HOME > 食いしん坊アナリストのブログ > 天ぷら > お奨めの天ぷら屋(5): 『畑中』

お奨めの天ぷら屋(5): 『畑中』

できるだけ多くの種類の天ぷらを食べたい、という欲張りな人にお奨めの店が麻布十番の「天ぷら畑中」です。ご主人は銀座天一、日本橋のてん茂で修行された方で、蝶ネクタイがトレードマークです。蝶ネクタイは、てん茂の影響を受けているようです。ご主人は一見、愛想が悪そうに感じますが、仕事に真摯なだけで、食べ方などの質問には、優しく応じてくれます。このお店は、どの季節に行っても食材の種類が豊富で、壁に掛けてある襖にその日のたね(食材)が20種類以上、ずらっと書いてありますので、お決まりのコースにお好みで追加するのもよし、あるいはその日のたねを片っ端から食べ尽くすのも楽しいです。天ぷら油は、焙煎した胡麻を時間をかけて搾って作る玉締め油とサラダ油のブレンドですので、胡麻の香りを残しつつ、あっさり感があり、いくつでも食べられる気がします。たねは魚貝類、野菜類いずれも充実していますが、ごぼう、蓮根といった根菜系が秀逸です。夏だと、ご主人の故郷、愛媛の巨大なすが甘みが強く、食感も抜群です。また、10月から4月頃までは、牡蠣の天ぷらが逸品です。この店の特徴は、ご主人が、たねによっては醤油でいただくことを奨めてくれることです。根菜系、なす、牡蠣などは、醤油との相性が良いことを認識させられます。場所柄、ワインをオーダーされるお客さんが多いですが、旨い日本酒も置いています。接客はサービス精神が旺盛なご主人の奥様が対応されています。

カテゴリ:

< お奨めの天ぷら屋(4): 『いわ井』  |  一覧へ戻る  |  お奨めのフレンチ(1):「カンテサンス」と「ハジメ」 >

このページのトップへ