新井信介京の風

2016年7月

『シン・ゴジラ』は見る価値が大いにありそうだ。

 本ブログ読者から、メールです。本人の許可を得たので、掲載します。

映画「シン・ゴジラ」の鑑賞の勧めです。

 

今日は、新井先生。

さて、昨夜、私は、12年ぶりに国内で製作された、ゴジラシリーズの新作となる、『シン・ゴジラ』を鑑賞してまいりましたが、案の定、内容があの3.11とそれ以降の日本について、かなり意識した作品となっておりましたので、取り急ぎ、ご報告させて頂きます。

それは、劇中、主人公である内閣官房副長官の矢口蘭堂(長谷川博巳)に、「日本は米国の属国だ!」と言わせたり、防衛大臣に、日米安保についての突っ込んだ発言をさせたり…と、要所要所で、現代の日本が抱える問題点を抉り出しておりました。

また、劇中に“モニタリングポスト”という言葉が出てきたり、今回のゴジラそのものがフクイチを投影した化身であったのには、私自身も非常に驚いた次第であります。

そして、これはネタバレになってしまうので、詳しくは書きませんが、ラストは、フクイチをこれからどうすべきかを暗示したかの様なシーンで終わりますので、新井先生もさぞかしご多忙かと存じますが、是非とも、お時間を作って頂き、この作品を観て、日本国内の映画製作者たちの、“イノチ”に対する想いを感じて頂ければ、幸いです。

ではでは。

 

飯山さん、ありがとう。私の間違いでした。

 選挙管理委員会の正式発表を見ないまま、先ほどのブログ、「三宅の得票ゼロ地域」を上げてしまいました。

私の思い込みから来る初歩的間違いです。お詫びして訂正いたします。

そして、飯山大兄、ご指摘、ありがとうございます。今回の参議院選挙については、とにかく三宅氏への支援要請が強く、彼らの熱に影響され、それが残っていました。不正選挙については、与党が負けた、北海道、東北、沖縄、長野ではなかったと私も確信しております。

さて、今日、これからどうなるか、楽しみです。

また、なんで民進党の岡田が投開票を前に、代表を辞めると言い出したのか?鳥越の敗戦が、判ったからなのか?

あと、今日は、桜井誠氏がどれだけ得票するか、注目しています。戦後の日本が、なぜ外国人(特に半島系)優遇になったのか、問題の本質を見極めないといけません。 https://www.youtube.com/watch?v=lHP3vu-0HCM

とても気になる、阿蘇の米塚の穴。この付近は、2万年前の遺物が多くあります。

 阿蘇の米塚で、頂点に穴ができています。

気になります。 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-12651.html

私が、2004年の冬至に、鞍岳に登ったとき、そこでは、2万年前と思われる人類の足跡を多く見つけました。

ウルム氷期の時代、熊本の阿蘇は、日本列島の中でも、中心だった可能性が高い。

当時の人間たちは、意志の力と、周波数で、重力制御の技術があったのではないか、と推測します。

ナスカ地上絵も、きっと、当時のものでしょう。

私は、ウルム氷期が終わってから後の、1万5千年前からの人類文明(この中で、「縄文海進」があり、日本列島が形成された)の中で、如何にして、天皇なる存在が、日本列島に生まれたか、を考えています。

日本列島の民(縄文人、海洋民)には、2万年前の記憶があって、それが、「天の岩船」伝承になって残された、という仮説も、まじめに考えています。

アフリカで誕生した、新人(クロマニオン)が、6万年前に、アフリカ大陸を出たあと、

どのような軌跡で、日本列島に入ったのか? そのとき、どんな発展をしたのか?

まちがいなく言えること。

 人が自然を征服したり、人が人を支配するという、発想は、

 何かの、特別な作為(操作)がないと、うまれないということ。 

何でも言っていい時代。都知事選で真実がどんどん語られる。その先に待つものは?

 こんにちは。

明日、東京の都知事選挙です。

もう、自民・公明の、「ムサシ」による不正選挙は、多くの国民が知っています。

先日の参議院選挙でも、ありましたね。三宅洋平氏の投票がゼロの地域があるなんて、どうしようもないほど、ミエミエの不正なのに、当の候補者自身が、それを訴えないとは、まったく残念です。

選挙の3日後に、せっかくラジオで総理夫人の引き合わせで、安倍晋三本人と、直接、話できたのだから、まず、「自分の票が全くない地域があったが、これはおかしい。不正がまかり通っている。こんなことではダメでしょ。この国は民主主義の基本が壊されていますよ」と、堂々と日本国の最高権力者にいうべきでした。 

これは、2012年年末の衆議院選挙の時からそうです。

 →注意: 後追い追記31日記 

  上記の「先日の・・・最高権力者にいうべきでした」の部分ですが、飯山一郎さんに指摘された通り、

  私の重大誤認です。三宅氏が得票ゼロの地域はありませんでした。自戒として、このまま残します。 

 

選挙での投票権。これは、人間個人の尊厳そのものです。 

社会構成では、これがもっとも大切で、全てと言ってもいい。

個人の投票を尊重する。とくに、統治体で運営では、国家権力は暴力装置ももつので、

それを如何に、制御するか、これこそが、人類が長い時間をかけて、つかみ取った叡智なのです。

この自覚が、あまりになさすぎます。

権力者の横暴は、無知の現れです。 それに、どう、対抗し、その姿勢を変えさせるか?

人間個々人に、 想像 と 創造 の能力が与えられたことこそ、人間が、神の一部であることの意味です。

人間は、どんな突出した能力があっても、その一個人が、神が作り出した宇宙の真の姿(権能)をすべてつかめるわけではなく、

それぞれの人間がつかんだものを出し合って、より正しい知見を広め、3次元宇宙で、この地球にある現実に、より、快適で、美しい世界を創りだしていく。 これが、人類に与えられた、終わることない、宿命です。

 その中で、

自分だけが真理をつかんだ。絶対に間違っていない。そして、それを元に国家権力で制度化した。これに従え。 ・・・ こう強弁することで、多くの横暴な権力者と悲劇を生んできたのです。

 異なる意見が衝突するとき、戦争という手段の代わりに、選挙の手段を、私たちは、つかんだ。

 有権者とは、権力体を構成する、権利を持つ人間のことだ。

これが、日本の場合、戦後、検察そのものが、アメリカの支配下にあった。最大の理由は、戦争に負け、アメリカの国家戦略と、FRBの米ドルでの金融戦略の中に、日本の権力構造そのものが組み敷かれたこと。

そして、FRBの金融システムに、戦争を好んで起こす人間が入り込み、FRBの機能を補佐する機能として、日銀と、日本経済そのもの(日本国民の汗と税収と、官僚機構)が位置づけられ、日本をアメリカに対する、マネーでのATMにしたこと。 この構造を、日本の権力層と官僚は、すすんで受け入れ、その中に、国民が関与できない世界を創って、一部人間の個人利益を、組織を作って取り続ける体制をつくったこと。

それが、日本での、エリートというのでしたが、 

 で、今、どうなのでしょうか? 

マネーをどんなに刷っても、経済界には、日本の未来に、全く希望(需要)が見えてこない。 

 一体、何が、足りないのだ?

これまでの「枠」のままでは、もう、人々に、希望を実感できる現実を作り出せない。 それだから、今、

 日本では、急速に貯蓄率が増えている。

「マネーが未来を保証する」との信仰のままに、今の「枠」=制度のままでは、まるで先が見えないという、実感から、とりあえず、銀行に、稼ぎを蓄えておく、という、心情の現れだ。

そして、そのマネーが最も稼げるとして、若者たちが、放射能だらけの東京にいく。福島では、そこにいるだけで、多くの補償金がもらえるとして、家族を逃がさない。

 マネーを、どう使うべきなのか? そのときの、枠組みは、どうあるべきか? 

ここが実は、今、最も問われているのだが、既存政党は、これまでの「枠」を越えられない。

 

 さて、都知事選挙、おもしろい。

この選挙の基本は、東京五輪の利権争い。 石原慎太郎とその仲間たちが独占したがるのを、

自民党の他の議員が、割り込みたい というもの。

そして、背後には、

 ①東電の経営から、フクシマを切り離す

 ②石原慎太郎が、アメリカ戦争屋の犬だったので、これを、もう、完全に、政界から排除したい

この二つが、日本・アメリカ・の良識派、そして、華僑・王族会議からでているということ。

初めは小池にすることで、石原(そして森)を排除し、オリンピック予算をどんどん膨らませようとしていたが、  

 オリンピックを、この東京で、「問題ない」「アンダーコントロール」の嘘のまま、実施させるのか。

 今、ロシアのドーピングだけでも、国家を揺るがしているが、

 東京五輪は、安倍晋三の「嘘」と、「裏金」で、勝ち取ったことは、世界中が知っていること。

で、今、

 「何でも言っていいい時代」になった。 

 本音を言う候補と、その応援者が どんどん出ている。

・小池百合子に対し、石原慎太郎が罵声(聞くに堪えない「女性への悪口」で、ここでは書けない)を浴びせた。 

・鳥越氏は、小池氏を、核武装論者。増田氏には、直前まで東電の役員だった、と指摘する。

その前、

・立花高志 は、NHKの内実暴露する。

・桜井誠 は、この国が、戦後行ってきた、外国人に対する異例な措置の撤廃と、パチンコ産業と警察の癒着を指摘する、

・上杉隆 は、 メディアの不正 声高に叫ぶ。

 などなど。

まああ、とにかく、多くの言説が出てきて面白い。それも、それぞれに、真実なのだ。

で、日本は、どんな、国なのか?

 今上陛下は、8月8日に、国民に向けて、ご発言と。

私は、明治からの近代国家、なかでも、マネーに使い方に問題あり、とする人間です。

一旦、止まって、生存権だけはきちんと保証し、生活を確保(実物供与)しながら、全てを組みなおすべき、が持論です。もちろん、社会美化などで、一定の役務が発生するのは、当然です。

 イギリスのEU離脱決定で、世界経済が危機的だと言って、マネーでの信用創造が進まない、信用が壊れるというだけの話。

 これを、戦争によって解決するのは、もう、できない。

では、どうするのか?  相互扶助での解決方法もある と思っています。

 武器に 依らない、 安全保障。

 マネーに 依らない、 経済発展。 

必ずできます。 

 安全も経済も、 自分の心と行動が決めます。 この時、国家を、どう捉えるかです。

 

明日の選挙に関して言えば、もはや、増田の目はないです。

小池になれば、ヒラリー一派は、一安心でしょう。でも、鳥越になれば、これは、何が起きるかわからない。

でも、それでも、日本国民の覚醒の流れは、変らない。

 安倍晋三が、大打撃になるのは、間違いない。 

それよりも、放射能対策と、地方での(経済と生命の)生き残り対策。

私自身としては、地球人類史の中での、天皇の誕生と変容、その意味をまとめることが最重要。

【お知らせ】『皆神塾(東京)』(7月9日開催)のDVDが出来上がりました!!

 大変お待たせしましたが、  7月9日に東京で開催した「皆神塾(東京)」のDVDが出来上がりましたので、ご案内させていただきます。 

全編で2時間50分(170分)の長編DVDです。この講演会は、おそらく「皆神塾」始まって以来始めてと思われますが、新井先生の講演がほぼ時間通りに終了しました。
その甲斐もあって、内容が非常に良くまとまっていて、わかりやすいものとなっています。
<超おすすめ>のDVDです。

テーマが、『すべての言論封殺が解かれる時!! ~ 日本の名誉とは何か?』ということで、今年後半に、日本国内で、そして世界で何が起ころうとしているかの解説です。現在の国際状況はこれを見れば全てわかります。

2016年がどのような年になるのか?このDVDをお求めいただき、ぜひご確認ください!!

