2011年11月

銀座のリーズナブルなすし屋「鮨かくとう」

 銀座は言わずも知れた日本一の高級すし屋の激戦区です。つまみ5品程度、10貫程度のすしに生ビール+日本酒一合で2~3万円が相場といったところですが、比較的良心的な値付けなのが昨年11月に開業した「鮨かくとう」です。

 銀座の三ツ星日本料理店、「銀座小十」の店主、奥田氏がプロデュースした店で、コースのスタートは小十と同じ料理が2品ほど供されます。その後はオリジナルのつまみが2品程度、すしが10貫弱と続きます。高級すし店の差別化で最も特徴的なのは米(シャリ)ですが、この店は、ネタに合わせて赤酢、白酢を使い分けています。白身系のネタは白酢、マグロなどの赤身系は赤酢で合わせた米を使います。一通りのコースと生ビール+日本酒1合で16,000円前後と、内容と比較してお得感があります。徐々に常連さんも増えているようです。

« 2011年10月 | メインページ | アーカイブ | 2012年4月 »

このページのトップへ