新井信介京の風

2015年10月

ロックフェラー医学の医者は死神そのもの。体を冷やすな。アイスクリーム食べるな。黒酢摂れ。

 こんにちは。

岡山で、夫婦で仲良く暮らしていた京都生まれのY氏から、先ほど電話がありました。

悲痛でした。奥様が昨晩亡くなった、とのことでした。多臓器不全と診断されながらも、大好きなジェラートをやめず、時に、体調不良の時には、医師の指導で点滴も受けたといいます。

 愕然としました。 医者が全く、生命を知りません。治すフリして、ガンを増殖させる指導をしているではないですか。

 戦後の日本の医学そのものが、ロックフェラーの指導そのもので、「儲け」が主体であり、全くイノチをみません。

 放射能禍の日本列島では、今現在も、そして今後はさらに、突然死、急性のガン、白血病が、どんどん出てしまいます。 これに対し、これまでの日本の医学「常識」は、この対処方法を、知りません。

 私は、医師ではないのですが、あたり前のこととして、以下は、心がけています。 

 まず、どんなことがあっても、冷やさないこと。体の内部から熱を出すような習慣を身につけること。このとき、電子レンジと電磁調理器ををなるべく使わないこと。よく温泉にいき、ビタミンCを野菜‥果物で多く摂ること。

体温を下げない。 白糖がたくさん使われているアイスクリームやジェラートなど、とんでもないでしょう。

黒酢と発酵食品を、多く摂ること。特に、黒酢に玉ねぎスライスや発酵にんにくを入れて、温かいごはんで食べる。それも、玄米の方がいい。 朝に限らず、夜でも、お粥や雑炊など体を温める食事を頻繁に摂ってください。

 今、日本政府は、選挙権を18歳まで引き下げ、18歳からの政治活動も認める方向です。

どんな未来を創るか、真剣に考える、その素材を、私たちは、どんどん、提供しないといけませんが、その前に、 今の日本には、ほんとうに、死神が跋扈しているという現実を、きちんと直視していたい。

明るい未来を奪う敵は、すぐそこにいる。 それも、「権威の顔」を被って。

今日は、どうしても、これが書きたくなりました。

 

 ps:  次回の東京皆神塾は、11月15日。

    関西に来てほしい、とのことなので、調整中。

    また、11月3日は、昼から信州中野の実家で、簡単な集まりをします。

   希望者はメールください。キルギス・ウズベクの写真が見れます。   nunato2511arai@gmail.com 

 

 

中国はサンフランシスコ講和条約を認めないで、尖閣・南沙・台湾・チベットを核心的利益としてきた。

  こんにちは。

 安倍ッチは28日、中央アジア5カ国から戻ると、日中韓の首脳会談開催に言及した。以下はNHKニュース。

 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151028/k10010286031000.html

 問題は複雑。特に日中間に有るのは尖閣問題と、シーレーンとして南沙。日本は南沙の当事者のベトナム・フィリピンの味方を続け、日本の宗主国アメリカは、裏での画策の次元ではなく、正式に26日、中国領有・基地建設に問題あり、とこの海域に、イージス艦を送って「アピアランス」を示したが、どこに落ち着くのでしょう。

 中国の領土問題について国際社会はこれからどう判断するのか? 中国の力(経済、軍事、文化)をどう見るか?

 条約と、実効支配。 これが、「現実」を創り出しますが、 自分がいなかったときの条約をどう見るか、も問題です。

 中国の場合、日本が、戦後、国際社会に復帰したときの出発になるサンフランシスコ講和条約を、基本的に認めません。 これは、正式に表明されています。  

 
その上で、2009年7月(尖閣で衝突が起きる前年)、 「核心的利益(かくしんてきりえき)」という、政治概念を出して、領土問題に、現実的な対処が始まっていました。これは、中華人民共和国が、自国の本質的な利益に直結すると見なし、自国を維持するために必要と見なす最重要の事柄、自国にとっての利益を、表明し、それを、守る(奪回する)というものです。
  この中国の姿勢を、世界はどうするか? チベットについては、ダライラマは中国領内に留まることを事実上容認しましたが、中華民国の領土となっている台湾、そして、尖閣を自国領とする日本は、いずれも中国の主張を認めず、南沙については、ベトナム・フィリピンが中国の環礁の埋め立てと領土化に、阻止は出来ないものの猛抗議を続けてきました。このとき、「世界の警察官」を自認したアメリカは、表の立場は当事者で「話し合え」というものでした。
「2009年7月の米中戦略経済対話において戴秉国国務委員は、核心的利益として以下の三点を語っています。

(1)国家主権と領土保全(維護基本制度和国家安全)

(2)国家の基本制度と安全の維持(国家主権和領土完整)

(3)経済社会の持続的で安定した発展(経済社会的持続穏定発展) 」

アメリカは当事者で話し合え、と言いながら、チベットと東トルキスタンでは、反中国の活動に陰から支援。尖閣では日本の施政権を認めながら、日本に領有権は認めないとしながらも、中国を対象に、2+2の戦略対話を日本と進めてきた。台湾に軍事支援もした。

 東アジアを係争のままにして、場合によっては、紛争から戦争に発展させたがったのがアメリカの戦争屋で、これがようやく鎮まったので、東アジア三カ国(日中韓)が、話せる環境になったのが、上記の安倍の首脳会談実現の言及になっています。

安倍の態度の変化は、すべてはアメリカの政権内の力関係の変化の反映です。日中韓三国は慰安婦や南京事件、竹島を含めてどんな話になるのか?

