新井信介京の風

2016年1月

《「開封」に着きました!!》

昨日は、上海に1泊して、今日、「開封」に着きました。お昼は、久しぶりの上海料理で、少々興奮してしまい、かなり沢山の料理を頼んでしまいました。

開封についてからは、地元の料理を食べました。海の材料はありませんが、地元で採れた食材を使って、見事な料理が次々と出てきました。

その後は、日本ではあまり知られていない街中を散策し、東西交流の証をじかに感じることができました。この「開封」の町には様々な秘密が隠されていそうです。

今晩は「河南大学」に併設されているホテルに宿泊です。この河南大学の成り立ちにも様々な歴史が潜んでいそうです。

【お知らせ】 新井信介先生の 『瓊音・古代史ツアーin京都』 のご案内

 今般、新井信介先生のご案内・ご説明による『瓊音・古代史ツアーin 京都』(12日)を  開催することとなりましたので、ご案内させていただきます。 

この「古代史ツアー」は3年前にほぼ同じ内容で開催させていただき、大好評のうちに開催させていただいたものです。

京都観光といいますと、一般的には、平安京建設後に造営された神社・仏閣などを見学することが多いのですが、今回は、それ以前の「隠された京都の歴史」を中心に探訪する「古代史ツアー」です。12日のツアーに新井先生も同行していただきますので、訪問先の神社・仏閣などに関連する説明を新井先生から直接聞いていただくことができます。

また、初日の夜には、新井先生の講義の時間を設けさせていただきますので、新井先生のお話をじっくりと聞いていただけます。 

今回の「瓊音・古代史ツアーin 京都」の日時や内容等を以下ご案内させていただきますので、 参加を希望される方は、以下記載させていただく連絡先まで、電話・FAXあるいはメールなど  ご連絡いただけたらと思います。

昨年12月の「秋元神社の冬至のイベント」では多くのお申込を頂きましたが、今回も人数限定ですので、ご参加をご希望される方はお早めにご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

新井信介先生の『瓊音・古代史ツアー in京都』のご案内

 ツアー名: 『新井信介先生の『瓊音・古代史ツアーin 京都

~隠された京都の歴史を探訪する』』 

日時     2016227日(土)~228日(日)(12日) 

目的地  京都府宇治市周辺等 

日程(案):              

227日(土)

13時頃にJR宇治駅(奈良線)に集合。 宿泊先の『京料理 宇治川』へ。

荷物を置いて、その後、宇治市周辺を視察。

視察場所は:「平等院」、「宇治上神社」、「興聖寺」、「あがた神社」等

視察後、宿泊する旅館『京料理 宇治川』へ。

夜は、夕食をはさんで新井先生の講義とQ&Aを行います。

(注)JR宇治駅に集合する際には、昼食を済ませてご集合頂きます。 

2 28日(日)

830分頃旅館を出発。

「下居神社」、「許波多神社」(五ヶ庄及び木幡)、「萬福寺」等を視察

萬福寺にて「普茶弁当」の昼食。昼食後、京都「泉湧寺」へ向かう。

15時頃(JR及び京阪電鉄)にて解散となります。             

費用     38880円(消費税込み)を予定しております。 

()上記に含まれるものは、宿泊代と食事代(夕食1回、朝食1回及び2日目の昼食(萬福寺での「普茶弁当」)1回、)、貸し切りバスの費用、訪問する施設の拝観料等、ならびに講義の資料代等となります。

ご自宅から集合場所(JR宇治駅)まで、及び解散場所の「黄檗駅」からご自宅まで往復の交通費は各自ご負担をお願いいたします。 

募集人員: 25人限定とします。

(注)原則として、瓊音倶楽部、皆神塾関係の方々を対象としますが、今回は、キャンペーンとして、

一般の方もご参加いただけます。 

参加の可否 

参加の可否につきましては、電話・メールのいずれかの方法にて事務局(室伏)までご連絡ください。また、次のリンクから「FAX送信用紙」をプリントしていただき、FAX送信していただいても結構です。 → 160104_レター_瓊音古代史ツアーin Kyoto_FAX申込書.pdf

また、その他、何かご質問等ございましたらご遠慮なくご連絡ください。

                            TEL03-3548-1025 FAX03-3548-1026 携帯:090-5804-5078

                            E-Mail: akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

尚、2013年3月初めに同様のツアーを開催しましたが、その際のDVDも販売しております。ご希望の方は、ご連絡ください。価格は、2枚組で「4300円」(送料300円込み)です。

130302_京都・古代史ツアー.jpg 

これから中国河南省に行きます。未来創庵は2月6日を予定。皆神塾は名古屋13日、大阪14日。

 こんにちは。

1) 各国にある戦争屋の影響力が消えていくと、本来、不必要だった対立・抗争の芽が、どんどん薄らいでいきます。 東アジアでも、「緊張」が急速に減っていく。 

 昨年まで、必要以上に大きかったのが、日中での尖閣や南沙問題でした。さらに、慰安婦問題。

 今年は、ロシアとのあいだで北方領土問題も解決するでしょう。 ポツダム宣言を受け入れた事実の重みを、きちんと見ないで、戦後の日本の外交で、本来、何の根拠も有効性もない「固有の領土」論を振り回させたのは、まさに、戦争屋の画策でした。彼らが、日本軍部の亡霊たちの無念とプライドを、国家運営の中に埋め込み、言論やメディアで増幅させてきたのです。国家は、常に、概念と暴力で、形成されるのです。

 これまで、緊張を創りだす側の手先になっていた人間は、どんな運命に成るか? また、その過程で大金を手にした人間に、何がおきるか?

 1月22日、安倍首相は電話で、サミット前の4月に、ロシアの地方都市で、日露首脳会談の開催を、プーチンに呼びかけました。 東京皆神塾でも話しましたが、これが、もし、ブリヤートのウランウデでの開催になれば、一気に、放射能対策を含め、日本国の状況が変わります。これは、大きな注目ポイントです。

2) これから中国の中原、河南省に行きます。

 これは、中国における古代キリスト教の影響を確認するのが目的です。

 昨年亡くなった中里博士から知己を得た人物に、神戸平和研究所の杣浩二先生がいます。日本文化は聖書が起源、という持論の持ち主で、古代イスラエルからの日本列島のヘブライの流れを、実証的に追っている人物です。杣さんが、まだ、洛陽のある河南省にいったことがないということなので、ご一緒することになりました。 私は1,994年から2年間、河南省の鄭州に小さな会社を持っていたことがあります。

 洛陽、開封、安陽、龍門、少林寺などを回る予定です。

中国の都が、咸陽(秦)・長安(前漢、隋、唐)から洛陽(後漢)、そして、開封(宋)に、どうして移っていったのか、 これは、統治体の権力構成(新規の外来部族)と生産力の関係を知る上で、とても勉強になるテーマです。

 中国経済がバブル崩壊したものの、一方で、AIIBが発足。今後どうなるのか? 表面の経済は、ボロボロのはずですが、実は、地下には大量の資金が有り、これをどう活かすか? すでに発展改革委員会は方策を考えだしているようです。今回も、河南省の「朋友」からは、いろいろ話したいことがあるとも言われてます。

3) 今後の予定

 2月6日(土) 午後1時から、第二回目の未来創庵を予定しています。(一番寒い時になりますね)。

 2月の皆神塾は、 13日(土)が名古屋   14日(日)が大阪です。

 あと、 広島や、新潟でも、開催希望が来ていますので調整しています。

 最近、真剣に考えていることですが、自分に与えられているエネルギーと時間を、どこに向けて、どう使うか、ということです。

 「京の風」ブログを立ち上げたのは2003年11月で、以来、「文明より文化」、「イノチの響きが第一」として、書き続けてきました。特に、「311」以後は、日本国家のイノチを無視した欺瞞性に対して抗議し、その牙から逃れることを、訴えてきました。この国は、パリサイ派が作り上げた完璧な洗脳国家でした。

それが、もう、もたないのは、わかっていますが、自分が洗脳されていることに全く気づかずに、まだまだ、国家に期待する人が多いという現実に、どう対処するかです。 

 「届く人には、届く」。 「届いた人で、自分の存在を自覚した人と、どういう、現実を創りだすか?」  

 「聞く耳を持たない人(片目を潰されている民)に、何かを伝えようとする」のではなく、

 「現実をどうすればいいのか、こういうやりかたもある」と、知見と意志を共有できる人間と繋がること。

 想像と創造のできる唯一の生物種である人類の一人として、未来に、何を残すか?何を育てるか?

 この視点で、日々の日常を選択しなければならない時代に入っています。 

 個体生命として、自分に与えられた時間とエネルギーは限られている。 未来に繋がる、着実な「芽」を出すために、どこに、どう「種」を植えるか、ここに、注力です。

 メディアというイメージ操作の世界や、どんな人間をも平等に扱うという前提の行政の立場での言論とは、離れることになります。

 合わない人とは、会わない。 ウソつきごっこ に、付き合っている時間はありません。淘汰の時代なのです。  

 PS: そろそろ、このブログで使われている写真を変えようと思っています。今の写真は、12年前のもの。上手なプロ級のカメラマンさんよろしく。 

《本日、開催の「皆神塾(東京)」のレジメができました!!》

本日、開催の「皆神塾(東京)」の「レジメが出来上がりましたので、以下、ご案内させていただきます。

新井先生の関係かもしれませんが、本日は天気が荒れ模様のようです。皆様、足元に気をつけてご来場ください。

<レジメ>

テーマ: 『人類の文明は 縄文に回帰する ! ~  国家が勝つか、イノチが勝つか、カウントダウンが始まった』

序) 新年の異変 (大雪、SMAP、原油安、株価総崩れ)・・・崩壊の始まり 

1)  2015年とはどういう年だった? 「稲の根本」、ISISAIIB、デブリ。

  「虚妄」の中の日本政治。プーチンとフランシスコ。 戦争屋退治。裏に「梅」。 

2) 新次元への移行 人民元のSDRと、パリCOP21

  「希少資源の権威的分配」の終わり。⇒ 人類社会の「権力」が変わる。 

3)  「天地」の次元と、「お花畑(他人の暴力で護られた平和)」の次元。

   いい現実を創れるチカラは?  「国家」とは、概念と暴力 

4)  YHWH  と MITRA

  テキストの功罪。 民と覚醒。 「神に似せられた」とは? 