販売価格は、8末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

テーマ:『すべての言論封殺が解かれる時!! ~ 日本の名誉とは何か?』

1) アクエリアスと新世代王族。 2013年4月30日

   「希少資源の権威的分配」の終わり。 信仰から実態へ。

   金融ワンワールド、 IMFラガルドが五輪に口出し。 最も重要なのは日本問題。     

2) 日本の天皇家を創りだした一族の終焉。 役割終了

   日本版text と、 WHYを問わない日本の教育の弊害

   YHWH(パリサイ)国家神道に対抗する、 MITRA(エッセネ)修験道

3) 5年4ヵ月という時間が意味するもの

   ブレトンウッズ体制を修正延命させるAIIBと人民元SDR

   イギリスのEU脱退  パナマ文書  東京の「意味」の終わり   

4) 戦後の世界経済の中の、 日本と中華 (シュメールと縄文)

   頭の無い日本政府が、 「やらせの緊張」に本気になる (南沙、尖閣、沖縄)

   独りよがりは、 百済系の天智の系統 曇りない「太一」と響きあう日本

花鳥風月。 人類は地球の散髪屋

5) 言論の完全自由化  線量を元に   日本の皇族とは?  第2次大戦まで

   リニアは困難  イカヅチ資金の虚構がばれ、 検察が変わる

   首都圏の不動産はいつまでか? 野村證券の予測

6) 今後のタイムスケジュール

7月31日都知事選挙 ここまでに、自民党の膿だし

8月5日リオ開会式  6日ヒロシマ 9日ナガサキ 15日終戦

8月21日リオ閉幕式   ・・・ ここまでに方向転換

9月4日、G20 杭州 ・・・ 新規マネーの使い方決定

10月1日、人民元SDR アメリカ大統領選挙TV討論

  この中で北朝鮮、 満州を解決

  日本人を海外に散らせる 飯山大魔神が評価される 北海道とサハリン

7) 国家崩壊 (物理的・国家財政・人間の劣化) を米大統領決定まで、 ギリギリ持たせる?

  それまで、 大量の「ホ」情報と、 「対策」情報が溢れる

  何のきっかけで崩れるのか?
160709_皆神塾・東京.jpg
 

販売価格は、8末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》  

《お知らせ:『皆神塾(九州)』のテーマが決まりました!!》

 2016年8月6日(土)・7日(日)に開催予定の『皆神塾(九州)』のテーマが決まりましたので、ご案内させていただきます。講演会の内容の詳細などについては、決まり次第改めてアップさせていただきます。お知り合いとお誘いあわせの上ご来場いただければ幸いです。

参院選は終了しましたが、都知事選はこれからです。また、今上天皇の生前譲位の話が出てきて、当然ながら政治との関係など、大きな変化が予想されます。ぜひ、ご来場いただけたらと思います。

尚、講演会終了後は「懇親会」も開催させていただきます。  

「熊本会場」では、4月の地震のこともあり、熊本にお住まいの方の参加費は無料とさせていただきます。熊本の会場は、当初、「城彩苑」を予定していたのですが、地震の影響で修理が必要となり、使用不可となったため、急遽、会場変更しております。

いずれの会場も、お席の関係がございますので、出来るだけ事前にご連絡・お申し込みをお願いいたします。

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                    事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F 

お申し込みには次のリンクからFAX申込書もご利用いただけます。→160806_0807_皆神塾・九州_FAX参加申込書.pdf

 

<『皆神塾(九州)』のテーマ>: 『反転はあったのか?!~「未来とイノチ」』

 

<『皆神塾(九州)』の日程>

 

86日(土) : 「皆神塾」 <福岡・博多で開催>  

   場所: 福岡市中央区天神1-10-17 西日本ビル

   時間: 14時から17時くらいまで 

 

  (注)講演会終了儀に「懇親会」も開催します。料理は、「和食懐石」(ワンドリンク付き)で、参加費は「4000円」です。 

  お申し込みには、次のFAX申込書もご利用いただけます。→160806_0807_皆神塾・九州_FAX参加申込書.pdf

 

87日(日): 「皆神塾」 <熊本で開催> 

   場所: くまもと県民交流館パレア
         熊本市中央区手取本町
89号  TEL096-355-4300

   時間: 14時から17時くらいまで 

 

  (注)講演会終了後に「懇親会」も開催します。会場は、いつもの「Princess」で、参加費は「2000円」です。

  お申し込みには、次のFAX申込書もご利用いただけます。→160806_0807_皆神塾・九州_FAX参加申込書.pdf

 

(注)参加費は「3500円」。瓊音倶楽部会員の方は「2500円」です。なお、「熊本会場」では、熊本在住の方については、無料とさせていただきいます。 

いずれの会場も、お席の関係がございますので、出来るだけ事前にご連絡・お申し込みをお願いいたします。

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                    事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F    

【新井信介:2016年7月メッセージ】(2016年7月26日収録)

二つの「ユズルハ」神社と「海人」。坂越の大避神社。太子町の斑鳩寺。今、成都でG20蔵相会議

  こんにちは。

1) 淡路島・沼島の旅行の中身が濃かったので、すこし、書くのが遅れました。

  箇条書きにします。

 20日(水)、朝一で、神戸の弓弦羽神社。 さらに、磐座の祭祀跡のある渦が森に。

 昼に、淡路島の諭鶴羽神社。 ここの宮司さんとは、2年ぶりですが、最近の逸話として、・・・

 この神社に、羽生結弦君が来た時には、霧が立ち込め出し、幻想的な空気に包まれる。

 そのなかを滑るように、羽生君は走り出し、見事な舞い を見せたと。

 午後は、沼島に。

 この島は3回目。今回は島の民宿に泊まった。この日は満月だった。(写真がうまく上がらない。ゴメン)。

 淡路島に沈む夕日を見てから、上立岩に上る満月を見る。翌朝4時半に、その満月が沈むのを見て、

 今度は、上立岩に、朝陽を拝む。 なんとも、贅沢な時間を過ごしたものです。

 その後は、福良港で「うずしお」観測の咸臨丸に乗り、さらに、一気に赤穂に向かって、坂越の大避神社にいきました。

 ここは、弓月の出で、ウマヤドを助けた秦河勝をまつる神社ですが、どうして、徳川幕府(第5代の綱吉)が、山鹿素行をここに蟄居させたのか、また、そこで、素行が中朝事実を書き上げたのか、その背景と理由を検証し、

 最後は、太子町に向かって、斑鳩寺で、ウマヤドが持っていたとされる地球儀をみて、そして、622年に太子本人が製作したとされる太子像を直接拝んで、解散でした。なぜ、この地に、太子ゆかりの寺ができたのか? 

 別の言い方をすれば、ウマヤドは、なぜ、この地を選んでいたのか? これも日本史の大きなポイントでした。

2) 沼島と海人族と天皇

 沼島は、日本列島の中央構造線の上にあり、その圧力で、むき出しになった岩山の島です。

 そして、ここが、海人族の拠点だった。彼らは、対馬に行くだけでなく、遠く、アユタヤとも航路を開いていた。

 海人族には、本来国境はなかった。日本列島から、東アジア世界に縦横に活躍の場を広げていたが、持統が、皇祖神アマテラスを作り出したとき、この海人族に、彼らが、大陸(則天武后の周)・半島(新羅)・列島(日本)で、どこに帰属するか、自分で選ばせた。多くは、日本を選んだ。彼らには、新規に、日本列島内に領地が安堵された。それが、各地に残る「海人」の地名になっている。

この海人たちの発言力の大きさが現代に現れたのが、2004年の小泉内閣時代に起きた、「皇室典範」の改正騒ぎだった。愛子様即位の道を求める、女系天皇容認の改正案に、最も反対したのが神社界だったが、このとき、もっとも強い発言力があり、最後に、改正案を見送らせたのが、海事連(海事振興連盟)だった。

今回、6月13日に、陛下の「生前退位」のご意向を、NHKが報道したが、この沼島と、海事連が関わってくる。

その前日、南シナ海での、中国の領有権主張に対し、国際司法裁判所の、仲裁法廷では、フィリピンの主張を全面的に認めた。

 一方、沼島は、勾玉の形をした小島ですが、、伊弉諾と伊弉冉による「国産み」の島です。現代につながる日本の統治体は、この島での「男女の契」から、始まっているのです。それは、古代出雲からの「ユズルハ」でした。

3) 陸に上がった「海人」

 日本列島に統治領域を限定して、皇祖神アマテラスが治める国家にしたのは、持統のときだった。

その前、夫であった天武は、大海人皇子と呼ばれた如く、海人族とつねにともにあった。これは、大海人が、列島・半島・大陸を、つねに行き来していた人物だったためだ。その彼が、日本定着を決意したのは671年に大津で、天智の前に進んで、槍を突き立てた後です。大海人は、そのあと、宇治の木幡を経由して吉野にいきます。天智も、大海人の後をおって宇治の木幡に行きますが、ここで変事が起きます。ここから壬申の乱が始まっています。

 海人族は、日本国の運命に関わった。壬申の乱で大活躍したのは高市皇子ですが、この人物を生んだのは、宗像徳善の娘、尼子姫です。宗像氏は、安曇氏がシナノに追い出された後、現在の北部九州から半島までが活動範囲だった。大海人が673年に即位し、686年に「草薙の剣」に祟られて死ぬと、4年の称制を経て、鵜野讃良(持統)が690年に即位する。同年、第一回の遷宮をしたあと、691年から3年間に31回も持統は吉野に通いますが、この間、同じ海洋族をまとめ上げていたのが、高市皇子でした。

 694年に藤原京ができ、正式に皇祖神アマテラスが祀られるようになると、誰もが、次期天皇は高市皇子と予想していましたが、696年に殺されます。翌年、持統の孫とされる軽皇子(草壁の子)が即位し、この人物は文武天皇になります。一般の理解は、ここでは、自分の孫を何としても即位させたがった持統の鬼のような性格が指摘されますが、軽皇子は、本当に、彼女の孫なのでしょうか?

 持統は、大宝律令ができるとき、高市の息子の長屋王と、わざわざ宇治間山に行っています。宇治は、応神(ホンダワケ)の都だったところです。応神の王朝は実際は二代で終わっています。それを含めて、額田王は「秋の野の、御草刈り上げ・・・」の予言の歌を読みあげ、これは、以後の大和朝廷で、何回も意識されました。

 定説に従えば、持統は退位した後、自分が殺した高市皇子の息子の長屋王と、一緒に宇治に行ったことになります。宇治には鎮魂の機能があるのでしょうか?

 長屋王は、文武の子である首皇子(聖武)が724年に即位すると、その補佐役に入り、朝廷で絶大な権力を握りますが、不比等の息子4人の画策で自害に追い込まれました。

 文武(軽)・聖武(首)は、本当に、天武(大海人)の血脈なのでしょうか?

 問題は、持統の孫とされる文武につけられた和風諡号です。これが「豊祖父」です。この意味を検討している言説が、これまで全くなかった。日本書紀の記載は、「持統の退位」、「豊祖父の即位」で終わっている。

 長屋王は、何を目指し、藤原4兄弟からは、何が嫌われたのか?

そして、明治になって、

 海人族の末裔は、幕末維新期に勝海舟に見いだされ、明治政府では、海運業者となって復活したが、このとき、明治の近代日本は、新たに、記紀神話を真実とする、皇国史観で、国家を再構築した。そして、富国強兵になり、それが、第二次大戦になって敗戦し、戦後は、経済発展最優先になり、アメリカの属国状態になった。なによりも、ここでは、原発が、国家事業として推進されたのです。

安倍晋三は、「戦後レジームからの脱却」をいいながら、アメリカからの独立よりも、中国を敵視して、軍事力の強化に努めてきた。

 世界の警察官のアメリカが衰退するのなら、自分たちがそれに取って代わろうとする、野心が、日本会議の面々、なかでも、新生JICA だったのかもしれません

 昭和24年にできた海事連は、「海洋国家日本の再構築」を掲げた。彼らにとって、アジアの海は、自分の領海そのものとの意識なのでしょう。

 そこに、中国が好き勝手に出てくる。これを、どんなことがあっても封じ込める。こうした意識が、外務省を走らせていたのでしょう。

 陛下は、「生前退位」の意向を、年初から発表するつもりだったようですが、官邸から圧力がかかり、参議院選挙の前には、発表するな、と、止められていたようです。

 安倍政権の裏には、FRBと一体化していたアメリカの戦争屋がいた。さらに、安倍自身が、日本版CIAを創りたがっていた。

 実は、日本が戦後、尖閣を実効支配し、さらに2012年に民主党政権時代に「領有」したことが、中国の南沙の「領有」主張に加え、「基地化」に拍車をかけていることを、外務省は十分に承知していた。

 南沙では、日本は当事国ではないが、フィリピンからの提訴を日本は全力で支援し(積極的に掘り起こし)、国際司法裁判所での仲裁裁判にかければ、中国の主張を潰せる、と、これまで動いてきた。

4) 東アジアは、平和の海になる。 

しかし、今年4月、田母神が逮捕された。これは、日本版CIAの陰湿さを日本の良識派が嫌ったもの。

そして、伊勢志摩サミット。オバマの広島訪問の後、参議院選挙の結果がでたあと、 

12日に、フィリピンの主張を全面的に認める判決が出た。中国側の主張が 取り下げられた。

 さて、これで、中国の習近平が追い込まれる?