 ここでのポイントは、沖縄の基地問題の行方が関わります。今の日本国の運営者(単に安倍政権ではなく、検察や財務も含めた、国体を守る中枢)は、国民がどんなに放射能で苦しんで死んでいっても、尖閣・沖縄を自国領のままにしておこうとするでしょう。そして、アメリカの関与を求め続けるでしょう。 この国家の根底の部分が壊れるとか、劇的に変わる、という事態が起きるのでしょうか? 

 中国がサンフランシスコ講和条約を認めてないのですから、戦後の日本に対しては、なんでもありとなり、実力次第になります。ただ、中国自身も、国内向けの経済と、政治の問題になります。放射能が言い出されると日本の現政府の運営基盤が総崩れになります。それは途上国やアメリカ経済にも及ぶため、どこまでもこの問題は表に出さない、というのが、日米メディアや経済界ということになります。来年の参議院選挙で、劇的な変化があるのかどうか?なんともいえません。

 東アジアの係争地域を国際的共同管理地にする(その本部が沖縄)のが、一番理性的で未来志向の対応なのですが、これができるかどうか? 戦争屋に代わって、東アジアをきちんと調整できる、いい意味での謀略が期待されます。客家が裏方から出てくるでしょう。 彼等が、AIIBも、FRBの命運も握っている、と私は考えます。

横浜の人は寄ってみてください。29日ランドマークで信州中野フェア

 29日に、横浜のランドマークで、信州中野フェア。

 https://www.facebook.com/shinsyu.nakano.koho/photos/pcb.935593313166515/935592523166594/?type=3&theater

 (私は、顔を出しませんが、いろいろあるので、楽しんでください。 先着300名にキノコがプレゼント)

 

「人民元の国際化OKだけど、あまり勝手に領土を広げるな」ってか。

  こんにちは。

ロンドンで、人民元の手形(約940億円分)が発行されることになったあと、アメリカが南沙に、丸腰のイージス艦「ラッセン」を派遣。

 これは、国連総会のときに、米中対談をしたあと、オバマが、「アメリカは南シナ海に、アピアレンスを保持し続ける」とした言ったことの実際行動。

 ここでのポイントは、中国が東アジアで、自分で勝手に、領土領海にしていくことに、明確に、「勝手にやるな」と意見しているもの。 これは、誰の代弁なのか? ここがポイントです。

 南沙の前に、中国は、日本が実効支配している尖閣を、江沢民時代に「自国領」と、国家決定してから、ここを奪取することを、国家目標にしてきた。尖閣の領有権は、日中間で、決まっていない。それが、日本が実効支配していることが、許せず、その奪回が、「国家」のメンツの問題になった。2010年には、漁船2000隻総動員し、その中に海軍を潜りこませ、日本の海上保安庁が全く手に負えない状態にして、一気に上陸‥占領しようと考えていた。民主党政権なら、小沢一郎が最大権力者なので、そうした事実を作り出すことができれば、尖閣の「中国領有」を日本も認めるはずだ、との算段もあったのでしょう。しかし、小沢は、日本の検察から狙われ、民主党政権の中で、政治力が急速に落ちていった。

 民主党内では「小沢外し」の一方、枝野たちの「政治主導」は、全ての官僚を敵に回す結果となった。それが、「311」後の菅直人政権での、むちゃくちゃな予算配分になり、「国家の枠組み」が溶け出した。一方、野党に回った自民党の国会議員にはカネが回らず、ここに、半島系のアンダー世界が取り付いていく。パソナの仁風林がその舞台に。

 しかも、この事態に、東アジアで、さらに、火の粉を注いだのが、アメリカの戦争屋の犬たち。日本国内で、中国の脅威を煽り、これに、野田政権は大慌てで、「尖閣を国有化」する。それで、中国がさらに、怒り心頭になって、その分、それならばと、南沙の領有、既成事実化を急いでいた。

 これを、より大きな火種になると、戦争屋は喜び、しかも、国家が溶けてしまうと危惧した「奥の院」ジイサマが、強引に、安倍政権を創り出し、中国との対決色を強め、それを、日本の軍産複合体が大喜びで、防衛費アップに大いに利用する。 メディアを安倍政権が取り込んで、特定秘密保護法が敷かれ、集団的自衛権の安保法制の論議に。これが今年の3月。 日本では南沙が大テーマだったが、アメリカが前面に出ることはなかった。

 この南沙問題が、なぜ、今、米中での直接、係争案件になったのか?

 なぜ、これまで、米国が、南沙の基地建設を知りつつも、行動を起こさなかったのか?

 最大の理由は、アメリカ内部では、戦争屋がまだ消滅してなく、9月17日までは、如何ようにも、東アジアに巨大戦争に発展させるシナリオを実現できる体制にあったため。それが、 日本が18日に安保法案が通ったあとの、 25日からのニューヨークのでの米中首脳会談後は、それまで、戦争屋に協力するしかなかったイスラエル(中でもモサド)が、自国の存続のために、まず、プーチンに白旗を上げ、さらに、アメリカ内部の戦争屋情報を、プーチンやオバマに提供しだした。

 一方、江沢民時代に、アメリカの戦争屋が育てた中国国内の領土拡張主義者を、もっとも嫌っていたのが、実は、シンガポール・ブルネイにいる華僑勢力。中国による南沙の領土化をやめさせるには、アメリカ海軍の姿が必要だが、下手にそれが前面に出ると、大戦争になる。中国とアメリカ戦争屋による日本の自衛隊を潰すための画策も6月にはあったが、これには、安保法案の可決を遅らせて、とにかく、モサドと一体だった戦争屋を分裂・沈静化させて、アメリカが極めて冷静に動ける状態にしてから、この南沙問題に、「姿を現してもらう」ことにした。