5)  地球人類史の中での日本。

  クロマニヨンに、4つの特殊遺伝子   日本列島の特殊性。  ここに縄文人。

文字・科学技術の功罪 と 音・響きの世界。 … 根源的紐帯。  

   2つの分離感(「自他分離」「現実離脱」)、 切断と繋がり。 

6)  中華と日本。 そこに、人間イエスの「響き」と、バチカンのイエスの「政治概念」。

   倭国から日本国の誕生。 縄文からの「仁」。 ユズルハ。

大宝律令、古事記。 日本書紀。 タルドウの神格化。 東大寺。 犬養(シリウス)、 

7)  311」から丸5年。 内部被曝の激烈発症の年に、「伊勢志摩サミット」。

  人類最後の資金の解放は、「地球を一つ」にするため。 伊勢に「心の御柱」がある。

田布施システムは利権維持に、どこまでも補強・補充するが、世界は許すか?

オリンピック準備調査で剥げる「虚妄」。 天皇陛下のCIA。 中心(東京)を自主破壊か? 

8)  「新天地」は、「真実」で連携し、自分で創りだす。 国家も通貨も宗教も単なる道具。

私的所有権(財産)と通貨(財産)の真の主人に。 

真実から離れない。 ニギハヤヒ:「縄文の精神性で、シュメールを使いこなす。」 

「家族・仲間を(放射能や国家の暴力性から)護って、(奪わずに)冨を生みづける。」 

 

<開催要領>

   日時:       20161月23 (土)  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)                         (注)開場は1330分です。 

場所:         東京都豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F 

                   TEL090-5804-5078 (室伏)

           

        (注)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。

                                 → 151115_地図_池袋会場.pdf

 

最寄り駅:

JR山手線 池袋駅 東口 徒歩5

有楽町線 池袋駅 35番出口 徒歩3

丸ノ内線 池袋駅 35番出口 徒歩3

JR湘南新宿ライン 池袋駅 東口 徒歩5 

 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 

 ※ 「懇親会」の参加費は「3000円」(飲み・食べ放題)です。 

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F  

ふたば未来学園に行っていた小泉進次郎が今頃、騒ぎだしたわい。五輪選手村の食品で、国際基準対応が迫られ、「虚妄」が剥げる。

  まあ、こんなものだ。良くてこの程度なのが、日本の政治家なのだ。 

 世界が日本の「虚妄」を、壊しに来ている。 

 これは、日本社会のイカサマを 根こそぎ 暴いていく。すでに、廃棄食品の再流通が告発されている。 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京五輪選手村、国産食品ダメ? 国際基準対応へ協議会  朝日新聞デジタル 1月21日(木)20時53分配信 

 2020年東京五輪・パラリンピックの選手村などで提供される食材に、国産品を使えるよう推進する協議会が21日にできた。国内では「安全」と思われている国産食品だが、五輪で要求される国際基準への対応は遅れている。「このままでは国産品が締め出される」という不安が関係者に広がっていた。協議会は大日本水産会や中央畜産会など7団体が発起団体となり、全国農業協同組合中央会(全中)も会員に加わる。 

 協議会によると、厳しい基準が課せられるようになったのは、12年のロンドン五輪から。「GAP」と呼ばれる安全認証で、農薬や肥料の使用履歴や、家畜にどのようなエサを与えたかなど細かい記録を残すことが必要とされる。専門機関の認証には費用がかかり、日本では大手企業の経営する農場や輸出に熱心な先進的農家以外はあまり普及は進んでいない。そのため、協議会はGAPなどの普及を進めるとともに、組織委員会と交渉して国産品を使ってもらえるように働きかける。

 小泉進次郎・自民党農林部会長は同日、記者団に「選手村で国産のものが使えないとしたら、こんなばからしいことはない。基準に適応できる体制整備が喫緊の課題だ」と話した。 朝日新聞社

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

進次郎ってやつは、国民の命よりも、業者の利益しか見ていないのだ。これを心に留めておきましょう。

PS: 

民主党は、党首の岡田の実家が、「食べて応援」の幹事企業イーオン。自民党の菅官房長官は、息子を就職させた大成建設と昵懇。ここは、スカイツリーやいわくつきの国立競技場、それに、ビルゲイツ邸やリニアのトンネル工事を請け負った会社。

こんな連中が、日本の政治(立法府)の中心にいて、まともな未来を創れるハズはない。

 山本太郎も、きちんと放射能の汚染食品流通や、放射性水蒸気を指摘せんかい。

 自分で、天地自然と向かい合って、自分から人間社会の基準を創り出せる、天意と通じた本気の政治家は、どこにいる?  

 

年末パリCOP21は新エネルギー公開の承認式だった。当然、原油・原子力は一気に下火に。

 原油価格の下落が止まらない。

 当然です。 これは、20世紀中にすでに開発されてありながら、戦争屋が各国政府内部に入って、世に出るのを邪魔してきたいろな画期的エネルギー技術が、一斉に、実用化・商業化を現実にしてもいいと、国際政治でもOKが出たからです。 昨年のCOP21は、まさに各国が隠し持っていた(確保していた)技術を、今後は、どんどん使い合うことを、お互いに、確認しあう大会となりました。

 6年前のコペンハーゲンの時とは、まったく違っていて、CO2削減を、進んでやる、と手を上げる国が続出。

 まさに、アクエリアス、そして、「シリウス」時代を象徴する会議だったようです(参加者の印象)。

しかし、そんなことを、事前に全く察知できなかったのが、ボンクラばかりの日本の,政府,財界、大手メディアで、、彼らは、完全にあっけにとられた。彼らの頭のなかは、原発の再稼働と輸出が先に立って、6年前と同じ意識のままでいたのですから。この人たちは、世界情勢の真実を見るよりも、まず、アメリカの戦争屋の意向、そして、福島の汚染、被曝障害を、如何にごまかすか、に国家権力と国家の経営資源を再優先に使ってきた。もともと「天地」の間にある人類の行方が、この21世紀にどうなるかなんて考えたことがなかった。だから、パリでは、安倍の頭がメルトダウンして爆発しているポスターが一斉に貼られた。 財界の経営陣も、この4年間は、アホの極みでしたね。

 新年を迎えても、この意識の中で、これまでの枠組みで、未来を見ようとするから、今後も、とんでもない大間違いを起こす。自分の足元が、もうなくなっていることも、判らないでしょう。

特に、福島の子供たちを避難させなかったことと特別階会計の闇こそが、日本国という統治体の最大の問題ですが、この次元での国家の闇に、気づいていたのが、どうも、石井紘基氏だったようです。

以下のAKIRA氏のブログ、あまりに刺激的です。 私は、プルトニウム輸出と特別会計の関係のことは知りませんでした。ただ、AKIRA氏が指摘する、年間240兆円の特別会計の中に、原発利権で生まれる資金が有り、その中に、プルトニウムを輸出して得たマネーも、あるということでしょう。問題は、そのプルトニウムの輸出先がどこだったのか? その金額はいくらなのか? プルトニウムで、年間で、兆の単位では、あまりに多すぎると言うというのが、私の感想。(そのカネ、今、どこに、いくら残っているのだろう?)

原発で作られた濃縮ウラン、プルトニウムといった核兵器の原料を世界中に輸出した利益は、特別会計に入る。 それは、年間約240兆円。 これが、原発利権の闇だ。これを国会で発表しようとした民主党石井絋基議員は、国会開催当日の朝、殺された。

埋め込み画像への固定リンク
 
埋め込み画像への固定リンク

 

一方、今年5月末の伊勢志摩サミット。そこで、日本こそヘブライの正統だ、と証拠を示そうと言う動きも有るようです。 その関係者たちは、「日本が、これから人類の中心になる」と、考えているようです。

 なんか、この話を聞いて、本当に、悲しくなってきます。

今のままの日本で、なんで、世界の指導国家になれるのかって。 寝言も、ここまで、ひどくなっているのか。

自然やイノチを根底から狂わす原発に加え、更に電磁波の塊のリニア、企業の利益優先で、雇用は派遣だらけで、国民を苦しめるばかり。すべてのイノチをつながりあっている感覚こそが、日本の真髄であり、この部分こそが、ヘブライ側が、もっとも憧れていたことなのに。

 ところで、今日は。 大寒。  

 (「二十四4節気」は、なんと、前漢武帝時代の落下コウが見つけたもの。ほぼ同時期に、日本列島で、原初王権「ニギハヤヒ」が誕生しています。)

 23日の皆神塾は、 日本の使命の真の発現と、そこに到るまでの『虚妄』世界の大崩壊を話します。 

PS; 

  とにかく、みんな、死んじゃダメだよ。 生きる場所や環境を、自分で選び、自分で整えないと。

  未来の「種」に成るんだから。聖書のマタイ伝にある、イエスの「種まきのたとえ」は、あまりに有名な箴言ですね。 (「道端に落ちるのか、 土の薄い石地に落ちるのか、 茨の中に落ちるのか、 良い地に落ちるのか」)

  「虚妄」から去れ、東京の論理を捨てよ、メディアを使った呪縛から、醒めよ、と、いろんなメッセージ【警告】が出ていますが、分かりますか?

今日はクルマ8台分の駐車スペースに積もった30センチの雪を、一人で片付けた。明日もだ。

  こんばんは。

 昨日、落合莞爾さんからCメールが届き、 以下のようなメッセージが有りました。

 「紀州文化振興会のブログ をあけて、 落合莞爾帝王学講座を、ご覧ください。」と。

 本当に、凄いですね。  http://www.kishu-bunka.org/

 

 実は、今日は私の母の命日でもあり、昨日は、雪見窓から、実家の庭の様子を見れる用にしておいたのですが、 久しぶりに30CMの雪になりました。 昼の10時から、今住んでいるアパートの駐車場、そして、実家の駐車場と、全部でクルマ8台分の雪片付け。 これを一人で雪用スコップでやり通した。途中、パン屋にいってパン買って休んだけど、終わったら、午後4時前だった。運動不足の解消にはいいのですが、筋肉痛が出そうです。

 シャワー浴びて、下着を変えて、 DVDを1本見たので、今日はもう、寝ます。

 

 

《23日の「皆神塾(東京)」のテーマが決まりました!!》

 今週末、23日(土)開催の「皆神塾(東京)」のテーマが決まりました!!

『人類の文明は縄文に回帰する~国家が勝つか、イノチが勝つか、カウントダウンが始まった』です。

概要は次の通りです。お席に限りがございますので、傘下ご希望の方は以下の連絡先までお申し込みください。

       テーマ: 『人類の文明は 縄文に回帰する !

