新井信介京の風

2015年12月

お願い:未来創庵参加者の皆さん。だいたい、到着時間の1時間前に電話ください。

 こんにちは、

30日の参加者は、19人でした。

 午後5時から温泉に行っている時に、2名の方が、来られたようです。

残念なことに、会えませんでした。

お願いです。

大体、到着1時間前に、必ず、電話、または、C-mail をください。

明日も、大勢来ますので。

 新井信介 090-9370-5740

 午前中は、動きます。11時過ぎに、会場に戻ります。

 

 

ゴダイゴ。モッキーマジック。 そして、ガンダーラ(GANDHARA)だ。

モンキーマジック 

https://www.youtube.com/watch?v=De1oTjl4JKs

 

ガンダーラ 

https://www.youtube.com/watch?v=cbgEc_AuDPg

 
 ギリシャ人の仏教。  アレクサンダーが、BC324年に、インドの仏教僧に諭された。
 ここから、ヘレニズム。
 
 そして、 バビロンから、東の島国に、10支族の内、2支族が奄美経由で来たんだよ。

鶴亀が滑って、磐(いわ)割れ、猿が出る 「梅」咲き誇る未(ひつじ)の年の瀬。

  安倍ちん、一番言いたくなかったことを、28日に、言いました。

 悔しかっただろうね。 ビッグママのところで、泣いたかもね。

 

 日韓の最終的な和解。 ( この直前、26日、高知で、梅が咲いた、とニュースがありました。)

 

次は、日朝、そして、日中。 

春節までに、実現でしょう。

「梅」が、大活躍。

東アジアの一体化。

係争地域を、国際的な共同管理に、することになります。

共通の新しい物語が必要です。

 

 もう、中東イスラエルの戦略的な価値がなくなっています。

 

 イエス・キリストについても、アマテラスについても、 政治的創作物だったと、はっきりします。

 

 急がないと、人類の希望である、縄文精神をもった、ホンモノの日本人が消えていってしまう。

 今の日本は、政府に、強制的に忠誠を誓わせる、中世のバチカンや、大陸から逃げたばかりの蒋介石の台湾のよう。

 長くは持たない。

しかし、何回も言う。 フクシマからは、出続けている。

そして、加工食品や産地偽装で、どこにも蔓延。

 知らないふり や  ないんだ ごっこで、 悪魔の「ホ」踊りを、楽しむのもいいが、 消えちゃうよ。

 

 ホ ホ ホ の ホ 

  アベッチ信じて ホホホのホ    NHK でも ホホホのホ

  みんなで、 なかよく、ホホホ の ホ。  狂って、ホホホ。 死んでも、ホホホ。  

 悪魔の前では、 「三十六計、逃げるにしかず」 で、 逃げます、逃げます、逃げます。

 いけない?     いいんだよ。  どんどん逃げて。   

 今、 鶴亀 滑って、後ろの正面に、 犬神さま。

 シリウス(天狼星)から、 智慧の光を得て、 未来を、一から、作りなおそう。

  

 みんな、 石から生まれた、孫悟空 になろう。  モンキーマジック。  ゴダイゴ だ。

   GO  DIE  GO。 

 

(今年は、未年でしたね。まちがえた。うぅーっ。「ホ」にやられたかな)

平和憲法にノコギリを入れる日本の首相。NYタイムズ紙が風刺。安倍ちん抗議しないの?

17時間前

 

 

ニューヨークタイムズの風刺画(26日)。

「なにも心配はありませんと言いつつ、平和憲法にノコギリを入れる日本の安倍総理大臣」

…これ、日本の新聞が掲載したら大変だよなぁ。 これ官房長官は、米国に 「事実と違う、誠に遺憾である」と抗議しないのかな?

 

埋め込み画像への固定リンク

世界から消滅対象になったIS(イスラム国)が、最後に、イスラエルを攻撃する。

  人類6000年の文明の最後は、

 ジオニスト(SIONIST)がつくりだした政治的人造国家が、 自分が産んだISに攻撃される事態に。

 2015年のクリスマス明けのニュースがこれか。以下に、東京新聞が伝える共同ニュース。

 実際に、攻撃が始まったら、「ニセ旗」だらけになるんじゃないかな。 アメリカは石油本位(=戦争本位)制の時代が終わり、人民元のSDRも決まったから、もうイスラエルを、国家として戦略的に支える意味がなくなっているし。イスラエルの国民は極東にどんどん逃げてくるかもしれないね。日本は放射能で、たっぷり汚染されているけど。 軽井沢に、また白人が増えるかな。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

  IS、イスラエル攻撃を示唆 バグダディ容疑者が声明か

2015年12月27日 07時39分

 

 【カイロ共同】過激派組織「イスラム国」(IS)は26日、指導者バグダディ容疑者とする音声声明を発表した。「われわれはパレスチナ人を忘れていない。おまえたち(ユダヤ人)はムジャヒディン(イスラム戦士)の足音を聞くことになるだろう」と強調。イスラエルを攻撃する考えを示したものとみられる。

 同容疑者の音声声明は今年5月以来とされる。ISがイスラエルに言及するのは珍しく、拠点のシリアやイラクで劣勢のため、パレスチナ問題を持ち出しイスラム教徒の共感を集め、ISへの参加を促す狙いだ。

 

12月27日(日)、夜7時30分。NHKで糸魚川のヒスイ特集です。

  今夜7時30分。NHKを御覧ください。糸魚川特集です。

いよいよ、日本の本質が出てきます。 

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1683109831970682&id=1415398895408445&substory_index=0

今後20年、地上の放射能は濃くなるばかり。人間(個体)は必ず死ぬが、何を残す?

 こんにちは。 少し、ややこしい話をします。

 私に、「昭和天皇の母は、中国人。明の最後の公主(皇女)、朱貞明」と教えてくれたのは、中山法元和尚でしたが、 この方は、上智大学を出た後、17年間、バチカンに留学し、ラテン語とフランス語が堪能でした。

そして、帰国後は、仏教の中でも、日本皇室の仏教とされる、三論宗に帰依し、明治の国家神道で、ほとんど見えなくなった、法皇の制度を考えていました。天皇家の仏教は、聖徳太子(厩戸皇子)から始まり、奈良の東大寺、そのなかでも、法華堂の不空羂索観音菩薩が、スメラギ(聖武、孝謙称徳)が直接、向かい合う仏像でした。

 法元和尚は、自らの仏門のことを、「針小山棒大寺」と、楽しんでいました。 そして、この太子以来の仏教勢力が今に残る坂上党であり、その筆頭が、坂上田村麻呂だったと、私に、教えました。

 他にも、いろいろ教えてもらいました。和尚は、三重の菰野にいるとき、仏教哲学青年道場を開いていたことがあり、仏教に関しては三論宗の中での法華経の理解を、平たく、「お教」にまとめていました。(その「お経」を私はいまでも持っていて、ときどき唱えます)。 三論宗とは、隋の文帝が学び、さらに煬帝も、アマタリシヒコ(厩戸)も、すすんで学んだ教えです。

 で、仏教の真髄のなかで、もっとも大切なこととして、以下を、教えてくれました。

 「ないものをあるとし、あるものをないとする、虚妄から去れ。今の、真実だけを見つめよ。」

 なにが、リアリティーなのか?

 ここを踏まえることでしか、三次元世界では、未来を作り出せません。

 仏教では、聖徳太子の言葉で「世間虚仮」が有名ですが、これは、奈良から平安になって、権力や富貴を求める、争いに負けたものが、イノチの本質から離れた一切のもの=世俗を捨て去る、「諦念」の部分を強調するコトバでした。

 一面の真理ですが、本来のブッダの教えは、人間社会の営みで、「虚仮」に囚われず、今という時代の中で、人間として生きている、真実の喜びを感じ合いなさい、というものです。

 これは、永遠の真理です。

 しかし、人間が構成する国家(統治体)は、人間の概念と暴力によって創りだされたものであり、統治のために、つねに、一つの合意=物語を必要とし、さらに、権力者の都合による虚構・幻想を、振りまき続けます。それに、たっぷりと浸ってしまうものが、「民」です。

 今、日本国の権力者は、メディアを完全に押さえ、とんでもない虚構を、国民に押し付けています。 

私は、ここで、間違いなく言える、逃れられない、絶対の真実を言います。

 それは、 今後20年、地球上の放射能は、濃くなるばかりであること。

 そして、 地上に生きる人間(個体)は、その寿命がどうであれ、間違いなく死ぬこと。

 さらに、 人間は、自分の心が、過去や未来とつながり、しかも、自分と同じ生命振動を持つ他の生命(子孫や後継者)に、その心や技が受け継がれる時、最大の喜びを感じることです。

 喜びには、種類も、形も、次元も、性質も、それぞれ違うものがあるでしょう。

 しかし、38億年のイノチの流れの中で、想像と創造ができ、神の似姿として造られた人間には、永遠の時間の中に、他の多くのイノチと響き合って、生き続けられると感じている「今」が至上の喜びです。その至上の喜びには、自分の喜びを引き継いでくれる存在が、この三次元にいてくれることを実感することで、さらにたかまります。

 肉体は、必ず、死を迎えます。 しかし、現実にある問題に真摯に向かっている時には、その心は、永遠のイノチと一体です。

 ないものをあるとし、あるものをないとする、虚妄だらけの「マインド・コスモス」では、 永遠のイノチとは、一体になれません。

 また、当然のことに、自分の本性を隠したがる心では、永遠の「今」とはならないでしょう。

  「未来創庵」に、ウソをつかない人 を求める理由もここにあります。 

国家(政府)は私的暴力機関。だから「政策には、対策」。生存を国家に預けるのは愚かの極み。

 こんにちは。

中国と日本。  皇帝と天皇 の違い。 ここから、今の日本社会と日本人を、考えます。

 中華皇帝は「易姓革命」。 それに対し、天皇は「万世一系」 と言われるが、 こんなのは、明治にできた話。

皇室典範も、男系男子も、 明治の伊藤博文が勝手に決めた。 これが、田布施マフィア。

 そして、バチカンのイエズス会の手法で、国民を徹底洗脳。 近代国家になったとして、天皇からの「恩寵」をありがたがり、日本列島にある経営資源が、全部、明治政府に集中していく。 そして、「天皇の赤子(これが神武天皇のY染色体だってさ。ここが最大のうそ)」といきなりいわれて、新政府の支配下国民は、統治機能の、よきパーツになろうとする。これを、心底、徹頭徹尾、そうあろうとするようになる。

 近代の思想、科学も、「お上」=東京大学の権威が、選び出したものを、盲目的に、学ぶだけ。以後のエリートと言ったって、人間コピー機や人間演算器になっただけ。

明治以降の普通の日本人は、その関心や興味が森羅万象に向かわない。まず、国家の枠組みだけを見る。

特に、自分が、何をどう考えているか、その考えている自分を、きちんと知るという、哲学がすっぽり抜け落ちたままになった。 権力と権威が一致し、しかも、この権威が、太古の昔から、ずっと、この日本列島に存在したと、勝手に思い込み、それを、国民に強制した。

「天皇」の存在は、持統が皇祖神アマテラスをつくりだして、696年に退位した後からは、ごく一部を除いてずっと、名誉職、「お飾り」だった。 天皇は、天武の時にその呼称が生まれたが、大王として、皇帝並みの権限を振るったのは、崇神、垂仁、応神、仁徳、雄略、継体、欽明、天武ぐらいか。

一方、とっくに経済破綻したはずの中国の人民元が、ここで、なぜ、SDRをもつ、国際通貨になるのか? 

逆に、日本国では、どんどん貧困層が増えていても、まだ一般ピープルは国家(仕組み、制度)を信頼している。

 この違いの秘密は?

