新井信介京の風

HOME > 新井信介 「京の風」 > 時事問題 > 村田光平先生のメッセージと、清洲のブログ。

村田光平先生のメッセージと、清洲のブログ。

  おはようさんです。 

まず、村田先生のブログから。 

http://kurionet.web.fc2.com/murata.html

 多方面への発信メッセージ 2016年9月5日

 皆様
 
 知人から寄せられた福島避難民の体験談を下記(こちら)お届けいたします。
 胸が痛む内容です。
 
 こうした福島の悲劇への配慮から五輪報道を批判し東京五輪に疑問を投げかけるドナルド・キーン氏の卓見を別添いたします(こちら)
 
 トモダチ作戦に参加し被爆した米軍兵士を支援するための基金を設立した小泉元総理は、人道主義の立場から募金のための講演活動に力を入れておられます。  8月18日の大阪国際会議場には1400余人の参加があった由です。関係者によれば反原発の強力な発信のなかで、かの“under control”発言にも言及されたそうです。 なぜか報道はありません。
 
 9月7日には外国人特派員協会での記者会見が行われます。
 10月には京都での講演会が予定されております。
 福島隠しに対する大きな挑戦であるかのごとく映じます。
 
 最近のNHK番組の中で7名の解説委員が政府の原子力政策を厳しく批判し世間を驚かせました。
 特に重要と考えられるのは次の2点です。
 
1.原子力に関して 国が全責任を追う体制を確立するべきである。
2.もんじゅと再処理工場 を 閉鎖するべきである。
 
 六ケ所再処理工場は最悪の場合1000基分の大事故になることが日本およびフランスで過去に報じられております(「シェルブールの停電事件」を検索下さい)。
 このような恐ろしい禍根を放置する日仏両国の責任は重大と言えましょう。
 NHKの番組が上記2点の実現を一日も早く急がせる契機となること祈ってやみません。
 
 皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

                        村田光平

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、不死身のあの人が、また警告です。

 http://ameblo.jp/zeusu69/

 このまま、何もなく、東京オリンピックを迎えられると考えているひとは、お目出度すぎます。放射能以前に、この国の医療は、製薬会社とグルになった殺人医療のままなのですから。

 除染とノンベクレル空間、ノンベクレル食品を、本当に、徹底することができるのか?

 その前に、首都東京は、物理的に崩壊するか、機能停止する事態が起きかねません。

 そのときは、西側に避難先のない人は、「足止め」で、管理されます。 これまで、指摘してきた通り。 

 

カテゴリ:

< 「平和構築」への「管理」という大潮流。アジアから戦争屋をたたきだす。  |  一覧へ戻る  |  もう始まっているじゃないか。なんでも「心不全」。これまで5年半、どこで何して何食べていた? >

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像