         ~  国家が勝つか、イノチが勝つか、カウントダウンが始まった』

 

     日時:       20161月23 (土)  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)

                 (注)開場は1330分です。

 


場所:         東京都豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F 

                   TEL090-5804-5078 (室伏)

           

        (注)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。

                                 → 151115_地図_池袋会場.pdf

 

最寄り駅:

JR山手線 池袋駅 東口 徒歩5

有楽町線 池袋駅 35番出口 徒歩3

丸ノ内線 池袋駅 35番出口 徒歩3

JR湘南新宿ライン 池袋駅 東口 徒歩5 

 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 

 ※ 「懇親会」の参加費は「3000円」(飲み・食べ放題)です。 

会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。 懇親会への参加を個眉宇される方も、講演会への参加と一緒にお申し込みください。

  次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。→ 1601023_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F  

雪が降った後は、おもいっきり深呼吸。そして、乳酸菌 に 天然温泉。

 今日は、信州中野の街ナカでも、今シーズン初めての積雪になりました。

雪は、大気中の放射能の粒やチリを核にして結晶しますから、放射能を落としてくれます。

だから、甞めては ダメ。 (昔は、良かったのですが)。

でも、久しぶりに、清涼な大気になりますから、

思い切って、深呼吸ができます。

 

 放射能地獄の日本では、 雪は、一つの救いの神 でもありますね。

 上手に、付き合いましょう。

 23日のテーマを、考えています。

  

 

安倍晋三は秦をつぶした胡亥か。大激変は中央省庁移転案から、福島東北が抜けている。

  日本の官僚たちの話題は今、中央省庁の移転先です。

 そんななか、福島県知事は、ダボスに行って、「復興を話す」って言っても、放射能のことを聞かれるので、

  「十字砲火」を浴びる事態になるかもしれない。 ダダモレ。露天臨界。放射性水蒸気。などなど。

 もし、 それがなければ、 人類は、政治的には 「虚妄のなかで、集団自殺 を選ぶ」 っていうこと。

 

 以下の図を見て 不思議なのは、なぜ、九州エリアに、移転候補先が一つもないのか、ということ。

 まさか、麻生王国が、独立してしまうのか?   

 いまだされている候補先は、地方の受け入れ希望をもとに、各庁が選んだはずで、比較的安全ということでしょう。

 長野に、特許庁か。 中野市出身者に元特許庁長官がいます。 

 岡山には、これから、多くの本省が移る? どうも本気みたい。 九州にも本省?    大激変だ!!!

  さんがリツイート

 

以前、福島県は首都移転の候補地として、検討されていた

記憶があるが、省庁の移転の候補にさえならない。

東北全体がすっぽり地図から抜けてる

      埋め込み画像への固定リンク 

 

PS: たった今、 未来創庵参加者から、cメールが来た。

  「日本の 現代版 胡亥 は、何を考えているでしょうか、

   言われるままか、寒くなりました」  

 メールをくれた人は、 テレビドラマ『項羽と劉邦』 を、きちんと観たようです。

     安倍晋三 が 胡亥(始皇帝のバカ息子。 秦帝国を潰した)。

    ・・・ これ、言い得て妙。 官僚たちが、宦官。

 それならば、宦官のトップで、絶大な権力を独り占めした 趙高 は、一体、 誰なのか? 

 人事院の総裁? 宮内庁長官? 最高検察庁長官? ・・・ これを突き止めないと。   

《来週土曜日(1月23日)は皆神塾(東京)開催です!!》

  皆神塾(東京)開催のご案内  (1月23日(土)開催予定)

ご関係各位

20161月23日(土)に本年第一回目の皆神塾を東京で開催させていただきますので、ご案内させていただきます。講演会のテーマや内容の詳細については、決まり次第改めてアップさせていただきます。お知り合いとお誘いあわせの上ご来場いただければ幸いです。

尚、講演会終了後は「懇親会」も開催させていただきます。

     日時:           20161月23 (土)  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)

                 (注)開場は1330分です。

 

場所:         東京都豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F  TEL090-5804-5078 (室伏)

(注)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。 → 151115_地図_池袋会場.pdf

 

最寄り駅:

JR山手線 池袋駅 東口 徒歩5

有楽町線 池袋駅 35番出口 徒歩3

丸ノ内線 池袋駅 35番出口 徒歩3

JR湘南新宿ライン 池袋駅 東口 徒歩5 

 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 

 ※ 「懇親会」の参加費は「3000円」(飲み・食べ放題)です。 

会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。 懇親会への参加を個眉宇される方も、講演会への参加と一緒にお申し込みください。

  次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。→ 1601023_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F        

平成28年(2016年)歌会始での御製:「戦ひにあまたの人の失せしとふ島緑にて海に横たふ」

 

 この歌を、聞いた後に、戦争はできないでしょ 。  安倍の裏側で、蠢めきまくる、狂気の人々よ。

 それよりも、 「ホ」が大変ですよ。   

 来年の歌会に向けて出された お題は、「野」。

 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160114/k10010370711000.html    

今、「生存」を賭けた戦いの最中。健康で生き残ったものが勝ち。バケツと扇風機が武器に。

  世界中が、(ロシアも、中国も、アメリカも、カナダも)、放射能放置の日本に、怒っていますよ。

 「311」が過ぎたら、一斉に、いろんな動きが出ます。

 カネのために、嫌な仕事をさせられてきた芸能人、さらに、カネになるからと除染その他で、

 高濃度汚染地域に行っていた、その筋の皆さん。

 それぞれに、みな、家族が有ります。

今、静かに、首都機能の移転が話され始めています。  表は、地方創成とう名目でカネ出して。

でも、本音は、 首都圏から、逃げ出したい。 家族を守りたい。  仕事は、職場ごと、まるごと移したい。

 

 そこで、  今 すぐには、まだ、海外に、行けない人のために。 参考情報:

 

私は、今朝から、 バケツに水を入れて、その水に向けて、扇風機を回しています。

空気中に、多くのダストや、チリ、放射性粒子、そして、 寄生虫やウィルス などの蛋白が浮遊しています。

これを、扇風機の風にして、 水にぶつけると、どうなるか?

水に吸収されるものが多い。 それも、重い粒子ほど。 水しぶきになっていれば、もっといいのですが。

 おかけで、 私の仕事部屋の空気が、一気に、きれいになりました。

計測していないけど、きっと、線量も下がっているはず。

少なくとも、私の喉のイガイガは、完全に無くなった。 痰唾も でなくなった。 

 

 構造は、極めてシンプル。 原理も簡単。  

バケツと、卓上扇風機(あるいは、換気扇)さえあればできるので、みなさん、試してみてください。

 

PS;

このやり方の 発案者は、ツイッターで人気の cmk2wlさん。本当にありがとうございます。貴殿は大天才ですね。 未来創庵に是非、来ていただきたい。(他にも、今朝、イノチを吹き込める、静岡の三味線名人から電話がありましたので、リューマチ持ちの学校の先生と、味噌発酵が得意な仙人を紹介しました。両名とも、前回の未来創庵に来たメンバーでした。)

 ただ、ご本人はとても慎重な方で、 放射性物質除去については、明確には言及していなかったようです。

 放射能除去には、あくまでHEPAフィルター使用の外気清浄機だ、とも いっていたとのこと。

 最新のツイッターでは、こんな言葉も紹介。

  

自分が死んだ馬に乗っていることに気がついたときには、 なにはともあれその馬からおりるべし。インディアンの教え

意味深長だな。「岡山市吉備中央町で、政府情報機関の移転話」

 

名無し:2016/01/14(木) 12:12 ID:XXXXXXXX 未来の首都岡山に妙な動きが出てきたぞ Takaoyohey 1月11日 岡山の吉備中央町に政府の情報機関が移転させる話話既に地元で話上がってます。おそらく加藤1億人総活躍大臣が動いている模様。

【新井信介:2016年1月メッセージ】(2016年1月14日収録)

ズバリの名言:「日本終了内閣」。「安倍晋三」こそが、「日本・田布施帝国」を破壊する「人型最終兵器」。

・・・・・・・・・・・・(つづき)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

>貴殿のメールを、名前を伏せて、
>私のブログで公表していいですか?
 
喜んでお願いいたします。
 
ちょっと新たに思ったことです。
 
ふと思ったのが、
 
「安倍首相は、本当に日本を終わらせるために、存在している。第二次安倍政権は、「日本終了内閣」なのだ。」
と。
 
特に、第二次政権発足から、GDPは、世界2位から、あっという間に転げ落ちて、(一人あたりでは)今や26位だったか。20位代。
 
「経済大国日本」の幻想をことごとく破壊してます。
 
「平和大国」も、戦略なく、思慮がない ので、あっという間に破壊してしまいました。
 
土豪劣紳とも言い得る「中層金持ち」が、それをアホなので支持してましたが、どんどん職を失ったり、会社をつぶしたりして、その幻想を無くしていってます。
 
マスコミも表立った脅迫懐柔屈服を繰り返し、どんどん信用を失ってます。
 
神社本庁が、「日本会議カルト」の顔を表し、その愚かさと独善をあらわにしてます。 
 
少なくとも、明治以降の日本の幻想・システムへの信頼を根こそぎに潰しにかかってます。
  
まさに、「安倍晋三」こそが、「日本・田布施帝国」を破壊する「人型最終兵器」だった てことに思えます。
 
まあ、そのような狂気の兵器の「とばっちり」を受けないように、生き延びないと・・・
 
 
新井信介様
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(終わり)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「滅び方も知らなアホウ国家日本」・・・「京の風」閲覧者の英邁で明哲なご意見

 こんにちは。

本ブログ「京の風」の読者には、真理真相を見抜く、レベルの高い方が多い。ときどき、メールをくれる方がいます。もちろん、その方の本名を私は知っていますが、その方からのメールを、ご本人同意の上で、公開します。 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「 新井先生