 華僑(新通貨体制を考える中枢)にとって、沖縄から尖閣、台湾、香港、南沙は、平和な自由な海が良い。

これを、実現するには、問題の最大の当事者が、全面に出て、話すのがいい。 このとき、アメリカは軍事力はあるが、資金面が弱い。もはや、「世界の警察官」として完璧ではなく、日本も必要であれば、ウクライナ、中東での過剰コミットも下げるしかないが、東南アジアにとっては、アメリカの軍事力は、中国の「オレサマ主義」に対する盾にして存続させる。

 一方、FRBのの米ドル体制、さらに、米ドル建て資産を、保持するには、世界経済を回し続け、このとき、中国の経済規模を、これまで以上に利用する。 

 中国共産党政権の「オレさま主義」は困るが、世界経済の保持には、中国の「規模」は使う。各国が、人民元を、準備通貨としてもつことは、支援するが、「領土」は広げさせない。

 そこで、 金欠アメリカの「丸腰」イージスを派遣。 すでに、戦争屋の悪魔の火種は、起こせなくなっている中で、これが行われた。

 今年は、陛下の「御製」から始まって、ISIS、デブリ、中国の抗日勝利パレード、シリア難民。

 どうするか? 戦争、経済、放射能。

 CIAとモサドという、謀略機関が、どの方向を向いていたか? ここがもっとも重要で、

 私は、この3月から半年かけて、ようやく、そこが、戦争屋の魔の手から離れた、と考えます。

 そして、 世界経済は、この10月22日からロンドンを皮切りに、中国人民元を上手に取り込みはじめ、それが世界全体に定着した時に、ようやく、放射能の真実に、本格的に向かい合うのでしょう。

 それは、いつか?

 早くても、来年3月。 5月末の伊勢サミットの 前か、後か?

 今週末がハロウィーン。年末には、クリスマス。 バカ騒ぎの影で、悲惨な事件が起きないか、とても、気になります。 なにより、今は、「311」から、4年半がすぎ、これから、内部被曝での発症が、急速に出てくるのです。

 

 

【お知らせ】『聖徳太子の正体!!』DVDのキャンペーン価格での販売は31日・今週末までです!!

 2015年9月12日に東京で開催した、『聖徳太子の正体!!』を収録したDVDのキャンペーン価格での販売は31日、今週末までです!! お早めにお買い求めください!!

9月12日に開催した新井信介先生の「聖徳太子・タルドゥの研究発表会」の内容を収録した『新井信介講演会:聖徳太子の正体!!』のDVDです。「聖徳太子」は、先日、新井先生が訪問した「キルギス」(安倍首相も訪問したばかりですが)とも深い関係のある人物です。

このDVDでは、新井信介先生が長きに渡って研究してきた聖徳太子・タルドゥを巡る壮大な歴史ドラマが展開されます。その時代に、日本(列島)とユーラシア大陸・中国(大陸)あるいは半島を巡って何が起こったのか?聖徳太子は、いまや学校の教科書から消えてしまいました。その聖徳太子が新井ワールドでリアルに蘇ります。

全編で、「3時間」の長時間DVDです。

販売価格は、10月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 

 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

150912_聖徳太子の正体.jpg

【お知らせ】『皆神塾(東京)』DVD(9月東京開催分)のキャンペーン価格での販売は31日・今週末までです!!

  2015年9月19日に東京で開催した、『皆神塾(東京)』を収録したDVDのキャンペーン価格での販売は31日、今週末までです!! お早めにお買い求めください!!

急速に変化する国際情勢は?安倍政権で何が起こっているのか?イスラエルは?FRB(米国)は?そして、ヨベル年はいつなのか?推背図に描かれた日本の未来とは?

最後に新井先生が向かわれるキルギスの歴史的意義についての解説も収録されています。 「必見」のDVDです。

全編で3時間の長編DVDです。

販売価格は、10月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

<講演内容>:  『 消えるカゴメの籠。日本が地球大の「ヤマト」の自覚するとき。ヨベル年はいつか? 

<レジメ>

1) 「稲の根本に鎌をあてがう」 天皇は何を嫌っていたか?

2) ISIS イスラエル 安倍政権  イスタンブールG20

3) AIIBとデブリ 米ドル建ての金融資産とFRBの存続。

4) バンドン会議。客家の意志。新規通貨へ。 平和環境(政治と生態)

     対立を際立たせ、大元の戦争屋を消していく。

5) 612日と、82日。 放射性水蒸気と異常高温

   戦争屋主導でない安全保障体制へ

6) 812日 天津大爆発 70周年談話  線条降雨帯

   東京オリンピックに赤信号 墓穴をほった習近平

7) 93日。抗日70周年 6日、アンカラG20 周小川

   安保法制を18日に通らせた意味。

8)ヨベル年へ。 FRBと米ドルの終わり。国際金融が止まる時

   東京(人工、マネー崇拝)の論理と、 天地自然の反対が、原発とリニア。

9) 人口削減と、調和した文明。個の自律・自立。

   ブレトンウッズの巨大トレンドの終わり。  マネーなき世界のメシアは?

販売価格は、10月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。

連絡先→TEL: 03-3548-1025  FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078

E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》150919_皆神塾・東京.jpg

「ロシア空軍は、イスラエルとの合同演習を終えた」って。

 Russian Air Forces "have already conducted two trainings with our partners from Israel" in an exclusive interview to RT in Latakia.

 この記事は、以下に。

 
さらに、
 
地上部隊のみならず、イラン海軍もロシア(活躍中のカスピ小艦隊)と合流。
https://www.rt.com/in-motion/319429-iranian-warships-russian-fleet/
 
でも、南シナ海には、アメリカ海軍が アピアランス(姿を見せ続ける)。
金融では、 人民元建ての手形を、ロンドンが、950億円。
 
 すべては、 世界経済を回すため。
 
で、 福島の放射能は?  イギリスは、中国と原発も造るとは?
 