それは、一言で言って、近代国家になってから後の、地下経済の厚さの違い にある。

中国大陸は、始皇帝による統一以後、国家(統治体)が壊れても、通貨は、それ自体、存続し、時に、新しい国家、新政権、新政府で、自分の命を、守る、大切な道具だった。 

 政府を、絶対に信用しない。 国家権力の本質が暴力であり、それが、出来上がると、国家それ自体が存続するために、 さらなる、詐欺と暴力を、使い続けることを知っているから。 一時代に、3つの国家があったり、 ひどい時には、華北全域が戦乱状態の五胡十六国の時代もあった。こうした政治権力事情だから、一つの国家(統治体)に、とてもじゃないが、全面的に、自分の生存を預けるわけには行かなかった。 

 仲間や同志を生存次元で支え合うために、血縁、地縁で、結社を築いた。それが、(ぱん)となった。

幇 は様々な次元で広がり、掟を作り、地上に、どんな国家ができようとも、お互いが生存できるように支えあった。 政権とは、いつの時代も、対等の関係で取引した。 

 皇帝になるのは、天に選ばれた一族だが、その一族がつくりだした国家は、 私的暴力機構だ、と、知悉している。だから、常に、幇 を生存の基礎に置いた。 政府は、一時的。しかし、幇は、政府を超えて存在する。地理的にも、時間的にも。

毛沢東が政権を取る時、それを支持したのが、青幇(チンパン)ではなく、紅幇(ホンパン)だった。そこに清朝打倒を目指す明の貴族層の洪門(こうもん)と、客家(ハッカ)が加わった。

 共産党政権ができても、それを、絶対に信用しない。国家も、政権も、一時的なものだから。 だから、自分で、様々な、独自のネットワークをつくる。そして、そのネットワークの中に、仲間で使える金融資産まで、潜りこませていく。

それを、国家の指導者も、省レベルの役人も、実業家も、学校の先生も、道路工事の作業員も、売春婦も、みんなが、独自に、自分なりの、生存のための、パンを作っていく。こレは、互助組織であり、生存保障のつながりだった。

 これが、1984年の改革開放のあと、海外の中華の人間とで、縦横無尽に、個々の人間の力量に応じて、広がっていく。 1994年に、外貨兌換券がなくなり、2001年以後、米ドルの資本が大量に、大陸に入り、しかも、人民元でも、債権が発行される。地方政府にも認められると、 人民元マネーは、共産党政府に管理されないところで、どんどん、貸し借り、融資や信用保証が、広がっていく。

 これが、中国経済の地下経済になった。 

さらに、胡錦濤時代に、外貨準備が、世界一になり、さらに、「走出去」と、海外への資本進出を政府が、国家方針として打ち出すと、 自分のパンを伸ばして、海外にすむ新たな仲間と、すぐに新たなパンを作っていく。

 政府が損しても、パンの構成員は、その政策の裏で儲ける。 これは、中国の外でも、大陸内でも、同じで、ここに、政府が赤字でも、中国社会全体では、マネーで十分に潤う、地下経済構造が完成する。

政府の人間は、表では、それを、いけない、まずいというが、 個人になると、みな、パンの構成員に成る。

 「上に政策あれば、下に対策有り」 は、 権力者自身も、行っているのだ。

そして、この「対策」が、 巨大である。どこかに、統一管理する司令塔があるわけではない。民族を構成する、個々人が、自分自身の生存するために、 巨大なサブシステムを、いつも確保しているのだ。

 そして、その地下経済の規模が、 国家経済の、数倍から、十倍以上にもなる。

これが、さらに、IMFがみとめる、SDRの対象通貨になることで、海外でも、より大きなパンが、できて、人民元と米ドルとで、相互に、信用状態が生まれ、それを、さらに、国家を超えた、パンが利用する。

もうそこには、表の「外国為替管理法」という国際的な政策を、らくらく飛び越えた、「マネー」での、融通が、これまで以上に、簡単にできるようになる。 これで、FRBが発行した米ドル建ての資産まで、十分に延命する。

 習近平政権の国家税収がどうなろうと株式が暴落しようが、巨大化した中国地下経済が、米ドル資産の流通と結びつけば、 中国社会それ自体も、十分に安泰である。 もちろん、ここでも、騙しあいの駆け引きはあるが、それは、中国人社会では、ふつうのコト。本当の、「朋友」のみを助け合うのが、「パン」だ。

それに対し、我が日本は、明治以来、お上に気に入られようと、言われるままにまじめに努力し、「滅私奉公」の果てに敗戦に導かれたが、 戦後は天皇の「権威」が残されたために、国家権力に対する、盲目的服従が治らず、自分自身の生存の基盤を、江戸時代に築かれていた地域の「結」をことごとく壊して、政府の行政のマネーと表の企業社会の収入だけに頼るようになった。

 今、その、日本の国家が増税と、「ホ」毒の嘘情報を広めて、完全に暴力装置というその本質が、むき出しになって、積極的に殺人しているのに、それでも、自分の生存を、この政府と、表の正しい稼ぎだけに預けている。

 完全に、余裕が無い。生存を、国家に預けたことの報いである。

 人間の生存は、天地自然の純粋な恵み と、相互扶助の人間関係のみが保証してくれる。 そして、マネーは、生活を豊かにする道具であるが、同時に国家の暴力から逃れる手段だったが、 これが枯渇している。

 「苛政は、 虎より も 猛し」  これが、中国人が、政治と向かい合う時の姿勢だった。

しかし、今の日本は、その政府の政策が苛政であるのに、それを、未だに美しいもの、立派なもの、自分を大切にしてくれるものと、信じている。

 悲しいが、自分が、何を考えているか? どうして、自分は、こう考えているか? 他の考え方もあるのではないか? 自分が、信じている世界は、マヤカシではないか? 常に、こう考えていないと、実は、 生存はできないものなのだが、 すすんで、 「檻の中」にいたまま、死んでいく日本人。

 私はどんなことがあっても生き抜いて、それでも、この日本列島で生まれ、演じられてきた様々な日本文化の核心を伝えられる存在でいたいと思います。

それには、若者たちを、どうしても救わねばなりません。 微力ゆえに、わずかであっても、できる範囲で。

健康な肉体で、生き残ってくれれば、 まだまだ、希望はある。 みんな。死ぬな。 生き残れ。

 

 「豚になってでも、生きよ。」  ・・・これは文化大革命の時代を描いた、名画 『芙蓉鎮』の中の言葉です。

 マネーなんか殆ど無くたって、愛される人間になって人間関係を築いて、とにかく、「ホ」のないところに、這ってでも移住して、とにかく、生き残る。 ここから、未来ははじまります。  

NEWSWEEKが紹介《世界一チャレンジしない日本の20代》。「社畜」養成教育の成れの果て。

  喜んで、社畜に成る、ロボット人間の国、日本。 まもなく、病気死亡で、一気に終了しちゃうかも。

 https://twitter.com/nynuts/status/672918833947127809

 4年9ヶ月、この若者たちは、電通博報堂の「お上」洗脳情報で、動かされていたから、これから、とんでもないことに。  6~9月、放射性水蒸気の中、安保法案反対のデモで、都会で、たっぷり吸い込んでしまったし。

 どうすればいいのか。 真剣に、生き残るために、皆神塾や 未来創庵が、ある。

 埋め込み画像への固定リンク

舞鶴稲岡博さんから電話。今年の大阪の元気は、ビリケンが立った「立ちビリケン」が元だった。

  大阪が、今年の春から、なんで、あんなに、元気がいいのか?

もちろん、中国人のインバウンドも、東の「ホ」を避ける人間も来ていたが、

大阪の守護神ビリケンが、4月に立ち上がって、処々に出没しだしたことが大きかったようです。

時期的には、メリケルさんが来日し、フクシマに放射能性水蒸気が大発生すると安倍内閣に警告したのに、それを、日本の原発マフィアが無視。そのとき、そんな殺人政権に負けないようにと、大阪のビリケンが立ち上がった。 

人類の危機に、宇宙の親神から司令を受けたのが、舞鶴の芸術家、稲岡博さん。私が、2004年に、京都市長選挙に出たときに応援をいただいた方でした。恥ずかしながら、たった今、このことを知りました。稲岡さん、ゴメンナサイ。

 大阪のビリケンさん。これまで、私にはよく分からず、謎の存在でした。しかし、今年の動きを見て確信しました。ビリケンは、ウルトラの家族。 それも、6000年前に地球に来た、人類の成長を促進する心優しき応援団。

 実は私は、6000年前にユーラシア全体に広がっていたクロマニオン(新人)に、シリウス情報が、ニビル星の来訪によって、大量に降り注がれる時、 どうも、ウルトラ・ファミリーと思える存在(これは肉体を持っていたのか、ホログラムなのか、は不明)が、地球に来ていた。 そして、それを見た、当時の人間が、その姿を、玉の人形にして、作りあげた、と認識しています。 この時代の玉(Jade)を、私は1992~94年に中国で会社をもっていた時に、食費を節約して骨董屋を回って集めました。その中にウルトラの母のようなものがあり、ビリケンはそれに似ているな、といつも思っていました。

 6000年前の日本列島では、糸魚川に、ヌナカワヒメが現れますが、中国では、「龍」の起源と成る原始文明=紅山文化が北京と東北(満州)の中間にある、赤峰や朝陽の付近で始まります。これは、大森林の中で、玉で、多くの動物や人物を形作る文化でした。まだ文字はなく、縄文と同じ、音・響きによる情報体系の文明でした。

 この紅山文化の土偶のビーナス像の目に、ヒスイが使われていて、考古学界は大興奮したのですが、そのヒスイの産地が、ミャンマーか、糸魚川か、中国政府は、検証をさせてくれません。

 しかし、6300年前に、鹿児島の南の喜界島で、大爆発があり、このとき、九州にいた縄文人が、東の四国や、半島に逃げたと考えられ、そのなかに、赤峰や朝陽にまで、行ったものがいても、おかしくありません。

 そのあとの、6000年前に、シリウスBの情報をもったニビル星が地球に、大接近しているのです。

ビリケンは、人類に、文明を与えたウルトラ一族のやんちゃ小僧。それが、今年、舞鶴の稲岡氏の芸術魂の中に入り込んで、立ち上がったのですね。

 楽しくなりました。 以下、御覧ください。

 

【お知らせ】『皆神塾(大阪)』(12月6日開催)のDVDを好評発売中です!!

 「皆神塾(大阪)」(12月6日開催)のDVDを好評発売中です!!

全編で2時間42分の長編DVDです。

今年最後の皆神塾でしたが、この一年を振り返り、さらに安倍内閣になってから、強烈に変わっていった国家について説明をされました。 「どでかいハシゴが外される?!」。 これは何のことなのでしょうか?皆さんはお分かりになりますか?

今年最後の皆神塾でしたが、この1年間のまとめにふさわしい内容となりました。内容が充実し、よくまとまった「超おすすめDVD」です!!

ぜひ、このDVDをお求めになって、お早めに内容をご覧ください!!

販売価格は、12月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025 FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

テーマ: 戦争屋主導の戦後経済が終わった。「日本処理」が始まる。 

内容の詳細については、次のリンクから「瓊音ショップ」の「皆神塾(大阪)」(12月6日開催)をご覧ください。 → 瓊音倶楽部・皆神塾(大阪)

 

151206_皆神塾・大阪.jpg

【お知らせ】新井信介先生のDVD:《ホリデー・シーズン・キャンペーンのお知らせ》

 新井信介先生のDVD:ホリデー・シーズン・キャンペーンのお知らせ》

~皆神塾など『瓊音ショップ』のすべてのDVDを特別価格で販売します!! 

20151223日~201617日のホリデー・シーズンに限って、『皆神塾』など『瓊音ショップ』のすべてのDVDを特別価格で販売します!! 

上記の期間中のお申し込みに限って、現在、『瓊音ショップ』で発売している皆神塾などのDVDすべてを、通常6000/枚のところを、4000円にてご提供します。(注)瓊音倶楽部会員の方は、さらにその半額になります。 

なお、DVDの価格が3000円あるいは4000円のタイトルについては、DVDの割引はありませんが、「送料を弊社負担」とさせて頂きます。

今までに発売されたDVDで、買い忘れているようなDVDがございましたら、是非、この機会にお買い求め頂けたらと思います。 

今までに発売されたDVDの詳細は、株式会社 K2OHPにある『瓊音ショップ』でご覧になれます。

次のリンクから是非ご確認ください。 →→→ 瓊音ショップ

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL  03-3548-1025   FAX03-3548-1026  携帯:  090-5804-5078    E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

なお、今年、2015年は、いままでの「皆神塾」に加えて、テーマなどを絞って詳細に解説をお願いした特徴のあるDVDも数タイトル発売させていただきました。

例えば、2015年9月の「聖徳太子の正体!!」や、2015年6月の「皆神塾:基礎講座」<コスモロジー編>などがあります。

また、「皆神塾」のDVDも内容の充実したものが多数ありました。最近開催された2015年11月の東京・皆神塾や、2015年12月開催の大阪・皆神塾あるいは2015年5月の東京・皆神塾などなどが大変お勧めです。

ぜひ、瓊音ショップで内容をご確認ください!! → 瓊音ショップ

(注)ご注文いただいたDVDのお届けについては、年末・年始の関係もあり、若干お時間を頂戴する場合もございます。

奇跡の地だ。高千穂町の秋元。放射能で傷んだ身体が蘇生する実感・手応えが湧いてきた。

  11年ぶりの秋元。

今回は、公民館で、この地の持つ歴史的意味を、宇宙論、東アジア史、日本の王権発生史の観点で、私の理解をお話した後、参拝いたしました。

その間、地元食材の手料理を、みんなで、頂いたのですが、どれも純度の高い生命振動数に溢れていました。

今回の冬至のイベントに参加した関東の人間がいうには、皆、熊本空港に降り立った時から、呼吸が楽になり、さらに、高千穂町に入り、どんどん、秋元地区に進むに従って、身体が、いきいきと蘇生していくのを、実感しています。

 何もしなくていいのです。

この秋元の場所にいるだけで、そこには、ほんとうに、宇宙からの、生命波が、どんどん、入り込み、それを、受け止められるのです。

 まさに、奇跡の地。

その先にあるのが、標高645mの秋元神社。 ここの水がまた、美味しい。

それに、冬至。そして、太陽。

冬至の儀式が、1700年も、封じ込められていたのがわかります。

ウシトラの鬼門とは、権力者にとっての「鬼」の門なのです。これは、人間の身体を蘇生させ、精神を覚醒させ、権力に関係なく、自律していきる決意を促すものなのです。 これは、 民衆の目が開くことを意味します。

漢字の「民」の語源は、「片目を、刀で潰された人間」の意味ですが、この地にいると、そして、特に、冬至の太陽をうけると、 真実を見る目は潰されないし、仮に潰されても、また、復活する。

 私は日本列島内に、お気に入りの地を、いくつか確認していますが、

この高千穂の秋元の地は、 沼島、 能登町 とならんで、ベストです。

特に、放射能でいたんだ身体を修復するという意味では、今、私が知るかぎり、最高の地です。

三方を山に囲まれ、ウシトラに開けて、しかも、湧き水が有ります。 今回は冬至でしたが、一年を通して、ここに来ていたいと感じていました。宇宙と地球、イノチのながれを意識して、 身体に入り込む、根源からの波を、感じていれば、それだけで、十分。