 
どうやら、日本国というモノの「オシマイ」が見えてきました。
 
でも、今の日本の権力層で「投了のやり方」をわかっている人が居るのか?疑問です。
 
金井の神さんは、無関心。飯山先生のいう高野山奥の院の方の奥の院は、沈黙。
 
ただ皇太子浩宮さんは、それなりに準備をしているですが。 
 
前の戦争をやめる時も、昭和さんの意思なければ、終われなかった・・・。
 
こんどは、そういう天の声が無いのですから・・・。
 
ただそれが心配です。
 
かろうじて、皇太子・鳩山元首相の首班の、新政権で、日本帝国を「クロウズ」するって絵もあるでしょうけ・・
 
ともわれ、生き延びるのが第一ですけど・・・
 
「滅び方も知らなアホウ国家日本」ってなりそうですよね・・・      」
 
ーーーーーーーーーーーーーーーー(転載終わり)ーーーーー
 
で、このあと、内のK2oの社長と話したのですが、
安倍晋三は、年末、韓国の慰安婦の件を、自分で火をつけて世界中が辟易して、鼻を白むほど炎上させながら、自分で幕引きしたのだから、なんでもするかもしれない。
日本国の首相として 「こころからのお詫び」と言ってしまったのだから、日本の右翼は、この3年間、何のために、安倍を応援してきたのか、分からない、と気が狂いそうなくらい、悶えた人間が続出だったでしょう。でも、安倍チンは、そんな人間の心を簡単に無視できる、まったく痛みを感じない、特殊能力をお持ちでござんす。
本人の本音やポリシーではなく、周囲の環境の中で、最後は、自分の権力維持や、対外的な妥協のために、それまでの自分を忘れきって、しらっと何でもいえるのでしょう。
 
 そうなると、北朝鮮や、中国との関係どころか、 原発政策や、放射能汚染や被曝の深刻度についても、 
 「自分は、初めて真実を知らされた。だから、いま、首相として、決断する。・・・」とか言い出して、一気に、これまでと違う態度を取る可能性が無いわけでは無い。
 文字通り、「君子豹変す」 なのだが、言い訳、責任逃れ、厚顔無恥での「豹変」が、起こりえる可能性を、 慰安婦問題では見せてしまったのです。
まあ、小泉純一郎もオンカロを見てから変わり、「原発は、首相がやめると決断すれば、やめられる」といっていたのですが、その姿を、都知事選挙があった2年前の時点で、安倍晋三は、「小泉さんも老けたねえ」とバカにしていました。しかし、今は、自分がどんどん追い込まれてくると、葛西のオッサンなんか無視して、進んでそうするかもしれない。
 
 そうなると、日本全国に蔓延った「原発シンジケートの解体・消滅宣言」になるわけで、日本は、シッチャカメッチャカだけど、間違いなく、変わる。それも、根底が、崩れていく。
 
 それが、「311」のあと、4月末から5月初めくらいなら、伊勢サミットで安倍は、十分に「ええ格好しい」ができるようになる。
で、そのときは、安倍は、田布施マフィアとしては、最後の王様になるが、さて、それをするのかどうか? 
  
私のブログの愛読者さんは、次にくれたメールで、こうも書いてきた。 (次のブログへ) 

安倍よ、葛西よ、黒田よ。アベノミクス全滅だからって、戦争なんかするじゃないぞ。これを見ろ。

  首都圏の列車、全部、遅延か見合わせ。

 http://transit.yahoo.co.jp/traininfo/area/4/

 こんなの見たこと無い。 日本の国家運営は、今、本当に、狂気が支配していますね。

 『虚妄』は、いつまでも、続かない。 

 人は、いつかは死ぬけど、 自分の幸福は、真実の上にしか築けない。

 今の「お上」=メディア、御用学者、下っ端の先生、議員、一般の医者、地方公務員、などなど、一見、良識人でも実際は、国から出るカネと、それを自分にくれる制度のために、自ら進んで毒を撒き散らかしながら、毒はないと言い張っている人間たちなのだ。 

 こんなのに、依存しちゃダメだ。  

 

 

 信頼できる仲間と組んで、自分で、生き抜くしか無い。

 

 

運行情報 関東

1月12日 09時04分更新

現在運行情報のある路線

路線状況詳細
京浜東北根岸線[!]列車遅延大森駅で傘挟まり対応を行った影…
湘南新宿ライン[!]列車遅延東海道本線内で踏切内点検を行っ…
東海道本線[東京~熱海][!]列車遅延藤沢駅構内で踏切内点検を行った…
中央総武線(各停)[!]列車遅延代々木駅で救護活動を行った影響…
宇都宮線[上野~宇都宮][!]列車遅延東海道本線内で踏切内点検を行っ…
高崎線[!]列車遅延東海道本線内で踏切内点検を行っ…
常磐線(快速)[上野~取手][!]運転再開常磐線(各停)内で安全確認を行…
常磐線(各停)[!]運転見合わせ綾瀬駅で安全確認を行っている影…
常磐線[上野~水戸][!]運転再開常磐線(各停)内で安全確認を行…
京成押上線[!]列車遅延京急本線内で信号関係点検を行っ…
東急東横線[!]列車遅延混雑の影響で、列車に遅れが出て…
東急田園都市線[!]列車遅延07:32頃、溝の口駅で荷物挟…
東急大井町線[!]列車遅延07:32頃、東急田園都市線内…
京急本線[!]運転見合わせ井土ケ谷駅で発生した人身事故の…
京急空港線[!]運転状況京急本線内で発生した人身事故の…
京急逗子線[!]運転状況京急本線内で発生した人身事故の…
京急久里浜線[!]運転状況京急本線内で発生した人身事故の…
都営浅草線[!]列車遅延京急本線内で信号関係点検を行っ…
東京メトロ千代田線[!]運転見合わせ綾瀬駅で安全確認を行っている影…
東京メトロ有楽町線[!]列車遅延混雑の影響で、一部列車に遅れが…
東京メトロ半蔵門線[!]列車遅延07:32頃、東急田園都市線内…
北総線[!]列車遅延京急本線内で信号関係点検を行っ…
上野東京ライン[!]運転状況常磐線(各停)内で安全確認を行…

吉永小百合さん、昨年年末に発言「10万人もの人たちが福島に帰れないというのを忘れて、一億総活躍と言ってはいけない」

  昨年末、吉永小百合さんが、以下の発言をしていたのですね。

 本当に美しい人は、魂も美しい。

 それに引き換え、ふたば未来学園に馳せ参じた人間たち は、 ・・・・。

 この吉永さんでも、 4年半にわたる内部被曝の進行と、昨年3月以降の放射性水蒸気の攻撃性について、きちんとした認識がなかったみたいです。  

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TBS 報道の日 2015 吉永小百合さん

「10万人もの人たちが福島に帰れないというのを忘れて、一億総活躍と言ってはいけないなと思う…」

埋め込み画像への固定リンク

悲しすぎるよ、相次ぐ疾病に死。これでも日本政府は非を認めず、原発輸出にオリンピックだと。

 何をか言わんや。  2011の「311」直後から、ずっと、警告していたのだけど・・・。

 昨年から、デブリの放射性水蒸気でているから、本当に、深刻さがさらに深まっているのに。

 

 雪の降ったあとは、空気中の放射線量が減る。 外で、深呼吸ができる。

 北信州にいらっしゃい。温泉に入って、きのこ汁食べて、たくさんのリンゴをかじって。

 乳酸菌いっぱいの漬物、豆乳ヨーグルト、緑茶。 それに、亜麻仁油とって。

 あ、そうそう、酵素風呂もいい。姫川薬石も一緒に。 自分の家でもやりたくなった。

 

名無し:01/10 00:49

少年は特発性拡張型心筋症を患い心臓移植を待っていた…発表によると、少年はくも膜下出血を起こし、8日に脳死と判定された

 

名無し:01/09 00:45 昨年は訃報の葉書が沢山届いた。 昨年末には親族の通夜と葬式、新年にも早速、親族の通夜。会社でも葬式の案内が多い。中には大晦日に37歳で亡くなられた人も

 

名無し:01/09 12:52 corolin_aki(関東在住)1月8日 今日は正直身近に恐怖を感じた。 職場の人(男性)が、ついさっきまでやってた作業が思いだせない、 なんでここにこれがあるのか記憶がない...と。 そして、トイレの洗面台には少量だけど血痕が。

 

名無し:01/09 13:25 8歳の娘が急性リンパ性白血病で闘病中です。 Yokohama 隣の病室の女の子と友達になったらしい。嬉しそうだった。娘より後に入院してきた1年性の子で、多分同じ白血病だと思う…

 

名無し:01/09 12:51 ukenuruma 2015年12月23日 また知人が死んだよ? 今年5人目。膵臓ガン。イットリウム90?。ここ5年で元気だった知人が20人近く死んでる。焼き場が混んでてもろもろが1月頭らしい。

 

名無し:01/10 00:49

少年は特発性拡張型心筋症を患い心臓移植を待っていた…発表によると、少年はくも膜下出血を起こし、8日に脳死と判定された

 

名無し:0109 13:51 埼玉県上尾市 それよりも、友人が白血病で亡くなった今でも現実を受け止められない まだ、29歳なのに…

もはや中東原油は戦略物資ではない。サウジ産を止めて、テキサス産を使うアメリカ。

 

 「希少資源の権威的分配」 ・・・ これが、全く無くなる世界が、もう、すぐそこに 。

 今年、人類は、クリーンエネルギー技術の普及に加え、さらに、フリーエネルギーまで出てくる。

 この流れに、まったく、正反対なのが、原発を輸出しようとしている日本。 

  変な病症が出ても、変な死に方をしても、放射能が原因とは、絶対認めないようだが、いつまで、もつか?