 何が進んでいるのか? 

九州皆神塾では、「日本」社会の根底まで本格変革が進むことを話します。

  こんにちは。

これから、九州に向かいます。

レジメをようやく作りました。

  テーマ: 混沌の先に。壊された「カゴメの籠」と、地球に広がるヤマト。

  (福岡では、ISIS壊滅と時事を中心に。熊本は、世界宗教の統合を中心に)

 

 日本の変革には、国家(統治体)の底辺を支えてきた、アンダーワールドまで、変革が必要になります。

長く「塀の中」のなかにあった、Y組のトップが表に出てきて、なぜ、今、分裂するのか? これは、日本の権力構造の変化に直結します。

 今回は、ここまで、掘り下げながら、日本が、地球人類の希望(救世主)に変わりうる変化の背景.過程、宿命を話します。 ホンモノの任侠は、世界共通です。

 ISISの裏側で、世界の運営者は、何を見つめていたかです。 CIAもモサドも、ひっくり返っている。

 戦争屋退治の親分は、プーチンだけど、 東をアジアを纏めるのは、また別の人。

 習近平は、今、バッキンガム宮殿。 昔、日英同盟がありましたね。 南方熊楠と孫文は、ロンドンで会った。 

 お楽しみに。

今週末ですね。九州の皆さん。混沌の先を見つめましょう。

 日本にもどって、日本のメディアに流れる情報をみていると、いろんな意味で、調子がおかしくなってきます。

 個々の事象を見ていると、大きな流れを見失いかねない。

 第三次安倍内閣の面々、「維新」の分裂と政党助成金の分配騒動。

 野田の尖閣国有化につづく安倍の強気外交。その裏で進められていたユネスコの記憶遺産の登録申請で、中国が「南京の30万人」。 この数字は完全に嘘だが、東アジアの国家間では、まだまだ揉める。

 安倍っちは、原子力空母「ロナルド・レーガン」に乗ったかと思ったら、福島の大熊町と楢葉町を視察し、復興事業への取り組みをアピールって、 高線量のままで、どうするの? 

 シリアのISISは、プーチンの攻撃で、どんどん破壊されていく。 

 今、習近平はロンドンに。 イングランド銀行 で、何を話すのでしょう。

 オバマは、パククネとニコニコ対談。 半島問題を本気で解決するつもりでしょう。  

 ワンワールドが進むが、「見えない毒」と「天災」 と 「結婚は面倒」で、人口がどんどん減っていく。

 同胞が死んでいるのに、これまでどおりの生活を望み、喜んで洗脳されたがるロボット人間か、

 地球を舞台に、自分の思いを、具現化させる 神人か? 

 どの次元で、誰に向けて、言葉を発すればいいのだろう? 

 

 頭が疲れると、 イシククル湖の畔での、あの感覚に戻りたくなる。

 そして、基本に戻る。

 

 まずは、 人間として生きている 今 を喜ぶ。

 人間とは、 想像 と 創造 ができる動物。

 イエスが言い出したのは、内側からの 心の力 = INNER INITIATIVE(内発的創造性)。

 3つのコスモス(大宇宙、 身体、 精神) を、 響き合わせる。  

 すべては、関係性で、できている。 

 

 

【お知らせ】《今週末は『皆神塾(九州)』開催です!!》

今週末は神塾(九州)』開催です!! お申し込みがまだの方はお早めに末尾の連絡先までご連絡ください。

内容などの詳細については、改めてご案内させていただきます。 

1024日(土) : 「皆神塾」 <福岡・博多で開催>  

   場所: 「福岡国際会議場」 5階会議室

        福岡市博多区石城町2-1     TEL092-262-4111

   時間: 14時から17時くらいまで

     参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員の方は2500円です)

 

         (補足) 「皆神塾」終了後、懇親会を開催します。そちらの参加費は飲み放題で「3500円」です。参加希望の方は、皆神塾と合わせてご連絡ください。

 

10 25日(日): 「皆神塾」 <熊本で開催> 

   場所: 「桜の馬場 城彩苑」

        熊本市中央区二の丸111号  TEL096-288-5600

   時間: 14時から17時くらいまで

         参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員の方は2500円です)

 

    (補足) 「皆神塾」終了後、懇親会を開催します。そちらの参加費は「2000円」です。参加希望の方は、皆神塾と合わせてご連絡ください。

 

 

会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。 

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 

 

尚、次のリンクから申込書をプリントしてFAXでお送りいただいても結構です。151024_1025_皆神塾・九州_FAX参加申込書_R.pdf                東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F        

 

キルギスはカザフと仲良し。「ウズベク」とは「自信」の意味

 さきほどの書き込みで、カザフとウズベクを間違えていたので、直しました。

どうも、疲れていたようです。

キルギスは、2000年以上も前から続く、天山山脈の西麓で暮らす山岳民や遊牧民の呼称でした。

それに対し、ソ連になってから、トルキスタンのところに、ロシア人とタタール人が加わって、強固な国(統治体)を造る、として生まれたのが、ウズベキスタンでした。136の民族で構成されているとか。「ウズベク」は「自信」の意味で、国家建設を他地域よりも、しっかりと進め、このとき、本来なら、キルギスに入ってもいい、フェルガナを、ウズベク領に取り込みました。

このため、国家としてのキルギス(こちらは86の民族・部族)には、草原や農地が減り、国土の90%が山岳地方になっています。しかし、水資源が豊富で、水力発電を起こし、電力をウズベキスタンに輸出しています。