 きっと、九州には、こうした地が、他にもあるのでしょう。 黄牛の滝も、きっと、そうでしょう。 

2015年の冬至は、人類文明史のターニングポイントになる。皆さん、祈りと決意を。

  こんばんは。

日本列島で、現代に繋がる大王が誕生したのは卑弥呼時代の3世紀です。この事実が、記紀の「国産み」「国譲り」の物語に上手に反映されています。

そして、その時に倭国王権をつくる影の主役だったのが、以後、「イカヅチ」の呼称で史書に登場してきた、金井一族です。それ以前まで、「ニギハヤヒ」王権がありましたが、ここから統治権を、移譲させたのです。

明治維新で、近代国家をつくったのは、このイカヅチ金井と、不比等直系の近衛、そして、イギリスと戦った島津ですが、あまりに、マネーと科学技術に取り憑かれすぎました。そして、なにより、近代国家日本の天皇を、あたかも地上の人間世界に降りたイエス・キリストのように、その権能を、政治的に仕立てあげたために、日本国民から、自分の直感と、自分の純粋な思考を信じるという大切な理性を壊し、完全に埋没させてしまった。

 近代国家としての日本は、バチカンのイエズス会がつくりだした洗脳手法で、列島の民に、天に独自で繋がるよりも、恩寵(マネー、補助金)をくれる「お上」に対し、無批判で盲目的に従うことを正しいとする思想的刷り込みを繰り返して続け、自分の思考形態が、何によって、どう形成されてきたのか、を客観的に考察させる暇を与えず、自らを、国家機能の部品として、極めて正確に動いて、属する集団の目的を達成することにのみ幸福感を感じる人間を、見事に作りあげたのです。

 その最後の姿が、自分たちがつくったシステムが、自分の子孫の未来を奪っていくと、直感でわかっていながら、それを、自分の意志で変えられない、 お勉強ができて、行儀の良い、愚か者の姿です。

それは、人類6000年の文明史の悪魔に、最後まで対抗してきた縄文の霊性が、完全に侵された、悲惨な姿です。

しかし、それが、いよいよ、最後の一厘のときに到って、大反転する。 

それが、この2015年の冬至。

私は、そう確信しています。 22日の黎明は、とても大切な周波数になります。

そして、その日の午後に、ウシトラの方角からの宇宙の生命波と、西に傾いた太陽の光が融合するドラマの中に、身を置きたいと思います。それが、秋元神社。

国家も、マネーも、宗教(「神の概念」)も、単に、人類が集団で今生を生きる、一時的な道具に過ぎません。

道具の、大組み換えのために、清明な周波数を、ぜひ感じ取って、これからの不動軸にいたしましょう。

 日本の本質は、本来、地球すべてを飲み込むほどのものです。真に、イノチから喜ばれるものを生み出していれば、何があっても、どこに行っても、何も、恐れるものはない。

 自分が、喜びを生み出せる自分になる。 この意志を、みんなで持つときに、日本は、動きます。    

20日朝、信州中野はマイナス2度。昨日、《高社山を世界に発信する会》が発足。

 おようさん。 ようやく、冬らしくなってきた。

昨日、私の郷里の信州中野で、「高社山を世界に発信する会」の設立総会が有りました。

 参加者の渡辺さんが、さっそく、以下をあげていました。

 高社山には、 「タカヤシロ」 、「高井富士」 の名も有ります。

日本海性気候と 内陸性気候の端境の山で、 西麓に、千曲川が流れ、柳沢遺跡があります。

この地方のことは、通説では、史書には、飛鳥時代になるまで、出てこないとされるのですが、

 天武が、壬申の乱の前に、多くの騎馬を牧畜したところです。

 「高社山」の、「高社(コウシャ)」の語源は、古代朝鮮語「コシ」から来ています。 これは、高社山の手前の「越(コシ)山」に、その名を残しています。この「コシ」は、日本では、最初に漢字では、「高志」と書かれ、後に、「越」と表記されました。

 「コシ」(越・高志)は、奈良にできたヤマト朝廷に対し、時に対立する特別地域でした。4世紀のヤマトタケルのときは、北信濃にはいって、ヤマトタケルは、白鹿に殺されそうになります。

 そしてヤマトタケルは信濃を抜けた後、美濃に出て、北近江の伊吹山で、山神のイノシシの毒気に中ります。伊吹山は、「コシ」の勢力下にありました。

 「コシ」は、このあとに、ホムダワケ(応神)の誕生から即位の場で登場します。武内宿禰が宇治川で忍熊王を討ち、琵琶湖で自害させた後、向かった地が、若狭湾の「敦賀」の地ですが、この部分を、古事記では「於高志前之角鹿」と、敦賀の地が、ヤマト朝廷側から見て、「高志」の最前線であったことを明確に記しています。

 「高志」とは、何か?

 これを、暗示するのは、古事記の神代編のスサノオのヤマタノオロチ退治の場面です。

 記紀神話の中で、スサノオが、ヤマタノオロチを退治するのですが、このヤマタノオロチは、日本書紀では「八岐大蛇」ですが、古事記では、 「高志之八俣遠呂知」 と、わざわざ「高志之(コシノ)」 と、書いているのです。

 この「高志」が、何なのか? どこなのか? 日本海側であるのは、間違いないのですが、これが、 「コシ」として、古代朝鮮語(場合によっては、もっと西のペルシャやトルコ)からきている音の地名があったところに、 漢字の意味で「高い志」の表記を、3世紀以後の歴史を踏まえ、7世紀には、奈良の朝廷に容易に屈服しなかった特殊地域だと、認識されていたのです。

 「八俣(やまた)」とは、何か?

それを、スサノオが、退治したとは?

 以前、本欄で紹介しましたが、 北信濃にある、最古の前方後円墳である高遠山古墳(300年前後)や、森将軍塚古墳(340年頃)は、 前方部と後方部の中軸が、わざとずらして、築造されているのです。第10代の崇神以後の、倭国の大和政権を、認めながらも、本格的には従っていなかったことを、意味します。

 そして、

日本書紀には、570年に、欽明(ヒロニワ)の時代に、 高麗からの使いが、「越(コシ)」に漂着し、それを、越に派遣されていた郡司は無視していたが、地元の人間が、大王のヒロニワに報告すると、欽明は、飾り船を派遣して、迎えるという、特別待遇をしました。このあと、欽明は、新羅に使いを出し、その使者の帰国をまたずに、崩御しました。 この欽明のときに、日本に仏教が伝わったことになっています。

 一見、日本国成立(これは、670年か、701年)に、全く関係なかったように見える北信濃ですが、実は大変、重要な、役割を果たしました。

そのときのシンボルが、高社山なのです。

ぜひ、閲覧者のみなさんも、仲間になってください。この山のすぐ麓で、 唱歌「ふるさと」が生まれているのです。

 

日本での安保法案可決から3ヶ月。シリアの内戦終結目指す国連安保理。次は、何がテーマか?

  日本で、集団的自衛権をみとめる安保法案が通ったのが、9月18日。それから3ヶ月。シリアでのISIS活動に、世界が一致して、消滅させることになった。

 この間、戦争屋の思惑、本部、戦略拠点が、どんどん破壊されてきた。冬至を前に、世界はここまで動いた。

2012年の年末から、戦争屋の意向で、日本を強引に変えてきた安倍政権と、その腰巾着のお仲間たち。

ようやく、独りよがりの視野狭窄の幼児性から抜け出て、真人間に変わる、最高のクリスマスだね。

 おもいっきり、震え上がってください。  

国際的軍事情勢(宇宙も通常兵器)も、 ネット上の情報管理も、謀略・画策の発信源の探査も、個々人の行動追跡も、 もう、みんな、平和勢力が協力して、管理を始めます。 

以下は、NHKニュースから。

  

 

国連安保理 シリアの内戦終結目指す決議採択
12月19日 7時48分

国連安保理 シリアの内戦終結目指す決議採択
 
国連の安全保障理事会は18日、シリアの内戦の終結を目指す決議を全会一致で採択しました。決議では、アサド政権と反政府勢力が、年明けの来月初旬をめどに対話を行い、半年以内をめどに新憲法の制定などの手続きを始めるとしていて、4年以上にわたる内戦の収束につながるのか注目されます。
国連の安全保障理事会は18日(日本時間の19日午前6時)に各国の外相が出席して始まりました。
先月オーストリアで各国が合意したシリアの和平案に基づいて、議長国のアメリカなどが決議案を示し、採決の結果、決議は全会一致で採択されました。
決議では、来月初旬をめどに国連の仲介でアサド政権と反政府勢力の対話を実現し、半年以内をめどに暫定的な行政機構を発足させて新憲法制定の手続きを始め、さらに1年半以内をめどに国連の監視の下で選挙を行うとしています。
また、停戦を実現して監視するシステムを作り、内戦で故郷を追われた難民の帰還を支援することなどを定めています。
安保理ではこれまで、アサド大統領の処遇を巡って欧米とロシアが対立してきましたが、シリアから大勢の難民がヨーロッパに押し寄せていることや、過激派組織IS=イスラミックステートによるテロの脅威が高まっていることを受けて、各国が歩み寄り、内戦の終結を目指す初めての安保理決議が採択されました。
決議の採択について、議長を務めるアメリカのケリー国務長官は「シリアで市民の殺害を食い止めなければならないという明確なメッセージだ。われわれは交渉を前進させ、停戦に向けてやるべきことが残されている」と述べ、和平の実現に向けて国際社会が協力していく必要性を強調しました。

 

 シリア国連大使「主権尊重を」

今回の安保理決議について、シリアのジャファリ国連大使は「シリアの安定に資するあらゆる協力を歓迎する」と述べ、シリア政府として決議が定めた和平に向けた行程を尊重する姿勢を示しました。
その一方で、「シリアの状況を改善するのはシリア人の手によって行われなければならず、シリアの主権が完全に尊重されるべきだ」と述べ、アサド大統領の退陣を迫る欧米各国を強くけん制しました。
また、シリア国内にある過激派組織IS=イスラミックステートの拠点に対してアメリカ軍などが空爆を続けていることについて、ジャファリ大使は「シリアの了解を得ておらず、主権を侵害するものだ」として、ISに対する軍事作戦はあくまでもシリア政府が主導するべきだと強調しました。

 ロシア外相 欧米をけん制

国連の安全保障理事会でシリアの内戦の終結を目指す決議が全会一致で採択されたことについて、ロシアのラブロフ外相は「これまでの国際社会の取り組みに法的な力を与えるものだ」と評価しました。
その一方で、ラブロフ外相は「シリア人主導の話し合いのみが、人々の甚大な苦しみを終わらせることができる」と述べ、和平の前提としてアサド大統領の退陣を求める欧米諸国をけん制しました。

 仏外相「和平に向けたロードマップ」

安保理に出席したフランスのファビウス外相は、今回の決議について「和平に向けたロードマップだ」と評価し、各国がその実現に向けて影響力を行使する必要性を訴えました。
その一方で、「アサド大統領が権力の座にある以上、シリアの国民と政府との真の和解はありえず、内戦が収まらなければ過激派組織が力を増す状況が続いてしまう」と述べ、アサド大統領の退陣を求めていく立場に変わりはないと強調しました。

来年、早い段階で、間違いなく、「オリンピック返上要求」が国際政治の議題になる。「人類のもっとも素晴らしいメンバー、オリンピック選手を、どうして汚染された空気・食べ物・水に曝さなければならないのか」byヘレン・コルディコット博士(ノーベル賞受賞者)

  日本社会に、こびり付いている原発シンジケートを、誰が、どこから、壊しに来るか?

パリでのCOP21のポスターにつづいて、 どうやって、安倍とその腰巾着の愚かさを、世界人類に、晒すか?

オリンピックは、体力のトップエリートが集まるなら、 知のトップエリートが集まるのが、ノーベル委員会。

そして、日頃の生活に困らず、人類の行く先を、見つめられるのが、王族会議の面々。

戦争屋が画策できなくなれば、 当たり前の判断が優先する。

来年は、急病人の爆発的増加とともに、「オリンピック返上要求」が、世界の知性から出されることになる。早ければ、1月中でしょう。

 フクシマ放置のままで、5月末の伊勢サミットは、あり得ないでしょう。そのときに、正式に、「東京オリンピック返上」が、決まることはあっても。

 いまから、その事態に備えた方がいい。 デブリと放射性水蒸気。 これで、日本の低地の平野部(特に関東平野)は、ほとんど居住不適切地域として、世界にアナウンスされるのではないか。 

 その時、地価は下がるが、現実には、売却をさせないのではないか。株式も同じ。さらに、住民の移動も制限されるのではないか、と考えられます。(株の売却停止は、中国が、すでに実施している)

 もう、これまでの5年間の延長線上には、未来はない。 この5年間が、戦争屋が強制した原発マフィアのゾンビ・マジックで、 続いているように見せていただけです。 無理して、既存の体制を続けた分、人間個人から、身体的にも、知的にも、エネルギーが急低下している。

 掲題の一文は、「机の上の空 大沼安史」さんのブログから。

http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/12/post-a8bf.html#more

2015-12-14

 

〔フクイチ核惨事 ≪アベノアンダコントロール≫を、遂に海外紙が社説で批判〕   「2020年東京オリンピックはキャンセルするしかない! フクシマ(フクイチ)は あのゴジラのようにアウト・オブ・コントロール!」―― スリランカの有力英字紙、「ジ・アイランド」が、国際社会に問題提起! ★ インドに原発を輸出しようとする安倍首相に対して、南の島国の新聞がレッドカードをつきつけた!

