
 だから、希望はある。 生きている限り、 諦めるな。 徹底的に、自分自身を見直せ。
 
PS: 私の白髪が、少しずつ改善しています。
   前髪の生え際からく黒い毛が生え、薄毛も改善中。
   これは、ミネラルと、エネルギーの取り入れ方の問題。
   ただし、私は、食事を極端に減らしません。いかに、いい情報と栄養を与えるか、ここがポイントです。
   ミネラルは、情報のキャッチに必要なのです。

《 『瓊音ショップ』(ぬなと)も覗いてください!!》

6月初めに   『瓊音ショップ』(ぬなと)をオープンさせて頂きました!! 皆さんはもうご覧いただけましたでしょうか?! 新井先生のブログ「京の風」はもちろん最高ですが、『瓊音ショップ』(ぬなと)もたまには覗いてください!!

従来はHPに付属する形で、決済機能などがついておりませんでしたが、お客様からも多くのご要望が寄せられたこともあり、「ネットショップ」として新たに「『瓊音ショップ』をオープンしたものです。

そのため、弊社(株式会社 K2O)事務所にご連絡いただくことなく、ネット上で新井信介先生のDVDや、「528HzのMIチューナー」などをお気軽にご購入できるようになりました。

もちろん、決済機能もついており、各種クレジットカードなどもご利用いただけます。

「完熟発酵フルーツガーリック」も好評販売中です。

また、「MIチューナー」は商品ラインが品数も増えて充実しています。お気づきでしたでしょうか?!→ MIチューナー商品ライン

ぜひ一度、次のリンクから『瓊音ショップ』をご覧いただけたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

⇒ 瓊音ショップHP

なお、本ブログの上部にある「瓊音ショップ」をクリックしていただければ、瓊音ショップHPにつながります。 

160610_ぬなとショップ_TP写真.jpg

【お知らせ】10月の新井信介先生講演会のご連絡:「東京」ならびに「名古屋・大阪」

 新井信介先生の10月開催予定の講演会の日程をご案内させていただきます。

10月16日(日)には、『地球史からみた天皇誕生!!(第3回)』を、10月22日・23日には、『皆神塾』を名古屋と大阪で開催させていただきますので、その日程をご連絡させていただきます。

 

尚、「テーマ」や「内容」につきましては、決まり次第、改めてご案内させていただきます。 

 

「名古屋」と「大阪」の両会場では同時期に開催させていただきますが、一部内容が重複する部分もあるかと思いますが、名古屋と大阪では、テーマを少し変えて開催させていただきます。

 

参加をご希望の方は、お席の関係もございますので、出来るだけ事前に末尾の「連絡先」までご連絡ください。また、次の「FAX申込書」をプリントしていただきFAXでお申し込み頂いても結構です。

 

「地球史からみた天皇誕生FAX参加申込書」→ 161016_地球史からみた天皇誕生_参加申込書_FAX用紙.pdf

「皆神塾・名古屋FAX申込書」 → 161022_皆神塾・名古屋_参加申込書_FAX用紙.pdf

「皆神塾・大阪FAX申込書」 → 1161023_皆神塾・大阪_参加申込書_FAX用紙.pdf

 

尚、「東京」ならびに「名古屋」「大阪」ともに、講演会終了後に「懇親会」を予定しております。「懇親会」は「事前予約制」となりますので、参加希望の方は講演会と合わせてお申し込みください。

懇親会の参加費は、「東京」が「3500円」(中華の飲み・食べ放題)、「名古屋」(中華・飲み放題付)が「3500円」、「大阪」が「2500円」(軽食+ワンドリンク)です。 

大阪の懇親会会場は、「CAFE英国屋」です。そのため、アルコールメニューはございません。

 

   10月16 (): <東京で開催>  

 

         場所:         東京都港区三田2-14-8 2F会議室   TEL090-5804-5078 (室伏)

        時間:    14時か~17時  (終了後、懇親会開催予定)

     地図→ 160626_地図_田町.pdf

        参加費:  3500円  (瓊音倶楽部会員の方は2500円)    

        最寄り駅:

        JR山手線・京浜東北線 田町駅 西口徒歩5分/ 都営浅草線 三田駅 A3出口徒歩4分

         都営三田線 三田駅 A8出口徒歩4

       (注1)会場までの道順については、次のリンクをご参照ください。→160626_地図_田町.pdf

       (2)会場の前には道路に面して駐車場の大きなマーク「P」があります。

       そのすぐ後ろの階段を2階へ上がってください。

 

10月22日(土) : <名古屋で開催> 

      場所: 名古屋市中区錦2-8-22  オフィスオオモリ 2F (「伏見通」沿い)  

   時間: 14時から17時くらいまで  (終了後、懇親会開催予定)

       地図 → 161022_地図_オフィスオオモリビル.pdf

   参加費:3500円(瓊音倶楽部会員の方は2500円)