今回、現地で確認したのは、キルギスとカザフの関係の良さでした。両国間には、国境がありますが、夫々の国民は、パスポートを見せずとも、住民票のみで行き来ができます。

 よって、イシククルにいくには、現地に知人がいる場合には、カザフのアルマトイに来るのが一番、近いよ、と、キルギスの「前田君」がいっていました。

 確かに、今回の訪問先でも、キルギスでは、カザフスタンから来た日本人旅行者のグループとも会いました。

それよりも、今のキルギス、思った以上に住み良さそうです。今回2人の日本人と知己を得ました。一人は、もと静岡市市役所の職員で15年前にこの地を訪れて気に入り、すぐに退職。以来、そのまま滞在。なんと、ビシュケクの街で、納豆と豆腐をつくって、主に日本人コミュテイーで販売して生計を立てているとのことでした。

 今、ビシュケクには140名の日本人が暮らし、JICAの協力隊で来た女性には、現地の男性と結婚する人も、何人か居るとのことで、「前田君」のところには、「日本に行ったことがあるのだから、女性を紹介してくれ」との言われることが多いとか。

 「前田くん」自身の奥さんは医者ですが、現在は、自分自身で、美容院とエステを経営しています。

発展中の中央アジア。 若い女性たちは、 「きれい、気持ちいい、美味しい」を求め、力のある(稼げる)男性たちが、彼女たちが望む場所に、連れて行くようです。キルギスのトイレ事情は、まだまだ劣り、都市部を出ますと、「青空」ですましたほうがマシ、という場合もあります、当然、淑女たちは、そんな環境なら、有料でも快適さを求めるでしょう。キルギスも、ウズベクも、オシャレで、綺麗な店は、どこも、人気店になっています。 

 なんでも、キルギスでは、現地女性と結婚したニュージーランドの男性が開いたコーヒーショップが大当たりで、2年をまたずに、5店舗に広がったとか。

 あと、バックパッカーにも優しく、300~500円で泊まれる宿泊所も有るようです。 現在、投資を歓迎しているし、とりあえずは、 日本人や、現地の「オシャレなカップル」向けの商売なら、やっていけそうです。

 同行したMさんは、いろいろ事業を思いついたようですが、これは秘密。

 あと、最も肝心な点。放射能は全く問題なし。しかし、これに関連しますが、日本から中古車を輸入しようとした業者が、通関(港は不明)で、基準値以上の放射能が出ているとして、そのまま、車両が持ち込めないままでいるとのこと。 海外では、これが現実なのです。

 通信環境では、都市のホテルには、WiFiが入っていました。

【新井信介:10月の特別メッセージ:キルギス帰国報告】

無事戻りました。旅の最後はサマルカンド。

 午後3時に東京駅に戻りました。

株K2O事務所で、内部報告会。

社長に、宗像先生、そして、ヌナト書房の総監督。

私を囲んで4名で、イシククルで捕れたシーガというサカナの燻製を食べながら、ビールで乾杯。

今回のキルギス~ウズベキスタン旅行の成果を、堪能。 現地日本人情報や、可能性の大きな事業のことも。

あまりに、多くの収穫が在って、書けない。 

 イシククルは、中国語で「熱海」。タシケントは、「石国」。そして、サマルカンドは、「康居」。

今回、各都市で、必ず博物館を回ってきました。最後のサマルカンドでは、壮麗なモスクだけでなく、

ジンギスカンに徹底的に破壊された、旧都アフラシャフとその博物館を見てきました。

初めは、キルギスだけで十分じゃないか、と思っていたのですが、サマルカンドに来て大正解でした。

旧都アフラシャブは、日本の飛鳥時代に最も栄えたシルクロードの拠点でした。

今回の旅の成果の一つは、大体2800年前から、イスラムが入り込む7世紀の後半まで、この中央アジアで何が起きたのか、これが系統的に、地勢や民族・部族特性まで含めて、かなり、明確になったことです。

そして、なによりも、ここでの、精神的地理感です。イスタンブールや、インドのデリー、さらに、北方の南シベリアまでが、いつでも、一体になって、広がっているという感覚です。ただ、中国だけは、天山山脈やパミール高原があり、そう簡単ではない、という感じです。 以下に、簡単な地図。

タジキスタンの上の青いところがキルギスで、ここには、イシククルはありません。

サマルカンドの位置

 

K2Oのオフィスで、簡単な帰国報告動画で撮りましたので、また、見てください。

ジンギスカンによって壊された旧サマルカンド。それを再建したのは、ジンギスカンの血統の娘を妻にしたチムール。 チムールは征服先から、建築技術者や芸術家、そして、イスラムの教養人をどんどんサマルカンドに集めた。

初めは4~5人しか従者のいなかったチムールが、イスタンブールからデリーまでに広がる大帝国を築いたのは、なぜか?

 単に、武力だけではない、天に通じる大きな意志があったとおもいます。

キルギスもウズベクも、多民族が共存し融合している国です。 世界と世界史を感じるために、私は、何回も足を運ぶことになるとおもいます。ここで感じる世界に比べれば、アメリカや中国のそれは、あくまでも、誰かが自分のために勝手に作りあげた血と詐騙での枠組みでしかありません。

 天 と 日。 そして、星。 この意味がようやくわかりだしました。 詳しくは、お会いした時に。  

 

イシククルは天山の宝石。標高1600Mでも夏涼しく、冬暖かい。今、黄金色の季節。

こんにちは。連絡が遅れました。今、キルギスのイシク州の州都カラコルのホテルから更新しています。

6日に成田を立って、仁川経由でウズベキスタンのタシケントに、この日は、現地時間の夜10時に税関を出て、現地の通訳と合流しました。

翌日は、タシケントのモスクやバザールを回って、工芸博物館と歴史博物館に。

 イスラムは偶像を禁止し、模様は、アラビア文字に、幾何学模様、そして、植物の意匠パターンのみ。人間である預言者イエスを、神にしたことを否定した教えです。ムハンマドは、610年に覚醒したのですが、このときの、ササン朝ペルシャとビザンチンは、エルサレムの十字架を巡って対立が始まるときでした。