 宗主国のアメリカでは、 これまで、国家の戦略備蓄として使わないでいた、テキサス原油。

 これが、宝の持ち腐れの前に、 そもそも原油のいらない時代に、一気に、なりかねない。

 だから、これまでの国内備蓄分を、今年、一斉に、アメリカ国内で消費。 

 それ故、アメリカは、サウジからの原油輸入をストップ。

 サウジは、単独で揉め事を起こすが、戦争屋CIAの援護がない。

 イスラエルとともに、サウジも、影響力が急低下。 

 あとは、日本の安倍政権。 どこまで足掻くにしても、 日本列島(特に関東)の放射能は、決して減らない。 

 そして、なにより、石油の大消費国、中国が、ますます、産油国(中東)に対し、強い立場に成る。

 北朝鮮の水爆くらい、なんとも思わない。 

「みんな、生きているうちに会っとかなきゃが合言葉だ」。← 諦めるな。生き残る知恵を神剣に探せ。

 予想したこととはいえ、

だんだん壮絶になっている。 とにかく、身体をまず楽にして、 生き残れ。

 

  1. 名無し:2016/01/07(木) 10:55 ID:XXXXXXXX 新年のあいさつをしたばかりの人が目の前で倒れて。 AEDを使ってそれから救急搬送して。でも亡くなったと聞いてとてもつらい。@古屋

     

  1. 名無し:01/07 11:04 今日の田園都市線 乗ってた電車の目の前でリアル急病人(大きなうめき声とともに痙攣を起こして倒れた)が発生して急行が駒大に止まる騒ぎ。もう、みんなこうやって死んでいくんだね……

名無し:2016/01/07(木) 15:18 ID:XXXXXXXX 父親の千葉県在住の知り合い、11ヶ月の間に3人亡くなったそうだ。

 

名無し:01/05 06:53 年明け早々、美術研究所時代の知り合いがすでに7人亡くなってるのも判明した。… みんな40代。みんなここ2~3年。殆ど去年

 

「生存」「生活」「冨」。これをキチンと分けて考える。まずは本気になって「生存」から。

 こんにちは。   簡単に。

縄文時代、日本列島には、文字も、マネーも、金属器もありませんでした。

 サインとシンボルはありました。

 主に、音、声で、情報共有を進めました。また、 ヒスイを持ちあって、生命波動を、常に確認していました。

 今の自分の生命、自分を取り巻く自然の生命、自分が思う相手の肉体の状況やココロの姿など、常にリアルタイムで、イノチを感じ合っていました。

 生きるための技や極意は、 修行での体得で、伝えられました。

 縄文人にとって、日本列島の自然は、誰もが共有する食料庫でした。毎年、次々と、いろんな恵みをくれます。

 その自然を、まるごと切り取るようなことは、しなかった。3000年前に稲(水稲)が伝わっても、すぐには、王権は発生しなかった。日本列島での王権の発生は、紀元前100前後。大陸での前漢武帝の時代です。(以前は、稲作をもって、弥生時代といったのですが、今では、金属器の使用と言ったほうがいいようです。)

 私は、日本列島の縄文文化と、大陸(シュメール・ヘブライ、中華文明)の違いを一言で言えば、

  自然の恵みを、自分たちが人間の創意を加えて、さらに増やすか?    それとも、

  人間世界の支配権獲得のために、自然の一部をより積極的に切り取るか? の違いになる と考えます。

 前者の場合、自然がそのまま、人間たちにとっての生存地盤でした。

 それに対し、後者の場合、自然から「切り取られた」大量の穀物を前提にした王権が管理する「冨」が、個々人の生活を支えます。更に、巨大王権では、穀物から転じた金属の貨幣(初期マネー)が「冨」になり、王権の栄枯盛衰と離れて存在し、権力の暴力から逃れるときに使われる、という意味で、人間世界での「生存」という保証もしてきました(中国の人たちは、この部分の「生存」に関する危機意識、すなわち、マネー依存が異常に強いのが特徴です)。

 「冨」とは、 生活をする以上に、多くの余剰を持つことを意味します。

 簡単にいえば、移動手段でいえば、軽自動車であれば十分に足りるのに、自分の好みで高級車を持ったり、普段は全く使わないのに2台、3台とクルマを所有したり、あるいは、客に見せるために豪華な別宅を持ったり、極めて個人的な趣味に、生活費の数倍の金額をかけ、家で仲間と飲めば安く済む酒を、わざわざ高級クラブに行って飲んだり、常にブランド物の衣装を着て、食べきれないほどの高級素材の料理に囲まれて、多くの廃棄物を出し、日頃の生活を離れて、何日も場合によっては、何年間も豪華旅行をし続けたりと、 

 生存にも、生活にも関係になく、浪費できるマネーをもつことが、「冨」です。これは、かなり乱暴な言い方です。現代では、高額所得者や高額金融資産家がこれに当たります。(中国人の場合は、個人の贅沢に加え、亡命や移民をいつでも可能にするためにも、巨大な冨を求めるのです)

 こうなると、当然、その「冨」を目当てに、いろんな人が寄ってくるでしょう。また、家族のなかでも管理は厳しくなり、相続では一悶着があるでしょう。さらに、行政の側から、多くの税負担が求められることもあるでしょう。

 その点、「生活」とは、日々の暮らしが回ればそれでいいのであって、このとき、家のローンや、家族の教育費、さらに、医療費が大きな出費になります。

 私は、基本的に、ローンは嫌いです。 なにか、事業をやるときには、融資を受けたり、仲間からの出資も考えますが、個人生活では回ればいい、としか、考えません。

日々の生活では、どうすれば、より多くの人間が歓迎してくれるのか、どんな生き方が望まれるのか、を考えながらも、別の面では、まだ、普通の人間には認識されていないが、大きな問題になる危険の芽や、待ち受ける避けられない危機がある、と気づいたのなら、事前にそれに備えるべき、といつも考えています。

 危険や危機 ・・・ これには、いろんな次元、段階、種類、性質 のものがあります。

マネーの供給量と資源価格による景気変動は、もう、誰もが知るところで、市場の変化に伴う環境の悪化には、借金をしないで常に用心しなければなりません。

それ以外に、日常の社会生活でも、テロやウィルスなどが蔓延する危機もあるでしょう。

さらに、統治体そのものが壊れ、社会規範が完全に失われるアノミー状態も、場合によっては、起こりえます。この時は、暴力が支配する世界になりますが、ここでは、日頃の人間関係が、危険回避に重要な役割を発揮します。

 今の日本で、今後、どんな世界が来るのか? 

逃れられないのは、なんといっても、高濃度の放射能です。

そして、若者人口の激減です。離農者が増え、耕作放棄地も増えます。

工業化とネットの普及という情報化は、便利さと安直さを蔓延させ、人間個人の「生存」に対する危機感をどんどん鈍感にさせていきます。 コンビニにいけば、とりあえず、何でも揃う。スマホさえあれば、必要な情報が手に入る。 皆、こう考えるのでしょう。

 しかし、私は、日本列島の縄文時代と同じく、多くのイノチが、咲き合う中で、、自分の創造性がどんどん発揮され、「生存」が完全に保証されるだけではなく、すでに、多くの「冨」を持った人たちが、憧れるような「生活空間」が、実現できるはずだ、と考えています。

 そのとき、一番重要なのは、人間個人の「自我」の成熟と、「所有」に対する拘りの部分です。

私的所有権を消しながら、仲間内での共有財産を増やし、その管理方法と適格者を設定し、個々人の働き・成果に応じた待遇(報酬ではない)を、構成員全員の合議のもとで、その都度、与えていく。そして、なにより、個人に大きな私的所有権を発生させない。

 以前、中里博士と、よく話していた内容です。 

こうした、未来のあり方を、追求したいのですが、今は、イノチの次元で、存続が危ぶまれる、大危機が始まってしまいました。

 放射能です。そして、 日本の未来を担う青少年や、若い女性(妊婦さん)たちのことです。

 私が特に問題視しているのは、今の教育現場や大手メディアでの論調が、スポーツやビジネスでのスーパースターを目指せとばかり、何か獲物を追う視線で、今の日常を過ごさせることが主流になり、そのとき、もっとも欠落してしまうのが、自分が、自分自身を取り囲んでいる環境を、実は日々、創っている、という視座です。 獲物(マネーや成功)を追求している内に、どんどん、環境(自然・人間関係)を壊し、自分自身のイノチも、毀損させているのです。 「イノチ溢れる今」に、じっくりと、浸れなくなっているのです。

 それでいて、高齢者がどんどん増え続ける、日本社会。  

何かを追うのではなくて、そこにいるだけで、十分に、幸福が感じられる時間と空間。イノチとの響きあい。

無理のない毎日の暮らし。春夏秋冬、花鳥風月を楽しむ。 しかも、世界中の仲間と、ウソがなく、繋がっている。

 こうした理想も、すべて成立させなくしてしまうのが、イノチを根底から狂わす、原発由来の放射能なのです。  まず、生き残る。そして、文化の核を、浮き彫りにして、保持しながら。

危機がわかったら、事前に備える。 こんなこと、人間なら、アタリマエのことなのですが、・・・・。

 放射能を前に、今、人類社会には、「杞憂」という言葉は、絶対に存在しない。「生存」の基盤までが壊れる話だ。 戦争や飢餓とは、全く次元が違う。まして、国家間の経済摩擦や、景気変動などは「生活」次元の問題だ。

 国会が始まったものの、福島の現状や被曝障害について、全く、声が上がりません。あえて見ないふり。 日本の国会議員なんて、こんなものなのでしょう。 

【お知らせ】「秋元神社:2015年冬至のイベント」のDVDが出来上がりました!!

 今回は、高千穂・秋元の地で、この地の持つ歴史的意味を、宇宙論、東アジア史、日本の王権発生史の観点でのお話です。

この高千穂・秋元の地は、宇宙からの、生命波が、どんどん、入り込み、それを、受け止められる場所です。

その先にあるのが、標高645mの秋元神社。ここの冬至の儀式は、1700年も、封じ込められていたものです。この神社はウシトラの方角を向いているのですが、そのウシトラの鬼門とは、権力者にとっての「鬼」の門なのです。これは、人間の身体を蘇生させ、精神を覚醒させ、権力に関係なく、自律していきる決意を促すものなのです。これは、民衆の目が開くことを意味します。

漢字の「民」の語源は、「片目を、刀で潰された人間」の意味ですが、この地にいると、特に、冬至の太陽をうけると、真実を見る目は潰されないし、仮に潰されても、また、復活する。

今回は、お申し込みをいただいたにもかかわらず、定員となってご参加いただけない方も沢山いらっしゃいました。大変申し訳ありませんでした。

以下、「秋元神社:2015年冬至のイベント」のレジメを添付させていただきますので、ぜひDVDをお求めいただき、内容の詳細をご確認ください。

収録時間は、「1時間37分」です。

販売価格は、「3000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「1500円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025 FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

<レジメ>

2015年の冬至は、人類の文明が、イノチから離れる「シュメール・ヘブライ型」が終わり、イノチと一体化する「縄文・ミトラ型」に切り替わる日。その純粋な光とエネルギーが届くのが、秋元神社。神武東征後の紀元後265年以来、封じ込まれてきたものが、復活する。 

1         冬至とは? 太陽系 地球のイノチと、宇宙の声。

   人類の20万年と、縄文1万5千年。 創造神の子供=霊徒(ひと)

2         シリウス(大犬座)と人類文明。三色旗(三輪山)。情報庫(シリウスB)とニビル。 

   6000年前の大覚醒。同時多発で文明が誕生

   「根源的紐帯」。 「自他分離」・「現実剥離」  音・響きで一体の周波数「ヌナカワ」

3) シュメール・エジプト(穀物・文字・金属) と 縄文(溶け込み)

