HOME > 食いしん坊アナリストのブログ > フレンチ > お奨めのフレンチ(3):今、最も旬な「オギノ」

お奨めのフレンチ(3):今、最も旬な「オギノ」

今、最も勢いがあるフレンチの一つが池尻大橋の「オギノ」です。代々木の「キノシタ」などで修行された荻野シェフのお店で、予約が取りにくい店の一つになってしまいました。この店の魅力は、何と言ってもその料理のダイナミックさです。とにかくアラカルトの一品のボリュームが半端じゃない。従って、殆どの料理にハーフポーションがあります。さらに、ソースがとてもしっかりしている。少量多皿のフレンチに慣れている人に、是非トライしていただきたい。これぞフレンチ、と実感できるはずです。コースを選ぶ人が多いようですが、是非アラカルトを試してください。前菜、肉類はメニューの種類が多いので、自分の好きな料理が見つかるはずです。特に、秋から冬はジビエの品揃えが充実しています。ジビエの取り扱い数は、No.1とか。9月にはスコットランドの雷鳥を、10月はフランスのヤマウズラをフルポーションでいただきましたが、がっつり完食しました。来月も楽しみです。この店の値付けは非常に良心的で、年々庶民には手が届きにくくなっているジビエが非常にリーズナブルな料金でいただけるのは、嬉しい限りです。デザートも充実しており、しかも全品600円で頑張っています。

シェフの奥様を含めてスタッフもとても感じがよく、気が利きます。この店の唯一の難点は予約が取りづらいこと。毎月第一営業日から翌々月の予約を受け付けますが、なかなか電話が通じない状況です。ここで秘策をお教えしましょう。電話は営業時間の18時以降にかけると繋がりやすいのです。営業時間の予約電話は避けるのが礼儀ですが、このお店は営業時間の電話でも快く予約に応じてくれます。

カテゴリ:

< お奨めのフレンチ(2):ジビエが美味しい「ア・ニュ」  |  一覧へ戻る  |  銀座のリーズナブルなすし屋「鮨かくとう」 >

このページのトップへ