 ウズベキスタンは人口3000万人。中央アジアの中でも、もっとも国家運営がうまくいっている国です。大統領が136の民族をまとめ、統治体としての「ウズベク(自信)」を見事にまとめ上げています。これから始まるシルクロードハイウェーの中心拠点になる国だけに、活力があり、今は、大変な経済成長の中にあります。預金金利も10%を大幅に超えるといいます。

 これに比して、キルギスはどうだったか。8日未明、現地時間で午前3時30に起きてタシケント空港に向かい、隣国のキルギスに向かう。ウズベクでの出入国は、他民族がひしめく中、外貨チェックも厳しく、経済活力とともに、国家にどこかせわしなさがあったのですが、それが、6時30分のフライトでキルギスのビシュケクへと飛んで、飛行機から降りた途端に、まったく違う空気が肌に沁みてくる。そして、出迎えた現地通訳が、なんと、チューブのボーカルの前田君そっくりで、驚き。このとき朝8時。ここから、私たちはビシュケクの市街地に行かずに、一気にイシククルに向かった。

 最初は、クラスナヤレチカ(サカ族の遺跡) そして、玄奘三蔵が訪れたスイアーブ城の跡、さらに、イスラムの 塔のあるバラサグン。ここはカラハン朝の都の跡ですが、突厥の石人が集められている。小さな博物館が併設されており、このなかに、ネストリウス派の「十字架」があった。蒙古が攻めてきたときには、抵抗せずに門を開いたといいます。

 この日は、イシククル湖北岸のチョルパンアタの東にあるゲストハウス「シネゴリ(青い山)」に宿泊しました。夏の7~8月はカザフ、タジク、インドからも観光客が訪れるリゾート地。すぐとなりには、ナザルバエフの別荘もあった。

 さて、ここでわかったこと。実は、このイシククルの湖畔、なかでも、北岸の地が、キルギスでも最も過ごしやすいということ。湖面の標高は1609mだが、夏は、ビシュケク(40度以上)よりも涼しく(35度まで)、冬は、暖かいということ(マイナス15度以下に下がらない)。冬季にマイナス40度まで下がるのは、標高3000mにソンクル湖でのことでした。

 イシククルの感想は、別途書いたほうがいいでしょう。あまりの美しさと、これからの、人類の運命に大きくかかわることに違いないからです。なにより、この地の空気、そして、空の近さに、天と通じる感覚を教えられるのです。

 隋書の600年の記載では、遣隋使が倭王の様子を「天を兄、日を弟とする」と伝えるのですが、今回、宿舎となったシネゴリの湖面からみた満天の星は、その言葉の意味を、よく考えさせるものとなりました。快晴で満天の夜空に、天の川がくっきり見え、目の前には対岸の見えない湖が、星々を映して広がっているのです。

 通訳ガイドのタラス君が以下の伝説を、私たちに紹介してくれました。

「昔、地上に人間が増え、それぞれが国をもとうとなったとき、多くの民族は争って取り合ったが、のんびり屋のキルギス人は、どこにも、自分の国を持つ土地がなくなってしまった。それを憐れんだ、天の神様は、自分のためにとっておいた大切な大地を、このキルギス人にあたえた。」

 今日は、紀元前8~5世紀のスキタイの岩絵を見た後、イシククル湖の東岸のカラコルに泊まっています。途中、スキタイの古墳が多くありましたが、どれも盗掘で荒らされたものでした。

 そして、カラコルには、ロシア正教の「三位一体」教会があります。ここの聖画に、広隆寺と同じく、右手の薬指と親指を組むものがありました。

 イシククルにくると、本当に、東の果てから、西の果てまで、水平な視野が開けます。「あの人物」が、まちがいなく、この湖を見つめていた。私は、今、そう感じています。そして、ユーラシアハイウェーがこれから建設される中で、多くのドラマが起きるのを、この地は、見つめ続けることでしょう。

 のんびり屋に、与えられた神の秘蔵の地、キリギス。人工衛星から、イシククルは、大地の「目」として、光って見えるらしい。 

  

 

【お知らせ】『皆神塾(東京)』(9月19日開催)のDVDが出来上がりました!!

 大変お待たせしましたが、9月19日に開催した『皆神塾(東京)』の内容を収録したDVDが出来上がりましたので、ご案内させていただきます。

9月に入って世界は急速に動いています。安倍政権で何が起こっているのか?イスラエルは?FRB(米国)は?そして、ヨベル年はいつなのか?推背図に描かれた日本の未来とは?

最後に新井先生が向かわれるキルギスの歴史的意義についての解説も収録されています。 「必見」のDVDです。

全編で3時間の長編DVDです。

販売価格は、10月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。

尚、誠に恐縮ですが108日から12日まで海外出張となりますので、その間のご注文の発送は13日となります。 

ご不便をおかけして恐縮ですが、ご理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

<講演内容>:  『 消えるカゴメの籠。日本が地球大の「ヤマト」の自覚するとき。ヨベル年はいつか? 