 とんでもない。 逆だ。 習近平は、中国国内では、ますます、政権が安定する。

これで、中国国内の軍部の軍事冒険主義がようやく止まる。無礼な「俺様主義」が国際社会で、中華民族の恥であることをようやく、大陸の人民に教えることができた。もともと、尖閣や南沙を、「核心的利益」としたのは、アメリカ戦争屋に煽られた江沢民政権だった。 

 今、日本では、都知事選挙。

 アメリカの大統領選挙では、トランプと、クリントンの戦いに。

  トランプが勝てば、沖縄の独立が強まるでしょう。

 しかし、それを、最も嫌うのは、戦後のアメリカ支配の下で、利権を築いていた外務と防衛族。

 さて、現代にいきる、海人族たちは、どんな反応をするのでしょうか?

 本来の海人族は、もっとも平和を愛したはずです。そして、どこの統治体の所有物でもなかった。

 戦前の海人族は、海軍になった。そして、その結末は、「海ゆかば」の悲劇になった。

 戦後の大繁栄は、海運業者のたまものだった。

 現代の海人たちは、沖縄をどうするのか? すでに、南シナの中国領有は、正統性をなくした。

 尖閣を含め、係争中のすべての東アジアの海域を、国際的な共同管理に乗り出すのが、一番、いい。

 海人族よ、陛下のお気持ち に従ってほしい。そのうえで、海上自衛隊を、一点の曇りもない、平和の使者にしていただきたい。

 G20の裏にいる、金融ワンワールドの面々も、それを支持するはずです。イギリスのEU離脱で、世界経済リスクの増大といって、今、全ての方策が動員されます。

 ここで、もめていたのでは、フクシマの本格処理に永遠に入れない。 人類の大方針は、完全に脱原発だ。20160720_135254.jpg を表示しています20160720_135254.jpg を表示しています20160720_135254.jpg を表示しています

6月26日の講演会DVDが出来上がりました!! : シリーズ『地球史からみた天皇誕生!!』の第一回目です!!

2016年6月26日に開催した新井信介講演会『地球史からみた天皇誕生!!』のシリーズ第一回目のDVDが出来上がりました。 

縄文から、どのようにして、日本国ができたのか?

縄文の日本列島に、どのようにして、ヘブライが入って、日本国を創りだしたのか?
それを解き明かしていくシリーズの第一回目です。

なお、第二回目は、8月28日に東京で開催します。

全編で182分(3時間2分)の長編DVDです。

2016年8月末までにご注文された方には、定価6000円のところを「4000円」にてご提供します。
「瓊音倶楽部」会員の方は、定価の半額ということで、2016年8月末までは定価3000円のところを「2000円」にてご提供します。
なお、いずれも「別途送料300円」を頂戴いたします。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

160626_地球史からみた天皇誕生.jpg

都議会の闇は『311』直後からあった。猪瀬元都知事が証言した「東京のガン」

 2011年3月8日、石原慎太郎のインタビュー記事「日本は一年以内に核兵器をもつにちがいない」がインディペンデント紙に載る。対日政策の最高責任者カートキャンベルが急遽、東京に向かい、9日に到着。時の総理大臣の菅直人が米国大使館にいく。

10日、それまで、都知事を辞めると表明していた石原慎太郎が翻意し、11日午前に、正式に辞任撤回、都知事選に出馬を申し出る。その日の午後に、巨大地震が発生した。

 慎太郎はすぐに、「天罰」発言。 息子の伸晃は、「ガイガーカウンターなんか持たせるな」といい、さらに、環境大臣になったあとは、「結局、カネ目でしょ」。

 「311」当時、石原氏の下で副知事をしていた猪瀬直樹氏は、13日に、「NewsPicks」と自身のツイッターで、「東京のガン」として爆弾発言をして、自民党東京都連の内田幹事長を批判している。→ NewsPicks「猪瀬直樹が語る「東京のガン」」

その中には、「ある議員の自殺」として、内田氏に反旗を翻した樺山議員の自殺や、「森氏との戦い」として、オリンピック組織委員会会長の森氏を強く批判する内容も盛り込まれている。

なお、樺山議員は、次のブログによれば、「311」発生直後に、「空間線量測定結果」を自身のブログで公表していたとのこと。→ 大沼安史の個人新聞

 http://amor1029.exblog.jp/13013317/

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎ 葛飾区内の空間放射線量測定結果―6月30日―

 葛飾区内の空間放射線量測定結果  6月30日 天気 晴れ

測定場所 水元中央公園(水元1-23-1)  0.25マイクロシーベルト/時

     金町二丁目ときわ公園(金町2-16-4)  0.26マイクロシーベルト/時

     金町公園(柴又3-24-1)0.21マイクロシーベルト/時

     高砂北公園(高砂4-3-1)0.22マイクロシーベルト/時

 ※測定方法:地上1メートルの地点で、30秒毎に5回測定した値の平均
測定機器:シンチレーション式サーベイメーター(ALOKA社 TCS-171)

 

◎葛飾区内の空間放射線量測定結果 ―6月27日―
葛飾区内の空間放射線量測定結果 6月27日 天気 曇り

 測定場所  中道公園(西亀有1-3-1)  0.12マイクロシーベルト/時

       本田公園(立石3-4-13)  0.16マイクロシーベルト/時

       新小岩公園(西新小岩1-1-3)0.21マイクロシーベルト/時

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イノチよりも、目先のカネ。 未来に対する責任感は、皆無。

こんな奴らが、この国を運営してきたのだ。彼らを選び、のさばらせたのは、日本国民自身だ。

縄文時代からの霊性を持つ、本物の日本人じゃない。下品で、下劣で、野蛮すぎる。多くの東京都民自身が、メディアが作り出すオバカ製造の浮かれ情報と、「今だけ、ここだけ、自分だけ」のカネしか頭にないのだから、自分で、自分の世界を創るという、意志と、具現化の方法論を、きちんと、学ぼうなんて、まったく考えない。

所得が増えれば、メディアで刷り込まれた高額で有名なものが買えるという、

 たんなる 消費奴隷 になっているだけ。

 こうした姿勢すべてに、まちがいなく、「裁き」が来ますね。 

自分の心、自分の意志が、三次元の次の未来を創りだしている、という自覚(責任感)がないものは、消えていきます。 

 これが、アクエリアスです。 人間は、想像と創造の主体です。これがあるがゆえに、神の一部なのです。

毒まき既得権体制を今後も続けるの?NHKが防災情報を流しているけど、何かが来るね。

NHKの防災がこんなの流してるけど裏あり?

 

【車のガソリンは常に満タンで】 車にはカーラジオや冷暖房装置があります。電話や電気が使えない被災時においても、様々な形で利用可能です。ガソリンタンクがエンプティに近づく前に常に満タンにしておく習慣を身につけてください。

 

 

世界一放射能汚染の酷い

世界一税金の高い国に住み

世界一給料の高い公務員のために

世界一多い派遣会社で働き

世界一発症率の高いガンになり

世界一消費してる抗がん剤を打ち

世界一高い相続税を払わされる

世界一な日本人        泣

 

 

 

食べて応援なんて信じちゃダメですよ。

日本の基準値が数千倍にまで引き上げられているから。

まったく国がらみの完全な詐欺なのです。

まずは、この事実に気づく事です。

やはり自分自身で、何ベクレルか調べるしかないです。

一目瞭然です。

 

 

 

【お知らせ: 『皆神塾(九州)』開催のお知らせ:8月6日(福岡)・7日(熊本) 】

 【 『皆神塾(九州)』開催のお知らせ:8月6日(福岡)・7日(熊本)開催予定 】

ご関係各位

2016年8月6日(土)・7日(日)に『皆神塾』を「九州」(福岡と熊本)で開催させていただきますので、ご案内させていただきます。講演会のテーマや内容の詳細などについては、決まり次第改めてアップさせていただきます。お知り合いとお誘いあわせの上ご来場いただければ幸いです。

参院選は終了しましたが、都知事選はこれからです。また、今上天皇の生前譲位の話が出てきて、当然ながら政治との関係など、大きな変化が予想されます。ぜひ、ご来場いただけたらと思います。

尚、講演会終了後は「懇親会」も開催させていただきます。  

「熊本会場」では、4月の地震のこともあり、熊本にお住まいの方の参加費は無料とさせていただきます。熊本の会場は、当初、「城彩苑」を予定していたのですが、地震の影響で修理が必要となり、使用不可となったため、急遽、会場変更しております。

いずれの会場も、お席の関係がございますので、出来るだけ事前にご連絡・お申し込みをお願いいたします。

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                    事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F 

お申し込みには次のリンクからFAX申込書もご利用いただけます。→160806_0807_皆神塾・九州_FAX参加申込書.pdf

 

<『皆神塾(九州)』の日程>

 

86日(土) : 「皆神塾」 <福岡・博多で開催>  

   場所: 福岡市中央区天神1-10-17 西日本ビル

   時間: 14時から17時くらいまで 

 

  (注)講演会終了儀に「懇親会」も開催します。料理は、「和食懐石」(ワンドリンク付き)で、参加費は「4000円」です。 

  お申し込みには、次のFAX申込書もご利用いただけます。→160806_0807_皆神塾・九州_FAX参加申込書.pdf

 

87日(日): 「皆神塾」 <熊本で開催> 

   場所: くまもと県民交流館パレア
         熊本市中央区手取本町
89号  TEL096-355-4300

   時間: 14時から17時くらいまで 

 

  (注)講演会終了後に「懇親会」も開催します。会場は、いつもの「Princess」で、参加費は「2000円」です。

  お申し込みには、次のFAX申込書もご利用いただけます。→160806_0807_皆神塾・九州_FAX参加申込書.pdf

 

(注)参加費は「3500円」。瓊音倶楽部会員の方は「2500円」です。なお、「熊本会場」では、熊本在住の方については、無料とさせていただきいます。 

いずれの会場も、お席の関係がございますので、出来るだけ事前にご連絡・お申し込みをお願いいたします。

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                    事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F    

「生前退位」の発表。7月13日の大反転。狙いを定めていた王族と、墓穴を掘った日本の戦争屋。

 「京の風」で13日早朝、「イノチの天王山」と書いたあと、村田光平先生は、以下のメッセージを、発信していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ※ 多方面への発信メッセージ 2016年7月13日

 皆様

 都知事選で東京五輪が争点になる徴候が見られます。

 鳥越俊太郎氏は本12日に行われた記者会見の最後に、福島汚染水問題が「under contorl」は「大嘘」と力を込めて断言しました。
 その後この場面をテレビは取り上げられておりませんが、鳥越氏の覚悟の程が伺われます。
 今週の週刊ポスト(7月28日号)は本日立候補した上杉隆氏のインタービュー記事を掲載し、その中で公約として「一番は都税の無駄遣いの象徴・東京五輪 です」、「まず現在の五輪組織委員会を一旦白紙改変します。森喜朗会長も敬意を持って勇退してもらいます」などの考えを伝えております。

 昨年7月8日記者クラブで鳥越氏が司会をした記者会見での私の発言を別添いたします(こちら)。その際指摘した危機的現状は何ら改善を見ておりません。

 予見される東京五輪返上の具体的可能性の表面化は日本のみならず世界を目覚めされることとなると思われます。

 主要都知事候補に発出したメッセージ例を別添いたします(こちら)

 ご理解とご支援をお願い申し上げます。

元駐スイス大使
村田光平

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このメッセージのあと、夕方5時ごろ、NHKが、今上陛下の「生前退位」の情報を流した。

13日は私は、前日に京都から一緒に来た若者に北信濃のエッセンスを感受させていた。まず、朝9時に中野市博物館にいき、縄文と弥生が、音・響きで融合した事実とその証拠となる栗林式土器を指摘し、さらに、柳沢遺跡の出土物を教えた。これは、BC109年に前漢武帝が九州北部に一部の軍隊が上陸したのに対抗して、列島側の各部族が連携し、原初王権「ニギハヤヒ」を誕生させたものと再度、確認した。

そして、その若者の希望もあって、戸隠に向かい、中社、公明院、奥社にいき、午後には、皆神山に行った。 そのあとに、NHKのニュースを知った。 

 陛下の「生前退位」という個人の「ご意向」は、すでに5年前から周囲(皇族や友人)に伝えられていたが、これを宮内庁は無視し、メディアはまるで報道しなかった。それよりも、2013年4月28日には、サンフランシスコ講和条約での主権回復50周年式典に、陛下を臨席させながら、ご発言の機会を全く与えないなど、安倍政権(特に森喜朗)は、無礼を極めていた。

 そうした中、2日後の同年4月30日、東宮(皇太子浩宮)は雅子妃を連れてオランダに行き、アレクサンダー新国王の即位式に出席した。新世代王族が動き出したのはこの時だった。

 日本問題 は、 複雑だ。

放射能が最も深刻だが、経済成長は続ける必要がある。被曝症例が顕著になるのは、チェルノブイリの経験からみて、5年の時間がある。一方、世界経済がつぶれれば、第三次大戦にもなりかねない。