1369048851sip121312pdmp2

★ 風刺漫画も、「アイランド」紙社説より。

Ddddddd

                  ◆英国の哲学者(数学者)で(反核)社会運動家のバートランド・ラッセルが、自分の欲望で安全神話をこねあがる安倍晋三のような輩を知らずに死んだことは、彼にとって救いだった!(意訳)

◆ 時間の経過とともにフクシマの悲劇は渦を巻き、心を凍らせるものになっている。 ◆ 米国のポール・ガンサー氏(「ビヨンド・ニュークリア」・原子炉監視プロジェクト長)は言った。「フクシマでわたしたち(人類)は、かりに閉じることができるとしても、そうかんたんに閉じることのできない地獄の扉を開けてしまった」

 ◆ フクシマ(フクイチ)はいまや、あのゴジラのように、アウト・オブ・コントロール・モmスターだ。

 ◆ (ノーベル賞を受賞した)ヘレン・コルディコット博士は、安倍晋三氏の無責任な声明を、とりわけ厳しく非難している。
 人類のなかのもっとも素晴らしいメンバーである世界各国のオリンピック選手を、どうして汚染された空気・食べ物・水に曝さなければならないのか――と。

 ◆ コルディコット博士は放射能汚染水の大量放出が事実上、止まらないなか、世界各国政府がなさねばならないのは、東京オリンピックをキャンセルして、その代わりに最悪シナリオを想定し、破局予防に取り組むベだと提言している。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ジ・アイランド No option but to cancel 2020 Tokyo Olympics!  LIKE GODZILLA, FUKUSHIMA TOTALLY OUT OF CONTROL . . 
 (12日付け)⇒ http://www.island.lk/index.php?page_cat=article-details&page=article-details&code_title=136904

 ・ "Whether science – and indeed civilization in general – can long survive depends upon psychology, that is to say, it depends upon what human being desire."
     – Bertrand Russell, March 19. 1950.

 The great British philosopher, mathematician and social activist Bertrand Russell died without knowing anything about the likes – and desires – of myth-maker and current Japanese Prime Minister Shinzo Abe

 ・ As it unfolds, the Fukushima tragedy grows more convoluted and way more chilling.

 ・ Paul Gunter, Director of the Reactor Oversight Project at the US-based group Beyond Nuclear did not mince his words: "At Fukushima, we have opened a door to hell that cannot be easily closed – if ever."

 ・ Fukushima now is an out-of-control monster, like Japan’s iconic pop culture image of unrelenting horror, Godzilla, conceived in 1954 as a metaphor for nuclear weapons, awakened from the sea and empowered by nuclear radiation.

 ・ Dr. Helen Caldicott, founding President of Physicians for Social Responsibility, was particularly harsh about Mr. Shinzo Abe’s irresponsible statements on the radiation fallout from Fukushima. As for the cream of the world’s top athletes, she claimed they should under no circumstances be exposed to radioactive air, food or water.

 ・ Since the leak of vast amounts of radiation at Fukushima seems virtually unstoppable since March 2011, Dr. Caldicott suggested that governments the world over should take all necessary steps to prevent ‘worst-case’ consequences, the main step being to cancel the 2020 Olympic Games in Tokyo.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(転載終わり)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に、一言。

 フクシマの放射能とその被曝の実態を、直視しない、あるいは、考慮しない、全ての政治的発言は、それが、どんな立場の人間が発したにせよ、原発シンジケートの内側の人間の発言。 そうした人間が、どんなに集まっても、日本社会の根本的な構造変化は起きないし、日本民族の名誉回復や、人類未来の再創造に、歩み出す力にはなりえない。 あくまでも、これまでの枠組みの中での、利権の奪い合い。腐った「富」の再分配の次元でしか無い。それに合わせていたら、自分自身のこれまでの被曝を忘れ、すぐに、イノチを失ってしまう。

 責任感のある王族や知的トップエリートは、現実の各国の権力の実態を熟慮したうえで、透徹した目で、フクシマと国家権力の関係を、間違いなく見ている。

 今は、臨戦状態。まず、生き延びよう。 放射能は、濃くなるばかりだ。

 

3つのコスモスと、3つのナゾナゾ。2つのソウゾウ。2つのジリツ。「未来創庵」の始まりだ。

  こんにちは。  年末年始、信州中野に来る人のために。

まず、

 3つのコスモス。  ・・・  これは、 次の3つ。

 マクロコスモス(macro cosmos)、 マイクロコスモス(micro cosmos)、 マインドコスモス(mind cosmos)。 

 ・マクロコスモス とは、 大宇宙大自然 であり、自分を取り囲むもの。 ここには、宇宙の摂理がある。

  その主宰者は、天空にある不動の星、北極星にいる、と、概念的に理解されてきた。 「太一」ともいう。 

 ・マイクロコスモスは、個々の生命体としてまとまった一つの世界を指します。簡単に言うと、身体(独立機能体)です。

  自分で意識する自律神経系も有りますが、身体は基本的に、マクロコスモスの大法則に支配されながら、個々の生命活動を行います。身体の中では、一つの宇宙となっています。

 ・マインドコスモスは、人間がもつ、精神宇宙です。 これは観念の世界であり、とくに、人間が言語をもつと、より明確な概念宇宙を構成します。 簡単に言って、 ココロ の世界です。

上記3つのコスモスにあって、絶対の真理で貫かれているのが、マクロコスモス。 

二番目のマイクロコスモス(身体)は、太陽と地球の関係性によって創りだされる、時間と空間の制約の中にあります。個々の生命体に寿命があります。 しかし、生命の流れといった場合には、地球上で誕生した生命は、すでに、38億年の、生命振動を今に伝えています。

 私達の存在は、人間社会にあっては、母体から誕生して数十年をへて死を迎えますが、イノチの全体の流れは、これまで何億年も続いてきたのです。  

3番目のマインドコスモス は、ココロという内面宇宙のことです。本能と感情という面は、全ての生命体が持っているのですが、人間は、それに加え、想像と創造ができるという点で、他の生き物とは、全く異なる存在です。 しかも、心や意識という内面宇宙を、まず、音声で表現するだけでなく言語化し、それをさらに文字化して記録性を高めると、文字によってできた言語宇宙が、それを発した本人からは離れtて、独自に、人間社会に歩き出します。

 ココロは 常に変わりやすいのですが、 「思いやり」や「透察」、「共感」という言葉があるように、自分以外の生命体のココロの世界を感じ取ったり、響きあったりできます。ココロの世界では、時間・空間を自由に超えて、遠距離の人間や、別次元存在や精神情報体とも感応しあい、過去や未来の存在とも、場合によっては交流が可能になります。ただし、ここには、まがい物も多く入ってきます。そして、私達の人間を使って、三次元で暴れたいとする、困った存在の餌食になってしまうこともあるでしょう。

 ココロの世界は、コロコロかわります。 どこにでも、広がれば、一瞬にして、消え去る世界でも有ります。

この3つのコスモスを、一つの響きで、貫かせて生きることが、理想だと、私は考えています。

 この3つのコスモスの中で、 どう、三次元の地上で生きる、自分の世界を創り出していくか、それを、意識して、毎日を暮らすことが、自律です。 これは、経済的に生活が成り立つ、自立とは、全く、異なるものです。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次に、 3つのナゾナゾ。    以前にも、書きました。

 まず、

① ウルトラマンが、 食べたくても、食べれないものは なあ~に?     

 次に、

② 使えば、使うほど、増えるもの は、 なあ~に ?

 そして、

③ 私の名前を呼んだら、私は消えてしまう。 私は一体、何でしょう?

 

 上から、大体の正解率は、 70% 40%   20%  です。

私は、このナゾナゾを、2003年から、楽しんでいます。 ちょっと、ヒント。

 ①は簡単です。 ウルトラマン の地上での活動時間 を、考えれば、すぐに、わかります。

 ② 3次元での物理的な物体だと、なんであれ、使えば消耗し、減っていきますから、ありえないことです。 しかし、ソフトだったら?  「使う」主体は、私達人間なのですが、そうしたものを総称すると・・・。

 ③ は、難しいですね。 以前にも書きましたが、このナゾナゾは、イタリア映画「ライフ・イズ・ビューティフル」の劇中で、ナゾナゾ好きのドイツ将校たちのやり取りで 話されたものです。

 これも、物理的なモノをさす「名」ではありません。 こちらは、「状態」や「状況」 と、ヒントを出しておきます。 

・・・・・  で、なんで、こんなことを、新井は喜んでするのか? 

 自分が肉体をもって、この3次元世界に、2015年の年末に、日本列島で、人間として存在しているということの意味を、大切にしたいからです。。 特に、日本語を話す日本人として。

 今の、日本列島にある、国家とは、どういうものなのか? ここで生きる人間の意識はどうなのか? 

どうすれば、この閉塞状況を変えられるのか?  これを考えるときに、 いつも、この3つのコスモスと、3つのナゾナゾ。さらに、2つのジリツ(自立、自律)、そして、 2つのソウゾウ(想像、創造)を、考えます。

 さらに、これまでの地球人類としての、直立歩行からの350万年。火を使い出して36万年。声で、共同作業を始めだした20万年。

 そして、最近では、単なる新人(クルマニオン)だけでは、文明を持てなかったとして、6万年前に、新人がアフリカを出てから後、外部からの特殊遺伝子が入れられたスーパーな存在がいて、それらが、文明を創りだしたと、考えるようになりました。

 で、現在につながる文明の起源は、やはり、約6000年前です。

6000年前からの地球全体での人類の発展を考えながら、日本列島のもつ特殊性を浮き上がらせる。当然、ユーラシアとの広く深く長い、多様な交流をへて、 ここに、日本人社会が生まれています。

 戦後の日本が、なぜ、お上のすすめる原子力に、盲目的に依存するようになったのか?

それを、311以後の現在も、役人と地方の議員、さらに、出入り業者が続けようとするのか? 私は、日本列島に生まれた権力構造、すなわち、日本国と日本人の出発の部分が、きちんとわからないと、原発シンジケートを葬り去ることができないと考えるからです。 こんなものに、とらわれない、依存しない世界をどう創るかです。

 日本の場合、本来、人間世界と自然界を結ぶ大祭主である天皇が、戦後、アメリカの臣下になった「日本国」の権力構造で、そのまま権威として存在し続け、行政府の存在や、政策の進め方の認証者になってしまった。

 そして、官僚や財界は、この天皇の存在を、自分たちの政策や利権のための「お飾り」にして、本来の、天皇の「御心」と離れて、マネー崇拝、マネー追求を推し進め、どんどんイノチを削りだしても、その体制が、変えられない。

 特に、日本の行政府が、まるごと、アメリカの戦争屋の手の中にあり、安倍内閣になって暴走がさらに激しくなった。

 これに対し、ようやく、世界の王族会議の方から、この異常性を糺す動きが始まったのが、どうも、2013年のオランダ新国王の即位の時からです。 このときに、我が国からは、皇太子ご夫妻が出席されました。

 オランダ王国と日本皇室の関係は、南北朝時代から始まるとの落合莞爾氏の研究結果を、オランダ側が特に重視し、以後、日本国家の権力あり方もきちんと研究されだしたようです。(これには、日本の権力構造を解明したウォルフレン氏の功績が大きく生かされています)。

昨年2014年10月にオランダ国王夫妻が我が国を訪問し、陛下に会われています。それから一年、今、王族たちが、この、戦後アメリカの戦争屋支配になった国をどう変えるのか、まず、周辺問題に手をかけ、その解決に目処がたったので、これから、日本の本丸に入るようです。

 問題は、今の日本の政治の舞台で、人類史的大問題である「フクシマ」の放射能を、真正面から指摘できる政治家がいないことです。 この重大問題を、どう処理するか? 真実を出した時、国内の人間をどう誘導するか、を、誰も考えていないまま、すでに、5年近くの時間が過ぎてしまったのです。

 私が、コスモスのことや、ナゾナゾを本欄で出すのは、一人でも多くの方と、私達が、自分自身の問題として、人類の、そして、民族の、大問題を、如何に処理するか、知恵を出しあいたいからです。

 ストレートに、真正面から取り上げる政治家を、探しだし、みんなで、育て上げるしかありません。

私は自分が見える世界については、惜しみなく開陳するつもりですが、自分には、まだまだ、見えない世界が多いのです。自分の背中や後ろ姿が見えないくらいなのですから。 

世界の構造を知りたいと、大学を出てからずっと念じてきて、ようやく、少し見えてきました。多くの出会いのお陰です。ですから、本ブログの閲覧者の中にも、私の知らない、多くの真実、多くの有益情報がかならずある、と信じるものです。

「お上のお達し」や「撹乱情報」ではなく、人類世界の真実を知り、いい現実を創りだすために、この年末年始から、「未来創庵」を始めます。

 《 問題は、それが問題だ、として認識することから、解決が始まります。》 

 認識されなければ、問題は、絶対に解決されないのです。

私は、日本が人類世界の中心になることを疑いませんが、そのまえに、慣れ親しんだ「統治体の枠」を、作り変える不退転の意志が、不可欠です。

 何を活かし、何を捨て、何を、新たに創るべきか?  どんどん話しましょう。 

【お知らせ】『皆神塾(大阪)』(12月6日開催)のDVDが出来上がりました!!

「皆神塾(大阪)」(12月6日開催)のDVDが出来上がりましたので、ご案内させていただきます。

全編で2時間42分の長編DVDです。

今年最後の皆神塾でしたが、この一年を振り返り、さらに安倍内閣になってから、強烈に変わっていった国家について説明をされました。 「どでかいハシゴが外される?!」。 これは何のことなのでしょうか?皆さんはお分かりになりますか?

今年最後の皆神塾でしたが、この1年間のまとめにふさわしい内容となりました。内容が充実し、よくまとまった「超おすすめDVD」です!!

ぜひ、このDVDをお求めになって、お早めに内容をご覧ください!!

