HOME > 新井信介 「京の風」 > 時事問題 > 11日のパリのデモの翌日、ローマ法王は「人類はヒロシマ、ナガサキから何も学んでいない」と。

11日のパリのデモの翌日、ローマ法王は「人類はヒロシマ、ナガサキから何も学んでいない」と。

毎日新聞 から http://sp.mainichi.jp/select/news/20150113k0000m030094000c.html

ローマ法王:原爆投下「人類史上、最も恐ろしい惨事」

2日前

 【ローマ福島良典】フランシスコ・ローマ法王は12日、バチカン(ローマ法王庁)で、バチカン駐在の各国外交団と会見し、第二次世界大戦後70年にあたって、広島への原爆投下について「人類史上、最も恐ろしい惨事」と言及し、国際社会に対して世界平和実現のための努力を呼びかけた。

 法王は演説の中で「ヒロシマ」と名前は挙げなかったが、「1945年8月6日、人類は史上、最も恐ろしい惨事を目撃した。前例のない新しい方法によって、人間の破壊力がどれほどのものかを世界は初めて目の当たりにした」と述べた。

 その上で、第二次大戦という「とてつもない惨劇の廃虚」から「国連の創設につながる対話と邂逅(かいこう)の意志が生まれた」と戦後秩序の構築努力をたたえた。

 法王は昨年11月末、戦後70年を巡って、同行記者団の質問に「人類はヒロシマ、ナガサキから何も学んでいない」と語り、核兵器廃絶への取り組みの遅れを嘆いた。

 また、法王は12日の演説で、最近のパリでの週刊紙襲撃事件を踏まえ、「暴力行為を正当化しようとする原理主義、過激派の宗教解釈」をイスラム教指導者が一丸となって非難するよう訴えた。

2015年01月12日 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 アメリカの国際政治での一極支配が完全に消失です。

ヒロシマ・ナガサキは、人類の国際政治での負の遺産です。これまで、日本軍の戦いを終わらさせるためと肯定してきたものが、変わります。

では、このあとの、核兵器や自然改変装置、そして、放射能は、どうなのでしょう。フクシマです。いまだに、野放しです。しかも、重度汚染地域への帰還を奨励する日本政府を、どう捉えているのでしょう。

 自然死 としているのか? 

バチカンの出発を考えれば、これは、本当にインチキ集団。宗教団体は、基本的に、洗脳とボッタクリでなりたっています。

 日本の場合、「天皇」と神を一体にしている天皇教に、狂っている人間がまだまだ多い。天皇は、あくまでも、自然霊と祖先霊を祭る大祭主。 ここを、神聖不可侵の神にして、勝手に、国家の経営資源を巻き上げて、国民を、自分の利益のためのコマにしてきた人間(官僚・財界)が、戦後は、その仕組みを、戦争屋の悪魔とともに温存し、 国家からの分捕り、ごっつぁん、タカリ主義になっていただけ。 

 

カテゴリ:

< Bフルフォード:中国はペンタゴンの保護の元に南、北朝鮮と日本の合併に合意しています。  |  一覧へ戻る  |  播磨屋さん「トレーラー」の最新バージョン、ロック・ロス名指しでイケテルぞ。 >

このページのトップへ

プロフィール

arai.png

新井信介(あらいしんすけ)

長野県中野市で昭和32年(1957年)にリンゴ問屋の息子として生まれました。 日本の歴史に圧倒的影響を与え、しかも、世界でもっとも多くの人間の住む国、中国と 商売しないのはおかしい、と、東京外国語大学の中国語学科に進んだ後、 今度は、世の中の現実と構造を知りたい思い、商社に入り、北京駐在員として 自動車・電気機関車などの輸出、さらに、本社では経済協力案件を担当しました。

しかし、88年秋、プラザ合意に始まったバブル経済が過熱していく中、昭和天皇が倒れ、 「金儲けどころじゃない、日本がおかしくなる」と、世直しを決意して退社。 日本の政策転換とバブルの早期処理を訴えましたが、結果は、「失われた20年」になりました。 98年から、「世紀末の大転換」を確信し、著作と講演を進めてきました。

最近の画像

最近のコメント