日本経済に寄生するのは、アメリカの金融マフィアもいれば、途上国もある。途上国には、中国が影響力を強め、その経済体の巨大規模の活動なしには、世界経済は回らない。しかし、中国は行儀が悪すぎる。

 中国は、尖閣のみならず、南シナ海まで、「核心的利益」といいだし、そこでの埋め立てや構造物建設に、戦争屋は自分では見て見ぬふりをし続け、一方、日本には、問題だと、ささやき続けた。 

  東アジアで、戦争を引き起こしたいのは、戦争屋(アメリカのFRBの米ドル支配権維持)。

そして、「戦争こそが経済発展の力」が信条の葛西敬之が、安倍政権を柱となった。放射能を隠し続けるために、電通・博報堂を使って、「問題ない」を国民に刷り込ませるために、その広告費を輸出企業での消費税還付金から捻出する。

一方、外務省内には、フィリピンをつかって、中国の南シナ海占領を、国際法で「非合法」と判定させる。AIIBを必要とする世界経済や、フクシマの実情を無視し、対中国包囲網こそが日本の使命だと裏でそそのかし、これを、東アジアの発火点にすることを、アメリカの戦争屋は狙い続けた。

しかし、そのアメリカ本国にとっては、属国日本のさらにその施政下にある沖縄は、手放したくないが、中国との戦争は望んでいない。トランプでは、沖縄がアメリカの影響圏から外されてしまうが、クリントンに、サンダースの主張を飲ませれば、オバマ時代の流れが続き、中国とは妥協できる。

 今回の日本の参議院選挙で、インチキでも、自公で3分の2を確保させ、それから、憲法改定に向かわせるのが、安倍政権の目論見だったが、その日本版戦争屋が絶頂になったタイミングで、

 「稲の根本に鎌をあてがふ」という、陛下のご意志が、NHKから発表された。 これは、全世界に流れた。

NHK内部にも、葛西~籾井~安倍(柳井・斉木)路線に、反発の人間がいて、陛下の意向と合わせ、ここで、動いた。(これは、4月6日からの伏線があった)

その直前、不正選挙を指揮するグループに対しては、安倍の政権は続くと数の上では「所定の結果」をだすものの、その中で、きちんと、民意は反映させなけれなばらないとして、 

 二人の現職閣僚(沖縄北方担当相の島尻安伊子、法相で福島県選出の岩城光英)が 落ちた。

 これは、沖縄と フクシマ に対する、これまでの安倍路線の変更を意味している。

さらに、小沢一郎の弟子である、森ゆう子が新潟で僅差で勝利した。強引に柏崎刈羽原発を再稼働をさせたがる原発マフィアと、その犬の自民党(菅官房長官)にとって、検察と戦ってきた森ゆう子は最大の敵だったが、ここでは、検察側の変化が読み取れるのではないか。

 検察内にも、もう、象さんの足枷は無くなっていることに、気づく人間が増えだしたのだ。

 NHKの「生前退位」報道は、一斉に、世界中に伝わり、

 天皇のご意志、さらに、東宮の意志、は、全世界に伝わった。 

この意思を無視し続けて、インチキ選挙でも政権を握りさえすれば、日本国を自由に振り回せることができると考えていたのが、安倍を表看板にする、放射能無視の無責任、利権主義者の官僚と財界のシステムだった。

 安倍は、参議院選挙では憲法問題を争点にせず、逃げてきた。アベノミクスの数字をいい、野党の野合を避難したが、本音であった、緊急事態法案や憲法改定は、この陛下のご意向が出たことで、こちらが日本国民にとって、国家としての最重要問題になった。

 選挙の直前、南沙問題で、中国は領有権を国際法で否定されたから、強引な行動にでれば全世界を回すことになり、実効支配する南沙については、軍事目的ではない、とする、「平和的事実」を積み上げるしかない。

 さらに、この柳井たちが、中国の南沙領有否定の中で、台湾(中華民国)が埋め立てた太平島まで、領土の対象となる島嶼ではないとしたために、安倍のシンパであったはずの台湾も、敵に回してしてしまった。

 NHKの発表に対し、宮内庁は、そうした事実はない、と否定するが、宮内庁の役人は、単なる役人。

そして、皇室典範を変えるには、今ある、憲法に基づいた関連法案をすべてを見直す作業が必要になり、これに、2~3年はかかる。この間、現行の憲法に依拠して法案見直しをするのだから、そのもとになる憲法は、とても、変える作業に入れない。

 つまり、

 この13日の天皇の「生前退位」意向発表は、実質的に、安倍政権に憲法をいじれなくさせている。それを、ふまえて、内閣改造するしかないが、そこでは、フクシマは、無視できなくなる。

都知事選挙がスタートし、2020年の東京の環境をきちんと見つめるしかない。逃れられない事実があるのだ。東京五輪の開催の進捗状況と、フクシマの汚染の話は、不可分である。

村田先生に電話したら、こういっていました。

 「これは天意としかいいようがない。」

 

※私は13日、戸隠ではとても、軽やかな気分だった。

 BC4世紀にアレイクサンダーの東征から始まったヘブライ側のアジア進出が、始皇帝を生み出すが、日本列島にも、中華皇帝の焼き直しとして、王権を作り出し、変化させてきた事実が、持統によって、皇祖神アマテラスを作り出すことで完全に隠されてきたが、もう、その役割は終わった。戸隠の本来の神(自然神)である、九頭龍大神さん、もう、オモイカネやタチカラオに遠慮することはなく、その神威を思いのまま出してもいいよ、と。

 皆神山では、日本に、YHWHを根付くかせるときに、この山に集められ、隠棲させられたミトラの意志をもつ、もろもろの神や霊たちよ、もう、自由に飛び立っていいよ、と、つぶやきました。

 今、京都では、祇園祭(今夜は宵々山)。 それがすんだら、私は、二つのユズルハ神社に向かいます。

必見のHPブログです。戦後の日本国の権力層の傲り。真に賢い母の怒り。終焉は間近。

 1) 最初に、日本の良識の砦、 村田光平 先生

  http://kurionet.web.fc2.com/murata.html

 参考まで、今回の三宅洋平に対して

 不正選挙、投票アカントを消すという、犯罪をおこなった権力側に対し、

 怒りまくっているお母さまが、FBに流した文章。 転載します。

・・・・

 ※ あたしがFBでブチきれて、怒鳴りちらした 文

 もういやだ
 この国はもう
 めちゃくちゃになってしまった
 
 私は近い未来
 プーチン政権の元で暮らす事を考えている
 何故ならば
 プーチンはTPPを絶対に入れない
 モンサント製品排除(GMO 薬  農薬)
 オーガニック農業推奨
 産業大麻推奨
 クリーンエネルギー(自然エネルギー)
 動物愛護
 薬を使わない代替医療
 原発廃炉
 
 そして国民の健康を第一に守る生活政策
 
 という 
 
 指導者として当たり前な政策を行っている
 
 ここでなら 
 子供達と人間らしく生きていける
 ロシアでのプーチン支持は80%に近い
 国民から絶大な信頼を得ている
 
 そりゃそうだ
 国民の為の政策だから
 
 みんなしってるかな?
 これ  全部
 三宅洋平さんが掲げていた政策なんだ
 
 彼が国会にいってくれたら
 ロシアにわざわざいかなくても
 この日本で 
 人間らしく生きることが
 可能になるはずだった
 その希望に私は賭けていた
 
それを...
 
 彼を異常に批判ばかりする男たち
 何がしたいんだ
 どうしたいんだ
 
 もっと徹底的に
 批判しなきゃいけないやついるだろっ
 弱いものイジメしかしない卑怯なやつ
 いるだろっっ
 
 相手違うだろよっ!
 
 ざけんなよ!
 
 自分はおっさんだから戦争には
 行かなくてよいとでも思ってるのか
 
 人間らしく生きられる希望の権利を
 女 子供 から 
 奪ったんだ
 
 くっっっだらないヤキモチのディスりで
 
 この国から 奪ったんだ
 
 ここはもう良き日本じゃない
 
                      ・・・・・・・・・・・・・ (終わり)。
 
 

2) 自民党とおおさか維新の不正選挙

 
3) この国の統治構造の狡猾な奸計と陰湿さ 
 
 ① 原発プロパガンダ(岩波新書) 本間龍。
   
   「電通と博報堂が、フクシマの隠ぺいに、2兆4千億円以上を使ってきた。」
   これが、洗脳資金だが、その出所は、消費税還付金を得た大企業。
 
   アベノミクスは、国民をだますために、資金をばらまいた。 これは、重大犯罪。
      
 
 ② トヨタの消費税還付金5年で1兆3009億円
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1105.html
 
 このなかに以下の記載があります。
 
  トヨタは、そう遠くない未来に、崩壊し、つぶれる(買収される)でしょう。

以下の記事を目ん玉が飛び出るほどお読みください

http://portirland.blogspot.jp/2012/06/20001.html

『トヨタ自動車は、消費税還付金5年間で1兆3009億円の消費税の還付を受けており、 簡単に調べた所、還付がなければ赤字決算続きの会社であることが分かりました。凄く簡単な仕組みを説明します、ポイントは輸出をしている企業であるかどうかという点です。

庶民や下請けから、消費税の還付金名目で2000億円前後を吸い上げ続けています。
 結論を先に言えば、仕入と売上の金額に変動がなければ、輸出をしている会社は消費税増税されるほど、利益が増えます。トヨタ(単体)は、この制度がなくなると赤字に転落します。
トヨタなど搾取金額の分かりやすい式
▲消費税収の23%が大企業へ トヨタ1社で2,291億円関東学院大学教授 湖東 京至さんが試算
.....続きは本文を参照のこと』

参議院選挙が終わって、いよいよイノチの天王山。安倍の三宅潰しと「南沙仲裁」で、中国の「おれ様主義」を押さえると、世界はフクシマに入る。ガン患者鳥越に覚悟があるか。

  まあ、偏向メディアは、完全に、自民・おおさか維新に買われています。 その資金源は、

   経団連。それも、トヨタを筆頭にする自動車会社と、電力会社。

 彼らは、一致団結して、三宅洋平と、その支持者をコケにしました。 本当に、なめたものです。

  その人たちは、中国崩壊論を言う人と同じです。 安倍は事務次官会議を復活させ、毎金曜日に30分、官邸からは萩生田、官僚側は、警察官僚の杉田で、彼らが仕切りますが、そこでは、「フクシマは、アンダーコントロール」との前提で、各次官に指示がでます。

 体制維持だけが目的の、イノチの響きも、未来の展望もない、低次元の会議です。

  トヨタに、還付金の餌をまいて、メディア工作費を得たうえで、

  中国との対決しか、見えない単純バカが、国家の司令塔なのです。

新世代王族にとって、中国の「おれ様主義」は、困ったもので、これには、とりあえず、国際法での判決を出させる。海外の華僑も、金融ワンワールドも、中国の軍事進出の抑えに入ります。

昨日、「南沙問題に仲裁判決がでた」ので、これで、一区切りです。中国は、戦争を仕掛けられません。

 戦争屋が仕掛けた、日本の海上自衛隊との衝突という、謀略も減衰します。結果として、係争地域には、

 国際的な共同管理になるでしょう。

   同じく、国際的な共同管理にしなければならないのは、

  フクシマ です。

 しかし、日本国内の全国民が、カネで買収されたメディアに、洗脳されすぎです。   

  これから、一斉に、フクシマ問題が、でてきます。

 自分で、未来を組み立てよう。 イノチ以外、全てを捨てる覚悟をしよう。

関連する記載を、別項にかきます。

 

 

【お知らせ】 『皆神塾(名古屋・大阪)』(6月18日・19日)DVD:キャンペーン価格で好評発売中!!

6月18日(名古屋)と19日(大阪)で開催した「皆神塾(名古屋・大阪)」のDVDをキャンペーン価格で好評発売中です!!

キャンペーンは今月末までですので、お早めにお求めください。 

名古屋と大阪の両講演を2枚組みで収録しているDVDです。

そのため、全編で5時間29分(329分)の長編DVDです。 

フクシマの現状はひどくなるばかりでまったく変わっていません。選挙も近づいていますが、今後の「国家の枠=統治体をどう変えるのか?」「新世代王族はどう関わるのか?」

いま日本で、そして世界で何が起ころうとしているかの解説です。現在の国際状況はこれを見れば全てわかります。

ぜひお早めにDVdをお求めいただき、ご確認ください!! 