販売価格は、12月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025 FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

テーマ: 戦争屋主導の戦後経済が終わった。「日本処理」が始まる。 

内容: 

2015年は9月の国連総会を境にして、一気に世界情勢が変わりました。ジャパンハンドラーは安倍に集団的自衛権を認める安保法案を可決させましたが、そのとき、大きく世界が動いていました。これまでFRBの米ドル基軸体制を維持するために、国際社会はISISを作り出した戦争屋をのさばらせてきましたが、シリアへのロシアのプーチンの本気の空爆に、中国・イランのみならず、ドイツ、フランス、イギリスが足並みをそろえました。さらにトルコからロシアの戦闘機スホーイ24が撃墜されたことでISISの所在がさらに明確になり、アメリカ国内でも、プーチンと意を通じるオバマが、マケインら戦争屋を抑えこみに入り、結果として今、日本のみが戦争屋にとってはラストリゾートとなっています。

安倍首相はフランスのCOP21でトルコのエルドアンとプーチンの仲介を言い出しましたが、これは自らの姿を知らないバカの極みの姿です。戦争屋と原発推進者が一体であることは、もはや国際政治では基本事項です。どう、代替エネルギーを出すか、これは、世界の権力構造を根本から変えるものですが、人類社会はここに向かっています。

自国民を騙し、放射能で殺し続ける日本の権力構造は、米ドル体制の崩壊を防ぐ意味で、存在しているだけでしたが、1130日にIMFで人民元のSDRが決まった段階で、中国経済の大きさを活かし、米ドル資産と金融システムが維持される方向ができました。これで、人類世界は、新たなステージに入ります。

戦争屋の根城となった日本をどうするのか? 今、プーチンを中心に米露中独仏英が、静かに協議を進めています。フクシマの現実、首都圏の汚染具合が根拠を持って公開される時、日本国内では、どんな事態になるのでしょう。来年3月までに、何がおきるか、研究します。

レジメ:

1) 「鎌が振るわれた」のは9月末。 プーチンの本気。 アメリカも受け入れ。

9月国連総会で世界情勢が根本変化。 ジャパンハンドラー(集団的自衛権、日中戦争誘導)の

裏をかく王族会議と「梅」。 法案成立前に、ネタニヤフがプーチンに降参。 これで、日本で、

人事に変化。

 1113日フランステロは、「911」とは逆向きの「やらせ」、対ISISで一体化。 

2) 人類の懸念と希望。 島国の妄想と執着。 予告されている結末。

   戦う2つの力。 普遍か? 国家か?

   王族会議、梅(客家)、ジオニスト、金融ワンワールド、世界銀行、ノーベル委員会。 

3) トルコの「虎の穴」 2015年とは? 年頭所感と御製。 

ISISに入れあげる「日本」: 世界俯瞰する外交、積極的平和主義。 特定秘密保護法。

   プーチン主導ISIS退治。 中国,、イラン、ドイツ、フランス、イギリスが揃う。

墓穴を掘るトルコ。 ロシアの戦闘機スホーイ24。 ISISの所在と真相が判明。

プーチンと通じるオバマが、マケインら戦争屋を抑えこみ、日本がラストリゾートに。

安倍、パリCOP21で恥。 トルコのエルドアンとプーチンの仲介意欲で、ISIS謀略が底割れ。   

戦争屋と原発推進者が一体。 これが米ドルの価値を作り出していた。 国際政治では基本事項。 

4) 5年の時間。 人類が、フクシマ処理に乗り出すまでに。

   年内処理。 米ドル資産を壊さない。 FRBの米ドル基軸に変わる通貨システム。

   戦争屋の芽を摘む。 アジア(中国) と 中東(「文明の衝突」消去)。

   クリーンエネルギーに。 国際政治が変化。 個人の金融資産の破壊はない。 活かせと矯正。 

5) 「処理」を予想する。 ラグビーボールに描かれた、壊れた日本。 

代替エネルギーを出すか? COP3での安倍。 「文明の責任」に無自覚。

中国の規模の取り込み1130日にIMFで人民元のSDRが決定。

首都圏の汚染が根拠を持って公開。 現実的に、首都機能が、ストップする時。

   5月末の伊勢サミットまで、もつか?  

販売価格は、12月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。  

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025 FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

 

151206_皆神塾・大阪.jpg

何枚抜いても、次々生えてくる、ウソつきの「舌」。最後に閻魔様が与えるのが、脳内メルトダウン。

  これ、最高。 座布団3枚。いや、10枚でもいい。

 

 さんがリツイート

「ママ、安倍総理のアタマにどうして原子力発電所ができたの?」「嘘をつきまくったからよ」「え、閻魔様に舌を抜かれるのでは?」「安倍総理は抜いても抜いても舌が生えてくるのよ」「もっと嘘をつくとどうなるの?」「アタマがメルトダウンするのよ」

埋め込み画像への固定リンク

2016『エコノミスト』に、羊脚・悪魔の角のビジネスマン。これ、無思考「カネくれ社畜」の憧れ?

  これ、な~んだ???  

        頭に角。  脚は、羊。             yagi.jpg

   これ、悪魔でしょ。

 

冬至の秋元神社のあとは30日から新年2日まで、信州中野で「未来創庵」。23日が東京皆神塾。

  こんにちは。

トンデモナイ天気ですね。 スキー場に全く雪がありません。

月曜日、東京で信越自然郷の打ち合わせをしていたのですが、とにかく睡魔がすごくて、まともに知能が働かなかった。 

ただごとではありません。フクシマからの放射性水蒸気が滑るように、どんどん関東から中部、そして、九州へと、太平洋岸を流れているようです。

千曲川沿いの信越自然郷自体は、標高1000の軽井沢が盾になってくれますので、それほど、放射性水蒸気が流れ込まないので、日中、眠くなることはないのですが、東京は異常。

そして、とにかく暑かった。これは、地球を見守る神様が、太陽に命令して、放射能で痛む日本人の体の細胞に、太陽エネルギーを強く放射させて、少しでも免疫力を高めるのを応援せよ、との意志が出ているかのようです。

ちなみは15日の信州中野は、ほぼ快晴で、3月のような天気でした。異常の主要原因はフクシマの放射能でしょう。昨年との比較でわかります。昨年は、まだ、デブリがなかった。だから、雪も例年通り、たくさん降った。

天候の異常は、今後、さらに、加速するでしょう。

そして、これまで、5年近くにわたり、無警戒でたっぷり放射性の微細粒子を取り込んでしまったひとには、より過酷な現実が出てしまうでしょう。

日本の国家の運営システム自体を変える。  そうしないと、この状況からは、抜けだせません。

天と地と、そして、太陽とに、自分の体と心を響かせて、その変換を祈る日が、冬至の22日に、なります。

 私が秋元神社を最初に訪れたのは、1998年の冬至でした。幣立神社を参拝した直後でした。

今年の秋元神社では、地元の人達との交流があります。前日には熊本市内で、簡単な懇親会もあるようです。どうも、どちらも、満杯のようですが。

先ほど、本ブログで、「原発シンジケート」の関係図を上げましたが、戦後の日本社会は、ほんとうに隅々まで、この原子力エネルギー政策と一体で経済発展してきたため、これを切り崩すのは、並大抵なことではありません。マネーでの囚われを、一旦、全て捨てないと、変えることができないのではないか、と考えています。

しかし、そうした危惧に対し、「そんなこと、考えている内に、どんどん人が死ぬから、今は、とにかく早く日本から逃げて、移住先での、日本民族の存続 日本人社会の再建に注力した方がいい」という、考えもあります。

どちらにしても、どのような未来を創るか、です。

 そうです。 「未来創庵」 です。

私が、東京など巨大都市に行っていつも感じる大きな不安は、 都市の人々が、自分自身の「生存」を、マネーと、国家の行政、そして、複雑な流通システムに、完全に依存していることです。

 マネーがなければ生きていけず、 行政の制度での補助金を当てにし、さらに、巨大な物流ネットワークで、誰が造ったのかわからないもの、インチキが入り込んでいるものを、 「買って」、入手するしか無いことです。

 一度、巨大地震などで、都市崩壊が起きれば、もう、どうしようもない。その時は、自衛隊や米軍の緊急の備蓄食料が、届けられるのでしょうが、その中身は、たぶん、多くの放射能で汚染された食品でしょう。

 近代国家になって、 私たちは、自分の生存を、 今、国家とマネーに大きく預けてしまっているのです。  

一方、江戸時代は、宵越しのカネは持たなかった。それで暮らせたし、尊敬も得られた。

これは、生存が、隣近所の互助機能と、農業生産者との距離の近さを生かすことで、可能だったのです。

私は今、日本社会に有る、生存次元の不安を、いかに取り除くか、そのために、どのようなコミュニティーや、ネットワークがいいのか、しきりに考えています。 

今は放射能対策でも、安全安定安心の、マネーによらないコミュニティーとネットワークが、絶対的に不可欠だからです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そこで、お知らせです。

年末年始。私は実家で私一人になりますので、真剣に未来を考え、主体的な行動を取ろうとしている人との、ゆったりした話し合いの場を、提供したいと思います。

 名づけて、  「未来創庵」。

30日、31日、1日、2日と、4日間。 毎回、午後1時から6時まで。 私の実家を会場にして、それぞれの関心のあるテーマを、居合わせたみんなで、話しましょう。

キャパの関係から最大で15名まで。 参加費は、水道光熱暖房費として、一人一日1000円。宿泊される方は、さらに、500円。 食事は、みんなで材料を持ち込んだり買ったりして、適当に作りましょう。(惣菜、漬物・ツマミ持ち込み大歓迎)。材料費は人数精算。

大体、午前中に、買い物と、温泉。 午後に、放談。 夜は、更に懇親、または飲み会、(抜けだして、温泉もOK)。

 一応テーマを決め、参加者同士で自由放談にしましょう。もちろん、私も参加しますが。

そこで 参加資格ですが、

これまで私の勉強会に来たことがあるか、DVDをみたことのある人。嘘を言わない人。

皆神塾の基礎である、 3つのコスモス、 2つの、「ソウゾウ」 と2つの「ジリツ」の意味 、そして、「文明のスタンダード」 を しっかり知っている人。

 そして、なにより、「新井の3つのナゾナゾ」 を 解けた人。

 (注、皆神塾の基礎や、ナゾナゾなど、それ自体を知らな人は、お問い合わせください)

 

参加希望者で泊まりを希望される人は、必ず、パジャマ(又はトレーナー)、そして、バスタオルを持参ください。

布団が足りなくなる時も有りますので、寝袋を持参されると、安心です。(なんとかしますが)

大体、宿泊は私を除いて、8人位が良いかな。 今のところ、30日、31日で、3人。

希望者は、とにかく、電話(090-9370-5740)か、

 メールをください。  nunato2511arai@gmail.com  

住所は、中野市西2丁目3番13号。 最寄り駅は、長電の「信州中野」、又は、JR北陸新幹線「飯山」

 駐車場は5台分。これ以外に、市営駐車場。  クルマの場合は、中野警察署を目標に。

 (今回、隣家が使えますので、トイレは3つあります。 宿泊部屋(6畳から12畳)は、全部で5つ有ります)。

列島に蔓延る悪魔の「ホ」組シンジケート。ここと戦わない人は皆、構成員。日本は戦場だよ。

 天仙さんのツイッターから

https://twitter.com/tensenten/status/544355438687293440

 

 

【新井信介:2015年12月メッセージ】(2015年12月14日収録)

2012年末アクエリアスの入り口に、人類の管理者は、安倍だけでなく、高山・飯山を用意した。

 こんにちは、

12日の平河町は大盛況でした。二次会では、高山さんのお仲間と楽しい時間をすごさせていただきました。高山長房さんは不思議な方です。私がこの方の存在を、2013年にネットで見つけ出したのは、「日本の天皇家」を創りだした金井一族のことを調べていたときでした。 

 高山氏は、戦後の日本で、政界官界財界メディアの裏の裏で、展開される重要事件に立ち会ってこられた方でした。しかも、人類の遺伝子の秘密まで言及されているから、ほんとうに、面食らいました。存在自体が、異次元です。

 不思議なのは、2012年年末に安倍政権が出来上がり、これまでの国家の枠組みで、どんどん見え透いた「虚構」をつくって、強引に、戦後の「お花畑」を壊しに行く時に、逆に、どんどん真実を露わにする立場で、権力批判をされてきたからです。私は国家権力の内側にいたことはないのですが、高山さんは違います。 権力が事実を無視し、完全におかしな方向に向かいだす時に、それを糺す力を、日本列島にいきる人間に引き起こさせようと動きます。

 で、考えますに、どうも、同じ立場に居るのが、 小泉純一郎、細川護熙、鳩山由紀夫 の元総理です。

なんか、こうした動きもすべて、人類の文明そのものを変える地球の意志(管理者の設定)の中にあると思えてしょうがない。 私と高山氏を繋げてくれたのは飯山大魔神です。 2015年の運命に、本当に感謝いたしたい。 

 

これまでの文明の整理の時です。

山本太郎が、ちゃんと仕事をしている。福島県の子供の甲状腺を国会で。

 https://www.youtube.com/watch?v=nv4HBmgedsk&feature=youtu.be

 でも、「これは、放射能以外無いでしょ」とは、ことここに及んでも言わない。  
 
 世界は、この事態を、どう見ているかですね。  
 
 
 

今の東京は、満州国の最期の様。逃げ出す高級官僚や大企業幹部家族は、まるで関東軍。

 異様な天気。(後追い記載・・・どうも、フクシマで異常事態がおきているとの情報も)

 平常運転と言いながら、首都圏の列車は、現実には「遅延」ばかり。

詳しく、聞いてみると、

 霞が関にも、異変が。

どんどんやめだしている。 おかしな人事に、「もう付き合ってられない」と。

なんか、戦前の満州国の最期みたい。

映画「ラストエンペラー」では、満州国の最期は、坂本龍一扮する甘粕大尉の自殺だったが、

今、これに当たる人物は、いないだろうか?  

