「お隠れになった」と「平らげる」。時代が変わるとき。/新井信介 「京の風」バックナンバー

HOME > 新井信介 「京の風」バックナンバー > 時事問題 > 「お隠れになった」と「平らげる」。時代が変わるとき。

「お隠れになった」と「平らげる」。時代が変わるとき。

こんにちは。

北朝鮮情勢について、私は、直接のパイプを持っていません。

ですから、今の金正恩が、後見人を粛清した事実を確かめようがありません。

これは、北朝鮮が、外部には全く放射能が漏れない形で「核実験に成功した」という発表の真偽と、同じです。

張成沢の処刑について、私の直感は、「お隠れになった」 でした。

こうブログで書いた事が、 すこし、その筋の人間の話題になったようです。

それを伝えるブログが、 http://toneri2672.blog.fc2.com/blog-entry-468.html

現実の政治の世界で、「消える」ことで、国内外のこれまでの柵(しがらみ)を絶ち、自分が持っていた権力を消す。それで、新しい指導者に権力を集中させる。 しかも、死んだはずの本人は、自分が知りうる、複雑な柵の真相・実相を、密かに新しい権力者に伝える立場に変わる。 

 「お隠れあそばす」 は、本当に、すばらしい知恵です。

 これと同じく、本人は肉体として生き残ったが、政治的実権が完全に消させれたことを、意味する言葉に、

 「平らげる」があります。 生き残った人間が、勝者に歯向かっている状態は、「平らげる」ではありません。

 勝者の支配を認めながらも、別人生を生きるわけです。

 実は、日本の「倭国」は、ここから始まっています。 誰のことか、判りますね。

 

 

< これも傑作。「小泉ジュン一郎」の「原発」講演(漫談)会  |  一覧へ戻る  |  とことん中国・韓国を刺激する安倍政権。本日、靖国参拝でさらに挑発。 >

このページのトップへ

最近のコメント