販売価格は、2枚組みで2つの講演を収録していますが、通常の皆神塾と同じ価格でご案内します。

7月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。

尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025 FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

また、次のリンク先の「瓊音(ぬなと)ショップ」でもご購入いただけます。→ 「瓊音(ぬなと)ショップ」

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》  

<テーマ>:『信仰(うお座)から、イノチの水(水瓶座)に。「病魔充満の龍体列島に、蘇生と覚醒の砦を築く」

<内容> 2016年の夏至。 昨年の冬至の 秋元での岩戸開きに続いて、

   今度は、私たち日本列島に生まれた日本語を話す人間に、

   新たな試練が襲います。 真実を見つめ、自分の心を抉る苦しい旅です。

    これまで私たちが、自分自身の文明生活と精神安定の足場にしていた、

   国家・宗教・マネーですが、本来、道具であるのに、それ自体の存続を優先し、

   次々とイノチの本質を壊し、未来を創る意志を妨げる凶器になっています

   出続ける放射能は休むことなく、感性を壊し、理性を腐敗させていきます

   明治維新で、天地と直結していた日本人の感性が壊されて以来、国家主義の

   利権と、虚妄で煽られたマネーに甘える精神が埋め込まれ、それが重篤です。    

   イノチの砦を造ろう。そして、本当の日本=仁品を、自分から発信しよう。 

   この決意をもつものよ、ここに集結せよ。 事実を見つめ、叡智を出そう。 

   G7伊勢の植樹イエスの心と通じるのか? 燔祭を含め、ユダ族の神意と、

   これからの日本を研究します。 新生の「ユズルハ」は、貴方から始まる。 

<レジメ> 

総論: 4月から大変化。頭のない日本国と、地球一体化の総司令部の誕生。

     伊勢志摩サミットでの植樹、オバマの広島訪問の後、新世代王族が、仕掛けだした。 

1)      68日夜、尖閣の接続水域に、ロシア船と中国船が航行。

さらに15日未明に完全な日本領土である口永良部に中国船。 慌てる谷内正太郎。

 2)      昨年9月から戦争屋退治の意志

唯一のエンペラーと、日本の近代化整理。 フランシスコ発言。 プーチン「イルミナティー打倒宣言」 

3)      FRBの米ドル世界は、戦争屋の天国。 この中でお花畑だった日本(なかでも官僚)

   金融ワンワールド裕仁(通貨)のもつ、天使(育成)と 悪魔(略奪)。 

4)      伊勢志摩サミットは、日本政府の茶番・恥さらし。 なぜ伊勢だった? ユダヤの本流?

植樹の意味は? フランシスコ発言と世界宗教の融合。 日ユ同祖論と伊勢・特殊資金。 

  世界人類史の中の天皇。 アマテラスはいつ誕生?(応神=八幡、三輪山、大神、三輪、犬養) 

5)      オバマのヒロシマ宣言  71年目の終結。 パールハーバーでは? 南京は?

「広島と長崎の将来は、核戦争の夜明けとしてでなく、道徳的な目覚めの契機の場として知られるようになるだろう。そうした未来をわれわれは選び取る」      That is a future we can choose,    a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare,      but as the start of our own moral awakening. 

6)      4月に入って動き出した世界。 無脳の極みと道義

「天皇を創った一族」長老の死。核セキュリティーサミット、パナマ文書、ムヒカ大統領、田母神逮捕、熊本地震 岸田北京訪問、裏金のJOC竹田恒和、トランプ、沖縄の軍属事件  

7)      新たな司令塔 と祝(ハフリ)。東宮だけのものか? 皇国史観とバチカン

  キリストは「次に私は、そこかしこに現れる」

   天皇とは? ≪三種の神器 :八尺瓊勾玉  八咫鏡  草薙の剣≫ 

8)      日本再構築 : 94G20までに日本が変わるのには、近隣との紛争解決に加え、

  これまでの特権層・役人のインチキ、優遇をはっきりさせる。

  フクシマの 現状と、これまでの被曝被害の深刻度を公開する。中国から。16日にGPS「北斗」。

  天変地異で、物理的な破壊が続き、もう、これまでの制度が、維持できない状態に・・。 

 国家の枠=統治体を、どう変えるか? 新世代王族(浩宮)が動き出した。          

日本(仁品)なしには、ありえない。 磐座神道 と 伏見稲荷。 人類史的な「ユズルハ」

 

160618_皆神塾・名・大.jpg

 《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025 FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   

また、次のリンク先の「瓊音(ぬなと)」ショップ」からもご購入いただけます。→ 「ぬなとショップ」

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》   

《お知らせ》今週末(7月9日)は『皆神塾(東京)』開催です!!

今週末の7月9日(土)に『皆神塾』を「東京」で開催させていただきますので、ご案内させていただきます。講演会の内容の詳細などについては、決まり次第改めてアップさせていただきます。お知り合いとお誘いあわせの上ご来場いただければ幸いです。

尚、講演会終了後は「懇親会」も開催させていただきます。     

   テーマ:  『すべての言論封殺が解かれる時!!~日本の名誉とは何か?!』

    日時:           2016年7月9 (土)  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)

                 (注)開場は1330分です。

 

場所:         東京都豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F  TEL090-5804-5078 (室伏)

(注)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。 → 151115_地図_池袋会場.pdf

 

最寄り駅:

JR山手線 池袋駅 東口 徒歩5

有楽町線 池袋駅 35番出口 徒歩3

丸ノ内線 池袋駅 35番出口 徒歩3

JR湘南新宿ライン 池袋駅 東口 徒歩5 

 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 

 会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。 

 

尚、講演会終了後の「懇親会」は、「事前予約制」で人数限定にて開催させて頂きます。懇親会では、新井先生とゆっくりお話できるようにさせて頂きます。

懇親会は、皆神塾会場近くのイタリアンのレストランで、飲み放題付きのコース料理で、会費は「5000円」となります。参加を希望される方は、講演会への参加と一緒にお申し込みください。

  次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。→ 160709_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F    

 

<懇親会会場の写真>

   160709_懇親会会場写真_101789ga10000025.jpg

《明日(7月9日)の「皆神塾(東京)」のレジメが出来ました!!》

 

 明日、7月9日(土)の「皆神塾(東京)」のレジメが出来上がりましたので、以下、掲載させていただきます。

重要情報満載の講演会になると思います。選挙の投開票前に、ぜひ、新井先生のお話を聞いてください!!

明日の講演会の詳細は、一つ前のブログ記事をご覧ください。→皆神塾(東京)7月9日のご案内

<明日のレジメ>

テーマ: 『すべての言論封殺が解かれる時!! ~ 日本の名誉とは何か?』 

1)   アクエリアスと新世代王族。 2013430

   「希少資源の権威的分配」の終わり。  信仰から実態へ。

   金融ワンワールド、 IMFラガルドが五輪に口出し。  最も重要なのは日本問題。     

2)   日本の天皇家を創りだした一族の終焉。  役割終了

   日本版text と、 WHYを問わない日本の教育の弊害

   YHWH(パリサイ)国家神道に対抗する、 MITRA(エッセネ)修験道 

3)   54ヵ月という時間が意味するもの

   ブレトンウッズ体制を修正延命させるAIIBと人民元SDR

   イギリスのEU脱退  パナマ文書  東京の「意味」の終わり   

4)   戦後の世界経済の中の、 日本と中華 (シュメールと縄文)

   頭の無い日本政府が、 「やらせの緊張」に本気になる (南沙、尖閣、沖縄)

   独りよがりは、 百済系の天智の系統  曇りない「太一」と響きあう日本

    花鳥風月。  人類は地球の散髪屋 

5)   言論の完全自由化  線量を元に   日本の皇族とは?  第2次大戦まで

   リニアは困難  イカヅチ資金の虚構がばれ、 検察が変わる

   首都圏の不動産はいつまでか? 野村證券の予測 

6)   今後のタイムスケジュール

731日都知事選挙   ここまでに、自民党の膿だし

85日リオ開会式  6日ヒロシマ  9日ナガサキ  15日終戦

821日リオ閉幕式   ・・・ ここまでに方向転換

94日、G20 杭州 ・・・ 新規マネーの使い方決定

101日、人民元SDR アメリカ大統領選挙TV討論

  この中で北朝鮮、 満州を解決

  日本人を海外に散らせる  飯山大魔神が評価される  北海道とサハリン 

7)   国家崩壊 (物理的・国家財政・人間の劣化) を米大統領決定まで、 ギリギリ持たせる?

  それまで、 大量の「ホ」情報と、 「対策」情報が溢れる 

  何のきっかけで崩れるのか?

 

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

 

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F    

IMFラガルドが、オリンピック開催地に口出し。ギリシャでの恒久開催案を支持。

 ・・・・新世代王族の裏に、知恵者がいる。 乗るしかないでしょう。・・・・

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、ギリシャでの五輪恒久開催案を支持した。

 sputnik 報道。http://jp.sputniknews.com/sport/20160707/2439871.html

 

ラガルド氏によると、これはギリシャに経済状況改善のチャンスを与えるだろうとの見方を示した。

 ラガルド氏は、ギリシャでの五輪恒久開催案についてジャーナリストから質問を受け、次のように答えた-

「これは良い案であり、長々と続く状況からギリシャを抜け出させるにふさわしいものだと考えている… これが経済にとって必要な需要をつくりだすことができるならば、素晴らしい。」The Greek Reporterが報じた。

ジャーナリストは、これはギリシャ経済復興の助けとなるだろうとの見方を示した。

なお先に伝えられたところによると、2020年東京五輪の組織委員会の森喜朗会長は、日本の国歌斉唱の際は「口をもごもご」するのでなく、歌わないといけないと日本選手団に警告した。

 

三笠宮の言葉 「偽りを述べる者が愛国者とたたえられ、 真実を語る者が売国奴と罵られた世の中を、 私は経験してきた。... それは過去のことだと安心してはおれない。」

 掲題の言葉を紹介しているのは、

以下のブログです。 

 http://ameblo.jp/souldenight/entry-11769826349.html

生長の家 立正佼成会 は、 ようやく、安倍の裏側の人間の狂気に気づいたのです。

 

 現実を、見つめましょう

 https://twitter.com/kurararan?lang=ja

この中に、以下があります。 

 私の予感:  世界は、「処分」に入りますよ。

 

 


 7月2日
「チェルノブイリの祈り」を読むと、チェルノの核爆発によってソ連帝国が滅んだわけではないと感じる。チェルノ核爆発は、原因ではなく結果だろう。やってはいけないことをやり続けて、社会が壊れた結果として、チェルノが核爆発したといえる。フクシマも同様で、社会が壊れていることの結果だろう。

 

  1. 腐敗に次ぐ腐敗・全ての正論の抹殺・官僚主義的な問題の隠蔽・国家としての体裁を繕うための人権停止・警察国家的性格等々によって、人々は生きる気力を失い、滅亡をもたらす原子炉建設に反対することはできなかった。壊れた社会が実現していたのであり、事故は必然的に起きた。フクシマもそうだった。

  2. 日本という国は、自分達の幼稚な理屈が通じないと逆ギレして、国際連盟さえ脱退した。世界の誰からも相手にされなくなった今、クールジャパンとか言って自分で自分を慰めるしかなく、また、カネをばら撒いて付き合ってもらっている。田舎者が自暴自棄になって戦争を引き起こすことを諸外国は畏れる。

  3. フクシマ後、劣化ウランを扱っている山口の三井岩国の工場が爆発したりして、しばらく不可解な工場の火事が続いた。そして京大での火事。このままいったら西日本と東日本で疾患の有意差ができてしまうので、瓦礫を西に運んで焼却したりと、核汚染を西日本へ拡大しようと考える連中がいてもおかしくない

  4. 国民健康保険制度解体、国産牛のBSE検査廃止、生活保護削減、年金原資消失、消費税アップ、といったように、国民にとって良い制度がどんどん壊されていっている(結果として国民は窮乏化)。戦時体制にもっていくためには、国民を窮乏化して、その不満を外部の敵(中国・北朝鮮等)のせいにしていく

 

世界はこう見る。「東京五輪の返上は、日本の自浄能力によるのか、IOCによる失格判定によるのか、 いずれにせよ時間の問題」

  参議院選挙では、だれも、東京五輪返上をいいません。

 全体像の中で、自分を見ることができない。 あたえられた「枠」のなかで、自分の利益だけを考える。

  一度、できあがった枠組みの変換に、すべてを捨てて乗り出す、知性も見識も、ハラもない。 

 日本の権威は、つねに、利権をつくり、護るためにあり、真実よりも、こっちが優先する。

 甘ったれた、稚拙な知性ばかりなので、最後は、社会全体で、クラッシュになる。

  今回の場合は、それが、個々人の意識の基盤まで、 根こそぎ 変えられる。

  いや、変らないものは、 「次」に、行けない、進めない。 それだけ。

 

10日の投票日が過ぎたら、今度は、都知事選挙です。

安倍晋三の「アンダーコントロール」という、大ウソと、裏金で、2020年の招致を勝ち取った日本ですが、

 今、世界の流れは、イラク戦争のインチキを、「告白」するように、自らの不正を正す動きです。

新世代王族と世界の知性は、一斉に、この方向に動いています。

 今の自民党、官僚、日本の財界は、 フクシマ問題を、単に、国内問題として考えていますが、

 日本のメディアは、 この知的劣化に、いつまで付き合うのか?