         懇親会参加費は、「3000円」(中華で飲み放題付) 

 

10月23日(日): <大阪で開催> 

   場所: 「難波神社」  中央区博労町4丁目13号   

   時間: 14時から17時くらいまで   (終了後、懇親会開催予定)

 地図 → 160619_地図_難波神社.pdf

参加費:3500円(瓊音倶楽部会員の方は2500円)

懇親会参加費は、「2500円」(軽食(+ワンドリンク)付き)を予定。 

 

(注)上記の講演会にご参加を希望される方は、会場の都合もございますので、出来れば、事前に以下の連絡先まで、ご連絡ください。 

また、「懇親会」は東京ならびに名古屋・大阪ともに「事前予約制」となります。講演会とともにお申し込みをお願いいたします。

また、次の「FAX申込書」をプリントしていただきFAXでお申し込み頂いても結構です。

 

「東京:地球史からみた天皇誕生!!」 → 161016_地球史からみた天皇誕生_参加申込書_FAX用紙.pdf

「皆神塾・名古屋FAX申込書」 → 161022_皆神塾・名古屋_参加申込書_FAX用紙.pdf

「皆神塾・大阪FAX申込書」 → 1161023_皆神塾・大阪_参加申込書_FAX用紙.pdf

 

連絡先     株式会社K2          室伏昭昌

                     事務所:    03-3548-1025          携帯: 090-5804-5078     FAX03-3548-1026

                     E-mail    akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F      

 

 

《「皆神塾(東京)」のDVDキャンペーン価格で好評発売中です!!》

 

新井先生の最新の情報は、現在、キャンペーン価格で販売中の「皆神塾(東京)」(9月10日開催分)でチェックしてください!!

詳細は次のリンクからご覧ください。「ショップ」では、クレジット・カードもご利用いただけます。→皆神塾(東京)9月10日開催分DVD

160910_皆神塾・東京.jpg

 

 

      

渋谷スクランブル2.179μSv 新宿1.005µSv 「オリンピック?冗談でしょ。いつまでバカやてんの」が海外知性の声。

 https://twitter.com/atsuatsuomusubi?lang=ja から 以下は、やらせとは、思えません。

 

今日は10月1日。中国では国慶節。人民元SDR。メールアドレス。政府の「巨大地震」発生予告。

 おはようございます。

1) まず、最初に。本日の未来創庵を紹介しながら、

 私のメールアドレスの表記が、間違っていました。失礼しました。

   nunato2511arai@gmail.com   

 です。申し込めと言っておいて、間違いのアドレス。私も、ひどいことをしたものです。

 お詫びいたします。(でも、電話番号も併記したので、真剣な方は電話してくれるはずですね。)

 会場は、中野市西2丁目3番13号。 電話は090-9370-5740

 

2) 本日ですが、今回の未来創庵には、統合医療の重鎮が集まります。

 いろいろ聞いてみると、

  人間の健康(生命活動)の8割は、食事で決まります。

 純天然 で。 バランスのいい食材 ビタミン・ミネラル。

 あとは、心に何があるか、です。 事実のとらえ方が、間違っていれば、その時点で全部が狂います。

 宇宙の根源のエネルギーを、どう受け止めるか、も、心の在り方と大いに関係します。

 

 三つのコスモス。

 マクロ 自分を取り巻く世界 ・・・大自然、大宇宙 の仕組み、関係性

 マイクロ 自分の身体の内側の世界 ・・・ 肉体の仕組み ここに何を取り入れるか。

 マインド 自分の精神宇宙。 ・・・何をイメージするか、意図するか。 創造や行動のまえの、想像と認識。

  (「認識」される情報には、 自分という存在とのかかわりの深さに、よって、3段階がある。

    知識、見識、胆識。 ・・・(注)ここで、さらに、知識と、チエ(知恵・智慧)は違う。 

 ※知恵と智慧。自分自身が、人類世界のみならず、この地上での「未来の種」である、と認識・自覚し、その状態で、日々を行動する覚悟と自負のある人が、智慧と胆識の持ち主です。 未来に備えるといって、目先の社会崩壊を気にしながら、マネーをためるだけの人間は、まったく、この次元に到達していない未熟な人間です。もちろん、「お上」の情報だけを頼りに生きる人間は、未熟以前の問題です。権力とは何か、その成立の背景を理解し、権力側の「情報」の内容と、出し方、出すタイミングには、意味や意図がある、と知って、今の真実を探り、すかさず行動するのが、本来の人間です。)     

 

3) そして、今、まさに、戦後の覇権が終わり、

 これまでの近代日本の崩壊整理=処分が始まります。と同時に、世界の覇権のありかたが大変容します。

 マネー世界は、今世紀中には終了しますが、いまの、ドル体制を支えるのが、中華人民共和国の大きさと一体である通貨、人民元なのです。この存在を、悪し様にいいつらうのは、自分が置かれている現実を見ようとしない人間が、「逃げ場所」をそこに求めているのです。