全ては、明治から始まった、おかしな天皇論に、引きずられた結果。 神武が、BC660年に、奈良の橿原で即位した実在の人間(4人兄弟の末っ子)で、 その4代前は、神々の世界「高天原」から天下ったニニギで、天皇家は、その子孫、ということになっている。

 神々の世界である高天原では、平和に稲作・機織りをしていたが、スサノオが馬の皮をはいで宮殿に投げ入れて壊すなど、大暴れ。これに怒った姉の「アマテラス」が岩戸に隠れたが、それを、オモイカネの知恵で、「鏡」を使って、「アマテラス」を岩戸から誘き出して、高天原では、再び平和な時代が始まったと。その時の、岩戸の扉は、タチカラオが、宮崎の高千穂から投げ飛ばして、信濃の戸隠山に落ちた、という。 高天原で暴れて追放されたスサノオは、地上世界の日本列島に流されて、そこで、ヤマタノオロチを退治し、その体内から、天叢雲(草薙剣)を取り出し、これが、国家を創りだす「神剣」になったが、九州の熊襲タケルから「ヤマトタケル」の名前をもらった、小碓が、この「神剣」をもって東国制定にでても、信濃では効果がなく、伊吹山に行く時には忘れて、イノシシの山神の毒気に中って、膝が三段に折れて死んでしまった。

 この「神剣」が、熱田に保管されていたが、それが、天智即位の668年に盗まれ、天武の臨終の686年(アケミトリ)にまた熱田に戻った。

 この不比等が創りだした物語を、近代国家になったにも関わらず、絶対の真実として、国民に強制的に教え込み、天皇の権威にして、政府(官僚たちの政策)の無謬性の根拠にした。その中心が東京で、アジアの中で唯一近代化に成功したと、自らを誇り、朝鮮併合後、中国大陸の満州を占領し、さらに、ドイツと組んで、世界を相手の戦争を仕掛けた。それに敗れると、戦後は、天皇の戦争責任を問わない代わりにこの権威をそのまま残し、アメリカの戦争屋の手の中で、マネーだけを求める、工業化一直線の国家になってしまった。

 この体制が、まだ変えられない。 しかも、原発を54基も造ってしまった。 いま、フクシマは、どうなっているの?大雨の中、トンデモナイものが出ていたとの説も。

今年の3月からメルトスルーした核燃料が原因で放射性水蒸気が出ています。日本列島は、どこも、放射能だらけ。

官僚とても生身の人間です。 手元に、億単位の資金が貯まれば、もう、逃げ出したくなる。 

どうも、こうした事態が現実に始まったようです。それも、経産・厚生だけでなく、外務や公安・防衛でもです。

明治に出来た統治体の国家権力を握るトップが、まるで現実を見ないで、取り巻きにおだてられて、自分で「勝っている、うまく行っている」と思っている間に、現実は、どんどん壊れ、人が死に出している。

弱った人間は、自宅にいて動けない。外に出れない。それがそのまま死ぬと、孤独死あつかいになる。 列車では、自殺や急病人がでても、それを、報道させない。

裸の王様なんてもんじゃない。

どんな結末になるか?  

COP21に合わせ、パリ市内に貼りだされたポスターの意味を、安倍とその腰巾着は、きちんと知らないのでしょう。 でも、わかった人間は逃げ出す。  とりあえず、関西。 今、関西が、熱い。 

私は、 明日、平河町。

そして、 冬至には、 高千穂の奥宮の秋元神社。

来年1月には、中国大陸のどまんなか=中原 に、行きます。 

悠久なる「天地」と「人間の営み」。イノチの流れと文明。恋、血脈。中国の歌のスケール感を味わって。

 こんにちは。 
 
まず、中国での大ヒット曲を、二曲、お聞きください。 いずれも、1990年代に、台湾で生まれました。
 

 「愛江山 更愛美人」

https://www.youtube.com/watch?v=z1fqqByft64

そして、 
 
 「聴海」
 
今、東アジアが、急速に一体化に向かっています。

時代を見るときには、目先に表出した事象の裏には何が有るか、何がその事象を表出させたのか、まで、考えましょう。 このとき、3つのうねりがあります。

 ① 大潮流 

 ② 表面の波  周期的。 大潮流の中での調整波。

 ③そして、個々の私的利益のための、戦略的な「演出」、「ごまかし」、言い逃れの「アリバイ作り」。

 「華僑の本部シンガポールとアメリカが軍事協力する、これは対中包囲だ」と またまた騒ぐ人がいますが、これは、上記の②になります。 人民元の国際化が決まったので、「オレサマ主義」を降ろさせるもの。 

 そして、日中で、ともに問題なのか、格差問題と、環境問題です。

中でも、環境問題は深刻ですが、実は、一番、ひどいものは、日本のフクシマに限らず、放射能問題です。これは人類史的課題です。 国家間が、対立状態にある内は本格解決に向かいません。 それを知っての上で、この問題の解決に向かっていくのが、人類全体の大潮流です。宿命と言ってもいいでしょう。

 この過程で、国家主権のもつ「暴力性」が弱まり、さらに、マネーのもつ「略奪性」も薄まっていきます。(対ISISで、世界各国が建前上は、一致団結を始めているので、ようやく、こっちの流れが生まれます。)

 2012年からの人類全体の流れは、第3次大戦の回避=戦争屋の退治。FRBのドル基軸に代わるマネー体制の構築。 環境問題への国家を超えた取り組み。貧困撲滅です。 

 中国でのPM2.5 は、視覚的にすぐに解りますが、 この対策は工場を止めればいいだけです。日本では、すでに1970年代に経験した問題で、中国政府が、どう国家の資金を使うか、あるいは、民間の資金をどう使わせるか、という政治的な政策次元の問題であって、科学技術の面では、すでに解決できるものです。フクシマとは深刻さが違います。

クリーンエネルギー に加え、フリーエネルギーの実用化と早急な普及は、PM2.5を抑える脱化石燃料と一体です。 

 でも、これができても、フクシマは、まだ、放射能が露天状態のまま出続けているのです。飯山さんの放知技では、「露天臨界」という言葉が定着しています。極端な破壊を伴う地上爆発はなくなり、テレビで毎日、おめでたい話題ばかりを垂れ流しますので、放射能が目に見えないだけに、内部被曝のことはすぐに逸(はぐらか)され、忘れ去られますが、今も、今後も、深く進行し続けていくのです。

 日本のメディアで繰り返される,「権威」「知名人」の言葉や判断は、「問題の自覚」を遅らせます。その分、被曝被害が生命にあたえるダメージは深刻化してしまう。

 日本国でそうした事態が進展していても、海外では本音では、「日本国民が気の毒だが、あの政府が続いたほうが、自分たちにカネが回ってくるなら、それも許す」だったのが、これまでですが、このパリCOP21からは、少しは変わるでしょう。 「化石燃料をやめると言っても、代替策が原発では、フクシマの二の舞いになる。」

 中国人民元のSDRを使って、環境問題やインフラにカネを回せる仕組みができるなら、それを世界が使えばいい。

 こうして、考えるときに、いつも、思うのは、

 今、大潮流の中では、人口を削減する意志も、働いているのだな。 と。

しかし、その一方で、これまでの、国家、マネー、宗教(「神の概念」の強制普及)に振り回されないで、それらを超越して、自分の生活を組み立てられる人間の登場 を促している、と。

 国家、マネー、宗教は、 人間の思考が創りだした、「文明」での一形態(道具)です。

これらを使って、何を実現するか? 今は、 この視点と、自覚・決意が、個々人に求められているとおもいます。

 そこに、入れるかどうかが、 ロボット人間のままか、 神人(超人)になるかの境目だとおもいます。皆神塾は、もちろん、後者のための研鑽の場です。私自身にとっても。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天地の間にあって、人間とはどんな存在なのか?   多くの戦乱、度重なる飢餓、天変地異。 こうした、過酷な運命を飲み込みながらも、私たちは、この6000年の人類文明を続けてきたのですが、

 その時、自分個人として、 どう、天地を見るか? そして、どう、イノチを伝えるか? 

自分のイノチを未来に伝えるという時には、伴侶が必要になります。子孫の誕生は、一つの宇宙の誕生でもあります。 それだけに、人類の行方に関わる天地を感じる視座 と、恋愛での私的な感傷は、ときに一つになるときがあります。

 中国では、2500年前の老子の時代から、人間が創りだした「社会」に対し、そこから出て、自分と、大宇宙・大自然を、ストレートにつなげる視点が、多くの芸術を産んできました。決して、自分を失わない。自分が大切にする心の世界(特に生殖に繋がる恋の世界)を、宇宙の星や、地球上の大河や大海に響かせて感じます。 国家やそこでの政権とは、人為でできたものであり、盤石に見えても、偽りが多く、時に脆いものであることを、大陸の歴史ドラマを実見しながら、遺伝子の中になかに染みこませ、心底知っているからです。

 なんか、理屈が長くなってしまった。

冒頭紹介した、2つの歌は、大陸中国のスケール観の上に、人間の営みの全てを飲み込んで、この地上で、自分の心を大切に、力強く生きる決意を歌っています。改革開放後、大陸と台湾の交流が活発化した時に生まれました。

 前者は、黄河の流れを愛し、さらに、東方にいる、わが愛する女性を、より強く愛する、と。

 後者は、別れるときに、(すべての生命の母だった)海はどんな色をしていたのか、手紙に書いてね、と約束したけど、それは何色だったの?  

 ps: 

 中国人は、個人の運命で隘路にあうと、大地や宇宙という、すぐに、極大方向に思考が向かうのですが、実は、それだと、国際政治のパワープレーに勝つ政治的な力を創りだすことはあっても、それでは、良い現実を創りだす、「ここちよさ」という、日常の芸術化ができません。微細に拘った作品や暮らしぶりtを、権力者や富豪になって求めることはできても、革命革命で壊されまくった挙句の、カネの追求が先に立ち、自分たちだけでは、なかなか実現できない。  

 今、それを、日本社会の中に感じています。  花鳥風月と、人間の心が響きあった世界。

 実は、「花鳥風月」と人間の営みが融合するのは、極大に向かうのではなく、極小の世界に通じる微細波動での感応です。 これは、心の持ち方に反応する、微生物の世界でもあります。でも、この心の持ち方と、イノチの関係で、数字を用いて、ウソを教えているのが、今の日本の権威たちです。生命現象の結果を測るばかりで、生命現象の力を増やすことに、感覚が届かない「利権主義者」だからです。

一方、飯山大魔神の発酵技術が、中国都市部のし尿問題と砂漠化を、同時解決する日も近い。あとは、エネルギー技術だけど、こっちも、ニホンの草莽で生まれている。今はまだ、戦争屋と一体の日本の利権主義者どもが邪魔しているけどね。 

【お知らせ】『新井信介講演会《希望への羅針盤2》)』(10月3日)のDVDを好評販売中です!!

 『新井信介講演会《希望への羅針盤2》)』(10月3日)のDVDを好評販売中です!!

このDVDは10月3日にJES社主宰で開催された講演会《希望への羅針盤》の第2回目です。

前回(第1回目)では「新井ワールド」についての概略的な説明が中心でしたが、今回(第2回目)は、大きな変化が起きていることや、前回の基礎的な説明をベースにかなり突っ込んだ「国際情勢」「コスモロジー」「古代史」まで説明いただきました。

最後では、瓊音ツアーで発見した縄文時代の「聖方位」に関連して「聖方位」について掘り下げていただきました。

販売価格は、「5400円」 (消費税込み)でご提供します。

尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

内容は次の通りです。 

テーマ: 「カゴメの籠」が壊された日本人

1)不正選挙から安保法制の成立まで。 次元が変わった。 戦争になるのか?

2)隠され続けた放射性水蒸気と アベノミクスの真実。 「金融ワンワールド」は?

3)国連総会  米中で、「南沙埋め立て」と 「サイバー戦争」協議   華僑・客家は?

4)プーチンの本気 「悪魔退治」   ISISの意味。 CIAとイスラエル。

5)バチカンの役割の消滅。 「文明の衝突」の昇華と 「十字」  

6) 天武の夢  皇祖神アマテラスに 閉じ込められてきたもの。

   「鶴と亀が滑った」・・・滑る前は?  「後ろの正面」とは? 

   押し出されていく日本人。

販売価格は、「5400円」(消費税込み)にてご提供します。(瓊音倶楽部会員の方には、会員価格ということで、半額にてご提供します。)

尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。  

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

 151003_皆神塾.jpg

【お知らせ】『皆神塾(東京)』(11月15日)のDVDをキャンペーン価格で販売中です!!

 『皆神塾(東京)』(11月15日開催)のDVDをキャンペーン価格で販売中です。キャンペーンは12月末までですので、お早めにご購入ください。 

このDVDは、全編で2時間35分の長編DVDです。

最近の国際情勢などについて、大変わかりやすくまとめて頂きました。また、最初の部分では、「富」「国家」「通貨」「神」などの現代を読み解く重要なキーワードについても説明されています。

この1年間に開催した「皆神塾」DVDの中でも、内容が充実し、よくまとまった「超おすすめDVD」となりましした!!

何はともあれ、このDVDをお早めにお求めください!!