人類の行くえに責任を持つという自負と自尊心のあるものは、真剣に、見つめています。

 日本に自浄能力はあるのか?

それとも、

 IOC による、失格判定になるのか?

これが、今月後半、最大のテーマになります。

ISISを語るテロや、アジアでの緊張は、ここに意識を向けさせないための謀略です。

これに関連して、

 イギリスのEU離脱後の、世界経済、なかでも、安定通貨とされる日本円と日本経済 がどうなるのか? 

今、自民が大分裂です。  この原因は、すべて、利権。

 オリンピックをカネ儲けの道具にしたがる、醜悪をきわめる、国と都の議員、そして、ゼネコンとその配下の土建企業。

 天罰が下るのが、近い、と感じます。

小池 VS 自民の都議連 の裏に、なにがあるのか、などを含め、明日は、わかるところまで、話しましょう。

 

 正体が、バレル時代なのだ。

この画像、プラカードにして、安倍ッチ(自公)の前に突き出そう。「スった年金 お前が払え」

 

自らが招いた円安バブル崩壊により、わずか1年たらずで年金が▲10兆円も失われたのに、街頭で自慢げにニコニコ演説している総理の気が知れない。「この道を前へ」。前に進むどころか、もはや断崖絶壁の一歩手前である。今からでも街頭でアベノミクスの崩壊を認め、年金をどうするのか、説明すべき。

 

生活保護の賭博 よりも、 安倍晋三の賭博 のほうが、 はるかに問題。 4〜6月でスッた年金は 4.4兆円 1日あたり 500億円

村田光平先生から経団連会長へのレター!!・・・中国もフクシマに注目!!

 昨日に続いて村田光平先生(元駐スイス大使)からのレターです。今回は榊原経団連会長宛てのレターです。

また、5月24日に新華社が掲載した「日本は福島の疑問」を直視すべき」という記事も頂きましたので、以下、掲載させていただきます。

160706_榊原会長_160706.jpg

160706_新華社記事_日本は福島の疑問を直視すべき_160524.jpg

160706_新華社記事_日本は福島の疑問を直視すべき_160524_2.jpg

さあ、文明大転換の渦を起こそう。今週末、皆神塾と宇治講座、そして二つのユズルハ神社。

 1)今度の日曜日には、参議院選挙です。

  私は、期日前投票を済ませました。

2)  明後日9日(土)は、池袋で皆神塾です。

 今、頭(現実にかみ合った司令塔)の無くなった日本国は、さらなる迷走をしています。

 これにとどめを刺すのは、 「フクシマ」の事実情報を迫る、海外からの動きになると思います。

 しかし、メディアは、この動きを報じません。

 そして、バングラで、日本人を狙ったテロが起き、京都では、放射能の実験施設の爆発に続いて、昨夜は、先斗町で火災がありました。

 何かが動いています。 

 この動きが、どこに行きつくか、これには、人類の文明史的な視野が必要になります。 一時的には、国権重視の現象が出ますが、底流に流れるものは何かです。

 「希少資源の権威的分配」 がなくなること。 

 人類は、地球を舞台に、曇りのない目で、ストレートに、「いい現実」を探し出します。

 FRBの米ドル経済の延命に、人民元を国際通貨にした「通貨バスケット」と、実物に基づいた信用創造、新たな通貨機能の創出などの動きが、一斉に起きています。 日本の場合、アメリカ覇権のなかの補助システムから、どう自立するのか、紛争地域をどうあつかうのか、今、厳しいせめぎあいにあります。

3) 日本国家って何なのか?

 この島国にできた、日本という国家の正体、王権の成立とその発展には、「ユズルハ」が欠かせません。そして、「神」とおなじく、「ちはやぶる」を枕詞に持つ「宇治」とは、いったい何なのか、これも重要です。

 日本の皇室では宇佐が、江戸時代まで最高位の神社であり、そこに、祀られているのは、実在の人物だった、ホムダワケ(最初はイザサワケとよばれた)です。これを、568年に、八幡神と認定したのは、奈良の三輪山の神官だった、大神比義でした。宇佐に入った大神氏からは、女禰宜の大神杜女が出て、東大寺大仏の金メッキが必要なとき日本から必ず出るとの神勅を伝えました。

 人間ホンダワケが宇治の木幡で矢枝姫をえて、現在の宇治の宇治神社宇治上神社の地に、都を築いています。なぜ、宇治だったのか? 宇治とは何なのでしょうか?

 宇治の秘密を、世界史の中で捉えなおして、宇治市民向けに宇治の重要性を話す講座を、10日に宇治の黄檗で行います。一応、現地の人向けですが、まだ空きがあるかもしれず、興味のあるかたは、以下に、コンタクトしてください。

 090-3994-7595 森田まで。 講演会は、午後3時スタートです。

4) 私は、微力ではありますが、これまでの人類の文明は、自然界から、離れるばかりだったのを、逆に、自然に溶け込ませるために、全ての、文明を再構築する渦を、巻き起こす決意をしました。

 日本列島で、縄文の感性と、弥生の機能性を、融合させたのは歌と響きでした。その主舞台は紀元前2世紀末の北信濃ですが、「統治」の概念が、日本列島に明確に入ったのは、3世紀(卑弥呼の時代)のことです。

このとき、縄文から続く、イノチの響き・真実の声に、必ず耳を当てる姿勢が残りました。それが、勾玉になっています。三種の神器の筆頭にある、ヤサカニの勾玉。これが、何を意味するのか?

今、日本列島で生まれた「神道」の世界化にむけて、ファンタジーでしかなかった皇国史観をこえて、6000年前からの「かんながらの道」を、明確化しようとの動きが始まっています。それを、単なる古神道ではなく、磐座神道と呼びます。

5)二つの ユズルハ神社。

 その根本を確認するために、7月20日(水)に、二つのユズルハ神社を参拝します。

一つは、神戸の渦が森にある、弓弦羽神社。 ここには、神功皇后と、応神天皇の伝承があります。

もう一つは、 淡路島の諭鶴羽神社。 ここには、第9代の開化天皇のときに、イザナギ・イザナミが鶴に乗ってきたという伝説が残っています。この神社は、別名、元熊野と呼ばれます。

そして、その淡路島の南東に、勾玉型の小島、沼島があります。これは、イザナギ・イザナミが、国産みをした場所と言い伝えられていますが、これは、何を意味しているのか?

もし、一緒に、参拝を希望する方は、午後1時30分までに、淡路島のユズルハ神社までお越しください。宮司さんと話した後、船に乗って沼島に行きます。ここには、六甲の目神山の磐座を守ってきた老婦人もご一緒されます。彼女たちはこの日に西宮に戻りますが、私は、この日は同行の3人(かなり大物)と沼島に泊まり、日本での「ヤマト」の物語を、きちんと整理し、日本からの新しい文明の渦がおこることを、「太一」に祈願したいと思います。 

 混乱が進むと、原点回帰・縄文志向をいう人は多いのですが、

 縄文時代は、文字も鉄器もなければ、私的所有権がありませんでした。

 音・響きの歌の世界は、常に、今の自分のこころの真実を伝えていました。  

 磐座神道では、なにが最も大切か、そして、それを、ネット時代の現代に活かすとは、どういうことか?

 ここがポイントです。

村田先生がフクシマにタックル!!・・・まだまだあきらめません!!

村田光平先生(元駐スイス大使)が、フクシマ問題に積極的に取り組んでいます!!

小泉元総理と小池百合子議員にあてた手紙を以下ご紹介します。

なお、本日、小泉元総理と細川元総理が本日会見を開きました。メディアは、その会見での質疑ででた東京都知事選への両氏の関与のあるなしばかりを報じましたが、この会見の目的は、米国による「トモダチ作戦」に参加して被爆した元米兵を救済するための会見だったのですが、そのことはまったく報じられませんでした。

160705_小泉純一郎元総理160704.jpg

160705_小池先生160702.jpg

160705_小池先生160702_2.jpg

これまた大傑作。総統閣下シリーズ。「総統閣下が、参議院選挙で、『自民党に質問』にお怒りのようです。」

 今回は、登場人物も多士済々。

https://www.youtube.com/watch?v=HHWq-eTaWQk&feature=youtu.be

うまくできています。 誰が作ったのかな。

とにかく、年金吹っ飛ばしちゃてるしね。もう、末期。

一方、小沢一郎は、三宅洋平、山本太郎と組んで、意気軒高。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-12365.html

伊勢志摩サミット前に出された、中国からの「福島の疑問」を、無視したままのアベサマの日本国。

 (新華国際時評)日本は「福島の疑問」を直視すべき

jp.xinhuanet.com | 発表時間 2016-05-24 16:55:35 | 新華網 | 編集: 王珊寧

  新華網北京5月24日(新華社記者/劉石磊、楊駿)

日本政府が設置した放射能測定器は「一切正常」で、安倍首相は放射能の汚染水は「制御された」、「全く問題はない」と断言した。もう一方で、民衆が自発的に福島で測定した放射能値は、その「正常」値の8倍から10倍で、放射能汚染水は依然として海に放出されている。

  この5年間に、福島原発事故の影響は絶えず拡大しているが、日本政府は異常なほどに「淡泊で楽観的」で、福島の小児甲状腺がんの発症率が平均水準を数十倍、上回ることについても、放射能漏れとの関連性を断固として否定している

  5年が経過したが、被害者と影響を及ぼす周辺国に対し、日本は 相応の説明を行っていない。福島の上空は尚、濃い疑問の雲に覆われている。

  実際に、被害の発生から「福島の疑問」は途絶えることがなく、回答が得られないだけでなく、ますます疑問が増えている。日本が故意にか知らずにか事実を誤魔化す処置を行うことは、関連国際機関と専門家の一般的な見解となっている。

  例えば、事故当初に国際原子力機関(IAEA)は関係情報が不足していた。このため、機関の総幹事が日本に赴いて政府から状況を把握してはじめて、日本からより多くの関係情報が提供された。ロシア放射能防止科学委員会のヴァレリー・ステパネンコ氏は、福島原発の被災者に被ばく線量の遡及的分析を実施しないのは何故かと日本の同業者に何度も質問したが、彼らは沈黙するか、詳しく答えないと指摘した。

  今日まで、資料が乏しく、独立調査を数多く実施しておらず、福島原発事故は人類史上、2回だけの7級原発事故の一つだが、各国の専門家はその影響に対し依然として多くを知らない。苦痛と孤独に耐える甲状腺がん患者の家庭は軽視され、蚊帳の外に置かれ続けている。

  仏紙『ル・モンド』は3月に掲載した社説「国の忘却の願い」で、日本政府の原発事故へのたくらみに対する見解を総括した。 

 人々は災難という1ページが早く終わることを望んでいるが、重要なことは、どんな姿勢で現実に対処し、どんな出発点から善後処置を行うかということだ。

 日本政府が原発事故の影響を故意に薄れさせることは、国際的に見ると、道義と責任感に欠ける姿勢だ。国内から見ると、その目的は各種の政治的重圧から逃避し、日本のイメージへの影響を回避し、特に外部から2020年の東京五輪が安全で信頼できるのかどうかを疑問視されることが懸念している。

 国家のイメージ、食品の安全性、観光への影響、放射能対策、医療保険の負担、公害訴訟など、確かに、日本政府が懸念すべきことは多い。一方で、どれ一つを挙げても、「天機漏らすべからず」の口実になるべきではない。

 これほど重大で、影響力が深遠な原発事故を前に、影響が及ぶ国民にしても、国際社会にしても、日本が重大な点を避けて枝葉な点ばかり採り上げる理由にならない。

 米国のウッズホール海洋研究所の高級研究員、ケン・ブエッセラー氏は、次のように率直に述べた。将来的に独立した第三者調査機関などの相応の国際調査委員会、又は国際科学者が事故の影響に対する長期的な研究を実施すべきだ。ステパネンコ氏は日本で暴露された問題を見ると、国際社会が国境を越えた重大事故情報開示を監督する基準を研究し、制定する必要があると考えている。

 政治、又はその他のいかなる目的によっても、災難を無視することは災難自体よりも恐ろしい。「福島の疑問」で日本は尚、世界に答えを出していない。

 

(新華社より)

 

参議院選挙は、東京では「三宅洋平」くんに支持と期待が集まりますが・・・.

