HOME > 食いしん坊アナリストのブログ > お奨めフレンチ(4):今すぐ予約したい「L'AS」

お奨めフレンチ(4):今すぐ予約したい「L'AS」

 麻布十番の人気フレンチ、カラペティ バトゥバのシェフだった、若干32歳の兼子大輔シェフが今年2月にオーナーシェフとして開業したフレンチです。場所は骨董通りの真ん中辺りをちょっと入ったところで、アクセスがいいとは言えませんが、近々、予約困難店になる可能性大です。 

 料理は、ほぼ2週間ごとに変わるデザート込みで7品程度からなるコースのみですが、価格は税込み5,250円で、その内容、ボリュームからみて、お値打ち感、抜群です。旬の食材をふんだんに使い、タイミングによってはフォアグラが組み込まれることもあります。シェフは三田の名店、コートドール、パリの伝説のフレンチ、サンドラスなどで修業された実力派で、絶妙な火入れが特徴といえるでしょう。ソースは重すぎず、軽すぎず、食材の持ち味を最大限に引き出すことに主眼が置かれ、女性も抵抗なくいただけます。ワインはグラスのシャンパンが税込み1,450円程度、グラスのワインが900円からとなっています。ボトルワインも一通り揃っていますが、料理に合わせてグラスでいただくのがスマートでしょう。イケメンの田辺ソムリエ(リッツカールトン東京ご出身)が料理に合わせてセレクトしてくれる、税込み3,800円のグラスワインのテースティングコースがお奨めです。料理、グラスシャンパン、グラスワインコースで本格フレンチが10,500円、何とも懐に優しいではありませんか。

この店の一番の驚きは、シェフを含めて、料理人=ホールスタッフということです。シェフ自ら、料理を運んで来るのです。二番目の驚きは、キッチンと客席の境界がないことです。料理人の手の動きが客席から丸見えなのです。東京では毎月数店のフレンチがオープンしていますが、この店はトップクラスの一店でしょう。原則、火曜日定休で、土・日はランチでも同じコースがいただけます。予約が取れなくなる前に、ぜひ訪問することをお奨めします。

< 銀座のリーズナブルなすし屋「鮨かくとう」  |  一覧へ戻る

このページのトップへ