 今日は、その中華人民共和国が成立した日です。この国は、始皇帝以来の、2千2百年にわたる中華の伝統的「権威」=儒教秩序をいったん否定して、国家を創り出したのです。当時、すでに、「半植民半封建」状態であったのを、まず、独立を回復し、国内では私的所有権をすべて否定して、国家の建設を始めたのです。

 しかし、それはソ連との対立となり、外交的に四面楚歌の中、「文化大革命」が起こり、自然界の摂理とは、全く離れた国家運営によって、一気に疲弊し、国民の経済と文化のレベルは、極度に停滞し、餓死者も続出する事態になりました。その状態から、再度、経済建設をするために、鄧小平が核となって「改革開放」で、国が開かれ、国家の指導だけではなく、個人の自主性が必要として、1984年から、もう一度、私的所有権を徐々に再設定し、1992年の日本の天皇の訪中後、世界経済に再度組み込まれ、巨大パワーになって、現在に至りました。

 方便(道具)としての、国家、通貨、宗教などを、よく知っているのです。

 ただ、国家の規模が大きく、これは、一つの「人間の世界」そのものです。 戦後の70年にも満たない時間に、この巨大国家は、私的所有権に関しては、完全否定から、絶対的肯定へと動き、さらに、海外との連携となり、国家とマネーに関し、国民がとんでもない経験値を得ているのです。(若い世代は親がアホだとダメですが)

 だから、国家指導層は、変化をするのに、全く、躊躇がない。権力者の個人の欲が先に出たときの、行き過ぎの失敗も多いのですが、国家としては、いいものは、すぐに取り入れます。(ここでは、悪知恵も取り入れますが)

3) それに対し、日本列島の近代国家である明治政府も、戦後の経済復興策も、本来、単なる、方便、道具だったのですが、そこに、起源のあいまいな天皇の「権威」が再構築されました。このとき、イエスを神とするバチカンの神話と同じように国民を妄信させましたから、その国家の内側にいる人間は、その「権威」をかざした、権力の意識空間(マトリックス)の中に、いつも埋没してきたのです。それが、羊、ヒラメ、社畜の群れです。権力者は自分のマネーだけをもとめ、それに、国民が従ったのです。(この点、中国人は、「上に政策あれば、下に対策あり」です)

 戦後の日本は、天皇自らが、アメリカに命乞いをして(実際は裏で繋がっていました)、国民全体を差し出す(このとき沖縄はさらに大きな犠牲になりました)一方、明治の朝鮮併合以来、自国領にした半島系の人間を、そのまま抱え込みました。このとき、アメリカの悪魔が、日本から、羊たちが生み出すマネーを吸い上げるときに、その手先に位置づけ、「闇」の仕事をさせ続けてきたのです。日本の暴力団や右翼・左翼のそれぞれの活動家の多くの出自は、どこかであるかは、皆さんご存知でしょう。 

 その「闇」を知る人間が相互の利益のためだけに、列島内で連携し、権力層に入り込んだとき、日本の「羊」が、完全にイノチの流れから離れて、誰かさんの生贄になっていったのです。

 これが、メディアにも及んでいます。

 もう、そこかしこで人が病み、人が事故を起こし、人が死んでいるのに、メディアや「おかみ」が言わないと、まだ、わからないのです。 

 

4) マネーも、制度も、たんなる、道具なのです。 

 目的は、幸福に、人間としての尊厳をもって、生きることです。 

 「お上」洗脳が、まだまだ続きますが、これは、本当の一部の人間の利益のためです。これが現実です。

  このなかで、まず、生き残ること。

 それと同時に、今後の社会を考えます。 これは、日本列島だけではなく、

 人類としての、普遍的な価値と、幸福の形とを、求めるものです。

  今の、日本の国家を見ればわかる通り、立法府の人間も行政も、まったく「ホ」に向き合わず、相変わらず、これまでのシステム維持のみが、政策目標になっています。 

 そこで、ようやく、闇の実態がばれてきました。さらに、戦後の宗主国のアメリカが弱まり、日本の支配権が薄れてきました。 

 こうした中で、国家の側から、巨大地震が発生するという、公式の発生予告です。

 20XX年というのは、今年である確率が極めて高い、と考えます。 

 今月末から12月中旬まで。 さらに絞り込むと、11月でしょう。 ここから先は書きません。

 以上は、文明アナリストとしての、論理的な帰着です。 

 

 9月15日の「京の風」・・・ 「これからの3か月」の最後の記載内容を、再読してください。

 

PS: 地震についての発生予測は、 今日の記述で、終わりにします。

    必ず来る。 それは、30年先? それとも・・・。

  世界中が憧れる、存在、生き方、暮らしぶりを創り出す。こうすれば、中国もロシアもアメリカも怖くない。

« 2016年9月 | メインページ | アーカイブ | 2016年11月 »

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像