  こんにちは。

先の週末に、斑尾で信越自然郷のキックオフ・パーティーがあり、そのあとは、2日間、参議院選挙の動静とその後を考えていました。

私のところに、前回のブログの内容に関連し、いくつものメールが来たからです。

反応が多いのは、うれしいことです。特に、今の現状について、私が「地獄」と表現したことについて、

 東京では、三宅洋平氏が出ている。彼には、希望があるのでは、というものでした。

結論を先に言います。

 若者を政治に向かわせるという点で、「希望」になりうる存在だが、まだ、たりないものがある。

①三宅洋平候補は、3年前にも出馬したミュージシャン。 山本太郎の活躍に大いに刺激され、この6月初めに、再度の出馬を決意したとのことです。

  彼の最大の狙いは、 投票率、とくに、若者の政治離れを食い止める。そして、国会で、議席をとる。

 そこで、バックに音楽を流しながら、ラップ調のパフォーマンスで、こういいます。 

   「自分たちには、できる。」

   「政治を語るアーティストが、イケてるのだ。」 

  当たり前のことを、ようやく言ってくれます。 彼の公約が以下です。

  http://miyake-yohei.com/policy/

  ここには、最初に、憲法問題。特に非常事態条項が出てきます。

  アメリカではFEMA(緊急事態管理庁)があり、非常事態には、大統領もこの指揮下に入ります。

  安倍内閣は、総理大臣が、個人の権利を否定して、全てを指揮下にしようとしている、という主張です。 安倍晋三本人の、ウソツキで無反省という人間の資質と その仲間の浅薄で独りよがり国際情勢理解のままでは、国家は、すでに進んでいる滅亡方向が、より激しく加速し、戦争になれば、無駄な人命を多くなくすことでしょう。

 いまでも、国民を「ホ」でどんどん殺しているのに、ここに全く無頓着なのですから。戦争以前に放射能が野放しなのです。

  この点では、この日曜日の午後から、ようやく、山本太郎氏も三宅洋平氏も、フクシマの惨状を指摘しています。 生活の党も言い出しました。

  特に、「8000ベクレル以下の汚染土を全国の公共事業で使う」。 これは、普通の日本国民にも目に見える問題です。

 これについて、テレビ番組「そもそも総研」が、環境省の役人に問いただしていました。

  なんで、こんなことになるのか?

  5年前に「311」地震の後、 フクシマの第一で、原発事故がおきたとき、

   「福島県の負担が重すぎるので、これを全国で受け止める。」

  これを、当時の民主党政権が、国策として決めている(細野大臣)ので、それに沿っている、といいます。

  その結果、放射能汚染を、日本列島中で積極的に広める結果になります。彼ら役人は、国家の責務として、これを行っているのです。経済負担や人的な労力の点で負担を負うのではなく、放射能そのものを、国民にも多く被曝させるという方針なのです。フクシマのものを、薄めよと。これは、本来あり得ないことです。

  なぜそうなったのか?  

 最高議決権を預かる立法府の、国会議員の、国民のイノチを守る意志の弱さです。原発のあるフクシマで 「生活再建」という表現に隠された、「カネばらまき」最優先の姿勢なのです。

  放射能については、「汚染源を閉じ込める」。 「拡散させない」。

  これが、放射能事故に対処する、人類が見つけた「科学の鉄則」です。それを行うのが「行政の王道」なのですが、 これを、初めから放棄していた。 そして、 『食べて応援』に 『瓦礫焼却』。 これに、輪をかけたのが、安倍晋三のオリンピック招致での、『アンダーコントロール』発言です。

 日本の行政は、時々の首相(菅直人、野田毅彦、そして、安倍晋三)という、行政の最高責任者の発言を、すべての行動基準の根拠にします。 

 これが、まだ、続いているのです。

  この行政の姿勢、すなわち、放射能対策で、徹底的に間違えている「国策の在り方」を、根本から方向転換させる言説が、国家権力の構成者(国会議員)から出ない限り、この国には、未来に向けた「希望」はありません。

 私は、これを、「地獄」と言っています。 

 経済成長を優先するといって国民の歓心を買い、表面では、福島の人たちに同情する姿勢のまま、カネを配るばかりで、  これまでの科学的知見を、ことごとく無視した基準で、食品を流通させ、彼らを、法で守られた加害者にする。

 さらに、カネと引き換えに全国で瓦礫を燃やし、汚染土をまき、一億、「ホ」玉砕を進めているのです。

 この方向を、すべて、やめようという、言説がないのです。  

 まず、三宅氏も、現状を「測れ」、といいますが、この行政の根本姿勢に対し、変更を求めていない。  生活の党も、山本太郎の仲間たちも。 

 なにより、経団連自身(特にゼネコン)を初め、「ホ」拡散に国家マネーを配らせ、それで利益を得ていることを指摘しない。

 その経営陣自身が、個人的には、すでに日本をあきらめ、家族を海外に逃がしている事実も言わない。

 なんなんだ、この国は。 まず、これを言ってほしい。

 ② 三宅氏は山本氏と並んでこう言います。

   「1%のためでなく、99%のための政権を創ろう。」

  これも、当たり前の主張。

  そして、さらにいいます。

   「自分たちには、できる」 。 

  さて、ここでは、 何ができる、といっているのでしょう。

 国家権力をもった既得権によって奪われたマネー、そして、本来、国家に払うべき、見逃されてきたマネーを、  「取り戻すことができる」、といっている ようにしか聞こえません。 

 これまでの国家の体制の中で、富裕税をかけよう。  カネを取り戻そう、といいます。

 これまでの枠の中で、取り戻す。 この発想ですね。 

その間に、どんどん、放射能が身体を滅ぼしていくのですが、ここに対する危機意識はどうなのでしょう

 消費税10%をやめさせたように、これまでの「政治」で取り戻す、運動もいいでしょう。

ただ、忘れてはならないのは、「ホ」が出つづけていること。 これで、社会の構成員が弱っていることに対し、

 単に、「測って」いるだけでは、もう、どうしようもないということです。

 まず、自分の身体を守り、国家からのマネーに依存しない生き方の確立の方が、

 未来を創れるのではないでしょうか?

③ ただ、今の日本国家の場合、

  個人の権利(私的所有権)が大きすぎるので、緊急事態や非常事態でも、

  法的な手続きができないと、なにもできない、という側面が重くのしかかります。 

  「311」の地震のあと、津波が襲った被災地では、地権者の確定ができないために、行政は、その地権者探しで、時間と労力が消費されました。

 現在の熊本地震でも、復旧に関しては、臨機応変の対応よりも、まず、法律とカネの問題が先になり、現場の人間やそれを助けたい人間がいても、予算の裏付けがないと、何も手出しができないといって、行政は立ち止まります。

 非常時のために、市町村で独自に予算を貯めておいたり、保険をかけることもなかったのです。

 中央の「お上」が大きすぎ、個人も地方自治体も、その指令に従うのみで、それを越えられない。

 その「お上」が、「フクシマの負担軽減」を歌い文句に、積極的に毒まきをしてるのに、ここに、きちんと、目を当てないのでは、そこには、希望はない。

 <%

【ご案内】 『皆神塾(名古屋・大阪)』(6月18日・19日開催)のDVDが出来上がりました!!

 大変お待たせしましたが、  6月18日(名古屋)と19日(大阪)で開催した「皆神塾(名古屋・大阪)」のDVDが出来上がりましたので、ご案内させていただきます。 

名古屋と大阪の両講演を2枚組みで収録しているDVDです。

そのため、全編で5時間29分(329分)の長編DVDです。 

フクシマの現状はひどくなるばかりでまったく変わっていません。選挙も近づいていますが、今後の「国家の枠=統治体をどう変えるのか?」「新世代王族はどう関わるのか?」

いま日本で、そして世界で何が起ころうとしているかの解説です。現在の国際状況はこれを見れば全てわかります。

ぜひお早めにDVdをお求めいただき、ご確認ください!! 

販売価格は、2枚組みで2つの講演を収録していますが、通常の皆神塾と同じ価格でご案内します。

7月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。

尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025 FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

また、次のリンク先の「瓊音(ぬなと)ショップ」でもご購入いただけます。→ 「瓊音(ぬなと)ショップ」

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》  

<テーマ>:『信仰(うお座)から、イノチの水(水瓶座)に。「病魔充満の龍体列島に、蘇生と覚醒の砦を築く」

<内容> 2016年の夏至。 昨年の冬至の 秋元での岩戸開きに続いて、

   今度は、私たち日本列島に生まれた日本語を話す人間に、

   新たな試練が襲います。 真実を見つめ、自分の心を抉る苦しい旅です。

    これまで私たちが、自分自身の文明生活と精神安定の足場にしていた、

   国家・宗教・マネーですが、本来、道具であるのに、それ自体の存続を優先し、

   次々とイノチの本質を壊し、未来を創る意志を妨げる凶器になっています

   出続ける放射能は休むことなく、感性を壊し、理性を腐敗させていきます

   明治維新で、天地と直結していた日本人の感性が壊されて以来、国家主義の

   利権と、虚妄で煽られたマネーに甘える精神が埋め込まれ、それが重篤です。    

   イノチの砦を造ろう。そして、本当の日本=仁品を、自分から発信しよう。 

   この決意をもつものよ、ここに集結せよ。 事実を見つめ、叡智を出そう。 

   G7伊勢の植樹イエスの心と通じるのか? 燔祭を含め、ユダ族の神意と、

   これからの日本を研究します。 新生の「ユズルハ」は、貴方から始まる。 

<レジメ> 

総論: 4月から大変化。頭のない日本国と、地球一体化の総司令部の誕生。

     伊勢志摩サミットでの植樹、オバマの広島訪問の後、新世代王族が、仕掛けだした。 

1)      68日夜、尖閣の接続水域に、ロシア船と中国船が航行。

さらに15日未明に完全な日本領土である口永良部に中国船。 慌てる谷内正太郎。

 2)      昨年9月から戦争屋退治の意志

唯一のエンペラーと、日本の近代化整理。 フランシスコ発言。 プーチン「イルミナティー打倒宣言」 

3)      FRBの米ドル世界は、戦争屋の天国。 この中でお花畑だった日本(なかでも官僚)

   金融ワンワールド裕仁(通貨)のもつ、天使(育成)と 悪魔(略奪)。 

4)      伊勢志摩サミットは、日本政府の茶番・恥さらし。 なぜ伊勢だった? ユダヤの本流?

植樹の意味は? フランシスコ発言と世界宗教の融合。 日ユ同祖論と伊勢・特殊資金。 

  世界人類史の中の天皇。 アマテラスはいつ誕生?(応神=八幡、三輪山、大神、三輪、犬養) 

5)      オバマのヒロシマ宣言  71年目の終結。 パールハーバーでは? 南京は?

「広島と長崎の将来は、核戦争の夜明けとしてでなく、道徳的な目覚めの契機の場として知られるようになるだろう。そうした未来をわれわれは選び取る」      That is a future we can choose,    a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare,      but as the start of our own moral awakening. 