販売価格は、12月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。  

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

テーマ: 『虚構が剥げ落ちて、人類の宿痾が全て出てくる。~断末魔の戦争屋から逃れ、確かな未来をつかめ。』 

l   「お花畑」が壊れる時。 世界経済のATM装置から脱出する時。

l   権威のインチキが、 完全に もたなくなる時。

l   宗教の権威が、すべて、虚構の世界だったとわかった時。

l   マネーが、いくらでも、コントロールできる道具となった時。

l   日本が、最大の「洗脳国家」だったとわかった時。

l   放射能の実害を、世界が言い出す時。

l   地球人と、その文明が、なぜ起きて、これから、どこに向かうのか?

l   どんな人が生き残り、 未来の種になるか?

l   中国は、潰れるのか? 希望なのか?

l   検察、財務、 宮内庁は、世界人類の未来を語れるか?

l   戦争屋の裏にいる悪魔と 戦えるか?

l   この年末から、来年3月までに 何がおきるか?  

販売価格は、12月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

151115_皆神塾.jpg 

「どでかいハシゴが外される」。この意味、わかりますか。12日(土)は東京です。

 こんにちは。

大阪の皆神塾から、夜行バスで、長野にもどりました。

今年、2015年は、今上陛下の年頭所感から始まって、大変な一年でした。まだ、終わっていません。

年初は、 エコノミストの表紙、 1月7日のパリでのテロ。11日のパリでの抗議デモ、14日に、歌会始。

17日に、安倍が、中東歴訪中、ISISが日本人の二人の若者を拘束。このとき、日本政府は、ヨルダンに救援本部を設けたが、ISISに隣接するトルコを、あえて避けていた。

 私は昨日、この一年を振り返り、さらに安倍内閣になってから、強烈に変わっていった国家の事を話しました。

 「どでかいハシゴ」。 これがなんであるか、わかりますか?

 今週末の12日には、東京の平川町で、ゲスト・スピーチします。

 私の担当時間は、13時30分からの1時間です。

  http://takayamanagafusa.com/seminar/

 皆神塾では、時事解説をすすめるに際し、人類史の発展を踏まえたコスモロジーや歴史観、日本文化論なども話すのですが、この週末の次の講演では、どこに、ポイントしぼるべきか、思案中です。

 そして、2015年の年末の今、国際情勢を語る時、踏まえるべき、とても重要な事実があります。 それは、昨日も指摘しましたが、人類世界では、2008年と、2015年では、圧倒的に異なった情勢に置かれている、ということです。

 どうも、2012年に、強引に安倍内閣を作りあげた人たちは、 あくまでも、2008年の軍事情勢をもとに、この3年間、日本を変革させてきたのではないでしょうか?2013年のスノーデン亡命の意味も、きちんと、把握していないではないか、ということです。もちろん、映画「シリウス」が出てきた人類史的な意味などまるで、理解はできないでしょう。 そして、この3年間、NASAが、ほとんど、機能停止であるという事実もです。

 独りよがりの歴史観での「名誉」だけに拘って、自国の放射能禍の深刻さをあえて無視して、世界中にカネをばらまいてきて、得意げだったオバカな政権。

 今、一つ、気になることがあります。

 この9月30日に始まった、プーチンによるシリアのISIS空爆のあと、日本では10月初めという、異例の時期に、ある人事異動がありました。

 それが何のことなのか? ここでは書きません。 本ブログをご覧のみなさんは、危機意識も知的探究心もかなり高いはずですから、それが誰なのか?ぜひとも、ご自身で探ってください。

 また、皆神塾の中には、御製で歌われた、「鎌をあてがう」の「鎌」とは、プーチンのことだ、と分析する慧眼の持ち主がいました。  

 11月7日に、シンガポールで中国と台湾が対等同格で一体化した後、11月13日にパリでのテロ。

さらに、11月30日のIMF総会での中国人民元のSDRの前に、パリでCOP21が開催されましたが、そのときには、世界は、プーチンを総指揮官に、対ISISで団結を始めていました。

 私は、13日のパリのテロの直後、こう書きました。

 「今回のテロは、911とは、背景が違う。逆向きのテロだ」と。

 土曜日は、この辺を、解説することにしましょう。

ISISを使って石油を掘らせ、トルコ経由で、どこかに買わせる・・・・。

  こんなことを、どこがやるのかな? 主体はどこで、何のため?

 きっと、スノーデンのいるロシアは、ISIS原油の流れの全貌を知っているんじゃないかな。 

 今、アメリカでは、戦争屋(マケイン、ヒラリーなど)がオバマに追い込まれて、どんどんプーチン側に回っているようにみえるけど。

 ま、大阪で会いましょう。

首都圏の急病人が首都機能を止める・・・。これが、年明けに爆発的に加速します。

 もう始まっている。  

このブログをご覧の皆さん。そして、これまで、政府がすすめる「食べて応援」や「瓦礫焼却」をしてきたみなさん。 なにも首都圏に限りません。国家権力は、地震後、日本列島の人間に均等に内部被曝がおきて、被爆による疾病や突然死を、文明病だと偽るために、原発由来の放射能を、いろんな形でばらまいてしまったのです。

個体生命は、生死の臨界値が来るまでは、普通とかわりなく生きようとします。ですから、徐々に細胞や遺伝子を侵す内部被曝は、あるときまで発症せず、なかなかそれが原因だと判らない。 だから、まさに、「直ちに影響はない」。でも、今、どれほど多くの人間がシンガポールに逃げていることでしょう。2万人(いや、それ以上)という話もあります。

 この重大犯罪をこの国の公権力は、まったく裁かず、かえって奨励してきたのです。アーミテージに教唆され、中国との戦いに勝つため? 自分たちの体制を維持するため? でも、放射能は、それでも、自分自身にも返ってくることなのに。

 地震直後の2011年には、世界から、日本政府が国民をダマシまくる姿勢に対し、大いに批難の声が出たのですが、安倍内閣になって、「アンダーコントロール」発言のもとオリンピック招致が決定となってから、日本政府(官僚も司法)も、自分自身で勝手に、そうした悪魔的手法に免罪符を得たと考えてしまったようです。なさけない。それが、日本のエリートたちの姿なのです。

 それが、「ホ」と言わせない政策です。さらに、中国との緊張つくり。 しかし、放射能は、休みません。しかも、動植物の中で、生物濃縮が進みます。もう、海流気流ともに太平洋を越えています。

しかも、デブリの水蒸気がまたまた大量に出ているのです。 安保法案成立後のシルバーウィークではたまたま止まりましたが、11月に入って、また吹き出し、ここのところ、これまでで最大の噴出をしています。公安や内調は、こうした事実をどう捉えているのでしょうね。

自分の、人間個人としての、不安を押し殺さずに、 生活のためではなく、生存を意識して、臨戦態勢を組んだほうがいいですよ。

  個人としても。 そして、国家としても。  人がいなければ、国家が成り立たない。

  子どもや青年は、未来の希望。  あたりまえのことなのに。

 

 問題は、意識されて、初めて、解決に向かう。 意識されないときは、問題は消えず、重症化するのみ。   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 1時間前

名無し:12/04 01:51 charleycharley7 12月3日(木)の急病人(57人)ツイート 中央線x13 東海道線x2 信越本線 総武線x3 埼京線 小田急線x2 東武野田線 田園都市線 京浜東北線x3 丸の内線 相鉄線 山手線x9 …

 

名無し:12/03 23:46 koudai0501perc1 一本の電車に急病人3人www abmcdaj 武蔵小金井で3人が急病人毒ガスでもあるまいし miamia4869 1本の列車に3人急病人って大丈夫かい これが数年後には1本15人位になるのかな?

 

  

名無し:12/03 20:43 anllnpm 新宿駅ホームドア故障→新宿直ったけど原宿駅のホームドアも故障→原宿直ったけど急病人の救護→原宿の急病人助けたけど今度は渋谷で急病人 oAZZo 三鷹、武蔵境、東小金井、武蔵小金井、国分寺でも急病人出たのか。最悪だな

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PS: 二番目のツィートに対して、

「数年後」ではなく、遅くも「数ヶ月」。早ければ、「数週間後」ではないでしょうか?

来年の「311」で6年目。丸五年を過ぎればこんなのんびりした他人事のコメントを言っていられなくなるでしょう。日本のトップ官僚に、それが見えていないのでしょうか? 特定秘密保護法を創ることはできても、コンクリートジャングルのなかで、既得権維持を前提に仕事をするから、まさに「心を亡くし」て、忙殺され、イノチの悲鳴が、全然聞きとれないのでしょう。縄文時代の感性や意識などまるで分からず、日々を表面で楽しむ、マンガやグルメだけなのでしょうね。

 

 

【お知らせ】今週末の「皆神塾(大阪)」は定員となりました

 <ご連絡>ご案内させていただいておりました今週末開催予定の「皆神塾(大阪)」は定員となりましたので、誠に恐縮ですが、一旦、お申し込みは締め切りとさせていただきます。

キャンセルなどが出ましたら、改めてご案内させていただきます。お申し込みをいただきましてありがとうございました。

 

 

なお、お申し込みをいただいた方にご連絡ですが、講演会終了後に「懇親会」をj開催することとなりました。

懇親会は、17時30分頃から約2時間ほど「鍋」をつつきながら、新井先生とお話しをしていただく予定です。

講演会会場に近い場所(大阪駅の近く)で、「会費:3000円」で、「飲み放題」で行います。

お手数をおかけして恐縮ですが、参加ご希望の方は、室伏(090-5804-5078 または 03-3548-1025)までご連絡ください。

 

 

 

【お知らせ】「秋元神社特別イベント」定員となりました!!

ご案内させていただきました 「秋元神社特別イベント」ですが、早々にお申し込みをいただき定員となりましたので、締め切りとさせていただきます。

キャンセル等が出ましたら改めてご案内させていただきます。お申し込みありがとうございました。

 

【お知らせ】「皆神塾:秋元神社特別イベント」のご案内 (12月22日:冬至の日)

ご案内させていただいた「秋元神社の特別イベント」ですが、定員となりましたので、締め切りとさせていただきます。キャンセル等がでましたらまた改めてご案内させていただきます。(12月3日)

九州の高千穂に、なぜ、「天の岩戸」神話があるのか? そして九州には、高千穂という地名の場所がなぜ、鹿児島と宮崎に二箇所有るのか? これは、どちらも、1万年以上続いた縄文人からみたときの「新しい始まり」ではなく、シュメール・ヘブライの基準でみた、日本列島の「王権」の始まりを意味しています。

鹿児島の高千穂岳は、最初にヘブライ人王族が正式に入った時のシンボルでした。では、宮崎の高千穂は何でしょう。これには、中国大陸経由の壮大なドラマが込められています。記紀神話で、「鏡」がアマテラスの岩戸開きのシンボルになっている以上、これは、前漢武帝の時代以後の歴史事件を反映しています。記紀にある「国生み」、「国譲り」の物語は、三国時代終盤の3世紀におきた、ある事件を元に作られました。そこから、今の「天皇(スメラミコト)」に繋がる倭の大王が生まれていますが、その倭の大王の前に、日本列島には、全てのイノチと繋がる感性を湛え、大陸で生まれた文明の利器を選別・制限しながら使っていた王権がありました。それが、新嘗祭の前日に天皇家が行っている「ニギハヤヒ」のお弔いで示される、原始王権です。この王権は、文字や通貨を使った自然収奪型の文明を嫌い、突出した権力階層も作りませんでした。個々人が皆、宇宙の大本、宇宙摂理と繋がっていたからです。

しかし、それでは、大王の心が描く世界に、列島の民が従わない。

こうして、封じ込められた場所があります。それが実は、宮崎の高千穂神社の奥宮である、秋元神社の地です。

この場所には、宇宙の響きが、地上でもっとも精妙に聞こえる冬至の日に、大地を照らす太陽の生命力と、私達の肉体が一体になれる瞬間が、一年一度、4分間のみ現れます。

ウシトラの方角を向いた社殿のその背後、西南の山間に嵌まるようにして太陽の光が現れ、このとき、この光を見つめる私達の身体に、宇宙の根源波も流れ込んでくるのです。この光は、「国生み」「国譲り」の時以来、完全に封じられていましたが、1998年に偶然に確認されました。

今年は、シュメール型の文明が、「戦争屋の退治」とともに終焉する年で、来年からは、イノチのリズムに沿って、全ての文明の再編成が始まります。

6000年に渡る人類の先達の歩みに感謝しながらも、これからの新文明の主役に成るために、この宇宙と日本列島の奇跡の現場に、再度、立ってみたく同志をお誘いするものです。 

前日1221日に熊本に集合し、冬至当日は現地の手前の集会場に10時に到着し、この地の意味と現代の時代性を学んでから、秋元神社を参拝し、その光を浴びたいと思います。 

PS:「日本」という言葉の本当の意味を知りましょう。これは、縄文からの精神性を引き継いでいます。孔子の「仁(おもいやり)」を最優先徳目にした前漢武帝時代の董仲舒の教えを学んでいる大陸の教養人が、日本列島に入って、それが行き届いていると認識したことが、この呼称の始まりです。日本とは、「仁品」であり、今こそ、世界に広めなければならない、心のあり方です。どんな文明の利器(文字、通貨、制度、科学技術、学問)も、多くのイノチが咲き合う、美しい現実を生み出すためのものです。そのために、人間の想像力と創造力によって、生み出され蓄積された経験値が動員され、花鳥風月が生かされて、日々を芸術作品化させる。これが私達の使命ではないでしょうか。 

以下、その「皆神塾:秋元神社特別イベント」のご案内をさせて、頂きますが、秋元神社に至る道は大変狭く、駐車場などもないこと、また新井先生のお話をうかがう現地の施設のキャパシティーの問題から、ご参加頂けるかたは20名までとさせて頂きます。ご参加を希望される方は、事前に次のK2Oまでご連絡ください 

<イベント概要> 

日時: 1222日(火)       7時頃             熊本市内の「法華ホテル」前に集合して出発

11時~                「新井先生講演」

                                     14時~                秋元神社へ出発

                                          1445分頃から45分「冬至のイベント」

                                          15時頃に終了して熊本に戻ります 

(注)催行日を当初22日(日曜日)と記載しましたが誤りでした。正しくは、冬至の日ですので、22日(火曜日)です。

参加費: 4000円 (22日の「講演会参加費」と「昼食代」を含みます) 

※昼食は、現地のうどんと名産の山女、それに小鉢とご飯です。 

参加者: 20名まで 

<補注>①熊本までの「飛行機・新幹線」や「宿泊」については各自ご手配をお願いします。

②新井先生は21日夕刻に熊本に入ります。この日の夜は19時頃から新井先生を囲んでの懇親会とさせて頂きます。場所については、参加者の方に追ってご連絡します。参加費は1000円程度で、各自1品程度何か持込みをお願いします。22日のイベントだけ参加ということでも構いません            

22日は、朝7時頃に「法華ホテル」前に集合して、レンタカーで高千穂に向かいます。レンタカー代は、同乗者でシェアーさせて頂きます。

④イベントは15時くらいには終了し、その後すぐに熊本市内に戻ります。この日(22日)のうちに飛行機で東京などに戻ることも可能です。

⑤現地に直接行きたいという方は別途ご相談ください。 

連絡先:         株式会社K2  室伏昭昌

         事務所:         03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX 03-3548-1026

         E-mail akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

     (注)右上の「お問い合わせ」からご連絡頂いてもかまいません。

【お知らせ】『皆神塾(大阪)』開催のお知らせ!!...テーマなど詳細が決まりました!!