  「稲の根本に鎌をあてがう」で始まった2015年も、クライマックスに向かっています。

新国立競技場の建設案とオリンピックエンブレムが撤回に。戦争屋が造ったISISは、シリアを制圧できず、アベノミクスはFRBと米ドルを支えてきたが、国内経済に効用がなかった。そして、AIIBの幹事国になる予定の中国でも、政争が続き、国内経済が壊れだした。

明治維新で日本の中心になった東京を、古代イスラエルからの国創りの最終点《SION》する。この目標は、「金融ワンワールド」が主体で、株価と地価の維持で、世界の金融資産を維持したまま、この実現可能か? フクシマは、まだ石棺はされていない。デブリの取り出しもめどが立たないが、世界中は、この問題を認識している。希望が見えない。

第二次大戦後、戦争屋の道具だったイスラエルと日本では今、真の平和希求者が主導権をもつ状況へと切り替わる最中にある。ダビデから始皇帝、日本列島での天皇誕生、そして、ヒロヒトの思い。本当の「YAMATO」は、マネーの略奪性を抑えこみ、育成性を引き出す。

アメリカに代わって、日本の軍事力を増大化させる思惑が、どうなるか、今が、正念場。  イノチを根底から壊す放射能を国際政治が自覚する時、全てが変わるか、それはいつか?「政治」は経済成長をいいながら、人口を減らす方向に人類文明は動き、この中で各自に、強烈な主体者としての自覚を促す。

放射能を認めたら、自分たちが安住してきた明治の国家体制と、戦後の戦争屋とその仲間たちのマネー収奪システムが根こそぎ壊れる。安保法案は、日本国でのアメリカの牙を抜こうとしているが、放射能を生み出した体制を根底から変える決意を示さないかぎり、 日本では、新規の繁栄が生まれない。抵抗はまだまだ、続く。

まずは、殺し合いを拒否し、その先にマネ-支配をも拒否する、イノチの反撃が始まる。

全ての債権債務をゼロにするユダヤ教の「ヨベルの教え」はアベノミクスに支えられた、日米の金融システムに発動されるのか?

21世紀の真の「メシア」とは何か? ここを見据えて、時代の真相を研究します。

<レジメ>

1) 「稲の根本に鎌をあてがう」 天皇は何を嫌っていたか?

2) ISIS イスラエル 安倍政権  イスタンブールG20

3) AIIBとデブリ 米ドル建ての金融資産とFRBの存続。

4) バンドン会議。客家の意志。新規通貨へ。 平和環境(政治と生態)

     対立を際立たせ、大元の戦争屋を消していく。

5) 612日と、82日。 放射性水蒸気と異常高温

   戦争屋主導でない安全保障体制へ

6) 812日 天津大爆発 70周年談話  線条降雨帯

   東京オリンピックに赤信号 墓穴をほった習近平

7) 93日。抗日70周年 6日、アンカラG20 周小川

   安保法制を18日に通らせた意味。

8)ヨベル年へ。 FRBと米ドルの終わり。国際金融が止まる時

   東京(人工、マネー崇拝)の論理と、 天地自然の反対が、原発とリニア。

9) 人口削減と、調和した文明。個の自律・自立。

   ブレトンウッズの巨大トレンドの終わり。  マネーなき世界のメシアは?

販売価格は、10月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。

連絡先→TEL: 03-3548-1025  FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078

E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

尚、誠に恐縮ですが108日から12日まで海外出張となりますので、その間のご注文の発送は13日となります。 

ご不便をおかけして恐縮ですが、ご理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。

150919_皆神塾・東京.jpg

これからユーラシアのど真ん中のキルギスに向かいます。

  おはようさん。

 「サカナが好きなもの日本に行き、肉の好きなものはここに残った」

 サカナ とは 何か?  肉 とは 何か?

 

 私は、天山の西にあるキルギスは、弓月国のあったところと考えていますが、痕跡がみつかるかどうか?

 弓月国からは、仲哀時代に、功満王が、 応神時代に、融通王が。 

 そして、その融通王の子孫が秦河勝。

 秦河勝の屋敷跡に、和気清麿の献策によって、長岡京の失敗を学んで造られたのが、京都御所。

 

 飛鳥時代は、592年、推古天皇(額田部皇女、豊御食炊屋姫)の即位から始まりますが、

 この時代に「聖徳太子」によって造られた法隆寺には、南北線が20度西にずれる聖方位があった。

 聖方位は、アケメネス朝ペルシャのヘルセポリスの建設で、意識されていた。

 そのアケメネス朝を倒したのが、アレキサンダー。

 アレキサンダーは、ソグド人との戦いのあと、シル川の水源を探して、天山方面に向かっていたが、部下の反乱で引き返し、さらに、インドにむかった。 そこでも、戦ったが、

 そこで、人類史に大きな影響を与える、仏教僧との 邂逅 があった。

 そのあとに、西方世界では、ヘレニズムが広がり、その土壌の中で イエスの登場。

 一方、東方世界(中国大陸)では、戦国時代が秦の嬴政によって統一。さらに、漢。

 地球人類史の中で、日本人と日本の文明・文化の起源を、考えてきます。

 

 

昨年公開された映画「ゴジラ」は、何を暗示していたか?

 『ラスト サムライ』を演じて一躍、ハリウッド俳優になった渡辺謙。

 ハリウッドが日本映画のゴジラを引き継いで制作した映画『ゴジラ」が昨年公開され、

 渡辺謙は、米ソ冷戦時代からの巨大爬虫類の生態を 調査監視する科学者を演じました。

 劇中では、核燃料を食べる爬虫類が、人類の文明や生態系すべて破壊するほど暴れますが、

 そのときに、自分たち同類の始末をつけるように登場するのが、  『ゴジラ』 です。

 そして、 渡辺謙は、こういいます。    「彼は、サムライなのだ」

 最近、この映画がTV放映され、我が家の子供が録画しているのを見ました。

 ブレンデイーのCMといい、なにか、タイムリーです。

 https://www.youtube.com/watch?v=_takVbqbzkU

  http://www.godzilla-movie.jp/

 

【新井信介:2015年10月メッセージ】(2015年10月4日収録)

ISIS退治に世界の軍が大集結。ロシア正教も「聖戦』を呼びかけ、中国軍も参加。

 ここから、多くの英雄譚や、各国の軍人の間での友情物語が、生まれるはずです。

 http://www.examiner.com/article/chinese-carrier-docked-syria-chinese-advisers-to-join-russians-iranians

 
 
 
 
 
 

中秋とスーパームーン。覇権の流れが変わった。プーチンはISIS空爆でアサドを護り、アメリカが容認。日本は?