  ダウンロードと、客観観察・計測・法則性   イノチの一体感。

4000年前、最後の大洪水とヘブライ人 中国大陸に夏。  

4)           3000年前  古代イスラエル   殷周革命    「瑞穂の国」(森、海、沼)

    聖方位。「鶴と亀…後ろの正面」。

5 ヘブライ(戸来)12支族の王国を作る意志。「アッシリアの捕囚」と「バビロンの捕囚」。

6 アレクサンダーの死から、 秦帝国 と 日本へのヘブライ接触。 インドの仏教僧。

7 前漢武帝の侵攻と日本の原始王権「ニギハヤヒ」。文字を持たず、音で今から離れない。

8 「国産み」「国譲り」で、大王の心の宇宙に、列島民が、従わされる。 

「天皇」の始まり。その子孫が原発、リニア…明治の近代国家。「お上」の呪縛。 

9 皇祖神アマテラスは690年。大宝律令は701年。「三種神器」は古事記と日本書紀の間。

10 平安~からの伝統と、明治維新での「神祇」、月山の修験道、伯家神道が禁止、弾圧。 

11 バチカン型コンクリートで固められた近代日本。縄文の感性がマネーの神に殺された。

12 ここから、一厘。 文明史の悪魔の退治。イノチと一体化する文明の始まり。

収録時間は、「1時間37分」です。

販売価格は、「3000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「1500円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025 FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

 151222_秋元神社.jpg

《皆神塾(東京)開催のお知らせ:1月23日(土)開催予定》

 皆神塾(東京)開催のご案内  (1月23日(土)開催予定)

ご関係各位

20161月23日(土)に本年第一回目の皆神塾を東京で開催させていただきますので、ご案内させていただきます。講演会のテーマや内容の詳細については、決まり次第改めてアップさせていただきます。お知り合いとお誘いあわせの上ご来場いただければ幸いです。

尚、講演会終了後は「懇親会」も開催させていただきます。

     日時:           20161月23 (土)  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)

                 (注)開場は1330分です。

 

場所:         東京都豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F  TEL090-5804-5078 (室伏)

(注)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。 → 151115_地図_池袋会場.pdf

 

最寄り駅:

JR山手線 池袋駅 東口 徒歩5

有楽町線 池袋駅 35番出口 徒歩3

丸ノ内線 池袋駅 35番出口 徒歩3

JR湘南新宿ライン 池袋駅 東口 徒歩5 

 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 

 ※ 「懇親会」の参加費は「3000円」(飲み・食べ放題)です。 

会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。 懇親会への参加を個眉宇される方も、講演会への参加と一緒にお申し込みください。

  次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。→ 1601023_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F        

年末30日に本欄でこう書いた。「安倍ちん、一番言いたくないことを言いました。日韓の最終和解。次は日朝、そして、日中。」

 12月30日の「京の風」を再掲。

鶴亀が滑って、磐(いわ)割れ、猿が出る 「梅」咲き誇る未(ひつじ)の年の瀬。

 

 安倍ちん、一番言いたくなかったことを、28日に、言いました。

 悔しかっただろうね。 ビッグママのところで、泣いたかもね。

 日韓の最終的な和解。 ( この直前、26日、高知で、梅が咲いた、とニュースがありました。)

 次は、日朝、そして、日中。 

春節までに、実現でしょう。

「梅」が、大活躍。

東アジアの一体化。

係争地域を、国際的な共同管理に、することになります。

共通の新しい物語が必要です。

もう、中東イスラエルの戦略的な価値がなくなっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「梅」が動いている。

 テレビで、「なぜこの時期に?」って解説しているけど、真相は、福島の放射能が、トンでもないことになっているから、今年の「311」前に、平和環境を東アジアでも、つくらせること。

 つまり、 今回の水爆は、軍備増強を狙うこれまでの日本の戦争屋とは、全く違う次元で行われた。

 そして、日本と中国に巣食っているそれぞれの戦争屋は、退くしかなくなります。

 結果として、東アジアに、強力な平和管理プログラムが急遽、構成されるはずです。

 見守りましょう。

 春節(2月8日)までが、一つの目安。

 放射能対策を、緩めないでください。

北朝鮮の水爆。放射能被曝の重篤症例激増が隠し切れないから、なんでもやるんだ、アベチンの後ろ。

  6日の昼から北朝鮮の水爆ニュースばかり。

先ほど、よる10時には、放射能が出た場合の日本への拡散シュミレーションを、原子力規制庁が、ダブルスピーディーの結果として発表した。

 おいおい、福島の時は、まったくスピーディーは、隠したのに、今回の北朝鮮の水爆実験では、さっそく、公開って、あまりに、意図が見え見えじゃないか。

 そのことを、なんというか知っている?

  話がイチゴ。   そのこころは、 タネ が 見え見え。

 参考までに、

  話がピーマン  は、 よく知っていますよね。    中身が空っぽ  って。

 では、

  話が、玉ねぎは?   これは、 一皮剥くごとに、涙がでるけど、 結局、何も残らない 話 のこと。

で、アベチン、というより、その裏にいる人間。

 

アベチンは、完全に からくり人形。

今、 日本政界が、色んな意味で、バラバラになっているけど、

 とにかく、放射能のことだけは、隠したい。

 で、 最後は、トンデモナイ技術を使うしか無い、ということなんだけど、それには、環境整備が必要。

 

 今日は、北朝鮮を使った、アホ報道だけど、今後も、まだまだ、変な報道が出つづけます。

皆さん、ご注意ください。

 その間、放射能は、まったく、むき出しのまま、出つづけていることを。そして、それを止める措置に、まだ、人類社会は、入っていないことを。

 それにしても、福島の放射能のことを言わずに、北京のPM2.5と同じように、北朝鮮の水爆での放射能の拡散シュミレイーションを、真顔で、原子力規制庁が発表するのだから、よくこここまで、国民をバカにできるものだ。

 それほど、追い込まれているというわけ。

当然、これまでの日本の権力層の内部でも、多くの軋轢・衝突が始まっているようです。そして、週刊誌にもあったけど、今、官房長官が、権力掌握に動き出していると。

 末期になると、何でもありになりますね。

 

人類が羽化する重大局面。仮名匿名偽名など正直な自分を出せない方とは交流しません。

 こんにちは。

どんどん、放射能が濃くなっていく日本列島。

それでも、マネーだけを追いかけて、「挑戦」と言いつづける、ノータリンが国家権力を握る国。

 当然、いろいろ不満・軋轢・屈辱・自暴自棄など、いろいろな、症状が、日本社会に出てきます。

こうした中、それでも、日本社会は、まだ、カネが稼げる、と、変な外国人も多く入り込みます。

自分の肉体や脳幹が感じる危機感とは別に、目先は、空前の景気良さなどという馬鹿げた機運を、政府と財界、そして大手メディアは、マネーのために作り出そうとします。(その裏で、個人としては家族を密かに海外や列島の西に、移住させる手はず整えながら、それを表で言うのです。)

 彼らは、自分が辿り着いた企業や行政のトップという立場(偉いと思っている)で、これまでの明治以来の自分たちが乗っかってきたレールは間違いない。それが今度は、そのまま世界全体に広がるんだ、と信じて疑わない姿勢を とるしかないのです。(少しでも反省したら、自分が崩れると感じてしまう)

 そして、海外からの関心に応え、日本礼賛の情報を自分自身でどんどん書き揃えます。これは、国家権力がしでかした「過ち」を精一杯隠す姿でも有ります。爆発した原発を放置したままで、それでも、利益のために世界に原発を輸出することを国家方針にしている国の人間(特に指導層)とは、一体、どんな存在なのか? 

 昨年のパリCOP21で貼りだされたポスターの意味も、まったく分からないままのです。反省できないのです。それでいて、日本国のメディアで自画自賛を何度も繰り返す。その幼く劣化したままの醜い精神性に対し、「冗談も大概にしてよ」と、マモともな人間は呆れ返っています。 

 海外から大絶賛される日本の技術やサービスは、たしかにいいものです。 これは、これで、誇るべきで、現場の人間は、私達の誇りです。しかし、それを権力側がメディアに流す時、自分が属している現実の組織、社会構成の立脚点に対し、客観的な冷静な評価ができない。それ故、どんなに個別でいいものを生み出しても、日本社会の土台すべてを失う大崩壊を招くことがある。それは、現実に70年前に体験していることになのに、まるで、学んでなく、そして、もう、その大崩壊の段階に入ってるのに、こちらを、全く見ない。

 この姿は、明治以来の国家権力による、権力者自身も含めた日本国民(日本語を話し、天皇を尊崇する人間)への集団洗脳と、企業や行政単位で、目先の餌(マネー)だけを求めることに喜びを感じる社畜たちが生み出した悲しい現実です。

個々の生命体としては、自分の生命としての死・消滅が近づいていることを、細胞や遺伝子レベルでキャッチし、それに反応しだして、そうした危機状態から逃れるように信号を発しているのですが、 これが、前頭葉での規範意識とマネーでの計算のために、判断を決定する領域に入らない。

 もともと、周囲を見て自分の行動を決める、幼く、弱い、自我しか無かったから、国家権力によるマインドコントロールを、すすんで受けたのです。この人達は、「お上」洗脳から なかなか抜けだせません。

自分で考える思考回路が錆ついていて、「お上情報」の受容以外、使われていなかったシナプスやニューロンは凍ったままだったので、テレビなど視聴覚で、何回も繰り返される「楽しく、愉快な」認識空間に、喜んで浸りつづけます。

 日常生活での時間軸が短く、生活圏も点と点でしかない。そして、低次元の笑いで、その場しのぎをするだけです。 自分で、すすんで、知的劣化を楽しむ習慣づけがついてしまったのです。

 それこそ、権力側から、最大のカモになっていく人たちです。

私は、そうした人たちと、まともな未来を 創れる とは思いません。

飯山さんみたいに、彼らを受け入れるほど心も広くないし、喧嘩も強くないので、 そうしたロボット人間とは、会わない様にします。

 政治家ではないので、 そんな人達に、あたまをさげる必要もありません。

 今は、生命を崩壊させる、大津波が来ている状態と、感じています。

 だから、説得するよりも、まず、生き方を明確にします。

 

 そこで、ここで、皆様に、報告です。

新井信介は、仮名・匿名・偽名の方との、交流はしない、と決めました。

これは、未来創庵の方針でも有ります。ヌナトクラブもです。

なぜ、自分を隠す必要があるのか?  この部分を、突き詰めて考えて頂きたいのです。

真実に基づく、まともな未来を創ろうとするときに、なんで、自分を隠す?  