6)      4月に入って動き出した世界。 無脳の極みと道義

「天皇を創った一族」長老の死。核セキュリティーサミット、パナマ文書、ムヒカ大統領、田母神逮捕、熊本地震 岸田北京訪問、裏金のJOC竹田恒和、トランプ、沖縄の軍属事件  

7)      新たな司令塔 と祝(ハフリ)。東宮だけのものか? 皇国史観とバチカン

  キリストは「次に私は、そこかしこに現れる」

   天皇とは? ≪三種の神器 :八尺瓊勾玉  八咫鏡  草薙の剣≫ 

8)      日本再構築 : 94G20までに日本が変わるのには、近隣との紛争解決に加え、

  これまでの特権層・役人のインチキ、優遇をはっきりさせる。

  フクシマの 現状と、これまでの被曝被害の深刻度を公開する。中国から。16日にGPS「北斗」。

  天変地異で、物理的な破壊が続き、もう、これまでの制度が、維持できない状態に・・。 

 国家の枠=統治体を、どう変えるか? 新世代王族(浩宮)が動き出した。          

日本(仁品)なしには、ありえない。 磐座神道 と 伏見稲荷。 人類史的な「ユズルハ」

 

160618_皆神塾・名・大.jpg

 《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025 FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   

また、次のリンク先の「瓊音(ぬなと)」ショップ」からもご購入いただけます。→ 「ぬなとショップ」

ブログ「京の風」あるいは株式会社 K2OのHPの右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》   

《ご案内》「今後の新井先生の講演会の日程」

 現在決まっている「新井信介先生」の講演会の日程について、以下、ご案内させていただきます。

8月の初めには九州の「福岡」と「熊本」でも開催させていただくこととなりました。「熊本会場」では、4月の地震のこともあり、熊本にお住まいの方の参加費は無料とさせていただきます。熊本の会場は、当初、「城彩苑」を予定していたのですが、地震の影響で修理が必要となり、使用不可となったため、急遽、会場変更しております。

いずれの会場も、お席の関係がございますので、出来るだけ事前にご連絡・お申し込みをお願いいたします。

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                    事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F    

 

<講演会の日程>

 

79日(土) : 「皆神塾」 <東京で開催>

   場所: 豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F   

         時間: 14時から17時くらいまで

   (注)詳細は、次のリンクからご参照ください。→皆神塾(東京)160709 

         講演会終了後に懇親会も開催します。イタリアンのコース料理(フリードリンク付き)で、参加費は「5000円」です。

  参加申し込みには、次のFAX申込書もご利用いただけます。→160709_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf

 

86日(土) : 「皆神塾」 <福岡・博多で開催>  

   場所: 福岡市中央区天神1-10-17 西日本ビル

   時間: 14時から17時くらいまで 

  (注)講演会終了儀に「懇親会」も開催します。料理は、「和食懐石」(ワンドリンク付き)で、参加費は「4000円」です。 

  お申し込みには、次のFAX申込書もご利用いただけます。→160806_0807_皆神塾・九州_FAX参加申込書.pdf

 

87日(日): 「皆神塾」 <熊本で開催> 

   場所: くまもと県民交流館パレア
         熊本市中央区手取本町
89号  TEL096-355-4300

   時間: 14時から17時くらいまで 

  (注)講演会終了後に「懇親会」も開催します。会場は、いつもの「Princess」で、参加費は「2000円」です。

  お申し込みには、次のFAX申込書もご利用いただけます。→160806_0807_皆神塾・九州_FAX参加申込書.pdf

 

828日(日): 「地球史からみた天皇誕生(第2回)」 <東京で開催>   

   場所: 東京都港区三田2-14-8 2階会議室    

   時間: 14時から17時くらいまで 

 

910日(土) : 「皆神塾」 <東京で開催>

   場所: 豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F   

         時間: 14時から17時くらいまで 

 

1022日(土): 「皆神塾」 <名古屋で開催>

   場所: 調整中  

   時間: 14時から17時くらいまで  

 

10 23 日(日) : 「皆神塾」 <大阪で開催>

   場所: 「難波神社」  中央区博労町4丁目13号    

   時間: 14時から17時くらいまで 

 

(注)参加費は「3500円」。瓊音倶楽部会員の方は「2500円」です。なお、「熊本会場」では、熊本在住の方については、無料とさせていただきいます。 

【 皆神塾(東京)開催のお知らせ:7月9日(土)開催予定 】

 【 皆神塾(東京)開催のお知らせ:7月9日(土)開催予定 】

ご関係各位

2016年7月9日(土)に『皆神塾』を「東京」で開催させていただきますので、ご案内させていただきます。講演会の内容の詳細などについては、決まり次第改めてアップさせていただきます。お知り合いとお誘いあわせの上ご来場いただければ幸いです。

尚、講演会終了後は「懇親会」も開催させていただきます。     

   テーマ:  『すべての言論封殺が解かれる時!!~日本の名誉とは何か?!』

    日時:           2016年7月9 (土)  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)

                 (注)開場は1330分です。

 

場所:         東京都豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F  TEL090-5804-5078 (室伏)

(注)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。 → 151115_地図_池袋会場.pdf

 

最寄り駅:

JR山手線 池袋駅 東口 徒歩5

有楽町線 池袋駅 35番出口 徒歩3

丸ノ内線 池袋駅 35番出口 徒歩3

JR湘南新宿ライン 池袋駅 東口 徒歩5 

 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 

 会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。 

 

尚、講演会終了後の「懇親会」は、「事前予約制」で人数限定にて開催させて頂きます。懇親会では、新井先生とゆっくりお話できるようにさせて頂きます。

懇親会は、皆神塾会場近くのイタリアンのレストランで、飲み放題付きのコース料理で、会費は「5000円」となります。参加を希望される方は、講演会への参加と一緒にお申し込みください。

  次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。→ 160709_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F    

 

<懇親会会場の写真>

   160709_懇親会会場写真_101789ga10000025.jpg

「何でも言っていい時代になった」・・・もう、象さんの足枷はなくなっている。怖がるな。

  こんにちは。

今日から7月です。

 変化が激しいのですが、纏めます。

①イギリスのEU離脱。 何を教えているか?

 政治面では、 社会インフラと、就業機会が、世界中に、行き届かないと、混乱する。

  移民や難民の受け入れよりも、 移民や難民を出さないで済む、環境を、各国に作り出すこと。

  福祉の行政サービスを、無条件に受けさせることを、認めてはならないこと。

 経済面 では、 どんな帰趨になるか、 まだ、行方は見えない。

 今回の相場で、見えたもの。

  円=ポンド で、 FX を仕込んでいたものは、全員が討ち死にしている。

  日本時間の24日朝6時では、残留派が勝利確実と、多くの金融コメンテイターが解説し、

  この時点で、離脱派は、手じまい。そして、残留派は、さらに、マネーをつぎ込んだが、これが、裏目。

  伝説のミセス・ワタナベも吹っ飛んでいる。

 実は27日(月)にある投資日報社の鏑木高明社長から、久しぶりに電話あり、株K2Oのオフィスまで来てもらって、懇談しました。鏑木氏は「今回のイギリスの投票では、相場を張るな」と会員に話していた、と。もちろん、そこにはプロのディーラーも大勢いる。鏑木氏の講演会では、今年の外国為替の動向は、ことごとく、的中。また、あのジョージ・ソロスは、今回は静かに金(ゴールド)を買っていたと。

なお、投資日報は現在休刊していますが、以前、私が執筆していたことがあります。

② 28日に、元スイス大使の村田光平先生と、電話した。

  「東京オリンピック は『名誉ある撤退』を。 まだ、間に合う。名誉が保たれる。」 

 今、村田先生の周囲には、大企業OBで工学系の方たちから、多くの情報が集まります。

 もちろん、真実を知る世界の友人も。 この中には各国大使もいれば、ロシアにいったあの人も。

 29日に、青山で、村田先生が顧問をする、「新・竹の会21」の発足式がありました。

 フクイチの惨事を直視したうえで、国家を変えようとしているしている高邁な人たちの集まりです。私は、長野に客人があっていけなかったのですが、ここは、なんとしても、しっかりした形で、育ってもらわねばなりません。

 それも、できるなら、第3経団連 になってほしい。

 今の、国家は、なんといっても、

  隠して、ごまかして、拡散して、毒を食べさせる人間に、どんどん、国家のマネーを配る国なのです。

  これを、5年3か月続けているのです。

 今回の参議院選挙でも、この時点での、方向転換を訴える政党も候補もいません。地獄です。

 国家体制の中に、全く、希望の光 がないのです。

③ 掲題の「何でも言っていい時代になった」 のセリフは、

 26日の日曜日夕刻、都内で開かれたセミナーでの、梨本宮の発言です。

 ですから、この言葉の意味は、極めて重い。

 この方は、ビッグマザー安倍洋子さんに、直言できる立場にあり、東アジアでの怨恨を解消する「恩讐を越えて」を地道に実践しようとしてきました。

 陛下の「稲の根本に鎌」でいえば、梨本さんの実家が明治の国家政策の犠牲者でした。月山修験道の本家であり、明治維新では、大弾圧を受けた一族なのです。明治の国家体制=権力構造の構造的な悪弊を身をもって知っています。

 イカヅチさんが、日本を世界に開くときに、この方を指名したのは、国家変容の要であると、熟知していたからです。そして、この1年半に、アメリカにいる戦争屋が、「新世代王族」の連携によって、どんどん鎮められている時に、日本で、伊勢志摩サミット、そして、オバマの広島訪問となって、そのあとで、こう話されたのです。

 ようやく、タブーが解消された。

 といっていいかもしれません。 ご本人の心をいうなら、

 「自分が知らないこともあるから、どんどん世に出していくれ。」

 「もちろん、悪い話も。そして、日本に眠っている、うずもれている、(これまで過去の利権に縛られて行政が無視してきた)画期的な技術や、献身的な活動をする、本物の「日本人の姿」を、表に出し、それを、応援するためにも。」

 こんな、隠れた願いがあるのではないでしょうか。 私は、そう信じたい。

④ NHKが、ゴールドマンサックスを放送した。

 六本木ヒルズの最上部4階の全フロアーに事務所を構える、世界最大の金融グループ、ゴールマンサックス。

 29日の夕刻、NHKは、特別許可を得て、初めてゴールドマンサックスの内部にカメラを入れたと、自慢気に、放送したが、そこで、何を紹介したか?

 このビルは、もちろん、耐震構造に優れ、快適な、生活空間を造り出しているのですが、

 今このビルが、世界中の金融機関から、特に注目されていることがあるとして、取り上げていたのが、 

 館内全部の電力をカバーする、自家発電システムです。

 これで、災害時に、東京電力からの送電が途絶えても、ここだけは、大丈夫だと、紹介したのです。

 これを NHkが放送した、という事実を、みなさん、どう考えますか?

 すでに、熊本では、4月14日に大地震が起き、中央構造線を刺激しています。

 構造のしっかりしたビルで、行政・企業活動だけは、どんな地震が来ても維持したいとする意志の表明です。

 その裏側には、必ず、地震は来るので、判る人は、すぐに備えよ、とのメッセージが読み取れます。

 もともとは、6月後半に起きる地震が、4月に起きて、逆に、私たちには、備える時間が与えられた。こう考えておきましょう。

⑤ フクイチ放射能

 上記の村田先生の活動が、今月中に、成果が出ることを祈りたい。都知事選で、ここを争点にする候補が出ることがまず第一歩です。

 都知事選挙は、7月31日。この時には、フクイチの放射能に真剣に向き合わない候補は、人間以下の生き物です。 いまだに、フクイチは、汚染水ダダモレ、湯気モクモクなのです。

 あきれ返っていること。

 東大の児玉龍彦氏。 5年前、国会で、「今、やらなければならないのは、除染です」といって、

 竹中を中心に、全国のゼネコン・土建屋に仕事をつくりましたが、今、その彼が何を言ってるか?

 環境省が5月末に、除染で削り取った汚染土を、全国の公共事業で使うと言い出し、そこでの、汚染土について、1キロあたり、8000ベクレルの基準を言い出した。児玉氏は、その基準を、安全で問題ないという。

 そんな、あほな。

 安全で、問題ないのなら、なんで、除染と称して、表面を削ったのだ。

 そのまま、フクシマに置いておいた方が土壌の微生物が分解して、線量が下がっているくらいだ。

 この国の「権威」とは、まさに、一部の人間や企業に「カネ配り」するための、全く根拠のない、「適当な基準」を作り出すためだけに存在している。

 それが最高学府だという。

 この問題に、まったく目を向けないまま、「美しい日本」や「日本の心」を言う人間 が、未来を語る。。

 こんなもの、全部インチキだ。 海外から見たら、 国家的詐欺集団で、悪魔そのもの。

 修験道は、その点、、天地と、直に向き合って、ゆるぎない自分の精神と身体を創った。

<結論>

 大変化が来る。 最後は、大規模破壊になる。 しかし、それは、再生の道が用意されている時。

 まずは、 10日の参院選挙、そして、 31日の都知事選挙。

 どんどん、声を上げよう。

  これまでの、この、「毒まき体制」を続けるのか? と、厳しく、問い詰めよう。

 さらに、こんななかでも、それでも、オリンピックをやりたいと、甘えている人間には、

 「まず、子供たちの安全の確保、ノンベクレル空間、食品を、確保してからにしろ」と、どやしつけよう。

 これを野放しのまま、お祭り気分の人間には、それなりの運命が来るから、離れるしかない。 

で、最後に言いたい。

 この5年間、日本の国家、統治体制は、フクイチの事故が起きてしまったこと、そしてその影響について、あまりに大きいので、怖がって、それを指摘する人間を、言論封殺してきました。

 しかし、それが、もうなくなった。 

 全てを明かせ。 すべては、ここからだ。

 それが、天意であり、また、「新世代王族」の願いなのでしょう。

 そのうえで、 解決方法は、ある。それが出てくる。 知っているもの余、声を出せ。

もう、象さんの足枷は、ないんだ。 みんな、怖がるな。 検察の向きも、変りだしたぞ。

 この点、7月9日(土)、東京皆神塾で、話します。

« 2016年6月 | メインページ | アーカイブ | 2016年8月 »

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像