<ご連絡>先にご案内させていただきました今週末の「皆神塾(大阪)」ですが、定員となりましたので、お申し込みは、一旦、締め切りとさせていただきます。(12月3日)

先に「皆神塾(大阪)」の日程や会場などのご連絡をさせて頂きましたが、テーマなどの詳細が決まりましたので、改めてご連絡させて頂きます。

「皆神塾(大阪)」開催のご案内  

 日時:           201512月6 ()  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)

                 (注)開場は1330分です。

 

場所:         大阪市北区梅田2-1-18 富士ビル 4   TEL090-5804-5078 (室伏)

(注)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。 → 151206_地図_梅田会場_変更後.pdf 

 

                 (注)会場が当初5階の予定でしたが、4階に変更となりました。

 

        最寄り駅: 四つ橋線 西梅田駅 4-B出口

                        JR大阪駅 桜橋出口より南へ徒歩5

                        JR東西線 北新地駅 10出口を 北へ30m

                        御堂筋線 梅田駅より徒歩5

           阪神電車 梅田駅より徒歩3分  ヒルトンウェスト方面

 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 

(注)皆神塾終了後、会場近くで「懇親会」を開催することとなりました。「会費:3000円」で鍋をつつきながら、新井先生との懇談をさせていただきたいと思います。尚、「飲み放題」です。

参加を予約されている方で、懇親会に参加希望の方は、室伏(090-5804-5078 または 03-3548-1025)までご連絡ください。

  テーマ: 戦争屋主導の戦後経済が終わった。「日本処理」が始まる。 

    内容: 2015年は9月の国連総会を境にして、一気に世界情勢が変わりました。ジャパンハンドラーは安倍に集団的自衛権を認める安保法案を可決させましたが、そのとき、大きく世界が動いていました。これまでFRBの米ドル基軸体制を維持するために、国際社会はISISを作り出した戦争屋をのさばらせてきましたが、シリアへのロシアのプーチンの本気の空爆に、中国・イランのみならず、ドイツ、フランス、イギリスが足並みをそろえました。さらにトルコからロシアの戦闘機スホーイ24が撃墜されたことでISISの所在がさらに明確になり、アメリカ国内でも、プーチンと意を通じるオバマが、マケインら戦争屋を抑えこみに入り、結果として今、日本のみが戦争屋にとってはラストリゾートとなっています。

安倍首相はフランスのCOP21でトルコのエルドアンとプーチンの仲介を言い出しましたが、これは自らの姿を知らないバカの極みの姿です。戦争屋と原発推進者が一体であることは、もはや国際政治では基本事項です。どう、代替エネルギーを出すか、これは、世界の権力構造を根本から変えるものですが、人類社会はここに向かっています。

自国民を騙し、放射能で殺し続ける日本の権力構造は、米ドル体制の崩壊を防ぐ意味で、存在しているだけでしたが、1130日にIMFで人民元のSDRが決まった段階で、中国経済の大きさを活かし、米ドル資産と金融システムが維持される方向ができました。これで、人類世界は、新たなステージに入ります。

戦争屋の根城となった日本をどうするのか? 今、プーチンを中心に米露中独仏英が、静かに協議を進めています。フクシマの現実、首都圏の汚染具合が根拠を持って公開される時、日本国内では、どんな事態になるのでしょう。来年3月までに、何がおきるか、研究します。

会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。 定員になりましたら、事前に締め切らせて頂くこともございますので、お早めにお申し込みください。

  次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。→ 151206_皆神塾・大阪_参加申込書_FAX用紙.pdf

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

                     東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F        

ビルゲイツなどイルミナティーが大転換。大富豪がクリーンエネルギー開発に出資だって。

  パリで、COP21が開かれている時、 イルミナティーが育て上げた大富豪ビルゲイツが、以下を発言。

  ロイターが伝えています。0002-reutv-int  アクエリアス時代、映画「シリウス」からの順当な流れですね。

 日本の経済界の場合、安倍内閣になって、アーミテージの顔を見るばかりで、しかも、葛西ジイサンがのさばって、リニアばかりに注力したから、原発推進のままで、こうした世界の底流の動きをまるで見ていなかった。まして、安倍サマのNHKは、去勢されまくり。 世界の権力構造を知らいない、オバカ官僚は、放射能でイカれて、家族を安全に逃がすことしか考えていなかったのか?

来年は、世界中で、クリーンのみならず、フリーエネルギー技術の開発‥実用化競争が、始まるのでしょう。 

日本でも、新技術が完成したと、たった今、報告がありました。これは、確認してみますね。 楽しみだ。

(以下、ロイターから)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151201-00010002-reutv-int

第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)の開会を翌日に控えた11月30日、米マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏が、クリーンエネルギーの研究開発を資金面からバックアップする新たな基金を創設すると発表した。

ゲイツ氏の音頭で参加を表明した最高経営責任者や会長、社長は米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス氏、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏、中国アリババの馬雲氏、ソフトバンクの孫正義氏や英ヴァージン・グループのリチャード・ブランソン氏など多士済々。
 この官民共同プロジェクトには米国をはじめ日本、フランス、中国、インドなど20か国が参加を表明しており、さらに増えるものと思われる。
 ゲイツ氏は同基金に今後5年間で20億ドル投資するとしている。
(フランス、パリ、11月30日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)

COP21直前、ウクライナの送電線テロで危うく原発二基が電源喪失?。村田光平先生「原発が最大の安全保障問題だ」。

 村田光平先生から、以下のメールを受け取りました。

戦争屋のテロはウクライナの原発に繋がる送電線の鉄塔を狙いました。これは、日本のフクシマと同じといえます。今回は、原発は警戒が厳重で鉄塔破壊となりましたが、送電部分が壊され、危機一髪のところでした。

安倍はこんなことも知らないで、パリに行って、トルコのエルドアンに対し、プーチンとの仲介をするとか、アホかましてました。 この姿を見て、「本当に、こいつは、どうしようもない絶望的なバカで、これを変えられない日本の国家体制は、とことん壊さなければならない」と、プーチンのみならず、オバマも、習近平も、メリケルも、オランドも、キャンベルも、フランシスコも、なにより、世界王族会議の面々や、「梅」のみなさんも決意したことでしょう。

 以下、村田先生からのメールを、公開します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

新井信介 様

米国の著名な反核記者からの緊急情報をお届けいたします。

ウクライナの2基の原発がテロにより電源を喪失し、緊急の対策が取られなければ福島の再現となると指摘しております。

日本のメディアは未だ報じませんが(!!!)、Business Newsline(2015,11,26)は別添の通り報じております。

原発の存在そのものが最大の安全保障問題であるとの見解に異議を唱えることは出来なくなったと思われます。

この情報は重大な意味を有すると信じます。

榊原日本経団連会長宛メッセージを別添いたします。

村田光平
 
 
 
 

アメリカから福島の情報公開、ロシアはISIS撲滅にシリアに地上軍。

 世界経済が崩壊しない仕組み作り(人民元を通じた、中国の経済体の取り込み)に、昨日のIMF総会で、ほぼ見通しが立ったので、 これからは、戦争屋が仕掛けた「各種の工作」が、一斉に潰されていきます。

 そこには、ISIS退治のみならず、 福島の真実や、 日本の政界の処分まで、含まれます。

まず、以下を御覧ください。

日本政府にない福島第1事故の議事録、米国が保有 アメリカ情報公開法で公開

 http://echo-news.net/japan/usnrc-disclosed-fukushima-criss-proceedings

 あと、プーチンは、いよいよシリアに、地上軍の投入です。イラン放送が伝えています。

 http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/60226

 この中で、マケインのコメントが出ています。

 ロシアが、テロ組織ISISと戦うために15万人の軍隊をシリアに派遣。>

 情報サイト・エクスプレスによりますと、ロシアは世界各国の要請に応じ、ISISを完全に消滅させるため15万人の軍隊をシリアに派遣することを明らかにしました。
 ロシアのプーチン大統領は、「このロシアの措置は、シリアのISISの完全な消滅に向けたフランスや世界各国の要請により、行われるものだ」としています。
 この報道によりますと、ロシアは他国の協力によって、ISISに対し主に空爆という形で大規模な攻撃を行っているということです。
 政治・軍事問題の専門家は、ISISの完全な消滅のために、陸上での大規模な作戦が必要であると考えています。
 アメリカのマケイン共和党上院議員も、「ISISの消滅のために、各国はシリアに10万人以上の部隊を派遣すべきだ」と述べています。
 

・・・この最後部。マケインも、完全に、プーチンの軍門に下った、ということ。

  これは、ネタニヤフと同じ。 

  すでに、オバマは、プーチンを信頼しています。

 さて、問題は、日本の安倍っちです。  そして、日本の官僚、司法、さらに、経済界。

 どでかいハシゴが外されますよ。 日本のメディアで、でかい顔をしている識者・評論家ども。 

 どんな、どんなクリスマス、正月に成るのだろうね?   

 きっと、プーチン・メリケル・オランドで、スカイプのような秘密回線を使って、電話会議しているはず。     

パリCOP21。原発批判ポスターで、安倍は人類の恥さらし。世界は知ってるフクシマ見殺し政権。

 対ISISテロで世界が一つになっているとき、国家指導者で、オバカが一人、浮き彫りに。

ISISを作り出した戦争屋に、忠誠をし尽くす安倍晋三。この人物は、マネーのために、「アンダーコントロール」といって世界を騙し、自国ではフクシマの子供を見殺しにしながら、関係者には責任を一切取らせず、かえって利益を擁護し、さらに海外に原発輸出を推進。これを、原発での電力の輸出国フランスが、今、強烈に皮肉。

 COP21が始まる直前に、オランドと ISIS退治の総指揮官プーチンが握手。 戦争屋退治に不退転の決意。

戦争屋によろこんで飼い慣らされ、平和憲法を捨てて、戦争経済を進めようとする安倍の頭の中は、放射能だらけ。 放射能ダダモレで世界中が大迷惑なのに、それでもまだ、川内に続いて再稼働をするという不道徳。 日本の医学界、経済界、各種の学界、マスコミ、教育界、宗教界・・・・なにより、カンナガラを言う、日本の神社界。 人の命と自然を大切にする、なんて、大嘘をつきまくっている、大バカども。 

 フランスはドイツと並んで、国策で代替エネルギー開発を進めているが、日本はいまだに国策で原発推進だと。

もう、安倍っちは、完全に、人類全体の恥さらし。 世界の管理者は、日本国家と日本人を根本から批判するために、ここまでお膳立てしているんだね。 このポスターは、年初のエコノミストの表紙とセットになっていますね。

20151130185315po@op@op.jpg

 

PS; これまでの経緯と、今後

 9月17日ネタニヤフがプーチンに降参、9月18日日本で安全保障法案。9月25日のローマ法王の国連演説、9月30日のロシアのシリアISIS空爆開始、10月22日のロンドンが人民元手形の引受け、10月26日の丸腰「ラッセン」の南沙航行、11月7日の中台一体、11月13日のパリでのテロ。11月30日は、IMF総会で、人民元の国際化決定。    

戦争屋への上納金のために、自国民を殺し続ける日本政府(官僚と司法)。その代表が、安倍っち。

これから、容赦のない批判が、世界中から事実を持って示されることになります。 日本の権威が大崩壊するサマを、私たちは目撃することになります。それは、目先のことにひたむきな、日本人が、加速度をもって、バタバタと人が死んでいく事態と一体です。 自分が置かれている「枠組み」が狂っていると感じても、マネーの事以外、何も考えない、『お上従属』のロボット人間たちの末路でしょう。 

 日本民族の本当の、芯からの目覚めは、その生死の端境で、はじめて 始まります。 

« 2015年11月 | メインページ | アーカイブ | 2016年1月 »

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像