現在進行している、ネット社会は、全ての面で、謀略画策を露わにしていきます。

正直な自分を出せない人間は、自分自身が、まともで着実な未来のパーツに、なり得ない。

これが私の主張の核心です。もちろん、相手に喜んでもらえる自分に成ることを、常に心がけなければなりませんが。

国家の生き残りに「富裕層課税」。皆が逃げて、病弱の貧乏人と高齢者だけが列島に残る?

  高山さんのブログから。

 富裕層は、5億円以上の資産を持つ人間だと。私には関係ない世界。

 どんなことがおきるのでしょうね。 

 一方、キルギスなら、月4万円で十分に暮らせるといいます。

 しかも、預金金利は年16% だから、計算上は、500万円あれば、預金での利子で生活が十分可能。

 http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/cc324ca8a4141a5c6b950f35a80e022b  

 どこにしても、お金の掛からない共同体を創りあげたものが、勝ち組になるのでは。

 

 ところで、未来創庵に参加された小出町(現在の魚沼市)の星さん。 稲作の田んぼを、開放とか。

 日本で、一番、美味しくて、高かいお米が取れるところじゃないですか。これは、本当にすごい話。

 生き残りの拠点候補ですね。 星さんとじっくり話して、株K2Oで、企画を考えてもらいましょう。

「本年、(高濃度放射能むきだしでの国家維持という)新たな挑戦が始まります」BY安倍晋三

  安倍の演説に、付き合うメディアも、苦しいだろうな。

 http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2016/0101nentou.html (別に、全文読む必要ない。「挑戦」という言葉を何回も並べで、自分自身を鼓舞するだけの、「オレ偉いんだ、言うことを聞け」という文章)

 日本全国で、これまでではあり得ない頻度で、身内や友人が、どんどん病気になり、更に死んでいく人もいるというのに、その実態も全く考慮せずに、さらに、「輝く社会にむかって、挑戦」だと。

 放射能が入っていると、食品や家財道具が、夜でも光るといいますし。 なるほど、むき出し、大絶賛 無制限放出中 の高濃度放射能社会で、 神に選ばれし日本人は、殺人放射能に耐え得る輝く社会を、作れというのでしょう。

 この、悪魔に取り込まれた、アホバカボン は。  

 漫画ならこんな設定もあるかもしれないけど、ここは現実の3次元の地球。 もう、世界の恥どころではない。 

 心優しい、井の中の「茹で蛙」 たちも、 どこまで、生命がもつのでしょう。 これは、世紀の大実験だね。

 今、公務員、特に、学校教師、看護婦、自衛官、警察官、検察官、などの制服組は、どんなに心配でも、「ホ」と言えなし、ローン(住宅・教育)があって、転職先の給与を考えると、辞めるに辞められないと、

 相当、苦しんでいる人が多いみたい。

 変なパーティーで大爆発。

 これは、渋谷の年末年始と同じ。

 もう、みんな、この延長線上では、 明るい自由な未来が見えないと、感じているのでしょう。

 でも、アベッチは、新たな挑戦だって。

 放射性水蒸気がモクモク。そして、食品流通では、まるで、(一年殺しの)「毒入り・ロシアンルーレット」。

 「放射能は極力、閉じ込めよ」という、絶対の管理法則を破ったままの日本。その事実に向き合わない日本社会。

 いまだに、露天臨界 まっさかり。 

 今年の私の心情

   虚妄と、事実の区別のつかない人 とは、合わない。会わない。

    合わない人とは、 会わない。

 

 戦後日本の宗主国のアメリカで、 戦争屋がどんどん、力を失っている。 

 アベチンとは全く別次元で、「あらたな挑戦」・・・というより「生存のための基礎造り」に、乗り出さないと。

【お知らせ】 新井信介先生の 『瓊音・古代史ツアーin京都』 のご案内

 今般、新井信介先生のご案内・ご説明による『瓊音・古代史ツアーin 京都』(12日)を  開催することとなりましたので、ご案内させていただきます。 

京都観光といいますと、一般的には、平安京建設後に造営された神社・仏閣などを見学することが多いのですが、今回は、それ以前の「隠された京都の歴史」を中心に探訪する「古代史ツアー」です。12日のツアーに新井先生も同行していただきますので、訪問先の神社・仏閣などに関連する説明を新井先生から直接聞いていただくことができます。

また、初日の夜には、新井先生の講義の時間を設けさせていただきますので、新井先生のお話をじっくりと聞いていただけます。 

今回の「瓊音・古代史ツアーin 京都」の日時や内容等を以下ご案内させていただきますので、 参加を希望される方は、以下記載させていただく連絡先まで、電話・FAXあるいはメールなど  ご連絡いただけたらと思います。

昨年12月の「秋元神社の冬至のイベント」では多くのお申込を頂きましたが、今回も人数限定ですので、ご参加をご希望される方はお早めにご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

新井信介先生の『瓊音・古代史ツアー in京都』のご案内

 ツアー名: 『新井信介先生の『瓊音・古代史ツアーin 京都

~隠された京都の歴史を探訪する』』 

日時     2016227日(土)~228日(日)(12日) 

目的地  京都府宇治市周辺等 

日程(案):              

227日(土)

13時頃にJR宇治駅(奈良線)に集合。 宿泊先の『京料理 宇治川』へ。

荷物を置いて、その後、宇治市周辺を視察。

視察場所は:「平等院」、「宇治上神社」、「興聖寺」、「あがた神社」等

視察後、宿泊する旅館『京料理 宇治川』へ。

夜は、夕食をはさんで新井先生の講義とQ&Aを行います。

(注)JR宇治駅に集合する際には、昼食を済ませてご集合頂きます。 

2 28日(日)

830分頃旅館を出発。

「下居神社」、「許波多神社」(五ヶ庄及び木幡)、「萬福寺」等を視察

萬福寺にて「普茶弁当」の昼食。昼食後、京都「泉湧寺」へ向かう。

15時頃(JR及び京阪電鉄)にて解散となります。             

費用     38880円(消費税込み)を予定しております。 

()上記に含まれるものは、宿泊代と食事代(夕食1回、朝食1回及び2日目の昼食(萬福寺での「普茶弁当」)1回、)、貸し切りバスの費用、訪問する施設の拝観料等、ならびに講義の資料代等となります。

ご自宅から集合場所(JR宇治駅)まで、及び解散場所の「黄檗駅」からご自宅まで往復の交通費は各自ご負担をお願いいたします。 

募集人員: 25人限定とします。

(注)原則として、瓊音倶楽部、皆神塾関係の方々を対象としますが、今回は、キャンペーンとして、

一般の方もご参加いただけます。 

参加の可否 

参加の可否につきましては、電話・メールのいずれかの方法にて事務局(室伏)までご連絡ください。また、次のリンクから「FAX送信用紙」をプリントしていただき、FAX送信していただいても結構です。 → 160104_レター_瓊音古代史ツアーin Kyoto_FAX申込書.pdf

また、その他、何かご質問等ございましたらご遠慮なくご連絡ください。

                            TEL03-3548-1025 FAX03-3548-1026 携帯:090-5804-5078

                            E-Mail: akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

尚、2013年3月初めに同様のツアーを開催しましたが、その際のDVDも販売しております。ご希望の方は、ご連絡ください。価格は、2枚組で「4300円」(送料300円込み)です。

130302_京都・古代史ツアー.jpg 

【お知らせ】《DVDのホリデー・シーズン・キャンペーン》は7日までです!!

 新井信介先生の《DVDのホリデー・シーズン・キャンペーン》は7日までです!!

~皆神塾など『瓊音ショップ』のすべてのDVDを特別価格で販売中です!! 

20151223日~201617日のホリデー・シーズンに限って、『皆神塾』など『瓊音ショップ』のすべてのDVDを特別価格で販売中です! 

上記の期間中のお申し込みに限って、現在、『瓊音ショップ』で発売している皆神塾などのDVDすべてを、通常6000/枚のところを、4000円にてご提供します。(注)瓊音倶楽部会員の方は、さらにその半額になります。 

なお、DVDの価格が3000円あるいは4000円のタイトルについては、DVDの割引はありませんが、「送料を弊社負担」とさせて頂きます。

今までに発売されたDVDで、買い忘れているようなDVDがございましたら、是非、この機会にお買い求め頂けたらと思います。 

今までに発売されたDVDの詳細は、株式会社 K2OHPにある『瓊音ショップ』でご覧になれます。

次のリンクから是非ご確認ください。 →→→ 瓊音ショップ

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL  03-3548-1025   FAX03-3548-1026  携帯:  090-5804-5078    E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

なお、今年、2015年は、いままでの「皆神塾」に加えて、テーマなどを絞って詳細に解説をお願いした特徴のあるDVDも数タイトル発売させていただきました。

例えば、2015年9月の「聖徳太子の正体!!」や、2015年6月の「皆神塾:基礎講座」<コスモロジー編>などがあります。

また、「皆神塾」のDVDも内容の充実したものが多数ありました。最近開催された2015年11月の東京・皆神塾や、2015年12月開催の大阪・皆神塾あるいは2015年5月の東京・皆神塾などなどが大変お勧めです。

ぜひ、瓊音ショップで内容をご確認ください!! → 瓊音ショップ

(注)ご注文いただいたDVDのお届けについては、年末・年始の関係もあり、若干お時間を頂戴する場合もございます。

今年いただいた年賀状:これは面白い!!

 160101_守屋汎_年賀状_img016.jpg

「未来創庵」に参加した新潟の星さんのブログ。とにかく、生き抜きましょう。

 新潟の小出町から参加された星さんが、ブログで、「未来創庵」を報告してくれました。

 http://uonumasann.jp/blogwp/2016/01/03/%E4%B9%85%E3%81%97%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%8A%95%E7%A8%BF%E3%81%A7%E3%81%99%E3%80%82-2/

 今回、長嶺温泉、角間温泉、馬曲温泉に行きました。

 どこかで、私の裸の写真を撮った者もいるみたいです。

 

 別件です。

 高山さんからの特別情報です。

 「チュチュチュ」は、放射能に強いが、蜂の音が大嫌い。

 この意味でも、飯山大魔神の、直感は凄い。  蜂は、僕らの仲間です。大切にしましょう。

 我が家には、キルギスで買った東洋ミツバチの蜂蜜とプロポリスがあります。格別に美味しい。

  花を育て、蝶と蜂を呼ぶ。 キチンと生き抜いて、大地一面を素敵に飾りあげる。

  耕作放棄地を、イノチの再生現場にする。

   微生物と、昆虫を、味方にして。  一緒にやりましょう。

  都会のジャングルを、まず、離れること。いい温泉によく浸って、体を治す。 ここからスタートです。  

東電・政府は、何が何でも 『3号猛毒モックス燃料核爆発飛散⇒最悪4千万人死の東日本』  だけは最後まで隠蔽したい切実さが、作為的で派生的各報道から読み取れる。

 ここにある、図を見て、何を、どう判断しますか?