 こんにちは。

能登ツアーは楽しかった。

なにせ、真脇遺跡で、私にとって、大発見があったから。

この地で、2800年前に、縄文サミットがあったようです。日本海は、縄文時代の海のハイウェーでした。

 真脇遺跡は、6000年前から始まっています。日本では糸魚川のヒスイが各地に届けられる時期で、世界中で、同時多発的に、文明が起きだした時でした。

 3000年前に、太平洋の海洋族は各地で定着していますが、日本海での移動は、それよりもずっと早かったでしょう。 そして、その3000年前とは、古代イスラエルの成立、殷周革命、日本での水稲稲作の開始 の時期ですが、それから、約200年ほど経った時点で、縄文人は、この半島に集まったのです。

 北イスラエルがアッシリアに捕囚されるのがBC722。中国大陸で、周の幽王が犬戎に殺され、都を豊邑(西安付近)から洛邑(洛陽付近)に移した春秋時代の始まりがBC770 ですので、それより少し前の頃です。そのとき、ストーンサークルならぬ、7メートルの大きな木のサークルがあったのです。さて、そこは、どの方角を向いていたか、ここがポイント。 この部分は、このブログの閲覧者自身が、現地で確かめたほうがいいでしょう。

 サカナも格別美味しかったし、温泉もあるし、また行きたくなりました。ここは、青森の三内丸山、糸魚川の長者ケ原、十日町の笹山、茅野の井戸尻・尖石とならぶ縄文遺跡、それも、海洋族との一大拠点。食用になったイルカの骨や、大型の土器も出土しています。

mawaki_5960

 27日が中秋の名月。帰り道に、糸魚川の明星山によりました。

そして、28日が、スーパームーン。

 25日から、28日までの、ニューヨークの国連総会。

しっかり、見てみると面白い。

 主役はなんといっても、プーチン。 日本は一週間前に、集団的自衛権を行使できる国に、安倍政権によって、強引に生まれ変わりましたが、さて、そのときまでの、安倍のご主人様の「戦争屋」が、一番、望んでいたのが、実は、シリアのアサドの失脚でした。

 しかし、プーチンはまず15日に500台の戦車を派遣。さらに30日には、ロシア議会の承認を得て、ISISに対し、空爆を始めました。まだ、地上軍の投入はありません。

シリアのアサドを、生かすか、排除するか、で、ロシア と アメリカ は、激しく対立していたのですが、そのとき、シリアに攻め込んでいたのが、ISISでした。 狙いは、シリアの金塊。そして、国家の枠組みを壊す紛争の移植と拡大でした。

 このISISが、アメリカの戦争屋と、それに協力するイスラエルのモサドが創りだしたことは、今年の1月20日の時点で、世界が気付いていました。

 さて、そのときは、我が国の今上陛下は、歌会で、「稲の根本に・・・」と御製を読まれていたのですが、あれから9ヶ月。特に、この半年間は、フクシマのデブリが放射性水蒸気をモクモク放出でした。シルバーウィークでは一休みで放出の勢いは弱まりましたが、また、始まっています。

 さてこうした中で、今後は、どうなるのでしょうか? 日本のアベッチはアベノミクスの現実を認識できないまま、GDPを600兆円すると寝言いっていますが。

9月30日、アメリカのケリーはCNNのインタビューに答えて、「アサド大統領の早期退陣を求めていない」と表明。これは、プーチンのISIS空爆を支持したことを意味します。

これで、ISISの運命は決まりました。 FRBを支配していた戦争屋の後退です。 背後には、もう、シリアの金塊にこだわらなくていいい、という、何らかの合意が「金融ワンワールド」にあったのでしょう。

 戦争屋の日本代表の安倍政権。今年の3月には、ロシアのクリミア併合に対する制裁に加担しながら、この秋の日ロ外相会談では、北方領土問題ばかりを言い続けました。

 日本の外務省は、この「戦争屋」退治の動きがまるで見えていませんでした。もちろん、放射性水蒸気のことも。

さて、これからが問題。

もし、シリア救済(これ以上、難民を出さない) と ISIS撲滅に、カネだけでなく、自衛隊の派遣を、プーチンのロシアと、オバマのアメリカの双方から求められたら、どうなるのか?

 そのとき、イスラエルは? ネタニヤフはすでに、プーチンの軍門に下っているし、なにより、イスラエルはAIIBに加盟を決めている。

 28日は、日本の政界では、石破茂が、石破派を立ち上げた日でした。

そして、なんと、安倍っちの指南役の葛西敬之氏が、ここにきて、日経で、「私の履歴書」に登場。

イスラエルは、国家存続のために、アメリカのネオコン・戦争屋に付き合ってきたが、これから、どうなる?

 3日、みんなで研究しましょう。 今の日本は、国民に放射能を大量に浴びせたままで何も避難を呼びかけず、死者が続出する事態を放置して、表面は繁栄に浮かれながら、世界経済を維持し、さらに、ISISの整理にまで、向かうのでしょうか。

 私の耳には、「カゴメ歌」が流れています。  「・・・鶴と亀が滑った。後ろの正面・・・。」 いよいよ です。 

 

ps : CIA と イスラエルの関係を知るには、映画「デインジャラス・ラン」が参考になります。

 私はこの映画を、2012年9月、野田が尖閣を国有化するときに、中国からの帰国の飛行機の中でみました。

« 2015年9月 | メインページ | アーカイブ | 2015年11月 »

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。


最近の画像