  

  http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/584.html

 

 

 
 
 
 
 

2日はスノーモンキーを見て、大町(王町)の仁科神明宮に。次回の皆神塾は東京で23日。

おはようさん。

1) 昨日は、家を8時30分に出て、みんなで地獄谷のスノーモンキーを見に行きました。

9時の開園に合わせて行ったので、駐車場もちゃんととれた。

続々と、外国人観光客が続きました。

 今回、猿を見ての感想。

どれも、本当にまるまると太っていて、幸せそう。 餌の麦が撒かれていて、それを、拾ってむしゃむしゃ食べるのですが、これは、もう、とても、野生とは言えない、飼いならし、です。

どの猿も、温泉に入る所為か、皆、きれいな毛並みをしています。

今年は雪が少ないので、「スノーモンキー」 という、酷寒の大自然に生きているイメージが、全くわかない光景でした。

 日本では、各地の野生の猿が、 耕作放棄された田畑に侵入し、どんどんテリトリーをひろげ、人間の作物を食べる被害が出ています。猿だけでなく、イノシシもどんどん北上。

 野菜や果物を食い散らかす猿の中には、自分に石などを投げて追い払った人物を覚えていて、報復攻撃を加えるものもいます。 

 日本では、これからも、耕作放棄地が増えるのですが、彼らとの共存をどうするか、これもまた課題です。

 2) 猿の後は、中野市の直売場の一つ「いきいき館」に行って、きのこ汁を食べたあと、信濃大町の仁科神明宮に行きました。

 2016年、私は、元旦に地元の産土社の「松川神社」を個人で参拝しましたが、「未来創庵」としての初詣に、ここを選びました。この神社の名前に、縄文と、大陸(シュメール・ヘブライ)の融合が見えるからです。

私の研究結果では、BC109に成立した原初王権の「ニギハヤヒ」が、 3世紀に、大陸型の統治方法を知る人間に、「国譲り」します。新たな支配者となった人物は、淡路島の横の沼島での約束(これが、「国生み」)どおり、 なるべく、鉄器で殺傷しないで、戦乱を収束させることに腐心し、最後は、亀岡の地で、統治権を移譲されます。そのとき、金鵄が、飛んできています。

 信濃大町は、その新たな支配者が統治権を得たあと、自分の息子(王子)に、その地を開拓させたものです。

当時の開拓とは、穀物の取れる土地に変えることです。日本列島では、稲作の新田作りになります。大町のある安曇野では、1700年前は縄文から続く大森林が広がっていたでしょう。そして、大町のすぐ北は、白馬町で、その北に小谷村があり、ここから北に流れる川が姫川で、その先が、ヌナカワヒメの本拠だった糸魚川です。

 大町にある仁科神明宮の「仁科」の名前の由来は、今に続く日本国の建国に関わります。仁科神明宮は、小さい神社ですが、その建築様式は、国宝になっているのです。仁科は、もともとは、7世紀の初めまで、「仁品(ニホン)」と表記されていたものを、天武が、漢字では「仁科」と表記させ、発音の「ニホン」を取り上げて、「日本」の読みに、「ニホン」とツケさせています。

 日本列島では、すでに4世紀に「シナノ」の音で、この地方が呼ばれることが定着しており、そこから、埴科、明科、豊科、更科、蓼科、などの地籍がうまれました。(「シナ」とは何か? これも重要ポイントですが、皆さん考えてください。次回、未来創庵の参加資格の課題にしましょう)

 仁科(ニシナ)の地名は、天武時代にできた、比較的新しいものです。天武は、隋書倭国伝のアマタリシヒコの「日出処」の記載を元に、「日本」の漢字表記を考えだし、それを「ニホン」と読ませたのです。

 その深い意味を、不比等は、712年から720年までに、確認しています。

 717年に、遣唐使’(阿倍仲麻呂や、式家の元になる馬飼がいた)を送った時には、日本列島の本質を十分に知っていました。

3)  さて、2016年です。今日は3日です。

 今月の予定は、23日(土)、東京池袋で、皆神塾です(同日、高山さんのサムハラもあるようですが)。

 今回、未来創庵で話しましたが、 春節が、また、一つの節目になりますね。そして、さらに、「311」。

生き残りと、再生、羽化のための手をどんどん、打っていきましょう。

嬉しいことに、カザフスタンにも、ルートができそうです。

中野の地は、縄文の感性(音・声・響き)で、大陸の文明(文字・記録・金属)を、上手に取り込んだところでした。

 実は、昨日、仁科神明宮を参拝後、参加メンバーは4つにわかれました。

名古屋大阪方面に行ったもの。安曇野に残ったもの。長野駅から新幹線で東京に帰ったもの。

そして、私は、上田から参加した不食の仙人と糸魚川に向かいました。そこで、これまで素通りしていたヒスイの業者の小屋に、仙人の指示で立ち寄って、交流してから、中野にもどりました。その席には糸魚川の市会議員さんも偶然、参加されました。 そこは、ヒスイ愛好者のアジトでした。私は、ヒスイこそが日本文化の本質をしめすもの、という自説を開陳したところ、当然ながら、居合わせた皆さんに大いに喜んでいただきました。

 今年は、「枠」が動きます。崩れます。 自律するしかありません。 

 「生存」、「生活」、「富」 を、きちんと分けて考えましょう。 「壊れるもの」に依存したら、自分が消える。

みんな、会おう。繋がろう。 

 本音を話し、処々に生存の拠点を作り、地球を、真実のイノチの響きで、徐々に、ぐるぐる巻きにしよう。 

2016年、「未来創庵」始動。本当のニホンで「枠」を壊して、世界を包む。

 こんにちは。

今日は、元旦。 

昨年末から、未来創庵に、仲間が集まっています。

私の58年の人生でも、元旦に、多くの仲間が実家に来てくれるのは、初めてのことです。

私は、今の人類世界で、秩序構成の基準になっている事象に、アレキサンダーとイエス・インマヌエルの登場を上げます。

そして、21世紀の今、戦争屋の消失後に、東アジアでは、当然ながら、誰が主導権を持つのか?どんな施策ならいい現実を創れるのか? といういい意味での競い合いが始まると考えます。

 国家は、その時どうなるのでしょうか?

国家は、個人の頭のなかの概念と、暴力で、生まれます。 

今の日本国という統治体も例外ではありませんが、王権の発生に関する文字記録が、記紀しかないため、

つねに、ぼやけてしまいます。 この意味での対比は、やはり、中国での王権の発生、成立が参考になります。

 新年にあたって、本ブログの閲覧者のみなさんに、聞きたいことが有ります。

 まず、 イエス・インマヌエルは、 実在した人間ですが、 では、皇祖神アマテラスは、実在でしょうか?

 さらに、ブッダ、アレキサンダー、始皇帝も実在しましたが、 日本での最初の王となる、神武(カムヤマトイワレヒコ)は、実在した人間でしょうか?

 私は、地球史全体での人類の発展、人間社会の構成の変化を示す時間のモノサシは、 西暦で測るべきと考えていますが、日本列島での王権の出発は、西暦で、いつでしょうか?

 そして、その、日本列島での原初王権はどこで、生まれ、どんな、形をしていしたか? そのとき、文字はありましたか? 金属器は何で、どう使われていましたか? 王権となる権力は、どのようにして、発生しましたか?

 こうしたことに、まず、明快な理解が必要と考えます。 海外から、日本に興味を持ってくれた人に、自分を説明するためにも、必要です。

今回の第一回の未来創庵の参加者には、こうした、基本となる事項を確認した後、 DVDの「項羽と劉邦」を、みせました。 これは、半ば、強制です。 

  鴻門之会  や 四面楚歌 の四字熟語が、作られた故事がぎっしり詰められています。

 なぜ、私が、このテレビドラマにこだわるのか?

 それは、贏政の秦帝国の崩壊後、漢が成立し、ここから、中華での文明と、漢民族の概念が生まれるからです。

 さらに、この漢時代に確立した漢字による文字文献で、後の日本列島の王権の発生が確認できるからです。

大陸の文明に対し、この日本列島の先達たちが、それを、どう迎え入れたのか? これを確認したいのです。

 未来創庵では、今後も、自由放談のあいまに、このDVD(全40巻、80話)の重要部分を流し続けます。

これは、私達日本人が、自分自身を知り、未来の人間社会の枠組みを考える時の、基本事項の確認になるからです。

私たちは今、隣りにある大国の中国が、世界最大人口を持ち 場合によっては、自前でロケットを飛ばし、宇宙空間にある人工衛星(たとえば、GPS衛星)を全て壊すことのできる技術を持ってしまった事実を、踏まえなければなりません。さらに、ロシアのプーチンが、CIA情報を完全掌握できる事実も。

 そして、その中国大陸で、中国語を母国語として育った、したたかな民と、今後も、付き合っていかなければならないからです。

 彼らの本質や政治的特質、宇宙論に国家観、日本列島との距離と日本文化との関係性などを、きちんと、知るためにも、漢民族の出発となった、壮大なドラマの理解が、絶対的に不可欠なのです。 

 そこを知ることで、逆に、日本列島での人間社会の特質が見えてきます。 そして、記紀の記載が、反映しているであろう、列島での事実のドラマが、徐々に浮き彫りになります。 不比等は、その核心を、712年に古事記を完成させた後の、8年間で、見事に、探し当てて、日本書紀を編纂しています。 「三種の神器」という、統治のための政治概念は、この過程で生まれています。

 ここで、おしらせ

未来創庵は、今年は、月一回のペースで、開催する予定です。

 「腐った国家」に、絶対に依存しないと決意している人間のみが、楽しい時間を過ごすことに成るでしょう。

 閲覧者の皆さん。

 本年もよろしく。  .色んな意味で、 本当に、凄い年になる。

 

PS; 明日は、午後に、信濃大町の「仁科神明宮」に、行くかもしれず、午後は、不在になります。

   来られる方は、かならず、事前に、連絡ください。

« 2015年12月 | メインページ | アーカイブ | 2016年2月 »

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像